ピティナ 全国 大会。 角野 隼斗 / Sumino, Hayato

ピティナ・提携コンクールお申込

ピティナ 全国 大会

1995年生まれ。 2018年、東京大学大学院在学中に第42回ピティナ・ピアノコンペティション特級グランプリ、及び文部科学大臣賞、スタインウェイ賞受賞。 これをきっかけに、本格的に音楽活動を始める。 2019年、リヨン国際ピアノコンクール、第3位。 2017年、ショパン国際コンクール in ASIA大学・一般部門アジア大会にて金賞受賞、その他受賞多数。 これまでに国立ブラショフ・フィルハーモニー交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、千葉交響楽団等と共演。 2018年9月より半年間、フランス音響音楽研究所 IRCAM にて音楽情報処理の研究に従事。 パリのSalle Cortotを始めとするホールでリサイタルを行った他、ウィーン、ポーランドにてリサイタル出演。 2019年6月、ワーナーミュージック・ジャパンより1stデジタルアルバム『Passion』リリース。 2019年10月発売、「島本須美 singsジブリ リニューアルピアノバージョン」で全曲ピアノ演奏・編曲を担当。 クラシックで培った技術とアレンジ、即興技術を融合した独自のスタイルが話題を集め、2019年12月に行った全国ツアーでは全公演完売。 "Cateen かてぃん "名義で活動するYouTubeチャンネルは登録者数が20万人を突破するなど、新時代のピアニストとして注目を集めている。 現在、金子勝子、吉田友昭の各氏に師事。 ジャズ理論を宮本貴奈氏に師事。 フランス留学中にクレール・テゼール、ジャン=マルク・ルイサダの各氏に師事。 youtube. 2018年、東京大学大学院在学中に第42回ピティナ・ピアノコンペティション特級グランプリ、及び文部科学大臣賞、スタインウェイ賞受賞。 これをきっかけに、本格的に音楽活動を始める。 2019年、リヨン国際ピアノコンクール、第3位。 2017年、ショパン国際コンクール in ASIA大学・一般部門アジア大会にて金賞受賞、その他受賞多数。 これまでに国立ブラショフ・フィルハーモニー交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、千葉交響楽団等と共演。 2018年9月より半年間、フランス音響音楽研究所 IRCAM にて音楽情報処理の研究に従事。 パリのSalle Cortotを始めとするホールでリサイタルを行った他、ウィーン、ポーランドにてリサイタル出演。 2019年6月、ワーナーミュージック・ジャパンより1stデジタルアルバム『Passion』リリース。 2019年10月発売、「島本須美 singsジブリ リニューアルピアノバージョン」で全曲ピアノ演奏・編曲を担当。 クラシックで培った技術とアレンジ、即興技術を融合した独自のスタイルが話題を集め、2019年12月に行った全国ツアーでは全公演完売。 "Cateen かてぃん "名義で活動するYouTubeチャンネルは登録者数が20万人を突破するなど、新時代のピアニストとして注目を集めている。 現在、金子勝子、吉田友昭の各氏に師事。 ジャズ理論を宮本貴奈氏に師事。 フランス留学中にクレール・テゼール、ジャン=マルク・ルイサダの各氏に師事。 youtube.

次の

ピティナ全国大会を聴きに行く

ピティナ 全国 大会

゚ー゚ ピティナ全国大会を今年も聴いてきた。 娘たちもそれぞれ本選で目標をクリ アし、友人が全国大会に出場・・・ということもあり、ほぼ毎年の恒例行事になり つつある『ピティナコンペ全国大会見学?』をしてきた。 素 晴らしい技術を持ったペアなので、来年はまた聞かせてもらう機会があればと 願うところだ。 いろいろな演奏を聴いて、やはり全国の壁は本当に高く、そして厚いのだなとつ くづく実感した。 本当に素晴らしかった。 主要コンクールであれば、だいたいどのコンクールにも言えることだが、年齢が 上がってくるにしたがって、予選通過や入賞が難しくなる。 学校の勉強をおろ そかにできない年齢になってきているということでもあるが・・・。 学習塾に通い 始め出したりすると、そういった問題に悩まされるようになるのだと思うが ・・; 勉強とピアノとの両立で色々と悩みが出てくるのもそんな頃だと思うが、全国大 会で活躍している子供たちは、勉強とピアノの両立がしっかり出来る子が多い と先生から聞いたことがある。 確かに、全国大会を見る限り、どの子もとても賢 そうな子ばかりだな・・・と思った。 きっと勉強もピアノの練習も計画的かつ効率 的にできているのだな、という感じが伝わってくる。 色々と見習うことの多い全 国大会出場者を目の当たりにして、娘たちにも何か感じて欲しいし、吸収して欲 しいとも思う ゚ー゚.

次の

角野 隼斗 / Sumino, Hayato

ピティナ 全国 大会

ピティナの予選通過の割合 ピティナコンクールも全国各地区で予選大会が開催され 地区本線、全国大会へとすすみます。 A2級 だいたい半分くらいです。 A1級以上 3分の1~3分の1弱くらいで、開催場所によっては 4分の1程度の時もありましたが、 最低で30パーセントくらいでしょう。 難易度の高いコンクールではありますが審査員の好みなど 地区によってさまざまなな事が違うので 精一杯自分の演奏を心がけましょう。 ピティナ予選通過レベル ピティナコンクールの本選は、地区予選と違って 出場者のミスもとても少なくて完成度が高いので レベルがとても高いので予選の時よりも ピリピリしている雰囲気があります。 予選を併願している子も多く、早い時期にある予選は、 早く決めたい子が遠方からも来る為 コンクール自体のレベルも難易度高くなります。 ピティナコンクール本選の常連さんは、 予選の時点で本選曲を練習していることがとても多いです。 全国大会 地区本線から全国決勝に進む割合は、大体30人に1人位です。 50人の大型地区でも2人位しか進むことができないとても狭き門です。 決勝に行ける子はかなりそれなりの練習を時間をかけているでしょう。 全国を真剣に狙うのなら、簡単だと思う位の曲を選ぶ事がポイントです。 余裕を持って弾ける曲は、とても審査員には聞きやすく かつ表現も伝わりやすいので、カット数にも少なくなります。 決勝レベルになると、上下カットの点数で8. 8位とってます。 学びとまとめ ピティナコンクールは本選に進むのはかなり難しいだけあって、 かなり独特な表現力をもつ子が評価されていたりします。 初めてピティナコンクールに参加される子は 独特の雰囲気に負けそうになるくらいですが 練習の成果を出すことを目標に、頑張って弾き切りましょう。 【関連記事】 スポンサーリンク.

次の