ファンザンテン。 残念機長とは (ザンネンキチョウとは) [単語記事]

experience-ga.ctb.com: マーベル・シネマティック・ユニバース マーベルスタジオ ファースト・テン・イヤーズ 10周年記念 “モア ザン アベンジャーズ ファン” Tシャツ (Lサイズ) / MARVEL CINEMATIC UNIVERSE 2018 MARVEL STUDIOS : THE FIRST TEN YEARS “MORE THAN A FAN” 10TH ANNIVERSARY T

ファンザンテン

経歴 [ ] オランダので生まれた。 1947年6月21日に自家用操縦士ライセンスを、1950年4月18日に事業用操縦士ライセンスを取得した。 1950年からで飛行ディレクターとして働き始め、1951年にはダグラスでとしての任に就いた。 1952年9月22日に Flight radio telephone operator ライセンスを、1956年10月19日にはAirline transport pilot ライセンスを、1963年8月6日には Flight navigator ライセンスを取得した。 1971年1月23日、フェルトハイゼン・ファン・ザンテンはのタイプレーティングを得た。 同年、彼は2人の同僚とともにアメリカのに向かい、KLMオランダ航空として初となるボーイング747(愛称「ミシシッピ」、PH-BUA)の引き渡し飛行に加わった。 1977年にテネリフェ空港事故が起きるまで彼は1万1700飛行時間を経験し、そのうち1545時間がボーイング747によるものであった。 彼は、航空路線での普段の業務に加え、ボーイング747の主任飛行教官にも抜擢されたていた。 1977年に彼が亡くなった時点で、KLMのボーイング747パイロットは全員が彼の担当下で訓練を受け、またKLMの飛行訓練部門の長も務めていた。 の会長であり1978年までKLMで機長を務めていた Jan Bartelski はフェルトハイゼン・ファン・ザンテンの同期で、個人的な親交があった。 彼の著書『Disasters In The Air』ではフェルトハイゼン・ファン・ザンテンの人柄について次のように述べている 彼は他人との協力関係を大事にし、フライト中は副機長たちに自分のことを「ファン・ザンテン機長」ではなく「ヤープ」 と呼ばせるようにしていた。 テネリフェ空港衝突事故の直前、KLMのにフェルトハイゼン・フォン・ザンテンの写真が使われていた。 これは一般には社内での高い地位を反映したものと受け止められているが、 Jan Bartelski によると、彼が起用されたのは単に当時KLM広報の取材に応じられる機長が彼しかいなかったからだという(彼は教官を務めていた一方で他の機長たちはフライトに出払っていた)。 事故の報を聞いたKLMの幹部たちは、フェルトハイゼン・フォン・ザンテンに社内調査を率いらせようとしたが、彼自身が事故に巻き込まれてしまっていた。 フェルトハイゼン・フォン・ザンテンはオランダのに暮らしていた。 妻と2人の子どもが残された。 テネリフェ空港の事故 [ ] 詳細は「」を参照 1977年3月27日、スペインのにあるロス・ロデオス空港(現:)の滑走路上で2機のが衝突する事故が起き、583人が死亡した。 これは航空史上最悪の死者を出した事故である。 KLM航空4805便に乗っていたフェルトハイゼン・ファン・ザンテンを含む248人の乗員乗客全員と、1736便の335人が亡くなった(パンナム1736便の61人が生存)。 事故当時、同空港唯一の滑走路は濃霧に覆われていた。 フェルトハイゼン・フォン・ザンテンのKLM機は離陸許可なしで離陸を試み、管制の指示で滑走路上をバックタクシングしていたパンナム機に衝突した。 滑走路上を移動する間にKLMの乗員たちは背後をパンナム機がバックタクシングして来ていることに気付いていたが、離陸開始の段階では既に滑走路上から退去していると信じ込んでいた。 濃霧のためパンナム機の視認は不可能だった。 フェルトハイゼン・フォン・ザンテンの行動の原因には他にも、管制とのコミュニケーションの問題(アクセントや非標準的な表現法)などのいくつもの要素があった。 彼は管制から出発準備許可 departure clearance を得たことをもって離陸許可 take-off clearance を得たと誤解し、一方で管制塔側はKLM4805便が指示通りに滑走路上で待機していると考えていた。 タイプ・レーティング [ ] フェルトハイゼン・フォン・ザンテンは以下の航空機の ()を得ていた• :1951年9月28日 - 1962年6月20日• :1952年8月23日 - 1962年6月20日• :1952年10月1日 - 1962年6月20日• :1957年2月12日 - 1962年6月20日• :1957年6月6日 - 1962年6月20日• :1959年6月11日 - 1967年7月21日• :1967年3月16日 - 1971年6月9日• :1971年1月23日 - 1977年3月27日 参考文献・脚注 [ ]• Project Tenerife. 2010年1月23日閲覧。 Project Tenerife. 2010年1月23日閲覧。 Airlife. Meisler, Stanley 1977年3月30日. : p. ヤーコプの愛称• KLM advert• : "A look back at the catastrophic chain of events that caused history's deadliest plane crash 30 years ago. 6 April 2007. Retrieved on 21 December 2012. Sterk, N. 1997年3月22日. Dutch. Reformatorisch Dagblad: p. 2013年10月26日閲覧。 1994. Air Disaster Volume 1. Fyshwick, Australia: Aerospace Publications. 174. 外部リンク [ ]•

次の

ヤーコプ・フェルトハイゼン・ファン・ザンテン

ファンザンテン

不吉の悪魔龍 テンザン VR 闇文明 4 クリーチャー:デーモン・コマンド・ドラゴン 13000 T・ブレイカー このクリーチャーは、可能なら毎ターン攻撃する。 このクリーチャーが攻撃する時、自分の山札の上から13枚を墓地に置く。 で登場した。 4にして13000のと破格なであるが、代償としてでから13枚ものとの強烈なを持つ。 13枚ものは1回使うだけならとしても捉えられるが、普通にしてする頃にはは26枚前後のため、2回も攻撃すればで自滅してしまう。 やでデメリットを帳消しにしたり、1度、させたらさせたりやなどでする等で対応したいところ。 デメリットが厳しいため環境では見られないが、このの豪快な墓地肥やしを活かしたやがカジュアルプレイで使用されるなどファンデッキでは割と出番のあるカード。 やなど、をに変換すると組み合わせるのも面白い。 であるため、と併用できる点も注目すべき点である。 で注意しなければならないのは、と組み合わせた場合、を唱えた後でのを適用し、のを1枚でもに加えてしまうと、少なくともに関してはの適用外になってしまう点である。 からではなくとも、以外のからにカードを加えてしまうとアウト。 詳しくはの頁を参照。 でこのカードを踏み倒すことで、《テンザン》自身をにしつつ、そのターン中に自壊させることで毎ターン攻撃するデメリットを帳消しにすることができる。 後に登場したとはとなっており、お互いのデメリットを帳消しにできる。 ただし強制攻撃にだけは従わないとならない。 「毎する」という表記だが、当初は「でやの能力を受けてした」等、たとえその中にしていたとしてもできる状況であればしなければならないという裁定だった。 特にこのがそれらの能力を受けると、ほぼ確実にがゼロになってしまうという「ゲームの勝敗に直結する」程の危険性を孕んでいた。 日本語の解釈としておかしかったからか、後に「その中に1度でもしていれば、してもする必要はない」との裁定が下された 2017年6月19日18:53。 意外にも関係に相性の良いが多い。 で強制攻撃を打ち消し、やでバトルゾーンから切り離せる。 一度墓地を増やした後にや、イメージ的にもぴったりななどに繋げてみるのも面白い。 使用者の山札を大量に削るのという点は、を髣髴とさせる。 後に登場したはサイズが同じで、やはり自滅に繋がりかねない強烈なを有している。 アニメ「VSR」では対戦においてコジローが使用。 なおこの時、の残りの枚数は11枚と解説されたが、実際に計算してみると7枚以下となる。 恐らくコジローがその前に使用したのによる4枚分を加え忘れたのだろう。 名前は「10」の英語読みである「ten(テン)」と「3(さん)」を合わせたいたってシンプルなもの。 関連カード [ ]• [ ]• テンザン、そのという不吉な数字を名に持つの登場はの予兆として恐れられている。 の影響を受け力を増したは、死の力であらゆる存在に罪と罰を与えるをはなったのだった。 収録セット [ ]• illus.

次の

ファン・ザンテン機長 en Foursquare

ファンザンテン

Deze website maakt gebruik van cookies om de website te verbeteren. Mocht u geen cookies accepteren, kunt u op instellingen klikken om deze optie te kiezen. Als u gebruik wilt maken van alle functionaliteiten op deze website, klik dan op Accepteren. Door verder te gaan binnen onze site, accepteer je automatisch ons cookiebeleid. Instellingen. Deze website maakt gebruikt van cookies. Dit doen wij om twee redenen. Allereerst om u een goed functionerende website aan te kunnen bieden. Daarnaast gebruiken we cookies om inzichten te krijgen in onze bezoekers. Met het opslaan van de default instellingen hieronder gaat u akkoord met onze U kunt uw voorkeuren altijd aanpassen door onderaan de pagina op privacyinstellingen te klikken.

次の