ヤフー 占い さそり 座。 さそり座の運勢と性格【星座を48期に分けた誕生日占い】

【2020年の運勢】さそり座は学びの「集大成」!インプットをアウトプットに変えていこう

ヤフー 占い さそり 座

基本情報 晩秋を迎え、あらゆる生物が息絶えているかのように見えるこの時期。 でも動物は巣穴で寒さを耐え忍び、植物は命の結晶である種を蓄えて静かに目覚めの時に備えています。 そのため蠍座は息をひそめながら次の生を渇望している段階であり「生と死」や「何かを望む」ということをキーワードとしています。 ギリシア神話では英雄オリオンを刺し、死に至らしめた蠍がモチーフになっています。 12星座を人の一生になぞらえると、蠍座はある特定の対象にのめり込み、一体になる段階に当たります。 それは勉学や趣味であったり、異性だったりもするでしょう。 そのため蠍座の象徴キーワードは「I desire. (私は欲望する)」です• 何かをとことんまで探究するという性質は、どんな分野においても「研究者」として優れた資質を持っているということを意味します。 何事も決して手を抜かず、自分が納得するまでやり遂げる人物です。 1)自分の中に揺るぎない「体内時計」があり、決まった生活パターンを繰り返すのが苦にならない。 2)集中している時は、周りの声がほとんど聞こえない。 3)一度、何かを始めたらなかなか軌道修正できない。 4)何かにハマるとそればかりになる(食べ物、趣味など)。 5)顔色があまり変わらないタイプ(実は内心動揺していることも)。 6)基本、悲観的。 でも時に変な自信が湧いてくることがある。 7)要領のいい人を見て、落ち込むことがある。 8)適当なところで「手抜き」ができない。 9)「約束」の意味が他の人よりも重い。 10)何事もとことんやらなければ、気が済まない。

次の

2020年の運勢

ヤフー 占い さそり 座

総合運 2020年のあなたは、やることいっぱい。 あちこちから出会いやらお願い事やら課題やらが舞い込んできて、それを処理することで日々、大忙しとなりそうです。 それら内容は、得意なものから不得意なものまで、やってみたかったことからまったく興味のないことまで実にさまざま。 「何で私がこんなことをしなくちゃいけないの? 」「どうして引き受けちゃったんだろう?」などと腑に落ちないことも多々ありますが、あまり深く考えず、淡々とこなすのが何より重要。 これらはすべて、いずれ必ずあなたの宝となって、人生を輝かせてくれる学びなのです。 2020年は、やがて大きく花開くため、基礎を作る大切な期間。 この一年に与えられた事柄はすべて、未来を幸福にするための重要なミッション。 どんなことでもイヤがらず、積極的にこなさなければなりません。 ターニングポイント 5月 誰もやりたがらない、面倒な仕事を押しつけられてしまうかも。 最初はとにかくイヤイヤ、やる気も湧かず、最小限の労力で、適当にこなそうとするはず。 でも、続けているうちにやりがいを感じるようになり、いつしかそれが天職に……。 あなたにとって、一生の仕事になるかもしれません。 恋愛運 魔が差しやすい時。 恋人がいるのに他の男性と仲良くなろうとしたり、友人の好きな人にちょっかいを出してしまったり、妻子のいる人と関係を結んだり……絶対にやりたくない、自分はやらないなどと思っていたことを、うっかりやってしまう可能性大。 それにより多方面と揉めて、修羅場を経験することになるかもしれません。 また、恋人や好きな人とすれ違ったり衝突することが多く、相手が何を考えているか、頭を悩ませることが多くなりそう。 いずれにしても2020年は、学習の時。 うまくいかないことが多いけれど、その中からさまざまなことを学び、多くの気づきを得ることができるはず。 揺るぎない愛を手に入れるため、たくさんのことを、身をもって体験することとなるでしょう。 恋愛相性のいい星座 双子座 射手座 乙女座 双子座は、あなたのよき理解者。 何をしでかしても味方でいてくれる、貴重な存在になりそう。 射手座はライバルのようなポジション。 競い合い、磨き合い、ともに成長していける相棒といえそう。 一緒にいると、思わずムラムラ……肉体相性抜群なのは、乙女座。 いつでもどこでもラブラブ&ベタベタ、2人の世界に閉じこもって、濃密な時間を過ごすことに! 仕事運 自分が取り組んでいること、携わっている職種について、改めて勉強し直したい2020年。 これまでは、目の前のことをこなすことで精一杯。 じっくり学ぶひまなどなく、カラダで覚えて何とかこなしてきたかもしれませんが、2020年はそれらスキルを、知識として揺るぎないものにすることが重要。 わからないままにしていたことを問い直したり、間違ったまま放置していたことを正したり……わざわざ時間を費やし、自身の基礎を固める必要があるのです。 また、不足しているスキルを補うため、新たに勉強を始めるのにもいい時。 資格試験にチャレンジするのもおすすめです。 学習は、コンプレックスをなくす作業。 学びによって多くの自信を備えることが、2020年の課題です。 金運 あれこれいろいろなことをやっているわりには、お金にならない2020年。 世のため人のために頑張っているはずなのに、収入面はさして変わらず。 それどころか、何だかんだと持ち出しがあり、お金は出ていく一方。 赤字になることはないにせよ、あまり余裕のない一年となりそうです。 また、スキルアップやブラッシュアップのため、お金を使わざるを得ない2020年。 将来のしあわせのため、自分への投資が不可欠の時なので、これらはケチってはいけません。 ゆえに、貯金はほぼ、不可能。 もしもなけなしのお金をふやしたいのであれば、株や投資など、お金にまつわるあれこれを学ぶのがおすすめ。 勉強し始めたらどっぷりハマること間違いなし。 その道のプロになれるかもしれません。

次の

12星座の基礎知識 さそり(蠍)座

ヤフー 占い さそり 座

つまり、極端に離れる事がないのです。 みずがめ座1位、てんびん座12位のような展開は、未だかつて見たことがありません。 同様に、こんなパターンもあります。 たとえば、さそり座が上位だと、てんびん座もみずがめ座も下位で、さそり座が下位だとてんびん座もみずがめ座も上位になります。 ふたご座も順位が近いため、ふたご座の運勢を見るとてんびん座 みずがめ座の運勢のランクが高いか低いか分かってしまいます。 絶対に何かのパターンがあるんでしょうね。 私と同じように気がついた方、いらっしゃいませんか? 朝の星座占いは、月星座の移動に伴っていますよ。 天文暦でわかります。 以前にも回答したことがあるのですが、月は約二日半で星座を移動します。 その二日半の間にいる星座と角度(相性)が良い星座がランキングの上位に来るのです。 だから風(ふたご、てんびん、みずがめ)の星座、地(おうし、おとめ、やぎ)、火(おひつじ、しし、いて)、水(かに、さそり、うお座)に集まっているわけです。 ただ、正反対の星座に月があるとき、たとえばおひつじ座に月があるときの正反対はてんびん座ですが、それは衝(ぶつかる)の角度になり、てんびん座が最下位になる(ふたご、みずがめにとっては吉の角度なので下位にはならない)という仕組みがあるわけです。 だから、天文暦を見ると、今日はいいのか悪いのか、判断できる次第です。 月単位とか年単位とかでの運勢ではなく、短い周期の運勢に、この月の天文暦が判断材料になるわけです。 長年占星術が好きなので、これくらいでしたら判りますが、もっと詳しい方がいらしたら、ご説明、訂正などお願いします。。。 ちなみに、2月2日午前中から5日の明け方までおうし座に月があるから、占いだと地の星座が早ければ月曜日から二日ほどは上位にくるはずです。 (めざましテレビなど)二日月曜朝まではおひつじ座で、以後はおうし座です。 この移動の時間は必ずしも一定ではないので、悪しからず。

次の