炎炎 ノ 消防 隊 マキ。 漫画『炎炎ノ消防隊』最新話までのネタバレ感想とあらすじ

炎炎ノ消防隊の世界はどうなっている?東京皇国とは?

炎炎 ノ 消防 隊 マキ

そんなに強い能力を持っているのに、炎がニガテっていうギャップも面白いな~ 気弱な性格ではあるものの、東京皇国軍直属の第2特殊消防隊所属ですから、すごい能力なんでしょう。 ジャガーノートの服の中ってどうなってるのかな…。 何か私のラッキースケベられを防ぐアイディアの助けにならないだろうか…。 消防官でありながら、苦手なのはなんと「 炎」。 どれくらい苦手なのかと言えば、• ライターの小さな火も怖い• なんなら自分が出す炎もすごく怖い …大丈夫でしょうか。 笑 そんなジャガーノートがなぜ消防官になったのかというと 「消防官に囲まれていればいつでも鎮火してもらえる」からだそうで…。 炎が苦手で臆病者のジャガーノートですが、思いを寄せるタマキのために炎、そして強敵に立ち向かいました。 片手と片足を失い重症を負ったジャガーノートですが、生きていて本当に良かったですね! 彼の戦線復帰にも期待しつつ、今後の展開を楽しみましょう!.

次の

炎炎ノ消防隊の世界はどうなっている?東京皇国とは?

炎炎 ノ 消防 隊 マキ

スポンサーリンク 茉希 尾瀬(マキ・オゼ)• 階級:一等消防官• 年齢:19歳• 身長:167cm• 誕生日:9月16日• 能力:第二世代(大量の炎を自在に操作する事ができる)• 外見:長い黒髪をポニーテールに結っており、細身だが筋肉質な体が特徴 物語開始当初からの隊員で、シンラの先輩に当たります。 中隊長・火縄と同じ東京皇国軍の出身で、第8の発足時に火縄にスカウトされ、入隊します。 炎をマスコットのような生物の形にして操ることが多く、着火装置を使って作り出した炎のマスコットに「メラメラ」、「プスプス」と名付けて可愛がっているときもあります。 軍の将官である尾瀬大将の娘であり、自身も体術に優れています。 シンラ・アーサーが入隊した際の訓練で相手をしますが、二人を簡単にいさめてしまうほど。 しかし、戦闘中の表情をモンスターに例えられると怒りが収まらなくなるなど、乙女らしい一面もあります。 恋話に夢中になると頭の中が「お花乙女畑」になるため残念美人扱いされています。 スポンサーリンク アイリスと? マキとは対照的にシンラとの接点が多いアイリス。 彼女は第1話でシンラとの初対面時にお姫様だっこで助けられるなど、ヒロインらしい場面が見られます。 アイリスはシスターであるため、鎮魂のため祈りをささげることが任務です。 しかし、その身を捧げている聖陽教に疑問を抱き始めてしまったアイリスは、自分の存在意義に迷いはじめます。 そんなアイリスに、シンラは「 第8にとって向日葵のような存在」と言葉をかけます。 その言葉はアイリスの心に刺さったようで、涙ぐみお礼を言っていました また、シンラが同僚のアーサーが女性にモテるのを僻んでいた際、アイリスが「 シンラさんもかっこいいですよ」と発言するなど、 異性としてシンラを見ているかも……と思わせるシーンもあります。 シンラの方もアイリスのことを可愛いと思っていて、彼女の洗礼に同行するときには「デート」と認識するなど、かなり意識している様子が窺えます。 いずれ恋愛関係に発展する可能性は十分にあると思われます。 スポンサーリンク タマキと? 単純にシンラとの接点の多さでは、タマキが一番多いという印象です。 タマキは元々第1の中隊長だったレッカを慕っていました。 しかし、その気持ちを利用する形で焰ビト事件に巻き込まれてしまったタマキを救ったのはシンラでした。 それがきっかけでタマキの中でシンラの存在はかなり大きくなったようで、連絡先を聞かれた際にはツンツンしつつ教えようとしていました。 その後、第8に無期限で研修配属となったタマキ。 敵に殺されそうになった時にはシンラのことを思い浮かべ、その場にはいない彼に助けを乞うなど、 タマキの中でシンラは助けてくれるヒーローという位置付けのようです。 シンラがアイリスと楽しそうにしているところに割って入って「 キモい」と連呼するなど、 嫉妬しているかのような描写もあり、異性としても意識していると思われます。 シンラの方は、彼女から事ある毎に「ラッキーすけべられ」体質を発動させられているため、肉体的接触はかなりの頻度でありますが、ときめいたりはしていない模様。 タマキに対しては、あまり異性として意識していないような印象です。 スポンサーリンク 【炎炎ノ消防隊】環(タマキ)のラッキースケベられってどういう意味?面白いシーンまとめ! タマキはちょっとしたハプニングでセクシーなシーンを演出してしまう、自他共に認める「ラッキースケベられ」体質。 それはシンラと初対面のときから始まっています。 タマキを押しのけようと伸ばしたシンラの手は、なぜかビキニの中のタマキの胸をもんでいるというまさかのハプニング。 他にも、アーサーが扉を開こうとしたらタマキのスカートをめくっていたり。 食事当番をすれば、なぜか全裸の上にエプロンという格好になっていたり。 などなど、 タマキがいるだけでスケベなハプニングが起こってしまいます。 そして その力は、まさかの戦闘中にも発揮されます。 第8のメンバーと共にネザーに突入したタマキの前に現れたのは、殺戮のアサルト。 白装束の中でも実力者であり、新人の消防官であるタマキとはかなりの力の差がありました。 しかし、 戦闘中にビキニがとれてしまったり、顔の上に尻が乗ってしまったり、最後は服が全部脱げてしまったり・・・といったラッキースケベられのおかげで勝利を収めることが出来たのです。

次の

炎炎ノ消防隊 茉希 尾瀬(マキ オゼ)のキャラ設定、能力、声優まとめ

炎炎 ノ 消防 隊 マキ

スポンサーリンク 茉希 尾瀬(マキ・オゼ)• 階級:一等消防官• 年齢:19歳• 身長:167cm• 誕生日:9月16日• 能力:第二世代(大量の炎を自在に操作する事ができる)• 外見:長い黒髪をポニーテールに結っており、細身だが筋肉質な体が特徴 物語開始当初からの隊員で、シンラの先輩に当たります。 中隊長・火縄と同じ東京皇国軍の出身で、第8の発足時に火縄にスカウトされ、入隊します。 炎をマスコットのような生物の形にして操ることが多く、着火装置を使って作り出した炎のマスコットに「メラメラ」、「プスプス」と名付けて可愛がっているときもあります。 軍の将官である尾瀬大将の娘であり、自身も体術に優れています。 シンラ・アーサーが入隊した際の訓練で相手をしますが、二人を簡単にいさめてしまうほど。 しかし、戦闘中の表情をモンスターに例えられると怒りが収まらなくなるなど、乙女らしい一面もあります。 恋話に夢中になると頭の中が「お花乙女畑」になるため残念美人扱いされています。 スポンサーリンク アイリスと? マキとは対照的にシンラとの接点が多いアイリス。 彼女は第1話でシンラとの初対面時にお姫様だっこで助けられるなど、ヒロインらしい場面が見られます。 アイリスはシスターであるため、鎮魂のため祈りをささげることが任務です。 しかし、その身を捧げている聖陽教に疑問を抱き始めてしまったアイリスは、自分の存在意義に迷いはじめます。 そんなアイリスに、シンラは「 第8にとって向日葵のような存在」と言葉をかけます。 その言葉はアイリスの心に刺さったようで、涙ぐみお礼を言っていました また、シンラが同僚のアーサーが女性にモテるのを僻んでいた際、アイリスが「 シンラさんもかっこいいですよ」と発言するなど、 異性としてシンラを見ているかも……と思わせるシーンもあります。 シンラの方もアイリスのことを可愛いと思っていて、彼女の洗礼に同行するときには「デート」と認識するなど、かなり意識している様子が窺えます。 いずれ恋愛関係に発展する可能性は十分にあると思われます。 スポンサーリンク タマキと? 単純にシンラとの接点の多さでは、タマキが一番多いという印象です。 タマキは元々第1の中隊長だったレッカを慕っていました。 しかし、その気持ちを利用する形で焰ビト事件に巻き込まれてしまったタマキを救ったのはシンラでした。 それがきっかけでタマキの中でシンラの存在はかなり大きくなったようで、連絡先を聞かれた際にはツンツンしつつ教えようとしていました。 その後、第8に無期限で研修配属となったタマキ。 敵に殺されそうになった時にはシンラのことを思い浮かべ、その場にはいない彼に助けを乞うなど、 タマキの中でシンラは助けてくれるヒーローという位置付けのようです。 シンラがアイリスと楽しそうにしているところに割って入って「 キモい」と連呼するなど、 嫉妬しているかのような描写もあり、異性としても意識していると思われます。 シンラの方は、彼女から事ある毎に「ラッキーすけべられ」体質を発動させられているため、肉体的接触はかなりの頻度でありますが、ときめいたりはしていない模様。 タマキに対しては、あまり異性として意識していないような印象です。 スポンサーリンク 【炎炎ノ消防隊】環(タマキ)のラッキースケベられってどういう意味?面白いシーンまとめ! タマキはちょっとしたハプニングでセクシーなシーンを演出してしまう、自他共に認める「ラッキースケベられ」体質。 それはシンラと初対面のときから始まっています。 タマキを押しのけようと伸ばしたシンラの手は、なぜかビキニの中のタマキの胸をもんでいるというまさかのハプニング。 他にも、アーサーが扉を開こうとしたらタマキのスカートをめくっていたり。 食事当番をすれば、なぜか全裸の上にエプロンという格好になっていたり。 などなど、 タマキがいるだけでスケベなハプニングが起こってしまいます。 そして その力は、まさかの戦闘中にも発揮されます。 第8のメンバーと共にネザーに突入したタマキの前に現れたのは、殺戮のアサルト。 白装束の中でも実力者であり、新人の消防官であるタマキとはかなりの力の差がありました。 しかし、 戦闘中にビキニがとれてしまったり、顔の上に尻が乗ってしまったり、最後は服が全部脱げてしまったり・・・といったラッキースケベられのおかげで勝利を収めることが出来たのです。

次の