また お越し ください ませ。 「お越しください」の例文・正しい敬語か・使い方・類語

採用情報

また お越し ください ませ

「来てください」の意味と使い方 「ください」は丁寧語なので、 「来てください」は実は正しい敬語になります。 取引先など目上の人に対して「弊社まで来てください」というと、フランクな印象が強く命令しているような印象を与えてしまいます。 「来てください」自体は敬語ですが、少々失礼な印象が強いため、主に取引先やお客様など目上の人にはなるべく使わないようにしましょう。 例文 ・今度の休みに私の家までぜひ遊びに来てください。 ・お昼休みに私の方まで来てください。 ・いつでもいいのでまた来てください。 ・お好きな時間に来てください。 ・良かったらぜひ私の家まで来てください。 「来てください」以外の敬語表現《類語》 「お越しください」 「お越しになる」は「来る」の尊敬語です。 「お越しください」は、「来る」の尊敬語「お越しになる」+丁寧語「ください」で成り立っています。 「来てください」よりも「お越しください」の方が丁寧な表現になります。 丁寧な表現になるため、 主に社外の人に向けて使うことが多いです。 例文 ・当日は混雑が予想されるので、電車でお越しください。 ・明日の発表会には13時にお越しください。 ・どうぞお気をつけてお越しください。 ・本日はお忙しい中お越しくださり、誠にありがとうございます。 ・弊社で講習会を行うのでぜひお越しください。 ・いつでも気軽にお越しください。 「いらしてください」 「いらしてください」は「いらっしゃってください」を略した言葉になります。 「いらっしゃる」は「来る」の尊敬語で、「お入りになる」という言い方からできた言葉です。 「いらしてください」は相手がこちらに来ることを敬う表現で、依頼するときに使います。 本来は「いらっしゃってください」と使わなくてはいけませんが、長く使い勝手が悪いため「いらっしゃて」を「いらして」に変化させた形が使われています。 「いらっしゃる」が「居る」の尊敬語のため、誤用ではないのかと言われていますが、慣習的に「いらしてください」は「来てください」の意味で使われているので正しい使い方になります。 「いらっしゃってください」は「行ってください」という意味で使う場合もあります。 しかし、 今では「いらっしゃってください」は「来る」の意味で使うことがほとんどのため、「行ってください」ということを伝えたい場合は「行かれてください」を使うのが無難になります。 ・先日は遠方から我が家までいらしてくださり、誠にありがとうございました。 ・どうぞお気をつけていらしてください。 ・ぜひ、次の機械にまたいらしてください。 ・展示会を開催しているので、興味がありました是非いらしてください。 ・時間が空いてしまうこともあるので、お好きなものを持っていらしてください。 いらっしゃってください 「いらっしゃってください」は「来てください」の敬語表現です。 「いらしてください」をより丁寧にした表現なので、目上の人など丁寧に伝えたい場合は「いらっしゃってください」を使うのが良いでしょう。 「いらっしゃる」は「居る」の尊敬語ですが、「来てください」と同じ意味で使います。 ただ、「いらっしゃる」は「居る」という意味のため、使用場面や前後の文章によって「居てください」の敬語表現であると誤解を招いてしまう場合もあるので、使う際には気をつけるようにしましょう。 例文 ・ぜひ、お気をつけていらっしゃってください。 ・こちらの方までいらっしゃってください。 ・会場は屋外になりますので、暖かくしていらっしゃってください。 お立ち寄りください 「立ち寄る」は「目的地へ行く途中、ついでに訪れる」「近くに行く」ことを意味します。 「お立ち寄りください」は来ることを強く願うというよりは、 「来てくれたら嬉しく思う」というニュアンスになります。 「お越しください」や「いらしてください」というよりもカジュアルな表現です。 「立ち寄る」という意味から「今度、会議にお立ち寄りください」などとは使えませんが、「今度ぜひ我が家にお立ち寄りください」といったようにプライベートに関することについて使うことができます。 例文 ・お近くにお越し際にはぜひお立ち寄りください。 ・今度近くまで来た時には、ぜひ我が家にお立ち寄りください。 ・都合の良いときにぜひお立ち寄りください。 ・今度東京においでの折には、どうぞお立ち寄りください。 ・せっかくお立ち寄りいただいたのに、お目にかかることができずに誠に申し訳ありませんでした。 ・駅前に移転してアクセスも便利になったので、ぜひお立ち寄りください。 おいでください 「おいで」は「行く」「来る」の尊敬語です。 「おいでください」は漢字だと「御出でください」と書きます。 「おいでください」は「来ること」をより丁寧にした表現で、「おいでいただけませんか」と疑問形にすることによってより柔らかい印象を与えることができます。 例文 ・今度、新居においでになってください。 ・こちらの方で用意しておくので、当日は手ぶらでおいでください。 ・個展を開催することとなったので、よろしければおいでください。 ・せっかくの機会ですので家族の皆様でおいでください。 ・夕方になると混みますので、お早めにおいでください。 「ご足労」は「足を苦労させた」「足を働かせる」という意味合いになります。 「ご足労」は基本的に、本来自分が訪問しなくてはいけないところを、相手が来訪してくれた場合に使います。 「本来は自分から出向かなければいけないところ、わざわざいらしていただいてすみません」というニュアンスになります。 主に「ご足労いただき〜」「ご足労いただきまして〜」などと用います。 「ご足労ください」とすると「来ること」を強要するような言い方になるため、間違いになります。 他にも「ご足労お待ちしております」「ご足労お願い申し上げます」といった使い方は誤用です。 <「ご足労」の正しい使い方> ・本日はお足元の悪い中、ご足労いただき誠にありがとうございます。 ・先日は弊社までご足労いただき、ありがとうございました。 ・ご足労おかけしてしまい大変申し訳ありません。

次の

接客用語についてまた、お越しくださいませって必要なのでしょうか?コン...

また お越し ください ませ

「いらしてください」の意味や概要 「いらしてください」は、「いらっしゃってください」の略になります。 相手がこちらに来ることを敬っている表現で、依頼の言葉として使うことが多いでしょう。 「いらっしゃる」は、「お入 はい りになる」という言い方からできた言葉です。 「いらっしゃってください」は使う機会が多いのに、長い言葉で使い勝手が悪いため、例外的に「いらっしゃて」が「いらして」に変化しています。 いらしてくださいは誤用か 「いらしてください」が誤用ではないかと考えるのは、「行く・来る・いる」の尊敬語としての用法が「いらっしゃる」だからです。 一般的には、「いらしてください」は、「来てください」の意味で使われ、正しい用法です。 しかし、一部の人は「行ってください」の意味で「いらしてください」を使う人もいます。 これも、間違いではありません。 ただ、「いらしてください」は、「行く」のか「来る」のかはっきりしないことが多いので、今では「行く」の意味で使う時には、「行かれてください」と言うのが一般的です。 「いらしてください」の例文 「いらしてください」には、以下のような例文があります。 ご足労くださいはNG 「ご足労」は、自分が訪問すべきなのに、相手に来訪していただいた場合に使うのが基本で、「ご足労いただき~」や「ご足労くださいまして~」などと使います。 「ご足労ください」は、意味的にも自制的にも間違っています。 さらに、「ご足労」という言葉は、目上の人に使う言葉ではないと考えている人もいます。 字面から考えて「労」をねぎらう言葉なので、目下の人にのみ使うのが正しいという考え方もあります。 来ていただいたことにお礼を述べる際には、年配の目上の人には「ご足労」を使うことを避けた方が無難でしょう。 英語では、文章が長い方が丁寧な印象があります。

次の

間違いも多い「来てください」の敬語表現一覧・使い方例文まとめ

また お越し ください ませ

全国で、緊急事態宣言は解除となり、 いよいよ、皆様が旅行出来る日が近づいて参りました。 しかし、コロナウィルスは、まったくセロになった訳ではありません。 いつ、どこで、また発生するか分かりません。 草津温泉にお越しくださる皆様へのお願いとして、 草津町より、以下の様な文書が来ました。 こちらの事を是非お守りになって、お越しくださいませ。 当館では、検温を行い、各所でアルコール消毒が出来る様準備を進めております。 また、あらゆるところの清掃の徹底に努めております。 草津温泉は、たくさんのお客様がお越しになられますが、 人口約7000人ぐらいの狭い町です。 お年寄りの方も、たくさんいます。 また、高度な医療設備はありません。 コロナウィルスの感染者は、0人です。 この様な観光地で、感染者が発生したら大変な事になってしまいます。 町民憲章にもある通り、 お越しになられるお客様は、ゆっくりと安らいて頂き、 幸せな思いで、お帰り頂きたく思います。 安全に、楽しく、草津温泉でお過ごし頂ける様、 是非、ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

次の