グッド モーニング ショー。 グッドモーニングショー : 作品情報

『モーニングショー』高木美保の主張が岡田晴恵に論破され「知ったかぶり」と苦情殺到

グッド モーニング ショー

この項目では、テレビ朝日の朝の情報番組について説明しています。 他の用法については「」をご覧ください。 グッド! 」 エンディング 同上 製作 チーフ・ プロデューサー 佐藤光浩 プロデューサー 吉川徹、羽根哲哉、山本稔 制作 放送 映像形式 音声形式 放送国・地域 放送期間 - 放送時間 平日 4:55 - 8:00 放送枠 テレビ朝日系列朝の情報番組枠 放送分 185分 特記事項: 5時台(5:00 - 6:00)に『』(5:50 - 5:59)を内包(一部地域では単独番組扱いで放送)。 『 グッド! モーニング』(グッド モーニング)は、(25年)よりで平日( - )4:55 - 8:00にされている。 概要 [ ] は開始の『』から『やじうま』シリーズを継続してきたが、終了の『』を以って『やじうま』シリーズに終止符を打つと同時にその後継番組として開始された。 一部地域では自社製作番組が優先されており、当番組はごく一部放送されるだけにとどまる(後述)。 5:50 - 5:59には『』が挿入される。 来歴 [ ] 『やじうまテレビ! 』放送期間の2011年3月にが発生。 その被災地取材や事件取材でスタッフやリポーターが被災者や被害者にインタビューする際、「『やじうまテレビ! 』の者ですが…」と番組名を言うと、『やじうま』の意味を間違って捉えたと思われる相手から「「野次馬」は来るな」などと邪魔者扱いされ取材しにくい状況にあったことが遠因だったとされており、そうした事情から、既に最末期のテーマ曲として使用していたの曲『Good morning』にちなんで『グッド! モーニング』に改題することを決めたという。 そのため総合司会(メインキャスター)の・(両名ともテレビ朝日アナウンサー)コンビをはじめとした多くの出演者・内容、『』と共用していたスタジオセットは全部引き継いで放送したため、初期は『やじうまテレビ! 「ネットHOTランキング」の後継コーナーも放送された。 「Good morning」はその後、2018年3月30日まで使用された。 2014年3月31日より、一旦番組から離れる事になった(テレビ朝日アナウンサー)に替わって、(当時テレビ朝日アナウンサー)が総合司会に加わった。 2015年3月30日より、サブキャスターとしてフリーアナウンサーの(月 - 水曜日)と(木・金曜日、現アナウンサー)が加わり 、各コーナーの内容・構成も大幅に変更された。 2015年9月28日に放送開始される『』のアシスタントに異動になったため、同年9月25日で宇賀が降板した。 同年9月28日より、「朝の情報まとめ番組」をキャッチフレーズに据え、ほとんどのコーナーのタイトルに 「まとめ」の文言が加えられた。 同日より総合司会を坪井・松尾の2人体制へ戻す一方で、2015年入社のアナウンサー・がサブキャスターに加わった。 また、山本も降板したため、木・金曜日も新井が出演することになった。 2016年3月28日より、番組ロゴを変更。 また、同年4月4日から4月8日までの間は本番組と同じ第4スタジオの『』のスタジオセット改装工事のため、第5スタジオの『』のスタジオセットを使用した。 2017年1月4日より、当時女子大生()のがサブキャスターに加わった。 2017年12月28日から2018年2月16日まで第4スタジオの本番組及び『』のスタジオセット改装工事のため、同日から再び第5スタジオの『ワイド! スクランブル』のスタジオセットを使用していたが、その後、2018年2月19日より第3スタジオの同番組と共用の新スタジオセットに移行した。 同年4月2日より番組テーマ曲を「Good! Morning」に変更。 2019年9月30日より『』の( - )と『』の(声 - )による時報を開始。 なお、ドラえもんとしんのすけは同日より『』の「633天気」にも登場している。 2020年3月27日で出産準備のため、『やじうま』時代の2011年4月から9年間に渡り総合司会を務めた松尾が降板、同年3月30日より新井が総合司会に昇格し、坪井と新井が出演しない冒頭30分も担当するサブキャスターには島本・福田に加えて、久冨慶子が6年ぶりに復帰。 番組テーマ曲も「Good Morning~ブルー・デイジー feat. 」に変更。 同年4月1日より新人アナウンサーのがサブキャスターに加わり 、4月14日より安藤と同じ新人アナウンサーのがフィールドキャスターに加わった。 2020年4月7日に日本政府が新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言を発した事から、翌8日から当面、総合司会(メインキャスター)・サブキャスターの出演パターンを2班に分ける変更を行う。 同様の事由により、4月13日から当面、気象コーナーも、月~水曜日が依田、木・金曜日が太田の担当となる。 なお、緊急事態宣言は同年に 全面解除されたが、解除後も当面、2班体制を継続する。 以下略)であった が、2013年10月29日のテレビ朝日定例社長会見において、取締役(当時)のより、同年10月第4週(10月21日 - 27日)の平均視聴率が『』 を越え、同時間帯民放3位になったと報告されている。 また、2014年4月の社長定例会見では、「3位を確実に確保できるようになった」と報告された。 2016年に入ってからは月を追うごとに視聴率を上昇させており、『7時台』(7:00 - 8:00)において2桁台を記録することもあるほかの『・第2部』(6:10 - 8:00)やの『』(5:50 - 8:00)を抜き、枠比較において民放1位を記録する日もある。 総合司会(メインキャスター)• 4:55 - 5:25までは、メインも務める。 (フリーアナウンサー 、2017年1月4日 - ) - 「ニュースまとめ24h」「池上彰のニュース大辞典」など• お天気キャスター• (気象予報士、2013年9月30日 - )• (気象予報士、所属) - 気象災害発生時等の解説を担当、依田が休みの場合はお天気コーナーにも出演する。 日曜日の『』を兼務。 月曜日• 名村晃一(テレビ朝日コメンテーター・前ニューヨーク支局長、2013年10月7日 - ) - 他の曜日の出演者が不在の場合、代理出演することもある。 (慶應義塾大学大学院教授、2013年10月2日 - )• (俳優、2013年10月2日 - )• (キヤノングローバル戦略研究所研究主幹、元、2015年4月1日 - )• (ジャーナリスト、2015年4月2日 -) 金曜日• (・教育コーディネーター、2014年4月3日 - )• (解説者、2017年10月 - 、月2回程度出演)• (落語家) コーナー担当• (講師、2015年4月1日 - 、「林修のことば検定」担当〈VTR出演〉)• (2015年10月5日 - 、「池上彰のニュース検定」担当〈VTR出演〉)• (声:、2019年9月30日 - 、「時報」担当)• (声:、2019年9月30日 - 、「時報」担当) 過去の出演者 [ ] 新井・山本・福田は出演当時フリーアナウンサー。 依田・太田は気象予報士。 他はテレビ朝日アナウンサー(宇賀は当時) 総合司会(メイン) 男性サブ 女性サブ スポーツ ニュースリポート お天気 男性 女性 男性 女性 月~水 木・金 月~水 木・金 月~水 木・金 月~水 木・金 月~水 木 金 月~水 木 金 月~水 木・金 月~水 木・金 月~水 木・金 2013. 30 2014. 28 (不在) 坪井直樹 島本真衣 2014. 31 2014. 26 松尾由美子 島本真衣 菅原知弘 宇賀なつみ 2014. 29 2015. 27 菅原知弘 加藤泰平 (不在) 加藤泰平 松尾由美子 2015. 30 2015. 25 菅原知弘 2015. 28 2016. 1 松尾由美子 吉野真治 加藤泰平 新井恵理那 吉野真治 2016. 4 2016. 11 草薙和輝 (不在) 2016. 14 2016. 7 加藤泰平 2016. 8 2016. 30 吉野真治 島本真衣 新井恵理那 草薙和輝 2017. 4 2017. 30 島本真衣 新井恵理那 2017. 31 2019. 27 吉野真治 飯村真一 飯村真一 島本真衣 2019. 30 2020. 27 草薙和輝 2020. 30 2020. 7 新井恵理那 島本真衣 久冨慶子 福田成美 2020. 8 2020. 10 坪井直樹 吉野真治 久富慶子 新井恵理那 飯村真一 (不在) 福田成美 島本真衣 安藤萌々 角澤照治 草薙和輝 (不在) 飯村真一 草薙和輝 (不在) 島本真衣 2020. 13 当面 依田司 その他の過去の出演者 [ ] コメンテーター [ ]• (当時投手、2013年10月2日 - 2014年3月26日) - 水曜日担当• (元記者・前知事、2013年10月3日 - 2014年3月27日) - 木曜日担当• (当時プロフィギュアスケーター、2013年11月15日 - 2014年3月28日) - 金曜日担当• (時事通信社解説委員、2013年10月4日 - 2015年3月27日) - 金曜日担当• (経済学部教授、2013年10月1日 - 2015年3月24日) - 火曜日担当• 浜田敬子(週刊編集長、2013年10月1日 - 2015年3月24日) - 火曜日担当• (弁護士、2013年10月4日 - 2015年6月24日) - 水曜日担当(2015年3月までは木曜日担当)• (共同通信客員解説委員、2013年9月30日 - 2016年3月21日)• (ハンマー投げ アテネ五輪金メダリスト・東京医科歯科大学教授、2015年4月3日 - 2017年3月) - 金曜日に不定期出演• ニュースコーナーでは「やじうま」時代と異なり、新聞紙面の紹介よりも、映像が中心に使われる。 以前はと連携したコーナーも放送されていた。 依田は周辺の各所から中継を行う。 2020年3月下旬以降は拡散防止のため、関東地方周辺の各所の中継を自粛し、テレビ朝日前または毛利庭園からの中継になっている。 天気予報は全国の情報を伝えるが 、関東地方の予報に重点が置かれており、詳しい天気や、の数値・分布予報も伝える(スタジオからは首都圏の交通情報も伝える)。 通常時、天気コーナーは番組中4回放送されるが、異常気象時など天気コーナー以外でも必要に応じて中継を行うことがある。 データ放送では、視聴地域の空模様や季節の話題に関する設問にアンケート形式で回答する「ソラをライブ」を実施。 5:25のオープニングと5:39頃の「天気まとめ 依田司の気show予報」内で設問が紹介され、その場で回答可能。 5:39頃の同コーナーでは放送時点での集計結果も発表される。 スポーツコーナーは、テレビ朝日アナウンサーのほか、曜日によってスポーツ解説者がスポーツコメンテーターとして出演する(出演者の項を参照)。 芸能コーナーは新曲発表、CM開始などのが多い。 芸能ニュースはスポーツ紙を紹介して伝える。 「林修のことば検定」「依田司のお天気検定」「池上彰のニュース検定」はデータ放送によるクイズを実施。 各コーナー共通でポイントを貯め、合計30ポイント以上獲得するとプレゼントに応募可能。 2020年4月1日放送分からは名称が「林修のことば検定+(プラス)」に変わり、言葉以外の問題(その日の出来事など)も取り扱う。 「林修のことば検定」は、緑の選択肢については問題に関するダジャレで、実質2択となることがある。 番組内ではこれを「 緑のボケ」と呼んでおり、後述することば検定の書籍版にも掲載されている ほか、林がボケにダメ出しをする場面も多く見られる。 ごく稀に「緑」が正解となる日もあり、林は「(緑が)ボケないときは正解」とも時折発言している。 データ放送 では先述の「ソラをライブ」「ことば検定」「お天気検定」「ニュース検定」の他に「ゴーゴー星占い」や天気予報を掲載している。 ドラえもん時報とクレヨンしんちゃん時報は、日によって順序が変化する。 テーマ曲 [ ] 天気コーナーや『ANNニュース』ではインストゥルメンタル版を使用。 初代(2013年9月30日 - 2018年3月30日):「」(『』2013年4月1日放送分から継続して使用)• 2代目(2018年4月2日 - 2020年3月27日):「Good! Morning」• 3代目(2020年3月30日 - ):「Good Morning~ブルー・デイジー feat. 」 2016年10月より「天気まとめ 依田司のお天気検定」では「あの空へ向かって」のインスト版を使用している。 ネット状況 [ ] 本節はに従った編集を行っています。 でも合意が得られている事項です。 詳細はノートをご覧ください。 ( 2016年5月)• 〇…同時ネット(5:25飛び乗り〈5:59 - 6:00の差し替えを含む〉)• 制作局の枠切りでは4つのパート名で4時台 4:55 - 5:00 ・5時台 5:00 - 6:00 ・6時台 6:00 - 7:00 ・7時台 7:00 - 8:00 となっているが、下記の表では便宜的に4時台・5時台を「第1部」、6時台・7時台を「第2部」として表記。 2014年9月26日までの第1部(6:00 - 6:25)・第2部(6:25 - 8:00)は、同年9月29日より6時台(6:00 - 7:00)・7時台(7:00 - 8:00)に枠切り変更されている。 以下は2020年3月30日現在の状況。 『グッド! (SATV)• 2019年7月26日までと2019年9月2日 - 27日は第1部は〇(2019年10月現在)。 (yab)• 毎年7月15日の九州朝日放送制作『』の放送が平日と重なった場合は第1部を5:50飛び乗りに変更。 (NCC)• 毎年7月15日の九州朝日放送制作『走れ! 毎年10月7日の中継が平日と重なった場合は6時台 で飛び降り。 (ABA) 〇 (KHB)• (AAB) (YTS)• (KFB) (UX) (abn)• (HAB)• (HOME)• (KSB)• (eat) (KAB)• 毎年7月15日の九州朝日放送制作『走れ! (OAB)• 毎年7月15日の九州朝日放送制作『走れ! (KKB)• 毎年7月15日の九州朝日放送制作『走れ! (QAB)• 第2部の時間帯は自社制作番組『』(6:00 - 8:00)を放送。 年末年始の『ドデスカ! 第2部の時間帯は自社制作番組『 』(6:00 - 8:00)を放送。 2018年10月1日から第1部を〇に変更。 年末年始特別編成や一部の祝日編成により『イチモニ! (KBC)• 第2部の時間帯は自社制作番組『』(6:00 - 8:00)を放送。 毎年7月15日の『走れ! 年末年始の『アサデス。 同時間帯は自社制作番組『』(5:00 - 5:50・5:59 - 6:45)、『』(6:45 - 8:00)をそれぞれ放送。 「ANNニュース」パートは『おはようコールABC』を一旦中断の上、単独番組扱いで放送(ただし、各種番組表では5:00から6:45まで一括して『おはようコール - 』表記となっている )。 ネット配信• 2016年4月から、のニュースチャンネル「」にて8時台 にダイジェスト配信されている(スポーツ・芸能・天気予報を除く。 スポーツ・芸能でVTRを使用しない内容については配信される)。 ただし2017年6月現在、当番組名になっていても『』の再配信や等で休止の場合もある。 :『』時代から(土曜日を含む。 ただし『』と『』〈第2期〉の初期を除く)時差放送を行ってきたが、2015年3月31日の放送を以って打ち切った。 8:45 - 10:55に放送し、『モーニングバード! 』のトーク部分に入る前に自社出しでエンドタイトルを表示して番組終了した(最終日時点)。 特別番組放送時の対応 [ ]• 毎年6月の期間中 (2017年までは毎年夏の期間中も含む)や、・といった国際的なスポーツ中継が組まれる際は、全編休止もしくは時間短縮の対応を取る場合がある。 オリンピックやサッカー・FIFAワールドカップ、、(2017年から)といった国際的なスポーツイベントが行われる期間には、6時台もしくは7時台に当番組の出演者・フォーマットによる5 - 10分間の速報ミニ番組が組まれるため、その間本編は一時中断となる。 なお、こういった速報ミニ番組はネットワークセールスとなるため、通常6 - 7時台をネットしていない局でも放送される。 年末年始は原則、正月三が日は全編休止となる。 また、前番組までのように早朝時間帯の番組をベースにした特別番組も放送されない。 なお、年末は2018年までは曜日配列によるが、12月31日(大みそか)まで通常通り放送していた。 しかし、2019年は12月27日をもって年内の放送を終え、同月30・31日は全編休止となった。 この2日間は、後続の『』も休止となったため、朝の情報番組が完全に無くなった。 そのため、NHK総合と民放各局の朝の報道・情報番組の年末年始の休止期間が曜日配置によっては全局で統一される年も発生するようになった。 問題となった放送内容 [ ] 新型コロナウイルス感染症 2019年 関連 [ ]• 2020年5月7日の放送で取材を受けたベルギーから日本に一時帰国中の医師が「現段階でPCR検査をいたずらに増やそうとするのは得策ではない」「無作為な大規模検査は現場としては全く必要としていない」とコメントしたにもかかわらず、これらのコメントはカットされ、欧州でのPCR検査は日本よりかなり多い(日本はかなり遅れている)といった論調のなかで、真意と真逆の意味に取られるように「PCR検査を大至急増やすべきだ」というメッセージの一部として編集されたことを指摘した。 これを受け、元作家の 、脳科学者の 、元テレビ朝日のライター 、ジャーナリストの らが恣意的な編集を批判した。 12日の放送では、同医師のインタビューを2分以上にわたって改めて放送し、総合司会の坪井が「医療現場の声の部分を放送につなげることをおろそかにしていた部分がありました。 大変お詫びいたします」と謝罪した。 この謝罪放送に対して水島は、なぜ恣意的な編集をしたのかの検証や再発防止策が示されず、視聴者の信頼を裏切ったことへの反省の言葉も一切なかったと再批判した。 書籍 [ ]• 「林修のことば検定」で過去に放送された問題をまとめた書籍『ことば検定【語彙編】』( )及び『ことば検定【漢字編】』( )が2018年11月20日に発売された。 スタッフ [ ]• チーフプロデューサー:佐藤光浩• 制作著作:テレビ朝日 過去のスタッフ [ ]• チーフプロデューサー:小寺敦、斉木文武、桐永洋 脚注・出典 [ ] 注釈 [ ] []• これまで本番組とスタジオセットを共用していた『スーパーJチャンネル』も同日より新スタジオセットに移行したが、こちらは第4スタジオで同番組専用となっている。 総合司会は、月~水曜日が坪井・久富のコンビ、木・金曜日が新井・吉野のコンビとなる。 本番組開始時は『みのもんたの朝ズバッ! 』であり、のでもあった。 冒頭30分には出演せず、5:25から出演。 2020年3月27日までは、サブキャスターを担当。 番組開始から2014年9月まではエンタメコーナー担当。 2016年12月からは田中萌の代役として出演していたが、2017年2月に正式に就任。 2017年3月31日から『ANNニュース』も担当。 出演開始時はに在学していたが、2018年3月に同大学を卒業。 2015年9月25日まではスポーツキャスター(金曜日)、2015年9月28日から2016年11月11日まで『ANNニュース』担当。 番組開始から2014年9月までは新聞コーナーを担当。 復帰後の2017年3月31日から『ANNニュース』も担当。 2016年12月8日から2017年3月30日まで『ANNニュース』も担当。 基本、5:25から出演。 前述の通り2020年4月第3週から当面、木・金の気象情報を担当する。 2015年3月23日までは月曜コメンテーター、2015年3月31日から2016年3月24日までは木曜コメンテーターだった。 『やじうまテレビ! 』ではニューヨーク中継を担当していた。 2017年9月~2018年9月は産休のため出演せず。 水曜日出演の時期もあり。 以前は、火曜日・木曜日に出演。 2019年3月以降、ライセンス取得のため不定期出演に移行。 2013年の番組開始当初は金曜コメンテーターで「金曜言葉塾」も担当。 欠席時は村瀬、など当時の東進ハイスクール同僚講師が代理出演した。 2016年4月以降は原則として録画出演のみ。 2020年度入社のアナウンサーで、4月1日から出演。 2020年度入社のアナウンサーで、4月14日から出演。 2020年4月第2週(6日 - 10日)は、依田が遅いを取った為、事実上4月6日から担当。 2014年4月より『』のMCへ異動し、2018年9月まで担当。 2013年10月4日 - 11月8日は産休していた。 2016年4月11日より『報道ステーション』の月 - 木曜日のレギュラーコメンテーターへ異動。 月1 - 2回出演。 当初は林修の欠席時の代理出演。 一部地域ではCMまたは各地域の天気予報などに差し替え。 事前収録。 毎週金曜日及び祝日等に「傑作選」として過去のものを再放送し、その日はポイントが2倍になる。 なお、ポイント2倍は特別報道体制やスポーツ中継などで前日の放送(またはクイズ)がなかった翌日分でも実施される。 事前収録。 2020年5月11日から当面、新型コロナウイルス感染拡大防止対策で、福田の出演を見合せる。 2020年2月初め頃まで『』司会者とのクロストークを行っていたが、2020年2月初め頃以降、「コロナウイルス感染拡大」を受け、それに関する速報を伝える事が多くなった為、実質クロストークが休止状態(それ以前も、緊急ニュース等が入った時はクロストークを休止した)となり、2020年春改編をもって、クロストークを廃止した。 中継は不定期に関東地区以外からも実施しており、(大阪府)のように当番組がネットされていない地域から中継を行うこともある。 但し、不定期にVTRで関東地方の周辺各所の様子が紹介されることもある。 テレビ朝日系列局の所在する全県庁所在地についてフォローする(風速など一部を除く)。 テレビをインターネット接続している場合のみ回答可能。 集計結果放送後も8:00まで設問に回答可能。 予報部分ではメインテーマ曲のインストアレンジ版を使用。 また、大型の台風や豪雨・豪雪といった気象災害発生時またはその恐れがある場合など緊急時は、BGMは差し替えまたは無しとなる。 名阪九北の基幹系列4局ではローカル情報番組を独自制作していて、当番組は極一部のみを放送(番組連動データ放送は非対応となっているが、該当地域からの中継のみで対応することもある)。 2014年は放送なし。 2016年は放送なし。 モーニング』。 2018年3月30日(2017年度最終放送日)までは、同年4月1日の認定放送持株会社移行に伴う商号変更ならびに分社化前のため、朝日放送。 ただし、祝日・年末年始などで『おはようコール - 』が全編休止もしくは6:00以降開始の短縮放送となる場合は各種番組表でも「ANNニュース」パートが単独番組扱いで記載される。 2017年9月までは8 - 10時台。 ただし、2020年はの影響で9月に延期して開催される予定。 なお、通常5時台内包の『ANNニュース』は5:50 - 6:00に単独番組扱いで放送した。 出典 [ ]• まんたんweb 2013年9月11日(同日閲覧)• スポーツ報知 2014年1月30日閲覧。 [ ]• アニメイトタイムズ 2019年9月29日. 2019年10月8日閲覧。 - 2013年10月2日• - テレビ朝日 2013年10月30日• ,,2016年7月6日• ,日刊ゲンダイ,2018年7月3日• ORICON STYLE 2015年10月1日. 2015年10月1日閲覧。 2015年11月5日. 2019年9月9日閲覧。 ORICON NEWS 2018年3月27日. 2018年5月15日閲覧。 2019年4月1日からの『』(5:10 - 5:25)開始による。 『・第1部』が11:45飛び乗りからフルネットに移行するのに伴う改編により、自主編成枠を4:55 - 5:25に枠移動のため。 東スポWeb — 東京スポーツ新聞社. 2020年5月12日閲覧。 デイリースポーツ online. 2020年5月12日閲覧。 Asagei Biz-アサ芸ビズ. 2020年5月12日閲覧。 中日スポーツ・東京中日スポーツ. 2020年5月12日閲覧。 ねとらぼ. 2020年5月12日閲覧。 リアルライブ. 2020年5月12日閲覧。 Yahoo! ニュース 個人. 2020年5月12日閲覧。 Yahoo! ニュース 個人. 2020年5月12日閲覧。 スポニチアネックス. 2020年5月12日閲覧。 中日スポーツ・東京中日スポーツ. 2020年5月12日閲覧。 nikkansports. com. 2020年5月12日閲覧。 読売新聞オンライン 2020年5月12日. 2020年5月12日閲覧。 zakzak. 2020年5月12日閲覧。 Yahoo! ニュース 個人. 2020年5月12日閲覧。 リアルライブ. 2020年5月12日閲覧。 外部リンク [ ]• - 公式サイト•

次の

グッドモーニングショー

グッド モーニング ショー

タグ Chara Free! amazon. 『グッドモーニングショー』は2016年10月8日公開の日本映画。 第40回モントリオール世界映画祭・ワールドコンペティション部門出品作品。 wikipedia. 立てこもり犯に要求されおこなった釈明会見中継は報道班の乱入で途切れてしまいました。 放送されなかった澄田の釈明内容を考察してみましょう。 そして犯人が澄田に渡した封筒の中身やなぜ澄田を要求したのか、そして澄田が過去に 顔に泥を塗った真相にも迫っていきます。 釈明会見の内容を考察 グッドモーニングショーの メインキャスターである澄田が犯人の要求でおこなった釈明会見。 犯人は過去に澄田が犯したミスや サブキャスター小川圭子との噂を知ったうえで『謝罪』を要求しました。 なぜ澄田は謝罪をしなくてはいけなかったのでしょうか。 澄田の釈明会見の内容を考察 澄田はなぜ謝らなくてはいけないのか理解していないため内容の無い『ゴタク』を並べるだけでした。 視聴率のために信念を曲げたことや視聴者が観たいと思う内容を最優先するとか言いますが全て 言い訳です。 そんな言葉を並べながら澄田は心を整理していきます。 自分たちが日々どんな姿勢で番組を作っているのかをとつとつと語る澄田はスタッフ全員の思いを背負っているのです。 そして本来あるべき ワイドショーの姿に気づき、心のどこかでワイドショーをバカにしている自分の心を見つめました。 土下座を要求された時の苦々しい澄田の顔には『ワイドショーの何が悪いんだ!』という思いで歪んでいます。 犯人はなぜ澄田に謝らせようとしたのか 信じていた澄田に無視されたと感じた犯人は自分と同じように『澄田を信じている』視聴者を 代表したつもりなのです。 視聴者に謝れと言った裏には『信じていたのに…』という憤怒の思いがあるのでしょう。 しかしその思い込みを実行に移してしまった犯人はやはり狂っています。 澄田に復讐したいだけなら立てこもる必要もありませんし、人質もいらないはずです。 犯人にとって澄田は『今まで自分を利用してきた汚い奴ら』の象徴になっています。 澄田が謝ることは犯人にとって自己を 正当化する唯一の手段だと思い込んでいるのでしょう。 犯人が持っていた封筒の中身とは 事件現場のカフェで投降した犯人が澄田に渡した 封筒はかなりの厚みがありました。 事件が片付いたあとその封筒を澄田は 番組スタッフに託します。 澄田はその内容を読んだのでしょうか。 犯人は何を澄田に伝えたかったのか 犯人は正義の味方澄田キャスターに自分の実情を話せば『テレビで取り上げてくれる』と考えたのです。

次の

グッドモーニングショー

グッド モーニング ショー

映画『グッドモーニングショー』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。 各サービスには 2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。 配信状況により無料ではない場合があります。 グッドモーニングショーの登場人物(キャスト) 澄田真吾(中井貴一) 朝のワイドショー「グッドモーニングショー」のメインキャスター。 災害現場で不謹慎な行動をとって視聴者からの非難を浴び、報道番組から外された。 元女子アナの妻と大学生になる息子がいる。 相手に嘘をついて欲しい時はアゴを触る。 西谷颯太(濱田岳) 以前自分が働いていたカフェに、猟銃を持って立てこもる。 澄田が現場に来ることを要求する。 小川圭子(長澤まさみ) 「グッドモーニングショー」のサブキャスター。 思い込みの激しい性格で、澄田に愛されていると勘違いし、番組内でそれを公表しようとする。 三木沙也(志田未来) 「グッドモーニングショー」のスポーツ担当のキャスター。 澄田と災害現場に同席しており、澄田の行動にはちゃんとした理由があることを知っている。 石山聡(時任三郎) 「グッドモーニングショー」の番組プロデューサー。 澄田とは同期で、ツーカーの仲。 黒岩哲人(松重豊) 立てこもり事件を仕切る警視庁特殊班の刑事。 西谷の要求に応え、澄田を店内まで連れていく。 グッドモーニングショーのネタバレあらすじ(ストーリー解説) 映画『グッドモーニングショー』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。 この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。 グッドモーニングショーのあらすじ【起】 朝のワイドショー「グッドモーニングショー」でメインキャスターを務める澄田真吾は、毎朝午前3時に起床して、出勤の準備を始める。 今朝は妻と息子がまだ起きており、何やら深刻に話をしていた。 澄田は頭を抱えつつ、タクシーで出勤する。 澄田と圭子の間に男女の関係はなかったが、1度だけ彼女の部屋に行ったことがあった。 思い込みの激しい圭子は、澄田に愛されていると完全に勘違いしていた。 テレビ局のスタジオでは、大勢のスタッフが番組の準備を進めていた。 今日のトップニュースを決める会議では、芸能担当と報道担当が対立する。 プロデューサーの石山聡は、視聴率を取るために、くだらない芸能人の恋愛スクープをトップに決める。 澄田も、ワイドショーとはそういうものだと割り切っていた。 石山は澄田を呼び出し、「グッドモーニングショー」が打ち切りになることを告げる。 次の番組で澄田の続投はなく、澄田はメイン番組を失うことになる。 澄田は番組のスタッフから、ある事件の現場リポートを頼まれるが、それを断る。 以前報道番組のキャスターをしていた澄田は、豪雨による土砂災害の現場で、笑いながら顔に泥を塗りつけているところを放送され、視聴者から非難を浴びて番組を降板になっていた。 その出来事は、澄田のトラウマになっていた。 本番直前、品川区のカフェで立てこもり事件が発生したとの一報が入る。 スタッフはすぐ事件の情報収集を開始し、カメラマンは現場へ走る。 そして番組も、このニュースから始まることになる。 グッドモーニングショーのあらすじ【承】 本番が始まり、番組は立てこもり事件の概要を伝える。 犯人は、午前6時過ぎに猟銃を持って店内に立てこもり、店員と10名ほどの客を人質にしていた。 石山は、警視庁特殊班の黒岩から連絡を受ける。 立てこもり犯がキャスターの澄田を要求しているらしい。 石山は澄田にそれを説明し、現場へ向かって欲しいと伝える。 しかし澄田は、現場へ行くのをためらう。 引くに引けなくなった澄田は、立てこもり事件の現場へ向かう。 番組では、犯人の要求が澄田だということが発表され、視聴者からすごい反応がある。 視聴率の低迷に悩んでいた石山は、この独占スクープに番組の起死回生をかけていた。 現場に到着した澄田は、マイクを持ってカメラの前に立つ。 他局のカメラも、澄田の姿を映し出す。 澄田は覚悟を決めてリポートを始める。 黒岩は澄田を呼び出し、警察だけが知っている犯人の情報を伝える。 犯人は28歳の西谷颯太という男だった。 それを盗み聞したカメラマンは、その情報をスタジオに伝える。 番組では、これを独占スクープとして発表し、スタッフは西谷の情報を収集する。 このカフェでは2年前に火事があり、その時のニュース映像も番組内で流される。 西谷と連絡が取れなくなり、黒岩は澄田と店内へ入ることにする。 西谷は爆弾も持ち込んでいるらしく、澄田は物々しい防護服とヘルメットを着用することになる。 カメラマンは、防護服とヘルメットに極秘で小型カメラを仕掛け、スクープ映像を狙う。 澄田はマイクを握りしめ、カフェに近づいていく。 小型カメラの映像は、緊迫感に満ちていた。 番組スタッフも、固唾を飲んでその映像を見守る。 澄田はリポートを始め、黒岩に注意される。 警察からテレビ局に中継をやめるよう抗議の電話が入るが、石山は中継の続行を決める。 結局は警察の用意した小型カメラの調子が悪くなり、澄田が装着した小型カメラの映像を流すことが許可される。 グッドモーニングショーのあらすじ【転】 黒岩と澄田が店内に入ってすぐ、老人と妊婦が解放される。 西谷に顔を見せるよう要求され、澄田のヘルメットが外される。 澄田は西谷に見覚えがなく、自分が呼ばれた理由が全くわからない。 西谷は澄田に、カメラの前で視聴者に向かって謝罪するよう要求する。 くだらないことばかり放送しているくせに、いつも偉そうなコメントをしているのが許せないらしい。 澄田は納得いかなかったが、黒岩にも従うよう言われ、店の外へ出てカメラの前に立つ。 澄田は謝罪する前に、自分やスタッフがどんな気持ちで番組を作っているのかを語り始める。 西谷は苛立ち、早く土下座して謝罪しろと騒ぎ出す。 澄田はプライドを捨て、その場に土下座する。 その時、スタジオと繋がっている澄田の音声モニターから、西谷がこのカフェで働いていたという情報が入る。 澄田は店内に戻り、西谷と2年前の火事との関係を追求し始める。 そして、自分や番組への文句は単なる言いがかりで、この事件を起こした本当の理由は別にあるのだろうと西谷に迫る。 西谷が興奮し始めたので、黒岩は澄田のマイクを奪う。 しかし、防護服にセットされた小型カメラにはマイク機能がついおり、店内のやり取りはそのまま全国に放送される。 澄田は、西谷が社会への不満からこんな事件を起こしたのだろうと推測し、この場でその不満をぶちまけるよう促す。 澄田に説得され、西谷も迷い始めるが、その隙に店員が逃げ出してしまい、西谷は激昂する。 西谷は、時限爆弾のタイマーを番組終了間際の8時59分にセットし、スイッチをいれる。 西谷は澄田に反撃を開始し、あの災害現場でのリポートのことを持ち出す。 すると、スタジオにいたスポーツ担当キャスターの三木沙也が、澄田がなぜあんな行動をとったのかを説明し始める。 あの日澄田は、被災した男の子に声をかけ、彼と同じように顔を泥だらけにして、彼を元気づけようとしていた。 それがタイミング悪く全国に放送されてしまい、ふざけているように見えてしまった。 しかし澄田はその子を巻き込むことを嫌がり、一切の弁解をしていなかったのだ。 グッドモーニングショーの結末・ラスト(ネタバレ) 西谷は、2年前の火事の原因が、店長のタバコの不始末だったことを暴露する。 しかし店長は立場の弱い西谷に責任をなすりつけ、そのせいで西谷は店をクビになっていた。 澄田は、火事のことを調査して、西谷の汚名を晴らすと約束する。 これで西谷は納得するだろうと思われたが、彼はいきなり銃をぶっ放す。 澄田は衝撃で倒れてしまうが、弾は当たらなかった。 そして西谷はついに、澄田を呼んだ本当の理由を話し始める。 しかし澄田は彼を無視して、圭子とタクシーに乗ってしまう。 西谷は自分の存在を無視され、深く傷ついていた。 西谷はその時の封筒を今も持っており、中身をぶちまける。 その中には、圭子と楽しそうに食事をしている澄田の写真が入っていた。 放送は一時中断され、映像は占いに切り替わる。 全てをぶちまけた西谷は、銃を自分の喉元に突きつけ、自殺を図ろうとする。 西谷は人生に絶望し、自分みたいな人間は死んだほうがいいのだと思っていた。 2人のやり取りを受けて、スタジオでは、西谷が命を捨てるべきか、取っておくべきかの視聴者アンケートを実施することになる。 これは危険な賭けだったが、石山は西谷の自殺を止めるにはこれしかないと考え、アンケートの開始ボタンを押す。 しかし結果は残酷で、7割近い視聴者が西谷の死を望んでいた。 モニターでその結果を聞いた澄田は、ヘルメットの小型カメラに向かって、アゴを触る仕草をする。 これは澄田が嘘をついて欲しい時の合図だった。 それを見た石山は投票結果を編集し、偽りの結果を放送する。 西谷の身柄は警察に確保され、時限爆弾も処理される。 人質は全員無事に救出され、澄田は現場リポートを終了する。 警察の事情聴取を終えた澄田は、テレビ局に帰ってくる。 澄田も石山も、ワイドショーにはワイドショーにしかない面白さがあると感じており、石山は番組の続行を上司に頼むつもりだった。 疲れ果てて帰宅した澄田を、妻は仁王立ちで迎える。 明日の番組では、澄田が圭子の一件で謝罪会見をすることになっていた。 妻は、圭子は澄田の好みではないことを見抜いていた。 グッドモーニングショーの感想・評価・レビュー 朝の情報番組のメインキャスターを務める澄田は、家庭では妻と息子から、職場では同僚から、それぞれ無茶な相談を持ち掛けられる。 おまけにプロデューサーには番組の終了を告げられるという仕打ち。 そんな中、都内で人質立てこもり事件が発生し、犯人から澄田が呼び出される。 色んな出来事が詰め込まれていて話を追うのが精一杯だったが、特に冒頭の朝の情報番組の裏側のシーンは、忙しないスタッフたちの仕事ぶりがドキュメンタリーを観ているようで面白かった。 犯人と接する際の心得「否定しない、信用しない、約束しない」という警察官の言葉も印象深かった。 (女性 20代) コメディに全力を注いだ作品で、出演俳優が豪華。 それだけにもったいないなと思ってしまう作品だった。 脚本が下手なわけではなく、むしろ上手なのだと思う。 コメディ作品らしいテンポの速さや物語全体の起承転結はある。 ただ、散りばめられた小ネタがあまりハマっておらず、綺麗な脚本だからこその違和感を感じた。 主演の中井貴一があまり合っていなかったようにも感じる。 人間ドラマを絡めているが、そこがチープに感じてしまった。 もっと厚みのある人間ドラマを絡めれば、この作品への評価も変わってくると思う。 (男性 20代).

次の