あやとり たんぼ。 ‎たのしいあやとり na App Store

ひとりあやとり

あやとり たんぼ

この記事の目次• まずはひもの準備!大人と子供のひもは分けて作る 荷物をくくるビニールひもはあやとりには向かないので、使いやすい手芸用のコードがおすすめです。 だいたい太さ3mmぐらいが扱いやすでしょう。 ひもの長さの目安は両手を使います。 両手を水平にしてみてください。 右手の指先から左手の指先までの長さでひもをカットします。 結んでわっかを作れば完成です。 複雑な形を作る場合はプラス10cmくらいでカットして作れば遊びやすいです。 大人と子供ではかなり体格差があるので、別々に分けて作りましょう。 子供用はお子さまに「腕をあげて」と両手を水平にしてもらい、長さを測ってひもをカットします。 【すべりだい】3ステップで子供の心をつかむ! 簡単にできるものから始めましょう!ママが見本を見せたり子供のお手伝いをして完成させます。 身近な遊具「すべりだい」です。 両手の親指と小指にひもをかける• 左右どちらかの中指で、反対側のひもをひっかける• 引っ張る これは私が「これだけで滑り台に見える!」と勝手に呼んでいるだけですので、あやとりの指南書には載ってないと思います。 もう一方の中指をかけると「吊り橋」になります。 吊り橋は小さい頃に作った思い出があるパパママも多いのではないでしょうか。 子供と楽しい時間を過ごすことを目的にしていますので、「こんな形に見えた!」とパパママのアイデアもどんどん出してみてくださいね。 【かわ】初心者あやとりの定番! ひもを子供の手にかけて、ママが声かけとお手伝いをしてあげてくださいね。 簡単で達成感のある「かわ」です。 ひもを左手の親指と人差し指にかける• 引っ張る• 親指と人差し指にかける• 右手を入れる• 引っ張る 兄妹姉妹がいるときはひもを人数ぶん用意して、同じ形を作って楽しんでみましょう。 慣れると早く作れるようになります。 競争してもいいですね! 【ゴム】びよーんの声かけも楽しい! ゴムの伸び縮みが楽しめるあやとりです。 パパママが完成させて「びよーん」としているところを見せると「やってみたい!」と子供も興味を持ってくれます。 ひもを両手の親指にかける• 左手・小指で赤丸の部分をかける• 左手・親指で赤丸の部分をかける• 右手・小指で赤丸の部分をかける• 右手・親指で赤丸の部分をかける• 「びよーん」とゴムのできあがり、親指と小指を動かして遊ぶ まだ幼児なので指を動かすのが難しいという子もいます。 回数を重ねるうちに上手になるので「できるようになるよ!」と励ましましょう。 【六角のほし】シンメトリーのきれいな形 5つの工程で六角のほしができます。 ひもを両手の親指と小指にかける• 両手それぞれにぐるっとひもをかける• 左手・人差し指で赤丸の部分をかける• 右手・人差し指で赤丸の部分をかける• どちらか一方の手の人差し指にかかっているひもを、親指に移します。 すると五角形になりますよ! 【ふたりあやとり】親子でじゅんばんこしよう 親子で向かい合って楽しくできるふたりあやとりです。 「どんな形が出来るかな?」「上手!」など声かけができてコミュニケーションがとれます。 【ぺったんぺったん】もちつきをイメージ• 親子で両手をひろげ、親指と小指にひもをかける• 親、右手中指で赤丸をとる• 子、右手中指で白丸をとる• 親、左手中指で赤丸をとる• 子、左手中指で白丸をとる• 両手の親指と小指のひもをはずす 遊び方 親が右手を引っ張ると子供の左手とくっついて「ぺったん」、親が左手を引っ張ると子供の右手と「ぺったん」できます。 【連続あやとり】吊り橋からたんぼ• 子、吊り橋をつくる• 親、赤丸をつまむ• 親、赤丸を救い上げて「たんぼ」のできあがり 子供が喜んでくれたら「もう1回しようか」と声かけしてみてくださいね。 ふたりあやとりが難しいときは、右手はママ、左手は子供、ひとりあやとりを二人でしてみましょう!コミュニケーションをとりながら完成させることができます。 あやとりで脳を刺激!小さな達成感が海馬を活性化 あやとりは子供が楽しいだけでなく、大人にもいいことがあります。 「年齢を重ねると脳細胞は死滅して能力は衰えていく」ときいて不安になったことはありませんか。 実は年齢を重ねても、刺激を与え続けると脳は衰えず発達していくのです! 子供と一緒に遊ぶことで、パパママも脳を刺激することができます。 あやとりの小さな達成感は海馬を活性化させ、理解や記憶といった認知力を高めることができます。 子供に付き合って遊ぶパパママはちょっと疲れるかもしれませんが、脳を刺激しているんだと思うと自分にとっても有意義な時間に思えますよ!.

次の

あやとりしようよ!【みんなの声・レビュー】

あやとり たんぼ

子供はあやとりが出来ますか? あやとりの遊びと賢さは関係ないのでは?と思う方もいると思います。 子供達は誰かがあやとりばかりしていると、冗談で「のび太くんだ~」とからかい ます。 のび太くんの唯一?の取柄があやとりだからなのか… さて、うちの子供達はあやとりは得意です。 小学校でも低学年であやとりを授業で行います。 子供達に聞いてみると、ほとんどの子が出来なかった!!と言いビックリしました。 私たちの頃は1人あやとり かわ、たんぼ、ダイヤ、つづみ・・・ なんて出来て当たり前だったような。。。 子供達は小学校入学までに10段はしごまで出来るようになりました。 最初の取っ掛かりとして、あやとりで誰もが最初に作るであろう 「かわ」「ほうき」は教えました。 これが出来るようになると、本を見ながらすこしずつ出来るようになります。 始めは、子供も出来なくてギャーギャーわめきます。 ここで、親が少しヒントを出して手伝うと出来るようになります。 もう一回、もう一回と何回も繰り返すうちに 必ず自分で出来るようになります。 この 成功体験があやとりって楽しいなという気持ちにさせ、どんどん上達していくのです。 そして、うちの子達のように、自分でを見ながら進めていけるようになっていきます。 以下、うちの年長さんのあやとりです。 年中さんであやとりを始めて、今はここまで出来るようになりました。 本を見ながら自分で進めていきます。 時代の流れでしょうか。 ゲーム・テレビ・詰込み過ぎの習い事等で 頭を使う遊びをしなくなっています。 あやとりは紐一本あれば遊べます。 100円ショップでも売っています。 あやとりは想像力と記憶力を育む指先知育です。 成績に直結する机上でのお勉強は、どうせやらなきゃいけない時 小学校中学年~ がきます。 それに、子供達が社会に出るころは問題解決は人工知能が処理してくれます。 想定外の問題、想像力などロボットが処理できないことを出来るようにならなければ、低収入を強いられます!! 高い知育おもちゃではありません。 ぜひ、紐とを子供に渡してあげてください。 あやとりは、紐とがあれば遊べる昔からある賢い子が育つ遊びの一つです!!• 2020年7月10日• 2020年6月27日• 2020年6月14日• 2020年5月31日• 2020年5月17日 人気の記事ランキング• 197,414ビュー• 166,019ビュー• 130,758ビュー• 105,498ビュー• 89,702ビュー カテゴリー• 110• 105• 13 twitter 過去の記事•

次の

トピックス 181

あやとり たんぼ

5歳になると小さなボタンを上手にしめることや、安全ピンを上手に取り外しできるようになることなど、手先が細かな動作がうまくなってきます。 すでに手先が器用になってきているのですから、手遊びするときも指先まで細かな動きをしてみましょう。 正確にできるように厳しくしてしまうと、「遊び」ではなくなってしまいますから、あくまでも楽しくすることが前提になります。 楽しい遊びの中で、自然と手先の細かな動きをしようと、手先に意識を向けることが大切なのです。 意識を手先に向けることで、より細かな動きができるようになるでしょう。 もちろん、親も一緒にやってみてくださいね。 親と一緒に楽しくすることが子どもにとっては何より嬉しいことですよ。 5歳児は年中組~年長組になり、集団生活にも慣れてきたころです。 集団生活の中での決まりや様々なルールを守れるようになってきてもいます。 それでも、まだまだ自分の思いが先に立って、ルールを守れないことがあるのも5歳児です。 そのため、遊びの中でルールを学ぶことはとても大切なことなのです。 手遊びをするときも、簡単なルールや決まりを作ってやってみましょう。 手遊びで楽しみながら、自然とルールや決まりを守ることを学んでいけるようになります。 楽しみながらできるのが嬉しいですね。 5歳はまだまだ自分のことを一番に考える年齢です。 人のことを考えるよりも自分の思いを優先してしまうのですね。 それが健康な5歳ですが、少しずつお友だちと仲良く遊べるようになってくるのも5歳ごろです。 お友だちとコミュニケーションを図りながら遊ぶことも、相手の気持ちを想像するための大切な体験になります。 同時に、自分の意見を言うことも大切な行為になります。 遊びを通して自分の意見を言えるようになったら、自然と生活の中でも言えるようになりますよ。 お友だちと一緒に協力して手遊びしたり、交互にすることで相手がするのを待つ体験をしたり、一緒にルールを守ったり、2人で遊ぶからこそできることもあるのです。 親子やお友だちと遊ぶことを楽しんでみましょう。 5歳児は歌を歌うことが大好き。 歌詞はめちゃくちゃでも楽しそうに大きな声で歌っているのを聞いたことはありませんか? 歌のリズムに合わせながら体を動かすのは、楽しいことですね。 皆さんも子どものときにしたことがあると思いますが、「アルプスいちまんじゃく」は知っていますか? 2人1組で歌いながら、歌に合わせた振りつけをするのです。 2人の息が合わないと遊べないのも特徴で、お互いのタイミングを合わせることが必要になります。 タイミングを合わせるためには、相手の動きもよく見ていないと合わせることができないので、集中力もつきそうですね。 複雑な動きも多く、振りつけを覚えるのも大変ですので、できたときの達成感はまた格別ですね。 歌を歌いながら交互にセリフを言う「おちたおちた」は知っていますか?一方が「おーちた、おちた」と手を叩きながら歌います。 言われた方は「何がおちた」と歌いながら聞きます。 聞かれた方はおちたものの名前を言い、言われた方はおちたもののジェスチャーをするのです。 言われたものが「かみなり」や「怒り」なら拾わないジェスチャーをしなくてはいけませんので、何を言われたかしっかり聞いていないといけませんね。 ゆっくりのテンポに慣れてきたら、テンポを早くしてみましょう。 この手遊びは、リズムに合わせる、相手の話を聞く、動きをしてみるという体験が遊びの中でできます。 また、落ちてきたものを想像してジャスチャーしますので、物の名前を覚えることもできます。 「ちゃつぼちゃつぼ、ちゃちゃつぼ、ちゃつぼ…」この歌は聞いたことありますか?この遊びは今まで紹介してきた手遊びと違って、2人ではなく1人で遊びます。 四つの動作を組み合わせて、歌に合わせて動作をし、最後に正しい形になったら成功です。 最終的に正しい形になるかドキドキしながら、動作を繰り返すわけですね。 歌に合わせて決まった順番の動きをするのは、集中力が求められますから、楽しみながら集中力も養われます。 子どもは、何の目的でこの手遊びをするかは考えていませんが、知らないうちに養えるものがあるのは遊びのよさでもありますね。 ゆっくりめのリズムでうまくできるようになったら、少しずつ歌のテンポを早くしていきましょう。 早いテンポで成功したら、大喜びしますよ。

次の