とうもろこし 冷凍 保存。 【とうもろこしは冷凍保存OK!】上手な冷凍保存テクをマスターしよう

とうもろこし保存法|冷凍庫や冷蔵庫、常温などの保存方法や保存期間をご紹介します!

とうもろこし 冷凍 保存

生のとうもろこしの保存方法 生のとうもろこしは、皮付きのまま保存します。 さらにポリ袋か冷凍用保存袋に入れて冷凍庫で保存します。 調理する際は、ラップに包んだまま電子レンジで加熱するか、ラップをはずして茹でます。 また煮たり、焼いたりする場合は、凍ったまま調理できます。 ・保存目安:約2カ月 茹でたとうもろこしの保存方法 新鮮なうちに茹でましょう。 冷凍する場合は、一手間を加えてから保存します。 それを保存容器や冷凍用保存袋に入れて冷凍庫で保存します。 実だけの場合は、下の写真のようにペットボトルに入れても便利です。 調理する際は、凍ったまま調理できます。 ・保存目安:約1カ月 最後に 旬のとうもろこしを、上手に保存して、料理に生かしてください。

次の

とうもろこしの保存方法まとめ《冷蔵・常温・冷凍》長持ちする保存方法は?

とうもろこし 冷凍 保存

冷凍とうもろこし解凍方法 冷凍した時のフリーザーバッグからとうもろこしを出し、ラップの状態にして レンジで加熱します。 加熱してから冷凍したものは、トースターで軽く焼いて食べてもよいです。 実をほぐして冷凍したものは凍ったままでもお料理に使うことができます。 冷凍とうもろこし保存期間 冷凍したとうもろこしの保存期間は、目安として 1か月間です。 冷凍の仕方によっても変わってきますが、生のまま冷凍したものは、レンジで冷凍したものや火を使って冷凍したものと比べると、加熱処理していない分、劣化が速いです。 また、1か月以上になると、乾燥したり栄養分が損なわれたりするので、目安期間内に食べきるようにしましょう。 材料(2人分) ・冷凍とうもろこし(実をほぐして冷凍したもの) 40g ・牛乳 400cc ・生クリーム 50ml ・コンソメ 2個 ・塩 少々 ・こしょう 少々 1)冷凍とうもろこしをレンジで加熱して解凍します。 2)少量のとうもろこしを残して、ミキサーに入れ、牛乳も加えてミキシングします。 3)これを鍋に入れて、生クリームとコンソメを加えて火にかけます。 4)最後に残しておいたとうもろこしを加えます。 塩とこしょうで味を整えて、出来上がりです。 上手に作るコツは、全部のとうもろこしをミキシングするのでなく、飾り用に少量を残しておくことです。 最後に乗せると、見栄えもよく、触感もよくなります。

次の

とうもろこしの冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介

とうもろこし 冷凍 保存

冷凍とうもろこし解凍方法 冷凍した時のフリーザーバッグからとうもろこしを出し、ラップの状態にして レンジで加熱します。 加熱してから冷凍したものは、トースターで軽く焼いて食べてもよいです。 実をほぐして冷凍したものは凍ったままでもお料理に使うことができます。 冷凍とうもろこし保存期間 冷凍したとうもろこしの保存期間は、目安として 1か月間です。 冷凍の仕方によっても変わってきますが、生のまま冷凍したものは、レンジで冷凍したものや火を使って冷凍したものと比べると、加熱処理していない分、劣化が速いです。 また、1か月以上になると、乾燥したり栄養分が損なわれたりするので、目安期間内に食べきるようにしましょう。 材料(2人分) ・冷凍とうもろこし(実をほぐして冷凍したもの) 40g ・牛乳 400cc ・生クリーム 50ml ・コンソメ 2個 ・塩 少々 ・こしょう 少々 1)冷凍とうもろこしをレンジで加熱して解凍します。 2)少量のとうもろこしを残して、ミキサーに入れ、牛乳も加えてミキシングします。 3)これを鍋に入れて、生クリームとコンソメを加えて火にかけます。 4)最後に残しておいたとうもろこしを加えます。 塩とこしょうで味を整えて、出来上がりです。 上手に作るコツは、全部のとうもろこしをミキシングするのでなく、飾り用に少量を残しておくことです。 最後に乗せると、見栄えもよく、触感もよくなります。

次の