フォープレイ。 フォープレイ (FOURPLAY)|チケットぴあ

Fourplay

フォープレイ

概要 [ ] は、投球を打つ等により打者走者となり、に触れることで、一塁の占有権を得て走者となる。 したがって(試合の勝利を目的とすれば)打者走者は打者席を出たら一塁に向けて走るほかない。 このとき一塁にすでに走者(この走者を「一塁走者」と呼ぶ)がいる場合、一塁走者は打者走者に一塁を明け渡さなければならず(一塁の占有権を失う)、一塁の占有権を失った走者は次塁である二塁の他に進む先はない。 同様に、一塁と二塁の両方に走者がいるときは二塁走者も三塁へ、のときには三塁走者もへ、それぞれ進塁を目指すことになる。 このように、各走者が後位の走者(打者走者を含む)のために元の塁の占有権を失い、次塁へ到達する他なくなった状態のことを フォースの状態といい、これによって起こるプレイをフォースプレイという。 言い換えれば、打者が打者走者になったことで、ある走者がフォースの状態に置かれる場合、この走者が占有していた塁よりも後位にある全ての塁には、その塁を占有する権利を与えられた走者がいることになる(これを俗に、 塁が詰まっているなどという)。 したがって一塁走者は必ずフォースの状態に置かれることになる。 ルール上の定義では、フォースプレイが生ずる対象はに塁を占有していた走者のみであり、厳密には投球当時に打席にいた打者走者を「フォースの状態」であるとはいわない。 だが守備側による打者走者本人への以外に、進塁すべき一塁への触球によってもアウトとなる点ではフォースアウトと同様であり、また、この一塁での打者走者アウトが第3アウトだった場合のタイミングと得点の扱いに関してもフォースアウトと同様の適用がなされる。 各走者が 必ずその塁に行かなければならない状態として似たような状況に、を捕らえられたときの の義務(各走者は投球当時占有していた塁に触れ直さなければならない)があるが、これはフォースプレイとは異なりであるので、注意が必要である。 フォースアウト [ ] 打者走者の一塁アウト フォースの状態にある走者が次の塁に達する前に、ボールを持った野手が• その走者の身体に、保持したボール(もしくはボールを持った手または)を触れさせる(走者にする)• その走者が進まなければならない次の塁に、保持したボール(もしくはボールを持った手またはグラブ)、あるいはボールを保持した状態で身体の一部を触れさせる(塁に触球する) と、その走者はになる。 フォースの状態で上記のアウトになることを フォースアウト(封殺)という。 したがって、上記の1. (走者の身体への触球)は見た目はタッグアウトだが規則上はフォースアウトである。 一塁上に一塁走者がとどまって一塁に触れていた場合、一塁走者に触球すればアウトになるが先に一塁への触球を行っていた場合はフォースの状態が解除され(後述)、一塁走者はセーフとなる。 フォースの状態にある走者が複数いる場合は、前を走っている走者から順にフォースアウトにすると、連続してフォースアウトにすることができる。 このように、1つのプレイで2つのアウトを取ることを、3つのアウトを取ることをという(特に、フォースアウトの連続で成立させた併殺を、という)。 フォースアウトと得点の関係 [ ] 第3アウトがフォースアウトの場合、または他の規則により打者走者が一塁に触れる前にアウトになった場合は、たとえ他の走者が先に本塁を踏んでいても得点は記録されない。 具体例1 二死三塁で、打者が三塁方向にを打った。 はこのゴロを捕り一塁に送球し、がこれを受けて、打者走者が一塁に到達する前に一塁を踏んだので、打者走者はアウトになった。 もし第3アウトの成立より先に三塁走者が本塁に到達していても、打者走者が一塁に触れる前にアウトになって第3アウトが成立したので、この得点は記録されない。 具体例2 二死満塁で、打者が三塁方向にゴロを打った。 三塁手はこのゴロを捕りそのまま三塁を踏んだ。 このとき三塁走者はすでに本塁に到達していたが、二塁走者は三塁手が三塁を踏むより先に三塁に到達できず、フォースアウトとなった。 第3アウトの成立より先に三塁走者は本塁に到達しているが、第3アウトがフォースアウトであるため、この得点は記録されない。 この例では、三塁手が三塁を踏むのでなく、直接二塁走者に触球しても、あるいは二塁または一塁に送球して一塁走者または打者走者をアウトにしても、同様に得点は記録されない。 具体例3 二死三塁で、打者がに大きなを打ったが、がこれを捕球した。 飛球が捕られるより先に三塁走者が本塁に到達し打者走者も一塁を回っているが、飛球が捕らえられた場合、打者はアウトとなり一塁到達も認められない。 したがって打者走者が一塁に触れる前にアウトになって第3アウトが成立したことになるので、この場合も得点は記録されない。 フォースの状態の解除 [ ] 走者がフォースの状態にあるとき、後位(後ろを走る)の走者がアウトになると、それより前位(前を走る)の走者の一旦失われた元の塁の占有権が復活する。 これにより、当該走者は次塁へ進塁するほか、元の塁に戻ることも可能となる。 これを、「フォースの状態から解かれる」、または「フォースの状態が解除される」などという。 フォースの状態が解除されると、本人への触球(タッグ)によるほかには守備側が走者をアウトにすることはできない。 例えばボールを持った野手が走者より先に塁に触れても、それだけでは走者はアウトにならない。 具体例1 一死一塁で、打者が一塁前にゴロを打った。 一塁手がこれを捕り、自ら一塁を踏んだ(これにより打者走者はアウトとなる)。 そしてすぐに二塁に送球し、カバーに入ったがこれを捕球して二塁を踏んだ。 しかし、先に打者走者がアウトになっているため、その前を走る一塁走者はフォースの状態から解かれたことになる。 したがってボールを持った遊撃手が二塁を踏んだだけでは、一塁走者はアウトにはならない。 アウトにするには、遊撃手は一塁走者に触球する必要がある(この例で一塁走者も触球されてアウトになった場合を特に、という)。 一死一・三塁または満塁で同様の状況になった場合、打者走者がアウト(第2アウト)になってから一塁走者がアウト(第3アウト)になるまでの間に三塁走者が本塁に到達すれば、第3アウトがフォースアウトではないため、得点が認められる()。 具体例2 無死満塁で、打者が三塁ゴロを打った。 三塁手がこれを捕り、三塁を踏んで、その後に本塁へ送球した。 送球を受けた捕手は、本塁を踏んでさらに一塁へ送球した。 実際にこのプレイが行われたとき「三重殺が成立して攻守交替」という誤解が生じることがあるが、この場合、二塁走者がフォースアウトになるので、三塁走者はフォースの状態から解かれ、身体に触球されなければアウトにはならない。 打者走者は、一塁到達前に一塁に触球されればアウトになる。 したがって、三塁走者の本塁到達による得点が認められ、二死二塁から試合が再開される。 具体例3 一死満塁で、打者が二塁ゴロを打った。 二塁手がこれを捕り、自ら二塁を踏み(フォースプレイにより一塁走者は第2アウト)、その後に三塁へ送球し、二塁走者を二・三塁間でタッグアウト(第3アウト)にした。 なお二塁走者がタッグアウトとなるよりも早く、三塁走者は本塁を、打者走者は一塁を踏んでいた。 このプレイでは、第2アウトの時点で二塁走者および三塁走者がフォースの状態から解かれるため、第3アウトはフォースアウトとならず、かつ第3アウトより先に三塁走者が本塁に到達しているため、三塁走者の得点が認められる。 フォースの状態の復活 [ ] フォースの状態に置かれた選手は、次の塁に触れることで進塁の義務を果たしたことになり、その走者は身体に触球されなければアウトにならない。 しかしながら、どのような理由にせよその走者がその塁から離れて元の塁の方へ向かってしまった場合、その走者は再びフォースの状態に置かれることになる。 野手はその走者の身体またはその塁に触球してアウトを取ることができ、このアウトはフォースアウトとして扱われる。 に開催された対第19回戦()の3回表、日本ハムの攻撃で、一死満塁のチャンスに打者のが外野に大飛球を放った。 オリックスのはこの打球を追って一度グラブで触れたが弾き、再びグラブに収めるまでの間に打球はフェンスに触れていた。 日本ハムの三塁走者と二塁走者は相次いで生還したが、一旦二塁に到達していた一塁走者のは、捕球されたと誤認したのか一塁に戻ろうとして二塁を放棄してしまったため、この時点で再びフォースの状態に置かれた。 外野から戻ってきたボールを持ってオリックスのが二塁に触球したため、大田はアウトになった。 このアウトはフォースアウトである。 いずれかの走者がフォースアウトになってしまえば打者に安打は記録されない ため、近藤には1と2のみが記録された。 脚注 [ ].

次の

Fourplay

フォープレイ

Larry Carlton Guitar 名前を見てわかる豪華さ。 ちなみに27年前の結成段階でもスーパーグループ認定できるだけのキャリアを持ってた人達だ。 今見たら凄い人達なのではない。 昔から凄い人達だ。 分かりやすいとこで言うとベースは の後ろで弾いてた。 ドラムは日本が誇るド、 のプロデュースとかしてた。 基本的に凄い人しかいない。 このドはギタリストの在籍に合わせて3つの時代に分けて語られることが多い。 古い方から順に Lee、Larry、Chuckだ。 ちなみに、別に喧嘩別れしたとかではなく 他の仕事が忙しすぎて暇がないから、というのが交代理由だ。 このレベルの人達が集まっているのだから当然の理由である。 というか他のメンバーが変わってない上にアルバムを2年に1枚程度のペースで出し続けてる方が奇跡的だ。 他に変化が全く無いのも相まって、このギターの違いが話題に上がること多い。 要は 誰が好きかだ。 と言っても他のパートは変わらないし、その3人のギタリストも大きな括りで見れば全員ジャズギタリストなので凄く 微々たる違いだ。 大きな差があるというわけではないが、せっかくだしざっくりとした違いを音楽的に説明しよう。 Lee期は最も若く、ドとしても成長途中ということもあって若々しい曲が多い。 様々な工夫を凝らし退屈しないスムース・ジャズを展開している。 また、セッションで意気投合してド結成に至ったという経緯も頷けるくらい個々の音の調和が取れている。 かなりジャジーで洗練されている。 軽やかだ。 対して Larry期はドも安定し落ち着きがある。 その落ち着きの中でLarryのギターが冴えることが多い。 他の2人に比べかなりブルースよりの熱いソロを展開することが多い。 曲としては落ち着いてるのだがソロは熱いというバランスだ。 かなり主張してくるソロだ。 Leeの軽やかさとは違う、しっかりと聞かせてくるソロが多い。 そして現在の Chuck期に入る。 「 誰だよ、チャック・ローブって」 そこまで無名な人ではないが、他の2人と比べると明らかに小物感はある。 たぶんジャズギタリストを熱心に追ってるギタリストぐらいしか認知してなかったんじゃないだろうか。 というかLeeとLarryが大物過ぎるんだよね。 例えるなら Leeがコカコーラ。 Larryが。 で、 Chuckが。 ?なにそれ?ってなる人がいても仕方ない。 確かにコンビニにはあまり置いてない。 しかし、結論としては 大正解だと思う。 Fourplayとして磐石なところにキリッとした苦味。 甘すぎず爽やかな音。 これが見事に溶け合って良い。 主張しすぎず、かと言ってソロがダレるようなことは決して無い。 どちらかというとフレーズはLeeに似ているのだが、Leeより更に軽やかだ。 というかジャズし過ぎてない。 そして 音色が明らかに他の2人と違う。 だが、これが一番ドに上手く溶け込んでいるのではないかと感じる。 バッキングが特に良い。 他の人のソロになった時に、いないのでは?というくらい綺麗に下がるのだが要所で少しずつ顔を出して彩りを加えている。 これが賢い上にセンスが逢ふれたプレイだ。 無難すぎるという意見もある。 確かに彼のソロは他の2人のような強烈な個性みたいなものは無いかもしれない。 ギタリストが見るとやっぱり残念なように映るのかもしれない。 ただ、作品全体を見渡せば クオリティは間違いなく上がっている。 立ち回りが上手い。 こんな有能だったのかと驚いた。 今作はそうした点が綺麗に現れていて本当に感心する。 いぶし銀のよさ ちなみに今作では ゲストにLeeとLarryがいる。 結局いるんかいって感じだが両者ともなかなか良い雰囲気で弾き合っている。 ソロになるとやっぱこの2人すっげーってなるが、その後ろでかなりセンスあるフレーズを弾いててやっぱChuck良いじゃんってなる。 そういうのもあるからヘッドホンの方がしっかり聴き分けできて楽しいと思う。 当然だが、他の3人もすこぶる良いぞ。 あと、今回はジャケも良い。 7枚目の『Heartfelt』から急にメンバーの顔が主体のジャケになりだしたんだが、個人的にはその前の芸術的なジャケが好きだ。 ということで今作はジャケも好き。 静かな夜に是非。 気付いたら楽しくなる仕掛けがふんだんに盛り込まれたおすすめの1枚だ。

次の

フォープレイ

フォープレイ

歴史 [ ] 、のリーダー・アルバム『グランド・ピアノ・キャニオン』にて、、、を加えた4人で揃ってセッションを行い意気投合しグループを結成した。 にセルフ・タイトル・アルバムでデビュー。 の「アフター・ザ・ダンス」のカバーにはがゲスト出演している。 このアルバムは、の・チャートで33週間1位を記録した。 続くアルバム『ビトゥイーン・ザ・シーツ』、『エリクシール』と好成績を残し、3作ともを獲得している。 4作目の企画をする中、リー・リトナーが多忙のためレコーディングの先送りを申し出た。 しかしリトナーは、自主レーベル「i. ミュージック」を設立し更に忙しくなったため、4作目の製作はいよいよ困難になった。 そこで他のメンバーは代わりのギタリストを探すことを決意し、他数人の候補を挙げて交渉したが、直前にセッションしていたイーストがを推挙して、口説き、カールトンが加入した。 リトナーと違いそれまで他のメンバーとのセッションの機会も少なく、録音間際での加入で作曲に参加できないなど当初のカールトンは他のメンバーとの距離が見受けられたが、に企画で・アルバム『スノーバウンド』、に『イエス、プリーズ! 』と新メンバーでもアルバムを発表し続け、以前にも増して結束力と各個性を強化した「ニュー・フォープレイ」を確立した。 この後、メンバーは、それぞれの忙しいソロ活動と並行してグループ活動を継続した。 またこの間、グループでとの合作アルバム『シェイク・イット・アップ』にゲスト出演している。 に古巣のを離れ、が新設したジャズ・レーベル、に移り、6作目『ハートフェルト』を発表、に通算10作目となる『X テン 』を発表した。 2008年に公式サイトにて、2月4日にに移籍したと発表。 9月に『』を発表、日本ではボーナストラックを加え1ヶ月前に先行発売している。 また8月には2005年に行われたでのライブを収録したDVD『ベスト・オブ・フォープレイ - ライヴ・イン・ケープタウン』が発売されている。 2010年2月に、ラリー・カールトンがソロ活動に従事するため脱退。 後任にが参加し 、10月に『』が発表された。 8月に、バンド結成25周年記念アルバム『シルヴァー』が発表された。 このアルバムには、ゲストとしてリトナーとカールトンがそれぞれ一曲ずつ参加している。 9月6日には、第14回に日曜日夜の部のヘッドライナーとして出演。 アンコールでは同日夜の部に出演したリトナーと、昼の部に出演したカールトンがゲストとして登場し、歴代全メンバーによる共演が行われた。 2016年10月10日、東京シーサイド・ジャズフェスティバルに出演。 急病で出演できなかったチャック・ローブの代演に急遽ラリー・カールトンが参加。 フォープレイは三日間のフェスティバルの初日と最終日の2回の出演であったが、初日は降雨中止となったため、一夜限りの復活となった。 2017年7月にギターのチャック・ローブが死去。 2018年1月公式サイトにおいて、2018年は活動休止、2019年に再編するとのスケジュールが公表された。 メンバー [ ] 最新ラインナップ [ ]• Nathan East - 、 1990年 -• Harvey Mason - 1990年 - 旧メンバー [ ]• Lee Ritenour - 1990年 - 1997年• Larry Carlton - ギター 1998年 - 2010年• 『フォープレイ』 - Fourplay 1991年、Warner Bros. エル・デバージ参加• 『ビトゥイーン・ザ・シーツ』 - Between the Sheets 1993年、Warner Bros. ノミネート作。 タイトル曲はのカバーで、参加。 『エリクシール』 - Elixir 1995年、Warner Bros. グラミー賞ノミネート作。 、、参加。 『ベスト・オブ・フォープレイ』 - The Best of Fourplay 1997年、Warner Bros. 、他参加。 『スノーバウンド』 - Snowbound 1999年、Warner Bros. 『イエス、プリーズ! 』 - Yes, Please! 2000年 シェリー参加。 『』 - Energy 2008年、Heads Up 、(ボブの娘)参加。 『』 - Let's Touch the Sky 2010年、Heads Up 、参加。 『』 - Esprit De Four 2012年、Heads Up 参加。 『シルヴァー』 - Silver 2015年、Heads Up ラリー・カールトン、リー・リトナー参加。 ライブ・アルバム [ ]• Fourplay Live The Authorized Bootleg 1992年 参加アルバム [ ]• 『イブニング・オブ・フォープレイ Vol. 1,2』 - An Evening of Fourplay: Volumes I and II 1994年• 『ベスト・オブ・フォープレイ - ライヴ・イン・ケープタウン』 - Live in Cape Town 2005年• Live at San Javier Jazz Festival 2006年 関連項目 [ ]• 脚注 [ ] [].

次の