スマホ 遠隔 アプリ。 おすすめ遠隔操作アプリでPCとスマホを簡単連動する方法

「ケルベロス」アプリでスマホを遠隔操作!

スマホ 遠隔 アプリ

今やスマホがないと仕事にならないという人も多いかと思いますが、 そもそも盗聴や盗撮が可能なアプリは、 スマホ紛失時の対策用として 制作されたアプリが悪用されているケースが目立ちます。 もうひとつは、企業が社員に貸し出す仕事用のスマホに、 悪用防止のために スマホの使用を監視する目的で作られたアプリが 悪用されるケースもあります。 どちらもアプリとしては必要なものですので、 これらのアプリがなくなることはないでしょう。 つまり、盗聴可能なアプリはなくなることがないということになります。 なくならないのであれば対策をするしかありません。 では、そんなアプリの特徴を知り、きっちり対策できるようにしておきましょう。 盗聴アプリのタイプは2種類 ここでは総称として「盗聴アプリ」としますが、 これらのアプリのタイプは2種類に分けることができます。 盗聴アプリでできることは、上でも少し触れた通りまずは 録音です。 録音といってもボイスレコーダーのように周囲の音を拾うタイプもありますし、 電話の通話内容を録音できるものもあります。 通話内容を録音するタイプには、電話をかける、 またはかかってくると自動で起動するタイプもあり、こうなると 電話の通話内容は筒抜けといういことになります。 盗撮に関してはスマホ搭載のカメラを利用する形になります。 盗撮ができるアプリの中には、シャッター音を消す機能が ついているものはもちろん、 動体認識タイプの物も確認されています。 動体認識タイプは、 レンズが動くものを検知すると自動的にシャッターを切るため、大量の画像が盗撮されることに。 本人が写らなくても、 いつどこで誰と一緒にいたか、などの 情報が筒抜けになってしまいます。 さらにスマホ自体を遠隔操作できるアプリを使えばメールや通話の履歴から、 SNS上の書き込みなどもチェックが可能。 アプリひとつで個人情報が漏れてしまう可能性もあるのです。 盗聴アプリを発見する方法は? ではそんな恐怖のアプリを発見する方法はあるのでしょうか? いくつか考えられる方法はあります。 そもそも盗撮アプリの多くは、 ひっそりあなたのスマホに仕込まれています。 それを見つけるには、まず自分の スマホのアプリ一覧をチェックすること。 そこに見覚えのないアプリがあったらアンインストールしましょう。 これが一番分かり易い方法です。 しかし、こうした盗聴アプリには、 ステルス機能を持つアプリも少なくありません。 この手のアプリはアプリ一覧には出てこないので厄介です。 そんな場合は設定から「現在稼働中のアプリ」をチェックしてみましょう。 ) アプリ一覧には出てこなくても動作中のアプリには出てくるものもあります。 ただしこの場合は、 アプリが起動していることが条件となります。 長時間録音している、ボイスレコーダー系の盗聴アプリなどは この方法で見つけられるかもしれません。 最後の手段はスマホの初期化です。 この方法は最終手段ですから、準備をしっかり行ってから実行しましょう。 スマホ内のデータの移管、外部サービスのアカウント保存、 Googleアカウントの解除、SDカードの初期化などを行い、 初期化した後速やかに元の状態に戻せるようにしてから行うのがオススメです。 こういった盗聴アプリに対抗するために、 盗聴器発見アプリというものが存在します。 しかしこのアプリあまり意味がないようです。 というのも盗聴アプリは日々進化しており、 旧式の発見アプリでは対応できていないのが現状。 対応できるアプリが出るころには、さらに進んだ盗聴アプリが出るという 状態ですので、 今ダウンロードできる対策アプリはあまり頼りになりません。 しかしこの噂は真っ赤なウソ。 端末固有の番号で、盗聴とはまったく関係ありません。 むしろ端末の識別が可能な番号であり、 考え方によっては個人情報の一部になります。 スマホの盗聴対策は画期的な物がないだけに、 こうしたあり得ない噂が流れ、それを信じてしまう人も 続出しますが、こういったうわさはまず疑ってかかることをオススメします。 盗聴アプリの使用は犯罪になるのか このように一度インストールされるとなかなか気づきにくく、 厄介な盗聴アプリ。 しかし現行法には盗聴自体を取り締まる法律はありません。 「盗聴をした」という事実だけでは、これを裁く刑法はなく、 訴えるとすれば民事裁判で損害賠償の請求を行う裁判を起こすしかありません。 ただし、他人のスマホに勝手にアプリをインストールする行為や、 他人のスマホを遠隔操作する行為は、 刑法168条「 不正指令電磁的記録に関する罪」にあたります。 犯人を取り締まるには、遠隔操作をしている証拠か、 スマホを勝手に操作された証拠が必要となります。 盗聴アプリ対策とは 盗聴アプリ対策としては、まず自分のスマホにイタズラをされないように するのが重要です。 パスコードはもちろん、 自動ロックの設定時間を 短くするのも有効な対策。 さらに当然ですができるだけ肌身離さず持ち歩くことで 随分被害を防ぐことができるはずです。 一番危ないのは、スマホを紛失した後。 運よく出てきたとしても、手癖の悪い人に拾われた場合、 悪質なアプリをインストールされている可能性は否定できません。 もしスマホを紛失した場合は、一度初期化をすることをオススメします。

次の

iPhoneの遠隔操作アプリ3選!PCからカメラの操作は可能?防止対策は?

スマホ 遠隔 アプリ

遠隔操作にケルベロスアプリを仕込む スマホにはたくさんの個人情報が詰まっているため、紛失すると大変です。 そこで、スマホの現在地を突き止めたり、遠隔操作して周囲の写真を撮影できる「Cerberus(ケルベロス)」というセキュリティアプリが開発されました。 しかし、中にはこのケルベロスのアプリの機能を悪用している人もいるのです。 家族や恋人のスマホに仕込むことで行動を監視しているといいます。 実際に、ターゲットのスマホにケルベロスのアプリを仕込む流れを見てみましょう。 まずはターゲットのスマホにケルベロスをインストール。 アカウントを作成したら、状態を有効にしておきます。 続いて「Protect device admin」と「Block Power Menu」にチェック。 さらに「アプリ一覧画面から隠す」にチェックするとホーム画面に表示されなくなります。 これではターゲットは気づかないでしょう。 ケルベロスのアプリで遠隔操作 あとは専用サイトからログインすれば、ケルベロスのアプリがインストールされているスマホの現在地が表示されるというわけ。 これでリアルタイムにターゲットの居場所が把握できます。 root化して「写真を撮る」をコマンド選択すれば撮影も可能。 フロント、バックカメラを選んだり、フラッシュも使用できます。 主な遠隔操作コマンドには、SMSログ取得やSMSを送信などの通話記録の取得のほか、音声の録音などの遠隔操作も可能。 音声を録音して、どんな会話をしているのか聞くことができます。 行動履歴の取得もできるので、位置情報の履歴を受け取って、ターゲットがどのような移動をしたのか把握することもできるのです。 ただし、ケルベロスのアプリを元恋人のスマホに仕込んでストーキングしたことで、実際に逮捕された人もいます。 悪用は厳禁です。 アンドロイドロストも遠隔操作アプリ 遠隔操作アプリとしては、紛失したスマホ端末から情報漏えいなどの被害を防止する「Android Lost(アンドロイドロスト)」も有名です。 アンドロイドロストはすべて公式サイトにログインしての遠隔操作します。 ログインの際には、Google Playでアンドロイドロストをダウンロードした際のGoogle アカウントを使用します。 ログイン後、ページ中央にある「Controls」をクリックすると、遠隔操作用の画面が出現するのです。 この遠隔操作アプリの機能は「Basic」「Status」「Massages」「Security」「Mobile」「Premium」の6つにカテゴライズされています。 そして、ここで行った操作の履歴や得られた情報は「Logs」の画面で確認が可能です。 遠隔操作アプリで端末の位置を知る アンドロイドロストによる通話履歴の入手は「Mobile」のカテゴリにある「Call List」の機能で行います。 基本的に最新10件の通話履歴を入手できますが、設定を変更することで、最大50件までの履歴をパソコン上に表示可能です。 この遠隔操作アプリでGPS機能を利用して端末の位置を知りたい場合は「Basic」のカテゴリにある「GPS」の機能を使用。 GPSの項目に用意された「Send location」ボタンを押すと、Google Mapを流用したマップがWebページ上に表示されます。 さらに「GPS fixed interval」機能を使うと、端末の位置を5分ごとにチェックし、その都度Webページ上で確認可能です。 基本設定は3回ですが、最大で30回、位置を確認できます。 つまり、1度の命令で最大2時間半の位置が分かるのです。

次の

スマホを監視カメラにする最良の方法がコレ!遠隔カメラアプリ「Alfres(アルフレッド)」

スマホ 遠隔 アプリ

遠隔操作にケルベロスアプリを仕込む スマホにはたくさんの個人情報が詰まっているため、紛失すると大変です。 そこで、スマホの現在地を突き止めたり、遠隔操作して周囲の写真を撮影できる「Cerberus(ケルベロス)」というセキュリティアプリが開発されました。 しかし、中にはこのケルベロスのアプリの機能を悪用している人もいるのです。 家族や恋人のスマホに仕込むことで行動を監視しているといいます。 実際に、ターゲットのスマホにケルベロスのアプリを仕込む流れを見てみましょう。 まずはターゲットのスマホにケルベロスをインストール。 アカウントを作成したら、状態を有効にしておきます。 続いて「Protect device admin」と「Block Power Menu」にチェック。 さらに「アプリ一覧画面から隠す」にチェックするとホーム画面に表示されなくなります。 これではターゲットは気づかないでしょう。 ケルベロスのアプリで遠隔操作 あとは専用サイトからログインすれば、ケルベロスのアプリがインストールされているスマホの現在地が表示されるというわけ。 これでリアルタイムにターゲットの居場所が把握できます。 root化して「写真を撮る」をコマンド選択すれば撮影も可能。 フロント、バックカメラを選んだり、フラッシュも使用できます。 主な遠隔操作コマンドには、SMSログ取得やSMSを送信などの通話記録の取得のほか、音声の録音などの遠隔操作も可能。 音声を録音して、どんな会話をしているのか聞くことができます。 行動履歴の取得もできるので、位置情報の履歴を受け取って、ターゲットがどのような移動をしたのか把握することもできるのです。 ただし、ケルベロスのアプリを元恋人のスマホに仕込んでストーキングしたことで、実際に逮捕された人もいます。 悪用は厳禁です。 アンドロイドロストも遠隔操作アプリ 遠隔操作アプリとしては、紛失したスマホ端末から情報漏えいなどの被害を防止する「Android Lost(アンドロイドロスト)」も有名です。 アンドロイドロストはすべて公式サイトにログインしての遠隔操作します。 ログインの際には、Google Playでアンドロイドロストをダウンロードした際のGoogle アカウントを使用します。 ログイン後、ページ中央にある「Controls」をクリックすると、遠隔操作用の画面が出現するのです。 この遠隔操作アプリの機能は「Basic」「Status」「Massages」「Security」「Mobile」「Premium」の6つにカテゴライズされています。 そして、ここで行った操作の履歴や得られた情報は「Logs」の画面で確認が可能です。 遠隔操作アプリで端末の位置を知る アンドロイドロストによる通話履歴の入手は「Mobile」のカテゴリにある「Call List」の機能で行います。 基本的に最新10件の通話履歴を入手できますが、設定を変更することで、最大50件までの履歴をパソコン上に表示可能です。 この遠隔操作アプリでGPS機能を利用して端末の位置を知りたい場合は「Basic」のカテゴリにある「GPS」の機能を使用。 GPSの項目に用意された「Send location」ボタンを押すと、Google Mapを流用したマップがWebページ上に表示されます。 さらに「GPS fixed interval」機能を使うと、端末の位置を5分ごとにチェックし、その都度Webページ上で確認可能です。 基本設定は3回ですが、最大で30回、位置を確認できます。 つまり、1度の命令で最大2時間半の位置が分かるのです。

次の