イギリス アメリカ 国旗。 イギリス国旗の意味や由来~合体国旗の秘密~

イギリスの国旗の意味を知らないあなたへ由来を簡単に説明!

イギリス アメリカ 国旗

歴代の国旗 星条旗は、時にでという女性が裁縫したものが始まりだと言われている。 星は独立時の13個から、連邦にが加わるたびに増やされて現在に至っており、その度に、次のに配置が変更される(初期を除く)。 このため、星条旗は世界で最も変更回数の多い国旗だが、現在の「50星」デザインはが州に昇格した翌年の1960年から続いており、にはこれまでの「48星」の47年間を抜いて最も長い期間使われているデザインとなった。 なお、期に南部11州が合衆国を脱退してを建国しているが、アメリカ合衆国が脱退そのものを認めていないため、国旗から星の数が減ったことはこれまでない。 当初は星の数と共に条 すじ の本数も増やされていたが、条の本数が多くなるに従って不恰好で見づらくなった(遠目からはピンクに見えるようになった)ため、1818年にデザイン変更の際の規定が作られ、条は発足時の13本で固定し、以降は星の数だけを増やしたという経緯がある(下表の15星旗では縞は15本だが、20星旗は13本に直されている)。 この「青地に白い星」と「赤と白の条」の組み合わせは、アメリカ合衆国をイメージするあらゆるシンボルに使用されている。 なお、も日本語では「星条旗」と訳されるが、原題は「 The Star-Spangled Banner」(「星で飾られた旗」の意)であり、合衆国旗を意味する言葉ではあるが、厳密には「条」の意味が含まれていない。 独立時の13星を表した「ベッツィー・ロス・フラッグ(Betsy Ross Flag)」、 当時は13個の星の配置が定められていなかったが、円形に配されたベツィー・ロス・フラッグが採用された デザインの変遷 [ ] 以下の表に、アメリカ合衆国の27の国旗を示す。 星の配置は「一般的」なものである(多くはと関係している)。 1912年10月29日にが48星旗を発表するまで、公式な星の配置は定められていなかった。 さらに、旗の正確な色も1934年 まで決まっていなかった。 その後定められたことにより以前の国旗にも適用された。 また上記の通り公式ではなかったものの慣例上の一般的な配置は決まっていた。 それら慣例により事実上正式であったものを表に記す。 星数 国旗 増えた州 施行日 最終日 年数 0 なし 01年 06ヶ月12日 13 17年11ヶ月18日 15 23年 02ヶ月 03日 20 01年 21 01年 23 02年 24 14年 25 01年 26 08年 27 01年 28 01年 29 01年 30 03年 31 07年 32 01年 33 02年 34 02年 35 02年 36 02年 37 10年 38 13年 43 01年 44 05年 45 12年 46 04年 48 47年 49 01年 50 現行 60年以上 重要な非標準配置 [ ]• のに縦掲揚された星条旗(のにて) 国旗を縦に掲揚する際はそのまま「時計回りに90度まわして」掲げるというのが国際的なルールだが、星条旗は例外で、が常に左上にくるよう「時計回りに90度まわしてから裏返す」のが正式な掲げ方である。 国旗の誤掲揚は国際儀礼上の非礼とされるため儀典担当者は神経を使うが、合衆国旗の誤掲揚は最も頻繁におこる失態のひとつとなっている。 衣服 [ ] やの右袖につけられた合衆国旗は、カントンが右上にくる配置になっていた。 合衆国旗の配置のもう一つの原則に、カントンは常にポール側になければならず、必然的に風上側にあることになる。 着衣の場合、風を前から受けると想定してデザインするため、右袖につけた合衆国旗は必然的にカントンが右上、つまりは風にたなびいたように通常掲揚する場合と裏返しに配置されている。 これはでも同様である。 他の国旗への影響 [ ]• For alternate versions of the flag of the United States, see the at the "Flags of the World" website. Leepson, Marc. 2005. Flag: An American Biography. New York: St. Martin's Press. 『』2008年9月22日号 「ベースボール意匠学 右袖の星条旗のナゾ」62ページ 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

アメリカの国旗

イギリス アメリカ 国旗

しかし、州の数は増え続け20州にまで増えたとき、アメリカは国旗の条を増やすのをやめました。 縞を増やすのはデザインの面で限界があり、また細い線のストライプだと、遠くから見たときにピンク色に見えてしまいます。 結局元の13条に戻し、星の数だけを増やしていくことに決まりました。 現在の国旗は、1960年にハワイ州が加わったときに変更されたデザインで、星の数は50個です。 アメリカの名の由来 アメリカ大陸は、15世紀の大航海時代、イタリアの探検家 コロンブスが見つけた新大陸です。 しかし、コロンブスはその地をインドだと思い込んでいて、最期まで自分が発見した島をアジアだと言い続けました。 新大陸だと最初に主張したのは、 アメリゴ・ベスプッチという探検家です。 その結果、ヨーロッパでは、新大陸の全域を指す言葉として「 アメリカ」が使われるようになりました。 ただし、18世紀以降アメリカの雅称 (趣のある名前や呼び方)として、「 コロンビア」も使われることがあります。 (南アメリカのコロンビア共和国と同じく、コロンブスに由来する古名)日本のことを「大和」と呼ぶのと同じようなイメージです。 また、このポスターに描かれている女性は、アメリカの象徴 コロンビア (Columbia)。 第一次世界大戦時の愛国的ポスター この、フリジア帽をかぶった女性コロンビアは、アメリカ合衆国を象徴する女性像・または擬人化されたイメージとされています。 国の擬人化は、効果的な広告宣伝の手段として、政治的なパンフレットや美術作品など、伝統的に世界各国で使われてきました。 アメリカの独立とグランド・ユニオン旗 西洋人によって発見され、植民地となったアメリカ大陸。 17〜18世紀には植民地戦争が起こり、英仏の衝突が続きましたが、フレンチ=インディアン戦争 (七年戦争)の結果イギリスが勝利します。 イギリスはフランスの広大な植民地を奪うことができましたが、度重なる戦争でたくさんの物資や兵士をアメリカに送り込んでいたため、財政が悪化していました。 そこで、植民地に重税をかけることにしたイギリス。 これに反発した13の植民地がひとつにまとまり、理不尽なイギリスに反旗を翻します。 こうして1775年にアメリカ独立戦争が始まり、翌年には独立宣言が発布され、1783年、アメリカは独立を果たしました。 独立戦争時、大陸軍 (植民地軍)総司令官となった ジョージ・ワシントンは、最初のアメリカ国旗を作りました。 「 グランド・ユニオン旗」と呼ばれている旗です。 カントン部分 (旗の左上部)に、当時のイギリスの旗「ユニオン・フラッグ」が描かれています。 ベッツィー・ロス旗は、星条旗第1号としてよく知られています。 フィラデルフィアの仕立て屋、ベッツィー・ロス夫人の名前で呼ばれていますが、実は発案者については諸説あります。 現在は、ベッツィー・ロス夫人がデザインしたものではないという説が有力なのですが、彼女はアメリカのアイコンとしてとても有名で、住んでいた家『ベッツィー・ロス・ハウス』は観光地にもなっています。 アメリカの人々は国のシンボルとして、星条旗をとても大切にしています。 アメリカの国旗制定記念日 Flag Day (6月14日)には、人々は家の前に国旗を飾り、学校では国旗の歴史と意味を教えます。 たくさんの町でパレードやイベントが行われ、彼女のコスプレで現れる人もいるそうです。 アメリカの国旗はこの後も、州の数が増えるごとに星の数を増やしていき、現在の国旗にいたっています。 なんといってもアメリカ合衆国は、人民に主権があることが憲法で定められた初の国です。 後の民主主義国家の成立に大きな影響を与え、また戦後には、アメリカがつくりだした映画や音楽、広告などの大衆文化が世界的な市場や影響力を持つことになりました。 世界の大国だけに、星条旗のデザインも、チリ 🇨🇱 、ウルグアイ 🇺🇾 、リベリア 🇱🇷 、プエルトリコ 🇵🇷 、キューバ 🇨🇺 、パナマ 🇵🇦 、マレーシア 🇲🇾 、ギリシャ 🇬🇷 など、さまざまな国の国旗に影響を与えました。 絵画で学ぶ世界の歴史 星条旗と共に描かれた、G. ワシントンの栄光 エマニュエル・ゴットリーブ・ロイツェ 『デラウェア河を渡るワシントン』 (1851年 メトロポリタン美術館蔵) アメリカ独立戦争中の1776年、現アメリカの大陸軍はニューヨークを奪われ、絶望的な状況にありました。 しかし、イギリス軍は追撃せず冬営に入ります。 (冬を越すために作戦行動を一時停止して長期滞陣を行うこと)これを好機と見た大陸軍最高司令官の ジョージ・ワシントンは、クリスマスの深夜にデラウェア河を渡り、攻勢に転じます。 そして奇襲攻撃によってイギリス軍を突破し、独立派の首都フィラデルフィラを守り抜くことに成功します。 この絵画では、明らかに史実と異なった部分が多々あります。 実際には、この時にはまだ グランド・ユニオン旗が使われていて、 星条旗は存在していませんでした。 また、深夜にもかかわらず光が差しています。 このような表現は、建国神話としての独立革命、また、ワシントンの英雄的側面を強調するための演出だと考えられています。 作者のエマニュエル・ロイツェは、1848年ヨーロッパ各地で革命( 諸国民の春)が起こる中、ヨーロッパの革新的改革者達を勇気づけることを期待してこの油彩画を描いたそうです。 世界史の中で、アメリカの独立については、大げさに語られ捏造された歴史だという見方もあります。 栄光に輝く建国物語が描かれた絵画ですが、見る人によってその見え方はさまざまなのかもしれません。 ちなみにこの絵には多くの模写品が存在し、そのうちの一つは ホワイトハウスの西棟 (ウエストウイング)に飾られているのだとか。

次の

バンクシー、アメリカ国旗を燃やすww: みじかめっ!なんJ

イギリス アメリカ 国旗

アメリカの国旗のデザインは、あなたもご存知ですよね? さすがにアメリカの国旗を見たことがないという方はいないでしょう。 アメリカは経済的にも発展していますし、政治的にも世界を引っ張っているリーダー的な印象がありますよね。 私個人としては野球の国というイメージが強いですが、それ以外にも多くの特徴がありますよね。 アメリカンドリームという言葉もあるように、成功を収めれば大儲けできる国、軍事的には世界最強の国、歴史を振り返れば日本との関わりも深いですよね。 あなたもアメリカと言われてイメージすることは多いですよね。 しかし、連想できることが多すぎて逆にアメリカを端的に表せ、と言われたら困ってしまいますよね。 アメリカを一言で表すとどんな国なのでしょうか? 国のことを知ろうと思ったら、まずは国旗を調べるのが一番です。 国旗はその国家を象徴するデザインとなっているのですから、国旗の意味を調べればその国の象徴的な部分は分かります。 ということでアメリカの国旗の意味や由来から、アメリカの文化や国民性を見ていきましょう。 アメリカの国旗の意味は州の数 アメリカの国旗は誰でも一度は目にしたことがあるでしょう。 アメリカの国旗のデザインは赤と白の横縞で、左上には四角い青地に白い星が描かれていますよね。 俗に 星条旗と呼ばれている国旗です。 条という字は「すじ」という意味があるので、 星条旗とはすなわち星と筋の旗という意味。 アメリカの国旗をそのまま表していますね。 この星条旗の意味は、• 横縞のラインの数• 星の数 に注目するとよくわかります。 それぞれ見ていってみましょう。 アメリカの国旗の横縞の意味 まず赤と白の横縞に注目しましょう。 アメリカの国旗には赤のラインが7本、白のラインが6本で、 合計13本のラインが入っていますね。 この13という数字、不吉なイメージですがアメリカという国旗を通してみれば重要な数字なのです。 これは アメリカが独立した当時の州の数を表しています。 アメリカが独立したときは13州でした。 当時のアメリカの州の数は13州、では現在はどうなの?というと、今度は星の数に着目しましょう。 アメリカの国旗の星の意味 アメリカの国旗の星の数を数えてみてください、なんて言っても数が多くて面倒ですよね 笑 この星の数は50個あり、これは現在のアメリカの州の数を表しています。 アメリカ独立当時と比べて4倍弱も増えているんですね。 つまり、 アメリカの国旗は現在と過去の州の数を表しているんです。 しかし、どうして州の数を表すのに星や横縞を使っているのでしょうか。 アメリカの国旗の由来はイギリスからの独立 さて、アメリカの国旗に横縞や星を使っているのはどういう由来からなのでしょう。 アメリカの初代大統領のワシントン氏は星条旗についてこう言っています。 「星は天を、赤は母国のイギリスを、赤地を横切る白線はイギリスからの独立を表す」と。 成程、アメリカの国旗はイギリスを意識しているんですね。 確かに色合いなどをみればイギリスの国旗に近いものを感じます。 このアメリカの国旗、星の数は現在の州の数を意味していると一度述べましたが、つまり州の数が変わるごとに国旗の星の数が変わるということです。 現在のアメリカの国旗は27代目で、過去に26回もデザインが変わっているのです。 その最初の国旗には星がなく、左上にはイギリスの国旗が入っていました。 アメリカとイギリスは相当関わりが深いことが分かりますよね。 ではそんなアメリカとイギリスが、歴史の上でどのようにかかわっていたのかを見ていきましょう。 アメリカの歴史は植民地からの独立の歴史 アメリカ大陸の発見といえばコロンブスですよね。 世界史が苦手な私でも知っています。 ヨーロッパの国々にとっては未開の地だったため、ヨーロッパ諸国はこぞってアメリカを植民地にしようと進出します。 中でも アメリカを植民地にすることに積極的だったのがイギリスとフランス。 イギリスはアメリカに 13州の植民地を持っていました。 アメリカといえば最強の軍事国家のイメージですが、最初は植民地だったのですね。 この当時、イギリスは他にも植民地を持っていたのですが、それらとアメリカの13の植民地とは大きな違いがあります。 アメリカの13州はイギリスの他の植民地とは違い、 原住民の土地ではなくアメリカに移住した同国の人たちの土地なのです。 イギリスは各地で戦争を行っていて多額の税を必要としていたので、アメリカの13州にも課税をしました。 しかし、アメリカの税金は安く、本国の人たちは「もっと払わせろ!」という声が強くなり、アメリカに事前に連絡せずに増税します。 報告、連絡、相談もしないで勝手に決定すれば、現代の日本人だって怒りますよね。 ホウ、レン、ソウは社会の基本です。 そんな感じで徐々に本国と植民地で対立が生まれ、イギリス兵による虐殺などもあり、 1775年にアメリカの13州とイギリス本国は戦うことになりました。 この戦いはヨーロッパ諸国が植民地側の味方をしたこともあり、イギリスは敗けます。 この戦いが終わったのは 1783年、実に8年間も戦っていたのですが、 アメリカが独立宣言をしたのは1776年。 戦争開始の時でも終結の時でもない半端な時期に独立宣言をしていたのですね。 この時点でアメリカ合衆国は発足され、アメリカが戦争に勝った 1783年に国として正式に認められ、アメリカ合衆国が誕生しました。 イギリスから独立したアメリカは、どんな文化を形成していったのでしょうか。 アメリカの文化はイギリスとは違う ここではアメリカの文化を• 食文化• スポーツ に分けてみてみましょう。 言語 アメリカの言語といえば英語ですよね。 しかし、 実際にアメリカで英語を使っている人は80%ほどなのです。 つまりアメリカ人の 10人に2人は英語以外の言語で生活しています。 都市によっては過半数がスペイン語を話すところもあるらしく、アメリカ=英語というイメージは間違いというわけではありませんが、思っているほど英語を使われていません。 食文化 アメリカ人の食文化は日本人とは大きく異なります。 まず 量が多いです。 引くくらい多いです。 一日のカロリー摂取量で言えば日本人は2500kcal程、アメリカ人は4000kcal程摂取します。 単純に料理の量だけ見てもアメリカ人のものは非常に多いのですが、それに加えてアメリカ人はバターやマヨネーズといった 高カロリーな調味料をガンガン使います。 よくアメリカ人が「日本の料理は健康的だ」なんて言いますが、このアメリカの料理と比べて不健康な料理ってあるんですかね 笑 肉料理が非常に多いという特徴もあるのですが、アメリカは食肉の生産数が非常に多いせいもあるのでしょう。 ……アメリカ人は肉を食うからたくさん生産しているのか、たくさん生産しているから肉を食うのかは分かりませんけれど。 なんとなく肉を生産していなくてもたくさん輸入して食べていそうな気がします。 そして私の中では アメリカといえばコーヒーというイメージがあります。 紅茶はイギリス、コーヒーはアメリカ、というイメージなのです。 先程述べたイギリスとの対立の際、紅茶をボイコットしていたという歴史的な背景から、 イギリスのものでないコーヒーが浸透したのでしょう。 スポーツ また、アメリカ文化として外せないのがスポーツ。 アメリカではアメリカンフットボール、野球、バスケットボール……など、多くのスポーツが人気です。 日本でスポーツといえば野球かサッカーくらいですよね。 アメリカの学生はスポーツの掛け持ちが普通であるくらい色々なスポーツが発展している国です。 身体能力も日本と比べれば段違いで優秀ですしね。 私が贔屓にしている野球チームにも外国人の大砲がほしいです。 さて、そんな生活を送るアメリカ人はどんな性格なのでしょうか。 アメリカの国民性はフレンドリー アメリカ人は フレンドリーで、結構グイグイきます。 初対面の人にも気軽に話しかけ、言いたいことがあればその場で言うという明るく素直な性質があるのです。 また、謙遜などの遠回しな言い方をせず、 ダイレクトに伝えてきます。 これはアメリカという国のマナーの認識が一つの要因で、 アメリカでは積極的に話すことが良いマナーとなっています。 日本では少し遠慮するくらいで話すのがマナーがいいとされているので、アメリカ人とのコミュニケーションは慣れるまでは疲れそうですね。 積極的に話すという点では、アメリカ人は 自分の能力や経歴を自分からアピールします。 日本では自分からそういったことをアピールすると自慢話としてあまりいい印象ではないですが、アメリカではそういったアピールから相手のことを理解していくのです。 また、自力で独立を勝ち取ったアメリカ人は愛国心が非常に強いです。 家の前には星条旗を飾り、学校では国歌を歌います。 学校で国家を歌うことは普通だと感じるかもしれませんが、実は他の英語圏では学校で国家を歌いません。 愛国心が強く、自分のことを積極的にアピールするという特徴から、 アメリカ人は自分のことが大好きな人たちという印象ですよね。 多分概ね間違ってないです。 アメリカの国旗の意味や由来とは?20回以上デザインが変わった星条旗 今回の記事はお役に立っていただけましたでしょうか。 アメリカの国旗は有名ですし、誰しも一度は見たことがありますよね。 星や横縞の数は州の数を表していることまでは知っている方もいたかもしれません。 しかし、なぜ星や横縞なのか?なぜ国旗で州の数を表そうとしたのか?ということを考えると、 アメリカの独立までの歴史が関わっているのです。 元々は植民地であったアメリカがここまで大国に発展しているのはすごいですよね。 同じ英語圏とはいっても、アメリカはイギリスから独立したという経緯から、イギリスとアメリカでは文化や性格は全然違います。 それぞれの違いを見ていくのも面白いですよね。 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の