プレゼント 歌詞。 BUMP OF CHICKEN プレゼント 歌詞

プレゼント BUMP OF CHICKEN 歌詞情報

プレゼント 歌詞

セカオワの「プレゼント」はメッセージ性に富んだ歌詞になっており、10代の若者に向けた応援ソングだ。 作詞を担当したのはピアノのSaori。 中学生のときの自分にあげたい曲を、と思って作り上げたという。 作曲を担当したのはNakajinである。 先日放送されたNHK総合特集番組「SEKAI NO OWARI 中学生に贈る『プレゼント』」では、中学生たちと合唱をしながらSEKAI NO OWARIが「プレゼント」を披露した。 今回明らかとなったことは、SaoriがTwitterにてプレゼントのサビは深瀬が中学生のときに彩織に言った言葉がモチーフになっているという。 「プレゼント」のサビは、深瀬が中学生の時に私に言ってくれた言葉をモチーフに書きました。 あれから15年が経って、歌詞として作品に出来たことをとても嬉しく思うのです。 RT :今日、学校の道徳の授業の時に先生が自分の体験談と共にSEKAI NO OWARIの「プレゼント」を紹介していました。 先生の話に共感する場面が何回もあり この歌の素晴らしさを知りました。 当時のSaoriは中学生でFukaseという人間を深く知り、その自由奔放で破天荒な存在のFukaseに衝撃を受けた。 中学生時代のSaoriとFukase 出典: この2人が出会わなければSEKAI NO OWARIは存在していない。 2人は中学生時代に仲良くなってからいつも一緒に何かを語り合っていたという。 それは生きることだったり、死ぬことだったり、平和について、戦争について、哲学、思春期の子どもが抱えている葛藤、悩み、想いを2人で共有しあっていた。 有名な話、FukaseとSaoriは恋愛関係とはまた別の共依存にも近い形になっていたのかもしれない。 SaoriはFukaseという人間に惹かれ、FukaseもまたSaoriを必要としていた、それが2人の学生時代。 それから何十年かたち、2人の環境も気持ちも変わったが、あの当時の言葉が楽曲として生まれ変わったのが「プレゼント」である。 あの頃の2人が語り合っていた、FukaseがSaoriに投げかけた言葉が歌詞となり曲となった。 そして今の中学生たちがそれを歌うという時を超えたメッセージである。 「プレゼント」 作詞 Saori 作曲 Nakajin 「知らない」という言葉の意味 間違えていたんだ 知らない人のこと いつの間にか「嫌い」と言っていたよ 何も知らずに 知ろうとしなかった人のこと どうして「嫌い」なんて言ったのだろう 流されていたんだ 「知らない」ことは怖いから 醜い言葉ばかり吐き出して誤魔化して 自分のことまで嫌わないで ひとりぼっちになりたくない ここにいてよ その言葉言えなくって 心閉ざさないで ひとりぼっちにさせないから 大丈夫だよ その言葉返せるように 強くなりたい 「人生」のこと あまりにも問題ばかり起きるから 難問解決プログラムなのかと思っていたけれど 気付いたんだ 「プレゼント」みたいなものなんだって 何十年か好きに生きていい特別なプレゼント だから楽しみにしながら ゆっくり開けたら良いんだ 自分自身にその言葉を贈るよ いつも忘れちゃうから いま君のいる世界が 辛くて泣きそうでも それさえも「プレゼント」 だったと笑える日が必ず来る ひとりぼっちになって 気付いた 本当は大切な人がたくさん いるんだってことが ひとりぼっちにさせないから 大丈夫だよ その言葉返せるように 強くなりたい ・.

次の

プレゼント 玉置浩二 歌詞情報

プレゼント 歌詞

こちらは3番目のAメロ。 なんだか先ほど紹介した1番のプレゼント内容より、 多少質が落ちているような・・・。 道で売ってるカレッジリングだの、ボールペンだの。 どれも旅行先のおみやげっぽい感じもします。 海外旅行が趣味の彼だったのか、もしくはその辺で売っているインチキ商品なのか。 よくわかりませんが、あまり贈り物の印象はありません。 もしかするとこの彼、本命の彼女にはもっと高価なものをあげていたのかもしれません。 「君のことはそんなに大事にしていない」と・・・。 この解釈だとすれば、かなり切ないといえます。 二股彼氏のために自分で買った「プレゼント」?.

次の

プレゼント 玉置浩二 歌詞情報

プレゼント 歌詞

あいみょんらしい言葉で、 エールを込めたこの 「プレゼント」に、多くの人が元気をもらえるんじゃないでしょうか。 「プレゼント」に込めた想いとは? この曲は世の中を俯瞰で見た物語。 涙は流すために、溢れるために、声にならないSOSのために幾千も前から作っておいた。 胸には強く、時には弱いガラス(恋に気づけるように、ときめいたら弾けるように、傷ついたらヒビが入るように)、そして恋するボタンを付けておいた。 sanspo. html 「プレゼント」の歌詞を見てみると、あいみょんらしい 「エール」を感じる楽曲となっています。 辛くなったり、倒れそうな時には、 全てを吐き出して泣くことも大事なんだよ、という思いが込められていますね。 ときめきを感じるきっかけを見つけたら、恋をして、 愛に出会うことも素敵だよという思いが伝わってきます。 そんな思いが「プレゼント」には描かれているのではないでしょうか。 ちなみに、今回の「プレゼント」の曲は、ここ最近の曲の中では声が高めというか、昔のあいみょん 特に「〇〇ちゃん」 あたりの声の感じに近いです。 あいみょん「プレゼント」歌詞の意味は? あいみょんの「プレゼント」には、どんな意味が込められているのでしょうか。 誰もが、 夢や希望にあふれた日々を送っているわけではないですもんね… 「 やりたくてもやれない人達が」という部分は、人それぞれの環境や想いによって、夢に対する思いも違うのかなと思います。 そして、また、心が痛くなったらまた、いつでも涙がでるようなシステムを作っているから。 そう… 辛い時には声をあげて泣いて全てを洗い流し、また、気持ち新たに、歩き始める… 当たり前だけど、本当に大事なことですよね。 そうなると、心が折れそうになり、そんな毎日に「 やれる気がしない」。 「プレゼント」というワードだけでも、心が軽くなる気がしますよね。 いくら年月を重ねても、変わらないものは変わらないんですよね。 恋に落ちた時には、相手にも分けれるほどの強い愛を持っている。 だから、辛くなったり、寂しくなったとしても、あの「プレゼント」があるから、また、がんばれる。 心の中に、お守りのように、暖かく響く「プレゼント」。 あいみょんの感性が言葉に乗って伝わってくる「プレゼント」の歌詞ですね。 頑張れというより、頑張らなくていいんだよというエールが印象的でした。 あなたには、どんな風に「プレゼント」の歌詞の意味が届きましたか?.

次の