アイス ボーン 弓 カスタム 強化。 【アイスボーン】弓のおすすめ最強装備とスキル|覚醒武器装備【モンハンワールド(MHW)】

【MHWアイスボーン攻略】弓のカスタム強化って最終的にどれにしてるの?

アイス ボーン 弓 カスタム 強化

武器のカスタム強化 武器のカスタム強化は、5種類あり最終段階の武器のみカスタム強化を行えます。 レア度によって強化できる回数が決まっており、武器をカスタム強化するには「猛者の龍脈石」や「英雄の龍脈石」が必要です。 また、武器ごとにカスタム強化に必要な龍脈石が異なるため、歴戦個体が登場するクエストを根気よく周回する必要があります。 また、入手できる龍脈石の種類は完全ランダムなので、自分が欲しい武器種の龍脈石が手に入るとは限りません。 特にレア7武器のカスタム強化には、猛者の猛者の龍脈石が合計4つも必要なのでよく考慮してから強化を行いましょう。 レア8の武器には、HR50以上の歴戦古龍からのみ入手できる「英雄の龍脈石」を使用するため、カスタム強化の難易度は高めです。 カスタム効果一覧 効果名 効果内容 攻撃力強化 ・装備の攻撃力上昇 ・強化でさらに攻撃力上昇 会心率強化 ・装備の会心率上昇 ・強化でさらに会心率上昇 防御力強化 ・装備の防御力上昇 ・強化でさらに防御力上昇 スロット強化 ・装備にスロット追加 ・強化でスロットレベル増加 回復能力付与 ・ ダメージを与えると体力回復 ・強化で回復量上昇 武器のカスタム効果は全部で5種類あり、素材は消費しますが後から上書きも可能です。 ただ、同じ強化を重ね掛けした場合は、最初の1回目よりも効果が弱くなるので注意が必要です。 武器はモンスター素材も必要 武器のカスタム強化には、モンスターのレア素材を使用します。 特にレア8の武器には古龍のレア素材が必要なので、強化した武器がある場合は、あらかじめ集めておくとスムーズにカスタム強化ができます。 攻撃カ• 【レア6】• 【レア7】• 【レア8】• 【レア6】• 【レア7】• 【レア8】• 【レア6】• 【レア7】• 【レア8】• 【レア6】• 【レア7】• 【レア8】• 【レア6】• 【レア7】• 【レア8】• 武器倍率の高い武器は高く見えがちですが、上昇する攻撃力の値は一律です。 武器倍率は武器種ごとに設定されているので、同じ武器種なら武器が変わっても変動はありません。 防具のカスタム強化 カスタム強化を解放すると、防具をカスタム強化できるようになります。 歴戦個体クエストの報酬で入手できる素材を使って、防具の強化上限を解放し防御力を大幅に強化できます。 最終段階の防具のみ強化可能で、レア度によって強化できる回数が決まっています。 素材に必要な龍脈石は、歴戦個体から入手できます。 また、レア度7をカスタム強化するには「竜玉」が必要です。 レア度7の防具は優秀なものが多いため「竜玉」を多めに準備しておきましょう。 レア度 強化回数 必要pt 合計費用 1 15 342 15600z 2 13 320 23920z 3 12 475 44280z 4 10 480 56000z 5 8 260 49600z 6 6 840 58320z 7 7 1040 78400z 8 7 1280 94080z 防具のカスタム強化を行なうと、防具の強化レベル上限値が解放されます。 防御力を大幅に強化できますが、大量のお金と鎧玉が必要なので、無闇にカスタム強化しないように注意しましょう。 回復量はモーション値依存のため、手数が少ない武器でも恩恵が受けられます。 HP管理を楽に行えるので安定性を高めるだけでなく、常に攻撃を行い続けられる立ち回りによって手数や火力の上昇も見込めます。 超会心や属性会心との相性が良いので、攻撃力強化以上の火力増加を見込めます。 剣士に比べて被弾する可能性が低く、削りダメージも受けにくいガンナーは回復カスタムの恩恵を活かしにくいのでおすすめしません。 カスタム強化とは カスタム強化とは、歴戦個体の調査クエストのクリア報酬で、稀に手に入る素材を使って、武器や防具を強化できる機能です。 武器には「猛者の龍脈石」や「英雄の龍脈石」の専用素材を使って攻撃力や特殊効果を付与でき、防具には「龍脈石」を使って強化可能回数を増やせます。 龍脈石を歴戦個体から入手する龍脈石が必要 入手可能龍脈石 鑑定結果 難易度 汚れた龍脈石 猛者の龍脈石 危険度2以上 輝く龍脈石 英雄の龍脈石 カスタム強化解放には、カスタム強化で使う素材を入手する必要があり、猛者か英雄の龍脈石を所持した状態で加工屋に話しかけると、カスタム強化が解放されます。 いずれの龍脈石も危険度2以上のクエストで排出されますが、英雄の龍脈石は危険度3以上のクエストの方が排出率が高いです。 歴戦個体への挑戦にはHR30以上が必要 カスタム強化素材を落とす歴戦個体に挑むためには、HRを30以上まで上げる必要があります。 HR29で受けられる任務クエスト「爆ぜる鱗を超えた道」をクリアするとHRが30以上上がるので、まずは爆ぜる鱗を超えた道クリアを目指しましょう。 歴戦イビルジョーの周回がおすすめ HR30以上の方は、歴戦イビルジョーが出現するクエスト「脈打て、本能」で龍脈石を集めましょう。 「脈打て、本能」は、イベントクエストとして定期的に配信されているため、配信中を狙って周回しましょう。 おすすめ装備• 防具データベース• 特殊装具•

次の

【MHWアイスボーン攻略】弓のカスタム強化って最終的にどれにしてるの?

アイス ボーン 弓 カスタム 強化

mhwアイスボーンの導きの地は、地帯が5つあります。 それぞれの地帯によって出現するモンスターが違い、 レベル上げは、多くの時間をかけてしまうので、どの地帯からレベルを上げるか悩むと思います。 この記事では、 導きの地でレベルを上げるのにオススメの地帯 を紹介しています。 どの地帯を育てるかの参考にしてみてください。 地帯レベル 導きの地のレベルは7まであります。 カスタム強化や護石の強化に使う素材は、高レベルになってから出現する、歴戦モンスターや古龍などのモンスター素材が多いです。 導きの地では、 全ての地帯をレベル7にすることはできません。 最大でも3つの地帯をレベル7にするのが限界なので、育てる地帯を選ぶ必要があります。 おすすめの地帯• 溶岩 陸珊瑚• 森林 1. 溶岩 地帯 溶岩地帯は、 全ての武器において、 カスタム強化の枠を増やせる、 ラージャンの歴戦素材が入手可能な地帯です。 カスタム強化枠の拡大によって、 レア度12の武器でも、会心率強化と回復能力付与の両立という 強力な構成を両立できます。 また、溶岩の レベル7で出現する歴戦古龍級のモンスターが、 テオ・テスカトル ナナ・テスカトリ クシャルダオラ バゼルギウス ラージャン と 特に多いのも、魅力の1つです。 古龍の出現率に困らないので、防具と武器のカスタム強化にたくさん使用する 大霊脈玉が手に入れやすいです。 他にも、歴戦ナナ・テスカトリの素材は、便利な護石の「挑戦者」「匠」の最大強化に使用するので、特に重要度が高いのが溶岩地帯です。 陸 珊瑚 陸珊瑚地帯は、 リオレウス希少種 ネロミェール キリン プケプケ亜種 の歴戦個体と戦えるのが良い点です。 特にネロミェールの歴戦素材が一番の魅力といってもいいでしょう。 ネロミェールの歴戦素材は、 主に レア度12武器の回復能力のカスタム強化に使います。 レア度12の武器は、 イヴェルカーナ武器 ネルギガンテ武器 ジンオウガ武器 ラージャン武器 などの強力で、特に 使用頻度の多い武器が該当します。 また、 レア度12の回復カスタムの2段階目の強化には、 リオレウス希少種の歴戦素材が必要になります。 荒地 この地帯の魅力は、 リオレイア希少種の歴戦個体 ディアブロス ディアブロス亜種 です。 他にも、武器のカスタム強化として、使用頻度の高い素材の、リオレイアやディノバルドが出現しやすいです。 リオレイア希少種の歴戦素材は、カスタム強化の 属性強化に使うので、 属性値が重要な、弓や双剣を使用している場合は、優先度が高いかもしれません。 歴戦ディアブロス亜種は、武器のカスタム強化の スロット付与に使用します。 また、 護石「挑戦者」のレベル3への強化に用います。 瘴気 この地帯の良い点は、 ティガレックス亜種と ヴァルハザク ディノバルド亜種 の素材が入手できます。 ティガレックス亜種の調査クエストや、防具などを作成したい場合は、レベル上げすべきです。 ヴァルハザクの歴戦素材は、 「耳栓」「集中」の護石の最終強化に使用する ので、使用している武器によっては必要になるかもしれません。 カスタム強化でも、属性強化の必要素材でもあります。 ディノバルド亜種の歴戦素材は、 剣士にとって欲しいスキル「匠」の護石の最大強化の素材の1つです。 森林 森林地帯の出現モンスターは、 他の地帯にも出現するモンスターが大半です。 レベルを上げても、 他の地帯よりも旨味は少ないでしょう。 森林は、 イャンガルルガの歴戦個体が唯一の魅力です。 イャンガルルガの歴戦素材は、 レア度11の回復能力のカスタム強化に使います。 イャンガルルガの歴戦素材は、一度手に入れさえすれば、マカ錬金で交換できます。 なので、 マルチプレイで他の人の探索に参加して、イャンガルルガの歴戦素材を入手するのがいいかもしれません。 おすすめのレベル上げ順番 ソロ 導きの地の素材は、後述するマカ錬金で、 別のモンスター素材を使って、ある程度は交換できます。 しかし、 マカ錬金の交換リストに載せるには、一度素材を入手する必要があります。 なので、 いろんな武器のカスタム強化と、護石の強化をしたい場合は、全ての地帯で一度は高レベルにする必要があると考えられます。 また、 地帯レベルが7になると、それぞれの地帯に応じた見た目の、チャームが手に入ります。 コレクションしたい人は注意しましょう。 地帯レベルの上げ下げは、とても大変で時間がかかるので、 事前にレベル上げの順番は決めてからのほうが良いでしょう。 レベルの調整が大変なので、レベル7をキープしたい地帯は、さほど欲しい素材の少ない地帯を終わらせてから、育てるのがオススメです。 陸珊瑚は ナルガクルガ プケプケ亜種 リオレウス希少種 ネロミェール リオレイア亜種 など 瘴気 ティガレックス ティガレックス亜種 ディノバルド亜種 ヴァルハザク オドガロン 等です。 現状の地帯レベルは、3つの場所でレベル7に出来るので、 最終的には 瘴気、丘珊瑚、火山が レベル7 森林、荒地が レベル1 に落ち着くのがいいと思います。 オンラインマルチでは、自分の育てていない地帯に行けるので、上手に活用すれば、わざわざ自分でレベルを上げなくてもいい可能性もあります。 今後のアップデートで、新しい地帯が追加される可能性もあるので、レベルの上げ方や、レベルの維持の仕方が変わることも考えられます。 マカ錬金 大半の導きの地におけるモンスターの素材は、マカ錬金で交換可能です。 導きの地モンスター素材の7~8割近くは、交換できるので便利です。 マカ錬金の注意点• 一度は素材を入手する必要がある 交換リストには、一度入手した素材しか載りません。 今現在は必要ない素材であっても、念のため一度は手に入れておきましょう。 地帯レベル7から出現する歴戦モンスターの素材は交換できない 古龍の歴戦 ラージャンの歴戦 バゼルギウスの歴戦 リオレウス希少種 リオレイア希少種 などは交換で入手できません。 これらの素材は、モンスターの落とし物や、討伐などで、自力で集める必要があるので注意しましょう。 地帯レベル上げで注意したいこと 地帯レベルは、モンスターの生息地の量で、レベルの上がり具合が決まります。 例えば、 ディアブロスの場合、荒地地帯が大幅に上昇して、他の地帯がすべて低下。 オドガロンの場合は、陸珊瑚と瘴気が上がり、他が下がる。 イビルジョーやアンジャナフ亜種、ネルギガンテなどは、 いろんな地帯で出現するので、全ての地帯でほとんど変動しない。 この地帯の上がり方を利用すれば、 特定の地帯を上げたくない場合は、戦うモンスターを変える等をして、 効率よくレベル上げが出来るようになります。 痕跡や、罠が効率的にレベルが上がる。 特に罠は、レベル上げで最も効率的です。 罠は、何回当ててもレベルが上昇します。 しかも、 戦うことなくレベルを上げるので、もっとも楽です。 おびき出しなどを使って、何回も罠を大量に当てれば、短時間で、地帯レベル7までいけると思います。

次の

【MHWアイスボーン】カスタム強化の方法とおすすめの効果【モンハンワールド】|GAMY

アイス ボーン 弓 カスタム 強化

火属性の弓は上記の2つがおすすめです。 生産難易度はディノアローの方がやや高いです。 火属性はどちらがおすすめか考察した記事があるので参考にしてみて下さい。 水属性 ラグーナシュート 攻撃力288、水属性330。 それほどレアな素材を要求されずに作成できます。 2スロットと1スロットの空きが1つずつあるのが何かと便利。 レア度10なのでカスタム強化枠が7になる点でも水属性でもっともおすすめだと思います。 イヴェルカーナ、レイギエナ、凍てギエナの素材が必要で、天鱗も要求されるので作成難易度は高め。 作成難度も高くなく、レア10のためカスタム強化も7枠あり。 次回アップデートでラージャン 雷属性 が控えているので、追加武器があればどうなるか分かりませんが、現状雷属性では最もおすすめの弓だと思います。 強撃ビンが使用できないのがネックですが、高い属性値と空きスロットが魅力。 龍属性弓は多いですが、属性値が低いものがほとんどなので、この弓が現状おすすめできる弓です。 無属性と爆破属性は属性会心の効果が無いのでこの記事では省いています。 また機会があれば紹介したいと思います。

次の