ご教授 ご教示。 《完全版》「ご教授」と「ご教示」の意味の違いと使い分け

「ご教授」と「ご教示」の違いとは?分かりやすく解釈

ご教授 ご教示

「ご教授」と「ご教示」の言い換えに、「ご指導」と「ご指南」という言葉があります。 前者の「ご指導」は、ある目標や目的に向かって教え導いてもらうことを意味するため、「ご教授」と「ご教示」両者の言い換えとして使用することができそうです。 「指導」という言葉は多くの人にとって馴染みあるものであるため、「ご教授」や「ご教示」のような堅苦しさはないものの、同じように丁寧な表現であると言えます。 一方「ご指南」は「ごしなん」と読み、「ご指導」と同じように教え導いてもらうこと、という意味です。 しかしその対象は武術や芸術における技術を教えてもらうということに限定されています。 そのためビジネスシーンであまり使う機会がなさそうですが、上司や取引先の会社と仕事以外の交流がある場合、例えばゴルフをプレーしに行った際などに使うことができそうです。 「ご教授」と「ご教示」の意味を理解しても、その使い方がわからないと実際にその言葉を自らの口から使用するのは非常に困難です。 ここでは覚えた言葉を自分のものにできるよう「ご教授」と「ご教示」の使い方をビジネスシーンに絞った例文と共にご説明します。 「ご教授」はビジネスの場において「ご教示」よりも使いどころがなさそうな印象ですが、全くそんなことはありません。 また「ご教示」は実に様々なビジネスシーンで使う機会のある表現であると言えます。 「ご教授」も「ご教示」も、どのような言葉と組み合わせて使えば良いのかを1度覚えてしまえば自由に応用することができるようになるはずです。

次の

「ご教授」と「ご教示」の違いとは?分かりやすく解釈

ご教授 ご教示

「ご教授」とは 「ご教授」の意味 「ご教授」とは「教授」という言葉が入っているように「教え授ける」という意味です。 これに「ご」が付くことによって、相手から「教え授けてもらう」という意味に変わります。 ここでいう「教え」とは一時的なものや、聞いてすぐに理解が深まるものではありません。 ある程度の期間に渡って指導を受け続けるという意味です。 「ご教授」の例文 「ご教授」の意味を踏まえて、例文を見てみましょう。 「ご教授」という言葉に「これからしばらくの間、そのことについて理解をするために教えてください」という意味を持たせています。 「ある程度の時間や期間は覚悟ができている」という意味も含まれていますので、その場限りの教えを願っているのではないということがわかります。 「ご教示」とは 「ご教示」の意味 「ご教示」とは「教え示す」と書きます。 「示す」という言葉には「見せる」という意味があり、「ご教示」は「教える物事を見せる」ということです。 「見せる」という行為は一時的な行動で完了するため「ご教示」は「一時的な教えを請う」という意味になります。 また、「一時的に見せることで完了する」ということから「比較的容易なこと」に対して使われ、その場限りの教えで理解ができることです。 ビジネスの場などで「教えてください」と言いたい時に、「ご教示ください」と言えばビジネス感を出すことができます。 また「教えて欲しい」という気持ちを、謙虚に格式のある言葉で伝えることができるので相手への心配りを示すこともできるでしょう。 「ご教示」の例文 「ご教示」の意味を踏まえて、例文を見てみましょう。 「先日ご提案くださった件の詳細についてご教示願えますでしょうか」 取引先などに対して、提案された内容の詳細を教えて欲しいと伝えています。 ビジネスの場では「ご教示」が相応しい場面が多く、例文のように「詳しく知りたい」という時にも使うことができます。 「明日の会議の議題についてご教示ください」 社内でも「ご教示」を使う機会はあります。 ビジネスシーンでの「ご教授」と「ご教示」の使い分け 「ご教授」と「ご教示」は言葉が似ているため、どちらが適しているのか、ということを咄嗟に判断することが難しい場合があります。 「ご教授」も「ご教示」も主にメールなどの書き言葉 基本的には「ご教授」も「ご教示」も手紙やメールで使われることが多い言葉です。 口頭で使ってはいけないわけではありませんが、少し堅苦しく感じる人もいるでしょう。 特に「ご教示」については言い換えの言葉がたくさんあります。 「お教え願えますでしょうか」とシンプルに伝えても良いでしょう。 また、自分にそもそも知識が無いことについて教えて欲しいのであれば「後学のためにお伺いしたいのですが」と付け加えることで相手に失礼なく尋ねることができます。 ビジネスの場において「知りません」「存じません」という言葉を出すことに躊躇する場合に使うことができます。 「ご教授」の誤用に注意 他の人が使っている言葉を真似て自分の言葉にする、というのは語彙を増やす上でとても大切なことです。 しかし「ご教授」と言うべきところを「ご教示」と聞き間違えて使ったり、その逆であったりすると意味がありません。 特に「ご教授」という言葉は、使う相手が限定されます。 何かを専門に研究されていたり、何らかの技術を磨いていたりする人へのみの使用です。 相手へ「何かの使い方」「何かのやり方」などを聞く時には「ご教示」を使いましょう。 本来「ご教示」と言うべきところを「ご教授」と言ってしまうと、相手によっては嫌味と受け取る可能性もありますので注意が必要です。 まとめ 何かを知りたい、教えて欲しいといういう時に「ご教示願います」などの言葉がスムーズに出てくると、知性や品性を示すことができます。 何かを習得したい、教えを請いたいという時に「ご教授ください」と言うことができれば、相手への尊敬を示すことができます。 「ご教示」も「ご教授」も「教えて欲しい」という用件だけでなく、こちらの構えや気持ちまで相手へ伝えることができるのです。 正しく使って、自分にとっても相手にとっても気持ちのよいコミュニケーションを築きましょう。

次の

「ご教授」と「ご教示」の違いとは?分かりやすく解釈

ご教授 ご教示

「ご教示」や「ご教授」以外にも、「教えてください」という意味をもつ表現は他にもあります。 全て「教える」というニュアンスがあり、その使い分けも何となくという感覚に頼りがちです。 ここで、それ以外の表現と簡単な例文を紹介します。 ・「指導」:わからないことや方法を教える 例)このファイルの保存方法をご指導ください。 ・「指南」:武術や芸能を教える 例)舞踊を指南する。 少し意味は違いますが、音が似ている表現も併せてみてみましょう。 ・「享受」:用意され与えられたものを、受け入れて味わい楽しむこと 例)自由を享受する。 他の表現と違い、「享受する」は相手からではなく第三者である誰かが用意したものを自分が受け取る際に使うので、「教授する」とは全く違う意味です。 ビジネスシーンでよくある間違いのひとつ、誤変換に注意しましょう。 このように、同じような意味でありながら、細かく使い分けが必要な表現がたくさんあります。 「ご教示」の意味と使い方を通して、書き言葉・話し言葉の違いや、よく似た表現をご紹介しました。 この違いがわかると、英語での「教える」の使い分けもしやすくなります。 「ご教示」は「tell」、「ご教示」は「teach」です。 社内でも英語を目にしたり耳にする頻度が上がってきている今だからこそ、こういうタイミングにまとめて覚えてしまうのもビジネスマンとしての業務効率化に繋がるのではないでしょうか。 敬語やビジネスマナーで一番気をつけなければならないのは、「誰かがやっていたからといって意味を知らずに真似をする」ことです。 言語は変化するものだと言われていますが、ビジネスメールで使うような書き言葉は話し言葉と違って、その使い方が崩れるケースはほとんどありません。 正しい日本語を理解しているであろう目上の人に対して使う敬語表現だからこそ、誤った表現が相手に不快な思いをさせたり、失礼になったりする可能性があるのです。 まず、よく使う表現から、その意味と使い方を見直してみましょう。

次の