エスティマ 後継。 ちょ、待てよ! 5m超のエスティマ後継車!? トヨタ「シエナ」がカッコよすぎる(くるまのニュース)

ちょ、待てよ! 5m超のエスティマ後継車!? トヨタ「シエナ」がカッコよすぎる(くるまのニュース)

エスティマ 後継

超ロングセラーモデル「エスティマ」がついに生産終了• フルモデルチェンジの予想が濃厚だったため衝撃的• トヨタ自動車の経営方針の転換が影響しているという見方もある• 新モデルは「タマゴ型」の燃料電池車になるという予想• 2017年の東京モーターショーで 「Fine-Comfort Ride」というトヨタの燃料電池車のコンセプトモデルが公開されました。 この「Fine-Comfort Ride」とエスティマのスペックなどに共通点を見出したファンも多く、外装はエスティマの特徴である「タマゴ型」を踏襲してFCV(燃料電池)を取り入れたフルモデルチェンジを予測する根拠となっていました。 経営方針の転換がモデル廃止に影響か しかし、昨年2018年にトヨタが経営方針の転換を打ち出してから、その予想は大きく覆されることとなります。 現在トヨタの販売店は 「トヨタ店」「トヨペット店」「ネッツ店」「カローラ店」の4系列があり、それぞれが独自のコンセプトと、そのコンセプトに合わせた専売車種を持っています。 「クラウン」などの高級車を中心に扱うトヨタ店、「カローラ」などの大衆車を中心に扱うカローラ店…といったすみわけを行ってきていました。 ところが 2025年までに4系列を統合し、経営を一本化する方針を打ち出したのです。 経営を一本化するということは、専売車種がなくなり社内で販売シェアの食い合いが起こりやすくなるというマイナス面も抱えることになります。 販売効率などの面から、エスティマはこの食い合いの中で生き残っていけないと判断されたため、「モデルを廃止して新型モデルへ」という判断をされたのではないかという見方もあるようです。 予想される新型モデルは? Fine-Comfort Rideと同じ、FCVを搭載した燃料電池車両になるという予想が一番濃厚です。 ただしエスティマとFine-Comfort Rideのエクステリア(外観)はかなり違うため、エスティマらしい「タマゴ型」をベースにしたエクステリアが新型モデルでも採用されるのではないでしょうか。 その場合は新モデルの車名がどうなるかという点にも注目です。 トヨタ エスティマ、ついにモデルチェンジへ…燃料電池車として2020年発表か — レスポンス responsejp まとめ• 超ロングセラーモデル「エスティマ」がついに生産終了• フルモデルチェンジの予想が濃厚だったため衝撃的• トヨタ自動車の経営方針の転換が影響しているという見方もある• 新モデルは「タマゴ型」の燃料電池車になるという予想• どの程度「エスティマ」の要素が踏襲されるのか、新モデルの発表が待ち遠しいですね。 しかし、 新燃料車両はどれも苦戦しているだけに不安もあります。 以上、『トヨタ「エスティマ」が生産終了!2020年に新モデルの燃料電池車が登場か!?』でした みんなの反応 MIRAIは年間500代程度しか売れないのにエスティマをFCV化??? トヨタトチ狂ってる。 それやるなら全ディーラーを水素スタンドにするくらいの下準備いるでしょ。。 でもさ、ノア乗ったときも思ったけど、セカンドシートのセンターアームレストが役に立たん過ぎる。 笑 — ごーすけ kango1127 エスティマ生産終了とかうたいながら新設計説か?w — スーパーボルケイノ meteorcrash77 エスティマって後継だすのか。 てっきりなくなるのかと思っていた。

次の

【アルファード VS エスティマ】性能や評判から徹底比較。あなたに合うのはどっち?

エスティマ 後継

超長期モデルのエスティマ 平成18年に登場した天才タマゴの3代目モデルのACR5 系エスティマだが、新型がそろそろ出るだろうと言われ続けて久しい。 そんな中、エスティマの扱い販売店であるトヨタ店とカローラ店にて2019年にもアルファードとヴェルファイアの取り扱いを開始するのでは?という情報が入ってきた。 それに伴い2019年初頭にもエスティマのモデル廃止が決定しそうだ。 新型エスティマの開発の進捗 もともと新型エスティマは2019年から2020年のデビューに向けて開発が急がれていた。 そのため車種半減計画により廃止が濃厚だ。 トヨタが推し進めているプラグインハイブリッド専用モデルの低床ミニバンが有力ではないだろうか。 それでいて室内空間はサードシートの床下ダイブイン機能を踏襲して広大な2列目シートスペースを確保するといった2つの車種のいいとこ取りが可能だ。 背の高いミニバンはアルファード・ヴェルファイアに任せて、背が低く床も低い乗降性能に優れた高級ミニバンとして新コンセプトをまとい次世代の自動車の在り方を具現化したのが新型後継モデルではないだろうか。 アル・ヴェルの扱い開始時期は トヨタ店・カローラ店でのアルファード・ヴェルファイアの扱い時期はいつになるだろうか? 通常だとマイナーチェンジやフルモデルチェンジのタイミングで取扱販売店を変えたり増やしたりする。 しかしアル・ヴェルの場合はフルモデルチェンジしてまだ日が浅くマイナーチェンジもまだまだ先だ。 しかも先日にオプション設定の変更で改良を加えたばかりだ。 だとするとメーカーもしくは販売店の切替に都合の良い時期から扱うことになるだろう。 決算期が終わり売れ行きが落ちる4月か、ボーナス商戦の終わる7月から開始のうちどちらかではないだろうか。 一旦モデル廃止してからの復活も 昨今新聞テレビなどで取り上げられているトヨタの全車種併売計画のあおりを受け、取り扱い車種の半減計画も進められていく。 なので一度エスティマの生産を終わり、そして時期が来たら復活という手もあり得る。 かつてシエンタがその手法で大復活を遂げたのは記憶に新しい。 ユーザー側と販売店側のメリット 今回の取扱販売店の増加はユーザーと販売店の両方にメリットがある。 ユーザー側としたらいつもの馴染みの販売店でも購入することができる。 販売店側も販売機会を逃すことがなくなる。 こういった形で徐々に車種が減っていき併売化がすすんでいくのだろう。 人気記事ベスト• ゴルフをやる人ならクルマの買い替えを検討するときにゴルフバッグが横向きに積めるかは気になるところですよね。 211件のビュー• トヨタの新型車に続々と標準設定されているディスプレイオーディオ。 難点はCDやDVDが再生できないということ。 188件のビュー• 現在新車で発売している車種のほとんどがパンク修理キットを標準搭載している。 スペアタイヤはメーカーオプション設定... 111件のビュー• 2017年にトヨタ自動車より発表されていたが、あまりその時は話題にならなかった不具合がある。 アクア、シエンタ、... 64件のビュー• エンジン回転数が低くてエンストしそうになったことはありませんか?そういったときの対処法を教えます。... 45件のビュー• プリウス・プリウスPHV・クラウン・アルファード・ヴェルファイアに設定のあるITS Connect。 メーカーオ... 39件のビュー• 新型コロナウイルスの感染予防の観点で、PTAのいろいろな行事を中止にしていかなければならない。 将来的には負担軽... 39件のビュー• 画面収録の可否 答えから言うと、iPhoneの画面収録機能でAmazon prime videoの映像を... 37件のビュー• Apple Storeにネット注文アップルストアにネットで注文したMacBook Proがどれくらいの日数で自... 34件のビュー• アクアドアミラー故障アクアのドアミラーを開こうとしたときに動かないことはありませんか? まるでドアミラーのヒ... 32件のビュー.

次の

【2020年】新型車(国産車)&新車情報 最新情報

エスティマ 後継

全高1. 8メートル以上、1800~2000cc級の7/8人乗りミニバンは日産自動車「セレナ」やホンダ「ステップワゴン」などの強豪がひしめく超激戦区。 ライバルメーカーだけでなくトヨタ自身も2014年1月にフルモデルチェンジした「ノア」「ヴォクシー」が同じカテゴリーで、その新車効果も残っている。 その中でエスクァイアは車両本体価格が259万円台からと、同224万円台からとなるノア/ヴォクシーの上級版に位置づけられている。 実は自動車系メディア関係者の間ではエスクァイアの外観デザインは評判が決してよくなかった。 加えて消費増税の影響で新車販売が苦戦しているご時世でもある。 それでもエスクァイアは、かなり好調なスタートを切ったと言っていいだろう。 トヨタ店、トヨペット店が待ち望んでいた 受注を伸ばした要因の一つには販売チャネルが挙げられる。 トヨタにはレクサスを除けば4系列の販売店があるが、このうちノアはカローラ店、ヴォクシーはネッツ店で扱っている。 運転しやすい手頃なサイズで、エンジンもそれほど大きくなく、多人数がゆったり乗れるというクルマ。 残るトヨタ店、トヨペット店にはこのカテゴリーのミニバンがなく、いわば待ち望んでいた。 エスクァイアのリアスタイル。 スクエアなデザインが室内の広さをつくっている エスクァイアのターゲットは、基本的には子育てファミリーだが、ノア/ヴォクシーのように「ファミリー」というキーワードを前面に押し出しておらず、少し値も張るがトヨタ店とトヨペット店は上級車の販売が強く、それぞれの顧客層とうまくマッチしているようだ。 トヨタには2400~3500cc級の大型ミニバンとしてアルファード(トヨペット店)、ヴェルファイア(ネッツ店、いずれも車両本体価格は308万円台~)があり、ノア/ヴォクシーとの間の価格帯はこれまでエスティマが担ってきた側面もある。 ただ、エスティマは一定ファンを獲得しているとはいえ、ミニバンの中ではスペシャリティカーとしての要素が強いうえ、「プレビア」の車名で海外でも売られているモデルだ。 サイズも日本の狭い道路を考えると少し大きめだ。

次の