宮本から君へ 映画 無料。 映画『宮本から君へ』あらすじネタバレと感想。ドラマの最終回後を池松壮亮×蒼井優共演で「男・宮本の生き様」をふたたび

宮本から君へ(映画)無料フル動画情報!Dailymotionやパンドラも調査|映画TIMES

宮本から君へ 映画 無料

文具メーカー「マルキタ」で働く営業マン宮本浩(池松壮亮)は、笑顔がうまくつくれない、気の利いたお世辞も言えない、なのに、人一倍正義感が強い超不器用な人間。 会社の先輩・神保(松山ケンイチ)の仕事仲間である、自立した女・中野靖子(蒼井優)と恋に落ちた宮本は、靖子の自宅での食事に呼ばれるが、そこに靖子の元彼・裕二(井浦新)が現れる。 裕二を拒むため、宮本と寝たことを伝える靖子。 怒りで靖子に手を出した裕二に対して、宮本は「この女は俺が守る」と言い放つ。 この事件をきっかけに、心から結ばれた宮本と靖子に、ひとときの幸福の時間が訪れる。 ある日、営業先で気に入られた真淵部長(ピエール瀧)と大野部長(佐藤二朗)に誘われ、靖子を連れて飲み会に参加した宮本は、気合いを入れて日本酒の一升瓶を飲み干し、泥酔してしまう。 見かねた大野が、真淵の息子・拓馬(一ノ瀬ワタル)の車で送らせようと拓馬を呼びつけた。 そこに現れたのは、ラグビーで鍛えあげられた巨漢の怪物だった……!泥酔する宮本と、宴会を楽しむ靖子、二人の間に、人生最大の試練が立ちはだかる。 映画版が木になるのだけど先にドラマ版を観ておいた方が良いの?と気になるかたもいらっしゃると思います。 映画版・宮本から君へは単品でも楽しめるストーリーなので安心してください。 ちなみに、ドラマ版と映画版は関連性があります。 映画版を視聴される前でも後でも良いのでドラマ版も合わせてご覧になるとストーリーが分かりやすくより楽しめます! 映画・宮本から君への動画視聴ラインナップがあるネット動画配信サービスをチェック 動画配信サービスといえば、U-NEXTや、dTV、Hulu、アマゾンプライムビデオなど多数あり非常に人気がありますよね。 現在も契約中の方も多いと思います。 動画配信サービスではドラマ版の配信は多いですが、映画版の配信があるサービスはツタヤディスカスと、ゲオのDVDレンタルのみでした。 なぜ動画配信がないのでしょうか?キャストのピエール瀧が逮捕されたからでしょうか? ひとまず現状はDVDレンタルで視聴のみで配信しています。 監督・脚本:真利子哲也• 脚本:港岳彦• 音楽:池永正二 キャスト• 宮本浩:池松壮亮• 中野靖子:蒼井優• 風間裕二:井浦新• 真淵拓馬:一ノ瀬ワタル• 大野平八郎:佐藤二朗• 神保和夫:松山ケンイチ• 田島薫:柄本時生• 小田美紀彦:星野英利• 岡崎部長:古舘寛治• 真淵敬三:ピエール瀧• 宮本武夫:新井英樹.

次の

宮本から君へ

宮本から君へ 映画 無料

解説 テレビドラマ化もされた新井英樹の人気漫画を池松壮亮主演、 ヒロイン役を蒼井優のキャストで実写映画化。 「ディストラクションベイビーズ」の真利子哲也監督がメガホンをとった。 超不器用人間ながら誰よりも正義感の強い宮本浩は、文具メーカーで営業マンとして働いていた。 会社の先輩である神保の仕事仲間、中野靖子と恋に落ちた宮本は、靖子の自宅に招かれるが、そこに靖子の元彼である裕二がやってくる。 靖子は裕二を拒むために宮本と寝たことを伝えるが、激怒した裕二は靖子に手を挙げてしまう。 そんな裕二に、宮本は「この女は俺が守る」と言い放ったことをきっかけに、宮本と靖子は心から結ばれるが……。 宮本役を池松、靖子役を蒼井、神保役を松山ケンイチらドラマ版のキャストが顔をそろえるほか、裕二役を井浦新が演じる。 さてまた全然関係ない話しから始めます。 私だけではないでしょうが在宅の時間が大幅に増えた今日この頃で御座います。 TVを付けると大抵新型コロナウイルスのニュースです。 洋画だったら吹き替えがあるやつ。 さて映画を観ながらは私は必ずお酒を飲みます。 寝落ちしてもOK.。 緊張感はゼロ。 一人飲みなのに翌日は二日酔い。 馬鹿だね〜 お銚子が空になると覗いて、お姉さんもう一本つけて。 もうこの先は読まないでも良いですよ。 大したことないですからね。 文具メーカーで働く宮本 池松壮亮 は先輩の仕事仲間の中野靖子と恋に落ちます。 しかし靖子は元彼の風間 井浦新 にストーカー行為を受けていたのでした。 なんとか風間は撃退したのですが、ある夜衝撃のある事件が起こります。 先輩 ピエール瀧 の息子拓馬が信じられない行動に出たのです。 その時、宮本の馬鹿は寝ていやがる。 大体てめえは飲み過ぎなんだよ。 いい加減にしろ! すいません。 腹が立って言葉が汚くなりました。 まず警察だろ。 フツーは。 との考えは飲み込みます。 フィクションだしね。 かくして宮本は怨敵、拓馬にタイマンを挑みます。 いやいや体格差があり過ぎだよ。 舞の海と曙の取り組みでしょうか?当時の体重差、実に101キロです。 ボクシングや柔道と違って大相撲はどんなに体重差があっても関係ありません。 しかし!しかしです。 なんと舞の海は曙に勝った事があります。 そりゃそうだ。 警察に・・・いやもっと正々堂々と卑劣になれ!例えば背後からバットで殴るとか、石を投げるとか、お金に困ってそうな貴闘力に頼むとか・・・ かくして宮本は惨敗です。 前歯も3本折られました。 しかし宮本は漢 おとこ だった。 それでも憎っくき拓馬に闘いを挑みます。 そして・・・ 拓馬役の一ノ瀬ワタルは元格闘家の上、体重を33キロ増やしました。 役作りとは言え凄いですね。 稀に見る憎まれ役。 嫌われ役。 いやはや役者だね。 役者だけど。 好き嫌いが分かれる映画でしょう。 でも熱量は有ります。 エンディングに宮本浩次の歌が流れます。 Do you remember? きみが好きな歌を まちを 空を そして 明日をいま 俺が全て引き受けよう 私の胸に刺さりました。

次の

【宮本から君へ】映画動画のフル無料視聴は?みんなの口コミ・評判も!

宮本から君へ 映画 無料

U-NEXT 人気の理由• 登録から 31日間無料• 日本最大級の配信本数 200,000本以上 ・毎月2,000本以上更新• ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)• 見放題作品数NO. 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)• 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!• 電子コミックや電子書籍も楽しめる!• 雑誌が80誌以上読み放題!• ペアレンタルロックで視聴制限でき お子様にも安心!• テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!• ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!• 無料期間後は月額1,990円 税抜 で毎月1,200円分のポイントが付いてお得! 「U-NEXT」は 31日間無料です。 無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。 宮本から君へ 映画 の内容 『 映画「宮本から君へ」』は、2019年9月に公開されました。 原作は、漫画家・ 新井英樹さんの連載デビュー作で、1990年から「モーニング」に掲載されました。 熱血営業マンが悪戦苦闘しながら成長する姿を描いた作品です。 2018年4月に連続テレビドラマで放送されたのを経て、2019年に映画化されました。 ドラマ版から引き続き、監督・脚本が 真利子哲也さんが手掛け、主演の宮本は 池松壮亮さんが演じ、そのほか 蒼井優さん、 柄本時生さん、 松山ケンイチさんなどが続投。 映画版キャストとして、 井浦新さん、 佐藤二朗さん、元格闘家の 一ノ瀬ワタルさんなど豪華キャストが出演しています。 エネルギーがもの凄い作品。 血だらけの顔なのに、笑って靖子への愛を伝える宮本に泣いた~。 蒼井優と池松壮亮の演技が鳥肌たった。 あらすじ 文具メーカーの営業マン 宮本浩(池松壮亮)は、営業スマイルさえもできない不器用ですが、正義感は人一倍強い人間。 会社の先輩だった 神保(松山ケンイチ)の仕事仲間・ 中野靖子(蒼井優)と恋に落ちた宮本が彼女の自宅に招かれた日、靖子の元彼・ 裕二(井浦新)が姿を現します。 宮本と寝たと話す靖子に激怒した裕二に、宮本は「この女は俺が守る」と宣言したことで、心から結ばれた宮本と靖子に、ひとときの幸福の時間が訪れます。 ある日、営業先で気に入られた 真淵部長(ピエール瀧)と 大野部長(佐藤二朗)に誘われた宮本は、靖子を連れて飲み会に参加します。 宮本は、気合いを入れ、日本酒一升を飲み干し、泥酔してしまいます。 見かねた大野が、真淵の息子・ 拓馬(一ノ瀬ワタル)の車で送らせようと拓馬を呼びつけましたが、そこに現れたのは、ラグビーで鍛えあげられた巨漢の怪物でした。 泥酔する宮本と、宴会を楽しむ靖子の間に、人生最大の試練が立ちはだかります。 見どころ 迫力満点な決闘シーン 池松壮亮さん演じる宮本と一ノ瀬ワタル演じる拓馬の非常階段での決闘シーンは迫力満点です。 予告動画にも登場するシーンですが、非常階段から本当に落ちてしまいそうな緊迫するシーンは思わず息を飲むほど。 一ノ瀬ワタルさんは、プロの格闘家でしたが、2009年の「クローズZERO II」に出演したことをキッカケに俳優へと転身しました。 本作では、2ヵ月で33キロ増量する肉体改造していることもあり、劇中では怖いくらいにデカい!その巨漢と、宮本が実在するマンションの8階の非常階段でスタントなしで本人が演じたシーンは、見どころのひとつです。 原作をぶっ壊す 本作を手掛けた真利子哲也監督は、2016年に公開した、路上で突然暴力をふるう凶暴な男が主人公の映画「ディストラクション・ベイビーズ」で商業映画デビューしました。 その試写で原作者の新井英樹さんから「原作をぶっ壊してくれ」と言われた真利子監督は、原作を再現するのではなく、理屈ではない感触、人間のダイレクトな生理を描こうと考えました。 そこで、描かれたのが、叫び、汗が流れ、涙が流れ、鼻水が飛び、ご飯粒も飛び、血がガンガン出て、前歯が抜け…といった、見ていて気持ち良くないもの。 観る人によっては、下品で気分が悪くなったという人もいたようですが、それほどリアルでハラハラしてしまう作品となっています。 ちなみに、宮本の抜けた前歯は、特殊なマウスピースを装着していて、池松壮亮さんは、前歯を抜くつもりだったようですが、実際には抜いていません。 スタッフ 原作:新井英樹「宮本から君へ」 監督:真利子哲也 脚本:真利子哲也、港岳彦 音楽:池永正二 主題歌:宮本浩次「Do you remember? 」 キャスト 宮本浩:池松壮亮 文具メーカー・マルキタの営業部員。 中野靖子:蒼井優 宮本の会社の先輩・神保の仕事仲間。 風間裕二:井浦新 靖子の元彼。 小説家志望の遊び人。 真淵拓馬:一ノ瀬ワタル 真淵部長の息子。 現役ラグビー部。 田島薫:柄本時生 宮本の同僚でよき相談相手。 小田三紀彦:星田英利 マルキタの営業部課長。 岡崎正蔵:古舘寛治 マルキタの営業部部長。 大野平八郎:佐藤二朗 太陽製薬・資材部部長。 大学時代は元ラグビー部。 真淵敬三:ピエール瀧 泉谷建設・建設部部長。 拓馬の父。 神保和夫:松山ケンイチ 宮本の先輩。 マルキタを辞め、独立し新会社を経営。 宮本武夫:新井英樹 宮本の父親。 宮本秀子:工藤時子 宮本の母親。 中野靖邦:螢雪次朗 靖子の父親。 中野静江:梅沢昌代 靖子の母親。 中野瑞穂:小野花梨 靖子の妹。 ある番組でホリエモンさんがこの映画面白いといっていたのをきっかけに見た映画なのですが、予想を遥かに超える面白さでした。 普段はあまり恋愛ものの映画を見ないのですが、これはちょっと普通の恋愛ものとは違ってストーリー展開が目まぐるしく飽きずに見ることが出来ました。 全てのことにおいて全力で自分の感情い嘘がない主人公の宮本を見ていると、自分の感情をごまかしながら生きている自分と正反対だな~と思い、面倒くさそうな人だな~でもこういう人にちょっと憧れます。 この映画はR15なので結構過激なシーンが多くあるのですが、エッチなシーンや喧嘩のシーンなどかなりリアルに撮影されておりそういったシーンもかなり見どころですね。 またこの映画を通して宮本がヘタレ男子から徐々に一人目の男として成長していく姿に男として共感してしまうところがあります。 恋をして、喧嘩して、何をするにも全力投球の宮本を見ているとなんだか自然とみている方も元気をもらえるので不思議です。 なんとこの役を演じる為に宮本役の池松壮亮さんは本当に歯を抜いたらしくこの映画に対する本気度が伝わってきますね。 またヒロイン役の蒼井優さんや、ピエール瀧に佐藤二郎など実力派俳優の演技にも注目です。 テレビドラマから映画化された「宮本から君へ」は邦画で飽和状態にあるドラマから人気があり続編として映画化するという王道ルートとは少し違う歩みをたどって映画化された秀作の映画といってよいだろう。 監督はドラマから引き続き真利子哲也監督。 「宮本から君へ」の話の前にこの監督の作品への情熱や描き方に共感を得れば自然と「宮本から君へ」も楽しめるはずです。 バイオレンスなシーンが多いイメージからここに引かれ監督の真意が伝わらないという意見も多いが、真利子監督はその中で人物の考えや捉え方が的確である。 本作の「宮本から君へ」もドラマから引き続き見てる人にとってテイストの変化に驚く人も多いが、映画での表現こそが真利子監督の真骨頂。 ドラマは序章と捉えたほうがいいかもしれない。 ドラマでは主人公の営業マンとしての情熱やひたむきさが周囲の人間を巻き込んでいく、言わばバイオレンスというよりは男臭さがプンプン醸し出すドラマ。 一方で映画はそこの情熱はそのままにR指定がつくほどのバイオレンスやアダルトの部分にも深く踏み込んだ映画となっている。 ドラマファンからすると受け入れがたい人も多いかもしれないが、映画好きにはこれぞ映画化!と言わんばかりに心酔するだろう。 池松壮亮さん演じる宮本は仕事仲間の蒼井優さん演じる靖子と出会い、恋に落ちます。 そこから平和な日々が待っていると思いきや、ある日宮本は上司の息子に靖子を寝取られてしまいます。 助けられなかった宮本は自分を悔やみ、ショックで泣き崩れる靖子を見て発狂します。 そこから宮本は何としてでも靖子を守る、靖子を傷つける奴は許さない、と相手への復讐を決意します。 1人の男性が愛する女性のために命をかけて戦う、笑いあり涙ありのラブストーリーです。 なんと言ってもみどころは、お2人の迫真の演技です。 感情のままに動く靖子が、宮本に対して泣き叫ぶ姿は女性としてとてもかっこよかったです。 また宮本の全力感というか、がむしゃら感に男としての生き様を感じました。 R15というだけあって、少しグロテスクなシーンやアダルトなシーンが多めですが、見たあとはなんだかホッコリして、胸がジーンとなりました。 そしてまた明日からも頑張ろう、と思える素敵な作品でした。 1人の女性のためにここまでできる宮本は本当にかっこよかったです。 女性はもちろん男性でも惚れてしまうこと間違いなしです。 誰かを死ぬ気で愛することはとても素敵で美しいものだと感じました。 まとめ.

次の