あっち こっち ここ で。 「あっち」と「こっち」

「そっち」と「あっち」

あっち こっち ここ で

〜新源泉(黄金の湯)〜アルカリ性単純温泉(pH10. 1) 硫黄泉に比べ刺激が少なく、肌の弱い方、高齢者やお子様にも向いています。 またPH10. 1の強アルカリ性温泉は柔かい手触り。 お肌すべすべ、湯冷めしにくい特徴を持っています。 神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・関節のこわばり うちみ・くじき・慢性消化器病・痔疾 冷え症・病後回復期・疲労回復・健康増進..................................................................................................... C又は一宮・御坂I. Cから約25分 甲府市から国道20号線利用 :約30分 秩父市内から国道140号線利用(雁坂トンネル経由):約90分 <中央自動車道からのおすすめコース> 東京方面から・・・勝沼I. 2km先) 長野方面から・・・一宮・御坂I. 2km先).

次の

「そっち」と「あっち」

あっち こっち ここ で

亀先生が教える、日本語コーナーです 第二回 「こっち、そっち、あっち」について 日本語を勉強する時、「ここ、そこ、あそこ」の指示表現を学びます。 「ここは図書館です。 」 この文章は基本ですね。 誰にでも使えます。 もう少し丁寧な言い方に「こちら、そちら、あちら」という指示表現があります。 「こちらは図書館です。 」 知らない人や、お客さんに対しては「こちら」のほうを使った方がいいでしょう。 では「こっち、そっち、あっち」とは、何なんでしょうか 教科書ではあんまり教えない言葉ですけど、実は日本人はよく「こっち、そっち、あっち」を使います。 友達同士や、知り合い、家族などと話すときに、よく使います。 この「こっち、そっち、あっち」 普段の生活でよく使うので、知らない人やお客さんの前でもついつい意識せずに自然と出てしまうことが多いです。 丁寧さで並べたら、「こちら」が一番丁寧で「ここ」が続き、最後は「こっち」です。 しかし、日本人が一番よく使うのは、「こっち、そっち、あっち」だと思います。 ですから、教科書に載ってる「ここ、そこ、あそこ」だけでなく、日本人が生活でよく使う「こっち、そっち、あっち」も使えるようになりましょう。 2011年12月30日 亀先生.

次の

ほったらかし温泉 ほーむぺーじ

あっち こっち ここ で

本日 日帰りで行って参りました。 早朝6時に出発し、東京の空はどんより曇り空。 山梨の天気予報も曇り時々雨 でしたので、富士山をのぞ望む絶景は半ば諦めモードでした。 しかし高速が神奈川に入った辺りから徐々に晴間が見え始め、山梨市に着く頃には晴れと言って良いくらいの天気になっていました。 フルーツ街道を抜け、ひたすら登りの山道の終着地点に現れたほったらかし温泉! 穴場と思っていた通り、さほど人も多くなく、足の悪い母と相談して、階段を使わなくて済む あっちの湯にはいりました。 露天のドアを開けると、ぬるゆ、あつゆがあり、ぬるゆに入ってみましたが、その名の通りぬるい!仕切りを跨いであつゆに入ると、私には丁度いい湯加減でした。 徐々に笠を被った富士山が見え始め、目下には広大な甲府盆地が!まさに絶景でした。 数分で汗をかき始める程のほったらかし温泉の湯は、肌もすべすべになり、とってもいいお温です。 入湯後は桜肉うどん 温850円、冷900円 でお腹を満たし、山梨産のぶどうと、白桃のソフトクリーム 共に380円 をいただきました。 絶景を眺めながらの食事もまた絶品です。 日帰りでしたが、とても充実した1日を過ごす事ができました。 見出しのセリフは、露天風呂に入りながら「新日本三大夜景」と呼ばれる甲府盆地の夜景を眺めているとき、そばにいたご婦人方の誰かが発したもの。 こんな素朴で率直なセリフが自然に出てしまうくらい、ほったらかし温泉は素敵なんです。 それではさっそく、幸せすぎて困っちゃう、露天風呂の「こっちの湯」と「あっちの湯」に入ってみましょう。 まずはほったらかし温泉で一番最初に出来た露天風呂「こっちの湯」から。 最初にできた温泉を「こっち」と呼び、あとからできた大きな露天風呂を「あっち」と呼んだことから「こっちの湯」「あっちの湯」という名称がついたそう。 「こっちの湯」は「あっちの湯」と比べると少しこじんまりしていますが、独特の風情があって、富士山もより近くに感じられるので気に入っているそうです。 夕暮れ時の「こっちの湯」(男性用)。 晴れた日には目の前に大きな富士山が見える「富士見の湯」となります。 ぜひリベンジしたい! 「あっちの湯」はあとからできた広い方、とおぼえよう ほったらかし温泉の泉質は「こっちの湯」「あっちの湯」どちらも弱アルカリ性の単純温泉で、指先をこするだけですぐにヌルヌルしてくるのがわかるほど、とろみがあります。 短時間の入浴でもあっという間に温まり、湯冷めしにくいのが特徴。 また角質を落としてくれる効果もあり、すべすべすることから「美人の湯」などとも呼ばれているそう。 「こっち」「あっち」どちらも共通しているのが、脱衣所、洗い場、内湯、木造りの露天風呂、岩造りの岩露天風呂の5つから構成されているところ。 泉温は内湯が一番高く、次いで上段・木造りの露天風呂で、下段・岩造りの露天風呂がもっとも泉温の低い「ぬる湯」になります。 上段の木造りの湯からは甲府盆地と山々の眺めを両方いっぺんに楽しめるので、眺望の湯としては最高です。 天候や気温にもよりますが、この日は山の方がよく見えなかったので、 ・新鮮な地下水を飲んで水分補給 ・かけ湯を十分にして体を温める ・内湯でさらに温まる ・木造りの温泉へ移動し、甲府の町並みを見下ろす眺望を楽しむ ・岩風呂へ移動し、ほてりを冷ましながらゆったり長湯 ・寒くなってきたので木造りの湯へ移動 ・最後に内湯で仕上げ、地下水で水分補給 という形で一往復分の湯浴みを楽しみました。 「こっちの湯」の内湯。 一人占めしちゃいました!• ミネラルがたっぷり含まれた、新鮮な地下水が蛇口から飲めるのもほったらかし温泉の素晴らしいところ。 入浴前、入浴後の水分補給に最適です! ここで豆知識を一つ。 甲府盆地は年間日照時間が南国・高知や宮崎を抜いて、なんと全国第一位なのだとか。 こうして野外の休憩スペースが満喫できるのも、日照時間が多いおかげです。 しかもこの日は周りの山間部には雲がかかっているのに、なぜかほったらかし温泉の上空だけは晴れ間が出ており、日焼けが気になったほどでした。 温泉主いわく「いつもこんな感じです。 周りが曇っていても、ここだけ晴れてることが多いんですよ」とのこと。 盆地を囲む山々が雲をせき止めてくれているんですね。 上空だけこんな感じでずっと晴れていました• お風呂あがりにはこちらのログハウスへ。 木とストーブのぬくもりに思わずウトウト… 旬のフルーツが味わえるのも楽しみの一つ ここ甲府盆地は昼夜の寒暖差がはげしい盆地気候で、水はけもよいので果物の栽培に非常に適しており、ぶどうや桃、さくらんぼ、リンゴ、いちご…などなど、フルーツの名産地としても有名です。 温泉のすぐ近くには「笛吹川フルーツ公園」があり、ほったらかし温泉内の「おみやげ屋」にも旬のフルーツがたくさん並んでいました。 果物の収穫が一段落した今はワインが気になる季節でもあります。 店内には「新酒フェア開催中」のPOPが飾られ、豊富な種類のワインが所狭しと並んでいました。 ワインに目がない方は要チェックですね!• 午後5時という閉店時間を忘れて買いそびれた「甲州」。 食べたかったなあ…• 新酒フェア中のワイン売り場。 奥にもまだまだたくさんあります。 試飲もできるそうですよ! 朝は「日の出風呂」と「朝ごはん」をセットでどうぞ 軽食スタンド「桃太郎」のスタッフさんに「今しか食べられないから!」と手渡ししていただいた「プレミアム生クリームソフト・クレミア」は持ち手の部分がコーンではなく、甘くてサクサクなラングドシャなのが特徴の絶品スイーツ。 スタッフさんによれば、電話で問い合わせが来るほどの人気なのだとか。 ミルクがあまりに濃厚なせいか、チーズケーキのような濃い味わいに驚くこと必至です! さらにラングドシャ部分に差し掛かると、またまた新たな味わいが生まれて二度目のビックリに遭遇。 いつまで取り扱いがあるかはわからないそうなので「絶対食べたい!」「無いとスネちゃう!」という方は急いで食べに行きましょう!• 濃厚な味わいがたまらない魅惑のスイーツ「クレミア」。 一本で二度美味しい!! 朝しか開いていないお食事処「気まぐれ屋」の裏手に素敵なご婦人(年齢不詳)がいらっしゃったのですが、お店の脇にあるちょっとした小さな庭には彼女がタネを撒いたらしい、多種多様なハーブが生えていました。 私もハーブが好きなので、何が植えてあるのか気になって伺ったところ、 ・アロマオイルやハーブティーなどにも利用される「ラベンダー」 ・肉料理や魚料理のスパイス等に使う「ローズマリー」 ・インド料理屋さんの店頭などに口直し用に置いてある「フェンネル」 ・小さないちごの実を結ぶ「ワイルドベリー」 など、その他諸々のハーブが生えているそう。 これらのハーブを利用してハーブティーを出したり、お料理に使ったり、といったことをしているわけではなく、温泉主がおっしゃるには「知らない間にハーブ園ができていたんです。 気がつけばナゾの植物を植えている…。 彼女、実は魔女なんじゃないかと疑ってます(笑)」だそう。 魔女説はもちろん冗談ですが…な、なんて自由なお店なんだ!!• 自由の象徴・ローズマリー 「自由すぎる温泉王国」のエピソード集 ほったらかし温泉の自由奔放さを象徴するエピソードはハーブ園だけではありません。 温泉主から伺ったフリーダムなお話は枚挙にいとまがないので、箇条書きで一気に紹介させていただきます。 ・「あまり期待しないでね」という消極的な姿勢から名付けられた「ほったらかし」の名が注目をあびる理由に ・基本姿勢は「ほったらかし」だが、スタッフは「やりたがり」。 出張から帰ってきたら温泉主の知らないうちに新しい何かが出来ていたパターンが多々あり、日々サプライズに満ちている ・とても良い原木が手に入ったのでしいたけを作ってみたが、豊作すぎて処置に困り、詰め放題特売会を開催 ・あるとき養鶏所がやりたくなり関連する本をたくさん読んでみた。 未定だがいつかやりたい。 本当はもっとゆっくり過ごしたかったのですが距離的にそうもいかず、夜がふける前に帰ってきてしまいました。 泊まれるようになるといいのになぁ…。 温泉主、お願いします(笑)!! いつ行っても驚きがある、気まぐれかつ自由な温泉「ほったらかし温泉」から、今後も目が離せませんね!•

次の