厚生 年金 国民 年金 重複。 厚生年金は先払いなの?国民年金との重複分は還付で取り戻せる!

厚生年金と国民年金の違いとは?今さら聞けない厚生年金の基礎知識

厚生 年金 国民 年金 重複

会社を辞めて厚生年金から 国民年金に切り替わる時に 二重払い問題が起きることがあります。 その他国民年金をまとめて支払ってしまい その後会社に入り二重払いになったとの話も よく聞きます。 レアケースではありますが 転職癖のある人は注意が必要です。 退職した時にもらった給料から 厚生年金が引かれているのを私が見つけたため 急いで会社に連絡し還付手続きを取りました。 厚生年金と国民年金とは?その見分け方をわかりやすく解説! 20歳以上60歳未満の日本国民は 必ず何らかの保険に加入することが 義務付けられています。 そして日本国民は 第1被保険者〜第3被保険者までに分類されます。 簡単にまとめておきますね。 (第1 被保険者) 自営業者・農業・漁業者・無職・学生・その配偶者 (第2 被保険者) 会社員・公務員 (第3 被保険者) 第2号に扶養されている配偶者で 年収130万円以内の人 現在2018 年の国民年金の月額は16260 円です。 けっこう高いんですよね。 保険料は雇用主と加入者が半々で支払います。 国民年金と厚生年金とでは 年金を受け取る時の額が大きく変わります。 年金は2階建てバスとして 例えられることがありますね。 もらえる年金の額を 国民年金加入者はバスの1階部分 もらえるとします。 これに対し厚生年金加入者は 1階と2階部分の 年金の額をもらうことができます。 学生の時に母親から会社員になると年金が 国民年金より多くもらえるよーと 言われていたのはこういう 理由があったんからなんですね。 スポンサーリンク 厚生年金と国民年金が重複してしまうケースは?その際の対処法は? 20歳以上60歳未満の日本国民は年金に加入し 毎月支払うことが義務付けられています。 原則1つの年金に加入します。 ニ重加入はありません。 ところが何らかの理由で 厚生年金と国民年金を 支払ってしまうことがあります。 厚生年金と国民年金の二重払いが起きやすいのは 会社を退職してから国民年金に加入した時です。 つまり厚生年金から国民年金への切り替え時です。 基本的に働いた月の給料から 前月分の厚生年金が天引きされます。 例えば7月の給料から6月分の厚生年金が 天引きされます。 実は 厚生年金と国民年金の 二重払いはかなりレアケースです。 1ヶ月の間に会社に入り、 その会社を辞めたとします。 たった1日でも第2被保険者になれば まるまる1ヶ月分の厚生年金を 支払わなければなりません。 年金は退職した時にもらう 給料から天引きされています。 厚生年金から脱退したら 国民年金に加入しなければなりません。 そうなると月末には 国民年金に加入していることになります。 国民年金も1日でも加入すれば 支払い義務が生じます。 万一二重払いになっていたら会社に申し出て 厚生年金を還付してもらう必要があります。 他にこんなケースもあります。 国民年金をまとめて払っていたけど、 途中で会社に入り厚生年金に 加入していた場合です。 国民年金は前納後納制度があり まとめて支払うと若干割引があります。 一般的には会社員になってから 1〜2ヶ月後には年金事務所から 還付に必要な書類が送られてきます。 この書類に記入して送り返さないと 還付されません。 -; 還付されるにはけっこう待たされると 覚悟しておいた方が良いと思います。 さいごに いかがでしたか? 国民年金と厚生年金の違いについて 分かりやすくまとめました。 意外とよく分からないんですよね。 厚生年金から国民年金に切り替わる時に 二重払いが分かったら 会社に連絡し還付手続きを行ってくださいね。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

分かり易い「厚生年金と国民年金の受給額の違いや重複払い」の対処法|mymo [マイモ]

厚生 年金 国民 年金 重複

会社を辞めて厚生年金から 国民年金に切り替わる時に 二重払い問題が起きることがあります。 その他国民年金をまとめて支払ってしまい その後会社に入り二重払いになったとの話も よく聞きます。 レアケースではありますが 転職癖のある人は注意が必要です。 退職した時にもらった給料から 厚生年金が引かれているのを私が見つけたため 急いで会社に連絡し還付手続きを取りました。 厚生年金と国民年金とは?その見分け方をわかりやすく解説! 20歳以上60歳未満の日本国民は 必ず何らかの保険に加入することが 義務付けられています。 そして日本国民は 第1被保険者〜第3被保険者までに分類されます。 簡単にまとめておきますね。 (第1 被保険者) 自営業者・農業・漁業者・無職・学生・その配偶者 (第2 被保険者) 会社員・公務員 (第3 被保険者) 第2号に扶養されている配偶者で 年収130万円以内の人 現在2018 年の国民年金の月額は16260 円です。 けっこう高いんですよね。 保険料は雇用主と加入者が半々で支払います。 国民年金と厚生年金とでは 年金を受け取る時の額が大きく変わります。 年金は2階建てバスとして 例えられることがありますね。 もらえる年金の額を 国民年金加入者はバスの1階部分 もらえるとします。 これに対し厚生年金加入者は 1階と2階部分の 年金の額をもらうことができます。 学生の時に母親から会社員になると年金が 国民年金より多くもらえるよーと 言われていたのはこういう 理由があったんからなんですね。 スポンサーリンク 厚生年金と国民年金が重複してしまうケースは?その際の対処法は? 20歳以上60歳未満の日本国民は年金に加入し 毎月支払うことが義務付けられています。 原則1つの年金に加入します。 ニ重加入はありません。 ところが何らかの理由で 厚生年金と国民年金を 支払ってしまうことがあります。 厚生年金と国民年金の二重払いが起きやすいのは 会社を退職してから国民年金に加入した時です。 つまり厚生年金から国民年金への切り替え時です。 基本的に働いた月の給料から 前月分の厚生年金が天引きされます。 例えば7月の給料から6月分の厚生年金が 天引きされます。 実は 厚生年金と国民年金の 二重払いはかなりレアケースです。 1ヶ月の間に会社に入り、 その会社を辞めたとします。 たった1日でも第2被保険者になれば まるまる1ヶ月分の厚生年金を 支払わなければなりません。 年金は退職した時にもらう 給料から天引きされています。 厚生年金から脱退したら 国民年金に加入しなければなりません。 そうなると月末には 国民年金に加入していることになります。 国民年金も1日でも加入すれば 支払い義務が生じます。 万一二重払いになっていたら会社に申し出て 厚生年金を還付してもらう必要があります。 他にこんなケースもあります。 国民年金をまとめて払っていたけど、 途中で会社に入り厚生年金に 加入していた場合です。 国民年金は前納後納制度があり まとめて支払うと若干割引があります。 一般的には会社員になってから 1〜2ヶ月後には年金事務所から 還付に必要な書類が送られてきます。 この書類に記入して送り返さないと 還付されません。 -; 還付されるにはけっこう待たされると 覚悟しておいた方が良いと思います。 さいごに いかがでしたか? 国民年金と厚生年金の違いについて 分かりやすくまとめました。 意外とよく分からないんですよね。 厚生年金から国民年金に切り替わる時に 二重払いが分かったら 会社に連絡し還付手続きを行ってくださいね。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

複数種類の年金を受ける(併給)ことはできますか?

厚生 年金 国民 年金 重複

>その月は、月初めに派遣で働き始め、月の途中で退職しました。 月末の状態は国民年金の状態ですので、厚生年金は引かれなくてもよいのではないでしょうか? ・この場合は、同月得喪(同じ月に資格取得、喪失をした場合)により保険料は発生します (退職後、同月に再就職して厚生年金に再度加入した場合は、再加入の方のみ徴収されます この場合、前会社から徴収された分の返還は可能です:厚生年金保険法第19条第2項) ・健康保険に関しても同様です (こちらの場合は再就職後の保険料も徴収されるので二重払いになります) ・尚、徴収された厚生年金分は老齢厚生年金分に充当されます、国民年金分は老齢基礎年金分に充当されます >このままの状態で問題ありませんか? ・問題有りません・・適正な処理ですから FP2級の資格しかありませんので、本の内容を引用します。 >被保険者期間の計算 2 資格取得日が月の初日であっても末日であってもその月は1カ月とし、資格喪失日が月の初日であっても末日であってもその月は計算しない。 3 資格を取得した月に資格を喪失した場合はその月は1カ月として計算する。 その後、さらに資格を取得した時は、後の取得した期間のみを1カ月として計算する。 >種別の変更 1 被保険者の種別に変更があった時は変更後の種別の被保険者であった月とみなす。 2 同一の月に2回以上の種別の変更があった月は最後の種別の被保険者であった月とみなす。 上記は、「年金相談の実務」鈴江一恵著と言う本からの抜粋です。 会社の事務処理から言いますと、 社員が採用された場合、「健康保険・厚生年金保険 被保険者資格取得届」を5日以内に作成し、年金事務所[昔は、社会保険事務所]に提出が義務付けられております。 ところが、雇用保険は当月分を給与から差し引くのですが、健康保険・厚生年金保険料は、前月分を給与から差し引く形なので、あなたの記憶通りだとしたらに採用された月の給与から当月分を差し引いたとなります。 それでしたら、会社の事務処理ミスですね。 でも、年金加入と言うことで考えれば、厚生年金の加入月が1月でも多くなることの方がラッキーです。 国民年金の国庫負担分は平成21年4月分より2分の1となりましたので、それ以降の月の全額免除期間は2分の1が年金額として支給されます。 分かりやすく言うと、全額免除の期間が平成21年4月以降なら、年間約2万円支給される年金の半分が年金保険料を支払っていなくても=全額免除されている訳ですから、つまり、1万円が支給されるんです。 ところで、本当に<免除>ですか?それとも<猶予>ですか? あなたの場合だと種別変更が月に2度あったと言うことですね。 ただ、お金が戻ってくると言う問題ではありません。 A ベストアンサー お礼をつけてくださり、ありがとうございます。 急いで打っていたので誤変換等が多々あり、読み辛くはありませんでしたか? 世間では条文を都合のいいように解釈し「2か月経ないとと加入できない」「試用期間中の者は何か月経っても加入できない」「週30時間又は月120時間労働 という労働契約 でなければ加入できない」と信じ込んでいる経営者[某大手小売店は公式の場で発言]や事務責任者がまたまだ存在します。 一方で、『やる気はあるが人手が足りない』事業所だと「社会保険労務士」又は「労働事務組合 労働組合ではありません 」に手続きを委託しており、加入手続き終了の連絡に2週間から1か月を要することがありますね。 A ベストアンサー 平成27年10月分以降の厚生年金保険料は、同月得喪のときは、当月分を徴収しません。 一方、健康保険料・介護保険料については、同月得喪のときでも、当月分を徴収します。 そのため、ある月のお給料で実際に天引きされたのは何月分なのか、ということをしっかり把握して下さい。 また、全額免除になっていたのは「国保(国民健康保険)」ではなくて「国民年金」の保険料でしょう? 国保、と書くとぜんぜん別のものになってしまいますから、くれぐれも注意する必要があると思います。 平成27年9月分まででしたら、同月得喪であっても、当月分は厚生年金保険料が必要です。 ということは、その当月は、国民年金保険料の全額免除の対象でもなくなっています。 その場合には、厚生年金保険に入ることが必須になっているわけですから、当然、還付は受けられません。 逆に、平成27年10月分以降では、同月得喪のときは、当月分は厚生年金保険の対象ではありません。 言い替えると、国民年金に入って、国民年金保険料を納めないといけません。 ということは、ダブって厚生年金保険料が天引きされてしまったのなら、当然、それは還付されます。 ということで、いつの分の同月得喪なのでしょう? もう少しわかりやすく、そのへんをしっかり書いたほうがちゃんとした答えが付くと思います。 平成27年10月分以降の厚生年金保険料は、同月得喪のときは、当月分を徴収しません。 一方、健康保険料・介護保険料については、同月得喪のときでも、当月分を徴収します。 そのため、ある月のお給料で実際に天引きされたのは何月分なのか、ということをしっかり把握して下さい。 また、全額免除になっていたの...

次の