アナウンサー 年収。 江藤愛(TBSアナウンサー)の年収や学歴!彼氏はいるの?プロフィールやインスタ情報も♪

アナウンサー【男女】の年収給料や20~65歳の年齢別・局別【nhk・フジ・tbs・日テレ】年収推移|平均年収.jp

アナウンサー 年収

田中みな実さんのプロフィール 田中 みな実 たなか みなみ 本名 田中エイミーみな実 出身地 埼玉県朝霞市 生年月日 1986年11月23日 血液型 A型 最終学歴 青山学院大学 所属事務所 テイクオフ 職歴 TBSアナウンサー(2009年4月 — 2014年9月)フリーアナウンサー(2014年10月 — ) 活動期間 2009年 — ジャンル バラエティ番組 田中みな実の年収がヤバい! 最初に言ってしまうと、田中みな実さんの推定年収はなんと 7000万円です。 稼ぎますねー 笑 実は田中みなみさんの TBS の局アナ時代の年収は700万円でした。 あんなに有名なアナウンサーの年収700万円なんてちょっと少ないんじゃないかって思うかもしれません。 しかし、いくらアナウンサーといえどテレビ局に属していれば会社員ですので、びっくりするほどの年収を稼ぐことは難しいでしょう。 そして、キャリアを積んだ田中みな実さんは満を持して独立。 ルックスの良さからテレビの CM のオファーを受けたり、もちろんアナウンサーの仕事も多々あり、さらには雑誌 anan では 可愛さを存分に発揮。 世間の男性から多くの支持を得ました。 最初は女性から嫌われるアナウンサーとして有名だった田中みな実さん。 理由はぶりっ子に見えるからです。 しかし、そのぶりっ子は言い方を変えれば人当たりが良いということ。 その人当たりの良さで一緒に仕事をするスタッフからの評判も高く、仕事が絶えないんですね。 最近では女性ファンも増え、同性からの支持を得られるようになりました。 この人気はまだまだ衰えないでしょう。 これからの田中みなみさんの活躍に期待ですね。 TBS アナウンサーの先輩としては水卜麻美アナウンサーもいますね。 田中みな実さんの方が後輩ですが、フリーアナウンサーになることで田中みな実さんの年収が圧倒的に勝ってしまいました。 次はカトパンこと加藤綾子アナウンサーの年収を抜きたいところ。 そしてさらには夏目三久アナウンサーですね。

次の

日本テレビの年収【大卒高卒】や役職者【ディレクター・カメラマン・アナウンサー・部長】年収推移|平均年収.jp

アナウンサー 年収

アナウンサーの業種別年収 アナウンサーは様々な業種でも活躍します。 そこでいくつかの業種でどのくらい年収が違うのか調査してみました。 テレビキー局:年収900万円以上~ テレビ地方局:年収650万円以上~ ラジオ局:年収500万円以上~ フリーランス:年収700万円以上~ テレビ局やラジオ局のアナウンサーという仕事はそのテレビ局やラジオ局の花形的な要素があり、人気がでるとテレビの視聴率がアップしたりリスナーが増え、その番組の顔として全国にその名前が知れ渡ります。 そして露出も増えてそれに応じて、年収も上がっていきます。 ラジオ局よりもテレビ局のほうが平均年収は高く、同じテレビ局でも キー局勤務のアナウンサーのほうが地方局に勤務するアナウンサーより年収は高いのが普通です。 特に最近ではキー局の女性アナウンサーの人気はすごく、人気がある女性アナウンサーはさまざまな番組に引っ張りだこになっています。 アナウンサーの年齢別年収予想推移と給与ボーナス予想推移 各年齢を5歳刻みで年齢による年収や月額給与・ボーナスを厚労省の統計と照らし合わせてみたところ 最大年収を迎える50代の年収が1020万円となりました。 またアナウンサーで働き盛りの30代の年収はおよそ756. 5万円あたりと推測されます。 それでは全体の年齢別年収推移をみてみましょう。 都道府県 平均年収 北海道 765万円 青森 680万円 岩手 765万円 宮城 850万円 秋田 680万円 山形 765万円 福島 765万円 茨城 850万円 栃木 850万円 群馬 850万円 埼玉 765万円 千葉 850万円 東京 1,190万円 神奈川 935万円 新潟 765万円 富山 765万円 石川 850万円 福井 850万円 山梨 765万円 長野 850万円 岐阜 765万円 静岡 850万円 愛知 935万円 三重 850万円 滋賀 850万円 京都 850万円 大阪 1,020万円 兵庫 850万円 奈良 850万円 和歌山 765万円 鳥取 765万円 島根 765万円 岡山 850万円 広島 850万円 山口 850万円 徳島 850万円 香川 765万円 愛媛 765万円 高知 765万円 福岡 850万円 佐賀 680万円 長崎 765万円 熊本 765万円 大分 765万円 宮崎 680万円 鹿児島 765万円 沖縄 680万円 比較してみると、一番年収が高い東京都のアナウンサーの年収が、およそ1,190万円。 一番低い沖縄県の年収が680万円 となり0万円の年収差ができています。 関連コンテンツ 仕事内容 アナウンサーはテレビやラジオの様々な番組で、ニュースや情報を正確にわかりやすくお茶の間に伝えることが仕事です。 作られた原稿をカメラに向かって読むのが仕事ですがリポーターになると、現場に出向いてインタビューや取材まで行います。 しかし、実際は、取材から原稿書き、アナウンスまでを兼ねて行うこともあるようです。 結婚式やイベントやショーの司会、ラジオのディスクジョッキー、CMのナレーションなど幅広く活躍している人もいます。 アナウンサーやリポーターに限定した試験というものは特別なく、テレビ局やラジオ放送局に入社してアナウンス部に配属されるケースがほとんどです。 一般に募集は、大学の新卒者を対象としていますが、なかには中途採用をしているところもあります。 養成学校などで基礎作りをした上でチャレンジしてみるのもよいでしょう。 将来的には実力とある程度のキャリアを養えばフリーのアナウンサー、リポーターとして活躍することも夢ではありません。 平均年収が高い仕事内容 普通に高いです。 役職があがればそのままどんどん上がっていくのではないでしょうか。 有名ならフリーで活躍するともっと平均年収があがるそうです。 雇用状況 本当に狭き門です。 キー局、地方局あわせても倍率が高い・・・教養以外にも運と天賦の才が必要かもしれません。 利点 難関の狭き門を通った人たち・・・アナウンサーになれるということだけでも利点ではないでしょうか。 平均年収も高く、名誉ももらえる仕事です。 アナウンサーの仕事に就くには? 狭き門。 アナウンス学校にいきアナウンスの知識を磨くとともに、他にも色々磨かなければならない。 まずは履歴書を送るところからはじめてみよう。 アナウンサーになるためには?どんなことをしたらいいのかはネットにも色々と情報がでているのでそれをまとめてみました。 ルックスは重要です。 アナウンス学校にも行く必要があります。 マスコミ業界に行くにはとにかく仲間と情報交換をしながら自分自身を高めていくしかありません。 エンターテイメント、クリエイティブ系職種の年収•

次の

大下容子アナ役員待遇で年収いくら?4000万超え?テレ朝の給料事情まとめ

アナウンサー 年収

2018年 NHK職員平均年収 1077万25円 35歳年収: 666万円 30歳年収: 528万円 NHKの受信料収入について NHKの原資は国民からの受信料収入。 徴収した受信料総額は例年6000億円~6500億円程度でNHKの堅調な根幹収入となっています。 テレビなど受信設備を所持している世帯は受信料を支払う必要があります。 都道府県別受信料支払い率 北海道 66. これは都市部ほどオートロックマンションが多かったり、不在の多い単身世帯が多かったりと訪問・面会が難しいことが原因としてあげられています。 NHKの事業支出は7000億円弱ですが、その内の 約10% 700億円程度 は受信料の徴収業務の費用として計上されています。 その費用は地域スタッフの人件費などにあてられていますが、事業支出の10%を占めるいびつな構成に疑問を唱える声も少なくありません。 尚、地域スタッフはNHKの職員ではなく、受信契約の手続きやデジタル放送の説明などを担当する専門のスタッフです。 月収はおおむね25万円から40万円とされ、NHK職員とは待遇に雲泥の差があります。 職員の状況について NHKは採用数200人程度の募集に例年2万人以上が応募する大人気企業です。 2018年 職員数 平均年齢 平均勤続年 男性 8523人 41. 3歳 18. 7年 女性 1795人 37. 1歳 12. 5年 合計 10318人 40. 6歳 17. 6年 【採用の応募資格】 1 当年4月から翌年3月の間に大学等を卒業・修了見込みの方。 大学等とは、大学院・4年制大学・短期大学(修業年限2年以上)・高等専門学校(専攻科含む)および専修学校専門課程(修業年限2年以上)です。 2 1 以外の方で、当年4月1日の時点で30才未満の方。 学歴は問いません。 NHK職員の年収・初任給(一般職) NHKは放送法に基づく特殊法人として設立され、その放送網は全国各地に張り巡らされています。 また、NHKの経営資源は国民からの受信料がメイン。 そのため、実体としては日本の国営企業とも言えます。 【初任給】 初任給は一般企業と大きな差はありません。 (2015年) 大学卒:月給21万3360円 大学院(修士)卒:月給22万6360円 【モデル給与】 35歳年収:666万円 30歳年収:528万円 特殊法人であるNHKですが、給与体系はほとんど一般企業と同様のシステムを採用しています。 35歳で700万円弱ということは、一般企業と比べるとちょうどと同程度の年収水準です。 【給与】 以下の1・2・3を合計した数字が給与となります。 1.基準賃金 基本給、世帯給 A1・B1など処遇区分によって決定される。 2.各種手当て・基準外賃金など 地域手当・住宅補助手当など 3.ボーナス(賞与) 年間2回(6月・12月) 【全国職員の基本給】 下限額 上限額 A1 164950円 240000円 A2 243360円 271360円 B1 278360円 320080円 B2 310360円 354540円 C1 340360円 410000円 C2 377200円 432400円 【地域職員の基本給】 下限額 上限額 A1 143960円 204000円 A2 200690円 223090円 B1 222690円 245090円 B2 248290円 270690円 C1 272290円 294690円 C2 295200円 324000円 NHK職員の平均年収 職員数 平均年齢 平均勤続年 平均年収 2018年 10318人 男:82. 6歳 17. 6年 1077万25円 2017年 10303人 男:83. 7歳 17. 7年 1067万3180円 2016年 10273人 男:83. 1歳 17. 8年 1076万1848円 2015年 10242人 男:84. 1歳 17. 8年 1104万4353円 2014年 10292人 男:84. 1歳 17. 8年 1122万7368円 2013年 10392人 男:85. 1歳 17. 7年 1136万5127円 2012年 10482人 男:85. 9歳 17. 5年 1160万3570円 2011年 10482人 男:85. 7歳 17. 3年 1163万9075円 2018年の平均年収は1077万25円でした。 例年1000万円を超えており、NHKは間違いなく高収入が得られる企業といえます。 平均勤続年数や平均年齢は一般企業と変わらない平均的な水準。 現在の所は男性が80%を超えてほとんどを占める状態になっていますが、将来的には女性を30%の割合まで高めるように採用が計画されています。 NHKアナウンサーや記者の年収は? NHKアナウンサーの平均年収 アナウンサーとして採用された新人の正社員でおおむね初任給が500万円程度。 そこから、一般職員同様に年収は上昇していきます。 看板アナウンサーだった有働由美子さん 40歳時 の年収は1500万円程度、杉浦友紀さん 30歳時 で約800万円程度。 契約アナウンサーの場合は月に40万円程度の給与が支給されています。 ただ、記者という職業柄、一般職員よりも長時間労働になることが多く、残業代が多く支給されています。 そのため、結果として記者職の職員は一般職員よりも若干多い年収になります。 nenshuu. php 管理職の場合 一般職員は普通のサラリーマンと同様に給料制になっていますが、管理職の場合は一般職とは異なり年俸制に切り替わります。 これらの年俸とは別に一般職員同様の各種手当ても支給され、その合計額が給与(年収)となります。 4万円~1202万円(全国職員) 746. 72万円~961. 6万円(地域職員) D1の課長クラスで基本年俸は933万円。 D5の部長クラスで基本年俸は1202万円。 それに各種の手当てが加算され年収では1000万円を超えます。 会長・副会長などトップの年収 全国職員の場合 一般職(A1、A2、B1、B2、C1)の退職手当算定基礎額は、退職時または死亡時の基本給から3,500円を控除した額に、退職手当算定基礎率 (平成29年度は1. 000)を乗じて算出した額となっています。 管理職、一般職(C2、S1、S2)の退職手当算定基礎額は、390,000円を基本とし、各処遇区分ごとに加算した額となっています。 地域職員 一般職(A1、A2、B1、B2、C1)の退職手当算定基礎額は、退職時または死亡時の基本給からA1は12,000円、A2は6,000円を控除した額に、退職手当算定基礎率(平成30年度は1. 000)を乗じて算出した額とする。 管理職、一般職(C2、S1、S2)の退職手当算定基礎額は、312,000円を基本とし、各処遇区分ごとに加算した額とする。 加算の上限は、256,000円とする。 勤続年数や地域職員と全国職員、一般職と管理職など処遇に応じた違いはありますが、上記の公開データで計算すると 定年退職金のおおむねの金額は2000万円から4000万円程度となります。 一般的な企業の退職金水準と比較すると高く思われますが、NHKのような一流企業であれば平均的な水準といえます。 nenshuu. php NHK職員の年収について 管理職や理事で軒並み年収1000万円以上、管理職になっていない35歳のモデル年収ですら666万円、NHK職員全体でも平均年収は1000万円を超えています。 「国民から受信料を万遍なく徴収して経営しているのに、この数字は高すぎないか?」 という意見を持つ人も多いかと思います。 民間会社と公共放送事業者との違いはありますが、ライバルのテレビ局が高収入を約束している以上、NHKとしても同程度の年収を担保しておかないと有能な人材が確保できないという事情があります。 ・国会中継や政見放送など国政に関する放送を行う。 ・災害が起きれば全国各地にある支局が詳細を放送し、被害を伝える。 ・W杯など国際的なイベントではNHKが先頭に立って海外メディアとの交渉を行う。 ・幼児教育や青少年育成に特化した教育番組の放送。 NHKの番組はどの番組も制作に高度な知識が求められるものばかりです。 放送を通じて社会の根幹を担うNHKの職員が残念な人材で構成されることは日本のためにも避けなければなりません。 日本の平均年収が400万円台の時代に1000万円を超える収入は多すぎではないかと怒りを覚える人も少なくないと思いますが、そういった事情があることにも一定の理解を示すべきなのかもしれません。 NHKの原資は国民からの受信料であるうえに、高収入かつ絶対に倒産する事のない超優良企業であるわけですから、国民の誰もが納得するような優良番組を製作し続けて欲しいものです。 NHKのような一流企業に就職・転職するには NHKに新卒で入社したい場はNHKの採用より応募すれば採用試験を受けることができます。 また、NHKのような超一流企業に転職を希望するならば、まずはを活用してください。 50音順職業一覧• 年収ガイド人気コンテンツ.

次の