インスタ 動画 足跡。 インスタライブの基礎知識|視聴・配信、足跡は?保存は?まとめて全解説!

インスタグラムのハイライトは足跡がつく?使い方やできない時の対処法も解説!

インスタ 動画 足跡

インスタで足跡が残ってしまう行動• ストーリーの閲覧(24時間以内に投稿されたハイライト含む) インスタグラムのストーリーは、投稿するとフィードのストーリートレイに反映されます。 ストーリーは投稿後24時間が経過すると、自動でストーリートレイから消えてしまい、第三者は閲覧できなくなる仕組みです。 ストーリー投稿主の画面 ただ、気軽なのは投稿する側だけなのかもしれません。 というのも、ストーリー機能には閲覧したユーザーを(投稿主だけが)確認できる機能が実装されているからです。 具体的には、投稿したユーザーはストーリーごとに誰が閲覧したかをリストで確認できます。 各ストーリーを表示すると、左下に目のアイコンと最近閲覧したユーザーが表示されるほか、ストーリーの管理画面で各ストーリーの閲覧ユーザーを一覧できるのです。 なお、閲覧回数や閲覧時刻は表示されません。 appllio. com 消える写真・動画(ダイレクトメッセージ)のスクリーンショット撮影 ダイレクトメッセージで受信した消える写真・動画をスクリーンショット撮影すると、相手側の画面には「スクリーンショット…」などと表示されてしまいます。 また、ダイレクトメッセージに残っている写真や動画を長押しして[詳細]をタップすると、その写真の送信時間と開封時間だけでなく、スクリーンショット撮影時間まで調べることができます。 スクリーンショット撮影された写真の横にフラッシュマークが付くので、このマークからもスクショが撮られた事実は一目瞭然となります。 相手がInstagramを開いていない場合は、OS標準のプッシュ通知によって「(ユーザー名)さんがあなたが送信した写真のスクリーンショットを撮影しました」といった内容が相手に届けられます。 なお、通常の投稿やストーリー投稿ならば、スクリーンショットを撮影しても投稿主にバレることはありません。 投稿へのコメント/いいね これは言うまでもないことかもしれませんが、相手のフィード投稿に付けたコメントやいいねは、相手だけでなく他のユーザーに対しても公開されます。 注意してほしいのは、投稿写真をダブルタップしたときにいいねが付く仕様です。 うっかり写真をダブルタップしてしまうと、相手に写真を見たことが確実に伝わってしまいます。 ライブ動画の視聴 インスタグラムのライブ動画では、動画配信に参加してきたユーザーの名前が画面左下にリアルタイムで表示されます。 そのため、 ライブ動画を配信しているユーザーとすでに視聴中のユーザーは、誰が新しく視聴を開始したのかを把握できる仕組みになっています。 また、画面上部の視聴マーク(目のマーク)をタップすると、リアルタイムの視聴者が一覧で把握できます。 ライブ動画の配信終了後にシェアした画面。 ストーリーと同じように24時間表示される ライブ動画はストーリー上に24時間シェアが可能です。 ライブ動画の配信者は、画面左下の目アイコンから視聴者を確認できます。 インスタで足跡がつかない行動• アカウント(ピープル)の検索 特定のユーザーを検索して相手のプロフィール画面や投稿を閲覧したとしても、検索した事実や閲覧履歴を相手に知られることは原則としてありません。 検索から相手のプロフィールに移動しても、足跡が残ることもありません。 通常の写真・動画投稿の閲覧 通常の写真投稿・動画投稿を閲覧しても、そこに足跡はつきません。 タイムラインに流れている投稿に足跡がつかないのは当然として、個々の投稿のみを表示した場合でも足跡がつくことはありません。 なお、投稿に「いいね」したり、コメントしたりすると、相手に通知されます。 投稿をダブルタップすると「いいね」してしまうので、閲覧したことを知られたくなければ注意してください。 ストーリー・通常投稿のスクリーンショット撮影 通常のフィード投稿やストーリーをスクリーンショット撮影しても、相手に通知がいくことはありません。 ただし、したダイレクトメッセージの消える写真・動画のスクショ撮影は、相手にバレてしまいます。 プロフィールの閲覧 友達のプロフィール画面を閲覧しても、足跡は残りません。 もちろん、プロフィール画面から投稿などをチェックしても、その事実が相手に伝わることはありません。 注意したいのは、プロフィール画面の「ハイライト」でしょう。 このハイライトに追加されたストーリーが24時間以内に投稿されたものならば、閲覧すると足跡が残ってしまいます。 そうはいっても、ハイライトとして表示されるストーリーは、24時間経過したものが多いでしょうから、その場合は閲覧しても足跡が残る心配はありません。 フィード投稿・ストーリーのシェア インスタグラムのフィード投稿をFacebookやFacebook Messenger、Twitterなどに共有したり、投稿のURLをコピーしたりしても、投稿主に通知が飛ぶことはありません。 無論、共有の仕方次第では、共有したという事実が知られてしまう可能性はあります(例:ツイートを相手が見てしまった)。 また、ストーリーをダイレクトメッセージを経由してシェアしても、投稿主への通知はありません。 投稿の右下にあるボタンからおこないます。 相手の投稿を保存しても、その行動を相手が知ることはできません。 投稿の保存は相手に通知されず、ユーザーが保存したコンテンツは他の人に表示されないためです。 また、投稿の画像・動画をダウンロード保存した場合も同様に、その事実が相手に伝わることはありません。 そもそも足跡機能とは本来、国内老舗SNS「mixi」に存在する訪問履歴の確認機能のことを指すのが一般的でした。 そして、いまの30代以上のネットユーザーの多くが初めて触れたソーシャルサービスがmixiであったことから、訪問履歴を確認できる機能のことを「足跡」と呼び習わすようになった経緯があります。 たしかに、誰が自分のコンテンツを閲覧したかを確認できる足跡機能は便利です。 しかし、自分の閲覧状況を友達に把握されることを嫌がるユーザーも多いのが現状。 そのためか、現在では多くのSNSにおいてmixiのような足跡機能は存在しません。 そうなってくると「足跡確認アプリがほしい」と一部のユーザーが考えるのも無理からぬことでしょう。 一方で「足跡確認アプリがあると嫌だ」と感じるユーザーも出てくるわけです。 いずれにせよ、足跡確認アプリの存在が一定数のユーザーの関心事項となってしまうのです。 この点、筆者が調べた限り、 インスタグラム向けの足跡確認アプリは存在しません。 そもそもインスタグラムに本来の意味での足跡機能が存在しない以上、当然でしょう。 これはFacebookやTwitterなどでも同様です。 もし今、この記事を読んでいるあなたが足跡確認アプリを探しているのであれば、そういった願望を抱くこと自体を止めたほうがよいでしょう。 なぜなら、からです。

次の

インスタ 再生回数の表示で自分もカウントされるの?

インスタ 動画 足跡

インスタ「ストーリー」足跡・閲覧履歴とは? インスタのストーリーには、投稿したストーリーを誰が見たのかと言う閲覧履歴、所謂「足跡」機能があります。 インスタのストーリー(普通の投稿)の足跡を確認してみるといつも同じユーザーが表示されているのを見て「どうしてだろう」と疑問に思ったことがあるはずです。 「見た順番ではないの?」「同じ人が見続けているの?」 その疑問を解決していきます! インスタのストーリーの足跡の仕組みや確認方法などについては、上記の記事で詳しく解説していますのでご覧下さい。 インスタのストーリーの足跡表示は「閲覧順」ではない インスタのストーリーの足跡表示は閲覧順ではありません。 2016年まではインスタのストーリーも投稿も「新しく閲覧した人」から上に表示されていたのですが、アップデートによって順番が変わってしまいました。 そのため、すぐにストーリーになんらかの反応を見せてくれたユーザーが未だに足跡の一番上にいるような現象が起きています(後で説明しますがこれは仕様です)。 インスタストーリーの順番は「関心度」が関係している 「インスタのストーリーの足跡はどういう順番なの?」「何でこの人がいつも一番上なの?」という疑問について詳しく解説していきます。 まずストーリーの足跡の順番ですが、前は閲覧した順番で足跡が付いていましたが、 今は自分への関心順で表示されています。 今まで時系列順で表示でしたが表示方法が関心の高い順に変更になりました。 インスタのストーリーの足跡を確認してみると、確かによくあなたとインスタ上で関わってくれる人が上位に表示されていますよね。 たくさん関われば関わるほど関心度が高く、逆にただフォローしているだけの人は関心度が低いことがわかります。 この関心度を数値化して確認することはできないのですが、インスタ内部で数値化されている可能性が高いです。 インスタにおける「関心度」について 「関心って何?」と思われる方も多いと思いますが、 自分に関心を持っているということです。 逆に自分が他人の投稿を見る場合は自分が関心を持っているという投稿が上に表示されます。 他のユーザーがあなたとインスタ内でどのように関わっているかで関心度が変わるのですが、参考となる基準は以下の通りです。 インスタの関心度の基準• インスタストーリーをよく閲覧してくれる• インスタの投稿をよく閲覧してくれる• コメント・DM等でコミュニケーションを取ったことがある• いいねをよくしている• Facebookアカウントとも連携している 例えば、 あなたとインスタ内で仲良しの友達はコメントでのやり取りがあるわけなので、自然と関心度が高いと認識されています。 いいねをしてくれるだけでまだあまり関わったことのないユーザーも、 いいねをしている分関心度は高くなるでしょう。 反対に、あまり関わったことのない人や、あなたからはグイグイ関りに行くけど相手からはそうでもない場合は、関心度はそこまで大きくならず、インスタストーリーの足跡に関しても下のほうに表示されます。 もちろん閲覧した順番も考慮されて表示されていますが、そこまで優先度は高くはありません。 したがって、よく特定の人を見ていたり、投稿されたらすぐストーリーを見ている、いつもいいね!しているなどの関係で足跡の順番が決まっています。 足跡をよく調べてみると、「毎日自分と関わっている人が上位に表示されている」という場合がほとんどではないでしょうか! インスタの「投稿の足跡」に関しても関心度が関係している インスタのストーリーだけでなく 投稿も関心の高い順になっています。 現に9時間前の投稿より11時間前の投稿の方が上に表示されています。 例えを出すなら、よく関わっているAさんの投稿が11時間前、あまり関わっていないBさんの投稿が9時間前だったとしても、Aさんの投稿が優先される場合が多いです。 もちろん投稿時間を無視してる訳ではないですが、投稿時間と関心をどちらも考慮した上での表示となっています。 また、注目すべき関心度の判断基準に関しては、インスタのストーリー足跡と同じです。 あなたがよく関わっているユーザーやいいねをくれるユーザーが上に表示される仕組みになっています。 足跡の順番が大きく変わる場合 足跡の順番が大きく変わる事が稀にあります。 特に、 今まで上位にいた人が、急に順位を下げる事が多いです。 この時、相手は自分に関心が薄くなったのか、もうあまり見てくれていないんじゃないかと懸念する人もいるでしょう。 しかし、 必ずしも興味が薄れたとは言えないので、心配をする必要はありません。 後述しますが、この 足跡の順番について、アルゴリズムは解明されていない為、必ずしも関心度のみで順位付けしているとは限りません。 他にも要因がある可能性もあるので、順番が大きく変わっても、気にしすぎる必要は無いので、ご安心ください。 インスタ公式が「関心度が関係ある」と発表しているわけではない インスタのストーリーの足跡は関心度が関係していると結論づけていましたが、 実は「インスタ公式」はこの足跡の表示に関して特に何も言及していません。 ユーザーの体感で「仲良しの人やよく投稿などに反応をくれる人が表示されている」という結論なので、本当に関心度によるものなのかどうかはインスタしかわかりません。 ただし、ほぼ全てのインスタユーザーがインスタの足跡に仲良しの人が上に表示されているという印象を持っているので、「インスタ内で関わったか関わっていないか」をインスタ側が把握しているのは間違いないでしょう。 そのため、インスタが発表してはいないもののほぼ関心度や仲良し度が関係していると考えて構いません。 アップデートで閲覧順に戻ったこともある インスタは、サイレントで細かいアップデートをしています。 その アップデートによって、知らない間にストーリーの足跡が閲覧順に戻っていたこともあったりします。 上記の通り、足跡順の理由が公表されていないので、「今が何順なのか?」が正確には分からないタイミングもあるので気を付けて下さい。 インスタのストーリーの足跡が、閲覧順に変わっていたことについては、上記の記事で詳しく解説しています。 フォロー外でも足跡はつく インスタのストーリーにつく足跡は、フォロー・フォロワー関係なくつきます。 フォロー外の人が見ていると、 順位は一番下につくことがほとんどですが、何度もストーリーを見続けていると、上位に上がってくることもあります。 鍵付きのアカウントを利用している場合は、フォロー外からストーリーや投稿を見れないので心配いりませんが、フォロー外から誰かストーリーを見ているか気になる方は、足跡を一番下まで確認してみましょう。 新規の場合は閲覧順 自分が新しくアカウントを作成した、新しく絡んでもいないフォロワーが増えたという場合は、 関心度の次に閲覧順となります。 インスタ上で、 自分と全く関りの無い人は全て閲覧順で表示されるようです。 ですので、新規アカウントの場合は全ての足跡が閲覧順、既存アカウントでも、足跡下位の方は閲覧順となっている可能性が高くなります。 足跡の順番を変える・非表示にする方法は無い 今の所、 足跡の順番を変えたり、非表示にしたりする方法は有りません。 ただし、インスタではいいね数を非表示にするなど、ネット上でのいじめやストレスに繋がる機能を無くしていく方向性にあります。 もしかすると、その内に足跡を非表示に出来るようになるかもしれません。 ストーリーのハイライトの足跡は、アップデートによって消える仕様に変わったこともあります。 それについての、詳細は上の記事で詳しく解説しています。 足跡を付けずにストーリーを見る方法は有る 足跡を消したり順番を変えたりする方法は有りませんが、足跡を付けずにストーリーを見る方法は有ります。 足跡だけを見て、「見られてマズい人は来ていない」と油断しないようにして下さい。 ストーリーを足跡を付けずに見る方法は、下記の記事で詳しく解説しています。 特定の人にストーリーを表示させなくする方法 ストーリーの閲覧履歴をタップします。 ストーリーを表示させたくない人の「:」を開きます。 「ストーリーを表示させない」をタップすると、その人にストーリーが表示されなくなります。 あくまでも個人相手の非表示で、全体非表示になる訳ではありません。 編集後記 今回はインスタの「ストーリー」足跡の順番について詳しく解説させていただきました。 インスタのストーリーの足跡は自分に関心のある順番で表示されています。 といっても多少誤差はあるかもしれません。 今流行りの稼げるオススメアプリは何!? 今流行りの稼げる自分に合ったアプリを今の内に見つけておく事をオススメします! 特別枠:「Pococha(ポコチャ)PR」 驚異的なアプリが頭角を表してきました。 それがDeNAが満を持してリリースしたライブ配信アプリ「Pococha」です。 特別に紹介させていただきます。 あのIT業界超大手の「DeNA」が最近出したアプリで、特別編として紹介します! ライブ配信アプリの質は、「ユーザー」以外の良さはほとんどが「画質」「回線」で決まります。 それ以外はそこまで違いがありませんからね。 そんな中、DeNAの「Pococha」は高画質でしかも低遅延。 コメントもすぐ届きます!結構な資本を投下したのではないでしょうか?LIVEアプリの中でも、少しオシャレよりの子が多いイメージです。 まだそんなに有名な配信者も少ないので、今の機会にチャレンジしてみてください! 第1位 ふわっちLIVE ふわっちLIVEのおすすめポイント• 「ランキング機能」が充実しているので競い合いができる!• 「誕生日アイテム」「イベントアイテム」などリスナーが課金したくなるアイテムが満載• まだ発展途上アプリなのでライバーの数が少なく、勝負しやすい• イチナナやPocochaのようにライバーからプレゼントをもらって報酬を受け取るタイプのライブ配信アプリです。 ふわっちLIVEはプレゼントの種類が充実していて、例えば誕生日プレゼントやイベントごとのプレゼントが用意されています。 リスナーからしても特別な雰囲気を感じることができるので、それがそのまま「課金できる要素」になるわけです。 他のライブ配信アプリよりも プレゼントを貰える可能性が高いので、スムーズに稼ぐことができるのではないでしょうか! また、ふわっちLIVEで配信する場合は「ふわっちLIVE視聴用)」「ふわっちLIVE(配信用)」のうち配信用アプリをインストールしてください。 名前は知っているけど、どんなアプリかいまいちわからない、どんな会社が運営しているの?使っても大丈夫なアプリ?など、気になる方が多いのではないでしょうか。 BIGO TECHNOLOGYは短期間で人気を集めるサービスをいくつも制作できる企業であり、中国で最大級のライブストリーミング・ソーシャルメディア「YY」が買収をするほどなので間違いありません。 日本に進出してから日が浅いため、 まだ日本の配信者が少なく、不安に思う方が多いようです。 しかし 逆に配信者と視聴者共に、早めに始めておくのがチャンスとなるライブ配信アプリでもあります。 第3位 ライノミ ライノミは現在飲み屋で働いている方限定で、ライブ配信を行えるアプリ。 アイテムやイベントなどの様々な演出で、疑似的にオンライン飲み会を体験することができます。 配信時間や場所の制限がないので、メイク終わりや待機中、接客中など気軽に配信可能。 勿論、 多くのライブ配信アプリと同様に、視聴者から応援のプレゼントを貰い、一部を報酬として得ることができます。 ライノミの配信で気になったライバーがいれば、お店に遊びに行けるのも特徴です。 初めてのお店に行く前に、働いている人の雰囲気を掴むなんて使い方も出来ます。 配信の申込はLINEで簡単、無料で行えます。 専門担当者が配信のサポートもしてくれます。 現在飲み屋で働いている方限定の配信アプリ• ライバーとして人気が出れば、直接の集客に繋がる• 隙間時間にスマホ1つで配信できる• 視聴者からのプレゼントアイテムの一部が報酬になる• 有名になれる可能性が用意されている• 行きたかった店の雰囲気が分かる• 気に入ったライバーのお店に遊びに行ける 第4位 LIVE812 Live812の大きな特徴は、ライブコマース機能です。 アプリ内で商品を販売できる機能で、販売利益は配信者側に入ってきます。 配信中は勿論、プロフィールページでも販売可能なので、 配信していない間にも利益が発生することもあります。 ライブコマース機能を、特に活用できるのはハンドメイド配信。 「配信で商品を手作りし、実際に販売する」使い方が人気です。 歌配信をして自作CDの販売したり、パフォーマーの方がイベントのチケットを売ったりなど、様々な使い方があります。 勿論他のライブ配信サービスと同じように、視聴中にアイテムを貰って利益を得る事も可能です。 Live812はまだまだ新しいサービスなので埋もれにくく、有名になるチャンスがあります。 ライブコマース機能が特徴的• 配信以外でも稼ぐ手段がある• 新しいサービスなのでチャンスがある• 視聴者側にアイテムを投げやすい雰囲気がある• 希望すれば芸能関係の事務所に所属できる 第5位 tiktok TikTokは完全無料で使うことが出来、使うための面倒な手続きもありません。 動画を見るだけなら登録不要で、フォローなどの機能を使いたい場合もTwitterなどと連携させるだけ。 3タップで完了します。 基本的に15秒程度の動画がアップされており、少し時間が空いた時などに気軽に見ることが出来ます。 アプリを開いて直ぐ動画が再生されますし、視聴を止めたい時もアプリを閉じるだけでOK。 『ダンス』『イラスト』『動物』『食べ物』など、投稿されているジャンルも幅広いです。 視聴時に足跡も残らないので、画面をスワイプするだけで、気になった動画をガンガン見ていくことが出来ます。 また、盛れるフィルターやスタンプ、BGMなどはアプリ内に用意されているので、 動画の投稿も簡単に行うことが出来ます。 TikTokでは『流行している動画を真似して投稿する』という文化があるので、オリジナルの動画を考える必要がなく、投稿のハードルが低いのも特徴です。

次の

【インスタ】この投稿は足跡が残る?残らない?インスタ足跡機能まとめ

インスタ 動画 足跡

インスタ「ストーリー」足跡・閲覧履歴とは? インスタのストーリーには、投稿したストーリーを誰が見たのかと言う閲覧履歴、所謂「足跡」機能があります。 インスタのストーリー(普通の投稿)の足跡を確認してみるといつも同じユーザーが表示されているのを見て「どうしてだろう」と疑問に思ったことがあるはずです。 「見た順番ではないの?」「同じ人が見続けているの?」 その疑問を解決していきます! インスタのストーリーの足跡の仕組みや確認方法などについては、上記の記事で詳しく解説していますのでご覧下さい。 インスタのストーリーの足跡表示は「閲覧順」ではない インスタのストーリーの足跡表示は閲覧順ではありません。 2016年まではインスタのストーリーも投稿も「新しく閲覧した人」から上に表示されていたのですが、アップデートによって順番が変わってしまいました。 そのため、すぐにストーリーになんらかの反応を見せてくれたユーザーが未だに足跡の一番上にいるような現象が起きています(後で説明しますがこれは仕様です)。 インスタストーリーの順番は「関心度」が関係している 「インスタのストーリーの足跡はどういう順番なの?」「何でこの人がいつも一番上なの?」という疑問について詳しく解説していきます。 まずストーリーの足跡の順番ですが、前は閲覧した順番で足跡が付いていましたが、 今は自分への関心順で表示されています。 今まで時系列順で表示でしたが表示方法が関心の高い順に変更になりました。 インスタのストーリーの足跡を確認してみると、確かによくあなたとインスタ上で関わってくれる人が上位に表示されていますよね。 たくさん関われば関わるほど関心度が高く、逆にただフォローしているだけの人は関心度が低いことがわかります。 この関心度を数値化して確認することはできないのですが、インスタ内部で数値化されている可能性が高いです。 インスタにおける「関心度」について 「関心って何?」と思われる方も多いと思いますが、 自分に関心を持っているということです。 逆に自分が他人の投稿を見る場合は自分が関心を持っているという投稿が上に表示されます。 他のユーザーがあなたとインスタ内でどのように関わっているかで関心度が変わるのですが、参考となる基準は以下の通りです。 インスタの関心度の基準• インスタストーリーをよく閲覧してくれる• インスタの投稿をよく閲覧してくれる• コメント・DM等でコミュニケーションを取ったことがある• いいねをよくしている• Facebookアカウントとも連携している 例えば、 あなたとインスタ内で仲良しの友達はコメントでのやり取りがあるわけなので、自然と関心度が高いと認識されています。 いいねをしてくれるだけでまだあまり関わったことのないユーザーも、 いいねをしている分関心度は高くなるでしょう。 反対に、あまり関わったことのない人や、あなたからはグイグイ関りに行くけど相手からはそうでもない場合は、関心度はそこまで大きくならず、インスタストーリーの足跡に関しても下のほうに表示されます。 もちろん閲覧した順番も考慮されて表示されていますが、そこまで優先度は高くはありません。 したがって、よく特定の人を見ていたり、投稿されたらすぐストーリーを見ている、いつもいいね!しているなどの関係で足跡の順番が決まっています。 足跡をよく調べてみると、「毎日自分と関わっている人が上位に表示されている」という場合がほとんどではないでしょうか! インスタの「投稿の足跡」に関しても関心度が関係している インスタのストーリーだけでなく 投稿も関心の高い順になっています。 現に9時間前の投稿より11時間前の投稿の方が上に表示されています。 例えを出すなら、よく関わっているAさんの投稿が11時間前、あまり関わっていないBさんの投稿が9時間前だったとしても、Aさんの投稿が優先される場合が多いです。 もちろん投稿時間を無視してる訳ではないですが、投稿時間と関心をどちらも考慮した上での表示となっています。 また、注目すべき関心度の判断基準に関しては、インスタのストーリー足跡と同じです。 あなたがよく関わっているユーザーやいいねをくれるユーザーが上に表示される仕組みになっています。 足跡の順番が大きく変わる場合 足跡の順番が大きく変わる事が稀にあります。 特に、 今まで上位にいた人が、急に順位を下げる事が多いです。 この時、相手は自分に関心が薄くなったのか、もうあまり見てくれていないんじゃないかと懸念する人もいるでしょう。 しかし、 必ずしも興味が薄れたとは言えないので、心配をする必要はありません。 後述しますが、この 足跡の順番について、アルゴリズムは解明されていない為、必ずしも関心度のみで順位付けしているとは限りません。 他にも要因がある可能性もあるので、順番が大きく変わっても、気にしすぎる必要は無いので、ご安心ください。 インスタ公式が「関心度が関係ある」と発表しているわけではない インスタのストーリーの足跡は関心度が関係していると結論づけていましたが、 実は「インスタ公式」はこの足跡の表示に関して特に何も言及していません。 ユーザーの体感で「仲良しの人やよく投稿などに反応をくれる人が表示されている」という結論なので、本当に関心度によるものなのかどうかはインスタしかわかりません。 ただし、ほぼ全てのインスタユーザーがインスタの足跡に仲良しの人が上に表示されているという印象を持っているので、「インスタ内で関わったか関わっていないか」をインスタ側が把握しているのは間違いないでしょう。 そのため、インスタが発表してはいないもののほぼ関心度や仲良し度が関係していると考えて構いません。 アップデートで閲覧順に戻ったこともある インスタは、サイレントで細かいアップデートをしています。 その アップデートによって、知らない間にストーリーの足跡が閲覧順に戻っていたこともあったりします。 上記の通り、足跡順の理由が公表されていないので、「今が何順なのか?」が正確には分からないタイミングもあるので気を付けて下さい。 インスタのストーリーの足跡が、閲覧順に変わっていたことについては、上記の記事で詳しく解説しています。 フォロー外でも足跡はつく インスタのストーリーにつく足跡は、フォロー・フォロワー関係なくつきます。 フォロー外の人が見ていると、 順位は一番下につくことがほとんどですが、何度もストーリーを見続けていると、上位に上がってくることもあります。 鍵付きのアカウントを利用している場合は、フォロー外からストーリーや投稿を見れないので心配いりませんが、フォロー外から誰かストーリーを見ているか気になる方は、足跡を一番下まで確認してみましょう。 新規の場合は閲覧順 自分が新しくアカウントを作成した、新しく絡んでもいないフォロワーが増えたという場合は、 関心度の次に閲覧順となります。 インスタ上で、 自分と全く関りの無い人は全て閲覧順で表示されるようです。 ですので、新規アカウントの場合は全ての足跡が閲覧順、既存アカウントでも、足跡下位の方は閲覧順となっている可能性が高くなります。 足跡の順番を変える・非表示にする方法は無い 今の所、 足跡の順番を変えたり、非表示にしたりする方法は有りません。 ただし、インスタではいいね数を非表示にするなど、ネット上でのいじめやストレスに繋がる機能を無くしていく方向性にあります。 もしかすると、その内に足跡を非表示に出来るようになるかもしれません。 ストーリーのハイライトの足跡は、アップデートによって消える仕様に変わったこともあります。 それについての、詳細は上の記事で詳しく解説しています。 足跡を付けずにストーリーを見る方法は有る 足跡を消したり順番を変えたりする方法は有りませんが、足跡を付けずにストーリーを見る方法は有ります。 足跡だけを見て、「見られてマズい人は来ていない」と油断しないようにして下さい。 ストーリーを足跡を付けずに見る方法は、下記の記事で詳しく解説しています。 特定の人にストーリーを表示させなくする方法 ストーリーの閲覧履歴をタップします。 ストーリーを表示させたくない人の「:」を開きます。 「ストーリーを表示させない」をタップすると、その人にストーリーが表示されなくなります。 あくまでも個人相手の非表示で、全体非表示になる訳ではありません。 編集後記 今回はインスタの「ストーリー」足跡の順番について詳しく解説させていただきました。 インスタのストーリーの足跡は自分に関心のある順番で表示されています。 といっても多少誤差はあるかもしれません。 今流行りの稼げるオススメアプリは何!? 今流行りの稼げる自分に合ったアプリを今の内に見つけておく事をオススメします! 特別枠:「Pococha(ポコチャ)PR」 驚異的なアプリが頭角を表してきました。 それがDeNAが満を持してリリースしたライブ配信アプリ「Pococha」です。 特別に紹介させていただきます。 あのIT業界超大手の「DeNA」が最近出したアプリで、特別編として紹介します! ライブ配信アプリの質は、「ユーザー」以外の良さはほとんどが「画質」「回線」で決まります。 それ以外はそこまで違いがありませんからね。 そんな中、DeNAの「Pococha」は高画質でしかも低遅延。 コメントもすぐ届きます!結構な資本を投下したのではないでしょうか?LIVEアプリの中でも、少しオシャレよりの子が多いイメージです。 まだそんなに有名な配信者も少ないので、今の機会にチャレンジしてみてください! 第1位 ふわっちLIVE ふわっちLIVEのおすすめポイント• 「ランキング機能」が充実しているので競い合いができる!• 「誕生日アイテム」「イベントアイテム」などリスナーが課金したくなるアイテムが満載• まだ発展途上アプリなのでライバーの数が少なく、勝負しやすい• イチナナやPocochaのようにライバーからプレゼントをもらって報酬を受け取るタイプのライブ配信アプリです。 ふわっちLIVEはプレゼントの種類が充実していて、例えば誕生日プレゼントやイベントごとのプレゼントが用意されています。 リスナーからしても特別な雰囲気を感じることができるので、それがそのまま「課金できる要素」になるわけです。 他のライブ配信アプリよりも プレゼントを貰える可能性が高いので、スムーズに稼ぐことができるのではないでしょうか! また、ふわっちLIVEで配信する場合は「ふわっちLIVE視聴用)」「ふわっちLIVE(配信用)」のうち配信用アプリをインストールしてください。 名前は知っているけど、どんなアプリかいまいちわからない、どんな会社が運営しているの?使っても大丈夫なアプリ?など、気になる方が多いのではないでしょうか。 BIGO TECHNOLOGYは短期間で人気を集めるサービスをいくつも制作できる企業であり、中国で最大級のライブストリーミング・ソーシャルメディア「YY」が買収をするほどなので間違いありません。 日本に進出してから日が浅いため、 まだ日本の配信者が少なく、不安に思う方が多いようです。 しかし 逆に配信者と視聴者共に、早めに始めておくのがチャンスとなるライブ配信アプリでもあります。 第3位 ライノミ ライノミは現在飲み屋で働いている方限定で、ライブ配信を行えるアプリ。 アイテムやイベントなどの様々な演出で、疑似的にオンライン飲み会を体験することができます。 配信時間や場所の制限がないので、メイク終わりや待機中、接客中など気軽に配信可能。 勿論、 多くのライブ配信アプリと同様に、視聴者から応援のプレゼントを貰い、一部を報酬として得ることができます。 ライノミの配信で気になったライバーがいれば、お店に遊びに行けるのも特徴です。 初めてのお店に行く前に、働いている人の雰囲気を掴むなんて使い方も出来ます。 配信の申込はLINEで簡単、無料で行えます。 専門担当者が配信のサポートもしてくれます。 現在飲み屋で働いている方限定の配信アプリ• ライバーとして人気が出れば、直接の集客に繋がる• 隙間時間にスマホ1つで配信できる• 視聴者からのプレゼントアイテムの一部が報酬になる• 有名になれる可能性が用意されている• 行きたかった店の雰囲気が分かる• 気に入ったライバーのお店に遊びに行ける 第4位 LIVE812 Live812の大きな特徴は、ライブコマース機能です。 アプリ内で商品を販売できる機能で、販売利益は配信者側に入ってきます。 配信中は勿論、プロフィールページでも販売可能なので、 配信していない間にも利益が発生することもあります。 ライブコマース機能を、特に活用できるのはハンドメイド配信。 「配信で商品を手作りし、実際に販売する」使い方が人気です。 歌配信をして自作CDの販売したり、パフォーマーの方がイベントのチケットを売ったりなど、様々な使い方があります。 勿論他のライブ配信サービスと同じように、視聴中にアイテムを貰って利益を得る事も可能です。 Live812はまだまだ新しいサービスなので埋もれにくく、有名になるチャンスがあります。 ライブコマース機能が特徴的• 配信以外でも稼ぐ手段がある• 新しいサービスなのでチャンスがある• 視聴者側にアイテムを投げやすい雰囲気がある• 希望すれば芸能関係の事務所に所属できる 第5位 tiktok TikTokは完全無料で使うことが出来、使うための面倒な手続きもありません。 動画を見るだけなら登録不要で、フォローなどの機能を使いたい場合もTwitterなどと連携させるだけ。 3タップで完了します。 基本的に15秒程度の動画がアップされており、少し時間が空いた時などに気軽に見ることが出来ます。 アプリを開いて直ぐ動画が再生されますし、視聴を止めたい時もアプリを閉じるだけでOK。 『ダンス』『イラスト』『動物』『食べ物』など、投稿されているジャンルも幅広いです。 視聴時に足跡も残らないので、画面をスワイプするだけで、気になった動画をガンガン見ていくことが出来ます。 また、盛れるフィルターやスタンプ、BGMなどはアプリ内に用意されているので、 動画の投稿も簡単に行うことが出来ます。 TikTokでは『流行している動画を真似して投稿する』という文化があるので、オリジナルの動画を考える必要がなく、投稿のハードルが低いのも特徴です。

次の