韓国 不倫。 韓国人は日本人より浮気しやすい? 15人の“ご近所さん”と不倫した人妻

【不倫ドラマ】泥沼恋愛おすすめ人気ランキング一覧!もう一度ドキドキしたい! │ おもろいドラマBLOG♡

韓国 不倫

2015年、韓国において姦通罪が廃止されたことは日本でも報道されました。 配偶者以外の相手と関係を持った人を処罰する姦通罪の存在は、韓国において不倫を食い止めるための重要な法律として制定・施行されましたが、現代の倫理観にはそぐわないとの判断がされる形となりました。 一方で姦通罪の廃止は、不倫を助長すると考えることもでき、同法の廃止後も議論は続いているようです。 韓国で62年続いた姦通罪 2015年まで62年間にわたって続いた姦通罪は、男女共に配偶者以外の相手と関係を持つことを処罰の対象とし、韓国国内における不倫に対する考え方の根幹を担ってきました。 姦通罪は日本人にとってはなじみがないものの、韓国国内では制定されてからの歴史の長さから人々の生活にも溶け込んでおり、例えばテレビドラマで不倫をしているカップルのもとに警察が踏み込み、摘発されるといったシーンが放送されることも珍しくはありませんでした。 一方で、きっかけとなる特定の出来事があったわけではありませんが、この姦通罪が違憲なのではないかとの考え方は人々の倫理観の変化に伴って増え始め、議論も頻繁にされるようになりました。 62年間続いた姦通罪の歴史は幕を閉じたのです。 姦通罪が制定された背景とは? 韓国における姦通罪の制定は1912年にまで遡ることができます。 日本の植民地だった当時の韓国では朝鮮刑事令が制定されており、姦通罪に関しては日本の刑法がそのまま規定されていました。 当時の日本の刑法における姦通罪は女性のみを対象としており、女性の不倫のみが日本・韓国共に処罰の対象とされていたことが分かります。 一方で、当時の朝鮮刑事令は言い換えれば、植民地支配をしていた日本によるものと考えられるため、その後韓国国内で制定、施行された姦通罪とは別物とも考えられます。 2015年の廃止まで62年間にわたって続いた韓国独自の姦通罪は1953年に制定されました。 この法律では日本の刑法で規定されていた女性のみを対象とした姦通罪ではなく、男女共に処罰の対象となる姦通罪となっており、韓国国内における不倫に対する倫理観の根底を担うこととなりました。 以上のことから、韓国独自の姦通罪は62年間続いたものの、それ以前にも日本の刑法がそのまま規定されるという形で姦通罪は存在していたため、韓国における姦通罪の歴史は100年以上続いていると考えられるでしょう。 姦通罪の廃止で、不倫が増える? 一方で姦通罪の廃止は、刑法による不倫の取り締まりがなくなることを意味するため、一部からは不倫を助長するのではとの声も上がっています。 また、このことを不倫の解禁と捉える人が多くなれば、不倫に対する倫理観にも大きな変化が生じると予想されるので、そのような理由からも不倫を助長するといえるかもしれません。 しかし、刑法で不倫を取り締まることができなくなっても、不倫が不貞行為である事実は変わらず、例えば不倫を理由とした離婚裁判で不倫をしていたことが実証されてしまえば、多額の慰謝料を請求される事態にもつながるため、姦通罪の廃止が社会全体における不倫の解禁に直結するとは言い切れるものではないのです。 また、姦通罪が廃止される直前の韓国では、姦通罪による逮捕・起訴は激減しており、姦通罪自体が有名無実化していたという事実も忘れてはいけません。 つまり、韓国国内ではある日突然姦通罪が廃止されたのではなく、廃止に向けた段階がしっかりと取られていたため、姦通罪が廃止されたことによって、人々が急に不倫に走ることを防ぐ取り組みも十分にとられていたともいえるものです。 民法明記の「不貞行為」とは? 不倫を刑法で取り締まることができなくなった韓国では、日本と同様に民法のもと不倫を実証すれば、慰謝料などを請求でき、このことが事実上唯一の不倫に対する抑止力となっています。 しかしながら、そのためには民法で規定する「不貞行為」を実証するための証拠を揃えなければなりません。 刑法における姦通罪の取り締まりでは、基本的に配偶者以外の相手と性的な関係を持った際しか摘発の対象にはできず、起訴をする際にも性的関係を持ったことが分かる証拠を揃えなければなりませんでした。 ですが、民法で規定された不貞行為には、性的関係を持つことだけでなく、夫婦の信頼関係を損なうすべての事柄がその対象とされており、例えば、民事裁判で不倫を理由とする離婚の慰謝料を請求する際には、性的関係を持った事実だけでなく、メールのやり取りなども証拠として利用することができます。 そのため、民法における不貞行為の範囲は刑法におけるそれよりも広く定義されていることが分かります。 韓国における姦通罪の廃止は、表面的な部分だけを見ると不倫を助長するようにも思えます。 しかしながら、実際は不倫の抑止力としての民法の存在はとても大きく、姦通罪が廃止されたことによって人々が不倫へと走ることを十分に防いでいるといえそうです。

次の

韓国ドラマの醍醐味。愛憎入り乱れる傑作不倫ドラマをご紹介!

韓国 不倫

雪景色が美しいフィンランドのヘルシンキ・・・ それぞれの子供たちの国際学校で出会ったサンミンとギホン。 ある事情で遠く離れたキャンプ場に2人で向かう事となる。 大雪で足止めを食らった二人は誰もいない森の中の小屋で 衝動的に身体を重ねる・・・ お互いの名前も知らず別れた2人だったが・・・ 8か月後のソウル、サンミンの前に突然ギホンが現れ それぞれに家庭を持つ身でありながらも どうしようもないほど熱く惹かれあう2人。 禁断の恋に落ちていく・・・ 韓国映画「男と女」感想 倫理的観点からいうと、この映画はただの下衆なダブル不倫映画ですが それはひとまず置いておきましょう・・ セリフなんていらない・・音楽・風景の美しさで語る映画 美しいフィンランドの画から始まるこの映画・・・ 真っ白な雪に囲まれた森の中の小屋 窓から差し込む光 どこまでも続く雪の中の針葉樹 サンミンとギホンがほんのひと時身体を重ねたのも 幻想的なフィンランドが見せた夢なのかと思わせるような・・・ そんな演出も最高でした。 そして登場人物のセリフの少ないことに驚きます。 余計なセリフはいらない。 ・・・目がそして音楽が語りかけてきます。 BGM、挿入歌には一切歌詞はありません。 コン・ユが演じるギホンの人物像~私的見解 これまで何かに一生懸命になることもなくひたすら曖昧に生きてきたギホン。 若い妻はいまだに自分を「オッパ」と呼び 幼い娘はまったく自分になつかない・・・ 建築士として仕事上の地位は確立し、金銭的にも余裕はあるものの 嫉妬深く、精神的にも危うい妻は 自分の仕事にまで干渉してきたり自傷行為を起こしたり・・・ そんな息が詰まる毎日をただ淡々と曖昧にやり過ごすギホン。 ひたすら優しいオトコ これまで言い争うこともなく、自分を主張することもなく 何かを欲しがることもなく生きてきた彼が 初めて手に入れたいと切望したのがサンミンだった。 淡々と過ごしてきた日々に突如現れたサンミンに心を揺さぶられ これまで感じたことのない感情に突き動かされるギホン。 彼のこれまでの境遇から見ると当然のことだったのかもしれない。 チョン・ドヨンが演じるサンミンの人物像~私的見解 テレビ出演までし地位も財力も持ち合わせた医者の夫を持ち 自分もアパレル会社の社長としてやりがいのある仕事をこなすサンミン。 重度の知的障害をもつ一人息子を溺愛し 他よりも厳しい子育ても前向きにこなしている。 夫も、妻に育児を丸投げするわけでもなく 子どもの相手をしたり凝り固まったサンミンの考えを諭したりと 良いオトコなのだ。 しかしフルタイムで責任のある仕事をしながらの子育て・・・ 少しずつ意見がずれていく夫婦間の溝・・・ そんなストレスが積み重なっていたサンミンが出会ったのが ひたすら優しく、穏やかに自分を求めるギホン。 先の見えない関係をすぐに清算しようとするサンミンだったが だれかの母でもなくだれかの妻でもなく 一人の女としての自分・・ それを気づかせてくれたギホンへ想いはどんどん強くなり ついに爆発する ギホンよりは追い詰められた状況には見えないサンミン。 良くも悪くも筋が通った性格の彼女 「不倫」という筋の通っていない状況に いち早くけりをつけようとするのもサンミン。 でも・・・ひとたびギホンに心を奪われている自分に気づいてからは 自分を偽って生きることがどうしてもできなかった。 それが最愛の息子を失うことになったとしても・・・ サンミンとギホン~2人の関係性はこう変わる 初めに手をだしたのはサンミン・・・とは言えシグナルを送っていたのはギホン。 濃厚なキスに応え気持ちを高ぶらせていくギホンはどんどん先に進もうとするが そんな中遠くを見つめてされるがままのサンミン。 サンミンへの想いをつのらせながらも妻子の顔をみて踏みとどまったギホンと 夫の顔を見て家を飛び出したサンミン。 ほんの少しの勇気があればギホンも飛び出していったのかもしれない・・・ そんな思いの中、迎えたラストシーンが印象的。

次の

略奪愛から不倫までドロドロすぎる韓国ドラマおすすめ7選!

韓国 不倫

【夫婦の世界】ありふれた不倫ドラマもキムヒエが演じると一味違います【韓国で人気沸騰】• 夫婦の世界 とにかく、放映直後から、韓国で話題になっているドラマだ。 最近始まった、キムヒエのドラマ「夫婦の世界」を3話で連続で見た。 ものすごい展開。 韓国で今話題になっているのがわかる。 やっぱりキムヒエは違う。 「密会」以来のヒット作品になるかも😊 — ぽぽろん@韓国語の達人 poporon55com ドラマのストーリー展開の速さに、ぐんぐん引き込まれていく。 簡単にいうと、不倫ドラマなのだが、キムヒエが演じると、ありふれた感じがまったくしない。 キムヒエの存在感が、ドラマに深さを感じさせるのだ。 女優の演技力というのがこんなにも重要なのかとあらためて思う。 夫婦の世界 韓国での放送時期• 2020年3月27日放送開始• 全16話 放送時間• 【金・土】 夜10時50分~12時20分(70分) 原作• ドクターフォスター (イギリスBBC ONEのドラマ) 放送局• JTBC あらすじ チソヌ(キムヒエ)は医師であり、病院の副院長でもある。 同い年の夫イテオ(パクヘジュン)とは熱愛の末に結婚。 二人の間には中学生の一人息子チュニョン(チョンジンソ)がいる。 優しく情熱的な夫と、賢い息子との幸せにみちた家庭が、ある瞬間から亀裂が入り始める。 そのきっかけは、夫のマフラーについていた一本の髪の毛だった。 明るいオレンジ色の長い髪。 いつも7時過ぎに帰宅する夫。 ところが秘書に確認すると5時には退社しているという。 チソヌの中で、信じていた夫に対する疑惑が生じ始める。。。 出演 キャスト• キムヒエ【役名 チソヌ】• パクヘジュン【役名 イテオ】• パクソニョン【役名 コイェリム】• キムヨンミン【役名 ソンジェヒョク】• チェグッキ【役名 ソルミョンスク】• イギョンヨン【役名 ヨビョンギュ】• キムソンギョン【役名 オムヒョジョン】• ハンソヒ【役名 ヨダギョン】• チョンジンソ【役名 イジュニョン】• シムウヌ【役名 ミンヒョンソ】 超個人的感想 キムヒエ演じるチソヌは、家庭医学科の医師。 家庭サラン病院の副院長だ。 この病院の名前が、• 가정사랑병원• 家庭愛病院 というのも、なんとも皮肉だ。 女医役がはまるキムヒエ たぶん、キムヒエにとって、女医役は初めてのはずだ。 でもハマっている。 とにかく、キムヒエは役作りがすごい女優なので、完ぺきに、その雰囲気をつくっている。 白衣姿に、黒い髪、大きめの金縁の眼鏡をかけて、パソコンの画面を見ながらカルテをめくる。 その一連の動作が、本当にサマになっている。 医師としての冷静さと、夫に不倫に直面した時の、絶望と不信。 愛する一人息子を思う気持ちとともに、その父親である夫の裏切りに対する怒り。 周囲の人間すべてが、自分をだましていたことを知った時の衝撃。 周りが完ぺきに私をだましていた! 1話の終わりの、• 모두가 완벽하게 나를 속았어• みんなが、完ぺきに私をだましていた• 여기가 바로 지옥이었구나• ここが、本当の地獄だったのね キムヒエの、このセリフが、ずしんと胸に迫る。 たぶん、この同じストーリーを、他の女優が演じたら、ここまでのめりこめなかっただろう。 キムヒエが演じるからこそ、次が気になってしかたがないのだ。 キムヒエは、どんな選択をするのか。 普通の妻たちとは違う道を選ぶのか。 それとも、ありふれた、他の不倫ドラマと同じような修羅場になっていくのか。 海外ドラマが原作、という点で、チョンドヨンの• ドラマ「グッドワイフ」 と見比べてみるのもおもしろいかもしれない。 幸せな家庭にしのびよる破局 成功した妻と、その妻の経済力に頼って、映画監督として映画を作り、エンターテインメント会社を経営している夫。 二人は愛し合い、一人息子にめぐまれ、幸せいっぱいの家族に見えていた。 完ぺきだったはずの幸せな家庭には、妻が知らない大きな陥穽があった。 チソヌ(キムヒエ)の友人であり、ソヌを慕っている会計士のソンジェヒョク(キムヨンミン)は、キムヘスクと• 映画「ビバ!ラブ」 で共演していた俳優だ。 キムヒエは1967年生まれ、キムヨンミンは1971年生まれだから、キムヒエより4才年下になる。 キムヒエの夫役のパクヘジュンは、1976年生まれなので、キムヒエより9才年下だ。 でも、ドラマの中では、全員同い年という設定になっている。 若作りをしないのに実年齢よりはるかに若く見えるキムヒエ キムヒエは韓国女優の中でも、美肌で有名なので、実際の年齢よりはるかに若く見える。 ただ、パクヘジュンとはさすがに同い年には見えない。 それでも違和感がまったくないのは、キムヒエの存在感かもしれない。 このドラマ「夫婦の世界」では、キムヒエはまったく若作りをしていない。 医師という役柄を意識してか、ユアインと共演したドラマ「密会」の時のように、ピカピカに光る肌ではない。 でも、普通に40代に見える。 キムヒエという女優が演じているので、不倫ドラマが単なる不倫ドラマで終わらないはずだ、という期待感がある。 本当の女優とはこういう人のことをいうのだと思う。 キムヒエとシムウヌの不思議な連帯関係に注目 このドラマで、私が注目している女優は、シムウヌ【役名 ミンヒョンソ】だ。 シムウヌは、あることがきっかけで、キムヒエと同志的関係になる。 シムウヌ自身は、同居している恋人からDVを受けている。 そんなシムウヌが、キムヒエと協力して、夫の不倫相手に接近する。 若さ以外に何もないシムウヌと、医師という社会的な地位と、幸せな家庭を持っていたはずのキムヒエが、女性として、不思議な連帯関係になっていく。 このへんのおもしろさもある。 ち ドラマ「夫婦の世界」がたんなる不倫ドラマでないのは、この2人の登場人物と、キムヒエの役名だ。 「チソヌ」という役名の秘密• ソヌ 선우 という名前は、韓国で普通、男性に付けられる名前だ。 そのへんが、このドラマの展開を解くカギになるような気がする。 キムヒエの息子チュニョン役のチョンジンソが、とにかくかわいい。 中学生で、こんな天使みたいな男の子がいるのかと思うくらい。 ユスンホを思いっきりあどけなくした雰囲気だ。 「夫婦の世界」の放送時間は、金・土の午後10時50分~12時20分なので、完全に大人向けのドラマだ。 お子ちゃまが寝たあとで、大人が楽しむドラマなのである。 このドラマを見るために、皆が週末を楽しみにしているのもわかるような気がする。 カテゴリー•

次の