あつ森 サブキャラ 家。 【あつ森】サブキャラを作るメリット・デメリットについて

【あつ森】2人目のサブ住人を作るメリット【意外と役立つ!】

あつ森 サブキャラ 家

サブキャラは別の島で遊べるわけではなく、メインキャラと同じ島で生活できます。 ユーザーの追加を行う ユーザーの追加画面が出現するので、「あたらしく作る」を選択しましょう。 アイコンとニックネームを入力することで、かんたんにユーザー追加できます。 追加したユーザーを選んでゲームを開始 ニックネーム入力後、ニンテンドーアカウントとの連携を選択すれば 連携はしなくてもOK 、準備完了です。 あつ森のゲーム開始時に、追加したユーザーを選ぶことでサブキャラでプレイできるようになっています。 サブキャラ作成のメリット おすそ分けプレイで同時に遊べる サブキャラを作ると、スマホに新たなアプリ「住人呼び出し」が追加されます。 住人呼び出しを使用すると、同じ島の住人で同時に最大4人までおすそ分けプレイが可能です。 おすそ分けプレイには、人数分のコントローラーが必要です。 スイッチライトは別途コントローラーが必要 Nintendo switch liteでおすそ分けプレイをするには、別途コントローラーが必要です。 スイッチライトでプレイしている方は、あつ森でおすそ分けぷれいをする場合は事前にコントローラーを購入する必要があります。 家を収納代わりに使える サブキャラでマイホームを建てると、その家を収納代わりに使えます。 要らなくなった家具や道具は、サブキャラの家に収納しておきましょう。 アイテムは、おすそわけプレイか地面に放置することで共有できます。 マイルの共有はできませんが、マイル旅行券であればメインキャラでの使用が可能であるため、サブキャラでがんがんマイレージを達成して旅行券を手に入れましょう。 ただし、マイデザインできる種類は初期状態のままでありメインキャラと同一ではありません。 持ち物の共有も可能 メインキャラとサブキャラは、アイテムを共有して使うことが可能です。 収納しているアイテムや別キャラのマイルームにあるものは共有できませんが、地面などに放置することで使うことが可能です。

次の

【あつ森】住民の家(内装・外装)一覧【画像あり】

あつ森 サブキャラ 家

2人目以降のプレイヤーの作り方 1人目とは別のユーザーでゲームを始める 『あつまれどうぶつの森』を起動した際に、同じスイッチ内の別のユーザーがすでに遊んでいる場合、そのユーザーが作った島に移住する形でゲームを始まります。 キャラクター名や誕生日、容姿を決めたらそのまま出発になるため、特別な質問等は何もありません。 島についたらテントとスマホを渡される 2人目以降のキャラクターでは、島に到着したらテントとスマホを渡され、そのまま無人島生活が始まります。 アイテムの拾い方などのチュートリアルもないため、初めて『どうぶつの森シリーズ』で遊ぶ場合は注意が必要です。 2人目以降 サブキャラ のメリット メッセージボトルの回収ができる サブキャラは、1人目とは別に浜辺に落ちているメッセージボトルの回収ができます。 さらにメッセージボトルの 中身も違うため、2人目以降を増やすことで効率的にレシピを集めることが可能です。 フーコからレシピを教えてもらえる サブキャラも、案内所にいるフーコからレシピを教えてもらうことができます。 そのため効率的にレシピを集めることが可能です。 フーコからもらえるレシピは、初回はスターなステッキで固定なので注意しましょう。 住民からレシピを教えてもらえる サブキャラも家でDIYをしている住民からレシピを教えてもらうことが可能です。 ただし教えてもらえるレシピは、同じ日だと1人目も2人目以降も変わりません。 収納数が増える サブキャラを増やすことによって、家の収納数を増やすことができます。 「1人目だけでは収納が足りない」という方は、サブキャラを作ってみてもいいかもしれませんね。 ゲームを終了してプレイヤーを切り替える場合は手間がかかるので、おすそ分けプレイの方が効率的です。 プレイヤーデータの消し方 タイトル画面から削除する• セーブデータ設定を選ぶ• 住人登録の削除を選ぶ プレイヤーデータは、 削除したいキャラクターのゲームのタイトル画面から削除することができます。 一度削除したデータは復元できないため、よく考えてからデータの削除を行いましょう。 1人目のキャラクターを消したい場合は、『あつまれどうぶつの森』のセーブデータそのものを削除する必要があります。 関連記事 マルチプレイをする方向けの記事一覧 2人目以降の増やし方.

次の

【あつ森】2人目のサブ住人を作るメリット【意外と役立つ!】

あつ森 サブキャラ 家

サブ住人を作るメリット 複数の家を建てることができる メインキャラの家とサブキャラの家が出来るので、• 家を複数建てて住宅街を作りたい• メインとは違った飾り付けを楽しみたい という方にとってはメリットです。 島にキャンプ場を作ってサブキャラの家をテントの状態で設置する、なんて使い方もで楽しそうですね。 サブキャラの家に直接物を置いたり収納することはできませんが、地面に落としたアイテムや飾り付けたアイテムは別のキャラでも拾うことができるため、倉庫として活用することも可能です。 家具を5個以上注文できる たぬきショッピングの商品購入は1日5個までという制限がありますが、サブキャラに切り替えて購入することで1日に5個以上入手することができます。 たぬきショッピングの日替わり商品を複数入手したい、カタログ家具を大量に注文したいという時に便利です。 マイルを個別に取得できる たぬきマイレージはキャラクターごとにカウントされます。 メインでマイルのミッションをあらかたクリアしていて「マイルが貯まりづらくなってきたな~」と感じた場合は、サブで遊んでみるのも良いかと思います。 メッセージボトルを複数取得できる 自分の島の海岸にDIYレシピが入った「メッセージボトル」が流れ着くことがあります。 (1日に2回まで確認) この「メッセージボトル」はキャラクターごとに出現するため、サブキャラの人数分取得することができます。 【4月25日追記】「木から落ちる家具を複数取得できる」の項目を削除。 島共通で1日2個まで落ちるようです。 模型を複数注文できる 通常1回1点しか注文できない「魚の模型」や「虫の模型」を複数注文することが出来ます。 さびたパーツを複数入手できる ジョニーが島に訪問した際、集めた「つうしんそうちパーツ」を渡さずに持っておくことで翌日「さびたパーツ」を5個入手することができます。 つねきちの美術品を複数購入できる 初回は1人のみですが、つねきちの船が解放された後はサブ住人も買い物をすることができます。 サブ住人のデメリットと注意点 準備が面倒で作業感がある 道具類はメインキャラから渡すことが出来ますが、実際にサブキャラをストレスなく活用するためにはいろいろと準備が必要です。 よく使用するレシピ類の入手・習得• おきにリングの入手(メインで使用していれば)• カバンの拡張など 目的にもよりますが、ある程度進めるまでは効率が良くありません。 共通の資源もある キャラクターごとにリポップしない資源もあります。 石を叩くと出る素材(ベルの石以外)• 木を叩くと出る素材• 木から落ちる家具• ハチの巣• かせき 上記のような素材やアイテムは、その日にメインキャラで回収済みの場合、サブキャラを起動しても復活していません。 マイデザインは共通 マイデザインの枠はメイン&サブで共通となっており、サブキャラを作成しても保存できる数の上限(50個)は増加しません。 住民の台詞に登場する サブキャラを運用していると、住民達の台詞にサブキャラの名前が度々登場することになります。 「昨日サブ1がいっぱい木を揺らしてたぞ~」 等の台詞を言われると没入感が急速に失われるため、純粋にどうぶつ達との交流を楽しみたい方はサブキャラを大量投入するのはおすすめしません。 サブキャラの作り方• Switchのホーム画面を開く• 設定>ユーザー>ユーザーの追加• 「あたらしく作る」を選択• アイコンとニックネームを設定 これでユーザーデータの追加は完了です。 あとは『あつまれどうぶつの森』を起動する際に新しく作ったユーザーを選択します。 DL版でサブキャラが作れない方は、お持ちのSwitchが「いつも遊ぶ本体」に設定されていないか、ニンテンドーアカウントの連携が解除されている場合があります。 以下のページをご参照ください。 サブキャラを削除する方法 サブキャラが不要だと感じたら、タイトル画面から削除することが出来ます。 削除したいキャラでソフトを起動• タイトル画面で「-」ボタンを押す• セーブデータ設定>住人登録の削除 上記の操作を行うと、あつ森内のサブキャラの住居や資産が削除され、どうぶつたちの記憶からも無くなります。 NintendoSwitchに登録したユーザー自体を消したい場合は、• Switchのホーム画面を開く• 設定>ユーザー>削除したいユーザーを選択• 一番下の「ユーザーの消去」を選択 上記の操作でユーザーデータを削除することができます。

次の