自動車保険 等級 安い。 自動車保険の等級を夫婦間で引継ぎ?「等級引継ぎ節約術」を徹底検証

自動車共済のメリットとデメリット、自動車保険との違いはなに!?

自動車保険 等級 安い

お電話で廃車をご依頼されるお客様は 車検証をお手元に置いて、お電話いただけると詳細な買取金額をご提示できますので、ご準備ください。 ポイントは車両保険!軽自動車の保険料が安い理由 軽自動車の保険料は、普通車に比べて安いです。 その理由やさらに保険料を安くする方法を確認しましょう。 軽自動車と普通車の保険料相場の違い 軽自動車と普通車は、どれほど保険料が異なるのでしょうか。 保険会社や車の種類によっても異なるので、今回は、以下の条件で比較をしました。 概算での見積もり結果のため、金額は異なることがあります。 軽自動車の保険料が安い理由 軽自動車の保険料が安い理由として最も大きいのは、軽自動車に型式別車両料率クラスが存在しないことです。 型式別車両料率クラスとは、型式ごとの事故リスクを1〜9の数字で表したもの。 過去の保険金支払額や事故率などの事故実績に基づき、型式ごとに保険料区分が決定されます。 この型式別車両料率クラスの対象となるのは、自家用普通乗用車と自家用小型乗用車のみです。 軽自動車は対象外なので、任意保険料も車両保険料も普通車よりも安くなります。 車両保険を外す選択肢も有り 事故を起こした際に修理費用を負担してくれる、車両保険。 付けるかどうかは悩むところです。 軽自動車ユーザーであれば、場合によっては車両保険を外して月々の保険料を安く抑えてもよいでしょう。 車両保険があまりにも高く、収入に対しての比率が高いというのであれば、車両保険を外してしまうのも1つの選択肢です。 事故時の修理費用などが補償されないのは難点ですが、家計を圧迫するほどの保険料を支払うのは大変なので、車両保険を外しても仕方ありません。 また、安い中古車でローンを完済しているのであれば、車両保険を外してよいケースもあります。 車の年式が古い場合は、市場価値があまりありません。 車両保険の補償金額は市場価値によって決定されますので、年式が古い中古車などは補償金額が少なくなってしまいます。 市場価値が20万円の車に車両保険をつけても、20万円の補償しかつかないということです。 買い替え費用や修理費用には不十分なので、高い車両保険を払う意味がなくなってしまいます。 このように、古い車に対しては車両保険をかけなくてもよい場合があると覚えておきましょう。 しかも、カーネクストであれば事故車であっても買取が可能ですので、万が一の場合でもお金に変える事が可能となります。 若いほど高い?年齢で大きく異なる軽自動車の保険料 自動車の保険料は、運転者の年齢が若ければ若いほど高くなります。 これは、事故が起こる確率によるものです。 免許を取得したばかりの18歳と、運転に慣れている30歳を比較し、どちらが事故のリスクが少なく安心できるかといわれると、後者といえるでしょう。 保険料は一般的に、21歳、26歳、30または35歳を区切りに金額が変わります。 具体的な金額を確認してみましょう。 若ければ若いほど保険料が高くなるのは避けられませんので、覚えておいてください。 一方保険料は、年齢条件や運転者限定範囲を見直すことで安くなる可能性があります。 年齢条件とは、運転者が限定されている場合運転者の年齢幅を絞ることです。 例えば、26歳の契約者1人しかその車を運転しないと決まっている場合は、26歳以上補償に年齢条件を設定します。 すると、全年齢対象時よりも保険料を安く抑えられるのです。 運転者の限定も同様で、運転者が1人と決まっているのであれば1人に限定した契約をすることで、保険料が安くなります。 契約内容を確認し、安くできるポイントがないか確認しましょう。 若ければ若いほど保険料が高くなるのが一般的ですが、保険会社によっては特定の世代向けに安いプランを提供しているところもあります。 例えば、事故リスクの少ない40代〜50代に最も安いプランを提供する保険会社もありますので、運転手の年齢に当てはまるプランを用意している保険会社を選ぶのもおすすめです。 家族に頼ろう!保険の等級と特約の活用について 自動車保険は、等級によって大きく保険料が異なります。 等級とは、1〜20等級に区分されている事故歴に応じた保険料の割引や割増を適用するための制度です。 通常は6等級からスタートし、1年間事故を起こさなければ、次年度は1つ等級が上がります。 等級が高ければ高いほど、長年事故を起こしていない優良ドライバーであることが証明されるので、保険料は割り引かれるのが特長です。 保険を使うと1〜3等級ダウンし、次年度の保険料は上がってしまいます。 この等級制度を上手く使って、保険料を安く抑えることが可能です。 その方法を確認しておきましょう。 家族の等級を引き継ぐ 同居している家族の等級は、引き継ぎが可能です。 家族の等級が20であれば、新規で保険に加入する方はそれを引き継いで20等級からスタートできます。 配偶者以外はあくまで同居している家族限定なので、別居の場合は引継ぎ不可能です。 そのため、子供が就職等で家を出る前に引き継ぎの手続きを終了させておく必要があります。 親が高齢になって車に乗らなくなった場合、子供がその等級を引き継げるのは大きなメリットといえるでしょう。 その場合、子供が乗る新車と親が現在持っている車の車両入替を実施したり、保険名義を変更したりといった手続きが必要となります。 しかし等級引き継ぎの際に注意しなければならないのは、譲り渡した家族の等級についてです。 譲り渡した家族はまた新規で保険に加入することになるため、6等級または7等級からスタートすることになります。 そこで等級引き継ぎをするかどうかは、保険会社に相談して金額を比較してから決めるのがおすすめです。 親子間で等級を引き継ぐ場合は、20代子供の6等級よりも50代親の6等級の方が保険料は安くなります。 自分たちのケースで保険料を安くできるのかを確認し、等級を引き継ぐかどうか決めましょう。 セカンドカー割引を利用する 1台目は普通車、2台目は軽自動車と2台以上の車を持っている方も多いでしょう。 セカンドカーとして軽自動車を購入することは、保険料や税金の節約になってお得です。 2台目以降の車を購入するのであれば、セカンドカー割引を利用しましょう。 セカンドカー割引とは、2台目以降の車を契約する際、通常は6等級からスタートするところを7等級から始められるサービスです。 この2台目以降の車というのは、同居している家族の車でも問題ありません。 たった1等級と思われるかもしれませんが、1等級違うと割引率は大きく変わります。 割引率が大きければ大きいほど支払う保険料は安く済みますので、2台目以降の車を購入する場合は迷わずセカンドカー割引を利用しましょう。 こんな節約方法もある!保険の見直し方 軽自動車の保険を見直す場合、以下の点に注目することで保険料を抑えられます。 必要に応じて適切な節約方法を取り入れましょう。 保険会社を見直す どの保険会社と契約を結ぶかによって、保険料は変わってきます。 自動車保険は慎重に選ぶ必要があるのです。 自動車保険には、大きく分けて2つの型があります。 まず、ディーラーや修理工場などと代理店契約を結ぶことで保険を販売してもらう、代理店型の自動車保険。 これには、東京海上日動やJA共済などがあります。 自社で販売するだけでなく、車を購入・修理した方へ即座に営業できるので契約してもらいやすいです。 代理店型自動車保険の大きなメリットは、手間がかからないこと。 保険の違いがよくわからず比較するのも面倒なので、勧められたものをそのまま契約したいという方におすすめです。 一方、デメリットとして保険料が高いことが挙げられます。 ディーラーや修理工場に保険の販売を依頼しているため、契約者が支払った保険料の15%は中間手数料となるのです。 そのため中間手数料を差し引いても利益が出るよう、保険料は高めに設定されています。 保険料をなるべく安く抑えたいと考えている方には、代理店型の自動車保険はおすすめできません。 もう1つの自動車保険は、ダイレクト型です。 ダイレクト型自動車保険とは、ネットで申し込みや契約が完結するタイプの保険。 代理店に支払う中間手数料や、契約案内に割く人件費を削減できるため、保険料が安いというメリットがあります。 ダイレクト型自動車保険としては、ソニー損保やイーデザイン損保などが有名です。 ただし、ダイレクト型自動車保険は代理店型と違い、誰かが保険について説明し、案内してくれるわけではありません。 そのため、自動車保険に関する最低限の知識が必要になります。 保険のことはよくわからないから適当に選びたいという方には、ダイレクト型自動車保険は向いていません。 情報収集や契約などの手間を削減したいという方にとっても、ダイレクト型自動車保険はおすすめできないといえます。 また、保険会社によっては保険料が安い代わりに、事故対応力が低いことも。 保険料を下げるために人件費やサポートの充実費を削っているので、万が一のとき頼りにならない可能性も否定できません。 ダイレクト型の自動車保険を選ぶのであれば、保険料の安さばかりを確認せず、事故対応力の高さも合わせてチェックする必要があります。 使用目的を変更する 契約の際に勘違いしやすい項目の代表例が、使用目的です。 使用目的は何のために車を運転するのかを明らかにする項目で、「業務用」、「通勤・通学」、「日常・レジャー」という3つがあります。 それぞれの定義を確認せずになんとなく選んでしまうと、保険料が高くなる可能性があるのです。 一般的には、それぞれ以下のように定義されています。 ・業務用:年間を通じて月平均15日以上、業務に車を使用する ・通勤・通学:年間を通じて月平均15日以上、通勤・通学に車を使用する ・日常・レジャー:上2つに該当しない場合 つまり、休日にしか車を使用しない場合だけでなく、通勤や通学に車を利用するけれど、月平均15日に満たない日数しか運転しないという場合には、日常・レジャーに該当するということです。 通勤や通学に使用しているからといって、必ずしも使用目的が通勤・通学になるとは限りません。 使用目的は、保険会社ごとに定義が異なることがあります。 きちんと定義を確認しなければ、本来払わなくてよいはずの保険料を支払っている可能性もありますので、一度チェックしてみましょう。 しかし、日常・レジャーで契約していたにも関わらず、実際は通勤や通学のために月15日以上使用していたという場合は契約違反となります。 その際は事故を起こした場合に保険料が支払われない可能性もありますので、嘘をついて保険料を安く抑えようとするのはやめましょう。 月額払いを一括払いに変更する 保険料の支払い方法は、月額払いよりも一括払いの方がお得です。 一括払いにするだけで、5〜7%ほど保険料を安く抑えられます。 もちろん、保険料が高ければ一括で支払うのが困難になるので、無理に一括払いにする必要はありません。 しかし、一括払いも余裕を持ってできるというのであれば、一括払いに設定しましょう。 まとめ 軽自動車の保険料は普通車よりも安いですが、それだけで満足してはいけません。 契約している保険を見直すことで、さらに安く抑えられることもあります。 軽自動車の保険について正しい知識を持ち、必要な分だけを保険料として支払いましょう。 動かない車でもパーツ売り エンジンがまったく動かない車でも買取はできるのか?とご質問をいただきます。 他社だと買取どころか、処分費用を請求されます。 確かにエンジンの状態が買取金額を大きく左右します。 ただし、カーネクストですと自社工場で車を解体することができます。 ですので、使えるパーツだけを選別し、販売することができます。 ダイレクト販売で需要に的確 全国に約1,000社を超える提携業者がございます。 カーネクストなら業界内で需要のない車でも必要とする場所に車を卸すことができます。 流通の多かった車や日本国内であまり乗られていない車などの価値を引き出し、お客様に買取金額として全力で還元してまいります! ワールドワイドに販売 15万キロ超えの車や15年前の車など、日本で現役を終えた車は海外でまだ活躍できます。 日本車は海外でも高い評価を受けており、頑丈で安全性の高さが評判です。 ただ国外で販売できるのはすべての業者が行えるわけではございません。 海外に販路をもっているカーネクストだからこそ車に価値を見いだすことができます。 査定・ご契約• お引取り• 書類ご準備• お振込み 申し込みから、振込みまでお手間は取らせません。 査定は電話のみで完了!必要な書類もこちらからご案内致しますので、揃えていただくだけ!!あとはこちらが すべて代行致します。 日本全国の廃車情報 廃車に関することをお客様のお住まいの地域に分けて、お住まいの地域の運輸局や軽自動車協会の情報も併せて掲載しております。 市区町村に絞ったページも紹介しておりますので、ご参考までに下記リンクからご覧下さい。

次の

知っておきたい!自動車保険の「等級」について|教えて!おとなの自動車保険

自動車保険 等級 安い

自動車保険は全て掛け捨て、事故が無ければ1円も帰って来ません。 いざという時のために保険は必要だけど、ちょっとでも、できれば一番安い方が良いですよね! とは言え自動車保険は、複数種類の補償・特約の複合商品なのでとても複雑です。 補償内容によって、値段は全く異なったものになります。 単純な値段の比較では、本当の意味で一番安いのかどうか分かりません。 自動車保険と言えば、ノンフリート等級(無事故割引の事)による割引が良く知られていますが、その他にも運転者の年齢制限や範囲、ゴールド免許かどうか等、多岐に渡って割引条件があります。 本当の意味で一番安い自動車保険を探すには、同じ条件で見積もりを行う必要があるんです。 当サイトでは、簡単に同じ条件にできるインターネットでの一括見積もりについて紹介しています。 一番安い自動車保険を探すには必須です。 ぜひ参考にしてくださいね。 安い自動車保険を探すならネットの一括見積もりがおすすめ。 最大20社に一括で見積もり依頼、最短5分でどこが一番安いのか簡単に分かります。 しかも利用料は一切掛かりません! 一番安い 自動車保険の年間保険料を一番安くするなら補償内容見直しがおすすめ! 自動車って本当にお金がかかります。 日々のガソリン代に、毎年の税金、2年に1回の車検代に重量税に自賠責保険。 そして任意保険の保険料、突発的な故障などもあります。 この経費って、なかなかガツンと節約することができませんよね。 整備をけちって大事故につながれば本末転倒ですし、車検や税金はのがれることが出来ません。 この中で節約することができるとすれば、年間の任意保険で、一番安い自動車保険に加入すればかなり節約できます。 実際に価格を重視している人がどんどん増えているんです。 にも関わらず、どこも一緒なんでしょと思い込んでいる人が多くいます。 実は自動車保険は、保険会社によって大きく保険料が異なりますので、選び方によっては同じ補償内容でも年間で数万円の差額が出ることもあるんです。 数万円の差額が10年続けば、とてつもない額になりますよね。 ですので、自動車保険は毎年、各社から見積もりを取り比較検討する必要があります。 また同じ保険会社でも補償内容を見直すことによって、金額を安くすることが出来ます。 例えば車両保険の有無、人身傷害の上限金額など、必要最低限の補償にすれば、料金はぐっと安いものになるでしょう。 弁護士特約や日常生活賠償など、他と補償がかぶりがちなものもあるので要注意です。 一番安い自動車保険会社への見直しをおすすめします! 自動車保険で損をしない為には、定期的な見直しが一番重要です。 きちんと見直しは行っていますか? カーライフが変化した際や、契約満期に合わせて見直しを行いましょう。 割引対象となる項目が増えていれば、思いがけず費用が安くなるかもしれません。 また最近は、自動車保険の種類も増えており、会社間での競争が激しい事もあって、以前に比べて加入者側にお得で安いプランも増えています。 特に長期間無事故だったり、車を運転する頻度が低い人には、リスク細分型への見直しが有効的です。 加入する保険を変えるだけで、何万円もの節約になる事も珍しくありませんので、定期的に情報をチェックする事が大切なコツです。 自動車保険は毎年掛かるお金です。 そのため節約効果が大きいですよね。 一番安い自動車保険は20代新規でもネット(ダイレクト)販売方式 最近の自動車保険の傾向として、ネットでのダイレクト販売タイプが安さで人気を集めています。 それこそ、新規契約の人だったり、月払いだったりでも、ダンゼン安いです。 ダイレクト販売とは、代理店を通さずに保険会社と直接契約を行う販売方式の事です。 以前は代理店方式ばかりでしたが、インターネットの普及で、ダイレクト販売専門の損保会社が人気を集めた事から、最近では従来の損保会社もダイレクト販売に力を入れています。 ダイレクト販売型は、通販型とも言われています。 ダイレクト販売が人気を集める理由は、何と言っても保険料が一番安いから! 代理店手数料や販促に掛かる人件費、店舗費用などが不要なため、保険料が安いんです。 保険営業マンは、ホント高給取りでしたからね・・ 消費者側としては、少しでも安い方が嬉しいですよね。 一番安い自動車保険を探しているなら、ダイレクト販売型を選ぶと良いでしょう。 その際は、一括見積もりサイトの利用をオススメします。 一括見積もりサイトでは、最大20社に一括で見積もり依頼できる為、少ない手間で見積もりの取得が可能です。 複数の見積もりを比較する事で、どこが一番安いところなのか簡単に調べる事ができます。 安い自動車保険は事故対応がデメリット?イーデザインは高評価で安心! インターネットでの通信販売というと、保険料は安いけれど本当にきちんと事故対応が行われるのか不安に感じる方も多いでしょう。 いざという時のための自動車保険ですので心配はもっともです。 肝心の自動車事故の際に頼りにならないのでは、何のためにお金を払ったのか分かりませんよね。 そもそも、それでは本当に安い事にはなりません。 下の図は、国際コンサルティング企業のJ. パワー社が事故対応時の顧客満足度についてアンケートを行った結果です。 1位は代理店型のAIUが獲得していますが、イーデザイン損保の2位獲得を初めとして、通販型の自動車保険会社もしっかりランクインされています。 事故受付のコールセンターオペレーターの教育や、事故対応専門部署の整備といった点が、会社としての取り組みとなりますが、事故対応は担当者の手腕による所が大きく、代理店型だとか通販型だとかの違いは、対応の優劣には直結しません。 代理店型のメリットは、事故対応よりも個別プランの提案だとか、要望に対する小回りの良さでしょう。 通販型の場合は値段は安いものの、それぞれの保険の内容を自分で把握し、判断する必要がある点がデメリットと言えます。 自動車保険は安いのにロードサービスが一番すごいチューリッヒ! 自動車保険に付帯するサービスで代表的なものは、何と言ってもロードサービスでしょう。 実はロードサービスはいくら利用しても、ノンフリート等級には影響がないのをご存知でしたか? ロードサービスを利用すると、等級が下がると思って控えている方が時々いますが、心配ないので遠慮なく利用した方が得です。 ロードサービス内容は、加入している自動車保険によって事なりますが、チューリッヒのようにJAF顔負けのロードサービスを提供しているものもあります。 当サイトで、チューリッヒとJAFとの比較記事も掲載しているので、興味があれば参考にして下さい。 無料のロードサービスを利用する事でJAFの年会費を払わなくても良くなるなら、結果的に保険料が安くなったのと同じですよね。 私もJAFには加入せず、付帯のロードサービスで済ませています。 単純な料金だけではなく、中身をしっかり確認する事も大事です。 一番安い自動車保険はSBIだった30代の一括見積もり口コミ体験談 今までは自動車保険に特にこだわりはなく、家族がみんな加入していて安いと思っていたJAに加入していました。 そんな中、30代で結婚したので、車を買い増しました。 その際にカーディーラーで、JAよりそのカーディーラー推奨の損保会社の方が少しだけど安いと言われました。 更に、以前からJAは安いけど、事故があった際に他の損保会社より強気に出ない場合が多いと言うのは、周りから聞いていて知っていました。 かなり無理をして購入した車だったので、もしも事故をした場合、強気に出てもらわないと困ると思い、その時初めてJAをやめディーラー推奨の東京海上日動と契約しました。 そして1年後、契約の更新前に次はどうしようか考えていたところ、何社もの中から安い保険会社をみつけられるネットの一括見積もりを知り、試しに申し込んでみました。 見積もりの結果の中から、ネットでの評判やランキングを見て、一番安い自動車保険の評判に問題がなかったので、そこにすることにしました。 当たり前ですけど、ここは手厚くかけたいという感じで保障内容を変更すると、どんどん金額が上がって行くんですよね。 そういうことも全て含めて一番安いと思ったのが、30代の私の場合はSBI損保でした。 現在2年連続でSBI損保に加入していて、次回もおそらくSBI損保にすると思います。 実際に保障は使ったことはありませんが、内容が良く一番安い自動車保険はSBI損保ですね。 以上、私の口コミ体験談でした! 一番安い自動車保険はどこ?月払いでも割安なアクサダイレクト! 実は、誰にとっても一番安い自動車保険というのは存在しません。 今の自動車保険は、様々な補償内容と割引条件を複数組み合わせて料金を決める仕組みになっている為、ある条件の人にとっては一番安い料金になったとしても、別の条件の人には大して安くならなかったりするからです。 自動車の車種や、今までの事故歴、家族の年齢や構成など、条件は様々ですので、自分の条件で一番安い先を簡単に探せる一括見積もりが便利なわけです。 とは言え、安い保険料が算出される場合が多い自動車保険も確かに存在します。 SBI損保やアクサダイレクト(月払いでも割安)などは比較的に安い料金になる事が多いです。 セゾン自動車火災は、親子で同じ車を運転する事のあるファミリー世帯などで料金が安くなる事が多いです。 これは、子供が成人して同じ車を運転するようになっても、親の年齢を基準に年齢設定を行うため、子供を運転者の範囲に追加する際の負担が、他の自動車保険と比べて低いのです。 このように、どこが安いのかは、自分の条件や設定する補償内容に大きく左右されます。 一括見積もりを使って、自分の条件で一番安い先を、効率よく見つけましょう。 少なくない金額が節約できちゃいますよ(笑) ズバット自動車保険比較で見積もりすると一番安いところが簡単に分かる! インターネットの一括見積もりなら、株式会社ウェブクルーのズバット自動車保険比較がおすすめ! 一括見積もりと言えば「保険スクエアbang! 」が老舗で有名ですが、「ズバット」も同じ会社が運営しています。 「ズバット自動車保険比較」は、新しいだけに、色々と契約変更に便利な機能が満載です。 」が統合され、ますます便利になりました。 その他にも、楽天、インズウェブなど、同様のサービスを行っているサイトはありますが、それぞれを利用してみた結果、ズバットが一番良かったです。 一番安い自動車保険はどこですか?一括見積もりが教えてくれる! 自動車保険の一括見積もりの一番の利点は、一度の入力で複数の損保会社に査定依頼ができるので、どこが一番安いのか簡単に比較できる所です。 実際、損保会社のサイトで1社づつ依頼しても結果は同じなわけですが、それに掛かる時間は大幅に変わって来ます。 自動車保険の見積もり依頼のために入力する項目って、正直かなり多いんですよね。 一番安い所に変更したくても、面倒でずっと同じ契約を更新している人も多いはずです。 だから、一括で出来るのは便利だし、中でも「ズバット」は一番入力が簡単なんですね。 無料で利用できるので、ぜひ活用して下さいね。 見積もり結果比較機能 複数の自動車保険会社の見積もりが届いたら、補償内容を含めてどこが一番安いのか比較する必要がありますが、項目も多いので大変です。 ズバットには見積もり結果比較機能が搭載されているので、簡単に結果を比べる事が出来ます。 これなら、損保会社を変更した場合、どこが一番安いのか一目瞭然ですよね。 見積もり予約機能 見積もり予約機能では、満期まで60日となった時点で、自動で見積もりをするよう予約する機能。 見積もりが完了したら、メールでお知らせが届きます。 ついつい忘れてします人には、便利な機能です。 入力時間短縮機能 車買取比較や引越し比較など、グループサイトの利用歴があれば、共通IDである「ズバットID」で入力時間を短縮できます。 ズバットIDは、ポイントサービスやプレゼントキャンペーン等、お得なサービスを受けられます。 満期日お知らせ機能 メールアドレスと満期日を登録しておくだけで、満期日の2ヶ月前にメールでお知らせを受ける事ができます。 一括見積もりできる損保会社の一覧(軽自動車、車両保険など全て対応) 自動車保険一括見積もりの流れ(見積もり結果の月払い表示は非対応) 一括見積もりの流れは、とても簡単です。 見積もり条件を入力し、希望の商品を選択したら、あとは結果を待つだけ。 リアルタイム見積もり対応の保険会社なら、その場で見積もり金額を確認して、申し込みページに移動する事も可能です。 ネット販売方式で月払いを希望する方は、アクサダイレクトが対応しています。

次の

自動車保険が高い!保険料が高い理由と安くする方法とは?

自動車保険 等級 安い

料率クラスの数字が小さいほど保険料は安く、数字が大きいほど保険料が高くなる 料率クラスは、車種(型式)ごとにこの4項目が 1~9の9段階の数字で区分されています。 車種ごとの事故発生率を割り出し、保険金支払いの過去の実績が多い少ないかによって区分が決められ、保険料が決まっています。 保険金の支払実績が少ない車種ほど料率クラスの数字は小さくなり、保険料は安くなります。 型式別料率クラスは年に一度の見直しがあります。 それまでは安かった車種でも、年によって事故が多かった場合は料率クラスが上がることがあります。 結果として、 自分が1年間無事故でも型式別料率クラスの変動によって保険料が高くなることがあります。 料率クラスは、形式ごとに設定される車種と用途ごとに設定される車種があります 型式別に料率クラスが設定されている車 用途・車種 ナンバーの色 分類番号 自家用普通乗用車 白 3ナンバー 自家用小型乗用車 白 5. 7ナンバー 用途車種ごとに料率クラスが設定されている車 用途・車種 ナンバーの色 分類番号 自家用軽四輪乗用車 黄 5. 7ナンバー 自家用軽四輪貨物車 黄 4ナンバー 自家用小型貨物車 白 4ナンバー 例えば、日産デイズとダイハツのタントは両方とも軽自動車の「自家用軽四輪乗用車」の区分に入ります。 メーカーや車種・型式は全く異なりますが、料率クラスは同じなので等級や契約条件が同じであれば保険料は同じになります。 自動車保険料が安い車種ランキング 最安はダイハツのミラ。 N BOXとは1万円以上の差が! (金額は年間保険料。 車両保険無し・有りどちらも自動車保険料が安い (金額は年間保険料。

次の