マスク 4社目。 アベノマスクの4社目ってどこ?

アベノマスク調達先4社目の「株式会社ユースビオ」、完全に正体不明でした

マスク 4社目

厚労省がかたくなに公開を拒んでいた妊婦向けアベノマスクの4社目が「ユースビオ」であることが判明しました。 しかしこの会社、少なくとも数億円単位の税金が投入されたはずですが、完全に正体不明です。 詳細は以下から。 厚生労働省は4月21日、新型コロナウイルスの感染防止対策として日本の全世帯に配布する布マスク、通称「アベノマスク」に関し、計90億9千万円の契約で3社から調達したと明らかにしました。 これは社民党の福島瑞穂党首の問い合わせに書面で答えたもので、内訳は興和が54億8000万円、伊藤忠商事が28億5000万円、マツオカコーポレーションが7億6000万円とされました。 アベノマスクについては総経費が466億円と東京スカイツリーの建設費を超える価格となっており、内訳は配達費128億円、マスク調達費338億円と説明されています。 福島議員は「3企業を合わせても90. 9億円で少ない。 また、4企業と言っていたのに3企業という疑問はある」として、残りの1社がどこになるのか、また差額の用途などについても問い合わせているとツイート。 厚生労働省マスク班から今日4月21日、布マスクの全戸配布にかかる企業名、契約内容についての回答がきました。 3企業を合わせても90• 9億円で少ないのだが。 また、4企業と言っていたのに3企業という疑問はあるが、3企業と契約金額が出てきました。 — 福島みずほ mizuhofukushima なお、厚労省は各企業の調達枚数は明らかにしておらず 「開示した場合、マスクの単価を計算できることとなり、今後の布マスクの調達や企業活動に影響を及ぼす恐れがある」と説明しています。 マスク調達費の338億円から3社90. 9億円を引くと247. 1億円。 最後の1社にいくら投入され、差額の用途は何か、私たちの税金の使途だけに、厚労省が公表を拒んだことには疑念の目が向けられていました。 なお、アベノマスクの予算については4月24日の記者会見で菅官房長官が 「」と述べていました。 この「マスク調達積算額」が予算上のマスク調達費338億円を指すのだとすれば、すでに90. 9億円の使途が判明したことになり、残りの247. 1億円が浮いたことになります。 実際に掛かる費用の3. 75倍もの見積もりを出した挙句にあっさり取り下げれば、民間であれば「なんでそんな見積もり出してきた?」と ガチ詰めされた挙句に以降の取引をお断りされるレベルの大失態であることは社会人一年生でも理解できる話ですが、その点には敢えて触れずに最も大きな疑問について考えてみましょう。 つまり菅官房長官の言葉どおりなら、 3社と計90. 9億円の契約をしている時点で残りの1社と契約をする余地が残っていないのです。 これにより、 最後の1社は存在しておらず、どこかで中抜きがされているのではないかとの憶測も飛び交っていました。 福島議員が4月27日、公式ツイッターで妊婦用マスクの最後の1社の名前がユースビオであるとツイート。 今日、厚生労働省から回答がありました。 妊婦用マスクの4社目は「ユースビオ」と回答をもらいました。 — 福島みずほ mizuhofukushima 厚労省マスク班から本日(4月27日)、妊婦向け布マスクの配付予定枚数、予算額、製造企業名に関する文書が届きましたので、添付いたします。 — 福島みずほ mizuhofukushima さっそく国税庁のサイトから調べてみると、該当するのはです。 法人番号指定年月日は2017年08月30日なっており、登録から2年半も経っていません。 、、という押しも押されぬ大企業とは比較にならないほどの「格落ち」です。 そしての記述を見ても、事業内容はおろか代表者名や電話番号などもすべて不明。 Google検索してみてもネット上に情報がまったく存在していません。 なお住所は「福島県福島市西中央5丁目54番6号」となっており、Google Mapで調べると郊外の住宅街の一角のプレハブ平屋の一室です。 ストリートビューの撮影日は2019年7月となっていますが、ユースビオの看板は出ておらず、当然マスクを生産できるような場所でもありません。 なお部屋は6つしかありませんが、なぜか国税庁のサイトによるとこの住所に。 公明党のポスターが貼ってある部屋も。 ということで、現時点ではこの「株式会社ユースビオ」は事業内容も会社規模も全く不明なペーパーカンパニーと言わざるを得ません。 少なくとも、他の3社と並んで億単位の税金を投入するにふさわしい実績は見当たりません。 いったいどのような経緯で厚労省がこの会社からマスクを調達する経緯となったのか、そしての何億円の税金がつぎ込まれ、何枚のマスクが調達されたのか。 国難と首相が呼んだ疫病禍での感染症予防のため使われる国民の税金である以上、明確に示す必要があります。

次の

アベノマスク 布マスク配布 4社目 公開拒否 厚生労働省 日本 新型コロナウイル 20200426|極論空手形 / Extreme Argument Fictitious Bill|note

マスク 4社目

変幻自在。 補助金を受けた対象地域は飯館村。 もしやマスクで復興利権が明るみに? — 白石草 hamemen 2018年に3200万円の脱税 懲役1年6ヶ月、執行猶予3年で 現在、執行猶予中の ユースビオ 樋山茂 社長は 公明党の若松かねしげ参院議員の 支持者で 収支報告書にある自宅が 現在、競売中なのに 伊藤忠商事や興和と一緒に どうやってアベノマスク利権に ありつけたのか? — Tomo Tomo42293463 コレはアベノマスクいよいよヤバイ空気感でて来たな。 さんのFacebook見て来たけど、マジっぽさが半端ない。 も脱税とかした会社らしいし。 何も調べずにそんな会社にマスクを受注したとしても問題だし。 どうなるのだろう。 — michy michyPHOTO 本当に中身が全くない! 代表は樋山茂氏?脱税で有罪、公明党に献金している ネット民早いねえ 登記で調べる前にもう脱税ルートから調べあげてここまで来ている 該当住所同居三社は 1.株式会社樋山ユースポット 2.株式会社ユースビオ 3.有限責任事業組合沖サポート&サービス で代表は 樋山茂 代表 とのことか? — 脱原発. com @ 改憲阻止 battlecom もう少し突っ込とこういうことです ユースビオの代表取締役と妻の名前が 公明党への献金者リストに両方の名前が載っている — 脱原発. com @ 改憲阻止 battlecom 該当会社社長は2018年3200万円の脱税で、懲役1年6月、執行猶予3年の判決。 まあ判決が下ってるのはそれとして、とうの社長は開示許可を出しているのに、政府はなぜ開示しなかったのか? また、なぜ4/10に登記変更したのか? — 脱原発. com @ 改憲阻止 battlecom 原発関連会社なのではないか? これ、ダミー会社だよね?しかも福島県に所在地があるのが引っかかる。 原発関連もこの会社でピンハネしてた? — もこ yokopomoko 4社目とされる 株 ユースビオというペーパーカンパニー、住所が福島市ということもあってか「除染事業」や原発収束作業下請けとかにも絡んでいないか?と思ってしまうのは果たして自分だけか? — チャラ男・ダムド 無関心は悪の共犯 damned398 【アベノマスク】『ユースビオ』かなり怪しい!Twitterの反応は? 福島市の「ユースビオ」なる会社だが、実態は不明の組織。 汚職のニオイがぷんぷんする。 調べて分かったのは法人番号 2380001028430 と、所在地は福島県福島市で設立は3年前という点だけ。 代表者名も業種も不明。 頑なに公表されなかったので白黒ハッキリつけないといけない。 モリカケ桜に続くアベノマスク疑惑になりそうね。 — himiz himizukko 今治ではなく福島。 どう考えても、福一原発関連で作られたペーパーカンパニーっぽいなあ。 作為を感じる。 厚労省合同マスクチーム「全世帯布マスク無料配布の調達」 安倍「腹心の友」優遇で開学した加計学園獣医学部は今治 93億円の補助金を加計に払った見返りだった? — 桐谷育雄 kiriyaikuo 愛媛新聞でも 「政府が今治タオル工業組合に布マスクの生産協力の要請をした」との報道もありました。 今治は加計学園獣医学部があるところなので 「加計学園への補助金の見返りではないか?」との見方も。 今後6社目、7社目として名前が挙がってくることもあるかもしれません。 【アベノマスク】4社目を公表してこなかった理由は? 【福島発】 アベノマスク4社目。 厚労省が福島みずほ議員に対して回答した「株式会社ユースビオ」の本社所在地を、田中は訪ねた。 郵便受けは名義が白いテープで隠されていた。 法務局で登記簿を取ろうとしたが、「登記手続き中」として閲覧不可能だった。 明らかに匂う。 =27日、撮影:田中龍作= — 田中龍作 tanakaryusaku 「4社中3社しか公表できない」とかなり不自然な発表のされ方をしたので、国民の疑惑の目が向けられることになりました。 『4社目はユースビオ』と公表されると代表者・事業内容・電話番号すら不明といった会社が浮上してきました。 350億円以上のカネの行方がわからないとあって、これでなにもないほうが不思議です。

次の

アベノマスク残り1社はどこ?製造会社4社目は今治国産で不良品なし?|SANI LESSONS

マスク 4社目

Contents• 【アベノマスク】製造会社の残り1社 令和元年度予備費から今年3月に高齢者施設等用に2000万枚を調達、その内、50万枚を妊婦さん用に配布。 その中にカビや不良品が混じっていて回収となりました。 興和、伊藤忠商事、マツオカコーポレーションにもう一社の4社が受注したと言いますが、厚労省はこの1社の社名を明らかにしません。 3億枚で338億円、日本郵政配達費・パッケージ代・メーカーから日本郵政運送費・問合せコールセンター費用等で128億。 さらに233億円が必要なので補正予算案にも計上。 計466億円。 が、調達したところ91億円で済んだと菅官房長官。 新型コロナウイルス感染防止対策で政府が配布を進める布マスクについて、厚生労働省が1社の社名を明らかにしないと指摘した。 蓮舫氏は「令和元年度予備費から今年3月に高齢者施設等用に2000万枚を調達、その内、50万枚を妊婦さん用に配布。 その中にカビや不良品が混じっていて回収となりました」と投稿。 さらに蓮舫氏はマスクの受注元について言及。 「興和、伊藤忠商事、マツオカコーポレーションにもう一社の4社が受注したと言いますが、厚労省はこの1社の社名を明らかにしません」と記した。 出典元: スポンサーリンク アベノマスク製造会社の残り1社(4社目)をなぜ公表できない理由は何? 新型コロナウイルスの感染拡大を巡り、政府が配布する布マスク(俗称アベノマスク)の調達先に関して、ようやく厚生労働省が興和、伊藤忠商事、マツオカコーポレーションの3社を公表したが、残りもう1社が頑なに明かされないとして、ネット上では「残り1社」「4社目」に関して、「怪しい」「利権がらみ?」などと疑う投稿が殺到している。 安倍晋三首相が「極めて有効」とドヤ顔で繰り出すも、すこぶる評判が悪いアベノマスク。 小さいために使い勝手の悪さが指摘され、配布が始まると汚れや異物混入などの苦情が相次ぎ、2社が未配布分を全回収する騒ぎに。 税金を投じて行われる事業を巡っては、立憲民主党の蓮舫副代表がツイッターで発注元を「何度も厚労省に確認していますが、いまだに返事が来ません」と明かしていた。 最近になって3社が明かされたが、残り1社はなぜか非公表。 ネット上では「あと1社を頑なに隠す意味はわからん」「4社目がなかなか公表されないのもおかしい」「何故公表しないのか」といぶかしがる投稿が相次いだ。 最も受注額が多いのではないかとの指摘もあり、「もーっとも怪しい幻の1社」「残り1社は余程公開出来なかったんだな」「利権絡みでは?」「怪しすぎる」「残り1社の名前も言えない胡散臭いマスク」と、疑念は深まるばかりとなっている。 アベノマスク製造会社の残り1社(4社目)を公表せず!に様々なネットの声 アベノオトモダチマスクだろうな。 発注4社のうち3社に合計約90億。 配送料約128億。 汚職のニオイがぷんぷんする。 — さよなら昨日の私 SaYoNaRaKiNo 代表者不明 電話番号不明でどうやって 発注したのでしょうか? 教えてください、バーコードさん。 【アベノマスク】4社目は「ユースビオ」代表者名も事業内容も不明 所在地は福島市西中央 : まとめダネ! さんから — いのうえ ゆきひろ osakayukihiro 政府発注の布マスクを供給した4社目の会社である「株式会社ユースビオ」は、福島市西中央5丁目54-6にある長屋状の建物の左端から2軒目にあった。 公明党の選挙ポスターが貼ってある。 若松かねしげ議員は現在参議院総務委員長を務める。

次の