業務 に 支障 を きたす。 ビジネス上での「支障をきたす」の意味と使い方、英語表現を解説

「支障をきたす」の意味と使い方・漢字・例文・反対語・類語

業務 に 支障 を きたす

「支障をきたす」の正しい意味と使い方は? まずはじめに「支障をきたす」の正しい意味と使い方から解説します。 読み方は「ししょうをきたす」です。 「支障をきたす」の正しい意味 「支障」には「差しさわり」、また「きたす」には「ものごとにある状態をもたらす」「結果としてそうなる」「来るようになる」という意味があります。 ですので総合的には「邪魔になる」「ものごとや状況の妨げになる」「差しさわりがある」という意味になります。 「支障」という妨げが向こうからやってくるというイメージを抱く人もいるでしょう。 実際に言葉のニュアンスからは「上手くいかない」「失敗する」といったネガティブなイメージのほうが強いかもしれません。 「支障をきたす」の正しい使い方 「支障をきたす」は「きたす」の部分を変化させることによって、いくつかのパターンが挙げられます。 「支障をきたすわけがない」「支障をきたすまでに」「支障をきたすことがある」「支障をきたさないように」など、文脈や状況の背景に合わせて適切に使い分けましょう。 「支障をきたす」の例文 それではビジネスや日常生活で使う「支障をきたす」の例文について紹介しましょう。 ビジネスにおける「支障をきたす」の例文• 会社のトップが引退したことが経営に大きな支障をきたすことにつながった• 発注個数でのミスがあったため物流部門に大きな支障をきたしてしまった• 取引先に支障をきたすような行動だけは慎むように心がけよう• 工場での生産数に支障をきたさないよう3勤交代制を導入している 日常生活における 「支障をきたす」の例文• 台風によるダイヤの乱れで多くの通勤客の脚に支障をきたしてしまった• 長年付き合っていた恋人と別れると精神に支障が出る場合がある 「支障をきたす」の類語と英語表現は 「支障をきたす」の類語と英語表現をみてみましょう。 状況や話す相手によって適切な類語を選ぶようにし、スムーズな会話を心がけてください。 「支障をきたす」の類語 「支障をきたす」の類語は「支障が生じる」「支障が出る」「支障の出る」「支障を及ぼす」「勝手が悪い」「都合が悪い」「ありがたくない」」「不都合な」などがあります。 どの類語もものごとや事情によって不利益が生まれる様子を表しています。 「支障をきたす」の英語表現 「支障をきたす」の英語表現は状況によって変化します。 単語のみで考えると「affect~」「obstruct~」「create problem」などがありますが、何に対してどのような支障があるのかを見極めてから適切な単語を選ぶことがポイントです。 次でわかりやすいように英文の例文をみてみましょう。 「支障をきたす」の英語の例文• Smoking too mcuh often affect the maintenance of our health and well-being. タバコの吸いすぎは健康や体力の維持に支障をきたすことがしばしばある。 We are better off not be so sarcastic because of which will obstruct the relationship with our clients. トゲのある発言はやめておこう。 取引先との関係に支障をきたすおそれがある。 It may also create problems to an up coming project if the staffs keep on doing absence without notice. スタッフの無断欠勤は新しい事業計画にも支障をきたす可能性がある。 「 支障をきたす」を敬語で言うには 最後にビジネスでかかせない敬語表現についてみてみましょう。 「支障をきたす」に敬語表現はあるのでしょうか。 「支障をきたす」を使った文章で敬語表現を用いる場合は、文章全体で丁寧に敬語表現を使ってまとめていきましょう。 もちろん取引先や上司などに対して敬語が必要な場合でも「支障をおきたしになる」という使い方はしません。 間違いのないように留意しておきましょう。 まとめ 「支障をきたす」は同じ意義を持つ類語がいくつかありますが、状況や事情に合わせて適切な一つを選ぶことが大切です。 ビジネスメールや商談などにもよく登場する言葉なので使い慣れておきましょう。 語彙力を高め、正しい言葉の意味や使い方をマスターすれば会話の幅もグンと広がるはずです。 できるだけ多くの言葉を習得して社会人としてのスキルアップを図っていきましょう。

次の

「支障をきたす」の意味と使い方と例文|類語や敬語表現など

業務 に 支障 を きたす

では、それぞれの類語を以下で詳しく紹介します。 3-1.差し障り(さわり)、差し支え(つかえ)がある 「差し障り、差し支えがある」は、 「都合の悪いこと、迷惑になるようなこと」という意味です。 「支障をきたす」と同じような使い方ができますが、それぞれの表現には以下のような違いがあります。 支障をきたす 差し障りがある 差し支えがある 意味 物事に都合の悪い方に進むこと 都合の悪いこと、迷惑になるようなこと 都合の悪いこと、迷惑になるようなこと 対象 物事に対して 物事に対して 人などに対して 「支障」や「差し障り」という表現は、「障害」となる対象が比較的大きいものに使います。 一方「差し支え」の場合は、個人などの小さい対象に対して使う表現です。 では、それぞれの表現を使った例文を以下で確認してみましょう。 The bad weather affected the flight. (悪い天候のせいで、飛行機の運航 に影響がでた。 (この商品は、会社の評価に 影響を与えるだろう。 I was affected by your painting. (君の描いた絵に 感動したよ。 ( 迷惑をかけて、本当にごめんね。 (彼はいつも 問題を起こしているが、本人は気にしていない。 What you did at the office caused trouble. (君がオフィスでしたことで、 迷惑がかかったよ。 ) まとめ 「支障をきたす」は、 「物事の邪魔になること、物事に都合の悪い方に進むこと」という意味です。 漢字表記は「支障を来す、来たす」ですが、基本的には平仮名で使われます。 ビジネスシーンでは、何か悪いことが予想されたりする場面で使います。 「支障をきたす」の敬語表現はないので、ビジネスでは今回紹介したように、「支障をきたします」「支障をきたす恐れがございます」などに言い換えるようにしましょう。•

次の

「業務に支障をきたす」と言うのは

業務 に 支障 を きたす

「支障をきたす」の漢字と意味 「支障をきたす」の意味 「支障をきたす」は 「物事に具合の悪い事情が起きる」という意味です。 「支障」は「進行の妨げになるもの」や「何か物事を進める上で邪魔になるもの」で、 「きたす」は「結果としてある事態を生じさせる・もたらす」といった意味になります。 つまり「支障をきたす」とは、 「問題によって物事に悪い影響が出ること」「順調に進んでいたことが問題によって妨げられること」を表しています。 また「支障」は、 「差し支え」「差し障り」「故障」といった言葉に言い換えることができます。 「支障をきたす」の漢字 「支障をきたす」の「きたす」は、漢字で表すと 「来す」または「来たす」となります。 本来「来たす」は、 「ある事柄・状態を生じさせる、招く」といった意味になり、良くない事が起きることを示しています。 元々「来たす」以外に「きたす」と読む語句は存在しないため、「期たす」や「着たす」といった表現は全て誤りになります。 「支障をきたす」は一般的にはひらがな表記で使うことが多いですが、文書やメールで表現する場合にはよく漢字表記が使われます。 「支障をきたす」の使い方 「支障をきたす」の使い方としては、 ・支障をきたす恐れ〜 ・支障をきたすことなく〜 ・支障をきたす場合 といったようになります。 また、 ・支障をきたすわけにはいかない ・支障をきたすべきか ・支障をきたすため ・支障をきたすこと ・支障をきたすのでないか ・支障をきたすまでには といった使い方もできます。 「支障をきたす」は 「その物事によって何らかの不利益がでる」「差し障りがある」といったときに用いる言葉です。 例えば、「昨日転んで腕を骨折してしまったんだ。 仕事もしづらいし、日常生活に支障をきたすよ」と言った場合 これは、骨折したことによって普段当たり前にできていた事ができない・骨折が生活の妨げになるということを表しています。 「支障をきたす」は、この先のことを考えた場合に上手くいかない恐れがある場合に用いるため、マイナスに感じます。 しかし、使い方によっては相手にマイナスなイメージではなく、プラスなイメージを与えることができます。 このままでは作業に支障をきたすため、他社から同等品を調達するのが良いと思うのですが、いかがでしょう」と言った場合 これは、今まで通りだとトラブルが起きてしまうので解決策を考えるということを表しています。 この「支障をきたす」は、 成功させなければと強い意志を感じさせることができたり、問題が起こる前に対策を考えるというように、今後に向けての望みがもてるという意味合いになり、プラスに感じることができます。 「支障をきたす」は使い方によって、プラスな印象にもマイナスな印象にもなる言葉です。 「支障をきたす」の類語 「支障をきたす」だけではなく、「支障」「きたす」それぞれの言葉の類語についても紹介します。 ビジネスシーンでは「頓挫する」「影響が出る」などがよく使われますが、日常生活では「迷惑をかける」「行き詰まる」といった比較的簡単な表現が使われます。 「支障」と一緒に使うその他の動詞 ・支障を及ぼす ・支障が生じる ・支障がある ・支障をもたらす ・支障がない ・支障が出る ・支障をきたすまで ・支障が起こる ・これらが支障に ・思いがけない支障が ・何らかの支障が ・どこに支障が 「支障」につく助詞は大体「が」「の」「を」などになります。 「支障」の前に「なんらかの」「どこに」などを付けることも可能です。 他にも「生活上支障」など助詞を入れずに、名詞を2つを並べた複合名詞として使われる場合もあります。 「支障」という言葉が使われていると、何となく良くない事が起きているイメージになります。 「支障をきたす」の英語表現 「支障をきたす」に近いニュアンスの英語表現は、 ・interfere with... ・hinder... ・impede... などで、 「... を妨害する、邪魔する」という意味になります。 ネイティブは日常生活では「interfere」を最もよく使います。 その他の2つは結構難しい表現になりますが、ぜひ覚えておきましょう。 その他にも、 ・affect... に悪い影響を与える) ・cause troubles for... に対して問題をおこす) ・bring problems for... に迷惑をかける) などの表現も使うことができます。 それでは例文を見ていきましょう。

次の