吉村家 まずい。 建築家インタビュー 吉村靖孝vol.2|Aプロジェクト|ミサワホーム

吉村家のカップ麺について語る。ファンはどう思うのか聞いてみたい! | 美味いものはうまい。不味いものはまずい。

吉村家 まずい

ういろうです。 有名店のカップ麺は、星の数ほどあれど超有名店の場合は、かなーりチャレンジングだと思うわけです。 家系の総本山:吉村家のカップ麺が登場です。 明星食品が開発担当しています。 さぁどうかね? スポンサーリンク 買ってみた ローソンで買いました。 税込みで300円くらいでした。 正直・・高いな~ 渾身の一杯とかかれています。 開けてみるとこんな感じです。 高級カップ麺の傾向ですが、粉末スープと液体スープがわかれていますね。 食べてみた できました! 家系の特徴の一つに海苔がありますよね。 3枚入っていますが、ほかのカップ麺より厚みがあり品質が高そうです。 麺はノンフライめんです。 で、実食ですが・・・ 残念ながら吉村家っぽいというより、壱角家に近いですかね・・・ あまりお いしくない私の口に合わないということです。 吉村家は、横浜にあるお店に何度か行きましたが、やはりカップ麺だと厳しいですね。。 どう厳しいといわれると、難しいですね。。 とりあえず、吉村家ファンの感想は聞きたいものですな~ というか、そもそも本当に吉村家はこのカップ麺を発売許可をよく出したな~.

次の

「家系」ラーメンブームで見落としがちな真実

吉村家 まずい

当時は目の前にある石川島播磨重工などの工業地帯を行き来するトラックの運転手が多く使うようになり、お店は盛況だったと聞きます。 やがてだんだんお店のほうもテレビ・雑誌に取り上げられ有名になってきて社長も天狗になりだしてきました。 見習いを殴る蹴るの暴力で教え込む、頑固に度を超えた星一徹張りの教育論もまた有名で、跡継ぎをさせようとした息子二人が蒸発してしまっても、吉村社長はラーメンに情熱を燃やしていました。 副業も始めるようになり、新杉田のウラにあるカラオケ屋「ハーモニー」(まだあるのかな?)を始めたり、周辺のマンションを買い込んで行き、直営店舗も数を増やして行くようになりました。 そして満を持して横浜駅に本店を移し、今に至るっていうわけです。 最近行っていないのでわからないですが、吉村家本店って、まだ相変わらず人気なんでしょうか?人気があるなら、それだけ並んで食べるだけの価値があるのかなぁ〜? と思いますが、最近行った人がいたら情報、感想を教えて欲しいです。 ちなみに直営の「環2家」はつい最近行ってみましたが、週末夜だと一時間待ちでした。 確かに味はしっかりしてましたねぇ。 【家系総本山 ラーメン吉村家】 【家系総本山直弟子 環2家】 はじめまして。 都内の家系しか行った事が無かったのですが、2ヵ月前に仕事で横浜を通ったので吉村家に行ってきました。 日曜の4時頃だったのですが、全く並ぶことも無く普通に入れました。 その雰囲気にちょっと意外な気分でしたが私が食べているうちに気がつけば満席になっていたのでラッキーだったのでしょう。 味は前情報で他の家系より醤油味が濃いと聞いていたのですが、私も全くその通りだと感じました。 私の感想としては完全に好みの味だったので今後家系に行くときは吉村家を基準にして判断することにしています。 ところで壁の張り紙にあった追加調味料の記述。 確かおろしニンニクとおろし生姜とお酢と豆板醤でしたっけ?? 最初ラーメン本体に集中して、半分食べたところでオススメとなってるその4種をブレンドしてみたところ全く違う味になったので楽しめました。 以来他の家系でも同じような事をしてみて、劇的な変化がないとがっかりしています。 おろし生姜が無いお店が多いですね。 吉村家、高校生のころ、新杉田にあった店に週1回は行ってました。 オヤジ、やさしいんだか怖いんだか。 学ラン着ていくと、 「はいはい、麺あまったよ麺」 とかいって、何十人に盛り付けたあと、残ってしまった麺をどっさり入れてくれたり。 かといって、列を総入れ替えするローテのタイミングを気にせず、いつまでも食ってると、 「おい! いつまで汁啜ってんだ!」 と怒鳴られたり。 大人になった今振り返るとなんとも理不尽ですな。 未確認情報ですが、私の知人に吉村家の大将と知り合いという人がいて、吉村家の大将は、あるラーメンの屋台の主人から、スープのノウハウを買ったと聞きました。 真偽のほどは知りません。 吉村家の味がオリジナルなのかどうかはともかく、あの奇跡的な味を世間に広めた功績は大です。 広島に出張したとき、家系ラーメンがあるのに驚きました。 飲んだ後はお好み焼という文化圏にもかかわらず。 この調子で世界制覇してください。 吉村家のオヤジは裏ビデオ販売でつかまったんですよ。 港南台だったかあっちの方で古本屋を経営していて、そこで売っていた。 ワイドショーで詳しくやっていたので良く覚えています。 吉村家は行きますが、誰かが既に書いているように、いい加減すぎてうんざりです。 脂少なめの場合は普通に作っておいて蓮華やノリでびちゃびちゃとこぼします。 アレ見ると食べる気半減しますね。 あと、行くたびに味が違う。 六角、一六、町田、寿々木辺りはいつも安定しているので、安心して行けますが、吉村家はダメっすね。 まぁ、これは杉田にあった時からですけど。 僕は家系なら比較的どこでもOKなのですが、吉村家だけはワンランクもツーランクも落ちますね。 どこ見ても吉村家は味が落ちたって書いていますし。 あの、横浜駅新店建築にかんでいましたが、オヤジは『お客のために』という店舗にするためのワガママを言い続け、おいらも仕事+吉村家ファンの一人として手伝わせてもらいました。 私も職人ですので弟子に対して言葉より手が先にでるほうでした。 無論、私が教わってたころはもっとスゴかった。 時代と社会状況に丸くならされた感がありますが、職人仕事はそんな甘いものではありません!たしかにお客さまの前で唸るのはいかがかとは思いますが、教わっている以上、絶対服従すべきで、売れたり、有名になると、スキャンダラスなことをほじくるのが、私の大嫌いな世の中の常!その辺は相手にしません。 味のこと・・食べる僕ら側の舌の進化・退化もあるので一概には言えませんが、わたすは好きだす。 吉村家!.

次の

家系・吉村家

吉村家 まずい

家系ラーメンの例(「」より/Hykw-a4) 1974年に神奈川県横浜市で創業した「 ラーメンショップ吉村家(よしむらや)」を源流とする「 家系ラーメン」。 ここ2、3年の間にも、全国各地に家系ラーメンのチェーン店が続々と誕生しているが、何も知らずに入ったが最後、「家系って、こんなもの?」とがっかりするような店も少なくない。 そもそも、本来の家系ラーメンとは、厳密にいえば本家「吉村家」が認めた直系店舗だけを指し、認定証を提示している直系の店は、全国にわずか10店舗足らずしか存在しない。 なぜ、勝手に名乗る亜流の「家系」が増え続けているのだろうか。 家系ラーメン、急増の背景 まず、あらためて家系ラーメンの定義をおさらいしておこう。 前述のとおり、家系ラーメンの発祥は74年に横浜で創業した「ラーメンショップ吉村家」。 創業者の吉村実氏が創作したラーメンは、濃いめの醤油だれに鶏油を浮かべた豚骨醤油スープに、酒井製麺による平打ち(正確には縦切り)麺を合わせたもの。 これに具材として、チャーシュー、ほうれん草、海苔3枚、薬味ねぎが乗っているのが特徴だ。 吉村氏は、86年に2号店として「本牧家」をオープン。 さらに、そこから独立した「六角家」など、どの店にも屋号に「家」がついたことから、後に「家系ラーメン」と呼ばれるようになった。 「当初は、吉村家の流れを汲む弟子や孫弟子の店だけだったのですが、90年代後半から、吉村家とは直接関係のない店が登場し、『家系ラーメン』を名乗るようになりました。 さらに94年、新横浜ラーメン博物館に六角家が出店したあたりから、2000年前後のラーメンブームに同調するかたちで、家系ラーメンブームが起こったのです。 吉村家・創業者の吉村氏は、00年代に入って、やたらと家系を名乗る店が増え出してからは、直弟子が出した家系店舗には『総本山直系』と名乗らせています。 また、吉村家が認めている直系店以外でも、たどっていくと吉村家にたどり着く店がありますが、これも本来の家系ラーメンだと思います。 例えば『六角家』などは吉村家の直系ではなく、吉村氏も認めてはいませんが、たどれば吉村家に行き着くので本来の家系ラーメンといっていいでしょう」.

次の