大坪 寛子 官房 審議 官。 大坪寛子の大学・経歴と年収は?和泉補佐官とのハグ&あ~ん不倫画像も|Kerorin's Life Scoop

和泉首相補佐官が問題なのは「不倫」よりも国家公務員幹部人事への専横ぶりだ

大坪 寛子 官房 審議 官

女医として「彼の隣に寝た」と鉄面皮の女、大坪寛子! 2020年02月08日 半歩前へ こういうハレンチな政府は過去の日本の政府には存在しなかった。 官房審議官といえば官僚の中でも上級のポストだ。 この女に実力があったわけではない。 愛人の和泉洋人の強力な後押しの結果だ。 和泉洋人は安倍晋三や官房長官の菅義偉に取り入り、見事2人をたぶらかせ、首相補佐官の地位を手に入れた。 そして和泉と2人で手に手を取って、京都に行ったり、インドに行ったりやりたい放題。 国民の税金で超高級ホテルに泊まって、思う存分セックス旅行を楽しんだ。 安倍内閣は乱れ切っている。 不倫などカワイイ方だ。 新型ウイルス対策一つとっても方針が二転三転。 何もかもがムチャクチャ。 官僚が私利私欲に走り、安倍の顔だけ見ている。 本当に国家が崩壊するのではないか。 毎日新聞が「厚労審議官が医師として和泉首相補佐官の隣室に宿泊」と報道した。 「医師として」? 言うに事欠いて、よくもこんなことを抜け抜けというものだ。 鉄面皮の女とはこのメスのことである。 メスが医師としてオスの隣に寝ただと。 ふざけるな。 これほどバカにされて、まだ黙ってみている国民もどうかしている。 ********************** 7日の衆院予算委では、和泉洋人首相補佐官が昨年8月の出張時、厚生労働省の大坪寛子官房審議官と共に私的に京都市内を観光したとされる問題に関連し、和泉氏と大坪氏が2018年9月のインド出張で、内部でつながった「コネクティングルーム」に宿泊したという「週刊文春2月13日号」の報道について野党側から質問が出た。 和泉氏は姿を現さず、大坪氏は「和泉氏は当時、体調を崩してまもなく、医師でもある私が適任とされた」などと釈明した。 (以上 毎日新聞) 厚労審議官「医師として和泉首相補佐官の隣室に宿泊」 衆院予算委で海外出張を釈明 毎日新聞 2020年2月7日 18時08分 最終更新 2月7日 23時44分 衆院予算委員会で和泉洋人首相補佐官との海外出張について質問に答える厚生労働省の大坪寛子官房審議官=国会内で2020年2月7日午後2時8分、川田雅浩撮影 7日の衆院予算委では、和泉洋人首相補佐官が昨年8月の出張時、厚生労働省の大坪寛子官房審議官と共に私的に京都市内を観光したとされる問題に関連し、和泉氏と大坪氏が2018年9月のインド出張で、内部でつながった「コネクティングルーム」に宿泊したという「週刊文春2月13日号」の報道について野党側から質問が出た。 和泉氏は姿を現さず、大坪氏は「和泉氏は当時、体調を崩してまもなく、医師でもある私が適任とされた」などと釈明した。 【大場伸也】 主なやりとりは以下の通り。 早稲田夕季議員(立憲民主党) 2年前のインド出張について報道の事実確認をする。 コネクティングルームというところに大坪氏と和泉補佐官がお泊まりになったと。 この階には秘書官だけは泊まったけれども、その3人だけで、他の方は他の階に泊まっていたと。 事実か。 <議場から「税金だぞ」「ふざけた出張だ」などの声> 大坪氏 当日私は公務でうかがっております。 部屋割りについては個人情報にあたることもありますが、本人から、ご本人から了解をいただいておりますので、ご答弁申し上げます。 あのー、それからしばらく前に和泉補佐官におかれましては大変体調を崩されまして、官邸の中で倒れられたことがございます。 救急搬送されまして、入院加療をしばらく受けられておられたことがございます。 私も個々の公務は自分の仕事でございますので参りますが、(和泉氏が倒れてから)日がまだあまりたっていないこともあり、秘書官から相談を受けてございます。 現地の医療体制ですとか、機内の医療の整備、いろいろと確認したり、そういったやりとりがございました。 その上で、秘書官からの連絡が受けられる場所と言うことで、補佐官の部屋を秘書官と私で挟む形で万全の態勢を取ると。 当時まだ万全の体調にお戻りになっているわけではございませんでしたので、公務の中で医師免許を持っており、臨床を長くしております私が、適任ではないかというご判断があったのではないかと思っております。 早稲田氏 医師として同行されたんですか。 大坪氏 これは公務として参っております。 その際、補佐官には医師の同行というのはございませんので、慣例上。 その上で、医師免許を持っている人間として、そこに同行をいたしました。 早稲田氏 大坪氏が海外出張されたのは(18年に)4回。 ミャンマー、インド、中国、フィリピン。 すべて和泉氏の同行でしょうか。 大坪氏 和泉補佐官のご出張は数多くあるわけですが、その中でヘルスケア関係のものにつきましては私が同行することもございますし、私の部屋の他の者が同行することもございます。 早稲田氏 4回の出張の目的を教えてください。 大坪氏 1回目のミャンマーは政府要人と面会しております。 保健分野を含む経済協力ということの可能性について議論しています。 二つ目、インドの件はヘルスケア合同委員会というものがありまして、あちらの保健大臣と面会しています。 中国の出張は、日中民間ビジネスの第三国の展開推進に関する委員会に出席しております。 フィリピンも日フィリピン経済協力インフラ合同委員会に出席しまして、ヘルスケアを含む経済分野での協力について議論しました。 早稲田氏 インドについて。 大坪氏はヘルスケアにおける会議にも出ているが、高速鉄道における会議にも出ておられる。 なぜ高速鉄道の会議に出る必要があるんでしょうか。 それから、4回の出張はすべてコネクティングルームでしょうか。 大坪氏 高速鉄道の会議とほぼ並行してヘルスケアの合同委員会もありました。 文書のつめなどの案件が残って、最終調整がまだ残っていましたので、その休憩の隙間(すきま)をぬって修正するために同席させていただいたものです。 そのほかの部屋の配置につきましては、基本的には外務省が作ってくださる配置に従って、そのままそこに、自分の部屋はここですよという指示に従っておりますので、すべてどうであったかは。 一度はすべての関係者が同じフロアだったとも承知していますし、細かいところは今、まったく記憶にございません。 早稲田氏 コネクティングルームでしたかと聞いているんです。 外務省にうかがいます。 健康不安があるから、医師だから、コネクティングルームで取ってくれという依頼があったのですか。 外務省 18年9月の和泉補佐官のインド出張につきまして、ご指摘の部屋割りについては、補佐官室の指示に基づいて部屋割りがなされております。 早稲田氏 その部分は補佐官の指示だったわけですね。 補佐官を呼んでいただかないと真相が明らかになりません。 ぜひお取りはからいをお願いします。 官房長官、税金の目的外使用が疑われるような案件です。 税金の私物化が安倍政権にまん延している。 官邸官僚といわれるような人たちがこのようなことをしている。 しかもこんな高級なホテルでコネクティングルームですよ。 先に報じられているように(京大の)山中伸弥先生のところで1時間面談して、その後3時間はお二人で旅行をしていた、かもしれない。 これを公私混同と言わずして何というのか。 和泉補佐官の任命、大坪氏の任命、非常に疑念を持たれる。 適切だと思われるでしょうか。 菅義偉官房長官 和泉補佐官からは、それぞれの公務については必要な手続きを取った上で出張している、ということであります。 : : [7930] 投稿記事で指摘されているとうりの状況にある。 事の善悪よりも「己の損得」が優先されるという我田引水的行動。 和泉首相補佐官は官邸の指示を受けて動いている被害者側官僚ではなく、虎の威を借りる「私利私欲」つまり、私心の為に官邸に取り入っており、「ギブアンドテイク」の関係を構築しているのであろう。 このような、官僚が跋扈するのもトップたる安倍晋三と取り巻き達の責任となる。 組織的犯罪政権により、倫理という概念は消え失せ、モラルハザードが社会全般に蔓延していく。 解決方法は一つしかない。 組織的犯罪政権を構成する自公議員を激減させるしかない。 税金に寄生する政治屋はパージの対象にしなければならない。 こういう話は、本人からよく聞く話だよ(高校時代の同窓会で)。 大学医学部付属病院や県立医科大学附属病院ではよくある。 学部長と2人で手に手を取って、中国に行ったり、タイに行ったりやりたい放題。 いつの間にか、研究補助が准教授に昇進してたり、 いつの間にか、羽振りがよくなって、高級外車に乗っていたり、 次の同窓会では、3件目の家を建てていたりする。 それも大坪寛子と似た年齢の女に多い。 金や昇進目当てに女同士の争いはすごいらしいわ。 細かいところは記憶にない」と答弁・一方名指しされた外務省は「補佐官室からの指示」と答弁 スガ 和泉洋人・首相補佐官「必要な、手続きを取って、出張している」 早稲田夕季(立憲)の質疑 27. 彼女は絶対的に正しい。 批判してはいけない。 嘘は決して言ってないのだからね。 そう、【 お医者さんごっこ 】【 お医者さんごっこ 】【 お医者さんごっこ 】 のために宿泊。 本物のお医者さんごっこをしてたんだよね。 家族親族まで迷惑を掛けても、上級市民は鉄仮面か。 ノビテル君も環境調査な筈が、3日3晩のスキューバダイビング。 スーツでばれないと思いきや、頭が三角でばれちゃって、確かめようとして た日本からのだダイバーに写メを取られ、ネットで公開されちゃった。 某週刊誌も掲載したさ。 普通はばれない、厄人でも同じことをしてる。 新しいデリヘル業を開拓したのかな。 ・・・ 46. : : [36] それにしても首相補佐官が首相と離れ海外出張するなら補佐官の役目をしていない。 補佐官というよりも閣僚級として活動する異常だ。 各国に出向き主体的に交渉するなど公金を預かっている実務者が好き勝手に外国との交渉に携わっている。 分厚い報告書を作り国会に出すならまだしも、署名も無く決断してくるのか。 結果責任を負わない実務書による協議は後に言った言わないで国際間に齟齬が発生するのは明らかだ。 実務者が主体的に対外交渉を担い議会報告を怠っている実態が、益々明らかになった。 協議内容を承知しているのは内閣までで、国会つまり主権者国民は全く承知も承認もしていない中、様々な案件が成立しているが、これでは公務と呼べるものでは全く無く、文民統制が機能していない日本国の異常事態を良く示している。 和泉氏に関して、大坪医官は非常に丁寧な敬語を使い、まるで天井人を対象にしているかのようだが、首相補佐官が医官より位が高い訳でもあるまい。 もとより階級秩序の維持に汲汲とする霞が関の旧態依然には愕然とする。 官の世界では上位者を天井人と定め上意下達を至上命題としているのである。 当然ながら上位者の指示命令には絶対服従だ。 もし従えなければ冷遇や処分も有り得る為面従腹背の異常な官僚世界が大坪氏が和泉氏を語る際のバカ丁寧な敬語を用いた答弁で良く分かる。 ところで内閣府の補佐官が医官に同行を命じ手を繋ぎ歩く、酒池肉林も可能な無法地帯となろうとしているのは、やはりと言うべきか、総理と閣僚が拠るべき政策根拠を自国の憲法と認めていないからだ。 自国の最高法規は、法治主義国ならば拠るべき政策根拠として為政者が常に掲げるべきが、首相自身自国憲法の遵守を宣誓していないならば人治主義となり、酒池肉林も有りの伏魔殿化するのは必然だ。 体調の悪い際に同伴させた首相補佐官が、次の機会にも指名した同じ医官の口にアイスを入れてやりながら、議会で議論されてもいないIPS細胞の補助金カット宣告に同伴で乗り込むとは仰天だ。 内閣府というワーキンググループメンバーの無法振りは前代未聞である。 文民統制の危機を議会が強く認識すべきであり、取り敢えず、何でも有りの内閣府の解体は急務だと思う。 : : [18].

次の

大坪寛子

大坪 寛子 官房 審議 官

06 13:12, 出所) 「アーン」と「ウーン」の「阿吽の呼吸」の2人,男のほうの妻がこの図をみたら「ナントいう?」, 『』が公私混同疑惑でスクープした大坪寛子・大臣官房審議官(52歳)がの記者会見に出ているとして物議を醸しています。 大坪審議官は(66歳)と公費で海外出張をおこない,京大 iPS 細胞研究所の所長を訪ね,研究費削減を通告した直後に京都でデートしていた場面 〔いい年したこの2人が京都へ公務出張のおり,お手々つないで仲睦まじい場面を公開〕が激写され,「税金を使った出張で公私混同」などと批判を浴びていました。 この大坪審議官が〔2020年〕2月6日のの記者会見に姿をみせ,に関する感染状況の報告を語っていたのです。 渦中の人物を堂々と登場させたわけで,記者会見をみた人たちからは「顔を出せる神経が信じられない」「なんでこの人が!?」というような批判や困惑の声が相次いでいました。 補注) 〔 〕内補足は引用者。 2018年9月17日,インド・デリーで行われた「インドに関する第8回合同委員会」。 和泉補佐官は日本側の団長として参加したが,訪印には大坪審議官を伴っていた。 それは,『和泉補佐官と大坪審議官,お二人の部屋の接続を重視して宿舎を確保する』というものです」(外務省関係者)。 『』は,インド出張における部屋割りを記した内部文書を入手。 それによれば,和泉氏の部屋は712号室(エグゼクティブ・スイート)。 大坪氏の部屋はその隣の710号室だ。 取材班がインドに飛び,同じ部屋に宿泊して確認したところ,和泉氏と大坪氏が宿泊した712と710は,内扉でつながっており、自由に往来可能な「コネクティングルーム」だった。 大坪氏は直撃取材に「 だからなに? そういうホテルがあるかもしれないけど,私は承知してません。 失礼ですよ!」などと回答。 和泉氏には書面で事実関係を質したが,「回答を差し控える」としている。 補注)自分の泊まった部屋のこと,まったく覚えていないということか? それともよく覚えているのでかえって,即座に「そのように答えることができた」のか? どのどちらかであって,その中間という記憶はありえないはずである。 すでに文春砲の洗礼を受けている大坪寛子審議官であるから,2発目の襲来には事前に覚悟ができていたのか? 出身で労働問題の田岡春幸氏が指摘する。 「室内で行き来できる『コネクティングルーム』は事実上,同じ部屋に泊まっているのと同じ。 民間企業であれば,男性上司から女性部下に対するセクハラとして認定される事案です。 さらに,公費を使っての出張として適切とはいえません」。 和泉氏と大坪氏をめぐっては,昨〔2019〕年12月に『』が「京都不倫出張」を報じた。 公費で京都に京大 iPS 細胞研究所の所長を訪ね,研究費削減を通告した約1時間の面会後,腕を絡ませて京都観光をしたり,かき氷を食べさせあうなど3時間にわたってデートした様子がを呼んだ。 菅 義偉は記者会見で「公私は分けていた」とし,2人の行動を問題視しない姿勢を示していた。 補注)このも,自分の根深い非常識を重々承知のうえで,このように答えていたものとしか受けとりようがない。 菅君の口癖は,なっといっても,例の「問題ない,問題ない,問題ない,……,……,……」であった。 京都出張にくわえて,海外出張でも和泉補佐官の公私混同疑惑が浮上したことで,高い倫理観が求められる公務員として適切な行動だったのか,2人が行動をともにした,中国など計4回の海外出張などはどのような対応だったのか,今後,説明が求められそうだ。 〔2020年〕2月6日(木)発売の『』では,和泉補佐官と大坪氏の他の海外出張をめぐる疑惑や,山中教授の iPS 細胞研究の費用削減をめぐる国会答弁が虚偽だったことを明らかにする新証拠などについても詳報している。 (以上につづく詳報はこの週刊誌を買ってさらに読んで欲しい。 1月30日,千葉の海岸で,人目もはばからずハグやキスを繰り返すル。 7年前に夫を亡くした女優と,ロン毛をなびかせる元歌舞伎役者はラブホテルへと消える。 だが,男には宝塚でトップを極めた妻が……。 今日〔2月7日〕の午後になったころだが,こういう関連の情報が閲覧,入手できた。 の夫となった「山形基夫」( やまがた・もとお,1956年5月18日生まれ)は,(現在の病院)外科部長外科医師でった。 山形は,2013年に享年57歳で死去していた。 山形は,医師としてテレビ出演などもしており「ガンの権威」として紹介される程の名医としてしられていた。 と結婚したのは1998年6月,交際4ヶ月でのスピード婚であった。 2人の出会いは患者と医者という関係だったことでも話題になっていた。 は腸閉塞の病気を患い手術をした過去があり,その時の手術を担当したのが,直後に夫となった山形であった。 夫婦で料理をするなど仲睦まじく暮らしていが,結婚15年目に当たる2013年に山形が病気で亡くなっていた。 病名は「肝疾患」といわれており,肝臓の移植手術をするためカのボストン病院で闘病生活をしていた。 鈴木は山形が死去してから7年が経った時点で,今回のように『』に不倫行為を暴かれた。 相手が妻のいる男性であっただけに,完全に不倫となる交際であった。 この件について,「2人で支払い 4000円なりのラブホテル」を利用したとか,かまびすしく書かれているのは,いつものとおりである。 の不倫相手は元歌舞伎役者のであった。 ここでは,この2人のお写真だけかげておく。 ところが,ご当人はこの砲弾を,なんのてらい(恥じらい?)もなく,それも「顔面(身体)全体」で,その「ずどん」と飛んできた飛翔体を「ドスコイと受けとめた」ような表情だったと報道されていた。 出所) すでに,前段でこの女性の顔の写真を出してあったが,いまより少し若い年齢の時期における「顔つき(人相)」(上掲の2葉,右側がより若くみえる)も,ここにかかげておいた。 大坪寛子官房審議官は,現在において自身が置かれた立場をよく承知しつつ,それでも自分なりに決めていたらしい態度を,堂々と明示していた。 そうした反応を,マスコミ側に対して返すことに関して,いっさい躊躇はなかった。 彼女の立場におけるその覚悟ぶりは,こちらにまでもよく伝導してきた。 なかなかの役者ぶりであった。 つまり彼女は,「完全に開きなおった態度」を,みずから正直に発散させてやまない「眼力」までも披瀝していた。 彼女はそこまでもたくましい「厚さ」を湛えていた。 もっとも,大坪寛子官房審議官が,「自分は公務員としてなんらやましいと疑われる行為」はいっさいしていないと,自信をもって答えられる事情はありえない。 前述にも関説したことであった,とくに見物だと感じたのは,彼女が「だからなに? そういうホテルがあるかもしれないけど,私は承知してません。 たいそうよく腹の座った応答ぶりをみせてくれた。 だが,彼女はなぜそのように,周囲が絶対に納得などしえないはずの,そのような対応:回答を示すことができていたのか? つぎの記述のなかには,彼女の気持を理解をするために必要と思われる「なんからの糸口」が含まれている。 女も50歳台になると,これだけ水準の高い・図々しい根性を蓄えることができていたのかと,感心させられる。 2 「『文春砲』で渦中の大坪審議官が『異例のスピード出世』と言われる理由」,室伏謙一:室伏政策研究室代表・政策(経済・政治 DOL特別レポート)『DIAMOND online』 2019. 26 4:50, いわゆる「文春砲」で渦中の人となったとの大坪寛子審議官。 この大坪審議官は役人の間では, 常識はずれの人事による「異例のスピード出世」といわれている。 一般の人にはあまりピンとこないようだが,なぜ「異例」「常識はずれ」の出世といわれるのか。 元官僚でもある筆者が解説する。 ある省では,本省で課長級分掌職になり,他府省に出向し課長級分掌職,また本省に戻っても課長級分掌職,そしてまた出向してやっと課長級,いくつか課長級の職を歴任したものの本省には戻れず,独法()出向といったように,本省の課長級の職に就くことができずにずっと外回りという例もある。 当然のことながら,府省による違いはあるので,押し並べてこうであるというわけではないが,本省の課長級ポストにたどり着くのがいかに困難であるのか,お分かりいただけたと思う。 そして,その 本省の課長級ポストをすっ飛ばして官房審議官という人事がありえないものであることが,あらためてご理解いただけたのではないだろうか。 事実,今回の情報の出元も内であるとの話もあるくらいである。 では,なぜ「ありえない人事」がおこなわれたのか? このあたりに今回の一件の真相が隠れていそうである。 最近では秋元司議員をめぐる疑惑や,のの突然の辞任劇とかんぽのあり方問題がマスコミをにぎわし,本件はその陰に隠れてしまっている感があるが,ことの進展しだいで大坪氏はどう遇されるのか,ありえない人事の結末に注視したいところである。 註記) ところで,には妻や家族がいるはずだが,個人情報だとかなんとかいいわけされて,その関連の情報が世間には流れてこない。 マスコミ側はもしかしたら,どちらかの方面に「忖度してそれをバラさない」でいるのか? それほどむずかしい情報を入手する案件でもあるまいに……。 なぜか,この和泉の場合〔だけ?〕は,しっかり情報秘匿がなされている様子に映るが? なぜか,に近い筋の関連情報になると,今回のように糞詰まり状態……。 失礼ですよ!」という口調でもって,洋人の妻や家族に対しても答えられるのか? 以上の記述に関して「注視したらいい」という「ところ:問題の核心」は,いったいどの付近にあるのか? 「」と大坪寛子「官房審議官」は「いい仲だ」という答え方だけで,ほぼ95点くらいの点数は付けてもらえる判定になる。 洋人が自分の妻から,「あなた,大坪さんとはきっと,なにかあったね」と突っこまれて,「絶対にそういうことはない」などといい返せる「確証(evidence?)」は用意できない。 これは通常の常識的な説明。 アベノポリティックスが,を砦(足場)にして「安倍個人のために手足となって働くだけの秘書官や補佐官」を大勢集めておこなってきた「この国における為政の本質」は,いまとなっては,民主主義の基本である「」の政治体制をぶち壊した。 いいかえれば,「アベ1強〔凶・狂〕」の的独裁主義の政治が,恣意に任せてこの国をいじくりまわしきたがために,この日本という国は非常に『醜い形状』に貶められた。 これでは政治的には完全にだとみなすほかない,つまりは「敗戦後」における政治過程のなかでは,もっとも体たらく度のひどい,醜悪きわまりない政権が,によって作られた。 このという首相のやること・なすことは,もしも彼が「本当の子ども」でなかったのであれば,「正真正銘の3流・」として「怪挙」を成就させたとしかいいようがない。 その意味でも,明治時代からの近現代政治史とっては「悪魔の時代」としたらよいほどの惨憺たる政治(内政も外交も)が,彼によって推進されてきた。 いまの時期,まともに新聞報道しようとする報道機関のひとつである『』が,2月5日の社説をこう書いていた。 次期に充てる目算だとされる。 法の定めにはなく,公正たるべき検察に政治の介入を許す悪例となるのを恐れる。 「禁じ手の人事だ」「汚点になる」。 検察OBや官僚らからも批判が噴出している。 それほど 前代未聞の出来事だ。 法では定年をは65歳,を含む検察官は63歳と定めている。 黒川氏は今〔2〕月7日に定年を迎えるはずだったが,半年間の延長をした。 異例の人事は国会でもとりあげられ,森 雅子法相は「重大,かつ複雑な事件の捜査・公判に対応するため」と答弁した。 だが,そんな単純には受けとめられてはいない。 現在,である稲田伸夫氏が慣例どおり,おおむね2年の任期で今年8月までにすれば,黒川氏を後任に充てることが可能になるからだ。 確かにでは,公務にいちじるしい支障が生じる場合に勤務の延長を認めているものの,の勤務延長の前例はない。 の代表は「検察官の定年は法で定められ,の規定を使うのは 違法,脱法行為だ」と批判する。 事件捜査の畑よりも法務官僚としてキャリアが長い黒川氏については,政権との距離が近すぎるとの評がある。 それを枝野氏は問題視したのだ。 もともとの後任には「政治色がない」とされる林 真琴が就任するとの見方が有力だった。 ところが,今回ので,後任が入れ替わってしまう見通しになった。 つまりは官邸による人事のコンがにまで及ぶ危うさが露呈したわけだ。 「この人事はのなかで決定した」と首相は国会で答弁したが,本当なのか。 2013年に「の番人」たるに,行使の容認派だった外交官を充てた異例の人事と重なる。 はかつてや金丸 信・元副総裁の脱税事件など,政権中枢の腐敗を摘発した歴史をもつ。 首相経験者をも逮捕しうる検察トップが,官邸の指一本で差し替え可能ならば,そんな検察を誰が信頼できるだろうか。 「政治との距離」を誤ると,中立・公正の看板が傾いてしまう。 政治からの独立-当たりまえの姿勢がゆがめば,厳正な政界捜査など望むべくもない。 そうである。 民主主義の基本理念など「糞食らえ」でしかありえないデタラメのボンボン人間が,この国舵とりを都合8年もしてきたのだから,おかしくならないほうがおかしかった。 つまり,本当にオカシイし,狂っているとしか形容しがたい政治家(?)が,このというトンデモなであった。 日本の憲政史上,が最悪の総理大臣たる事由を,これまでさんざんみせつけてきたのは,もちろん彼自身であった。 日本の民主主義は地に落ちている。 それはアベ流に好き勝手に操作されてきた『為政の私物化』によって結果した。 それはまた,「日本の大恥」としての「負の成果」であり,いいかえれば,日本という国全体を『死物化』させたと指弾されて当然である。 はダメにした。 アベはウソつきだ,アホだ,狂っているとか,さんざんにこき下ろされているけれども,一刻も余裕はない。 この国じたいを壊滅させつつあるシンゾウをできるかぎり早く退散:除去させないことには,この日本国は21世紀中でも,あと10年もしたら,本当の3流国に落ちる。 『』の社説が言及していた内容については,関連して,つぎの記述が専門的な観点から解説をしているので,許観ある人は併読してほしい。 支援者より国民に向き合うべきだ」と語る記事が掲載されている。 いまごろ,石破はなにをいっているのかという印象である。 党を割って出ていく勇気もなかった「戦争お宅」の,これまた「の国会議員」が,あの「幼稚で傲慢」「暗愚で無知」「粗暴で欺瞞」であるアベ君と,いったいなにを対話したり討論できるつもりでいるのか? 間違いでなければ一種の錯覚であり,その錯覚でなければある種の幻想であり,この幻想でなければただの白日夢。 アベ君は火の点いていなかった昼行灯も同然であったが,なぜかこれが火を噴いて母屋を燃やしている最中……。 アベ首相は,他党の代表たちと1対1の差しで,本格的な政治の議論を交わすことができるのか? 基本的な政治「家」としての理念なり思想なりをもちあわせていない人間である。 要は,日本の政治をぶち壊してきただけのであった。 つまりは,「からの脱却」屋でありながら,このレムを作ってくれたカに向かっては,なにひとつまともにモノをいえないシンゾウ君であった。 この人に,なにかを期待することなどありえない。 と大坪寛子官房審議官が,公務出張中に堂々と2人仲良く不倫の行為を,好き勝手におこなえた背景が「判る」。

次の

京大・山中伸弥教授を恫喝 霞ヶ関を牛耳る“最悪カップル”

大坪 寛子 官房 審議 官

これにより、内閣官房健康・医療戦略室で和泉氏が室長、大坪氏がナンバー2の次長という関係も解消。 数々の週刊誌報道とお騒がせの責任を取らされた格好になるが…。 「最初、辞令を見た時はあまりの役職の多さに驚きました。 いかに和泉首相補佐官の寵愛を受けていたかが分かりますよ」と話すのは厚労省関係者だ。 辞令は4月3日付。 大坪氏は厚労省大臣官房審議官の身ながら内閣府の特命任務を兼務していたが、内閣事務官(内閣官房副長官補付)、内閣官房健康・医療戦略室次長、内閣官房情報通信技術(IT)総合戦略室室員、内閣官房イノベーション推進室審議官と4つの役職を一気に外された。 「言うまでもなく、週刊誌に書かれた和泉首相補佐官との不倫疑惑の影響でしょう。 大坪氏は疑惑を否定していたが、それだけでなく、新型コロナウイルス対応を巡っても、安倍首相に叱責されたともいわれています」(前出の関係者) 大坪氏は慈恵医大の医師から2008年に厚労省の医系技官で入省。 「ほとんど和泉首相補佐官の肝いりで重用され、出世していった。 今年1月には同誌が、海外出張の際には部屋の内部で行き来できるコネクティングルームを利用していたことを続報。 大坪氏は国会答弁で、体調不安を抱えていた和泉氏が、医師免許を持つ自分に部屋を割り当てたと強調し、不倫関係は重ねて否定していた。 出張前に和泉氏が官邸内で倒れ、救急搬送された経緯があったとして「補佐官の部屋を、秘書官と私が挟む形で万全の態勢を取った」とも説明。 コネクティングルーム宿泊の理由について「医師免許を持ち、臨床を長くしている私のほうが(秘書官よりも)適任だという(和泉氏の)判断だったと思う」と話していたが、それでもほとんどの者は「苦しい言い訳」とみていた。 また、京大iPS細胞研究所の山中伸弥所長に予算削減を迫ったとされる騒動では、先月、大坪氏が国会で謝罪に追い込まれた。 他にも、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の対応に当たっていた際には「自分の危機管理ができない人は外せ!」と野党から要求され、プライベートでのエステ通いなどの美魔女ぶりが週刊誌で報じられるなど、時の人でもあった。 大坪氏の処分は時間の問題だったともいえるが、兼任していた内閣府の役職は外されたものの、厚労省の大臣官房審議官(危機管理、科学技術・イノベーション、国際調整、がん対策、国立高度専門医療研究センター担当)の席には、すんなりと戻ってしまった。 「スキャンダル等で更迭になった場合、大臣官房付として処分を待つのが一般的ですが、大坪氏が厚労省の審議官に戻っただけで済んだのは、菅義偉官房長官のせめてもの温情でしょう」(与党関係者) 大坪氏は内閣府の職務を兼任していたことで、和泉氏との出張も容易にできた。 それが「公私混同の不倫の温床」と批判されていたわけだ。 「今後はそれ相応の理由がないと和泉氏の仕事に帯同することはできないでしょうね。 事実上の内閣府出禁みたいなものですから」(同関係者) 不倫疑惑のツケは大きかった。

次の