いみ じ う 現代 仮名遣い。 歴史的仮名遣いの一覧とその解説【中学古典(文語文法)講座】

枕草子の現代仮名遣い

いみ じ う 現代 仮名遣い

の表記と妥協、ないしは現代語に基づく表音主義によって改めることでできた仮名遣であるので、完全な表音式表記ではなく、だから正書法であるとする。 おおまかに現代語のに従って語を書き表す。 特定の語については、表記の慣習を尊重する。 その具体的表記は、「現代かなづかい」はの書き替えという形式をとっている。 「現代仮名遣い」は「語を現代語の音韻に従って書き表すこと」を「原則」として優先的に説明し、「表記の慣習」を「特例」であるとして後から補足する形で説明している。 ここでは以下のようにまとめる。 【表音本則】 「ゐ(ヰ)」「ゑ(ヱ)」「を(ヲ)」を用いる語は、ア行の音で表す。 【表音本則】いわゆるハ行転呼音「はひふへほ」を用いる語は、発音によりア行または「ワ」の音で表す。 つまり「は」は「わ」である。 【準則】以上のうち、助詞の「は」「を」「へ」の語に限り歴史的仮名遣と同一とする。 つまり、音では綴らない。 「現代かなづかい」ではこの準則を「わ/お/え」と書いても構わないと解釈した(文部省資料参照)が、「現代仮名遣い」では「は/を/へ」に統一された。 以上の表音本則は「現代かなづかい」からの最も特徴的な部分であり、これらの本則には例外事項がほとんどない。 「現代仮名遣い」における「現代語の音韻に従って書き表す」とは、「イ」の音を「い」で綴り、「ゐ」「ひ(ハ行転呼音)」の場合は「イ」の音であるから「い」と綴る、という意味であるが、歴史的仮名遣と比較するため以上のようにまとめる。 【表音本則】「ぢ・づ」を含む語は「じ・ず」で表す。 【準則】いわゆる・、語意識の働く語彙に関しては、歴史的仮名遣における「ぢ・づ」を許容する。 「現代仮名遣い」では「現代かなづかい」より許容範囲が広い。 この使い分けは「現代仮名遣い」では中等教育から指導される。 【表音表記則】拗音・促音などは仮名の小書きを行う。 ただし歴史的仮名遣でも行うことがある。 長音表記 長音の場合、さらに複雑な規則がある。 【表音本則】「あ・い・う」列長音は該当列の母音を添える。 「か あさん」「し い(椎)」「つ うしん(通信)」。 伸ばした音の母音を添えるのが原則であり、長音記号「ー」は用いない。 ただし志向形と助動詞「う」に関して後述するが、「か あさん」「し い」「つ うしん」の「 あ」「 い」「 う」は、この表記が長音を表す音韻表記である限り、該当母音が長音であることを表す長音記号であると言え、広義には長音記号を用いているとも解釈できる。 オ列長音表記• 【オ列長音表音本則】オ列長音はウを添える。 「こ ううん(幸運)」など。 【オ列長音補足】形容詞の語尾が「〜かう」「〜たう」等となる語がオ列長音となる場合、「〜コウ」「〜トウ」と綴る。 「高こう」「ありがとう」など。 【オ列長音準則】歴史的仮名遣におけるハ行転呼音「ホ」での「オ列長音」は、「こ おり(こ ほり)」のように、オを添える。 【オ列長音準則】歴史的仮名遣における「ヲ」での「オ列長音」は、「と お(と を)」のように、オを添える。 形容詞の場合は本則通りであるが、「 ありがたし/ ありがとう」に見られるように語幹が変化している。 これは「現代かなづかい」や「現代仮名遣い」では「語幹が変化するものもある」と説明される。 歴史的仮名遣までは、語幹が変化するものはサ変「す/する」カ変「来(く)/来る」など特殊な例であったが、現代仮名遣いでは正則活用にも現れる。 特例表記がなぜ存在するかについて、次で述べるように「志向形(名称は時枝文法による)」の形を導入し、その活用形から長音ではないと解釈する。 また「こおり」「とお」の問題も長音ではないと解釈すれば、例外を適用せず原則だけで説明できる。 「志向形」とはだいたい次のようなものである。 「笑ふ」に「む」が接続して「笑はむ」という表現があった。 この「む」が撥音「ん」に変化して、やがて「う」という助動詞になり、「笑はう」となった。 この頃すでにハ行転呼は起きていたために、読みは「ワラワウ」から「ワラオー/ワラオウ」などに変化した。 歴史的仮名遣では語としての長音変化を表さないが、現代仮名遣いでは本則によって「笑はう」を「笑おう」と綴る。 志向形は未然形と違って、現代では「笑わ」に「う」が接続した場合にだけ生じる「お」の音が、「何かしよう」という方向性の違いを持ったことから「笑お」の活用は志向形と定められる。 同様の発想で「已然形」は「仮定形」となり、音便は「音便形(時枝文法)」とし「連用形」には含めない。 〜すれこその すれは已然形とされるなど、文法の世界ではその意味合いが重視されるからである。 オ列長音は長音か助動詞か ここで一つの問題が生じる。 「笑おう」の「う」は助動詞か否かという問いである。 同じ表音本則の「つ うしん」も「笑お う」も「こ ううん」の「う」と同様の意識で綴られるものだが、歴史的仮名遣では表音よりもこの点の差異、助動詞という語意識を重視する。 だから歴史的仮名遣では「笑はう」となり「う」の長音は表さず、助動詞だけを表している。 長音を表すようにすることで、助動詞「う」が接続して初めて「ワラオー」になったということが、表記からはわからなくなるからである。 以上の助動詞の問題、表音的ではない問題の解釈を解決するために、長音表音本則は以下のように解釈する(以下は廣田の説明によった)。 【オ列長音表音本則修正解釈項】以上二項の【オ列長音準則】にあたる表記例は(こおり、とお) オ列長音ではない。 【オ列長音表音本則修正項】志向形と助動詞「う」【オ列長音補足】にあたる場合は(笑おう) オ列長音ではない。 「笑お」という志向形の活用が現代にはあって、さらに助動詞「う」がついたものである。 「ウ」のではなく大原則に則って「笑おお」と書くようになれば、助動詞「う」は消滅する。 だからオ列長音だけは「う」を付けなければならない。 ところが、特にこの志向形に関する問題は深刻で、時枝は「意思を表はす助動詞の表記として意識されてゐるものであるのにもかかはらず、今の場合、これを一方では長音記號として借用しながら、なほかつそれを助動詞の表記であるかのやうに誤信し、又それを一般に强ひるやうな態度が認められるのである」と批判している。 歴史的仮名遣論者から批判される長音の問題は特にこれのことである。 助動詞「う」 ところで、推量の「よう」や「う」など活用形が同等であるのに異なる活用形を認めるのは、用法の上から見てそうせざるを得ないからである。 橋本進吉によれば、たとえば「らし」のような助動詞は次の 係り結びを以て活用形が認められる。 雪解(ゆきげ)の水 ぞいま増さる らし• ぬき亂る人 こそある らし 係り結びの規則から、この「らし」は明らかに「連体形」「已然形」を持つ。 実際の用法から規則、これが国文学者が文法事項を見いだす手法である。 「う」の場合は次のような用法が見られる。 知ろ うが知るまいが(知ら うが知るまいが)• 〜だろ うけれど(〜だら うけれど) 「けれど」「が」は接続助詞であるが、これは「用言」及び「助動詞」にしか付かない(文法事項の説明は小西甚一の「国文法ちかみち」によった)。 このようなオ列長音の表記において、接続助詞の用法を合理的に解釈するためには、「う」は長音記号などではなく、志向形「知ろ」や「だろ」などに助動詞「う」がついたものと見なすことにしたのである。 廣田の説明はだいたいこのような理由があったわけである。 助動詞を認めない場合は「知ろう」全体で一つの活用形「語尾の変化」と見なして接続の不具合を解消する文法論もあるが、「けれど」の終止形や「が」の連体形への接続がうまく説明できないので、間に活用できる助動詞を置いて、接続助詞は助動詞に接続したとするのが一般的である。 その他長音表記 エ列長音は以下に従う。 一部は字音に関するものである。 【エ列長音表音本則(旧)】エ列長音はエを添える(表音本則の通り)。 【エ列長音準則(旧)】「経済(け いざい)」「時計(とけ い)」など、字音に見られる多くのエ列長音は、歴史的仮名遣に準じた「イ」のままで綴る。 【エ列長音表音本則(新)】エ列長音は原則としてイを添える(表音本則の修正)。 【エ列長音準則(新)】「ねえさん」など一部の語は表音本則のままでよい。 福田恆存は「現代かなづかい」でエ列長音は「エエ」と綴ることを原則としたことで、多くの「エイ」と綴る例外を設けることになったと批判したが、現代仮名遣いでは(旧)の優先順序を変更し(新)を採用した。 イ列長音は、音韻の特性から多少複雑になっている。 【イ列長音表音本則】イ列長音はイを添える(表音本則の通り)。 【イ列長音準則】「言う」の場合は「ゆう」ではなく「いう」と綴る。 語幹変化を認めないためである。 【イ列長音準則】形容詞の語尾が「〜しう」のイ列長音となる場合、拗音を認めて「〜しゅう」と綴る。 「苦しゅうない」など。 【イ列長音準則】「友(いう)」「邑(いふ)」などの字音仮名遣は、「言う」と異なり、「ゆう」の表記で統一される。 【イ列長音準則】字音のイ列長音が拗音を含む場合、「きうり」などを「きゅうり」と綴る。 「し い」などは本則通りであるが、その他は拗音を含むなど複雑である。 現代仮名遣いから見れば、字音仮名遣の「友」などは「ユー(ユウ)」の音であるから、ウ列長音の表記則に従っていると見なすことができる。 字音仮名遣の扱い 原則として表音主義が徹底され、今まで記述してきた現代仮名遣いの規則でだいたい表記できる。 字音仮名遣の次の表記は次の音で綴られることになる。 【】「てふ」「てう」の「ちょう」、「きふ」「きう」の「きゅう」、など数多くあるが、上述の長音則にあてはまらないもの。 【】「くわ(くゎ)」「ぐわ(ぐゎ)」は「カ」「ガ」の音を表す。

次の

枕草子の現代仮名遣い

いみ じ う 現代 仮名遣い

「ず」と「づ」の正しい使い分けの3つ目は、二語に分けて考えない語は「ず」を使うということです。 わかりやすく言うと2つの意味をなす語がつながっていても1つの単語として扱う場合は2つ目の最初に「つ」がきても「づ」ではなく「ず」を使うという意味です。 これも「ず」と「づ」の使い分けの中でも例外のルールです。 「ほおずき」や「みみずく」、「訪れる(おとずれる)」、「稲妻(いなずま)」などがこのルールに当てはまります。 「ず」と「づ」はどちらでも間違いではないという意見もありますが、文部科学省が定めたルールとして発表されたものですので使い分けておいたほうがいいでしょう。 「ず」と「づ」の現代仮名遣いの違いは? RELATED ARTICLE 「ず」と「づ」を正しく使いましょう! いかがでしたか。 わかっているようでわかっていないことが多いのが日本語です。 母国語として使っている以上、しっかりと間違いなく使い分けたいですね。 今回ご紹介した「ず」と「づ」は大人でも間違いやすい文法のひとつです。 これを機に改めて理解を深めてみてはいかがでしょうか。 改めて日本語を勉強すると、意外と難しい言語なのではないかと思う人もいることでしょう。 しかし、その分奥が深いのも日本語です。 日本語にはたくさんの言い回しがありますから、ぜひ身に着けて大人としての品格を高めましょう。 下の記事では日本語のかっこいい言い回しを紹介しています。 参考にしてみてください。

次の

徒然草の原文内容と現代語訳|兼好法師の生涯

いみ じ う 現代 仮名遣い

「ず」と「づ」の正しい使い分けの3つ目は、二語に分けて考えない語は「ず」を使うということです。 わかりやすく言うと2つの意味をなす語がつながっていても1つの単語として扱う場合は2つ目の最初に「つ」がきても「づ」ではなく「ず」を使うという意味です。 これも「ず」と「づ」の使い分けの中でも例外のルールです。 「ほおずき」や「みみずく」、「訪れる(おとずれる)」、「稲妻(いなずま)」などがこのルールに当てはまります。 「ず」と「づ」はどちらでも間違いではないという意見もありますが、文部科学省が定めたルールとして発表されたものですので使い分けておいたほうがいいでしょう。 「ず」と「づ」の現代仮名遣いの違いは? RELATED ARTICLE 「ず」と「づ」を正しく使いましょう! いかがでしたか。 わかっているようでわかっていないことが多いのが日本語です。 母国語として使っている以上、しっかりと間違いなく使い分けたいですね。 今回ご紹介した「ず」と「づ」は大人でも間違いやすい文法のひとつです。 これを機に改めて理解を深めてみてはいかがでしょうか。 改めて日本語を勉強すると、意外と難しい言語なのではないかと思う人もいることでしょう。 しかし、その分奥が深いのも日本語です。 日本語にはたくさんの言い回しがありますから、ぜひ身に着けて大人としての品格を高めましょう。 下の記事では日本語のかっこいい言い回しを紹介しています。 参考にしてみてください。

次の