ソフトバンクエアーからソフトバンク光に乗り換え。 ソフトバンク光からソフトバンクAirに乗り換えって出来る?

知らないと後悔するソフトバンクエアーの解約を極める5つの法則

ソフトバンクエアーからソフトバンク光に乗り換え

ソフトバンクエアーからソフトバンク光へ乗り換えは可能か ソフトバンクエアー(SoftBank Air)とソフトバンク光はどちらもSoftBank社が提供するインターネット接続サービスです。 同じインターネット接続サービスですが接続方法に違いがあるため、ソフトバンクエアーは工事不要ですが、ソフトバンク光は工事が必要など様々違いがあります。 そこでまずは、ソフトバンクエアーの契約期間が残っている場合(契約期間中)でもソフトバンク光へ乗り換え出来るのかをご紹介します。 ソフトバンク光へ乗り換える理由 ソフトバンクエアーは工事不要で手軽に始められますが、インターネットに接続する方法は携帯電話やスマホ同様に「電波」を利用します。 その為、時間帯や場所によって携帯電話やスマホ同様に速度が低下したり、インターネットに接続しづらい状況になる場合があります。 そんなソフトバンクエアーの特性を理解しないまま契約してしまった人が、 速度に不満があったり インターネットに接続出来ない状況が発生しやすい 「ソフトバンクエアー」から光回線を使ってネット接続し速度が安定している 「ソフトバンク光へ乗り換えを希望している人がいるようです。 ソフトバンクエアーとソフトバンク光の違いについては、以下の関連記事に詳しく記載しておりますので参考にしてみてください。 ソフトバンクエアーからソフトバンク光へ乗り換え・契約切り換えを希望している人の多くは、ソフトバンクエアーの速度や接続状況の不満が理由なんです。 通常、解約金(違約金)が必要 ソフトバンクエアーもソフトバンク光も同じSoftBank社が提供しているので、「ソフトバンクエアーからソフトバンク光に簡単に乗り換えられる」と思っている人もいるかもしれませんね。 同じSoftBankが提供しているサービスですが 「ソフトバンクエアー」と「ソフトバンク光」は、まったく別サービスです。 その為、ソフトバンクエアーからソフトバンク光へ乗り換える場合、 ソフトバンクエアーを一度「解約」して ソフトバンク光を「新規契約」するのが 一般的な方法です。 一般的な「ソフトバンクエアー」から「ソフトバンク光」への乗り換え方法• ソフトバンクエアーを解約する。 ソフトバンクエアーが 契約期間中なら解約金を支払う。 ソフトバンク光を新規契約する。 本来、ソフトバンクエアーからソフトバンク光へ乗り換える際にソフトバンクエアーの解約金支払いが必要ですが、サービス変更という手続きをすれば解約金を支払う必要がなくソフトバンク光へ乗り換える事が可能です。 SoftBank Airからソフトバンク光へサービス変更する方法と注意点 上記でご紹介したように、ソフトバンクエアー(SoftBank Air)契約中の場合にソフトバンクエアーを解約しソフトバンク光へ乗り換える人限定で「サービス変更」という解約金不要の手続きで乗り換えが可能です。 そこでここからは、ソフトバンクエアーを契約しておりソフトバンク光へ乗り換えを希望している人向けに、ソフトバンクエアーの解約金不要でソフトバンク光へ乗り換えられる「サービス変更」という手続き方法、そして「サービス変更」の注意点をご紹介したいと思います。 サービス変更の手続き方法 ソフトバンクエアーを解約してソフトバンク光を新規契約し乗り換える場合、 ソフトバンクエアーの解約時に本来支払うべき解約金が免除される「サービス変更」手続き方法についてご紹介します。 サービス変更の手続きは、ソフトバンクエアー専用の問い合わせ電話番号へ電話をします。 契約中のソフトバンクエアーからソフトバンク光へ乗り換える場合、ソフトバンクエアーの解約に伴う解約金が必要なくなる「サービス変更」手続きは電話で行います。 サービス変更の注意点 上記でご紹介したように、ソフトバンクエアーからソフトバンク光へ乗り換える場合には、本来ソフトバンクエアーを解約してソフトバンク光の新規契約を行います。 ただ、これだとソフトバンクエアーの解約時に解約金の支払いが必要となるため「サービス変更」手続きで乗り換えれば解約金は免除されます。 しかし、このソフトバンクエアーからソフトバンク光へ解約金の負担なく乗り換えられる 「サービス変更」には注意点がありますのでご紹介しておきます。 分割契約は残債を一括払いしなければならない ソフトバンクエアーでは「Airターミナル」という機器を利用してインターネットに接続します。 この「Airターミナル」はソフトバンクエアーを契約時に 「分割払い」で購入するか、 「レンタル」するかを選ぶ事が可能です。 ただし、契約中は「月月割」という割引が適用され36ヶ月間1,620円が割引されるので実質無料です。 ここで今回のお題である「サービス変更」の手続きですが 「分割払い」でソフトバンクエアーを契約している人は注意が必要です。 ソフトバンクエアーを解約する際の解約金は負担がなくソフトバンク光へ乗り換えが可能な「サービス変更」手続きですが、 解約金負担がなくなるだけで 機器分割はなくなりません。 例えば、ソフトバンクエアーを 「分割払い」で契約して6ヶ月後に「サービス変更」で解約した場合、分割支払い分「1,620円」が割引されていた 月月割の適用が外れます。 その為、本来支払うべき機器代「36回-6ヶ月=30ヶ月分」の残債を一括で支払う必要が出てきます。 お解りになりましたか? ただし、36ヶ月目以降のソフトバンクエアーの解約やサービス変更の場合は、機器の分割代金の支払いは完了しているので上記のような事を考える必要がありません。 また、「Airターミナル」という機器をSoftBankから「レンタル」契約している人は、機器を購入して分割払いしている訳ではないので、上記のような機器代を解約時に負担する必要がありません。 ソフトバンクエアーを 「分割払い」契約している人が、なるべく解約時のこの 残債負担を少なくし、ソフトバンクエアーから ソフトバンク光へ乗り換えるテクニックを後で詳しくご紹介します! ソフトバンク光の工事費が必要 ソフトバンクエアーからソフトバンク光へ乗り換える場合、 ソフトバンク光の開通工事費の支払いが必ず必要になる事も頭に入れておく必要があります。 ソフトバンクエアーは携帯電話やスマホのように「電波」を使ってインターネットに接続するサービスです。 しかし、 ソフトバンク光は「光回線」という回線を使ってインターネットに接続します。 その為、 「光回線」を自宅内へ引き込む工事をしなければなりません。 この 工事費の支払いは契約者負担です。 ソフトバンク光 開通工事費 24,000円 但し、建物内工事なし、 室内工事のみの場合9,600円 出典: 開通工事は工事業者が来て立ち会う必要があり面倒に思うかもしれません。 しかし、ソフトバンクエアーよりもソフトバンク光の方が「光回線」なので速度は速く安定していますので、今後の事を考えると一度の工事なので我慢しましょう。

次の

ソフトバンク光とソフトバンクエアーを比較!ソフトバンク光に乗り換えるのが正解です。

ソフトバンクエアーからソフトバンク光に乗り換え

この記事の目次• 下記のデメリットを踏まえたうえで、実際に乗り換えるかどうか判断することをお勧めします。 1手続きが面倒 フレッツ光から光コラボへの乗り換えと違い、光コラボから光コラボへの乗り換えは多少面倒です。 まず、NTT加入電話からドコモ光のひかり電話へ番号ポータビリティで移行して利用している人で、ソフトバンク光でも同じ電話番号を使いたい場合は、NTTアナログ電話へ戻す手続きが必要です。 そして、NTTアナログ電話へ戻す工事が終わってから、ソフトバンク光へ申し込みます。 ソフトバンク光の申し込みが完了したら、ドコモ光の解約手続きをします。 ソフトバンク光の開通は現光コラボの撤去工時から6営業日以後でないと開通できないルールがあります。 つまり、どうしても7日程度はインターネットが使えない期間が発生します。 そして光電話は、ソフトバンク光開通後9営業日後に使えるようになります。 ソフトバンク光に乗り換えた後に月々のスマホ料金が高くなってしまいます。 ソフトバンク光への乗り換えが料金を安くすることが目的なのであれば、スマホごとソフトバンクへ乗り換えないとあまりメリットが無いでしょう。 3通信速度が落ちる可能性 ソフトバンク光はプロバイダが1社しか選べないので、ソフトバンク光への乗り換えで必然的にプロバイダはYahoo! BBになります。 Yahoo! BBの速度はクチコミでも評判が悪く、プロバイダの中でも遅いほうだと思います。 光BBユニットをレンタルしIPv6高速ハイブリッドを契約すれば速度は速くなりますが、何もしないとドコモ光よりも速度が落ちる可能性があります。 4電話番号が変わる可能性 ドコモ光で新規に取得した光電話の電話番号は、ソフトバンク光へ乗り換えの際に引き継ぐことができません。 ソフトバンク光でまた電話番号を新規取得することになります。 ただし、もともとNTT加入電話からドコモ光へ番号ポータビリティで移行していた人に関しては、一度NTTアナログ電話へ戻すことにより電話番号を引き継ぐことができます。 1月額料金が若干安くなる ドコモ光からソフトバンク光へ乗り換えれば若干月額料金が安くなります。 料金比較 ドコモ光 戸建て: 5,200円~5,400円 マンション: 4,000円 ソフトバンク光 戸建て:5,200円 マンション:3,800円 ドコモ光にはタイプAとタイプBがあり料金が違いますが、2つの違いは選べるプロバイダが違うだけです。 乗り換えにあたり、現在タイプAの戸建てであれば、5,200円なので乗り換え後のソフトバンク光と料金が同じです。 現在マンションタイプやタイプBを利用中の人はソフトバンク光へ乗り換えで月額料金が安くなります。 2工事費がかからない? ドコモ光とソフトバンク光は光コラボです。 光コラボから光コラボへの乗り換えは、一度乗り換え前の光コラボを解約し、新たに乗り換え後の光コラボを新規契約する必要があり、新規工事費が発生します。 光ファイバー導入済みのマンションなどは立会い工事不要で無派遣工事2,000円で済みます。 それ以外の場合は基本的に工事担当者が派遣されます。 そもそも、ドコモ光とソフトバンク光は使っている光ファイバー等の設備が同じなので、それなのに立会い工事が必要なのが少し気に入らなかったのでソフトバンク光へ問い合わせてみましたが、「原則立会い工事が必要」とのことでした。 でも強く要求すれば無派遣工事で開通できる可能性もあると思います。 しかしいずれにせよ、キャンペーンを利用すれば工事費は実質かかりません。 キャンペーンでは発生した工事費分の割引、またはJCBギフトカードが貰えます。 3通信速度が速くなる可能性がある 光コラボはフレッツ光と同じ設備を使うため、ドコモ光もソフトバンク光も基本的には通信速度が同じです。 しかし、実際はプロバイダの混雑具合が通信速度に大きな影響をあたえるため、ドコモ光で選択したプロバイダによっては速度が遅い状態になっていることもあります。 ソフトバンク光はプロバイダが必ずYahoo! BBになります。 Yahoo! BBはプロバイダとしてはあまり評判がよくないので、速度は微妙です。 しかし、ソフトバンク光には「IPv6高速ハイブリッド」というネイティブ接続があります。 ソフトバンク光のネイティブ接続はプロバイダを経由せずBBIX株式会社の装置を経由しインターネットに繋がります。 つまり、Yhaoo! BBがインターネットの接続に関与しないため、通信速度が速くなります。 ちなみに、ドコモ光はプロバイダのみを変更することが可能です。 現在の速度に不満がある場合、プロバイダを変更することによって速度が改善する可能性もあります。 4ドコモ光の解約金をソフトバンクが負担してくれる ドコモ光を解約すると戸建て13,000円、マンション8,000円の解約金が発生します。 しかし、ソフトバンク光へ乗り換えの場合は、ドコモ光の解約金をソフトバンクが負担してくれる「あんしん乗り換えキャンペーン」が適用されます。 あんしん乗り換えキャンペーンは、他社違約金・撤去費用を最大10万円までキャッシュバックで還元してくれます。 5工事費は実質無料 このキャンペーンは、乗り換え時に発生する工事費を実質無料にするためのキャンペーンです。 発生した工事費によって貰える金額が変わります。 JCB商品券か割引かをどちらか好きなほうを選択できます。 なので、発生する工事費は24,000円か9,600円になるでしょう。 その分を月額割引や商品券で還元してくれるので、初期費用は相殺されます。 6スマホを無料で乗り換えられる ドコモ光からソフトバンク光へ乗り換えのついでにスマホもソフトバンクへ乗り換えれば「おうち割光セットキャンペーン」が適用されます。 このキャンペーンはおうち割光セットを新規で申し込むことが条件です。 この条件を満たすことにより、他社スマホの解約金を還元してくれます。 おうち割光セットキャンペーンがあるので、スマホも解約金を気にせず乗り換えられます。 7 キャッシュバックがゲットできる ドコモ光からソフトバンク光に乗り換える場合には、キャッシュバックをゲットできるというメリットがあります。 キャッシュバック金額は契約内容によって変化しますが、ドコモ光からソフトバンク光に乗り換える場合は下記の金額が適用されます。 ソフトバンク光のキャッシュバック キャッシュバック 27,000円 これは最も契約の条件が良い評判の代理店「エヌズカンパニー」の内容です。 キャッシュバック金額が最も高額で、なおかつ有料オプションなどをつけなくて良いので、安心して利用できる代理店です。 ソフトバンクから優良代理店の表彰を受けている数少ない窓口なので、信頼度も高いです。 ソフトバンク光の申し込み窓口について詳しく知りたい方は、下記の記事をご参考ください。 ソフトバンク光以外にも条件がよい回線もあるので、他社の内容も把握したうえで、一番良いものを選んでみてくださいね。 1auひかり auひかりは光コラボではないので、ソフトバンク光への乗り換えのようなインターネットが使えない期間ができないのでおすすめです。 1魅力は初期費用が掛からないこと auひかりは、キャッシュバックと初期費用がほとんど掛からないことが魅力です。 キャッシュバックはネット代理店のNNコミュニケーションズから申し込むのが一番お得です。 auひかり公式キャンペーンである初期費用相当額割引、スタートサポート 他社違約金還元 も利用できるので、乗り換えコストもほぼかかりません。 2ドコモスマホは高くなる ただし、ドコモ光パックでスマホ代を節約している人は、auひかりへ乗り換えた場合スマホ代が高くなってしまうデメリットがあります。 3プロバイダも選べる auひかりはプロバイダが7つの中から選べます。 現在ドコモ光で使っているプロバイダと同じものがあれば、プロバイダメールアドレスを変えずそのまま利用できます。 auひかりはプロバイダごとに通信速度が変わらず、どれを選んでも高速通信可能です。 なので、現在ドコモ光で使っているプロバイダの速度に不満があっても、auひかりへ乗り換え時に同じプロバイダを選ぶこともできます。 4キャッシュバックも高額 auひかりのキャッシュバック キャッシュバック 50,000円 auひかりはキャッシュバックが高額なことでも人気です。 ご家庭の中にauスマホを使っている方がいれば、auひかりのほうがお得なので、検討してみることをお勧めします。 その他auひかりの詳しい特徴は下記の記事にまとめているので、ぜひ確認してみてください。 2NURO光 NURO光も光コラボではないので、NURO光が開通してからドコモ光を解約すればインターネットが使えない期間をゼロにできます。 1デメリットはエリアが狭いことだけ しかし、NURO光は関東エリアだけとエリアが狭いことがデメリットです。 NURO光はauひかりと比べてもいろいろと優れた面があるので、関東にお住まいの方はぜひNURO光へ乗り換えをおすすめします。 NURO光の特徴は、世界最速の2Gbpsの通信速度を誇ることです。 ただし、実際はLANインターフェースが1000BASE-T 1Gbps なので1Gbps以上の実測値は出ません。 でも、アクセスラインが2Gbpsだけあって、 実測値でも900Mbps近く出ます。 乗り換え時に発生するコストもほぼありません。 キャンペーンで工事費が実質無料になります。 4NURO光はキャッシュバックも高額 さらに、キャッシュバックも高額です。 NURO光の正規代理店である株式会社アウンカンパニーから申し込めば、ネット+光電話=35,000円、ネットのみ=30,000円のキャッシュバックが貰えます。 または、キャッシュバックの代わりにプレステ4を貰う事もできます。 なので、ドコモ光から他社へ乗り換える際はauひかりやNURO光など光コラボ以外の回線が良いでしょう。 特に関東エリアにお住まいであれば、NURO光が通信品質、代理店のキャンペーンがとても優れているのでおすすめです。 関東エリア以外であれば同じく通信品質、代理店キャンペーンの優れているauひかりがベストでしょう。 ソフトバンク光に乗り換える場合は、キャッシュバックが高額なエヌズカンパニー経由でのお申し込みをお勧めします。 ソフトバンク光の申し込み窓口について詳しく知りたい方は、下記の記事をご参考ください。 ドコモ光の最新キャンペーンについて知りたい方は「」の記事を確認してみてくださいね。

次の

ソフトバンクエアーからソフトバンク光に乗り換える手続き方法・手順

ソフトバンクエアーからソフトバンク光に乗り換え

ソフトバンク光からSoftBank Airへの注意点 単刀直入に言いますと、ソフトバンク光からSoftBank Airへの変更を行う場合は、ソフトバンク光は通常の解約になり、SoftBank Airの契約も通常の新規契約という扱いになります。 よって、ソフトバンク光の契約が2年契約の更新月以外であった場合は、解約によって違約金は発生してしまいます。 ソフトバンク光の違約金は回避できない? とはいえ、何か方法はないかと考えてしまうのは私の性なのでしょう。 何かうまく立ち回れば、違約金を免除できる方法があるのではないかと模索してみましたが、残念ながら公式キャンペーンなどの手段では、違約金をチャラにすることは出来ませんでした。 よって、これを回避することは出来ないので、逆にSoftBank Airの新規申し込みによるキャッシュバックで(タイムラグはあるが)相殺するという方法になってしまうのです。 SoftBank Airでは利用できないオプション 次に注意すべき点は、違約金などの費用面の話ではなく、オプションサービスの存在についての注意点です。 ソフトバンク光では実に様々なオプションが用意されています。 光回線を使った固定電話サービスを始め、ソフトバンク光テレビなどがあります。 実は、これらのサービスはSoftBank Airにはオプションとして存在しないので、ソフトバンク光を解約するとそれらのサービスも利用できなくなるのです。 というのも、光テレビはあくまでソフトバンク光のネット回線のオプションという扱いなので、元である光回線が無くなるとそれらも使えなくなってしまうからです。 固定電話に関してはSoftBank Airのオプションとしては存在しませんが、SoftBankショップで取り扱っている「おうちのでんわ」というサービスで代用は可能です。 月額もSoftBank Airとセットで540円とリーズナブルに利用が可能です。 光の解約前にSoftBank Air申込を! 上記の内容が、ソフトバンク光からSoftBank Airへ変更を行う際の主な注意点です。 しかし、もう一点かなり重要な注意点があるので、こちらの内容に関しても是非とも一度は目を通しておきましょう。 SoftBank Airが使えないリスクを回避しよう! すでにご存知かもしれませんが、SoftBank Airは日本全国どこでも利用ができる訳ではないのです。 例えば、SoftBank Airのエリア外だったり、高層ビルの高層階に至ってはそもそも契約自体ができなかったりします。 SoftBank Airの公式サイトには利用可能エリアの記載がございますが、そこに記載があってもSoftBank Airの設置可能台数の上限にすでに達している可能性もあります。 この様な不確定要素の多すぎる状態で、ソフトバンク光の解約とSoftBank Airの申込を併用してしまった場合、万が一SoftBank Airがエリア外となれば、ネット回線が何もない期間がかなりの長い間できてしまうのです。 その様な不便極まりない状況にならない為にも、数日間は契約が被ってしまいますが、SoftBank Airが家に到着し、実際に通信ができるか確認してからのソフトバンク光解約が安全で賢い方法であると言えるでしょう。 SoftBank Airへの変更はキャッシュバックを活用! 上記の注意点さえ気を付ければ、そこまで神経質になる事はありませんので、気楽に契約変更のための手続きを行なっていきましょう。 ちなみに、もしソフトバンク光の更新月が翌月などの場合は、あえて直ぐに手続きを開始せずに待つのも一つの手ではあります。 その方がSoftBank Airの新規申込によるキャッシュバックを丸々利益として回せるのでオススメです。 もちろん、現状ソフトバンク光が全く使い物にならないような過酷な状態は、更新月を待たずに即手続きに移行するという考え方もできますので、その辺りは臨機応変に動きましょう!.

次の