ハンマー クラッチ クロー。 【MHWアイスボーン攻略】クラッチクロー使う意味なくない?

【MHWI】「クラッチクロー」の操作指南【基本編】

ハンマー クラッチ クロー

クロー中の武器攻撃について検証したメモとなります。 クロー(共通) 抜刀術【技】 納刀、抜刀時に限らずクローでしがみついた後の武器攻撃は 抜刀攻撃となり率が上昇する。 その代わり多段系の攻撃だと最初の1発目にのみ効果が乗る。 例:大剣の武器攻撃は最初に剣を刺した後に下まで6ヒットの攻撃をする合計7ヒット攻撃だが、最初の剣を刺すところにしか抜刀術【技】にょる率上昇がのらない。 飛燕 威力の変化は無い。 クロー() 抜刀術【技】 武器攻撃 初段の植え付けは威力が上がったが、 爆発の威力は上がらない。 砲術 武器攻撃二段目の爆発にも 威力の変化は無い。 特殊射撃強化 武器攻撃二段目の爆発にも 威力の変化は無い。 ボマー 武器攻撃二段目の爆発にも 威力の変化は無い。 のカスタマイズによる変化 弾丸重化パーツ 威力の変化は無い。 弾速強化パーツ 威力の変化は無い。 起爆竜弾・改造 威力の変化は無い。 近距離射撃強化パーツ 威力の変化は無い。 遠距離射撃強化パーツ 威力の変化は無い。 クロー(・狙撃竜弾) 抜刀術【技】 武器攻撃の 威力が上がった。 砲術 威力の変化は無い。 特殊射撃強化 威力の変化は無い。 ボマー 威力の変化は無い。 のカスタマイズによる変化 弾丸重化パーツ 威力の変化は無い。 弾速強化パーツ 威力の変化は無い。 起爆竜弾・改造 威力の変化は無い。 近距離射撃強化パーツ 武器攻撃の威力が上がった。 遠距離射撃強化パーツ 威力の変化は無い。 クロー(・機関竜弾) 抜刀術【技】 連射の初段(1発)のみ 威力が上がった。 砲術 威力の変化は無い。 特殊射撃強化 威力の変化は無い。 ボマー 威力の変化は無い。 のカスタマイズによる変化 弾丸重化パーツ 威力の変化は無い。 弾速強化パーツ 威力の変化は無い。 起爆竜弾・改造 威力の変化は無い。 近距離射撃強化パーツ 武器攻撃の連射攻撃と最終段の爆発、それぞれの 威力が上がった。 遠距離射撃強化パーツ 威力の変化は無い。 結論的に言うと、クローでしがみつくと納刀扱いになるんでしょう。 そしてボウガンの攻撃は中々面白いですね。 特にの爆発部分ですが、属性が全く分からないんですよね。 ボマー、砲術、特殊射撃、近距離射撃(通常射撃)のどれでも無いらしいです。 もちろん砲撃手(、大砲の威力が上がる)でも無かったですw そのためかが乗らないので固定ダメージなのかもしれないですね。 ただ・機関竜弾の武器攻撃最終段の爆発はが発動するのであちらは射撃属性なんでしょう。 なかなかに興味深い検証結果となりました。 また気になるスキルと状況がでたら検証していきたいと思います。 今回はここらへんで。 kakudantou0109.

次の

アイスボーンの感想!ハンマーのクラッチクローが強い【モンハンワールドアイスボーン】

ハンマー クラッチ クロー

クラッチクローで大型モンスターにしがみつけ! クラッチクローはハンターの基本装備であるスリンガーの新機能で、どの武器を装備していても使用できる。 クラッチ後は武器攻撃やクロー攻撃、スリンガー全弾発射などが可能で、クラッチしているあいだはスタミナが急速に減り続ける。 クラッチ後のアクションについては、下で詳しく紹介する。 クラッチクローの特徴• すべての武器で使用できる• クラッチ中はスタミナを消費し続ける 装填中のスリンガーの弾を全弾発射しつつ地上に下りる。 前進中に壁にぶつかると大ダメージを与えられるうえ、ダウンもさせられる。 なお、怒り状態のモンスターはぶっ飛ばせない。 前進距離は長く、罠に誘導したいときなどにも有用。 エリアによっては、崩落なども狙える。 武器攻撃で傷を付けた部位は肉質が柔らかくなる クラッチ中の武器攻撃を当てると、その部位にしばらくのあいだ傷がつくことがある。 すると、その部位を攻撃したときに与えるダメージが通常よりも大きくなり、弾かれにくくなる。 また、武器によっては、モンスターからスリンガーの弾を落とさせることも可能。 傷をつけやすい武器、スリンガーの弾が落ちやすい武器は以下の通り。 マスターランクのモンスターはタフなので、狩りのときは最初に集中攻撃したい部位に傷をつけるといい。 モンスターに傷をつけやすい武器• ハンマー• 狩猟笛• ランス• スラッシュアックス• チャージアックス• この状態でモンスターの体を使った攻撃を防ぐと、自動でその部位にクラッチクローが伸び、クラッチに移行。 この技でクラッチすると、少しのあいだのけぞり無効になり、モンスターの攻撃を受けても振り落とされなくなる。 まとめ• クラッチ後の武器攻撃で傷を付けると与えるダメージがアップし、弾かれにくくもなる• モンスターを拘束する効果はないので、長時間クラッチし続けるのは危険• 頭にしがみついたときに壁が近くにあるなら、スリンガー全弾発射でのぶっ飛ばしでモンスターを壁にぶつけ、ダウンさせる(ただし、怒り状態はぶっ飛ばしができない)• モンスターが滞空しているとき、近接攻撃が届かないときなどに接近する手段として使えることを頭に入れておく.

次の

【MHWI】マスターランク ハンマー おすすめテンプレ装備のご紹介!生存優先、火力盛り盛り、麻痺サポート、匠、装飾品不要の5つの装備をご紹介!【モンスターハンターワールド アイスボーン/IceBorne】

ハンマー クラッチ クロー

どうも、えなおです! 絶賛配信中の 【モンスターハンターワールド アイスボーン】。 今回は新アクションである「クラッチクロー」について解説していきたいと思います。 クラッチクローとは? 特徴 クラッチクローは、MHW時代から装備されていた「スリンガー」の追加機能のことです。 『L2ボタン+〇ボタン』で敵にしがみつき、その後武器毎の攻撃・クロー攻撃・スリンガー全弾発射などに派生することが可能となっています。 クラッチクローの最大の特徴は 『傷をつけた部位の肉質を柔らかくする』ことです。 これにより、その部位を攻撃した時に与えるダメージが増え、弾かれにくくなることから、特に序盤は攻撃したい部位にクラッチクロー攻撃を行うのが非常に効果的となります。 『傷をつけやすい武器』• ハンマー• 狩猟笛• ランス• スラッシュアックス• チャージアックス• ヘヴィボウガン 『傷をつけにくい武器』• 片手剣• ガンランス• 操虫棍• 注意点として以下があります。 クラッチ中はスタミナを消費し続ける• クラッチ中も敵は自由に動き続ける• 縄張り争い中はクラッチクロー不可 1. クラッチ中はスタミナを消費し続ける クラッチ中のスタミナ減少速度については、 "強走薬"や "ランナー スキル "で低下させることが可能です。 クラッチ中にスタミナが0になってしまうと、強制的にクラッチが解除されしばらくの間 息を整える間 動けなくなるというデメリットが生じます。 もし仮にスタミナが少ない時にクラッチしてしまった場合、すぐに次のアクションに移るようにして下さい。 クラッチ中も敵は自由に動き続ける 乗り状態の時と違い、クラッチ中もモンスターは自由に動き回ります。 攻撃を受けるとダメージを受けて振り落とされてしまうので、クラッチクローの使いどころはプレイヤー自身がキチンと見極めていく必要があります。 基本的に攻撃が激しいタイミングでの使用は避け、よろけた時や攻撃に使用していない部位 尻尾攻撃中の頭部など ・滞空中の翼など、攻撃を受けにくいタイミングで狙っていくようにしましょう。 縄張り争い中はクラッチクロー不可 モンスター同士がぶつかり合う『縄張り争い』。 ハンターそっちのけで怪獣大戦争を初めてしまいますが、この間はクラッチクローで敵にしがみつくことは出来ません 仮に出来たとしても命懸けでしょうけどねw。 通常攻撃などでダメージを与えていきましょう。 怒り状態の判別方法 モンスターが怒り状態の時にクラッチしてしまうと、スリンガー全弾発射が使えなかったり、振り落とされてしまったりと逆にこちらが不利になってしまいます。 この「怒り状態かどうか」を判別する簡単な方法は『画面左下のミニマップ』で行えます。 モンスターの目がミニマップ上に表示されていますが、• 黄色の場合は『非怒り時』• 赤色の場合は『怒り時』 となります。 ミニマップのアイコンを確認するだけで、怒り状態かどうかを判別出来るので、是非活用してみて下さい。 使いどころ選ばないとダメージ受けたり吹っ飛ばされたりするので危険ですが、使用タイミングを見極めて使えれば強力な武器になります。

次の