大江山の歌 たはぶる 意味。 十訓抄『大江山』品詞分解のみ

古典通解辞典 上代古典集∥埋もれ木

大江山の歌 たはぶる 意味

大江山 ・ (古文記事一覧)>ひと目でわかる 和泉式部、保昌が妻にて、丹後に下りけるほどに、 和泉式部が、保昌の妻として、丹後に下ったころに、 京に歌合ありけるに、小式部内侍、歌詠みにとられて、 京で歌合せがあったところ、小式部内侍が、歌詠みに選ばれて、 詠みけるを、定頼中納言たはぶれて、小式部内侍ありけるに、 詠んだのを、定頼中納言がふざけて、小式部内侍が部屋にいた時に、 「丹後へ遣はしける人は参りたりや。 「丹後へおやりになった人は帰って参りましたか。 いかに心もとなく思すらむ。 」と言ひて、 どんなにか待ち遠しくお思いのことでしょう。 」と言って、 局の前を過ぎられけるを、御簾より半らばかり出でて、 局の前を通り過ぎられたのを、御簾から半分ばかり身を乗り出して、 わづかに直衣の袖をひかへて、 ほんの少し直衣の袖を引っ張って、 大江山いくのの道の遠ければ 大江山を越え、生野を通って行く道のりが遠いので、 まだふみもみず天の橋立 天の橋立にはまだ行ったことはありませんし、手紙もまだ見ていません。 と詠みかけけり。 と詠みかけた。 思はずに、あさましくて、「こはいかに。 思いもかけぬことに、驚いて、「これはなんとしたことだ。 かかるやうやはある。 」とばかり言ひて、 こんなことがあろうか、いや、あるはずがない。 」とだけ言って、 返歌にも及ばず、袖を引き放ちて、逃げられけり。 返事もできず、袖を振り払って、お逃げになった。 小式部、これより歌詠みの世に覚え出で来にけり。 小式部は、この時から歌詠みの世界に名声が広まった。 これはうちまかせての理運のことなれども、かの卿の心には、 こうしたことはごく普通の当然のことだったけれど、あの卿の心の中には、 これほどの歌、ただいま詠み出だすべしとは、 これほどの歌を、すぐに詠み出すことができるとは、 知られざりけるにや。 おわかりにならなかったのだろうか。 Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved.

次の

古典B 10〜大江山いくのの道

大江山の歌 たはぶる 意味

' のす けよ し したが ひま ゐら せた る 人々 は、 夢の 心地して 悦ぶ事 かぎりなし。 ぎ しき おこな 路殿 へ うつらせ 給 ひ、 閑院 殿より 神 鹽寶劍 を わたされて、 御卽 位の 儀式 をと り 行 はせ たま へ り。 ご さがの ゐ ん さ だい じんよ し? ねく わん ほく しんてい ほ さ さい をん これすな はち 後 蝶峨院 なり。 かくて 左大臣 良實關 白と して 新 帝 を 輔佐し 奉られ、 同年 六月 西 園 ,u:. 7 だいじん f;- ね、 つ. i ハ. r- の. おく ぐ わい 寺 右大臣 實氏 公の 女始子 を納て 女御と し、 冬 十月 皇妣 源 通 子 を 追 尊 て 皇后 位 を 贈られ、 外 そ ふ さんぎ みちじね だいじゃう ゑ おこな ふかさ つ J ミ 祖父 參議源 道 宗に從 一 位 左大臣 を 贈らせた まひ、 十 一 月に 大嘗會 を 行 はせ 給へ り。 此帝は 後 鳥 はの. OA まご じゅん ミ くるん ひ ひさ f たび てい, 羽 院の御 孫 順 德院の 御 甥に て、 久しく 世に 落 ぶれさせた まひし に、 此度 はからす も 帝位に つき まった ち t ちか さっちみ かタの けん わう はいしょ たま ひし は、 全く 御 父 帝土 御 門院 賢 王に てまし ませし かば、 配所に て はう せた まひし かど、 御 しんりょ かな しで ラの ro,c よ はや そのご し そん こ ろざし 神慮に や 叶 はせ たま ひけん、 四 條院世 を 早くした まひて、 其 御子 孫な かりし かば、 てい. きみ ふしぎめ でた こミ ふた i び 帝位の 此君 にさ だまりた まひし は、 不思議に も 目出度 かりし 御 事な り。 う しょ. れ ひ. 中院は 去 华の 春、 若宮 一 方 まう けさせた まへ り。 七 六 一 I — I 百人一首 一夕話. 其 時 御 年 四十 六 歳な りしと ぞ。 K 原の 法 華 堂の 側 に 納め 奉れり。 百 練抄に 曰く、 寬元 元年 四月 廿 八日、 佐 渡院の おんこつ か 5 くわ f ほふし くび お ほ はら ミ ぎよ みは か 5j ころ 御 骨 を康光 法師 首に かけ 奉りて、 大 原に 渡御なら せた てまつ り、 五月 十三 日に、 大 原の 御 墓所 みさ おんち S はの ゐん おんこつ. -5 このみ か. ! 5」 さ-ど に 納め 奉る と あり。 是は御 父 後鳥羽院の 御 骨も此 所に 納め 奉りた るに よりて なり。 - を大 原に 納め 奉る よ し を 開せ たま ひて、 人る 月のお ほろ の淸 水い かにして 終に すむ ベ き 影 をと むらん この A かさご ざい ゐ そ, めい から や i ミ しょじ やく とよ ませた まへ りし。 ' てん あり。 又御维 を紫禁 和歌 草と 名 づけら る。 此御 集の 外に 御 百 首 一 卷 あり。 定 家家 隆 の兩點 をと 卷之九. じ S ん W く. ' あい しょ、,. ' ゆん じ や、 r. くわ 3 此帝は 後鳥羽の 第三の 皇子に てまし くけ るに、 父 帝 殊に 御鍾愛 有ければ、 承 元 二 年、 上 皇 はから せんてい つち A かタ のゐん しつ! く こ V はい じゅん ミく の 御 計 ひとして、 先帝 土 御 門院、 させる 御 失 德の事 も あらざる に、 に はかに 是を廢 して、 順德 るん みくら, a つけ W し だ じ やうく わん ちゃ、 フ そく ゐ 院を御 位に 卽 させられ、 同じき 四 年 十二月 廿 八日、 御 年 十四 歳に して 太 政官の 廳に卽 位した ま よく じゅさん ふ ふぢ はらの り ふし 仁よ か く. て、 官軍 敗れければ、 當 今の 御 位 を 卸し 奉り、 御 父 帝、 御 兄 帝な ども、 おのく 遠島に 遷し奉 しっけん やす! i き あ ひ こんねん たう ぎんじ ゆん ミく, ん さ さ るべき 巾、 嫌 倉の 執權泰 時な ど 相 はからへ るに よりて、 今年 八月 廿 二日、 常 今 順德院 を 渡の 卷之九. 七 五 五 百人一首 一夕 IJii. 」 , 七 五 四 — 順德院 いみな もりなり W はの だい わ 5 じ しゅめい けん き、. 御 母 は修明 門院、 建 久八年 九月 十日 LL 生れさ しゃ ラぢ しんわ- r- モく ,《 せた ま ヘリ。 正殆 元年 十二月 親王と なりた まひ、 承 元 四 年 十二月 廿八 IZ 御卽位 ぁリ。 じょ、 r- き 5 つ 一 じ や、 r-. 此 御製の こよろ は、 百 敷と は 禁裏の 事な り。 帝の 御德 のおと ろへ させた まふ こと を、 ふるき 軒端と よませられて、 ふるき 軒の はじが 荒 ぬれば、 しのぶ 草と いふ 草が は ゆる ものなる によりて、 その 草の 名に よせて、 むかしの すなほな りし 御代 を こ ひしの ぶに も、 た. つけん ひ せい A んょ ふち くに みだ 院の 靈祠に 申し 賜へ と S. さくと 云々。 -に元 弘建武 よりこの かた、 聖怨 世に 满て 國を亂 した きぶん し かい を さ いって J' すなほ つ J まふと、 記 文の あるに よりて 四海 治まらす、 一朝 朴 ならざる 事 ひとへ に 期に. ?' み よろ せ,. フ ふところ ありて、 坐す ところの 號を 以て、 水 無瀨の 神と 申さん は 宜し かるべし と あり。 此 il- 命 しんもん じ や、 フ はかせ あ ir- なが f しる みなせ じ や、 7 くわ ミ ざ いせ ふこ t ろ ぎ 文章 博士 章 長が 草す ると ころな りと 記したり。 0 ん あらた つ I ミ ほの るん しょ ラ は. -' ぢ ほ, ひで きょり ほこら ふ. に 及て、 顯德院 を 改めて 御 烏 羽 院と稱 し 奉り、 寶治 元年 四月に、 北條 時赖、 御お 羽 院の祠 を か まくら つる たて しんぐ、 フ しょ ラ t た のちみ や 5 ぉラ つのく にみ な せ ご W はの ゐん 嫌 食の 鶴が 閥に 建て、 新 宮と稱 し 奉り、 又はる かの 後明 應 三年 八月、 津國水 無 瀬に 後鳥羽院の れいし t しんが 3 せんみ や- 7 ぃュ てん わ- 7 おそ おそ. 上洛せ すん ぱ 官軍 を 敗り 難 かるべし、 逨 かに 都に 發 すべし と 巾され ければ、 時 房、 泰時、 十與 餘の 兵に 將 として 束 海道より 向 ひ、 武田 五郞信 光、 小 笠 原次郞 長淸、 小山 左 衞門朝 Is、 結 城 左 r L I - 1 - J い しき ぷ のじよ、 f VJ.. 爰に 於て、 官兵は 株 川、 すの ま. o で まも. 市 脇 等の II? を 守て、 東 兵 を 遮る。 しかるに 承 久ニ年 四月、 上 御く 企 ありて、 i お を t5? きて" g 献 に! ! せしめ 給 ひければ. 、 此綠 によりて、 父の 盛 遠 も院參 せり。 ま、 しっけんよ しミき いか おんこ し ゆろ ちんざん i. 執 權莪時 これ を 怒り、 鎌 倉 恩顧の 士、 その 許しな くして 院參を ほしい ま. お はた おい よし ミき、 フ ら 二く む i め 力た く 候と て、 是を果 さす。 これより 土 御 門院 しんもん しょ ラ たて つ ほん ゐん ゲ. 7 せいひ ミら さき ミ を 新 院と稱 し 奉 り、 上皇み づ から 本院と 號 して、 政務 を 執せ たまへ り。 是 より 先に、 上皇 鳥 a さの しら か はぞの A! なせ り き ラ つく せ. ん きう 秀能、 鴨 長 明 等 寄 人たり。 又 詔 して、 通 具 等 をして 新 十:! 今 集 を 撰せ しめ 給 ふ。 元 久ニ年 正 たう ぎんつ ちみ か ん りゃく はり ミも い? 《 よしつ ね よしな か っゐ た、 フ よしな が. ゥ t ラ か i りければ 翌元曆 元年 正月、 箭朝是 を 怒り、. 義經 をつ か はして 義仲を 追討せられ、 義仲江 州 A はづ はいし へいけ せっし ラ たに しろ きづ へいし まん あつ きこ 粟津に 敗 死せ り。 同年 二月、 平家 攝州 一の 谷に 城 を 築きて、 兵. 同年 九月、 平家 範 頼と 備 前の 小島に 戰 ひ、. 平 軍 破て 八 島に 歸る。 同年 三月 長 州 壇 浦に 戰 ひて、 大に平 軍 を 破 むね もり きょひね いけさり あん ミく ていじ ゆす ゐ こ! ほろ こんね, C よし り、 宗盛、 淸宗 など を生铺 ければ、 安德帝 入水し 給 ひて、 平家 悉 く 亡びたり。 同 六月、 宗盛 父子 を 江州篠 原に 誅す。 昌 俊 都に の. 其 後 頼 朝、 今 は靜を 都に かべ さ 4i- しょ- フ た ひらの s よもり たう ぎんた かくら のゐん みくら ゐ ! -t. リ s. 9 むす. 此時 束宮三 歳に てお はせ り。 此束宫 のち あん! s くて A わ ラ たてまつ しか こんねん ilt- よもり みやこ つし、 r- ふく はら ラっ そのつ-ひえ まく 5-、, を 後に 安德 天皇と 中 奉 れり。 然るに 今年、 淸盛都 を 攝州福 原に 遷 されし が、 其 費 ilS 大 なりし。 是 すな はち、 去年 伊豆に 流されし 文覺上 人の 勸 によ より ミも じ やうき やう. 弋 ち はらの みつよ. く 3. せ、 諸國 修行の 時 も、 笈に 入て 身 を 放た ざり ける 力, -. さ 百人一首 一夕話 I , 七 二 〇 從 二位 家 隆の話 いへ たか. のき み ぶ ち. ' な つ i んみ つた かき や、. ' だいじ し は.. だいく わう だい こぐ うのすけ さ ね かね か じ く. 家 隆卿は 壬 生の 中納言 光隆 卿の 第二 子に て、 母 は 大皇大 后宮 亮實 兼の むすめな り。 丄 4 んぜぃ ひ.. のち よ V せん われ けんざん たび わか 俊 成、 人に かたらる よは、 家隆は 後の世の 歌仙と なるべき 人な り、 我に 見 參の度 ごとに、 和耿. じつなん ぎ 、r 'た さ こ. かの たようが み を とらせて 御覽 する に、 歌 かきて あり。 ま た すぎ- つき 明ば 又 秋の なかば も 過ぬべし かたぶく 月の をし きのみ か は とい ふ定家 卿のう たなり けり。 家隆、 此殿 のか. -る御 尋ね あらんと はかね て 知らるべく も あら t もとより 此 歌のお もしろ くて、 書て 持れ たるなる べし。 これら ぞほ 意の 深き たぐ ひなり け 從 二位 家隆 かり 5 き ゃラ くない じん じゅ く ほん じゅさんみ つく 家隆卿 はじめ 宫內 卿に 任ぜられ、 從 二位 LL いたる。 俗 本 Li 從 三位に 作る は あやま リ なリ。 C きらき やうし そくさ、. ' せい に で, つけ か だ. コ 、 爲明睛 子息 早世に よりて、 ニ條 家の 歌道 斷絕 せり。 , ! a んしラ ほそ か は しゃう ぎ や、 r- しょ ちゃ V. , し ため うぢ ゅづ ーゴ さい はら 爲家 卿、 播州の 細 川の. とい ふ 知行 所 を、 嫡子の 爲 氏に 讓 るべき. か たて あに ため 5 ぢ で や の 有と なれり。 是 より 愈 兄弟 不和に して、 爲氏、 爲相 各 一 家 を 立ら る。 爲 相の 母阿佛 後に 北 林の 禪 尼と 稱 して、 女ながら さいがく ためすけ れいせい いっか おこ この ひミ さく いさよ ひの に き くわん も才學 ありければ、 爲相卿 をた すけて 冷泉の 一 家 を 興されたり。 ' お ほゐ が は り。 是は彼 細 川 庄の 公事に よりて、 縑 食へ 下られし 時の 道の 記な り。 のこ しか あに ひ V- い し S 八せ いき や,.. ' でんらい で i け か 此ぅた あまねく 人の 耳に 殘れ り。 然るに 兄の 爲氏卿 は、 骨 祖父 俊 成 卿より 傳來 のニ條 家の 歌 だラ つぎ じ やう ごん じん ざいし ひいで れんが よくなん だい うた. 道を繼 て、 正 二位 權 大納言に 任ぜられ、 才思 秀られ しかば、 連歌 を もよ くし- 能 難題の 歌 を も そのな たか かめ ャま のじ うく ゎラ ちょく ほ,.. 僻 案 銀、 毎月 抄、 源氏 奥 入 等な り。 家集 は 拾遺 愚 草、 同 員外 等な り。 明月 記 は 其 家の ひなみ き ろく このほか このき s-f- おくがき しょ あり みなこ-' じん ぎ さく 日 次の 記錄 なり。 此 外に、 此 卿の 奧書 ある 書 あまた 冇 といへ ども、 皆 後人の 儻作 なり。 -れ たる は、 民 部 卿の 唐 名な り。 此 卿の 子息 を爲 家と いへ り。 嘉綠の はじめく らう さの かみ ほ さん ぎ にん じゅさんみ ご A: ち-' な つ 一ん す.. 世に 民 部 卿 入道、 或は 中院禪 門と も稱 したり。 建 治 元年、 七十 八齒 にして 薨ぜ そのこ ため うぢ ためのり ためすけ にん ため- んち じ やうに. こ ん ていはつ らる。 其 子爲 氏、 爲敎、 爲相 とて 三人 あり、 爲氏は 正 二位 權 大納言たり。 弘 安八 年、 剃髮 して かく. C が f これ に でう け しょ、 フ その ためすけ あに うた なた か ため 4 け 覺 阿と 號す。 此 をニ條 家と 稱 せり。 其 爲相、 兄の 爲氏 と共に 歌よ みの 名高 かりし。 然るに、 えい ふく も A ゐん のない し 永 福 門院 內侍 わすれ じな 宿 はむかし に 跡 ふりて か はらぬ 軒に 句 ふ 梅が え 此事は 兼 好の 徒然 草に も、 京 極 入道. 3 や、 じ しきし かき おさ れし 後、 實 なる 歌 ども を 百 首 撰びて、 山莊の 障子に、 色紙に 書て 押れ たるな りと いへ り。 しか れ ども 新. sr 集 は、 建 仁 元年 十二月に、 院の勑 を、 承 はり、 i じき 三年 四月に、 欺 m がりて 奉 ご は 4; ら あるひ i か 、つ. ?' こ t ろ おも 十 一 月に 薨ぜ られ たれば、 彼 集撰定 より 後の 事な り。 歌の 花 實の事 も、 定家 卿の 心に さもず ひ ぢゃ うえい ぐわん ねん じん えら しんちょ くせんし ふ I こミ. 給 はじ、 貞 永 元年に、 一 人して 撰ばれた る 新 勅撰集に て、 其 心 足りぬべき 事なる に、 それよ り 後 文 暦の 比. 、 書れ し is 人 一 首 を 待て 云べき 事に あらねば、 此束野 州の 說は うけが たき 事な り。 ん しや-' じしきし がた よ ょレ かの 二 ふだ 5 こ きつ i,. - まじ ひ 晴る、 予文字 を 書 事 を 知らす、 嗟峨の 中院の 障子 色紙 形予 にかくべき. 彼 入道 懇切な り、 愁ひ• てん わ、,. 來の 歌、 天智 天皇より 家隆、 雅經 卿に 至る、 夜に 入て 金 吾に i し? 达 ると あり。 定家 卿み づ から 記せられ たる 明月 記の 文 かくの ごとく なれば、 これ は- i を 撰が たる このな 力の るん じふ だ、 r- 5 つのみ や よりつな じふ だう れんしゃ 5 a 1 一め," へ しつ ち t に は あらす。 さて 此中院 入道 は、 宇都せ:! 彌三郞 頼 綱 入道 蓮 生の 事に て、 爲家 卿の 室の 父な り 卷之九 七 〇 九 I 百人一首 一夕話. 七 〇, おにり でんじ や、,. もつ M さゆき よこが は うた こミ 何事の 起に か あり けん、 殿上に て 源 雅 行と 爭 論に 及び、 燭を 以て 雅 行の 頰 を批れ たる 事 あ I. ち h,. - にて 其 年 もむな しく 募ければ、 俊 成 卿 深く これ を うれ ,7 た こミ な ゆ しきじ ひ、 歌 をよ みて 此事を 歎き、 職 事に つけられ ける。 くもる かすみ あし たづの 雲居に まよ ふ 年 くれて 霞 を さへ や へだて はつべき ル ひじ そうもん ご かん さ:;. : なが あ そん お ほ へんか 職 事此 うた を奏閒 せられければ、 御感 ありて、 定長 朝臣に 仰せて、 御 返歌 をた まふ。 卷 之れ. t-,is し. C 新 勅撰集 戀 三に、 建 保 六年內 裏の 歌合に と あり。 1 云々 とい ふ 長歌 を、 本 歌に してよ まれた るな り。 今此 歌の こ i ろ は、 まて どもく こぬ "を とい ひかけ て、 其 松 帆の 浦の 夕な ざと て、 日 ぐれに 風の なき 時に やく 藻 避の 火に こがる ぷ やうに、 も、 いと ふり. u るに、 なつかしき ほどの 若木の さくらな ど植ゑ わたす とて、 公經 のおと, x. 、 を よ ひミ しの 山 ざく ら峯 にも 尾に も植 ゑお かんみぬ 世の 春 を 人 や 忍ぶ と な かづ かさの ないしの にき いは こうあん き. U やま さの ぎゃラ けいご か、 r- わん おんだ ラ み ゆき 又中務 内侍 日記に 曰く、 弘 安八 年 七月 五日、 北山 殿に 行啓 御幸 もな りし、 个 九日 妙 音 堂の 御幸 なりと あれば、 もと 大地に て、 帝. の 行幸な ども 度々 有た ると ころと 見えたり。 又 玉 葉 集に、 琵琶 み ち はんべ いの め i おんだ. ,' S き の 道に つきて いさよ か うれ. ? -んじ きラ たく くわん かう こ-つ ひ い f えん せ vc-c- r- 又 太平 記に、 康 安二 年 三月 十三 日、 西阅 寺の 舊 宅へ 還 幸なる、 これ は 后妃 遊 宴の みぎり、 先皇 りんか,.. きゃくでん くも たんせい つく め-. ' おんだう る り のべ 臨幸の 地 なれば、 樓閣玉 を ちりばめて、 客殿 雪に そびえ、 丹 靑を審 せる 妙 音 堂、 i? これらの 文に よりて 考 るに も、 其 、肫嚴 思 ひやるべし。 此 古跡 は、 今の 北山の ろく. 'いま さいち- んじ さの て、,' 鹿苑 寺な り。 寺 は 今 京 極小 山 口に 遷し、 本尊 彌陀 、丼に 地 藏の像 等 今に あり。 西阅寺 殿の 第 は、 お ほきた やま むら きた ろく をん じ ひがし つ いぢ い i そん さ じん きんつ-ねこ、 リ くわん ぎ 大北 山村の 北、 鹿苑 寺の 束に て、 築 土の 跡 今に 存 する よし、 土人い へり。 、-,- T17 WS さい のち さい 十二月、 病に よりて 出家せられ、 法名 を覺 空と いへ り。 此時 六十 六 歳な りし。 すな はち 後の 西 をん じ け ! つ. か うし ミら きんつ ね いへ きたやま さの がう しゃ くじみ た ふく ゃラ の, 、よ 拾 芥抄に 曰く、 衣笠 岡の 良 、 太 政 大臣 公 經の家 を 北山 殿と 號 すと。 で, お ほきお ミ きんつ ね やま さ, C さ、 フ けつ こ-. , - ?ぃ をん じ み rr た C バ,、 く、 一 條の太 政 大臣 公經、 北山の 山莊を 結構して、 西 園 寺と いふ 御堂 をぞ 建ら れ ける。 供養の 願文 は、 菅原 爲長卿 草せられ ける と あり。 み '-. でん ほた ,0 なか さら にかへ 給 ひて けり。 ろばせ 深き ところの さまな ほんだ う さい 4- んじ ほん ん にょらい たへ お, C すがた しゃ. 1 しん あら り。 本堂 は 西 園 寺、 本尊の 如來 まことに 妙なる 御 姿、 生身 も かく やといつ くしう 顯 はれさせた また るん やくし く さく ざ,. ', ん ぢ ざ, フぼ r つ ぃナ め、 7 おん. -rfN --5 まへ り。 又 せんみ やく 院は 藥師、 功 德藏院 は地藏 菩薩に てお はす。 ' ぐんじ S くんし V5. 按察使 兼 鎭守將 軍 從四位 上 勳四等 大野 朝臣 東 人の 置と ころな り。 節 タ し じゅ にんぶ せいけい けんみ ぜ ち ちんじゅし やう ぐん ふぢ はらの る! ふ の あそん めさ かり しゅざ、 てんぴ ャ. 位 上 仁 部 省 卿 兼 按察使 鎭守將 軍 藤 原 惠美 朝臣 朝嬉 修造す。 天平 寶字六 年 十 一 一月 一 n と あり。 此 いしぶみの 事 を慈鎭 のよ まれた る 歌 二 首 あり。 陸 奥の 壺の いしぶみ 行て 見ん それに も かたした r 惑へ と は おも こミ つば いしぶ ふ 思 ふ 事い なみち のく の えぞ 知らぬ 壺の 石碑 かきつくさねば - 又 西 行のう たに、 みちの く おも 陸奧 はおく ゆかしく ぞ思ほ ゆるつ ほの いしぶみ そとの 濱風 じ ちんく わしゃ ラ ほり か はの るん か ろく さい に ふめつ 扨 慈 鎭和尙 は、 堀川 院の 嘉綠 元年 九月 卄 五日、 七十 一歳に て 人 威した まへ り。 A な ひま くせ ゆろ みち 皆 人の ひとつの 僻 は ある ぞと よわれに は 許せし きしまの 道 もんし ゆ y らん さ た のち また と ありければ、 門 主 これ を御覽 じて、 沙汰の かぎりなり とて、• : 共 後 は 又. 又 右大將 賴朝縑 倉より 上洛の 時、 慈圓 道まで むかへ に 出た まひし 事、 束 A いへ しふ しふぎ よくし ふ より ミも. 又 集の 抬玉棠 にも、 頼 朝と 贈答のう た あまた 有て、 頼朝晴 都 より 鎌 食に か へらせた まふ 時、 慈圓の 贈られた る 歌、 あづま 路 のかた に 勿 來の關 の 名 は 君 を 都に すめと なりけ り よ. Oi ミも りけ るかへ りごと に、 ノ 前 右 大將賴 朝 のく し つぼ いしぶみ 陸奧 のい はでし のぶ は えぞ 知らぬ かきつく してよ 壺の 石碑. とよ まれた る も、 此時 のこと なるべし。 これ は慈圓 より 賴 朝へ ふみを さよ ゆて、 何 ごと も 心に おも ふ ほどの 事. は、 えこ そ. e- さねと. 遣 はされ たる かへ りごと なり。 又奈 良の 一 條院の 御門 主 は、 慈 鎖の 御 弟 なり。 ある 年の 八月 十五 曰の 暮 がた、 中 門に た.. すみた まひけ る 折し も、 御カ卷 あまた 御 庭 を ii 除し ける に、 傍輩 ども、 いかに こよ ひ は慈圓 坊の耿 よませ 給 ふらんと、 いひ あへ る を 聞し めし、 さ よくじつ じ ちん おん もミ じゃラ しん ゃラ おそ i しんてい のこ て 翌日、 慈 鎭の御 許へ 狀を 進ぜられし 樣は、 恐れ ある- S. 事ながら、 又 心底 を殘 すべき にても さ くわし やう いまい つさん くわ. 2 一. 7 このみち おんさし お t まして 天下の ものい ひ、 さ こそと 推 量 仕り 候へば、 向後 は 此道を 御 措き 候へ かしと 存じさ ふ らふと、 敎訓狀 を 進ぜられ しかば、 慈鎭、 御 返事に よろこび 入 候と て、 おくに 一: f::! 後鳥羽 上. It 仏が に 對 して、 耳し あれば と 詠みた るが なま さかし きぞ と、 ぎ tr ありて 1Kb はせ たまへ り。 isi の 松 は、 上 皇 ことに 御 心 をと r めさせ 給 ひし 木な り。 後に 隱歧 へう つらせた まひても、 此が に 押 つくべし とて、 遠 所より 御製 を 贈らせた まへ り。 ヽ はな した まつ ひ•. じ 度々 辭 退せられ し 事、 愚 管 抄に旯 えたり。 - の じ ちんく わし ャ,. 'いけ その じ たい し... ' どもの 座な り。 是を 無心 座と 名づ く。 又 無心 座に は、 光親 卿、 宗行 卿、 泰覺 法眼 等の 名高から ぬ 人 々なり。 み な -i? 庭 をへ だてて、 無心 座 をお かせ 給 ふに、 其 庭に 大 なる 松 あり、 風 吹て 殊に ひ 5 し AyJ か じ ちんく わしゃ 3 おもしろき 日、 有心 座の 方より 慈鎭 和尙、 こ. 三藐三 菩提 を、 さみ やさ ほだいと つめて よむ が よみくせ なり。 いざん い A や 5 ん 千載 集雜 中に、 題 しらすと て 入たり。 我た っ杣と は、 後世に:, 叙 山の 異名の やうに なりたり。 上り 皇 の ほ 祠云 が 岡! や て 七 首よ の ん、 詠 t た ぜ ら ろ 話 家 ーナ' 隆 代 ひ の. ' まさつ ュ とともに: ハ 世に 名高 かりし が、 後に 兩 家と わかれ、 兄の 宗長卿 を 難 波 家と 稱し、 の 雅終卿 を あ T 力, け こミ み す か ゐ 5t きく り ゃラ ラ ほまれた じゅん ミくゐ ミき おな l-J- 飛鳥 井家と 稱 して、 殊に 飛鳥 井 は、 歌、 鞠、 兩 道の 譽 高し。 -;: ねな が ひ 0-. りしに、 刑 部卿宗 長、 右兵衞 督雅經 など 其人數 にて、 又な き 見 ものな りしよ し言傳 へたり。 稚 つねき や、 フ こ のり さ; i じ や 、つ ざん み 經 贈の 子 を敎定 とい ひて、 正三位な りしと ぞ 鳙 卷 之 A 百人一首 一 夕 話 六 八 〇 ぼ:5 ズ ir i4onY0. や、 r- ぐん ふぢ はらのより つね 5 て ご え 、ひち くに ゐ - に こ、,' II こ; けん 行 はる。 此 若君、 後に 征夷 大將 軍 藤 原 頼經と 巾せ し。 7 ぐん も ふ だい ゅゐ せき まった よし ミき f し しゃ 將 軍と 仰ぎ、 三代 將 軍の 遣 跡 を 全くし 奉らん とのた まへば、 義時 これに 同じ、 やがて 御 使 若と しゃてい さがみ のかみ ミき ふさ や, 7 ミ のぼ しひ こミ の も せん ゆ. して、 舍弟相 摸,》 時 房 を 京都に 上せ、 强て此 事 を 望み e. されし かば、 六月 三: n 宣下 を 蒙 りて、 一-. ? お ほくら しゅくしょ かね しん ざ. は- r たち そのかず 是に 入れ 參ら せらる。 其 行列、 諸人の 目 を 驚かせし 事 どもな り。 7 のつ ぼね ほうで うさが A のかみ , たの かた ぐ - す、 次に 雜仕 一 人、 乳母 1 一人、 御 局 は 右衛門 督の局 一 條局 なり。 此外、 北 條相摸 守の 北方 も 供 ぶ つぎ せん ぢん ず も ひや, フ ふ 、ひらの び やう ゑの じょ ラ. f ひ み ,- -らさ ゑ もん 奉 せらる。 -trf A や こ くだ くぎ や-. ' てんじゃ ラびミ がんぜん り。 かくて 此度、 大臣の 大饗 にっきて、 都より 下りた まひし 公卿、 殿上人、 はからざる 眼前の 卷 之 A. 神前に て拜賀 の 儀式 を 行 はるべき 由、 しかも 夜陰の 事 にて 候" へば、 年 來の御 本意 を 遂られ 候 はん 事、 此 時に 候べ しとす よめし かば、 公 曉も思 ひ 定め 一,.. 義時 はかく あらん 事 を 察し、 窳病を かまへ て 其 は のーノ. フ もの こんや f ラちミ 場 を 逃れし 事、 奸惡の 甚 しきもの なり。 其 内せ 仏 を 通 も?; ども 5 ちミ よ る. A ひ ぜし荐 共 を 討 取り、 又餘 類の 者の 坊を 皆燒拂 へり。 又武藏 守親廣 以下 御 ナ --ん よ しゅっけ い こく S. 0 がい しょ、. 、 だ くろ か は ぞし よろ ひ ちゃく さいごく ぢ うにん が、 りき きこ さいがの ほから うじ-ひ に 定まりければ、 黑革緘 の 甲 を 著し、 西國の 住人に て强 力の 聞え ある 雜賀 次郞、 その外 郞從: A ぐ く if ざいしょ びつ ちう も じ C- り たく おもむ よし ひら むかへ ぐんぴ や、 フ きた いま 人 を 具して、 公曉の 在所、 倫 巾阿閣 梨の 宅に 赴く。 此 時公曉 は、 義 村の 迎の 軍兵の 來る を、 今 いま まち rO あ まり ま t. ふ」 ほ つろ ズ尸 か みね うか や 今やと 待 居られけ るが、 餘に待 遠な りと て、 鶴が 岡のう しろの 峯 にの ほりて、 窺が はれ けれ -た よし;: ら たく ゆか いで ミ f? ど、 むかへの 來 るべき けしき も 見えねば、 さらば 義 村が 宅に 行ん とて 出た ぶれけ る、 途中に て、 ず、.. ---' まへ いつ したが さね しり しゃく しづ — す y 前の 石橋 を 下り、 列 立し 給へ る 公卿の 前を揖 して、 下 襲の 尻 を 長く 引き、 笏を 持て、 靜々 と 過 S ミころ しの いし はし き は おい -7 す ざ CJ かづ 行きた まふ 所に、 いづく よりか 忍びより たり けん、 石 階の 際に 於て、 ぬ き 薄 衣 を 被き たる 女. と けんぶつ てい しゃう ぐん のみ たてまつ おんかた はら したが さね おほしき が、 見物の 體 にて、 將軍を さし 窺き 奉 ると 見えし が、 やがて 御 傍に つと より、 下 態 ラすぎ ね な おびた ち ねくて き はじめ ひ W た ち の 上に あがり、 蒲 衣と りて 投 すて、 かくし 帶 たろ 太刀 を 拔手も 見せす、 はたと 斬る。 初の 一 太刀 しゃく つぎ うちお? は笏 にて うけさせ 給 ひし かど、. 因幡 前 司師憲 も疵を 蒙りけ るが、 翌 RI 終に 死したり。 ゴ さ ラタう お i よし まき ちう もん そミ しり を らす 如く 逃 惑 ひて、 その 騒動 大 かたなら す。 ci; マ.. ;: い のり• :' r. ぎ 卿 命 をう けて 役夫 を督 し、 晝夜を わか ヒ い- tJ ん つく つ ひんす まんきん じ やう じゅ ゆ ひ うら ふな たす いそぎて 大船 をい となみ 造れり。 ' ご らん さ 八 じき かま こま ゆん ぢ. o にん、 メ』 おろしして、 是を潜 試 ん とて、 實朝公 御覽の 數を構 へられ、 事 厳重に して、 數百 人の 人夫 ォゐ ちラ こて ひきおろ f おも ふね ゆ ゑ ちじ や、 ジ を 水 巾に 立て、 これ を曳 卸さん とすれ ど、 あまりに 重く 造りた る 船なる 故に や、 すこしも 地上 を 離る よ 事なくて 止ければ、 其、 大船 は、 徒 に. 7 , 曉 頗 不平の 志 を 抱け り。 翌六 年、 政 子に 從 二位 を 授られ て、 是 より 二位 禪 尼と 稱 す。 J- まくら 6 f だいき や ラ おこな. 時に 廣元巾 さる i に は、 か. ?' もんじ やう はかせみ な, P ミ のなか あきら ゃラ ぎ しき こ らい 不 腐の 恐 あれば、 の 儀に 定めて 然るべ しと 中す に、 文章 博士 源 仲 隼、 か樣の 儀式 は、 古来 かなら; W や 、-. ふる 事に 候と e. 斯て出 ぎよ まへ ひろ もミ n ぜん いで いさめ ひミ• r- ほくだい くんこ ラ みかさ くわん. ' き 3 ふく し そん のこ お ぼ S ゑ た. , 'しゃ.. ,f 一く な ひ みん そく か たうけ ら-. 'しん いさ 事、 亡阈 のき ざしなる べしと 歎 か はしく 存 するな り、 足下 は 常 家の 老臣た るに、 いかにして 諫 めたて まつられざる やと。 廣 元が 曰く、 拙老も かねて 此事を 歎息す といへ ども、 敢て諫 を 奉 い. M さい は ひ みつい いそ いさめ ひろ も ミこ• itt つく らす 候、 今 幸 に 此密意 をう けた ま はれば、 急ぎ 諫を 奉るべし とて、 それより 廣元詞 を して こ は なん ぢ ?i ころ われ 3 つ 諫む といへ ども、 寳朝、 これ を ffi- みての たま ひける は、 汝. しかれ ど われ わ うじ おも い ,. U いふ 事な かれと ありければ、 廣元 もせん 方な く、 心に 愁 ひながら 返き ぬ。 かくて 實朝公 は、 いよく 陴和 卿. か 一詞 を i そ、. f で に弑 せられし 後、 公曉 山野 を 流離へ ありかれ たろ を、 政 子 是を哀 みて、 鶴 か 岡の 社 司 尊曉の A 璧 J. まき 翁 之 八 六 五 九 百 人 一.. 此時 重保縑 貧に ありければ、 久間某 をして 是を しむる に 依て、 赏保 遂に 自殺せ り。 --く ぐんぴ やう はた にな ひや、? りう もたら かま くら しょく ぐんそつさん こく み 俣 川に 軍 だち す。 近 まの 軍兵 旗 を 荷 ひ、 兵糧 ハ. ければ、 重忠の 曰く、 否然ら す、 正 治の いくさ. ? 'ぢ はら ミ きいちの みや たち しり も ち ミ. ち、? ふく ざんじ いのら 4- し そし 軍に、 梶原景 時 一せ :! の 館 を 退きて 中途に して 誅に 伏せり、 これ 暫時の 命を惜 むに 似た る 譏り あ てきぐ A なほい へい• 義時、 時 房、 大 軍に 將 として 是 を取圍 むに、 重 忠みづ から 百騎を さ , いさ た. II 六お セ 百人一首 一 夕 話. 六 五六 られ しょし を 世に いひ ふらさし む。 此時頼 家 二十 三 歳な りし。 - 等、 大に 怒り 愤 りて 謀反 せんとす る. 一 おこ きょねん tt. 北 條政範 及び 皇山重 保 等、 上洛して これ を迎 ふ。 能 員が 從 f. ij き しゅ; よし もり た r つ d ら 時 政 禪尼政 子の 命に かこつけて、 義時、 泰時、 重忠、 義盛、 忠常等 をして これ を 計らし むる に、 諸 軍す t みて 一幡 君の 館 を 園み ければ、 能 貝が 一族 ふせぎた よか ふといへ ども、 大將 なければ カ盡 て、 館に 放火し、 一 幡君を 害して みな 自殺せ り。 此畔賴 家、 If 一 幡君、 幷 LfiblEr が 死 を いだ うた しょ はつ らめ ほりの ミ、 ひ じ. 堀 藤 次窨を 持て 彼 二人の 館 に 向 ふ。 忠常は 漸く これに 應 すれ ども、 義 盛は從 はすして、 此 よしを 時 政に 告ぐ。 ほ, いへ MX およ おそ ていはつ まさこ あ ひ 5? い づ は、 賴家 難の 身に 及ばん 事 を 恐れて、 に はかに 刹髮 せらる。 時攻政 子と 相議 して、 頼 家 を 伊豆 しゅぜん じ ちっきょ ぉミ さね ミも もつ かま くら しゅ さね ミも ,ひ. 實朝 ことし 十二 止 威に して、 征夷 大將 に, ん,. はり ミも じ なん ,どラ みやう せん t ん ぎみ よりいへ まさこ はら しゅつ 軍に 任せら る。 實 朝は賴 朝の 二 男に して、 童 名 八千幡 君と いへ り。 頼 家と 同じく 政 子の 腹に 出 レ T ! きま さ づ しづ はい のち けんせ, ひ ほしい ま t な i 生 せらる。 7 しラ いちのみや 諸士連 書して 梶原景 時が 罪を賴 家に 訴へ ければ、 景時縑 倉 を 出奔して、 其 領地た る 相 州 に ひきこも よく もく ほんぎ やく その ち. 7 ふく その 引 籠り、 翌ニ年 正月、 一族 を あつめて 反逆 をく はだて けれど、 其 事なら すして 誅に 伏せり。 其 つぎ ミ しけん にん じ ゃラの ながし ゆむ ほん ち i ふく ご-ど きんねん ほんぎ やく ミ もがら め ひ 次の 年 建 仁 元年 二月、 城 四 郞長茂 謀反して、 これ も誅に 伏せり。 かくの 如く 近年 反逆の 紫 相 つ V. きて 起る といへ ども、 頼 家 は 蹴 鞭の 戲 にの み ふけりて、 政事 を閒れ ざり ければ、 北條 いさむ きか しか こんねん しゃ ラ. ん t りい へや まひお も い れ, ひ. 0,0 し 時、 しばく これ を諫れ ども 聽れ す。 ゅづ t んぎみ さい の實 朝に 讓り、 逢坂 關を 域と して 坂 東 一 一十 八 箇國を 摘 子 一 幡 君に 譲らる。 時に 一 幡の外 祖比企 能 員、 わが 孫た る 一 幡ゎづ かに 一 一 十八 箇國の 主と なれば、 操 威の 恣 いきさ ほ よりいへ ミき さね ミも ならび ほ、 つ ひ、 フ いちもく ほろぼ をり ぜ, t-- ならざる こと を 憤 り、 頼 家に 說 すぶ めて、 實朝、 丼に 北條の 一 族 を 減さん とす。 折し も, まさこ し. 廣 元が 云く、 昔 鳥 羽の 帝 は 源 仲 宗が妻 を 奪 ひて 宮中に 入れた まへ ぎ をん じょ、 ひご なか ひね おきなが すで そのれ い かゆ もり せん り、 祇阐 女御 これな り、 其 後 仲宗を 隱岐に 流さる。 此 類のう たなり。 か t くら Gi だいじ 厶 鎌 倉 右大臣の 話 つち A かさの. ん しゃ, せいいだ いしゃう 5, ん Ai. " らミ のより ミ. ' ちゃく レ. しゃ, つぐ 人 よりいへ は t ほ-ひで、 丄. 7y の將 軍たり。 頼 家の 母 は 北條時 政の 女 政 子な り。 ' 其 外 は 古老の 家臣と いへ ども、 たやすく 見 ゆ" る 事 を 許され ざり ければ、 彼 四 人の 顧 を 恣. いに いしゃう ぐん ふ けんり やく じゃラ 資朝 公、 建 仁 三年 九月 從 五位 上に 敍し、 征夷 大將 軍に 補ぜ られ、 建曆 三年 二月 正 三 位 建 保 四 年 六月 權中納 言、 同 六 年 十月 內 大臣、 IS 年 十二月 右大臣 左大將 元の 如し。 新勑撰 集覉旅 部に、 題 しらすと あり。 歌の 意 は、 此人問 世界が いつまでも 常に !i らぬ ものに て も あれ かし、 此海 際の 猪 を こぐ! I ぶの 舟の、 綱 をつ けて 手に て 引 ゆく 景色のお もしろ さよ、 私. さ へ あらば いくたび も來て みん とよめ るな り 力 かなし は、 ほめて 感 する 意な り。 すべて あまり 景 のよ き 所 をみ て は、 いくたび も 見た く 思 ふ 故、 わが 命まで が をし く 思 はるよ とい ふやう によみ t んん ふし ふ こ ふう すで まん ふに い そち のお ほミ もの、 Jv. - うた たるが、 一 C 薬 築な どの 古甌 なり。 旣に禹 筵 第三に、 帥 大伴 卿の 歌に、 卷之八 六 五 一 にな 見 お て 免と 百 人 一. 首 J 夕 話 六 五 〇 おん ミし さい より まさ ぶりゃく わ か ふ 5 り、 r- さい ミみ A り。 御 年 三十 歳な りしと ぞ。 頼 政 は 武略の みならす、 和歌 をよ くして 風流の 才に 富た る 身に て. 其 女の 講岐も 歌よ みの 名高く して、 有 家、 雅經、 家隆 などに も ひ? i ていか. 1,,-? -、 ず. T ぶら ふ、 しかれ ども 平家の 勢 を 畏れて、 手 を 出す 者 候 はす、 君に は 法皇 第二の 皇子に てまし けんし もんもん ォ- ん おそ お ほ なん ii い ましながら、 建 春 門院の 讒 によりて、 かくひ そまり まします 事の 恐れ多く さぶ らふに、 何ぞ大 ぎ お ぼ めし ち. - みか Oj お, c いきさ ほり なぐさ す. 'ろ かたぶ へいけ いき ほひ は V. か こ t ろ けつ うやく 御 心 を 傾けた まへ り。 しかれ ども、 とかくに 平家の 勢 を俾 りて、 いまだ 御 心 を 決した ミき せうな ごん これな が あり にん さう み さ だ ミき ひ W さ -7 せラな ごん ま はす。 時に 少納言 惟長と いふ もの 有て、 よく 人相 を 着 定めければ、 時の 人相 少納 言と いへ り。 宮こ i に 於て はじめて 御 心 を けつ た t よろこ S きいへ たかくら のみや りゃうし も;. : みや h- や ラレ つた より! M もら けんし お ほ したが ふか 行 家 束國に 下りて、 宮の 令旨 を傳 へければ、 賴朝 等の 源氏 多く これに 從 はんとす。 此事 深く つ もれ みやこ ふうぶん た ひらの きょ もり vr すな は さんで うの さね ふさ ミう のべん みつまさ つむと いへ ども、 いつしか 洩て 都に 風聞 有ければ、 平淸 盛大に 怒り、 則ち 三條 實房、 頭 辨 光雅 ら き しゃ ラ た くらの A や ミら ,?e ごく うつ るの ミ たラ ちう より 等 をして、 三百 騎に將 として 高 食宫を 柿 へ 奉りて、 遠 國に遷 し、 其 徒 黨を誅 せんとし ける を、 賴 まさ はや し つか ひ たかくら のみや はせ きふ つゆ おいみ や でう いで みゐ でら おち 政 早く これ を 知りて、 使 を 高 倉 宮に馳 て 急を告 奉る。 官兵 i ほ を圍 むに、 信 連防戰 カを盡 し、 人 を 殺す 事 夥し とへ いど も、 多勢に 敵す る 事 能 はすして、 遂に 魔と なりければ、 官 兵た、 r ちに 馳 人て 捜し求め お 之 八 六 四 一 倉 百人一首 一夕話 六 四 二 條院讚 岐の話. 父の 賴政は 三 河 ゆ 頼 綱の 孫、 兵 庫 頭 仲 まさ こ みなも ミ のよりみ つ すゑ きう は みちた つ わか ちゃ ラ こん のゐん にん。 へい 正の 子に して、 源 賴, 光の 裔 なり。 もとより 弓馬の 道に 達して 和歌に 長せ り。 近 衞院の 仁 平 三 んり け て、,' よ -ごミ なき でんじ や、 3 すぎ ねえ しゅじ や,.. ' 年 四月、 禁裏に 怪鳥 ありて、 夜毎に 鳴て 殿上 を 過ければ、 人是を 鶴な りと いへ り。 是ょ ぶ めいた か たかくら のゐん しょう む ほん. 其 故 は、 先に 頼 政 なんい づ のかみ なかつな り や、 つ は かひ な このした なづ はなはだ あい た ひらの むね もり き の 男 伊豆守 仲 綱 良馬 を 飼たり。 その 名 を 木 下と 號 けて、 甚 これ を 愛しけ るに、 平宗盛 これ を 聞 き、 人 をして 是を 所望せ しむ。 仲 綱 深く 惜 みて 是を與 へす。 仲 綱 此事を 聞て 深く 憤り、 遂に 父 頼 政と 共に 謀反せ り。 《ろ そで しほ ひ ミ き め 千載 集戀 二に、 寄, 石戀 といへ る 心 をと あり。 卷之八 六 三 九 la 人 一首 一夕話 六 三 八 いへの しふ ゆつ. の-つじよ in こ たか- こ. 又 能書の 聞え 高く して、 後世に いたりても 後 京極樣 とて 傳 はれり。 御子 三人 あ り、 道家、 敎家、 基 家と 中せ しなり. - の るん よしつ ね てい み 皇、 歌の 事に 於て は 殊に 推 重 じ 給へ り。 b 帝 甚 惜 みかな しませ 給 ひ、 詔 して、 甘;: 盜賊を あまねく 捜し 索め しめた まへ ども、 終に 補へ ん ろん せつ に ほんし さ いち ラ いは よ つた よしつ ねいち?' し A: つく 得すと いへ り。 此事を 論じた る說 あり。 何もの の 仕業と いふ 事 を 知らす。 あ; i はう ちかな がの き よ みやう お、 ソ くわん はくま さも ミ あり して、 以て 先 ig の饕を 報ぜられ しとい へり。 然れ ども 親 長 記に 據 るに、 明應五 年關, m 政 基、 在 かずめ し ぶれいせ そのこ なほつ ね ミも はかり て ころ ょ丄 r ぷ ためなが 数 を 召て 其 無禮を 責め、 其 子尙經 と共に 謀て、 手づ から 是を 殺し 給へ りと あれば、 良經、 爲長 あ ひめ づ けだしよ しつね に はか こ, フ でんせつ ふん うん その せつ 九 の 寧に 相與 から ざろ ベ し。 蓋 良經の 暴に 薨 せられし 事、 傳說紛 転と して 其た しかなる 說を 得す。 あ ひった けんにん しんこ きん ちょくせん. sti つ すが はらの ためなが その じょ よしつ ねこ- ク 又相傳 へて いふ、 建 仁 元年、.. 新 古今 集 勅撰の 節、 菅原爲 長 其 序 を かよる ベ かりし を、 良經公 こ.. お つく - ためなが、? b ひミ ころ 、ゥん ねん れを 押へ て 作らし め 給 は ざり しかば、 爲長 憾みて、 人 をして 是を 殺さし むと いへ りと 云々。 -事 なり。 しかるに 萬 葉の 歌に、 我 こふる 妹に あは さす 玉の うらに 衣 かたしき ひとり かも ねん -ー しものく まった -ぉな けいち う この、 た ひい まんえ ふ ザん く 一 と あり。 下句 全く Eg じ 事な り。 契 沖 は 此歌を 引て、 萬 葉 は ひろき もの なれば、 下句 此全 句なる 一 ぉぱ ぶちく もち - 事を覺 えた ま は ざり ける なるべし といへ り。 眞淵 は、 萬 葉の 句 を 用 ひられし といへ り。 いづれ 一 にしても、 此 歌の 難と すべきに は あらざる なり。 ' ち- ご ほっし や, じかね V- ね は- じゅ み ふぢ はらの 一 後 京 極 殿、 御名 を良經 といへ り。 後鳥羽院の 建 久ニ年 六月、 良經公 左大將 たりし 時、 藤 原 能 保の 女 を 娶り給 ひし 一 みなも ミ のより ミ もっか ひ こんれい か しづか みか みくら ゐ わ- 7 じ ため ひ ゅづ 一 に、 源 賴朝使 を さ. 初 帝、 爲 仁君 を 立て 皇太子と せんと 思し 召け るに、 良經 これ を みて a! は T しん めきの ミき 5 た こ ろ すゑ ふゆ 新 古今 维秋 下に、 ks 首のう たたて まつりし 時、 と あり。 それ を 霜夜の 寒き 事に かけて いへ り。 じょ かん。 ひ し そ ひミ べん とよめ り。 血の 淚の事 はもと 漢土の 故事に て、 周易に も、 注 血 連 如と あり。 一 いん ぶ もん. 0 ん のたい ふ I 殷富 1: 院大輔 の 話 一 しら か はの. ん だい じゅんば 後 白 川 院の皇 殷富 門院 は、 御名 を亮 子と 巾 奉 れり。 御 母は從 三位 成 子と 巾して、 大納言 季成 卿の 女な り。 ん はん ぐ わん きのり た ふぢこう のち も S じゅ のぶな り ; れる 官女に て、 祖父 は 後 白 川院の 判官 代行 憲と いひて、 高 藤 1 ろむ ャぷゅ ゑ 千載 築ぎ 三に、 攝攻" 5? 大臣の 時、 家の 歌合に、 旅 宿逢戀 といへ る 意 をよ める と あり。 此 攝. 7 た こ-ろ つのく じ なに は あ ひそ かの なに は 九 歌合 せられし 時の 歌な り。 歌の 意 は、 津國の 浪華 あたりに て、 ふと 或 人に 逢初め て、 彼 浪華 江 はん あし やり ね ひ S ふし のこ か. 9 ね. ひ! i よ いひ に 生て ある 芦の 刈た る 根に、 一 つ 節の 殘 りて あると いふ 事 を、 假に寐 たる 一 夜と 言 かけて、 わ ひミょ ちぎ わがみ つく しゃ 5 あ ひだ その こ ろ こ ひ ミ しっき わた づか 一 夜の 契り 故に、 我 身を盡 すまで、 一 生の 問 其 人 を 心に わすれす、 戀 こがれて 年月 を 渡る おも かの ある ベく 思 はるよ とい ふ 心なり。 とい ふ 所 あり、 寢 殿の 西の 角の 閒 なり。 ; ひ お ミラ ミ じゃく れん. 悛成鯽 の 弟 なり。 寂 蓮 俗の 時は定 長と いへ さちう べん. な かっか させ-' じゅ けんにん そつ り。 左 中辨、 中務 少輔從 五位 下な リ。 建 仁 二 年 七月 廿: H 卒す。 夕暮 のけし きの あはれ さよと、 いふ 意 をい ひのこし たるな り。 むらさめ は、 ひとしきり づ つむ あめ ち むらと ふる 雨 をい ふなり。 登 蓮 法師に 逢たり。 先勑 撰の 事 を 尋ねられければ、 早世 間に 披露 ありて、 御 歌 も數多 そのし ふ しぎ たっさ は ゆ ふぐれ - 入りて 侍りと いふ。 さも 楼に おほえて、 見過しが たかりければ、 此 庵に 一 夜と まりて 連歌な どして、 曉 がた に、 つれたる 佾の くちす さみけ る は、 こよろ すまれぬ 柴 のい ほかな 又 あるじの 尼• 都の みおも ふ 方と はいそ がれて とつけ たり。 之 六 一 三 I I la 人 j 首 一夕話 I. I I 六 一二 れ を拜受 せられけ るが、 ゎづ かに 門外に 出て、 そこに 遊び ゐ たる 小 兒に、 彼 1 を與 へて 船」 られ. に ベら ミほ ,. しゅんじよ、 7 ほうちよ.. 其 後嘉顏 年中、 北條泰 時、 海 野 幸 氏が 射禮に 精き を以 て、 時 頼に 傳 へしむ るに、 西 行の 告られ たる 射法 を舉 て、 射 家の 法則と せし とぞ。 けにん た ねんし ゆぎ や 5 のち -. -, あや おも ひミ たづ ミび a に繩を 張られたり。 怪しく 思 ひて、 人に 尋ねられければ、 あれ は鴛を 居させ じと て、 はられた る. ' かま くら さほ• 、一 A より ミ もき や 5 つもが を ご さんけ-い ら. 3 そう にん ミ, リ. 西 行 承 りぬ るよ し 巾して、 宮寺 を拜み 廻りて、 法 施な どせられ けり。 賴朝卿 は 早く 歸 館した まひて、 西 行 を 招きた. たづ あり f ゆ こミ ざいぞく むかし でんらい さ ぶら も、 條々 御 尋ね 有ければ、 西 行. : ベ 5仁 えい くわ つ たい かん. 《 -ん はんべ これ かれ おぐ はんべ 侍る のみに て、 全く 奥旨 は 存じ 侍らす、 しかれば 此も彼 も. 上べき ところ 侍らす、 しかしな が. かくて 明る 十六 日の 午の 刻、 西 行 營中を 退出 せらる f か; i じ より ミも しろ かね ねこ たま さ、.. ぎ やう るに、 しひて 留めさせ たまへ ども、 固く 辭 せられければ、 賴朝卿 白銀の 猫 を 賜 はれり。 - のた まひし に、 殊に 心 しづかに 御物が たり 候 ひつる こミ ひ ; M ろ お ほせ まふし さ, f ラ こ 3 もん ノく 事、 日 比の 仰に はたが ひて 候と 申ければ、 あらい ひが ひなの 法師 ども や、 あの 西 行 は、 此文覺 に 打 れんす る頗 つき か、 文覺を こそ 打てん する もの なれと、 巾 されけ ると ぞ。 又 文治 二 年 八月 - しゅっけ は、 f えん ざいみ く ミき いへ ミふ きな ちょうぐ, rs れ たり。 出家の 時 は 保 延六ハ 牛 十月 十五 日な りし。 西 行 在俗の 時 は、 家 富た る 上に、 君の 寵遇も よの つお みおう り すて. 《ろ ひミ. W fbl いへ なりて、 高 野の 天 野と いふ 所に 住て、 練 行して 一 生 を 送られたり。 II たん. , じん 6 ん いっしゃ- 7 ほ. お クー あやし かぎ よしきよ そのよ さいし く かへ り 見 もせで、. 家 を 出られければ、 家の人々 驚ろ き 怪む事 限りなし。 此時廿 三 歳な り。 执 法名 を圓 位と 號し、 後に 西 行と 改めら i さいぎ やう ほふし• ものが 西 行 法師の 話 さ ミラよ しきょ ふぢ はらの ひで さ-. 後鳥羽院に 仕へ 奉 りて、 北面の し じゅ じょ さ ひや-. 'ゑの じょ ラ にん しゃ 5 ビく わか たし そのめ ラ いた - 士 となり、 從五 位下に 敍し、 左兵衞 尉に 任ぜら る。 生得 和歌 を嗜 みて、 其 妙に 到りければ、 後 ミ はの じ や. くわう その さい あい こ W ちょ 5 しゃ ,3 もミ 九い り よろこ つ 鳥 羽 上 皇 其才を 愛した まひて、 殊 なる 寵 赏 あり。 しかれ ども 素より 榮利を 喜ばす して、 常 よ のが こ-,' ろ 13 し けび ゐし ほ お ぼ よしきよ に 世な 遁る i 志 ありき。 り も 亦 恩賜 ありければ、 親族 こぞり て 義淸の 譽を賀 しけれ ど、 其 身 は 是を樂 ます。 又鍾 愛の む すめ ありて、 みつよつ ばかりな るに、 重く 烦 ひて 限な りけ る 比、 北院の 北面の 者 ども 弓 射て 遊 , さそ らう ぞ、. 5- ミこ ゆん じひ ゃラ 物 を さ.. やきければ、 心しらぬ 人々 は 何とも 想 はれす、 西 住 法師、 其 程 はま だ 男に て、 源 次 兵 - 之 -. に 決する 由、 日本史に 記させ 給 ヘリ。 父 は 左 淸門尉 康淸、 母 は 監物源 淸經の 女な リ。 ろ つき いき 千載 集戀 五に、 月前戀 といへ る こと をよ める、 と あり。 風のお とに 秋の よ 深く ねざめして 見 はてぬ 夢の 名 殘をぞ 思 ふ 一に は 古歌の 詞の わりな きをと りて、 を かしく いひなら せる、 又 を かし。 秀句と は詞 をい ひかくる なり。 空 頭のう たに、 ;,: うづら 鳴 ま. のの 入江の はま 風に をぱ ななみ. よる 秋の ゆ ふぐれ.. J れも たが はぬ 浮紋の 歌なる ベ し。 1 言 信 卿の 孫 にして、 後 頼 朝臣の 子な リ。 t も は 5. 歌の 意 は、 夜 ど ほしに もの をお も ふ此頃 は、 夜が 明たら ば ものに まぎれて、 うさ を も わすれん と 思へば、 はやう 夜な りと も 明よ かしと 忍 ふに、 まだ 明 やらす して、 すこしもし らまぬ 関の すき 問まで が、 彼 人の 心の やうに 氣づ よく つれな き やうに 思 ふとい ふ 事な り。 講師 石 見 介 成 仲 宿禰、 讀師 右京 權大夫 頼 政 朝臣。 このほか A. ,' しうち、 r- せ、 フ あら は そのな ヒか こ、 フせ 心 をよ せし 人 は、 此顯昭 一人な りし。 古今 集の 註、 袖中抄 など を 著された るに て 其 名高く、 後世. あ ふ 藤。 今 V 秋き の 氷 れ は み た の は 曰 ひ の し のり る れ づ 藤 は はれ ,リ だ おも し 出して 問 ふに、 いづれ も 皆 研き 究めて ありた るよ し。 つねに 晴の歌 をよ まんと 思 はるよ 時 は、 にい じ f しふ まんえ. i とかく 大事 は 古き 築 を 見るべき 事な りと て、 萬 葉 集 を かへ すぐ 見られし よしなり。 承 安二 年 ミレー-一ろ の も ちャ じゅ ひミ t じ しん そのな か くよ しゃ ラ しく XI、 の 三月、 淸輔 年來の 望みに よりて、 長壽の 人々 を あつめ、 自身 も 其 中に 加 はりて、 尙齒き とい ミころ しら か は はう しやう ごん ゐん おこな しゃ ラし ふ 事 をせられ たり。 その 所 は 白 川の 寶莊 嚴院 にて 行な はれし。 尙齒と は、 よは ひ を たっとぶ と こミ はく. それ を舉 びて せられた るな り。 其 會に預 る 人々 は、 散 ふ ふ-ち はらの あつよ. 9 十四 じんぎ はくあ、" リろ 七十 ひ よしのね ぎ なり t- か 七十 a し, ぶの たいふ ながの り 七 41 1 、7 ,や ラっ 一ん のたい ふ 位藤 原敦賴 歲、 神 紙 伯顯廣 S 「ノ 日 吉獮宜 成 仲 S 、ナ 式部 大輔藤 原永範 射さ 右 tM 權 大夫 六十 九 t よは はそん 六十 九 5、- の. ゾぉマ でれ みつ 六十 ョ つ 5" ふ その じょぶん 源 頼 政 淸輔 朝臣 袋、 前 式部 少輒大 江 維 光 歲、 都合 七 人な りき。 其 序文 は 淸輔か 卷之 七 五八 五 百人一首 一 夕纤 i 五八 四 藤 原淸輔 朝臣 さ ,や.. 'のたい". 3 すけ こ じ や,, ' たいく, C. -,' だい こ 54,-. 正 四 位下 大皇 太后 宫大進 兼 長 門 守た リ。 承 元年 中 そつ に 卒す。 な 5 クる j? , ない だ いじん い k 新 古 兮集雜 下に、 題 しらすと あり。 家 築に は、 いにしへ 思 ひ 出られけ るに、 三條 内. 'I また つ-ろ れ たるな り。 歌の こよろ は、 此 まよに 生ながら へて 年月 を 過すなら. は、 其 時には 又今此 比の 事 を戀 しのぶ やうに やならん、 その 證櫞に は、 うき 事ぞと 見たり しむ かしの 世が、 今にて は戀し きに よりて とい ふ 事な り。 ゥ て 此卿を 五條の 三位と いふ 事 は、 五條 室町に 住れ し 故な り。 家 築 を 長 秋 詠 藻と いふ。 此長 秋と いふ 事 は、 皇大 后宮の 御殿 を もろこし にて 長秋宮 とい ふに よりて なり。 著述の 齊は、 古 來風體 抄 なり。 一 ゆにと 覺 えて、 を かしく も 間 ゆるす. U り。 故にす-ぐれ ヒる歌 一 おしと いへ り。 ; 此事を 歎きて よまれた る 歌、 j めし くも. V ーレ 、二. 声 たづの 雲居に まよ ふ 年 くれて かすみ を さ へ や 隔て はつべき 一 牝歌を 主上 叙覽 ありて、 いたく 感心した まひ、 此 卿の 甥の 定長朝 ほに 仰せて、 御 1 の 御 かへ し を 下されけ り。 又此 卿、 ? お. 又 俊 成 卿 常 、"'た ふる き りび け に馱 をよ まるよ 時 は、 古き!: 衣 を 著て た r しく 坐し、 桐 火桶 をいだ きながら 心 を こらして よま るよ 事に て、 聊 も くつろぎ たる 姿 をせられ ざり しが、 歌の i3 來 たる さま 何となく 心た, i しく して、 其 ことば や はら かに 調 ひければ、 世の 人、 桐 火桶の 體 といへ り。 此卿 老後に 至りても、 め す こや きんり ごく わい ま ゐ ご ミ ほの ゐ、 y し はん 耳目と もに おとろ へす 健な りければ、 禁裏の 御會 にも 度々 參 られ、 御 鳥 羽 院の御 師範たり けれ 一-一 ちょ ラ けんにん き やう さい くわ, T' かラ て. み 八 母 は 伊豫 守教 家の 女、 叉ー說 1: 顯隆の 女と い ヘリ。 仁 安二 年 正月 正三位、 承 安二 年 くわ. --ii いこぐ. 世ろ 道 チぃぞ おもむ. 述 懷 と は、 E. 此歌 のこ i ろ は、. それ をい かにと いふに、 心に 深く 思 ひ 入て は をのが "卷. 又 ふぢ はらの た ざね こ、 r- か r みのし ゆく い、 r ぢょ ,ひた ミ しより 藤 原忠實 公、 鏡 宿の 遊女 をめ され 、歌もう たはし めた まふ 事 ありけ るに、 俊賴 のよ まれた る、 世の中 はう き 身に そ へ るかけ なれ や、 とい ふうた を 歌 ひたる. H をき よて、 永 緣憎正 は、 いつも は び は ほふし もの つねの こよち こそ すれと いふうた を、 琵琶 法師に かたら ひ 物 を あたへ て、 こ i かしこに てう 一き おも ひミ か. しかるに 敦賴 馬の 助と して 彼 装束 をと り收 めて、 馬 飼 どもに あたへ す、 これ は假 借す るな り、 他日 其 憤 をむ く ゆべ しとて、 その まよに 打 過ら れ ければ、 馬 、 度々 これ を 請へ ども 與 へられ ざり しかば、 馬 飼 ども 大 にこれ を 恨めり。 明年 敦頼、 齋 うれつ. - お ほみ ャ すぎ ミき の いでき 仁 列の 事 を 司 どる 役に て、 一條 大宫を 過ら る 時、 彼 馬 飼 ども、 思 ひがけす 出來 り、 口々 し はて あつより いくわん した、 7 づ おび り、 には敦 頼の 衣冠より 襪 帶ま でも はぎとりければ、 敦頼 はせん かたなく、 あか は JL- け かへ う の すけ のち ,ひ 象 すけ いみ ゃラ て 逃 歸られ けり。 敦頼 もとより 馬 助な りければ、 是 より 後 は、 はだし 馬の 助と 人々 異名• T- ての ち ていはつ rj--. - いん あらた 、-. -た こ-ろざし ふか しけりと ぞ。 执 後に 剃髪して 道 因と 名 を 改められたり。 道 因 歌の 事に 士心 深 かりし 事 は、 七 八 しラか いの ため すみよし つき ま5 で 、つた あはせ きょ 十になる 迄、 秀歌よ ませた まへ と 祈らん 爲に、 かちに て住吉 へ月詣 せられたり。 -ら きょす け なに か; i 泣 恨まれければ、 淸輔、 何ともい はん 方な し、 歌の 事に つきて、 未だ かほ どの 大事に は あは ざり ひミ. - 他事な く閱れ ける けしきな ど、 等閑の 事と は 見え ざり き。 俊 成 卿 勅 を 奉じて、 千載 しふ 九ら かの のち 、つた こ t ろ 13 繁. 撰ばれし 事 は、 彼 法師う せて 後の 事な り。 され どなき あとに も、 さして 歌の道に 志 しふ か I Ja 人 一首 一夕 五 七 二 道 因 法師 ぢぃ つし の. ; V みめつ すけ ち. 》 ! ぶの じょうき よたか だう いん もく みやう めつ より じゅ ラ まの すけ 狐 父 は iJ 馬 守 教輔、 父 は 治 部 丞 淸孝。 歌の 意 は、 年月に 其 人の 事 を 思 ひくして、 今 は 思 ひうん じたる. こ ひじに いのち こ W が, さやう にあ りても 戀死 もせす、 命 は ある ものなる に、 うき 事に えこた へ. ん つか じゅ. 內 大臣 高 藤 公の 裔 にて、 崇德院 に 仕へ 奉り、 從 位 上 左 馬 す, け , はう 九ん れ. r- おん. i 大寺 左大臣 實定稱 の 家に て、 元三の 俄 式 をと り 行 はせ たま ひし 事 見えたり。 かの 物語 を琵 琶に 合せて かたると き は、 實定卿 を、 しってい のき やうと すみて かたる ことなり。 卷之七 五 七 一 百 人 一, 首 一夕話. 五 七。 おこな ちゃうめ い むみ やうせ う この さね さ:;. i のき ゃラ た 事な ど內々 にて とり 行 ひ 給へ りしと ぞ。 -長 明か 無名 抄に いはく、 此實定 卿 はいみ じき 歌よ み むみ やう さけ むみ や みやこ れいぶ つれい しゃ ぶり じん 大將は 家の 前途な り、 歎 かる- - もこと わりな り、 それに 都のう ちに 靈佛靈 社お ほきに、 此佛神 さいかい こぎく だ この じ や、. ' かい ふか あが いっくし. j はん おも ひ r そのこ ミ りし。 执も 右子 は、 德大寺 殿の n: となき 言の葉 を 得て、 思 ひ 日々 に まさりけ るが、 とても 其; 卷 七 せ 六 七. け に た で い 一 給 0 の, ぶ 紙 力ぶ 力、 に ! る 入 は 送 つ 夜 ひ 上 に し 侍ミ 1 鄉をも わすれぬ べしと E 心 はる i ほどな り。 ある 時、 かの 冇子 とく まゐ りて、 た r 一人 御前 ら ひける を、 汝は 此國の もの かと 尋ね 給 ふに、 貌 うちあ かめて、 御 こたへ も. さす、 はづ ゆなる ありさまの、 いとよし おて 御覽 じければ、 實定 し 召 人た る 御け しきに て、 た-、 つ 歌 を かきて、 有 子が まへ にな ゆ させた まひけ る、 やまのはに 契りて いでんよ はの 月 めぐりあ ふべき 折 を しらね ど 有子此 御うた をた ま はりて、 堪す思 ひしめ たるけ しきに て 御前 をた ちぬ。 實定 はた rtsHS に 思し 召け る を、 内侍 はしの びが たく ぞ おも ひ しづみ ける。 さて 七日 過 ぬれば、 都へ かへ りた まふに、 內待 ども も 御 送りに ぞ參 りけ る。 , ;?: 4.. はさらぬ だに かなしきに、 都への はわ なん 後 は、 よそ にても いかで か見舉 らんと て、 きぬ 引か づきて ふしに けり。 外の 內侍 ども、 の 冶まで 御供 巾して、 明 ぬればい とま. 覺 えて、 あかぬ 思 ひの する を、 都まで 送りつ け 給へ かしと 仰せければ、 やがて 都. 鳥 羽の 猪に 舟 をつ け、 これより 人々 上りて 德大 寺の 館へ 相 具した まひ、 兩 三日い りて、 さまぐ の 引出物 を 賜 はれり。 S 卷之, 七 五六 五 s 入 一首 一夕話 I 五六 四 きみ だい (》 すで だいじん だいしゃう へ い むね もり こえ よ のかた 君に つかへ 奉りて、 代々 旣に. K 臣の大 將を歴 たり。 朝家 を うらみ 奉るべき にも あらす、 ひとへ に 太 政 入道の 我意の 所行な り、 か- A ると き 世に 生れ 一 あはせ たまへ る 御寧、 口惜し けれども、 賢 は 愚に かへ ると. zl た り 武 帝の 後胤と は 名のれ ども、 無下に ふるま ひ 下して、 ゎづ かに 下國の 受領 を拜 任せし に、 中 5 盛 いへ おこ しょ ラ でん し そん いへ かん, n ん し そ じ V ぎ こ. T はじめて 家 を 興して、 2S を 許されし 子孫な り、 わが 家. は 閑院の 始龃、 太 政 大臣 仁義 公より こ 卷 之 七 五六 三 i 夕! IS 五六 二 おも お-、 rt かた さいぎ や f ほふし つね しんでん くも、 かしこくも 思 はれし とぞ。 又此 大臣の 御 方へ、. -ろ やの のち. 又 しんでん すみ ま うた はんうた あはせ か じん 此德大 寺 殿の 寢 殿の 西の 角の 間 を 歌の 間と いひて、 六百番 歌合の 時. ども を 論ぜし 所なる よしいへ り。 扨嘉應 三年 四月に 改元 ありて、 承 あん き よもり にふだ ラ だいに むすめ じゅだい ちラ ぐう ミ くし 安元 年と いふ。 此年 三月に、 淸盛 入道の 第二の 御 女、 十五 歲 にて 入內 あり、 中宮 德 子と 申け り。 ,' おん. んに ふだ 5 もろな が こ ないだいじん のさ だいしゃ 5 だ じ? いじん の. 今度 は 後德大 寺實定 卿、 御理 運の 大將 たる, べきに、 おも ひも よらす へいけ ちゃくし こ まつの だいな - ごんし: b もり うだいし や、 7 お• tvti むね もりち, 7 な 一 ごん 平家の 嫡子 小 松 大納言 重 盛、. K 寺實定 は、 一 の 大納言に て、 才 後 德大寺 左大臣の 話 さね さ だこう わ か かんの、 r- たかくら の るん か f ころ だう いん! X. - しりた る 事な り そのころ くだい じ け ちぎ やうし よ つくし せた のし や、 r- C まい みやこ ふね つ くこ 、- しに、 頃 德大寺 家の 知行 所、 筑 紫の 瀨高庄 より 貢 米 を 都に つみの ほれ. る 舟、 津の國 に 入らん としけ るに、 俄に 難 風 吹 出て 巳に、 其 舟く つがへ らんと する に、 舟人 どもと かく ふせぎ けれど も、 今 はかうよ と えたる 時、 いづく よりと も 知らす、 一人の 老翁 出來 て、 彼 舟 を かひぐ し こぎな ほ お ほか ぞ; i かなみ ふなび ミ く 漕 直せし かば、 大風 高 彼 もさ はらす して、 つ i がな くう かびければ、. 後に 思へ ば、 住. 大炊 御門 右大臣 公 能 公の 子な リ。 母に 中納賈 信忠 卿の 女 なリ。 臘 い ミ くだい じの. g おろ 〔条 うろ チぃ. S せんざいし ふなつ のぶ あかつきに ほ St V- す を く はんべ こ. : ふ リ Iff J ; a — を い との 人 く 君! : の く き 妹! つ 寸: せ ふ ま る 御ミ を 子 こ び ら 歎 また が と い な — 百人一首 一 夕 m 五 五 i た きんん ふ これ を 表 歌と し、 又 金 葉 集に は、 待し よの ふけし を 何に なけき けん 思ひ絕 えても あられけ る 身 を これ を すぐれたる 歌と せり。 又み づ から 撰ばれた る詞花 集に は、 忘らる よ 人目ば かり をな ゆきに て戀 しき ことのな からまし かば 此 うた を 彼た ぐ ひに せんと 思 ふとい はれたり。 六條 家と いふ 事 は、 父の 顯 す んんぃ はじ "ミ しょり まね かの て 其贊を 作らせ、 源顯仲 をして かの 贊を か. しか ご もつ ざう ほんし せ、? しつ いま あきす さ 5 f. 7 るに 其 後、 白 川院の 御物たり し 人 麿の 像の 本紙 燒失 しければ、 今は顯 季の寫 された る 像ば かり ちょ、 r- はラ みづ からち か わが こ わかよ く もの になり ける 故、 顯季 いよく これ を重寶 として、 自 誓 ひて、 我 子と いへ ども 和歌 を 善せ ざる 者 に は、 是を傳 ふべ からすと 思 はれたり。 しかるに 末子 顯輔 特に 歌 をよ くよ まれた る 故、 彼 像 を S づ あきすけ ほ れ し くわし ふ ちょく より せん しゅんせいき a- ラ 讓られ たり。 此顯輔 は 和歌に 譽 ありければ、 詞花集 を も 勅に 依て 撰せられ たり。 , 顯輔保 じゅ さ 延ー 1 一年 從 三位、 年 左 京大 夫、 久 安四 年 正三位、 久壽ニ 年 五月 出家 せらる。 秋る さ ふ あ む,? 雲ろ あえ ま t で もぞ.. 歌の 意 は、 秋風が 吹 来れば、 たな くも いで つき びきた る 雪が その 風に ふかれて、 きれぐ になる、 その あ ひだより、 きらくと もれ 出た る 月 の 影の あざやか さよ、 とい ふ 意な り。 之 七. 五 五 :1 一 百人一首 一夕話 五 五 二 源 兼 昌の話 かね ま3 ほり か はの. 、 堀川 院 次郞百 首の よみ 人の 巾に 見えた る 人に て、 其 行 狀 つまびら かなら す。 此ぁ はぢ しま かよ ふちどりのと いふ 歌 を 本 歌に して、 定家 卿の よまれた る 歌 あれば、 早く 世に え し. 《 くごし ふゐ たび ぶ さ だいへ たる 歌に て ありけ るなる べし。 親王 六 代の 孫な リし。 歌の 意 は、 こよ ひ此 すまの 浦に 膨寐を - ゐ ノ, , ラら ちはぢ し かよ く ち さり なく こ ゑ め して 居れ は、 此浦 にさし むかひて ある 淡路島より、 通 ひて 來る 千鳥の 鳴聲 に、 ふと 目が さめて もの し このす ま せき もの いくよ この. , C ねんぶんく わ す ミ くるん くわい せいき 靈を 祭らし めた まひ、 粟田の 宮と號 した まへ り。 今年 文化 十 年、 崇德院 六 百 五十 冏の聖 忌に. ;丄 なほ i-i りゃラ たて i つ けんり T h しら か はの みかさ ちょく かす りと 中ければ、 猶 も御靈 をな だめ 奉 ら れんと て、 元曆 元年 正. 月、 後 白 川 帝 の 勅に よりて、 春 が t. 御廟の 御正 體には 御 か み このみ か r み さき へ. もつ ひや ラ ゑの つぼね たづね かく 鏡 を 用 ひらる。 ' い このたび はこ f たてまつ 大鏡 にて、 もとより 金 鋼に て 賢 菩薩の 像 を 纏つ けたるな り。 それ を此度 箱に 納め 奉られぬ。 兼 友 告文 を 祝し 卒 りて、 前庭に て 是を燒 こ のりな が こ はろ なが もつ べつた、 7 こ さいぎ や-. ' ほふし こ. けい 九ん. さて 故敎長 卿の 子 i? 又此 御廟の 束の 方に、 故 宇治 左大 HH 頼 長 公の 席 を のち けんき ラ ちょく まいねん ちょくし i ぶ も たてさせ たまへ り。 ともの さびし かりけ れば、 よしや 君む かしの 玉の 床 とても か i らん 後 は 何に か はせん か にち ミラり ラ た む かラ - どき や、 フ ねんぶつ しゃう りゃうけ っぢ ャラゎ 5 じ や. - 一 ベラ ま つ あり けづ ミき 囘 向し 奉りて 立け るが、 御廟の かたはらに 松の 有け る もと を 削りて、 - なからん 時の かたみに も とて、 一 首の 歌をぞ 書つ けけ る。 -ミ ほり さん おな とぞ. かやう に御靈 をな-ぐ さめ 奉られ けれど、 猶御 愤. の散ぜ ざり ける にや、 同じき きょ もりて、. ' か 5 ら だ じ や-. ' て 八 わ. 5 ミ ほ り f おしこ ;: じ や,, 'だいじ, C い 三年 十 1 月 十四日に、 淸盛 朝家 を 恨み 奉り、 太 上 天皇 を 鳥 羽の 離宮に 押込め 奉り、 太政大 HH 以 ゆ くわ,.. ん しんぜい めし お ほせ あは 中 j 通公乂 上へ. 上られければ、 主上 少納言 入道 信 西 を 召て 仰 合さる よに、 信 西 さる 事い かで. 、 今生の 怨 のみに あら 百 人 一せ 一 夕 話 五 四 〇 11 す。 院も 都. ば、 御 心 ほそくお ほしめ さる に、 新院の 1 の. 偕 正し. じ , ちょく ぢゃ うそ:: -r- け り h しゅっけ よく りに 辭し 巾され: J:- れ ども、 勑. 詖 背きが おくて 請诹 IP り、.. 1: 出家な させ 奉れり。 翌廿 三日、 未 だ 夜 あけざる ほどに、 仁 和 4! 寸を 出させた まふ。. 美 濃 前 司 保 成 潮 e の ホ をめ さる。 佐 渡 式部. まことに 日 比の 御幸に は、 庇の ポを 廳官 などに よせし か くぎ や- フ てんじゃ うび ミ ていじ やう み V ゐ じん さ ぃラ つらな くわん じん ほんち や 5 ぜん n したが ば、 公卿、 殿上 人、 庭 上に おりたち、 御隨身 左お に述 り、 宫 人、 潘-: 前後に 從 ひしに、 こ あや. 夜 も ほの よもり い び ぶし めい ち、 7 よし ちょくち や、 つお も よ L ミも いま ちから ふだ おさの t 淸盛 以下の 武士に 命じて 誅 せらるべき. Q、 勃 重 かりし かば、 義朝今 は 力なく、 淚を 押へ て, か また. 9 ん ゆん ご•. 5- せば、 さらば にぢん はから 5 ち い ためよし か まだ かいしゃく くびじっけん のち よし ミも 汝 計 へと て、 なくく C へ 入られけ り。 かくて 爲 義は縑 田次郞 介錯して、 首 實檢の 後、 義朝 に 賜 はりければ、 圓覺 寺に 納め 墓 をた て、 卒都婆な どい となみて 孝養 を、 ぞいた されけ る。 今度の 恩給に 申替 ると も、 み すつ ちょくめい じつ ふに モ ひ わが 身を捨 ると も、 いかで かこれ をす く は ざらん、 勅命に したが ふといへ ども、 實は義 に 背け 9 ゑ ぶ ?? f ォ. S るこく. ため す は、. ' の はんぐ わんす ゑ ;さ ね つ V は さておな じく ば、 狼藉 もや あると て、 申の 刻に、 宇治橋の 守護の 爲に、 周 防 判官 季實を さし 遣 さる。 去ぬ る久 安の 比、 左大 ほに なり 給 ひしが、 今 又もと にかへ りた まへ り。 扨 子の刻ば かりに 及て、 不次の 勸賞. 行 はれ、 安 きのかみ はり まの. み しもつ けの かふよ し も さ t ご A: のかみ このく わ、 せん 藝守淸 盛. を循磨 守に 任じ、 下野 守 奢 潮 を 左馬權 頭に. なされけ. るに、 義朝. 背き 兄 を 捨て、 一身 御 方に 參 りて 合 戰を致 じ よ ミ もが-. こ は A ベ これち よくめい おも そむ ち 》- ゆ ふ ひ はな す 事、 自餘の 摩 に 越え 侍り、 是勑 命の 重きに よりて 背きが たき 父に 向 ひて、 弓 を 引き 矢 を 放 ,ノ. ぎ わす くんめい し; i が. ニ た す 4, , おんしゃ 5 な 八 つ、 全く 希代の 珍事に. 侍り、 然れ ども 身 不義な 忘れ、 君命に 隨ふ. H は、 他に 勝る よ. 恩賞 何ぞ. かくて 家弘 は、 これより 御 暇 巾して、 北が の 方へ し ャ 5 じ や S きみ ひ か、, さづ しゅつ ナ か r- ち まかりけ る 道に て、 修 IP 者に 行 逢し かば 是を かたら ひ、 戒を 授かりて、 出家の 形に ぞ なりけ る。 らん こく かっせん はじ. そ もく 此 度の 亂は、 七月 十 一, 日 寅の刻に 合戰 始まり、. ども は 皆 いづち へ も 落 行べ し、 まろ はい かに も かな はねば、 先 こ. - にて 休むべし、 もし 兵 ども 追來 らば、 手 を あはせ 降 を a, こてな りと も、 命ば かり はたす かりなん と 仰せられ けれど、 判官 を始 として、 おのく 命 を 君に 棒 ゆぬ る 上 は、• 家弘、 光弘 ぱ かり 殘り留 りて、 谷の 方へ 引お く 、 ご しゅっけ お ほ ろし まゐら せて、 御上に 柴打 かけ 奉り、 日の 暮 るよ をぞ 侍に ける。 新院御 出家 ありた きょし 仰 さん. ? -. さる にても いか r し 奉らん とて、 玄顯得 業と いふ 憎の 輿に かきの せて、, 十四日に 奈 良へ 入れ 申し けれども、 我 坊は寺 中に て 人目 もつ - "ましとて、 近き あたりの 小 家に 休め 奉りけ る つ ひ その ひ ft こく よ はんにゃの さんまい ,sf3 が、 終に 其 日の 午の 刻ば かりに、 事 きれさせた まひければ、 其 夜 般若 野の 五 三昧に 納め 奉る。 3 ねに ふだ、? どの 藏人大 夫 經憲、 最期. 忠實 入道 殿 は 御手 を 顔に 押 あてよ、 御淚 せき あへ たま はぬ を、 あは しん tO ん ためよし いへ ひろ みつひろ むしゃ さ ころ ォゑ よしら 見 奉る も 哀れな り。 御供の 人々、 御手 を 引き、 御 腰 を 押 奉り けれども、 慣せ給 はぬ 御 ありき なれば、 御 足より 血な がれて、 あゆみ わ づらひ 給 ひて、 絕入 せた まひけ り。 人々 なみ 居て 守り 奉りけ るに、 早 御 目 くれけ るに や。 人 や あると めされければ、 皆聲々 に名乘 ける に、 水 や あると 召れ ければ、 我 も われ もと 求 むれ どもな かりけ り。 然るに、 法師の 水瓶 を 持て 南の 方へ 通る を、 家弘こ ひう けて まゐら せけ り。 是に すこし 御: b しきな ほりて 見えさせた まへば、 おの 官軍 さだめて 追 '""き 廉れ 'み き,' 卷之七 五三 三 しだい やめ のん さ み t ! 2 ほ れ ども 叶 はす、 次第によ わりた まふ さまな り。 矢 目 を 見れば、 喉の 下より 左の 耳の 上へ ぞ 通り ける。 さかさまに 矢の 立ちた る こそ ふしぎ なれ、 神 矢なる かとい ふ もの も 有りけ り。 かくて 血 しろめ を かりぎね あけ のさら に 止まら ざり ければ、 白 靑の狩 衣 も、 排に そまる ばかりな り。 んぢ ゃラ. ん ち t の 禪定院 にお はします 父忠實 公に、 此 よし 申させければ、 すな はちむ かへ 参らせた く はお ほし めされ けれども、 あまりなる 御 心う さ にゃあり けん、 氏の 長者た る ほどの 者の、 兵仗の 前に か かる 事 や は ある、 さやう の 不運の 者に 對 面せん 事よ しなし、 音に もき かす、 目に も 見 ざらん 方 おは はて なみだ S しな. 俊成歸 りまゐ りて 此 よし. 0 ん ぐんめ あた さ くわん ぐん かつ のり ば、 院軍目 を 開く 事 能 はすして、 度 をう しな ふに いたる。 官軍 は 勝に 乘て ときをつ くり、 をめ きけ せめう ち るん ぐん つ ひ はし ゑ もんの たいふい へ ひろ そのこ ち、 フぐラ のじち や、 r- みつひろ き 叫びて 攻擊 ければ、 院軍 大に漠 えてく づれ 走る。 9 しら か は. さき おちゆき 藏人大 夫經憲 も馳來 りて、 抱きつき けれども かひな し。 あ ふ、. P はたち てきいつ はり が 5 せい よし 曰く、 爲朝 いまだ 廿歳 にもたら ざるに、 敵 て强 勢なる 由 をい ひふら せるな らんと て、 縑田. - はなはだ、,;• 、 下知して いはく、 爲朝は 若 かりし 時より 鎭 西に ありて、 船 軍に 卿たり といへ ども、 未た 騎馬の た. - か:,. く は き tt ぃ 戰 ふに ぞ、 官軍し ばく 利 を 失 ひける。 此時義 朝 軍の 危 きを 見て、 風上より 火 を 放ちて、 戰 の 百人一首 一夕話 五 ニニ ため ミも けいりゃく よし ミも: J- た つ こ す よらで、 T しかば、 爲 朝の 計 はむな しくな りたり。 るに 義 朝方に 又此 よしを 傳 へきよ て、 抓 奏して いは しん るん. -; A かた A や、. ' にち なん ミ か せい• -か こんや 曰く、 新 院の御 方に は、 明日 南都の 加勢 を 待て 來り戰 はんとした まふよ しに さ ふらへば、 今 真 わが ぐんぴ ゃラ あん みャ かこ その ふ い 、つち しょうり 九 ひつ ぢャ、 フ し、 ひぎ し" 我 軍兵 ども 院の 宮を圍 みて、 其 不意 を 討 候 は、 r、 勝利 を 得ん 事 必定に 候と て、 衆議 これ を然り いな• i いづ ミころ まづ ひ 奉 れり。 0 ん ら. 7 じ 3 ふ そのよ す はい くわん さづ いは 戦士の、 も をと らんが 爲に、 に はかに 爲朝を 以て 院の 郞從に 補し、 其餘數 輩に 官を 授けん と 云れ ノ. r で くわん. にし か はら もん むか さきて い ミ クっな い ミラつ J 爲 朝の 守れる 西 河の 表門に ぞ向 ひける。 此時淸 盛が 先鋒、 伊藤 景綱、 伊藤 五、 伊藤 六、 進んで ため! が 陴を攻 るに、 爲朝是 を 射て 伊藤 六が 胸板 を 貧き、 背 を 徹して、 伊藤 五が 鎧の 袖に 其 矢 止 きょ もり し そつ 1? 馬 を 躍らして す-むと ころ を、 爲朝又 これ を も 射 倒しければ、 諸 軍ます く 股を戰 はして 進み え,, 、 I -. 義朝此 由 を 間て、 卷之七 五 二 tk 讓 す fO りゃう お ぼ みこ t ろ ふへい つ ひ まふな りと 推量した まひて、 大 にこれ をふづ くみ 思して、 御 心い よく 不平な りし かば、 遂に よ なが みくら. 5 は お ぼ す こ いろ い 5- 左大 HH 頼 長と はかりて、 御 位を篡 はん 事 を 思した ちた まへ るな り。 はや きんてい もれき こ みかさ お 5J ろ ち みこ ミ のり くだ きふ. 此時 新院に は、 爲 よし た e まさ ぐんじ ぎ ためよし なんた め W もす t いで そ. — ためげ J も こミは ふく こん はん よ、, ち ざ き-い とのた まへ り。 ともに 新院の 御子 重 仁、 御繼 目た らんと 思 ひ、 新 院も密 によろ こばせ おはしけ るに、 美 福 門院 物 妬み 深き 御 心より、 f 度、 御子 近衞院 早世した まへ る は、 新院 の咒詛 した まひし なるべし と こミ ほふ わ 5 yA しん るん みこ. ん! a くた ビ みちこ、 せっしゃ. r- へ 此帝、 保安 四 年 二月、 五歲 にて 位に 卽 せられ、 關 白忠通 公、 攝 政たり。 それより 十七 年を經 はラ 11. し そく もミ ざね もミ ふさ かね VT- ね かね ひで かね ふさ ;: じ やう だいじん ぢう る とぞ。 扨忠通 公の 子息 を 基實、 基 房、 兼實、 兼秀、 兼 房と. ' お. J は、,' ていはつ ほふみ?.. 7 a; ん くわん 55 つ L やう じ かたはら Y つゆ ふ ぃミ な 通 公 は、 應保ニ 年 六月に 剃髮 して、 法名 を圓 觀と號 し、 法 性 寺の , 側 に 別業 を營 まれし 故、 世 の あり むかして い.. J んこ, フ こんり ふ に 法 性 寺 入道 殿と 中き。 此法性 寺 はもと 九條の 河原に 在て、 昔貞信 公の 建立した まひし 寺な り。 f- つらの さミ つく W き しいか ちゃ、 f 又 桂 里に 別業 を 造りた まひ、 こ. - にも 行かよ ひた まひて、 詩歌 をた のしみ たま ひける が、 長 くわん て. 又 其 頃 は、 歌の道 世に 一 旦廢 りたり ける を、 此 入道 殿 歌 を 好み 給 ひし 故、 幼 き 時より、 へいぜい もて あ そ び もミ? M し ミ しょり 歌合な ど を 平生の 弄 にせられて、 基 俊、 俊 頼な どの 其 時の 歌よ みどもに、 人々 の 名 を かくし はん おこ さかん て 判 を もさせられ けり。 又 佛道を も 信じ たま ひ、 E. 取 天台宗の 學に 通じ、 兼て 眞言 を學 び て、 佾覺鎪 を 信じ. 給 ひ、 敬禮を 厚く せられたり。 もとより 人となり 溫厚 にして、 喜ばる-" 事 も 怒らる よ 事 も 形に わ か ふうかくいたり しラ いつ ひミ まろ ふラ かつ- あら はさす、 和歌 は 風格 至て 高く して、 秀逸なる もの は ほとんど人 麿の 風 ありし といへ り。 省 て G 川 帝の 勅 を 奉じて、 續 本朝 秀句 三卷 をつ くりて これ を 奉り、 又 和漢の 詩歌 を a めて、 藤 原 もミ ひら おく ほんねん しょは ふ く は たく いっか 基衡に 贈りた まへ り。 此公若 かりし 時、 最勝 寺の 額 を 喪た まひし が、 卷 之 六 I. 五 1 一 百人一首 一 夕 話 五 一 C たいらお おこ こ. K 亂起 りて、 頼 長公薨 せられし かば、 忠通公 薄の 如く 氏の 長者と なりた まへ り。 賴長公 は 性質 さかし くて 才氣 あり、 少して 擧を 好み、 和漢の 事に 兼 達せられ けれど、 才に まか いつはり はかり ヒ あに くわん にん あい , ぶん ゆいせ つ A ん し T た、 み 任せて 群の 謀 をな した まへ り。 これらの 故 を 以て 兄弟 御中よ からす、 常に 權威を 以てさから ひた まひし に、 父の 忠實公 ひとつに 賴長を 愛し、 忠通 をに くみて、 頼 長 くわん ほく けん おさ ふ かく しか ほふ わ. 7 たビ ざね ふ y こ ほ をして 關白忠 通の 權を押 へ しめんと せられけ る こそ 不覺 なれ。 然るに 法皇 忠實が 不義 を ffii みた ま はす。 帝 はこれ を うれ ひた まふと いへ ども、 忠實 の大權 をい かにと もした まふ 事 あた はす。 I て ,、 み ひ ゴ ん し こ i に 於て、 頼 長ます く 威權を 壇 にし、 終に は 新 院の御 企 に與し 奉りて、 無慙 なる 死 を ミ 5 のち よ 5 ぢの もく さ ふ よは さて のち つみ ざ 遂 られ、 後の世まで も 宇治 惡左府 と 呼れ たまへ り。 されければ、 法皇 重ねて 仰せ ちんい まなん ぢ ニミは もつ だいじんぐ 5 たくせん きか 、つへ かた じ のた ま ひる は、 朕 今 汝が言 を 以て、 太 神宮の 託宣と なして 是を 聞ん 上 は、 固く 辭 する 事な かれと、 宣 ミん しゅ せいゆ i. さ およ はんべ しん もへ. 是 すな はち 後 白 川. 帝な り。 これより 先に、 賴長公 放肆に 政 を 行 はれければ、 御 兄 ながら 忠通公 は、 關 白 職 は 名のみ なりし が、 此 時に 至りて 主上に 奏せられ ける は、 今 陛下 あ し かい を さ かラき まつ. 五 〇 九 百人一首 一夕話 五 〇 八 これ みかさ よりな が みなた r みち お ぼ もせ させた ま はす 是は 帝の 頼 長 をに くませた まふ は、 皆忠 通の しわざな りと 思しめ されし 故 にんへ い いた みか, ど め みくらる まさ ひ! i しんれ、 r- み こ S づ なり。 さて 仁 平 三年に 至りて、 帝 御 を ゎづら はせ たま ひける 故、 御 位 を雅仁 親王の 御子に 讓 ぉぽ ヽ ちょくし モラ - らんと 想し めされければ、 忠通勑 旨もう けて、 法皇に 此事を 奏せら るよ に、 法皇 又うた が ひ 思 えう しゅ たて lO ふく もつ ゆら ほつ じ ゃラゐ こミ し 召る よは、 忠逋幼 主 を 立てお のれが 威 福 を 專 にせん と 欲し、 常に 讓 位の 事 をす.. ガ聽さ r る 事 を 恐れて, わざと 帝 をして 病と 稱せ しむるな らんと て、 すな はち 忠實 に宣 ふや たビ みちこ-ろ もち ひ はか ウ S てんか やう みに の; 2 みか. ! b う、 忠通意 を 用て 謀る 事 かくの 如し、 天下 これより 漸 に亂 るべ しと 宣 まへ り。 かくて 頼 長 は驕り 傲る 事 日々 はなはだ, のち. きんしん しの はづか およ しか き- 'じゅ ご な. J おも に甚 しくて、 後に は 法皇の 近臣 を も 凌ぎ 辱し むる に 及べり。 然るに 久壽ニ 年 七月、 帝御惱 重ら せ 給 ひ、 終に 稱年 十七に て 崩 じた まへ り。 築 もし 重臣と なりて 幼 しゅほ さ し かい モの わ" 3 は ひ. かう ぶ はんべ た ね しん き. 、 父に 負き. 上られければ、 法皇 此 旨 を 忠實に 示し 給 ふに、 忠 はた いか へいし めい しゅき だい ん 、-' は さづ うぢ ちゃう 實 して 大に 怒り、 兵士に 命じて 忠 通の 朱 器 臺盤を 奪 はせ、 ことぐ く 頼 長に 授けて、 氏の 長 じャ が. 7 うは つ ひ ふし ぎ せつ そのたく ちしゃ、.. - ゑん ラ 》 は た び. 7 、ども じつぶ しょる こ t ろ 力け. 0 さき ちゃく. も ミ ざね ; ん 知行と せられ けれ 共、 實 父の 所爲 なれば 心に も懸 すして 居られたり。 ろ 人 は あら じと 思し 召て、 すな はち 忠通 をめ して 譫 しての たま はく、 汝が 父忠實 朕が 心に たが ふ ち. 《 こ みづか こ いま なん ぢ もつ しよく 事 ありと いへ ども、 父 はおの づ から 父たり、 子 は 自ら 子た る 事 なれば、 今より 汝を 以て 父の 職 に 代らし め、 執政の 臣 とせんと 思 ふなり と、 仰せられけ るに、 忠通. おいち- めい るの 儀式 さ ふら ふ、 凡そ 詔 降 りさ ふら ふ 時 は、 家に 於て 父た る もの、 子た る ものに 命じて、 ぢ, ひしょく はんべ いまぐ ふ た rrj ね しゅじ やう いかり ふれ ちっきょ あるめ ひだ 宽職 をう けつが せ さぶ らふ 事に 侍り、 今 愚 父 忠實、 主上の 御 怒に 觸 奉り、 ia! 居 致し まかり 在 閥、 卷之六 五。 ' 父 は 知足院 關 白忠實 公、 母 は六條 右大臣 朝 房 公の 女な リ。 天 仁、 天 永の 比 正 二位 ごんち 、つな ごん は、 7 あん 5 ぢ ちゃう じ や じゅ せっしゃ、 リ みら ヒめ 權中納 言、 保安 二 年關白 氏の 長者、 同 三年 左大臣 從 一位、. 四年攝 政. 此時 六十 七 ii、 翌長寬 二 年 二月 薨, す。 ョ たの ぞク こお 出.. し くわし ふ ざ ふの; 5 しん ゐん くらな かいじ や、. ' のて うは. フ 二; 一 詞 花集雜 下に、 新院 位に おはし まし.. 時、 海上 眺 望と いふ 事 をよ ませ 給 ひける によめ る、 と しん ゐん す ミ くるん て う はラ あり。 此新院 と は 崇德院 の 御 事な り。 眺望 ははる かに 見渡す ことなり。 月と われと になり にけ るかな 一 ひさぐ かん も ミミし じ やうぐ わい ち だラ 人々 おもしろく 感じ あはれ しと ぞ。 一 に 童に むかひて、 此堂は 神 かほと け かお ほつ かな とい はれたり ければ、 此 わら はう ちきよ てとり あへ す ほうしみ こに、 ぞと 、へ かりけ る 一- も ミミし おば きょ- フ とつけ たり。 基 俊 著述の 書 は、 悦 目抄、 新 歌仙、 新撰 朗詠 蕖、 相撲 立 等な り。 保延四 年藉髮 して 法 一 み T かくしゅん いへ がら ひミ しラ おも さい たの よこ j 名 を覺舜 といへ り。 A を 聞きて、 安から す 思 はれ けれど かひな かりけ り。 - ゑみて 閗 居られたり。 しゃく に、 彼 右馬助と 同じ 下句な りければ、 顯仲 わざと 知ぬ 顔に て會釋 して、. ; 助 はよ く 思 ひ よら か せん も ミミし おな しものく こ. これ も 墓 俊 兼て 人々 と屮ぁ S ゑ らう ご そつの だいなごん ほり か はの しかりけ る 故、 あざむかれ たるな り。 U ふつ-? KO ノゝゅ. され ど、 俊 頼 其 座に ては詞 もく はへ す、 其 時 法 性 寺 殿、 こよ ひの 判の 詞、 おのく 捉 まるら せよ と、 仰せられ けろ 時に、 俊賴 これ は 鶴に は あらす 龍な り、 彼 楊 公が 3 典の 龍 を みん とお もへ る こ.. ろざし の 深 かりけ るに よりて、 彼が 爲に眞 の 龍の あら はれて 見えたり し 事の あ は, C ベ も ミミし くわう さい る を、 よめる に 侍り、 とかき て 出したり。 墓 俊 も 宏才の 人な りし かど、 おも ひ はかり もな く 人の 5 た なん くせ こさ ふれ しつお ほ りんけん 、r 'んこ じ 歌 を 難す る 癖の 有ければ、 事に 觸て失 多 かりけ り。 基 俊琳贊 とも 中 あしかりければ、 雪 居 寺に なん つら ゆき うた ひい て. 7 ろう りんけん て も、 俊 頼の 歌 を 基 俊の 難せられ し 時、 貫 之の 歌 を 引て 嘲弄 せられぬ。 又 ある 時、 琳. 贤 思 ひよ る. -- せんし ふ 、つた なか ミほ -r た 事 有て 基 俊 をた ばからん と 思 ひ、 後 撰 集の 歌の 中に、 人 も あまりに しらす 耳遠き 歌の かぎり 廿 かき も ミし ゆき あるひ ミ 首 をえ り 出し、 しかるべく 害つ が ひて 基 俊の もとへ もて 行けり。 俊 成 卿の かく 論ぜられし は、 基 俊 十:: き 歌 この ていかき 5-、-- こミほ は5 ふし ゆんぜい i-!.. f- のす がた を 好まれた る 故なる べし。 定家 卿の 詞 にも、 近く は 亡父 俊 成、 此道を 習 ひける 墓 俊と 申しけ る 人、 此 ともがら 末の世の いやしき すがた を はなれて、 常に 古き みちを こ ひねが へりと ほ. 9 か はつ るん - ひかし のた まへ り。 I:; けれど、 古き 事 を まなべる 人なくて、 ほどなく 後の すがたに 流れた る は惜き こミ もぐ さ J し しょり ほつ 事な りし。 俊 頼の 下にた つ 事 を 欲せす して、 これに さから ひて、 歌 を も 難 ぜらる ほっし やう じさの うた も はせ る 事 多 かりき。 法 性寺殹 にて 歌合 ありけ るに、 俊賴、 基 俊 二人 判者に て、 よみ 人の 名 を かくし て、 常 座に 判じけ るに、 俊 頼のう た、 は 火に てやく ものなる 故、 三界の 火宅に くるしむ 衆生に たと へ. U る ものな り。 扨此基 後の 契り 、"'た さき くわ V がく fl けいやく くだ おんこ ミは おきしと よまれた る 歌の こよろ は、 先. お ほ し ゆんぜい とかくに 人 を 批難す る こと を 好まれければ、 それにつ けて そしり を 得らる i 事 多 かりし。 俊 成 も ミミし し こ 5 せい けね かそ かたい は 卿 は 基 俊を師 とせられ たる 故、 後世 ニ條 家の 和歌の 顧 を 基 俊と せり。 俊 成 卿 人に 語りて 曰く、! 四 九 七 百人一首 一夕話 n 四 九 六• さ ラ く かまたり き にち おこぶ られ てより、 今に 相續 する 事に て、 十月 十六 日 は 鎌足 公の 忌日 なれば、 其 日に 行 はる. M 事な り こ、 ひふく じ か、 じ そ, T きんち、 フ さいじょ ラる? れい. 扨 此興福 寺の 維摩 會に 講師 をつ とめた る佾 は、 やがて 禁中の 最勝會 の 講師と なる 例 なれば、 維 しゃ、 7 だい まちの 4! さ だ ちょら うぢ ちゃ ラじ 摩會の 講師の 請 待に あ ふ 事 をいた く 待望む 事な り。 7 ら た r みち こたへ はら お ほ 恨み 奉られけ るに、 忠通 公の 答に、 しめ ぢが 原と 仰せられたり。 さて 彼觀 音の 歌の こよろ は、 六帖 に、 しもつ け やしめ づが 原の さし も 草お のが やま ひに 身 をゃ燒 らん と ある 歌の心な り。 しめ ぢが原 は 下野 國の 名所な り。 さし も 草 はやの もぐさの 事な り。 もぐさ 籐原基 俊 そふ ほり か はの i り:: ねこ、 ち ミ しいへ こ. 7 は t しもつ けの かみよし なりむ すめ じゅ 狐 父 は 堀川 右大臣 賴宗 公、 父 は 正 二位 右大臣 後家 公、 母 は 下野 守 順 業の 女な リ。 崇德院 の 保延四 年、 薙髮 して 法名. 此時 八十 四 鼓な リき。 S 条 も. ,' さきの だ じャ うだいじん 5 ら 千載 集雜 上に、 佾 都光覺 維摩 會の 講師の 請 をた びく もれに ければ、 前 太 政. K 臣に 恨み 申け る はんべ もれ つか は くわう がく も ミミし を、 しめ ぢが 原と 侍り けれど、 又 其、 年に 洩 にければ 遣し ける、 と あり。 此光覺 とい ふ は、 基悛 t そく こ、? あくじ そうごんそう づ ゅゐま 2 こ、 r- ふくじ の 子息に して、 興 福 寺の 佾權憎 都たり。 ものお ほ いら びん あき か S3r の 物 仰せら る i にさし 塵へ する やう や は ある、 便な し、 とい はれければ、 明 兼 はに がりに けり。 - これ は 無理なる 難 を 申 かくる 人 あり けれど、 重き 人 故 さしひか へて ii 居られた る を、 明 兼 か たす く に ふ ミ しょり. -V んこラ ねて、 俊 賴を援 けんと 口 入し ければ、 かへ りて 俊 頼に しかられ たるな り。 かやう に 俊 賴は溫 せいしつ き ふく お ほ さて あら は しょ ザ ゐ なう むみ やうせ、 フ なる 生 質な りければ、 歸服 する 人 多 かりし よしなり。 又 家集 を 散 木 奇歌橥 とい ひて、 今 も 世に 傳れ り。 此散 木と いふ こと は、 莊 子より 出て 無 用の 木と いふ 謙 返の 義 なり。 然るに、 奇歌 とつ r けたる は 心得ぬ 事な り。 是は棄 ると いふ 字と. e やま つた さん ぱ くき か しふ な づけ 奇の 字と を、 いつの 程よりか 書 誤りて 傳 へたる ものに て、 もとは 散 木棄歌 築と 名 附られ たるに む f9 すた うた ぎ けいち、 フ かんが おもしろ• ヒレより こ しゅん ゑ ほふし て、 無用の 棄れ 歌と いふ 義 にて や 有 けんと、 契 沖の 考 へられた るも丽 白し。 悛 頼の 子俊惠 法師 うた な たか し ゆんぜいき やう ひ W ミ し.

次の

Full text of isshu isseki

大江山の歌 たはぶる 意味

古今著聞集 小式部内侍が大江山の歌の事 で質問です。 現代語訳についても調べて、よくわからなかったいくつかのことを質問します。 【本文】 和泉式部、保昌が妻にて、丹後に下りけるほどに、京に歌合ありけるに、小式部内侍、歌詠みにとられて、 詠みけるを、定頼中納言はぶれて、小式部内侍ありけるに、「丹後へ遣はしける人は参りたりや。 いかに心もとなくおぼすらむ。 」と言ひて、局の前を過ぎられけるを、御簾より半らばかり出でて、わづかに直衣の袖をひかえて、 大江山いくのの道の遠ければ まだふみもみず 天の橋立 と詠みかけけり。 思はずに、あさましくて、「こはいかに。 かかるやうやはある。 」とばかり言ひて、返歌にも及ばず、袖を引き放ちて、逃げられけり。 小式部内侍、これより歌詠みの世に覚え出で来にけり。 いかに心もとなくおぼすらむ。 とキッパリいっているのですよね? 現代語訳を見て、まとめたらこういうことかなと思ったのですがズレてそうで質問。 まさか歌で即座に返せるほど、歌がうまい 「ふみ」はかけているし。 とは思わなかったから、あおった自身のほうは、当然の作法もできず醜態をさらす。。 よく調べました。 がんばりましたね。 すばらしい! ちょっと気になるのが「あおる」という言葉です。 あなたの解釈なのでしょうが、本文には、そのような意味を表す言葉はありません。 >小式部内侍、歌詠みにとられて、 詠みけるを、定頼中納言【はぶれて】、 【 】の中は【たはぶれて】だと思います。 【たはぶる】は、「ふざける」という意味です。 定頼中納言は、「お母さんの助けがなくてお困りでしょう」と、ふざけて言っただけですので、小式部内侍が本当に使いを出したわけではありません。 それは、小式部内侍の和歌にも表れています。 「私は母に手紙も出していませんよ」ということを、その場で見事な和歌を作ってみせたわけです。 定頼はそんな実力が小式部内侍にあるとは思っていなかったので、驚いて逃げてしまったのです。 このあたりは、あなたの解釈した通りです。 「たはぶる」という古語を覚えれば、完璧です。

次の