Zoom 共有 動画。 Zoomの「画面共有」機能の使い方まとめ【テレビ会議で資料をシェアする】

Zoomで画面共有する方法!できない場合の原因・対処法についても解説!

Zoom 共有 動画

プレゼンテーションやワークショップを進める場合、 リアル会場であればスライドを投影しながら進めていきますよね。 Zoomを使ってオンラインで開催する場合も同じ様にスライド資料を見せながら進めるためにどうやるか? Zoomの画面共有機能を使ってスライド画面を参加者に見せることができます。 ホストの環境 PC版Zoom使用、PowerPointスライドを表示する。 Zoomアカウントは無料版でもOKです。 Zoomミーティングを開始する を参考にオンラインミーティングを開始します。 参加者の招待はスライドの共有前・後どちらでも構いません。 オンラインミーティングを始めるのと同時くらいに 映したいパワーポイントファイルを開いておきます。 画面共有とスライド実行 Zoomミーティングの画面から[画面の共有]というボタンをクリックします。 先程開いておいたPowerPointを選択して[画面の共有]ボタンをクリックします。 (またはPowerPointの画面をダブルクリック) スライドの編集画面が共有されているので、 ここでPowerPointのスライドショーを実行します。 PCの音(BGM)も共有する オンラインでワークショップ開催なんかの場合は BGMを流すこともあると思います。 そんな時も画面の共有で対応です。 共有する画面・アプリの選択画面の左下にある 「コンピュータの音声を共有」のチェックボックスにチェックを入れて 画面の共有をすると、PCのスピーカーから流れる音が全て共有されるようになります。 PC音声共有時の注意 PCのスピーカーボリュームを増減させると、 共有している音のボリュームも増減します。 参加者の音声が聴こえにくいと感じて、BGMのボリュームを絞ったり PCスピーカーのボリュームを上げたりすると参加者に聞こえているBGMボリュームにも影響が出ます。 いつもの様にスライド使いながらもZoomはできる せっかく作ったスライド資料をオンラインだから使えない。 なんて事はありません。 スライドショーを使いながらも、BGM流しながらもZoomなら簡単ですよ。 今こそオンラインに挑戦してみて下さいね。

次の

Zoomの画面共有でできること5選。ウィンドウ選択、ポインター表示、ホワイトボードまで

Zoom 共有 動画

自分のPC画面を参加者にそのまま見せられる 「 Zoom」(ズーム)を使ったWeb会議に、毎日のように参加している人もいるでしょう。 そのときに使う資料はどうしていますか? すぐに思いつくのは、メールやクラウドストレージを使って資料のファイルを事前に共有しておき、参加者が各自のパソコンで閲覧する方法です。 しかし、資料の説明者からすると、参加者が資料のどの部分を見ているのかがわかりません。 そんなときに使ってほしいのが「 画面共有」の機能です。 画面共有を使えば、Web会議の参加者に見せたい資料を自分のパソコン上で選択できます。 ポイントは、説明に使う資料を開いたウィンドウなど、参加者に見せたい画面だけを選択できることです。 自分のパソコンの画面が丸見えになるわけでないので安心してください。 さっそく画面共有の操作方法を見ていきましょう。 INDEX• 共有する画面を選択する 画面共有の基本操作は簡単です。 共有したい画面(ウィンドウ)をあらかじめ開いておき、Zoomの画面下部にある[画面を共有]をクリックするだけ。 こではExcelの画面を共有してみます。 1画面を共有する Web会議が開始した状態です。 共有したい画面を開いておいてください。 画面下部にある[画面を共有]をクリックします。 2画面を選択する 共有する画面を選択します。 左上の[画面]を選択すると、自分のパソコンの画面全体が共有されます。 ここでは、あらかじめ開いておいたExcelの画面を選択して、[共有]をクリックします。 3画面が共有された 選択した画面が共有されました。 「画面を共有しています」とデスクトップ上部に表示されます。 自分と相手のサムネイル画面が右側に表示されます。 画面の共有を停止したいときは、画面上部にある[共有の停止]をクリックします。 画面を共有されたときに便利な操作 画面を共有された側の画面を見てみます。 初めて画面を共有されたときはフルスクリーンで表示されるはずです。 急に画面が切り替わりますが、落ち着いて操作しましょう。 初めて画面を共有された状態です。 共有された画面がフルスクリーンで表示されています。 落ち着いて[ESC]キーを押しましょう。 画面をダブルクリックしてもOKです。 フルスクリーン表示が解除され、Zoomのウィンドウ内に共有された画面が表示されました。 倍率を指定することも可能です。 説明用のツールを利用する 今度は、共有した画面を説明するためのツールをいくつか見てみましょう。 ツールの名称から使い方は連想できると思います。 なお、記入した線やスタンプなどは、共有を終了すると破棄されます。 保存しておきたい場合は ツールバーの[保存]からスクリーンショットを記録できます。 1ツールを表示する 画面を共有した状態です。 上部のメニューから[コメントを付ける]をクリックします。 2ポインターを表示する ツールバーが表示されました。 まずは使用頻度が高いポインターに切り替えてみます。 [スポットライト]から「スポットライト」のアイコンを選択します。 3ポインターが表示された マウスポインターの位置に赤いポインターが表示されました。 プレゼンで使うポインターのように扱えます。 注目してほしい部分に視線を誘導できますね。 4描画ツールに切り替える 続けて、フリーハンドで線を記入できる描画ツールに切り替えます。 [線を書く]から左上のアイコンを選択します。 4線を記入する マウスポインターの形が鉛筆に切り替わり、任意の位置に線を記入できるようになります。 線の色を選択してマウスをドラッグしてください。 ホワイトボードを共有する さらに、図解などで使える「ホワイトボード」を共有してみましょう。 共有する画面を選択するとき、[ホワイトボード]を選択します。 先ほどと同じく、記入した結果を保存しておきたいときは[保存]をクリックです。 1ホワイトボードを共有する Zoomの画面下部から[画面を共有]をクリックします。 共有する画面の一覧から[ホワイトボード]を選択して[共有]をクリックします。 2ホワイトボードが表示された ホワイトボードが共有されました。 マウスをドラッグして自由に記入してください。 コメントを記入するツールとほぼ共有です。 指定した範囲を共有する 画面(ウィンドウ)内の指定した範囲のみを共有することも可能です。 共有する画面を選択するとき、[詳細]タブにある[画面の部分]を選択します。 例えば、Web会議中に参考動画などを見せたいときなどに使えます。 1画面の一部を共有する Zoomの画面下部から[画面を共有]をクリックします。 [詳細]タブをクリックして、一覧から[画面の部分]を選択します。 動画などを参照する際は[コンピューターの音声を共有]にチェックを付けます。 [共有]をクリックします。 2共有する範囲を指定する 画面の共有が開始されます。 共有中の範囲には緑の枠が表示されます。 枠をドラッグして、共有したい位置に合わせてください。 2操作説明が表示された パソコンのネットワーク名とミラーリング先の名称(Zoomのミーティング名)を確認してください。 画面右上を下方向にスワイプして、コントロールセンターを表示します。 iPhone 8以前では、画面下から上方向へスワイプします。 [画面ミラーリング]をタップします。 4ミラーリング先を選択する ミラーリング先の一覧が表示されました。 なお、ZoomのWeb会議は相手がいなくても開催でき、自分ひとりでも画面共有の機能は動作します。 実際のWeb会議で慌てないように、試しにひとりで操作してみてはいかがでしょうか。 close 閉じる.

次の

ZOOMでYoutube動画を共有するときには注意が必要です|ワタナベツヨシ@なまけものマーケター|note

Zoom 共有 動画

電話やチャットなどでやり取りをしていると、言葉だけで伝えるのが難しいと感じることがあるのではないでしょうか。 言葉と合わせて、実際の画面や資料を見せながら説明できたらスムーズで便利ですよね。 そんなときにおすすめしたいのが、画面共有の機能を備えたWeb会議ツール「Zoom」です。 ここでは、Zoomの画面共有機能で実現できることとその使い方、また不具合の対処方法についてまとめています。 Zoomの画面共有機能を活用して、ミーティングの効率化を図ってみましょう。 Zoomの画面共有でできること 画面共有とは、自分のPCやスマホ・タブレットに表示されている画面をそのまま相手の画面に表示させる機能のことです。 Zoomならホスト側の画面だけでなく、クライアント側の画面を共有にすることも可能。 まずは、Zoomの画面共有機能で共有できるデータについて詳しく見ていきましょう。 ファイルの共有 ZoomではパワーポイントやPDFのファイル・画像や動画データ・現在表示させているブラウザなど、様々な画面を共有することができます。 PCはもちろん、スマホやタブレット間での画面共有も可能です。 これにより、自分の画面を共有して操作説明を行ったり、相手の画面を共有してリモート操作を行ったりすることができるようになります。 またスマホの動画も共有できるため、ゲームのプレイ動画の共有に活用するなど個人利用にもおすすめ。 Zoomにはミーティング内容の録画・録音機能も搭載されているので、共有データと指示内容を合わせて見返すことができるのもポイントです。 ホワイトボードの共有 Zoomで共有できる画面の中に「ホワイトボード」という項目があります。 ホワイトボードにはテキスト入力や図形挿入などの機能が備わっている他、直接ペンで書き込むことも可能。 操作はホスト・クライアントともに可能となっており、相互のアイデア出しや絵や図による説明をしたいといった場合に便利です。 ホワイトボードの内容を画像ファイルとして保存しておくこともできます。 コメントの入力 Zoomでは画面共有しているデータにコメントや注釈を付けられます。 共有中の資料内容について通話を行いながら、重要なポイントにマーカーを引いたりメモを加えたりして自分なりにまとめられるので効率的です。 ただし、 コメントの内容は自分だけでなく相手側の画面にも表示されるという点に注意。 複数人が一度に書き込みをするとかえって分かりにくくなってしまうケースも考えられます。 Zoomならホスト側の設定でクライアント側のコメントを無効にすることもできるので、参加人数に応じて活用してみると良いでしょう。 Zoomで画面を共有するやり方 Zoomを利用するには、ミーティングの主催者となるホストがアカウントを持っている必要があります。 Zoomアカウントの作成は簡単にできるため、あらかじめ用意しておくとスムーズです。 ここからは、Zoomで実際に画面共有をする際の手順について解説していきます。 自分の画面を共有する Zoomでのミーティング中に自分の画面を共有したい場合の手順は以下の通りです。 画面内にある「画面共有」をクリック• 一覧の中から共有したい項目を選択• 「画面の共有」をクリック 共有が完了すると、ミュート機能やコメント機能など画面共有に対するメニューが表示されます。 相手の画面も同じ状態になっていることを確認し、ミーティングを再開しましょう。 相手の画面を共有してもらう 相手の画面を共有する場合も上記と同様の手順となります。 共有してほしい画面を伝え、相手側に操作してもらいましょう。 相手の画面共有が完了すると、自分の画面が切り替わり、画面共有のメニューが表示されます。 複数人でミーティングをしている場合で、ホストに対してのみ画面共有を行いたい場合はオプションから設定を変更することが可能です。 共有できる相手を「全参加者」から「ホストのみ」に変更してから共有を行いましょう。 1対1でのミーティングの場合は特に設定を変更する必要はありません。 別の画面に切り替える 画面共有中に別の画面に切り替えたい場合は、以下の手順で操作できます。 共有メニューから「新しい共有」をクリック• 一覧の中から切り替えたい項目を選択• 「画面の共有」をクリック 画面共有に回数制限などはないので、自由に切り替えながらミーティングを進めていきましょう。 画面共有を停止する 画面共有を停止させたい場合は、共有メニューにある「共有の停止」をクリックするだけで完了です。 共有が停止されると、自動でビデオ通話の画面に戻ります。 また共有している画面を閉じることで、強制的に共有を停止させることもできます。 例えばエクセルの画面を共有している途中で、エクセル自体を終了させるといったやり方です。 こちらでも特に問題はありませんが少し強引な印象になってしまうので、基本的には「共有の停止」ボタンから操作するようにしましょう。 リモート操作を行う リモート操作とは、相手の画面を遠隔で操作することを言います。 相手が操作に困っているときや口頭での説明が難しいときに便利な機能です。 Zoomでリモート操作を行う場合は以下の手順で進めましょう。 相手の画面を共有してもらう• 共有メニューから「リモート制御」のリクエスト行う• 相手にリモート制御を承認してもらう リモート操作の停止は双方から行えるので、必要な操作が終了したら自分で停止するか相手に停止してもらいましょう。 画面共有がうまくできないときの原因と対処方法 ZoomではPC画面だけでなく、スマホやタブレットの画面を共有することもできます。 しかし、中にはスマホ画面の共有がうまくできないといったケースも。 最後に、画面共有がうまくできない場合の原因と対処方法について詳しく見ていきましょう。 ホストによる画面共有を許可されていない 現在、ZoomでWeb会議に参加する場合、ホストが画面共有を許可するかどうかの権限を持っています。 これはセキュリティ対策でもあり、スムーズなWeb会議を行うのに必要な設定です。 もし参加者で画面共有ができない場合は、ホストに画面共有権限を許可してもらうようにしましょう。 Zoomのソフト・アプリが最新版になっていない スマホの画面を共有する場合、初回のみZoomプラグインのインストールが必要となります。 スマホ側でプラグインのインストールが失敗している場合やZoom側のプラグインが最新になっていない場合は共有の不具合が起こる可能性があります。 同じネットワークに接続されているにも関わらず、画面共有が機能しない場合はプラグインの更新を行ってみましょう。 最新版のプラグインはZoomのダウンロードセンターからダウンロードすることができます。 まとめ• Zoomの画面共有機能では各種ファイルやホワイトボード、コメントの共有ができる• 簡単な操作で画面共有・リモート操作ができるので初心者でも使いやすい• スマホ画面の共有がうまくできない場合はネットワークとプラグインを確認 画面共有を活用することで、離れた場所にいる人ともスムーズに会議を進めることができます。 Zoomはミーティング以外にも、研修やセミナーなど様々な使い方ができる便利なサービスなので、ぜひ導入を検討してみてくださいね。

次の