格ゲーマーwiki。 【第12回・プロゲーマー小路KOGの「勝つための『グラブルVS』立ち回り指南】〜初の全国大会「RAGE GBVS 2020 Summer」の見どころ〜

格ゲーマー「そこはキャンセルだ」「でも強の強のキャンセルは…」ワイ初心者「…?」

格ゲーマーwiki

ドラ ブレイブルー初のプロゲーマーにして唯一のBB闘劇三年連続壇上出場者。 闘劇やブルレボ、海外遠征にバングのコスプレで参戦する生粋のエンターテイナー。 後述のようにリアルでの「やらかし」も時折みられるため一部界隈ではいじられキャラと化しているが、 100人越えのぶるれぼ予選に1人で参加(本来は3人チーム)して勝ち進むなどその実力は本物。 立ち回りや反応などの基礎スキルも十分すぎるほどに備えているが、その真価は逆境や大舞台に強い精神力。 その勝負強さは2018年現在も健在で、他にも歴戦の猛者たちが多く参戦したEVOJAPAN2018 BBCF 、EVO2018(BBTAG)においてTOP8に入賞と安定した戦績を残している。 絶望的な状況でも何度試合をひっくり返したかわからない。 見るものを魅了する奇跡の逆転ファイターである。 バング一本で戦い続け、不利な相手だろうがとにかく10先を挑まれたら断らずに挑み続ける姿はまさに漢。 一日に五つも10先をやったり、ブラックアイにて徹夜で12時間以上配信し、50連勝以上の無双を披露した。 プロゲーマーチームブラックアイのメンバーとしてアークゲー初のプロになった。 直後に母親の肝臓移植のドナーになるため長期の入院生活を余儀なくされプロの戦線を離脱。 復帰してから僅か一ヶ月後のEVOで三位になるなど、約半年ゲームを離れていたとは思えない奇跡の復活劇を披露。 ストライダー飛龍のコスプレと共にアメリカをおおいに盛り上げた。 EVO2017ではBBCF稼働初期に最弱とまで言われたバングで再び壇上に上がり伝説となった EVO連続で壇上に立った男はとちぎん選手とドラ選手のたった2人だけである 2018年のEVO直前にブラックアイだけでなくTeam GRAPHTにも所属。 新たなGRAPHTのユニフォームと共にEVOのBBTAG部門で3位に輝いた。 BBTAGにおいては簡略化された操作性に目をつけ、1キャラの練度を高めるよりも相手に合わせてその都度有利キャラを被せていく独自の攻略を行っている。 出場した大会はどれも好成績を残しているが、キャラコロの弊害が出てしまうことが度々有りここぞという場面で勝ちきれないことも。 それでも自身の攻略を信じ、ブレずに突き進んでいる。 強豪同士の10先配信や、オフでプレイヤーを集め総当りで格付けを行う「ドラチャンピオンシップ」を企画するなど画面外の活動も活発。 また自身に害をなすとみなした相手には容赦なく10先をふっかける血の気と熱量も健在。 とあるTAGプレイヤーに「裏でドラバング、処理」などとツイートされた件を1年近く温めた上で、ここぞというタイミングで件のツイートをネタに10先を提案し表舞台へ引きずり出そうとするも、相手側から「自分はキャラ愛が強くて~調整で最強キャラになった今の持ちキャラじゃ勝って当然負けてボロクソ言われるのは目に見えてて~」と言い訳をパナされまくり逃げられるというコントを繰り広げた。 EVOやアークレボワールドツアー本戦において、部屋を開放して海外勢・日本勢を集めて野試合や雑談を出来る場を設けたり、英語での配信や現地での通訳等、BBTAG国際交流において最も貢献した男の一人。 この対戦部屋についてはワールドツアー本戦で不運に見舞われたのために1日入場料を設け、得た金銭を全額寄付するというドラをはじめとしたBBTAG勢によるあったけぇエピソードも生まれた。 2500円事件 「現役豪華有名人プレイヤーの考察やキャラ対等が記載されてるネットページを2500円払えば観覧できるよ」テキスト販売を主催。 考察に関わった人達は値段設定を聞かされてない(2500円払ってまで見る価値はないと発言)。 関わった人達はmixi等で謝罪。 内容はWikiにあるネタ 某掲示板に投下されたコンボばかりで立ち回りぐらいしか役に立つ情報が無い。 後に謝罪し購入者には全て返金。 今ではド〇本人に許可を貰い?立川勢等により2500ダメージのコンボ動画が作られる等笑い話になった。 また、阿修羅のダメージが微増し2500ダメージになったのもどう見てもド〇せいである。 後日談だが、ゴッズガーデンのボタンチェックの際に毎回2500コンボを自ら披露する等し、会場を大いに盛り上げていた。 ライブ配信• NimoTV BBTAG ver 2. 0と共にnimo TVにて配信を開始。 多数のキャラクターを器用に使いこなすので稼働初期のスタートダッシュや環境理解には最も参考になる配信の一つだろう• Twitch twitchdorachannel 海外向け配信で英語と日本語を器用に使い分ける配信を行っている EVOに向けてたくさんの10先配信が行い、しーの、ラスクグランディア、長老、げろしゃぶ、天地、ジュドー、フェンリッチ、DISAなど強豪との激戦を繰り広げた。 13-) 主な戦績 2009年• 闘劇09 BBCT ベスト8(バング) 2010年• 闘劇11 BBCSII ベスト4(バング) 2012年• NorthEast Championships13 BBEX 準優勝(バング、スタイリッシュテイガー)• 公式全国大会 ARC REVOLUTION CUP あーくれぼ BBCP ベスト32(バング)• FRB06 BBCP 優勝 2014年• 第4回大会 BBCP 4位(バング)• アメリカ BBCP 3位(バング)• Northeast Championships 15 アメリカ BBCP 準優勝(バング)• 闘会議杯争奪! 格ゲートーナメント 闘会議2015 BBCP 優勝(バング)• KSB2015 BBCP 5位(バング)• GODSGARDEN 10 BBCPEX 準優勝(バング)• FRB GGxrd 準優勝(チップ)• Northeast Championships 16 NEC 16 アメリカ GGXrd 4位 チップ• Northeast Championships 16 NEC 16 アメリカ BBCPEX 優勝 バング 2016年• FRB SF5 優勝(ダルシム)• EVO2016 BBCPサイドトーナメント4位(バング)• ARC REVOLUTION CUP 2016 in 闘神祭 BBCF ベスト8(バング)• RAGE VOL. 3 Shadowverse best32 2017年• Shadowverse Rise of Bahamut~ファミ通CUP2017 東日本予選45位(8勝3敗)• BBCF東西戦出場 バング)• CEOtaku 2017 アメリカ GGxrdR2 -3on3- 優勝 チップ• CEOtaku 2017 アメリカ GGxrdR2 17位 チップ• ARC SYSTEM WORKS FIGHTING GAME AWARD 2017 オープン予選DAY1 BBCF ベスト4(バング)• ARC SYSTEM WORKS FIGHTING GAME AWARD 2017 オープン予選DAY2 BBCF 優勝(バング) 2018年• ARC SYSTEM WORKS FIGHTING GAME AWARD 2017(ASW-FGA 2017) BBCF 5位(バング)• BBCF 5位(バング)• 13-)• SEA Major 2018(シンガポール) BBCF 準優勝(バング)• 13- 他)• 13- 他) 2019年• Frosty Faustings XI(アメリカ) BBCF 優勝(バング)• Fighters Spirit 2019(韓国) BBCF 7位(バング)• (アメリカ) BBCF 3位(バング)• ARCREVO America 2019(アメリカ) BBCF 9位(バング) 2020年• 大晦日立川5on決勝 AH有り動画• 闘劇'10 オープニングPV• 【タイトーステーション町田店】ぶるれぼ予選決勝トーナメントその1• NECXIII Day 2!! Top 8 GuiltyGear, BlazBlue and Persona 12:00PM EST• NECXIII Day 2!! Top 8 GuiltyGear, BlazBlue and Persona 12:00PM EST• ONLINE GODSGARDEN 3 ひろゆき杯 第1回大会 BLAZBLUE CP 予選A4• FIGHTING GAME AWARD 2017 - Entries' Introduction Blazblue 10先• 【五井チャリ】0213ブレイブルー ドラ VS かきゅん 10先ガチ1• 【五井チャリ】0213ブレイブルー ドラ VS かきゅん 10先ガチ2• 【五井チャリ】0213ブレイブルー ドラ VS かきゅん 10先ガチ3 AH有り動画• BB10本先取ガチ ドラ(バング)対めまい(レイチェル) part1• BB10本先取ガチ ドラ(バング)対めまい(レイチェル) part2• BB10本先取ガチ ドラ(バング)対めまい(レイチェル) part3• BB10本先取ガチ ドラ(バング)対りゅうせい(カルル) part1• BB10本先取ガチ ドラ(バング)対りゅうせい(カルル) part2• BB10本先取ガチ ドラ(バング)対りゅうせい(カルル) part3 AH有り動画 リンク• twitter 関連記事• 闘劇'11予選リポート• GODSGARDEN 5 招待選手決定&ぶるれぼ特別招待枠• ぶるれぼ店舗予選 第4週レポート(その2)タイトーステーション町田店編• 「BLAZBLUE CONTINUUM SHIFT EXTEND」総決算。 続出する名試合に会場が湧いた「GODSGARDEN 7」フォトレポートを掲載• [EVO2014]「ウルIV」初の頂点は誰なのか。 いよいよ最終局面を迎えた「Evolution 2014」最終日まとめ。 「BBCP」「スマブラDX」部門決勝にも期待• [EVO2014]日本に帰り着くまでがEVOなんです。 帰りの飛行機に乗り遅れたので,秘蔵のスナップ写真をまとめてみた• 『ブレイブルー クロノファンタズマ』池袋&町田予選をリポート! 有力チームが続々と予選を通過!!【あーくれぼ2014】• 【EVO Japan 2020】BBTAG 注目選手のご紹介【第1弾公開!】 ARC SYSTEM WORKS OFFICIAL WEB SITE.

次の

プロ格闘ゲーマー

格ゲーマーwiki

ブームの皮切りになった『ストリートファイターII』や『バーチャファイター2』を見ればわかりますが、 あのあたりで出来てきたテクニックというのは、正直、 「あそこでほぼ格闘ゲームは完成してるんじゃないか?」というくらい、とてつもなくたくさんあります。 だから、いまでも対戦をやると恐ろしく高度な駆け引きになります。 ただ、競争はいつか成熟します。 当時は単純にコミュニティが成熟していなかったわけですね。 ネットワークのインフラもなく、各地で小さなコミュニティが競うか、各家庭で遊ばれていたという時代ですから。 テクニックやノウハウの共有も、月刊のゲーム雑誌の数ページをみんなが読んでいるだけという時代ですよ。 じつはとんでもない深みと頂点があって、操作の自由度も難易度も高いゲームだけど、 みんなが低い山のふもとで集まっているうちは全員が楽しいわけです。 ところが、このゲームジャンルの仕組みが、じつはヒマラヤ山脈レベルに高い場所を目指せるもので、 「実際にチョモランマに登頂しちゃう人がコミュニティの成熟とともに現れるとどうなるか」という話です。 もとのゲームに深みと頂点の高さがないと起きない現象ですよね。 だから格ゲーはもともと難しかったんですよ。 じつはそういうゲームだった。 さらに小さな縮図に落とし込んで考えると解るんですが……たとえば5人兄弟がいたとします。 最初は同じスタートラインで格ゲーを始めますが、だんだん腕の差がついてきます。 それでも上には追いつけそうなので、下のみんなは悔しいから懸命にプレイする。 プレイするので盛り上がる。 しかしあるときから三男だけが異様に研究し、寝る間も惜しんでプレイしたとしましょう。 これも最初はその強さにみんな熱狂します。 「すげぇな、お前ほんとに」と。 しかし徐々に、何回やっても三男に敵わなくなっていきます。 すると飽きます。 腹も立つし、ついていけない。 でも長男だけはなんとかその三男を倒そうと頑張り、やがてこのふたりが恐ろしいレベルにマッチアップしていく。 その結果、次の作品が出ても、次男や四男たちはやりませんよね? 長男と三男の恐ろしいレベルの闘いを目の当たりにするしかない。 このとき次の作品とはいえゲーム自体はそんなに変わっていないのに、 見ている兄弟からは「すげぇことをやってる」ようにしか見えないのでやらない。 んー熱帯が同じ実力と戦えるってのも無いかな。 キャラゲーよりの新規タイトルでスタダしないとマジの初心者にはほぼ出会えない。 その点実際は格ゲーなんかより数倍難しいスマブラは新規ちゃんと出会えたり複数人対戦でお茶濁したり出来るからごまかせてるね。 初心者に優しい簡単な格ゲーを開発してこなかった~!って全くプレイしない層が言ってる事あるけど、 実際はコンボやキャンセルはそういう上級者に格下が一矢報いるためのシステムであって、 スト2みたいな中足一つの振り方で絶望的な差が出るゲームのほうが勝てない。 何より最近のアークゲーとかはボタン連打でコンボがつながったり、ワンボタンで必殺技が出る中級くらいまでなら戦えるシステムが搭載されてるけど、プライドだけは一人前な人が多いのかそういうモードは全然触られない。 確かにアケは衰退一直線だけど家庭用はむしろ盛り上がりつつあるのに、それすらも認めない、実際に触らないで衰退衰退叫ばれちゃあどうしようもない感じあるよ。

次の

鳴海 純

格ゲーマーwiki

概要 [編集 ] 「ゲーマー」が「ユーザー」に置き換えられて言われることがある。 リチャード・バートル ()も提唱した。 スタイルの分析 [編集 ] ハードコアゲーマー ハードコアゲーマーはにおいてよく使われる用語で世界との文化圏における違いから扱いが特異的であり、コアゲーマーとヘビーゲーマーを包含している場合が多い。 ハードコアゲーマーはしばしばカジュアルゲーマーの対義語として用いられるものの、コアゲーマー・ヘビーゲーマー・ライトゲーマー・ミドルゲーマーの分析とは大きく異なるので注意。 カジュアルゲーマー 用ゲームや作品に課金する。 カジュアルゲーマーは世界においてよく使われる用語で世界と日本の文化圏における違いから扱いが特異的であり、ライトゲーマーとミドルゲーマーを包含している場合が多い。 カジュアルゲーマーはしばしばハードコアゲーマーの対義語として用いられるものの、コアゲーマー・ヘビーゲーマー・ライトゲーマー・ミドルゲーマーの分析とは大きく異なるので注意。 コアゲーマー 関心を持つゲーマー。 閉鎖的な程度に付き合う。 一人当たりの消費数値は大きいものの、多数派ではなく少数派による偏った消費がゲーム業界全体に悪影響を与えた場合がある。 特定のゲームに詳しく、ゲームの様々な関連情報に興味を示す。 はしばしばコアゲーマーについて発言している。 知情意ではなく合理主義的な価値観や自我を重視する傾向がある。 ヘビーゲーマー 熱心なゲーマー。 時間や費用を投入する程度に付き合う。 高得点を得たり、あるいは対戦格闘ゲームで相互に腕を試し合ったりしており、のように四六時中没頭する。 に近い。 知情意における意を重視する傾向がある。 ライトゲーマー 触れるゲーマー。 娯楽として付き合う。 広告のイメージや雑誌掲載記事のゲーム画像などに興味を持って購入する。 やを買った新規のゲーマー層を指す場合が多々ある。 知情意における知を重視する傾向がある。 ミドルゲーマー 中間のゲーマー。 趣味として付き合う。 ゲームは好きである。 知情意における情を重視する傾向がある。 ジャンルの分析 [編集 ] RPゲーマー・アクションゲーマー・パズルゲーマー・音ゲーマー・格ゲーマー・ギャルゲーマー・エロゲーマー・シューティングゲーマー(シューター) 各ジャンルを遊ぶゲーマー。 アーケードゲーマー を遊ぶゲーマー。 コンソールゲーマー を遊ぶゲーマー。 パソコンゲーマー を遊ぶゲーマー。 ネットワークゲーマー を遊ぶゲーマー。 ストーリー重視派 ストーリーが確立すると遊ぶゲーマー。 システム重視派 システムが確立すると遊ぶゲーマー。 自由主義派 自由に進行すると遊ぶゲーマー。 ヌルゲーマー 難易度の低い(言い替えれば温い)ゲームを買うゲーマー。 積みゲーマー ゲームソフトは買うものの、積み上げてしまうゲーマー。 バカゲーマー・クソゲーマー(クソゲーハンター) ・を遊ぶゲーマー。 収集家・コレクター によりゲームを買うゲーマー。 の基板コレクター、のレアものコレクターなどがある。 チーター を使用するゲーマー。 プレイヤーキラー などでを攻撃するゲーマー。 タダゲーマー・フリーゲーマー などでを遊ぶゲーマー。 RMTer などでにより金銭を得るゲーマー。 ホワイトゲーマー ライトゲーマーよりも遊ぶ動機がないゲーマー。 ニュービー は世界においてよく使われる用語でホワイトゲーマーよりも遊ぶ動機がないゲーマー。 ゲイマー ゲイマー ()は世界においてよく使われる用語でのゲーマー。 アマチュアゲーマー アマチュアゲーマーは世界においてよく使われる用語でのゲーマー。 プロフェッショナルゲーマー(プロゲーマー) は世界においてよく使われる用語でのゲーマー。 張り付き型ゲーマー コアゲーマーと扱われるものの、年間数本程度しかゲームソフトを買わないゲーマーも含まれ、この系統ではライトゲーマーに近くなる。 やり込み型ゲーマー ヘビーゲーマーと扱われるものの、高難易度に耐えられるゲーマーも含まれ、この系統ではコアゲーマーに近くなる。 雑食型ゲーマー 手を広げるゲーマー。 (書籍は買うものの、積み上げてしまう読者)ないし積みゲーマー(ゲームソフトは買うものの、積み上げてしまうゲーマー)になり易い。 バートルの分析 [編集 ] アチーバー 個人で遊ぶゲーマー。 エクスプローラー 登場人物と関わり合うゲーマー。 ソーシャライザー 協力し合うゲーマー。 キラー 闘争に挑むゲーマー。 歴史 [編集 ] 1970年代 『』により『』がゲーマーを題材にした漫画とアニメでヒットした。 この頃はコンピュータゲームを含むコンピュータの仕組みはを除いて一般的に理解されておらず、この漫画ではそれを逆手に取った荒唐無稽な技で読者を楽しませたものの、早くも「風営法」や「ゲームセンターで遊ぶマナー」に言及していた。 ではゲームセンターのビデオゲームに熱中する大人も出たほか、にアタリVCS()が発売され、大流行した。 1980年代 アメリカではにが発生したものの、日本ではにが発売された。 メーカーの社員、出版社が発行するなどのゲームライター、が好きな、青少年の自称ゲーマーなどが見られた。 やと呼ばれるが登場した。 1990年代 の全盛期に、格闘ゲームばかり遊ぶゲーマーが出現した。 格闘ゲームはキャラクター性において突出しており、やのようなと融合した。 2000年代 のような「プレイ時間や地道な作業の蓄積がゲームの中で大きな価値を生む」という性格のが出ており、ゲーム内のアイテムが現金で販売された。 これで収入を得ている者も存在した。 2010年代 やが登場した。 役割 [編集 ] とはハードコアゲーマー向けが中心であり、安定しているのに対し、はカジュアルゲーマー向けゲームソフトが中心であり、 極端に売れるか売れないかの様相を呈している。 におけるハードコアゲーマー向けゲームソフトは目立つものの、これらとゲーマー活動で「少数派の熟練者が市場の主流と誤認されることにより消費者と開発者の双方が役割を掴み損ねる」ことが少なくない。 市場が衰退してしまった顕著な例としては、市場の花形だったなどがある。 この熟練者と中級者以下の温度差によりハードコアゲーマー重視の市場における形成とを招いた。 これらは把握し難く、経営上重要となる開発者はできるだけ正確なデータを用いている。 などである。 『』においてもゲーマーが分化しており、一部のゲームソフトでは顕著になっている。 例として『』はコアゲーマー向け、『』はヘビーゲーマー向け、『』はライトゲーマー向け、『』はミドルゲーマー向けなどが挙げられる。 ゲームで遊んだ経験を持つアメリカ人は49%であり、アメリカ人の10人に1人が自称ゲーマーである。 年齢層と比率 [編集 ] の日本におけるゲーマー活動は変遷しており、男性は15〜19歳が最も多く、全体の7. 女性は3〜9歳が最も多く、全体の6. 女性 年齢層 男性 女性 年齢層 男性 6. シューターは『』の中でよく用いられた。 出典 [編集 ] []• 、38頁。 、59頁。 、77-78頁。 、35頁。 、743頁。 、92頁。 参考文献 [編集 ]• 石島照代『ゲーム業界の歩き方』、2009年11月。 4-4780-0720-9。 深田浩嗣『ソーシャルゲームはなぜハマるのか ゲーミフィケーションが変える顧客満足』、2011年9月。 4-7973-6623-0。 『勝ち続ける意志力』、2012年4月。 4-0982-5132-9。 スタジオベントスタッフ『ライトニング リターンズ ファイナルファンタジーXIII アルティマニア』、2013年12月。 4-7575-2958-9。 『CESAゲーム白書〈2014〉』コンピュータエンターテインメント協会、2014年7月。 4-9023-4630-3。 徳岡正肇『ゲームの今 ゲーム業界を見通す18のキーワード』SBクリエイティブ、2015年2月。 4-7973-8005-5。 関連項目 [編集 ]•

次の