うつ病 休職 給料。 うつ病で休職したら退職させられる?休職中の給料や失業保険の全知識

教員の休職、期間は?給料は?

うつ病 休職 給料

うつ病と診断されたけど休職するのも不安。 うつ病になったら転職したほうが良いのか教えてほしい。 キャリアコンサルタントがこの悩みにお答えします。 うつ病は社会問題にもなっていて、うつ病と診断されて仕事ができなくなる人も少なくありません。 ですが、どう対処したらよいかわからず、休職して失敗してしまう方も多いです。 うつ病で仕事を休むと心身のリフレッシュにはなりますが、将来的なデメリットも多いです。 今回は、うつ病になった時(うつ病の疑惑があるとき)にするべき行動について説明します。 仕事が原因でうつ病になったら会社に相談すること 仕事が原因のうつ病としては以下のものがあります。 セクハラ• パワハラ• 上司との相性 どのケースだとしても、原因は会社にあるので、会社側に対応してもらわないと解決できません。 ただし会社が協力的とは限りません。 上司の対応があいまいだったり、非協力的ならもっと上の上司に相談しましょう。 それでもダメなら、改善の見込みはないので転職を検討すべきです。 協力的な企業であれば、配属を変えてくれたり、仕事内容を減らしてくれるはずです。 ですが対応してくれない企業も多いので、その場合は労働基準監督署に相談しましょう。 労働基準監督署に相談する 仕事の問題を相談する場所として「労働基準監督署」があります。 仕事で問題を抱えている人が労働基準監督署を利用するのですが、どうすべきかのアドバイスをしてもらえます。 企業も労働基準監督署からの指摘があれば、原因を突き止めて対応することもあります。 ですが実はうつ病などに対して、積極的に改善しようとする企業は少ないです(形だけは対応しているように見えます)。 ・復帰後の会社でまた、うつ病が再発するケースが多い。 ・休職期間が長いと仕事がなくなってしまう。 ・うつ病で休職すると転職するのが難しくなる。 実は、うつ病が完治して会社に戻って、うつ病が再発するケースもあります。 自宅にいるときは良かったけど、会社の空気に触れたら精神的に辛くなる人が多いのです。 そして休んでいる間に仕事はなくなる問題もあります。 会社側もうつ病になった人に大事な仕事を任せられないと判断するからです。 そして転職しようにも、長い休職期間は企業から敬遠されてしまうのです。 休職は一時的な対応にしかならず、逆に将来のデメリットになるのでおすすめはできません。 うつ病と診断されたら転職活動をしておくこと うつ病の相談や対策をしている間に、必ず転職活動をしておきましょう。 会社や労働基準監督署に相談しても、本当の意味でうつ病を改善できないことが多いからです。 最終的に医師の診断で休職になり、半年休んで退職した人もいたのですが、休職期間が長く転職にかなり苦戦しました。 もし会社のセクハラ・パワハラ・激務など、うつ病になりそうだったら、すぐに転職エージェントに登録して転職活動を始めて下さい。 現在、うつ病で休職している人も同じで、転職活動を早く始めるほど将来の安定に繋がります。 転職エージェントには担当アドバイザーがいるので、あなたの希望にマッチした求人を紹介してくれます。 またブラック企業対策もしているので、仕事で良くあるセクハラ・パワハラ・激務などのブラック企業に入る心配もありません。

次の

休職中の給料や税金はどうすれば良い? 人事の疑問に答えます

うつ病 休職 給料

うつ病で辛いのに、お給料がもらえなくなる不安から、 無理して出社を続けている人が多くいらっしゃいます。 あなたもそうではありませんか? うつ病に一番必要なのは、「休養」と「適切な治療」です。 うつ病の原因となった仕事などの「ストレス」から離れることが、 まずは治療の第一歩となります。 無理をして働き続けていると、ますます病気が悪化していき、 取り返しのつかない結果にもなりかねません。 そうは言っても、生活の保障がなければ会社は休めない 会社を休んでしまうと、明日からお給料がもらえない。 だから無理をして出社を続けてはいませんか? しかし、もう無理をする必要はありません。 「傷病手当金」という制度をご存知でしょうか。 受給要件を満たせば、うつ病の人でも受け取ることができます。 わかりづらい傷病手当金 国の補助金などは大体そうですが、 制度自体あまり知られていないことが多いです。 しかも、受給要件や申請方法のやり方も、 難しく書かれていてよくわからない。 実際、私も「傷病手当金」という制度を知らなかったために、 今まで2回、会社をやめざるを得なかったことがあります。 その時知っていたら今ごろは、 また違った人生を歩んでいたかもしれません。 しかし、今さら過ぎたことを後悔しても仕方がありません。 その数年後、私は別の会社に就職していましたが、 またうつ病が再発し、会社を休職することになりました。 その時も傷病手当金のことは知らなかったので、 貯金はどんどんなくなり、精神状態がさらに不安定になり、 病状はますます悪化していきました。 そんな時に、妻がインターネットで見つけてきたのが、 ここでご紹介する 「傷病手当金を受給する方法」 というマニュアル書です。 私はこのマニュアル書の通りに手続きを行って、 傷病手当金を総額200万円以上、受け取ることができました。 しかし、このマニュアルを読んでいなかったら、 この金額をそのまま受け取ることができたか、 そもそも傷病手当金自体を受け取れたかどうか、正直自信がありません。 不支給や減額支給の落とし穴 傷病手当金を正しく受給するには「コツ」があります。 これを知らないと、そもそも傷病手当金を受けられないか、 受給できても、途中から減額されてしまうことがあります。 「せっかく申請したのに、傷病手当金をもらえなかった…」 ということを避けるためにも、知っておかなければ いけない情報があるのです。 結局、あなたやあなたの大切な家族を守るには、 あなた自身が知識を身につけるしかないのです。 なぜ「傷病手当金を受給する方法」をオススメするのか? 私が実際に読んでみて、良かったと思う点を挙げておきます。 「社会保険労務士」が書いているので信用できた• 本やネットでは得られない「秘匿性の高い情報」が書いてあった• 「不支給」や「減額支給」を避けられる• 手順がわかりやすいので迷わない• 休職中はもちろん、退職後でも傷病手当金を受給できる• 失業手当をもらうよりも高額だった• もし退職してしまったとしても、傷病手当金の受給が終わったあとに、 さらに失業手当を受け取れる方法がわかる 「傷病手当金を受給する方法」のデメリットは? メリットばかり挙げても、偏った意見になってしまいますので、 デメリットもきちんと挙げておこうと思います。 あまりレイアウトなどに気をつかっていない。 文字の羅列になっているので、読みづらいと感じた• 法律をあつかっているからなのか、法律用語独特のわかりづらい表現がある• サポートがやや物足りない 一応、著者の名誉のために補足しておきますが、 レイアウトが読みづらく、用語がわかりづらい所はありましたが、 内容がわかりづらいという意味ではありません。 もう少しレイアウトや色分けなどを多用して、 読みやすさを考えてくれれば、 もっと良いマニュアルになるのになぁ、とは思いました。 私自身は、一度メールで質問しただけで済みました。 1回の質問限度をめいっぱい使って質問しました。 サポートの量は、やや少ないと感じるかもしれませんが、 マニュアルに細かく書かれているので、実際には サポートを全部使い切る、ということは少ないと思います。 サポートの質については、大変満足いくものでした。 まず、レスポンスが早い。 夜に質問メールを送って、次の日の午前中には 回答をいただきました。 回答も的確でわかりやすかったので、 その後はもう質問することもありませんでした。 価格に見合った内容といえるか? 私個人的には、価格以上の内容だと思っています。 このマニュアルを読んで受給できた傷病手当金の総額は、 9ヶ月間で2,208,000円でした。 平均すると、1ヶ月あたり245,000円ほど支給されますので、 贅沢さえしなければ、充分に生活できる金額です。 もし、マニュアルを読んでいなかったら、 このお金は不支給になっていたかもしれませんし、 途中で減額されていたかもしれません。 その場合のことを考えると「マニュアル代金以上の価値がある」と 私が感じているのも、ご理解いただけるのではないかと思います。 また、もう一点、価格以上の価値と感じるのは、 そこに書かれている 「情報の希少性」です。 インターネット上や本では得られない 秘匿性の高い情報が数多く詰まっています。 「他では得られない」と言っているのは、 決して違法スレスレの怪しい内容という意味ではありません。 例えば、先ほどお話した「途中で減額される」という内容です。 このマニュアルを読むまで、そんなことがあるなんて知りませんでした。 インターネットや本にも書かれていないと思います。 (今、ネットで調べてみましたが、 Yahoo! 知恵袋には、的外れな答えが書いてありました。 ) やはり、社会保険労務士として、1500件以上もの 申請相談を受けてきた著者だからこそ知り得た知識なのでしょう。 「粗悪な情報」もあるので気をつけてください インターネット上には、様々な粗悪な情報が飛び交っています。 しかし、ネットの情報は中身を確認できないものが多いので、 残念ながら騙されてしまう人もたくさんいらっしゃいます。 何を隠そう、私自身もそうでした。 厳密に言うと、私の妻が騙されました。 傷病手当金の情報を探していた妻が最初に見つけた本が、 「傷病手当金受給マニュアル」という、 あるうつ病患者さんが書いたマニュアル書でした。 次に見つけた「傷病手当金を受給する方法」という このサイトでご紹介している教材は、役に立つ情報でしたので、 無事に傷病手当金を受給することができました。 結果的には良かったのですが、しなくてもいい遠回りをして、 貴重な時間を無駄にしてしまったことが悔やまれます。 また、余計な精神的負担も受けてしまい、 病状の悪化にもつながりました。 皆さんには私と同じ過ちを犯して欲しくないと思っています。 【ご注意】「傷病手当金受給マニュアル」と 「傷病手当金を受給する方法」は、名前が似ているので 間違えないようにご注意ください。 傷病手当金の基礎的な知識は この章で一通り理解できるようになります。 第2章 傷病手当金の受給要件 傷病手当金の支給を受けるために必要な 「4つの受給要件」が詳しく説明されています。 自分が傷病手当金を受給できるかどうか、 また、これから受給する場合に気をつけること などがわかるようになります。 第3章 傷病手当金の受給額が途中で減額される場合の計算例 傷病手当金の受給額が受給途中で 減額されてしまう場合があります。 どのような場合に減額されてしまうのか、 どうすれば減額を避けられるのか、 3つの具体的なケースを例に解説しています。 第4章 傷病手当金と月給・公的給付との調整 傷病手当金と月給・公的給付を同時に受給する資格がある場合、 どのように処理されるのかが説明されています。 月給の場合には、「リハビリとして1日出勤し半日分の給与が 支給された場合、傷病手当金の支給額はどうなるのか」など 具体例を用いてわかりやすく解説しています。 その他、「出産手当金」「障害厚生年金・障害手当金」 「労災保険の休業補償給付」「老齢退職年金給付」が 支給される場合の処理についても詳細に書いてあります。 また、「うつ病で傷病手当金を受給している期間に骨折した」 という場合のように、「別の病気や怪我が時間差で発生」した 場合はどうなるのか、など専門家の著者ならではの ちょっとマニアックな知識まで得ることができます。 第5章 退職後の傷病手当金の受給方法 誤解されていることが多いようですが、 退職後の受給要件を満たしてさえいれば、 万が一退職せざるを得ない状況になったとしても、 引き続き傷病手当金を受給することができます。 これを「資格喪失後の継続給付」といいます。 この章では「退職後の受給要件4つ」が 詳しく説明されています。 また、初診日から一定期間が経過し、 傷病手当金の受給が終わってしまった場合のために、 「障害年金」についての基本的な知識まで書かれています。 最後に「うつ病などで退職後も傷病手当金を 受給する具体的な手順」が14のステップで とてもわかりやすく解説されています。 この「14のステップ」に沿って手続きを進めるだけで、 休職中、そして退職後でも傷病手当金を スムーズに受給することができます。 「何日以内に、どこへ行って、何をする」というように 実際の手順に沿って具体的に書かれていますので、 申請手続きで迷うことはなくなるでしょう。 第6章 退職後の健康保険 退職後に選べる健康保険3種類について説明されています。 どの健康保険に加入すれば、あなたにとって 一番トクになるのか、手続きはどうすれば良いのかなど、 具体的に解説されています。 退職後の健康保険について、 最低限必要なことはすべて書かれています。 第7章 「健康保険傷病手当金支給申請書」の書き方 「傷病手当金支給申請書」の書き方について、 初めから順を追って説明されています。 どのように書けば良いのかわからないような箇所も、 具体的に教えてくれています。 この章の通りに進めていけば、 傷病手当金を受給できる申請書が問題なく書き終わります。 「一ヶ月に最低何回診察を受ける必要があるのか」 傷病手当金を受給するために見逃せない 重要な注意点なども書かれています。 この章をチェックすることで、傷病手当金の受給に関して 「知らないと損をする」ことは無くなることでしょう。 第1章から第8章まで、順を追って読み進めることで、 傷病手当金に関する「必要な知識」と「失敗しない手続きの方法」を 理解し「迷わず行動」することができるようになります。 無料メール相談と無料電話相談 もし、個別の理由により、マニュアルには 書かれていない疑問が生じた場合でも、 1回につき5問まで質問できる「無料メール相談」を 2回受けることができます。 直接質問して、すぐに解決したい場合には、 30分間の「無料電話相談」も受けられます。 私は1回無料メール相談を受けただけで問題は解決し、 無事に傷病手当金を受給することができました。 全額返金保証 マニュアル通りに実践したにもかかわらず、 傷病手当金を受給できなかったという場合には、 購入日から6ヶ月以内に不支給の通知書のコピーを 送付すれば、購入代金全額が返金されます。 私は問題なく受給できたので、 この「全額返金制度」を利用する必要はありませんでしたが、 この制度があるおかげで、リスクを気にすることなく 安心してマニュアルを実践することができました。 採点 文章が読みづらいのは減点対象。 うつ病の人は本を読むのも大変な人がいるため、もう少し読みやすさに工夫が欲しいです。 サポートも欲を言えばもう少し期間を長くするなり、回数を増やしたりして欲しいところです。 全体的にはバランスのとれた良い教材。 社会保険労務士の実務から得た他では得られない知識は高ポイントと言えます。 減額や不支給になる確率は確実に減少すると言えるでしょう。 総評 「うつ病で会社に行くのがつらい。 もう退職するしかない…」 「傷病手当金は知ってるけど、私でも貰えるの? 手続きはどうやるの?」 そんな不安や疑問をお持ちのあなたにおすすめしたいのが 「傷病手当金を受給する方法」です。 社会保険労務士の著者は、今までに傷病手当金について 有料相談を1,500件以上受けており、 多かった質問の回答を全て知ることができます。 また、「不支給になってしまうポイント」や、 「途中で減額されるのをあらかじめ避ける方法」など、 本やインターネットでは決して得られない情報が詰まっています。 このマニュアルの内容をその通りに行うだけで、 ご自分や家族の生活を守りながら、ゆっくりと うつ病の治療に専念することができるようになります。 ストレスから離れた環境で休養することが、 うつ病の回復を早める近道となるでしょう。 会社在籍中でも、退職後でも、 「生活費の心配なしに、ゆっくり休んでうつ病の治療に専念したい」 そんなあなたに「傷病手当金を受給する方法」の お申し込みをおすすめします。 販売者・三嶋道明さんからのお申し込み特典 【特典1】無料メール相談 メール相談を無料で2往復分回答してもらえます。 1回のメールにつき、質問は5個まで。 メールの回答は原則48時間以内です。 通常のメール相談は1回につき3,150円だそうです。 2往復分なので 6,300円が無料になる計算です。 【特典2】無料電話相談 電話相談1回30分以内が無料で利用できます。 通常料金 3,150円が無料になる計算です。 【特典3】改訂版無償配布 法改正などでマニュアルの改訂が必要になった場合、 無料で改訂版が送られてくる特典です。 【特典4】全額返金保証制度 傷病手当金の申請をしたが不支給になった場合、 購入日から6ヶ月以内に、 保険者からの不支給の通知書のコピーを送付すれば、 購入金額全額を返金してもらえます。 この「全額返金保証制度」があるかぎり、 あなたが金銭的に損をすることはありえません。 当ブログ限定特典パックのご案内 管理人・やじろべぇがオススメしている「傷病手当金を受給する方法」を 当ブログ経由でご購入いただいたお客様だけに、 日頃の感謝を込めて下記の豪華プレゼントを差し上げています。 現在も有料で販売されているマニュアルを、 9本全てプレゼントさせていただきます。 うつ病患者さんにとって親和性の高いマニュアルを厳選しています。 「傷病手当金を受給する方法」と合わせてお役立てください。 特典パックのご請求方法 【手順1】下のボタンをクリックして「傷病手当金を受給する方法」公式サイトへ移動します.

次の

うつ病で休職したら退職させられる?休職中の給料や失業保険の全知識

うつ病 休職 給料

Contents• 公務員の病気休暇(療養休暇)とは?取得・延長の仕方を簡単に解説 公務員の病気休暇(療養休暇)とは、 公務員がうつ病などの病気になった時に最大3ヶ月間取得できる休暇制度です。 休暇期間中は基本給(俸給+地域手当+扶養手当)と一部手当(住宅手当など)が満額支給されます。 簡単にいうと、 有給と同じような感じで最大3ヶ月休めるイメージですね。 時間外手当や通勤手当は当然支給されませんが、出勤できない期間でも通常の生活を保証してくれる制度という意味で、公務員の強い味方となっています。 取得の方法は非常にカンタン。 課の総務担当or上司(総括課長補佐)に心療内科医の診断書を提出するだけです。 なお、病気休暇(療養休暇)については以下の記事にてさらにくわしく書いているので、あわせてご覧ください。 病気休暇(療養休暇)を延長したいときは? 病気休暇を延長したい時はどうすればいいの? 最初はおそらく「1ヶ月の休養を要する」的な診断書が出ます(いきなり3ヶ月とかはあまりありません)。 しかし症状が良くならない時には、療養休暇を延長したいですよね。 そんな時には、再度心療内科医に「さらに〜ヵ月の休養を要する」という診断書を書いてもらい、面談の際などに上司に提出すればOKです。 そうすれば総務や上司の方で必要な手続きをしてくれるので、安心して休むことができますよ。 公務員の病気休暇(療養休暇)は必ず3ヶ月間マックスで取得しよう 公務員の病気休暇(療養休暇)は最大3ヶ月取得できると書きましたが、「最大」なので1ヶ月や2ヶ月で復帰することもできます。 しかし、 病気休暇はMAXの3ヶ月間取得することを強くおすすめします。 うつの治療には時間がかかる(最低3ヶ月は休まないと治らない)• 治りきっていないのに無理して仕事をすると、再発の可能性が高くなる• 3ヶ月は給料が満額出るので、安心して休める 理由としてはこのあたり。 僕も抑うつ状態になったからこそ分かるのですが、1ヶ月や2ヶ月休んでも仕事ができる状態にはなりません(くわしくは後述)。 治っていない状態で復帰しても、また症状が悪化してしまう可能性が高いです。 ちなみに、僕のカウンセリングを担当してくれた産業医の方も「とりあえず3ヶ月は休んで、そこから復帰について考えましょう」というスタンスでした。 長年公務員のうつ病を診てきた方でもそうおっしゃるんですから、じっくりと時間をかけて治療をしていくのが大事なのでしょう。 また、どうせ3ヶ月間は給料が満額もらえるんです。 働いていないのに働いた分と同じくらいの金額をもらえるんですから、フルで休んでお金ももらっておきましょう(笑)。 「そんなの申し訳ない…」と思う方もいるかもしれませんが、これは公務員が持っている1つの「権利」です。 難関の公務員試験を勝ち抜いたあなたの特権だといえます。 「働いていないのに給料をもらうなんて…」と感じるなら、しっかりと休んで体調を万全にし、復帰してからその分がんばればいいだけです。 なお、「最低でも3ヶ月」という感じなので、3ヶ月休んでも回復しない方もめずらしくありません。 そんな時は「休職」を利用して回復するまでじっくり休めばOKです。 休職中でも給料の8割はもらえるので、生活にはあまり困りませんよ。 (以下の記事にて公務員のうつ病事情、休職の期間や給料の扱いについて詳しく書いているのであわせてご覧ください) 病気休暇1ヶ月目の症状・過ごし方【公務員のうつ病】 僕の体験をもとに、病気休暇1ヶ月目の症状がどんな感じだったのか、またどのようにして過ごせばよいのかを書いていきます。 病気休暇1ヶ月目の症状• 何もやる気が起きない• 家から出る気が起きない• 食欲がない• 仕事を休んでいることに申し訳ない・情けない気持ち 症状・状態としては上の4つが主なものです。 僕も1ヶ月目は病気休暇に入ったばかりということもあり、状態としてはボロボロでした。 おそらく、うつで休んでいる方の大半と同じだと思われます。 眠れない・食べられない・倦怠感で体力的にきつかったのですが、それ以上に病気休暇中は周りの職員が自分の仕事をしてくれているわけですから、それに対する申し訳なさがかなり大きかったです。 まぁでも行政組織のような巨大組織の場合、人がひとり抜けたところで問題なく仕事は回っていくんですけどね。 でも1ヶ月目は仕事のことがずっと気にかかっており、精神的にかなり苦しかったのを覚えています。 病気休暇1ヶ月目の過ごし方 とにかく休む 1ヶ月目はこれに尽きます。 心療内科医にも産業医にも、「なるべくストレスのかからない生活をするように」と言われていたので、精神的にも体力的にも苦しい中でも、とにかく休むようにしました。 具体的には…• 無理に起き上がらない• 寝たい時に寝て、起きたい時に起きる(昼夜逆転を受け入れる)• ダラダラした生活を自分に許してあげる という感じでOK。 「何かをしないと!」を思うのをやめ、「ダラダラしていよう」という感じのスタンスにしてなるべくストレスのない生活にするのが大切です。 ちなみに僕は、頭を使う読書やスキルアップのための勉強もすべてやめ、脳を休息モードに切り替えました。 病気休暇1ヶ月目は「とにかく休むこと」が大事です。 仕事のことを頭から排除し、ダラけた生活をしている自分を受け入れてあげましょう。 また、外に出て太陽の光を浴びると良いリフレッシュになるので、「なんか今日調子が良いな」という日には外を軽く散歩するのもおすすめです。 病気休暇2ヶ月目の症状・過ごし方【公務員のうつ病】 病気休暇2ヶ月目になると1ヶ月目よりも症状がよくなり、過ごし方も変わってきます。 病気休暇2ヶ月目の症状• ちょっとずつ、何かをしようとする気持ちが湧いてくる• 家からも出られるようになる• 食欲も出てくる• 昼夜逆転は治らない• 仕事を休んでいることへの申し訳なさは無くなってくる• まだ調子には波がある 2ヶ月目に突入すると症状もかなり回復してきました。 もちろん個人差はありますが、1ヶ月間なにもしないと休んでみると、体調的にはだいぶ良くなっていきます。 1ヶ月目が「絶望」だとしたら、2ヶ月目は「ちょっとだけ明るくなれた」というイメージですね。 「何かをしてみよう」という気力も湧いてくるので、1ヶ月目から考えるとだいぶ進歩しています。 病気休暇2ヶ月目の過ごし方 2ヶ月目に入るとちょっとずつ気力が湧いてくるので、自分の好きなことをしましょう。 映画やドラマを見る• おいしいご飯を食べにいく• ショッピングに行く• 旅行に出かけてみる こんな感じ。 ちなみに僕は、療養休暇2ヶ月目に入ったくらいから家の外に出ることが億劫ではなくなったので、買い物に行ったり、カフェでゆっくりしたりしていました。 好きなことをする&外に出かけてみるということも1ヶ月目はできない(or非常に難しい)ことですから、これでも大きな進歩ですよね。 ちょっとした行動1つ1つが社会復帰のための準備になるので、 「これやってみたい」「ここ行きたい」と思ったら、その思うままに行動してみましょう。 とはいえ、本調子にはまだまだ程遠いので無理は禁物。 外に出ると思いのほか体力を使うので、疲れたら休みつつ、あくまで無理のない範囲で行動するのが大事です。 また2ヶ月目だと、気分や体調にかなり波があります。 実際に僕も体調の波がかなり激しく、調子が良いと運動もできるのに、調子が悪いと起き上がる気力すら湧かないという感じでした。 でもそんな自分を否定してはいけません。 悪い波のとき(体調が優れない・やる気が湧いてこない)でも、「自分はダメだ」とは思わずに「まぁいいや〜ダラダラしてよう」くらいの軽いスタンスでいるのが大切です。 病気休暇3ヶ月目の症状・過ごし方【公務員のうつ病】 2ヶ月間しっかり休んで3ヶ月目に入ると、症状的にはかなり落ち着いてきます。 いわば「治りかけ」のような感じですね。 人によっては3ヶ月じゃ十分に回復しないこともありますが、そんな時には気長にゆっくり治していこうというスタンスでいることが大切です。 病気休暇3ヶ月目の症状• 体調が良くなって「復帰したい」と思うのならば、主治医や産業医と相談の上、復帰の方向で上司に報告する• まだ体調に不安があるのなら、休暇を延長する「休職」を検討する• 公務員をやめて転職や独立などのチャレンジがしたいと思うのなら、退職する意思を上司に報告する(有休消化なども含めて) 僕は退職の意思を固めていたので、その旨を上司に報告しましたが、迷ったら「休職」で良いと思います。 迷うということは、「復帰できると思うほど体調が回復していない」ということですので、焦らずじっくり治していきましょう。 退職を考えている場合には、徐々に新しく動いてみるのがおすすめ。 具体的には、転職サイトに無料登録して求人を少し見てみたりですね。 中でもは、大手の安心感もある上に求人数も多く、使いやすいのでおすすめです。 うつ病になってしまった公務員は、病気休暇の3ヶ月間はフルで休もう• うつを治すのには最低3ヶ月はかかる。 3ヶ月休んでも回復しなかったら休暇を延長(=休職)しよう• 病気休暇の期間中は好きなことをして過ごしてOK• 自分を甘やかしつつ、ストレスのない生活をしよう うつ病で病気休暇を取得した公務員の過ごし方について、1ヶ月目・2ヶ月目・3ヶ月目という時系列で解説しました。 うつ病になった時には、最低3ヶ月間はとにかく自分の好きなようにして過ごすのが大事です。 そのようにしてストレスのない生活をすることで、心も体も休息モードに入ることができ、症状がよくなっていきます。 たくさん眠ったり、おいしいものを食べたり、旅行に行ったりと思いのままに生活し、しっかりと心を回復させてあげましょう。 そしてちょっとずつ具合が良くなってきたら、次に向けて徐々に動いてみてください!.

次の