キングダム 628 確定。 キングダムネタバレ627話確定と628話 龐煖が死んだ!信が龐煖を倒して朱海平原は勝利!

キングダムネタバレ最新第628話予想 李牧逃げる和睦は自殺行為

キングダム 628 確定

キングダム最新話627話ネタバレ確定!「道の行方」 それでは早速、キングダム627話を見ていきましょう! こちらの記事でしましたが、どうなったのでしょうか。。 キングダム627話ネタバレ確定:あまりに赤い朱海平原 朱海平原15日目。 太陽が沈み始め、一気に日は夕日に変わる。 赤土と今まで死んでいった者たちの血と混ざり合い、今までにない赤色を纏った。 そのあまりの赤色に、兵士たちはなぜか一瞬止まり、寒気を感じた。 それが、15日目の朱海平原での出来事だった。 キングダム627話ネタバレ確定:立ち続ける信 その美しすぎる夕陽の下、信は龐煖と戦い続ける。 そこに、那貴と河了貂が到着する。 信はその到着にも気づかずに、龐煖と戦い続けている。 信は何度倒されても、龐煖に向かっていく。 もうとっくに体力はなくなっているはず。 しかし、それでも立ち上がる。 立ち上がれる理由。 それは、 信には生きている仲間が大勢いるから。 だから、何度でも立ち上がることができる。 しかし、そんな信の姿を見て、羌瘣は 「ダメだ…誰か信を止めて…信はもう…」と呟く。 巫舞で深い呼吸を経験している羌瘣だからこそ、おそらく感じている何かがあるのでしょう。 羌瘣も深すぎる呼吸をすると、もう戻っては来れない状態になってしまいます。 もしかしたら今の信は、深い呼吸をしている状態を同じ状況なのかもしれない。 キングダム627話ネタバレ確定:武神の道はないと気付いた龐煖 龐煖も、なぜ信が起き上がれるのかを理解できない。 そして龐煖は気付いたのです。 そもそも道そのものがなかったのではないか、ということに。 しかし、そうなると今までの自分の歩んできた道が全て否定される。 龐煖は「道がなかった」と気付きましたが、その次の瞬間には 「いや、そんなことはない。 道がないなどとは…断じてない!」と、自分を奮い立たせる。 そして信が倒れない様子を見て、趙軍は「もしも龐煖が敗れたときには信を葬る」ということを打ち合わせる。 龐煖によって圧倒的な武力を得たかに見えた趙軍。 しかしすでにその場にいる兵士たちの心の中では、形勢は逆転しています。 キングダム627話ネタバレ確定:信が龐煖を討つ 龐煖が「答え」に気付いた次の一撃。 龐煖の刃と信の刃がぶつかる。 すると、 龐煖の刃が真っ二つに壊れた!! 龐煖は自分の刃が壊れたと認識すると、なんと 信に背を向けて逃げ出した!! そして趙軍の兵士たちも、 龐煖の刃が壊れたことで、信を襲おうとする。 しかしそこは、飛信隊のメンバーが押さえ込む。 そして 龐煖に対して打ち込んだ 信の次の一撃は、龐煖の体を両断した!! ーーー次回628話に続く キングダム627話の予想記事! こちらは627話が確定する前の予想記事です。 龐煖が求める答えがわかった前回の626話。 その答えは、信が龐煖を倒すことでしか、龐煖に分からせることができないということも。 今まで答えを突き付けようとしてきた王騎と麃公は、龐煖の刃に命を落としていますからね。 一筋縄ではいかないです。 というか、王騎と麃公が殺された場面でも思ったのですが、龐煖はなぜ相手がヘロヘロの時にしか現れないのかという疑問。。 これじゃあ、 龐煖が本当に武神なのか、単に元気いっぱいの状態でヘロヘロの相手を打ちのめしただけなのか分からんですよ。。 でも前回判明した「答え」を理解すると、なんとなくヘロヘロの時に現れるのも納得しました。 というのも、 人が限界以上を引き出せる時って、ヘロヘロの時ですもんね。 ヘロヘロの時に、その人が背負っている想いを感じることで、限界以上の力を出すことができる。 そんな場面を見て欲しくて、李牧はあえて戦いの終盤に龐煖を呼んでいるのかもしれません。 話は脱線してしまいましたが、肝心の 「信は龐煖を倒すことができるのか」ということについて。 私の予想としては 「普通ならまだ信は龐煖を倒すことができないレベルだけど、漫画だから倒しちゃう」というもの。 そして、本音としても 「早く龐煖を倒して、国と国との争いの緻密な戦略を早く見せてくれ」という感じです。。 だって、龐煖が出てくると単純なバトル漫画になってしまって、あんまり面白くない。。 キングダムの魅力はそこではないはず。 国と国との争いの中で、心理戦とか戦略とかそういったことが魅力の漫画なので、そこを早く見せて欲しいなーと。 龐煖ほんと嫌い。 満身創痍の敵なぎ倒して武神とかほざいてんなよ — cherish cherish02552913 また龐煖かよ! 李牧嫌いっていう人結構いるみたいだけど俺は圧倒的に龐煖が嫌いやわ。 多分、私と同じ気持ちなのかと思われます。。 キングダム627話ネタバレ予想:信は死んでしまう? で、ここからは龐煖が死んでしまうという前提に立って考えてみましょう。 その時に次に気になるのが「信は死んでしまうのか?」ということ。 龐煖が死んでしまうとしても、相討ちで信も死んでしまう、という展開も考えられますね。 しかも。 そんな信を見て、羌瘣は信に手を伸ばそうとする。 そして同じ頃、信と龐煖の戦いを後ろで待機していた河了貂も、何やら変な感じを受けて信の元に駆けつけようとする。 そんな描写があったのです。 これって結構、信が死んでしまうフラグのようにも感じますよね。。 でも、信が死んでしまったらキングダムが成立しなくなりますし、なので信が死ぬことはないかと。 (汚い大人の考え方ですね。。 ) しかもので、きっと信は大将軍になるまで死なないはずです! キングダム627話ネタバレ予想:河了貂は大丈夫? そして、危険を顧みずに信の元に駆けつけようとする河了貂。 河了貂は軍師であるため、戦闘能力はほぼ皆無。 そのため、戦闘に巻き込まれないように飛信隊の一番後ろにいるのです。 しかし信に対する悪い予感を察知して、前に行こうとする河了貂。 ものの金毛に命を狙われた直後なので、今度こそ命を狙われないようにして欲しいですよね。 那貴に護衛してもらっているようなので、大丈夫かとは思いますが。。 キングダム627話ネタバレ予想:李牧はどうなるのか 龐煖が死んでしまうと仮定すると、ますます厳しい立場になるのが李牧。 馬南慈の奇襲も不発に終わり、李牧の作戦は龐煖頼みになっている印象。 そうなると、龐煖亡き後はもう万策尽きる感じですよね。 李牧のことだからもしかしたらもう一つぐらい策を設けているかもしれませんが、考えられうる伏線は全て回収した印象なので、あとはお手上げかもしれません。 あるとすれば、鄴からの援軍とか、もしかしたら他の国からの援助もあるかもしれません。 キングダム627話ネタバレ予想:鄴の様子は? そしてしばらく描かれていない鄴の様子。 鄴は桓騎(かんき)将軍が見張っているので、それほど問題ないと思います。 しかし一つ懸念なのが、桓騎軍は兵糧が少ないことで内紛が出始めているということ。。 盗賊の集まりなので仕方ない部分がありますが、内輪から崩壊して鄴が助かったということの不安がありそうなのは懸念点ですね。。

次の

キングダム629話最新話ネタバレ確定|信を失い飛信隊が機能停止!羌瘣が奇跡を起こす

キングダム 628 確定

スポンサードリンク キングダム629話ネタバレ:田里弥の予想 李牧軍が撤退していることを確認する王翦。 それを見て、王翦が田里弥を呼びます。 ここまで総力戦だったため、 李牧には自身を守る遊軍はいないと予想する田里弥。 それに対して、李牧を逃がさないため、すでに自分の小隊を複数追走に出していると田里弥が答えます! 仮に自分の小隊が李牧を取り逃がしても、飛信隊率いる右軍の大軍が押し寄せるだろうと。 大功を王翦軍以外に上げられるのは癪だが、 これで李牧の首は確実に討ち取れる!と田里弥が説明します。 そんな田里弥に対して、静かに再び田里弥の名前を呼ぶ王翦。 すると、近くにいた蒙恬が 右軍の飛信隊が動いていないことに気付きます。 王翦の言いたいことに気付いた田里弥は、すぐに別の隊に指示を出します! そして、なぜ飛信隊が動いていないのか?と疑問に思う田里弥。 李牧の撤退を見て、すぐに追走の対応をしていた田里弥。 これで李牧を討ち取れると確信していましたが、王翦だけはすぐに 右軍の異変に気付いていたようですね。 それに気付いた田里弥が慌てて指示を出していましたが、果たして間に合うのでしょうか? スポンサードリンク キングダム629話ネタバレ:亜花錦の決意 亜花錦の側近が、動かない飛信隊に何かが起こっているのではと不審がる。 亜花錦には見えていて、信が倒れたのだと告げる。 だからと言ってここまで動きが止まってしまうのか…と疑問を側近が話すと亜花錦は、それが、良くも悪くも飛信隊なのだ、と。 亜花錦は状況を深くまで理解していた。 しかしこの戦いのこともまずは優先して考えるべきだと、亜花錦は自らが追撃軍として李牧を追うことにする。 自分の出来ること、やるべきことを全うするとして李牧の元を目指す亜花錦だった。 キングダム629話ネタバレ:嘆き叫ぶ田永 信の状況が後方にいた干斗たちの元にも届く 澤圭に沛浪もまさか信が…と焦り急いで信のもとに。 ほぼすべての飛信隊が信のもとに集まっていて、飛信隊が機能していない状況。 事実を信じられない者、悲しむ者…。 李牧軍とつい先ほどまで戦っていたはずだが、そんなことを思い出す者はいなく、皆が信のことだけを考えていた。 お前が死んでしまったら飛信隊はどうなる!! どうしていけばいいのか、誰もわからないだろう!! 嘆き叫ぶ田永。 那貫に我呂も天を向くように涙を流し、澤圭に沛浪も悔しそうに泣く。 楚水も、悲しみが広がり、突っ伏して頭を抱えて泣いている…。 スポンサードリンク キングダム629話ネタバレ:羌瘣の決意 すると、足を引きずってその場に現れた者が。 どけ、河了貂… 羌瘣だった。 左胸の辺りを押さえているため、羌瘣も限界状態だが、必死で信の元まで歩いてきた。 そしてその目は充血しているも、 自らの夢、飛信隊全体の夢のために走り続けてきた信。 その信の夢を、ここで潰えさせてしまってはならない…。 決意の羌瘣は、何をしようというのか?? 確かに信の夢である天下の大将軍になる!という夢はまだ叶っていません! ここまで必死に頑張ってきたのに、 ここで死んでしまっては全てが終わりとなりますよね。 そんな信の元に、何かをしようと羌瘣が現れましたが、一体何をしようというのでしょうか? スポンサードリンク キングダム629話ネタバレの感想考察 龐煖を討ち取った後、そのまま倒れてしまった信。 信がどうなってしまったのか注目でしたが、本当にこのまま死んでしまうのでしょうか? 脈もなく心臓も動いていない!と崇原が確認していましたが・・・。 飛信隊のメンバーもそうですが、最初から信とともに一緒に歩んできた河了貂としては、信の死を受け入れることなんてできないですよね。 信の夢を一番近くで見てきたのは河了貂ですから! その河了貂が泣き崩れているのを見ると、信の死を受け入れざるを得ないとなってしまいますよね。 そんな中、瀕死の状態だった羌瘣が信の元に訪れました。 そして、何やら神妙な面持ちをしていましたよね。 羌瘣といえば、羌族に伝わる秘薬で傷を治したりしてきましたが、もしかしてまだ 何か秘技のようなモノを隠し持っているということなのでしょうか? ここで信が死んでしまっては、この先誰を応援したらいいのかわからなくなってしまうので、何とかして信を蘇生させてもらいたいですね! スポンサードリンク キングダム629話ネタバレ展開予想 ここからは、『キングダム』最新話629話、そして630話以降で起こりうる展開を予想したものを載せていきます! キングダム629話ネタバレ展開考察:不思議な力 今回の最新話で問題となってるのが、 信の生死の行方です。 羌瘣の言い方からすると、すでに信は生き絶えているということになります。 そして、実際に信は力尽きたかのように倒れましたから! ただ、信がこのまま死んでしまうという展開は、誰も望んでいないでしょう。 そんな中、今回の最新話で気になったのが、 龐煖の過去が描かれたことです。 あれは龐煖にも傷を治す不思議な力が宿っているというのを、改めて描いたように見えました。 そのため、龐煖は瀕死ながらも生きていて、 最後の力を振り絞りこの不思議な力で信を手当てするのではないかと予想しています! もちろん、不思議な力とはいっても、人を生き返らせることは不可能だと思います。 なので、信は瀕死ながらもかろうじてまだ生きていると考えています。 龐煖の不思議な力で一命をとりとめた信は、 最後に龐煖と言葉をかわすのではないでしょうか? スポンサードリンク キングダム629話ネタバレ展開考察:王翦の判断 龐煖の最後を見届けた李牧は、 鄴を奪還するために全軍に退却命令を出しました。 しかも、すでに退却戦術も伝えているとのこと。 李牧はここまでの展開を予測していたということでしょう。 ただ、それは王翦も同じではないかと考えています! そのため、李牧が鄴奪還のために退却することを予想し、すでに 次の手を考えているでしょう。 もちろん、このまま李牧を追って鄴を包囲している桓騎軍と狭撃するという手が有力だと思います。 ただ、そうなると王翦本陣の後ろにいる馬南慈軍も追って来るため、王翦も狭撃を受けることになります。 そのため、 李牧も追うよりもまずは馬南慈軍を壊滅させることが先だと判断すると予想しています! 馬南慈軍を失ってしまったら、李牧に残され軍は紀彗軍のみになるのではないでしょうか? キングダム629話ネタバレ展開考察:鄴侵略 鄴に辿り着くまでには、 最低でも1日はかかると李牧が以前話していました。 ただ、秦軍に追走されながらとなると、もう少し時間を要するかもしれません。 その間、鄴を包囲している桓騎が動かないという保障はないですよね? 今まで動かなかったのは、 食糧庫に火が放たれるのを待っていただけです! 食糧庫を燃やすという目的が果たされた以上、いつ侵略を開始するかわかりません。 そして、鄴侵略のタイミングをすでに王翦から指示されている可能性も十分考えられます。 そのタイミングというのが、正に今なのではないでしょうか? 李牧が鄴に向かったと同時に、桓騎は鄴を侵略し始めると予想しています! スポンサードリンク キングダム629話ネタバレ展開考察:信の意識 今回のラストでその場に倒れ込んでしまった信ですが、その内面と言いますか意識が描かれるのだと予想します。 その 信の意識の中には、無論のこと 王騎や麃公ら逝ってしまった先人達がおり、信を元の世界に戻す役割を果たす のではないでしょうか? 信自身は倒れるまで 漂との対話を続けていた事もあり、その役を担うのは漂かも知れません。 キングダム629話ネタバレ展開考察:王翦の判断 亜花錦を始め一部の秦将らが撤退する李牧に追撃をかける中で、王翦はいち早く次の戦略を打ち出すと予想します。 ここで王 翦は李牧を捕捉する事は困難だと判断し、更に李牧の狙いが鄴の解放であることをいち早く見抜くと考えます。 そしてその李牧に対し、鄴もろとも 逆包囲する戦術に着手するのではないでしょうか? スポンサードリンク キングダム629話ネタバレ展開考察:趙軍の士気回復 鄴の解放へと 李牧の命令で踵を返した趙軍ですが、 龐煖が信に討たれたことによる士気低下が最大の懸念事項だと思われます。 李牧としてはその士気回復が急務であるため、何らかの対策を施すものと予想します。 そこで残る猛将、例えば 馬南慈を鄴包囲の先鋒に据えるなどの用兵で、全趙軍の士気回復を狙った奇襲を企図するのではないでしょうか? キングダム629話ネタバレ展開考察:李牧の作戦とは!? 李牧は龐煖が討たれたので、鄴に撤退する事にしました。 しかし趙の攻撃の要である龐煖が討たれたのに、李牧は焦った様子ではありません。 この様子から、 李牧には何かこの現状をひっくり返す作戦があると考えられます。 そしてその作戦とは、 鄴にいる桓騎を討ち取る事だと予想します!! しかし手負いの李牧たちでは、そんなの難しいと感じるかもしれません。 ですが以前李牧は、 桓騎の弱点を知っていて簡単に討ち取る事が出来ると明言!! なので、それが本当なのかは断定出来ませんが、鄴を包囲している桓騎を討ち取ってから、王翦を迎え撃つのかもしれませんね。 更に桓騎が討たれたとなれば、秦軍に大打撃を与える事が出来るでしょう。 それと秦軍は兵糧が足りないので、 ここで長期戦になれば、形成が逆転してしまうかもしれませんね。 スポンサードリンク キングダム629話ネタバレ展開考察:攻撃に転じる秦軍!! 李牧には作戦があるでしょうが、 それは現状を突破しなくては、実行に移せません。 そして秦軍は、趙の頭脳である李牧を必ず討ち取ろうとするでしょう。 まず亜花錦が、撤退する李牧を見つけたので攻撃を仕掛けました。 しかし李牧を逃せる為に、 カイネが足止めするかもしれません。 そうなった場合、李牧はこのまま鄴に逃げてしまうでしょう。 ですが、ここで馬南慈軍の動きを見ていて、 ずっと傍観していた段茶が援軍に駆けつけます! そうなればカイネだけでは対処出来ず、結局李牧も撤退せずに戦う事になるでしょう。 ですがここで時間を掛けていると、 王翦軍が李牧軍の前衛部隊を突破! そして 李牧は逃げ切る事が出来ず、王翦に捕らえられると予想します。

次の

キングダムネタバレ648話最新話確定速報!呂不韋が死亡【考察感想】画バレ予想+本バレ

キングダム 628 確定

Contents• 信の元に集まる仲間 龐煖との対峙がまだ続いていた。 朱海平原の15日目に事が起こったと解説が入る。 信の元に河了貂や羌瘣も含め、 生きている者たちが大きな力を与えてくれている。 龐煖は一体目の前にいる者が何なのかと疑問を持つ。 自分が向かっていた道を塞ぐ者。 そもそも道なんてものが無かったのではないかと、 自らに疑いを持つまでに至ってしまう。 何度も立ち上がる信を目の前に最後の一撃を振るおうとするが、 王騎の矛によって断ち切られる。 龐煖の矛は矛先が折られる。 龐煖が死ぬ 李牧もこの様子に驚いている。 カイネは衝撃と言った様子。 龐煖は折られた矛先にも関わらず最後に信への胴体を貫く一撃を放つ。 直前で見事に躱した信は矛を龐煖に打ち付ける。 その強さたるや。 柄で受けた龐煖だが肩から信の矛はそのまま龐煖を袈裟に斬り落とした。 龐煖の死が決した瞬間。 朱海平原の勝利 信が次に立てる状態が訪れるとは思えないが、 それでも朱海平原の勝利はほぼ確実と言える。 龐煖を失いながら飛信隊の勢力は信健在で衰えている訳ではない。 河了貂も問題なく機能しているとなれば、 李牧は撤退する他ない。 撤退すれば王翦を討つのが難しくなる。 鄴では時間がすでになくなっている。 打ち抜かねばならなかった王翦軍に対して撤退する現実は、 負けを意味すると言える。 李牧がここで終結の決断をするのだろう。 和睦しかない 桓騎に蹂躙されてしまう前に鄴の民を救わなければならない。 今ここで戦い続ければ王翦軍は倒せる。 お互いに利がある和睦は、 鄴の民を桓騎に蹂躙させない事と引き換えに今この場を通す事ではないか。 結果的に鄴攻めの成功となる秦国だが、 この後に桓騎が趙を攻める時に李牧の逆襲が待っている。 龐煖死亡。 この現実から、 コレ以降に登場する武将は全て将軍としての強さを持っている者に変わっていく事になる。 重さの無かった個人だけの強さをぶら下げた龐煖。 ここに終結。

次の