ゴッドファーザー カクテル。 大人なら一軒は欲しい「マスター、いつもの」と言えるバー。熟練バーテンダーに男が飲んでカッコいいカクテルを聞いた【福岡】

ふんわり甘いリキュール「アマレット」の飲み方完全ガイド!カクテルレシピも♩

ゴッドファーザー カクテル

アマレットリキュールの用途はカクテルとして使うだけではありません。 パンナコッタやティラミス、パウンドケーキなどのお菓子にも使われるなど、色々な使い方をすることができます。 もちろん、杏仁豆腐をご家庭で作る時にも使えますよ! 杏仁豆腐に使われる「仁」は「苦杏仁(くきょうにん)」と言われる苦みが強いもので、アマレットに使われるのは「甜杏仁(てんきょうにん)」と言われる甘みが強いタイプです。 苦杏仁は主に生薬として使用されており、漢方としては鎮咳剤・去痰剤として用いられているようです。 厳密に言うと仁の種類は異なりますが、味や香りは似ているため、ご家庭で作る分にはアマレットで代用しても十分においしい杏仁豆腐ができますよ! 甘い芳醇な香りを放ち、お酒の弱い人でも飲みやすい味のアマレットリキュール。 ですが、リキュール類の中でも、 アルコール度数は少し高めの28度ぐらいあります。 アマレットと同じように甘くて女性が好みやすい「カシス」や「カルーア」は20度、「カンパリ」は25度。 甘くて飲みやすいリキュール類の中でもアルコール度数が高いということがお分かりいただけますでしょうか。 リキュールは割って飲むことが多いと思います。 割り方にもよりますが、だいたい3割程度のアルコール度数に薄まります。 3割と仮定すると8〜9度ぐらいに薄まりますが、ビールや缶チューハイ(5度前後)よりはアルコールは強めです。 甘くて飲みやすいためグイグイ飲めてしまいますが、お酒はお酒です。 ご自身の体質や体調を気にしながら、飲み過ぎないようにおいしく楽しく飲みましょう。 アマレットリキュールは色々なメーカーから販売されていますが、アマレットの元祖である「アマレット・ディ・サローノ( Amaretto Di Saronno)」はあまりに有名ですね。 アマレットリキュールと言えば、この四角いボトルをイメージする方が多いのではないでしょうか。 発祥は「アマレット・ディ・サローノ」の誕生年である1525年からはじまります。 イタリア、ミラノ北部のサローノ村にあるサンタマリア・デレ・グラツィエ教会の聖堂に、キリスト降誕の壁画を書くためにベルナディノ・ルイーニという画家が赴いたそうです。 そこで壁画に描く聖母マリアのモデルにしたのが、宿泊していた民宿の女主人でした。 いつしか二人には愛する気持ちが芽生え、贈り物として作られたのがアマレットです。 もちろんアマレットリキュールは前述した通り、他のメーカーからも多く販売されていて、メーカーによって味わいが異なります。 差が出る1つ目のポイントは、杏のエキスの量です。 たくさん入っていると甘みが強く、少ないとさっぱりとした仕上がりになっています。 2つ目のポイントは香りです。 エキスを抽出した後に、様々なハーブをブレンドしているのですが、利用するハーブよって香りが全く異なります。 メーカによって一番特徴が出るポイントかもしれません。 まだアマレットリキュールを飲んだことがない方は、まずは王道の「アマレット・ディ・サローノ」を試してみてはいかがでしょうか?その後、ご自身の好みに合わせて、様々なアマレットリキュールを試してみると楽しいかもしれませんね。

次の

カクテル【ゴッドファーザー】に合うウイスキーおすすめ銘柄9選

ゴッドファーザー カクテル

みなさんは「ゴッドファーザー」という名前を聞いて、何を思い浮かべますか? 映画『ゴッドファーザー』を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。 実は、映画と同じ、「ゴットファーザー」という名前のカクテルもあるんです。 美しい琥珀色のカクテル「ゴッドファーザー」は、大人っぽい落ち着いた雰囲気を醸し出しています。 今回は、ゴッドファーザーの特徴や名前の由来、美味しい作り方まで、ゴットファーザーの魅力を徹底的にご紹介いたします。 「ゴッドファーザー」とは ゴッドファーザーは、ウイスキーカクテルの1つで、映画「ゴッドファーザー」が公開された直後に誕生しました。 美しい琥珀色のカクテルで、落ち着いた大人の雰囲気が魅力です。 ゴッドファーザーの味の特徴 ゴッドファーザーは、アーモンドのようなこうばしい香りと甘みが特徴です。 ウイスキー特有の芳醇な味わいに、アマレットの風味が加わったクセになる味わいです。 ゴッドファーザーのアルコール度数 ゴッドファーザーは、アルコール度数の高いウイスキーがベースとなっているため、基本的にはアルコール度数は25度以上とかなり高めです。 レシピによっては35度を超える場合も。 ゴッドファーザーはロングタイプのカクテルなので、ゆっくりと味わいながら飲むのがおすすめです。 ロックグラスに入れて、氷が溶けるのを待ちながら飲むのもいいですね。 ゴッドファーザーのカロリーと糖質 一般的なレシピで作ったゴッドファーザーのカロリーは、 1杯あたり約150kcalが目安です。 他のカクテルと比べても、決して低い方ではありません。 しかし、ゴッドファーザーに使用するウイスキーの種類は決められていないので、 糖質ゼロのウイスキーを使用すれば、糖質を抑えることができます。 ゴッドファーザーの名前の由来 ゴッドファーザーという名前は、 映画「ゴッドファーザー」に由来すると言われています。 1972年に「ゴッドファーザー」が公開された直後に生まれたことから、映画の名前がつけられました。 映画では、アメリカにおけるイタリア人社会を描いていますが、カクテルでもイタリアを代表するリキュール「アマレット」を使用しています。 「アマレット」を使うことで、イタリア人の家族愛をカクテルの中で表現しているのかもしれません。 ゴッドファーザーのカクテル言葉 ゴッドファーザーのカクテル言葉は「偉大」です。 空前の大ヒットを記録した、映画「ゴッドファーザー」を象徴するかのような言葉ですね。 ゴッドファーザーはこう飲む!美味しい飲み方を解説 カクテルには、大きく分けて「ショートカクテル」と「ロングカクテル」の2種類がありますが、ゴッドファーザーは「ロングカクテル」の1つです。 「ショート」と「ロング」は「カクテルを飲む時にかける時間の長さ」を表していて、ロングタイプのカクテルは、長い時間をかけてゆっくり飲むのが美味しいとされています。 ゴッドファーザーの場合、15〜20分ほどかけるのが最適だといわれています。 美味しいゴッドファーザーの作り方・レシピ ゴッドファーザーの作り方 ・ウイスキー 45ml ・アマレット 15ml 使用するグラスに氷を入れ、ウイスキーとアマレットを注ぎます。 最後に軽くかき混ぜれば完成です。 無色透明のロックグラスを使用すると、琥珀色に輝くゴッドファーザーの見た目も楽しむことができます。 「ディサローノ・アマレット」は、最初にアマレットを製品化した会社で作られていることから、元祖アマレットと呼ばれています。 杏仁豆腐と同じ杏仁の核を原料としていて、アーモンドのような香りが特徴です。 ゴッドファーザーに適したお酒の選び方 ゴッドファーザーはウイスキーをベースとしたカクテルです。 ベースとするウイスキーの種類に決まりはありませんが、スコッチウイスキーとアメリカンウイスキーが一般的です。 映画「ゴッドファーザー」では、アメリカの禁酒法時代のアフィアたちの暗躍が背景として描かれています。 当時のマフィアたちが密輸していたとされるスコッチウイスキーや、舞台となったアメリカで製造されているアメリカンウイスキーを使用することで、映画の世界を表現しようとしているのかもしれません。 1853年にはイギリス王室御用達のお墨付きを得るなど、歴史的にも高い評価を得てきた銘品です。 40種類ものモルト原酒をブレンドして作られており、豊かでなめらかな風味が特徴です。 ゴッドファーザーのアレンジレシピ ゴッドファーザーは、ウイスキーとアマレットを使用したカクテルですが、ベースであるウイスキーを別のお酒に変更してアレンジすることもできます。 ウイスキーをベースとして使用しているゴッドファーザーと比べ、クセのないウォッカをベースとしているゴッドマザーは、アマレットの甘い風味がより引き立っています。 フレンチコネクションは、映画「フレンチコネクション」にちなんで名付けられました。 ブランデーの豊かな香りと、アマレットのアーモンドのような風味を楽しむことができます。 出来上がったカクテルをカクテルグラスに注ぎ、マラスキーノチェリーを飾ります。 最後にレモンピールを絞りかければ完成です。 マンハッタンは、別名「カクテルの女王」とも呼ばれ、世界中で愛されています。 赤色の美しいカクテルに飾られたチェリーは、まるでマンハッタンに落ちる夕日のようですね。 作り方 ウイスキー、レモンジュース、砂糖をシェーカーに入れ、よくシェークします。 氷を入れたグラスに注ぎ、ソーダで満たせば完成です。 スコッチコリンズは、ウイスキーの豊かな味わいとレモンの酸味がマッチした、甘酸っぱいカクテルです。 レモンやオレンジなどのフルーツをスライスして飾れば、見た目もさらに華やかになります。 ・水またはソーダ 30ml ・ミント 4〜6枚 作り方 砂糖、水またはソーダ、ミント数枚をタンブラーに入れ、砂糖を溶かしながらミントを潰します。 砂糖が溶けたらクラッシュドアイスを詰め、ウイスキーを注ぎます。 軽くかき混ぜ、残ったミントを飾れば完成です。 ミントジュレップは、世界三大ダービーの1つ、ケンタッキーダービーのオフィシャルドリンクです。 ミントの爽やかな味わいを楽しむことができる、さっぱりとした飲み口のカクテルです。 ラスティネイルは、第二次世界大戦以降に生み出された新しいカクテルです。 ドランブイとはウイスキーベースのリキュールの1つで、ブレンドしたウイスキーにハチミツやハーブを配合して作られます。 ドランブイとウイスキーを材料とするラスティネイルは、強い甘みのある味わいが特徴です。 ・コーヒー 適量 ・生クリーム 適量 作り方 温めたワイングラスに砂糖を入れ、コーヒーを7分目まで注ぎます。 ウイスキーを加えて軽く混ぜ、最後に生クリームをフロートすれば完成です。 アイリッシュコーヒーは、人気のホットカクテルの1つです。 寒い冬や冷えた夜は、温かいホットカクテルで身体を温めてみてはいかがでしょうか。 砂糖や生クリームを使用しているので、まろやかな口当たりと甘みのある味わいを楽しむことができます。 琥珀色の美しい見た目とアーモンドの芳醇な味わいが人気のカクテルです。 ゴッドファーザーは、たった2つの材料を揃えるだけで、ご自宅で簡単に作ることができます。 カクテル好きの方は、ぜひお試しください!.

次の

カクテル【ゴッドファーザー】に合うウイスキーおすすめ銘柄9選

ゴッドファーザー カクテル

レシピデータ バーボン・ウィスキー:45ml アマレット:15ml 34度・中口・ビルド 氷を入れたオールドファッションド・グラスに材料を入れ軽くステアする。 どんなカクテル? このカクテルは1972年公開の映画「 ゴッドファーザー」にちなんで作られたカクテルです。 ウィスキーの深い濃厚さと、アマレットの甘味が溶け込むことによって、さらに奥深い味わいになります! ベースとなるウィスキーの指定は特にないですが、「ゴッドファーザー」の内容を考えるとバーボンウィスキーがマッチするでしょう。 〜〜ここまで2012年12月の記事〜〜 〜〜ここから追記 2014年9月29日 〜〜 ついに観ました、映画史に残る名作「ゴッドファーザー」。 カクテルレシピサイトやカクテルレシピ本の中には、このカクテルの材料としてスコッチを指定しているものもあります。 ちなみにイタリアの代表的なリキュール、アマレットが使われているのは「ゴッドファーザー」がシチリア出身であるためです。 ハードボイルドな印象の「バーボン」と甘みのあるアマレットの組み合わせは、マフィアの首領だが一方で優しく人情味あふれる「ゴッド・ファーザー」をとてもよく再現しています。 映画の内容についてここで多くのことは語りませんが、このカクテルを本気で味わいたい方は是非映画も観てみてください。 材料 メーカーズ・マーク 過酷な環境のもと育った麦を使用したバーボン・ウィスキー、メーカーズ・マーク。 しかしその味わいは優しく、アマレットとぶつからない。 ボトルには赤い蝋で封をしてあり、これから血を想起させられるのは自分だけでしょうか? ゴッド・ファーザーにぴったりのバーボン。

次の