ワイ モバイル 60 歳。 ワイモバイルのかんたんスマホを解説!2020年6月に半額に値下げ!月額料金や使用者の口コミも【705KC】

シニア向けにぴったりのスマホを簡単比較

ワイ モバイル 60 歳

・指定機種の購入または持ち込みを伴い、ご契約 ・利用者が60歳以上であること これだけの条件となっています。 特定の機種というのは、 かんたんスマホという機種になるんだけど、初めてスマホを持つ人ならこのスマホでも十分なのかなと思います。 スマホとして一通りのことはできますので、難しい操作は一切ありません。 そのためかんたんスマホというネーミングとなっているのです。 初めてスマホを持つならこれでも十分なのかもしれません。 期間 2018年8月9日〜終了期間はホームページにて告知します。 今のところ終了期間は明記されていませんが、突然終了する可能性もあるため、注意が必要となります。 ただし60歳以上の方が一度そのプランになれてしまうと、次回の機種変更もかなり先になり、キャリアとしては非常に有利な契約となります。 そのため終了期間はないといっても過言ではないかと思います。 それこそ数年先に通話に対するもっといい施策などが出てきた時に、見直される可能性はあるかと思いますが、終了がないということは、確実に当分続くものと思われます。 こちらのキャンペーンで新しくスマホを購入したお年寄りというのは、同じプランを継続して使い続けたくなりますからね。 そういう意味でもこのプランというのは、非常にメリットがあるかと思います。 スーパーだれとでも定額の月額が無料 この施策というのは、「スーパーだれとでも定額」の月額1000円が無料となるキャンペーンとなります。 ただしスーパーだれとでも定額への申込みは別途必要となるため、注意が必要となります。 それではスーパー誰とでも定額というのは、どのような契約になるのでしょうか。 スーパー誰とでも定額の概要 通話時間と回数が無制限で国内通話がかけ放題となるサービスとなっています。 ただし有料になる通話もありますので注意が必要となります。 よくあるのが、ナビダイヤルなどへの通話が有料になるということを知らない人が結構多いです。 ナビダイヤルというのは、様々なサービスで利用される問い合わせの電話番号となっているケースが多く、通話料の負担はお客様負担になる電話番号となります。 03や06始まりのいわゆる普通の電話番号にかけた場合に無料でつながると思っておいたほうがいいと思います。 ナビダイヤルの0570などで始まる番号は有料になりますので、注意が必要です。 このナビダイヤルですが、これも無料になると思っている人がかなり多いわけです。 最近はこのナビダイヤルというのは、問い合わせによく利用される電話番号となっています。 問い合わせに使われる電話番号ということですが、ナビダイヤルと通常の電話番号が併記されていることが非常に多くあります。 その場合は通常の電話番号のほうに電話をすることで通話を無料にすることができます。 ナビダイヤルと通常の電話番号が併記されている場合は、通常の電話番号のほうに電話をすることをオススメします。 他にも有料になる電話番号もありますので、有料になることを防ぎたい場合は事前に確認しておくほうがいいですね。 ただし普通の06や03などは全く問題ありません。 回数無制限で電話を掛けることができるというところがこのサービスの素晴らしいところです。 通話料金無料を1000円で行うことができます。 適用条件 ・個人のお客様であること ・のシステムに登録された使用者の年齢が指定機種購入時点で60歳以上であること。 ・指定機種の購入または、持ち込みを伴い、対象料金プラン、対象申し込み種別で契約すること。 これらが適用条件となります。 適用条件というのは、単純に先程掲載した通りとなりますので、あまり問題もないかと思います。 指定機種 かんたんスマホ 対象料金プラン スマホプラン、スマホベーシックプラン 対象申し込み種別 新規契約(MNP含む)、番号移行、契約変更、機種変更 申し込む種別というのは、どのような形態で申し込んだかということになりますが、普通に機種を購入すると覚えておけばいいかと思います。 通常機種変更などを伴う場合というのは、かんたんスマホ以外でこのプランに加入できないので注意が必要となります。 それこそiPhoneなどの購入を行った場合は、こちらが適用されませんので、注意が必要となります。 注意事項 以下のいずれかに該当した場合、該当する事実が確認された月の利用分までの特典適用となります。 その際、スーパーだれとでも定額の解除のお手続きをしない場合、特典適用が終了となった翌月利用分から月額料が発生いたします。 ・対象料金プラン以外に変更の申し出をした場合 ・指定機種以外にバリュースタイル加入で機種変更した場合 ・当社システムに登録された使用者を60歳未満の方へ変更した場合 ・法人へ契約を譲渡、承継した場合 ・解約した場合 このキャンペーン自体は予告なく終了することもありますので、その場合は残念ながら通話料の発生の可能性があります。 当然ですが、現時点ではまだ終了の予告はありませんので、当分安心して利用することができるかと思います。 恐らく予告なく終了する場合でも事前の案内はあるかと思います。 事前案内中に契約をどうするか考えれば問題ありません。 このプランはお得なのか 実はこのプランというのは、非常にメリットのある施策となっています。 一番美味しいのは持ち込み新規契約が可能ということになります。 持ち込み機種ということで、SIMフリーの機種を使って契約することができるのです。 2019年10月から毎月の本体代金の割引を通信費から値引きするというような施策がなくなりました。 そのためSIMフリーのスマホを購入し持ち込み新規契約を行うことも可能となったわけです。 持ち込み機種というのは特に縛りがありません。 SIMフリー機種ならiPhoneなどでも可能となり、それこそ使える機種の幅が非常に増えるのです。 から発売されている以外のスマホでも対応が可能となります。 最近はSIMフリースマホがかなり安価に販売しているため、にこだわることがなければ、以外の機種を選択することも可能となります。 基本的に他社含めて持ち込み契約を推奨しているキャリアというのは、多くありません。 そういう観点からするとでは持ち込み契約を推奨しているとも取れる施策となっています。 実際にこの持ち込みなどという言葉に関しては、60歳以上の人なら「???」だと思いますので、このあたりは息子さんなどに一度聞いてみるか、契約などをよく知る友人などに確認してみるといいかと思います。 毎月1000円の契約が今のところ終了期間未定ですが、ずっと無料となるのです。 年間12,000円です。 当然ですが通話をかなりする人にとってはさらにお得な契約となっているのです。 長話をする人にとってもかなりこれはお得な契約となっており、非常にメリットがある契約かと思います。 通常契約でも10分間の無料通話が付いておりますが、それでは足りないと思う人にとっては相当お得な施策だと思います。 60歳以上の人をワイモバイルにいかに呼び込めるかが鍵 この契約というのは、にとってはいかに60歳以上の人を取り込むことができるかというところが鍵となります。 60歳以上といっても実際には他社で契約している人が大半です。 それこそドコモ、au、ソフトバンクと契約している人が非常に多いと思います。 ソフトバンクならまだ案内できる可能性も高いわけですが、ドコモ、auに関しては案内することはほぼ困難です。 そのためネットなどの記事などを中心に目に止まってほしいと思うことは、側ならわかるかと思います。 さらにその中で通話を中心に行う人にとってはこの契約というのは、かなりメリットのある契約となるわけです。 いかに60歳以上かつ電話を頻繁にかける人に対してこのPRができるかが、としても鍵となるでしょう。 またのブランディングに関してもかなり必要となります。 60歳以上の人はを知らないケースもあるのです。 CMなどで聞いたことはあるとは思いますが、CMの印象が強いと学生が持つキャリアだという印象も強いかと思います。 しかしながらそのようなことはありません。 というのは若い人からお年寄りまでお得な施策が色々あるわけです。 しかしながらすべての人に対してCMをしていたら広告料だけですごいことになるわけです。 そのためCMというのはある程度ピンポイントに行っています。 そのためどうしても60歳以上の人からすると学生の持つキャリアというイメージが強いわけです。 そしてというのはどんな会社かもわからないという人も多いでしょう。 というのはソフトバンクグループです。 というとそれなりに納得いただけますかね?基本的にソフトバンク回線を利用しているため、ソフトバンクと通信品質や通話品質は変わりません。 ソフトバンクも昔はつながらないと言われておりましたが、それも昔の話です。 都市部に関しては、ドコモ、auよりも通信速度が早く、つながるエリアも他社と比較してもそれほど変わりません。 それくらい今と昔ではイメージも実態も異なるのです。 あまりにも田舎の山道ならドコモ、auがつながるがはつながらないという事象も発生するかもしれませんが、そこまで田舎に行く機会が何度ありますか?ということです。 年間1回か2回しかないかと思います。 逆にいえばそのような場所で通話やメールを長時間に渡りしたいと思いますか? それも本当に山道だけなので、いわゆる観光地と呼ばれる場所に関しては、あまり気にする必要はありません。 観光地であれば、たいていの場所は繋がります。 昔と違いは繋がりキャリアとなっているため、安心して持つことができるのです。 現在60歳なら人生100年時代と考えると残り40年 現在60歳の人なら100年時代ということを考えると残り40年です。 先程年間12,000円お得にといいましたが、40年なら480,000円お得になるわけです。 それだけの金額が無料となり、その間継続して通話料が無料となるのです。 相当メリットがあるかと思います。 実際には40年も経過すれば、通話方式などもかなり進化していると思いますので、実際には通話という概念がなくなるのかもしれませんが、このままこのプランが継続するとなると相当お得に契約することが可能となります。 またに関しては、毎月の料金に関しても他社と比較してもそれほど高くはありません。 むしろ安価です。 またサービスに関しても、 ソフトバンクグループということもあり、店舗もソフトバンクの店舗がいわゆる駆け込み寺となるわけです。 ソフトバンクの店舗が駆け込み寺となるのであれば、相当な店舗数があるかと思います。 昔は専用店舗がありましたが、今はソフトバンクと共有の店舗となっており、スタッフはソフトバンクとの2つの端末知識や料金プランを知っています。 そのため本当に困った場合はソフトバンクショップに行くことで回避できることが多いのです。 また今後持ち込み契約をしたくなくなった場合は、ソフトバンクの機種へ安価な価格でMNPいわゆる番号そのままでお乗り換えを行うことも可能となっています。 それこそソフトバンクとを交互に使うということをしている人もいるそうです。 実はそれって結構お得な利用方法かもしれません。 このように長く利用する上で重要なことは、継続して安く利用できるということです。 継続して通話含めて長く利用できるということは非常にいいことです。 友人と会話することで、ストレス発散になることもあるでしょう。 そういう意味では60歳以上もずっと国内通話が無料になるということは、かなりのメリットではないかと思います。 通話無料というだけで、やはり人間電話をかけたくなるものです。 特に60歳以上の人はラインなどでの通話よりも電話番号主体の通話のほうが多い傾向にあるかと思います。 電話番号主体の通話が無料になるということは、本当にそれだけでメリットがでますからね。 ワイモバイルの毎月の維持費は? こちらが毎月の維持費となります。 一番安価なSを選択したとしても最大で2680円しかかかりません。 元々国内無料通話10分以内というものがついていますが、10分を超えても無料になるのは、60歳以上と指定機種という組み合わせだけです。 それがこの価格で維持することができるのです。 それだけでもかなりのメリットになるかと思いますので、ぜひこれは検討してもらいたいですね。 元々他社と比較しても通話料金や通信費が安価なです。 できることなら、へ乗り換えの検討をしてみることをオススメしたいものですね。 維持費は非常に安価な価格設定となっていますので、毎月の維持費も通常のキャリアモデルよりも下げることは可能かと思います。 毎月の基本料金だけでも一番下のSと呼ばれる料金体系なら1480円〜維持が可能となります。 結果的にこの1480円というのは、初めの価格となりますので、2680円が通常価格となります。 それでも十分安価な維持することができますからね。 それと先程も記載している通り、60歳以上なら通話が無料です。 通常の人なら10分の縛りがあるわけですが、60歳以上の人なら通話料がずっと無料となるのです。 1時間話しても無料となり、昔では考えられない料金プランとなっているのです。 このように非常に安価に維持することができるという意味ではかなりオススメできるかと思います。 指定機種のかんたんスマホ こちらがかんたんスマホです。 から発売されている60歳以上なら無料通話ができる指定機種というのは、こちらのスマートフォンとなります。 このかんたんスマホというのは、LINEもはじめからインストールされており、かなり便利な機種となっています。 初めてスマートフォンを利用するという人にとってもこの機種ならオススメできます。 やはり 初めてスマートフォンを持つならこのようならくらくスマートフォンならいいと思います。 指定機種がらくらくスマートフォンになっているということは、年配の方々にこちらのサービスを利用してもらいたいということです。 年配の方々がこのサービスを利用するのであれば、かなりメリットがあると思います。 ならではのサービスとなっていますので、かんたんスマホを購入してぜひ無料通話を楽しんでもらいたいと思います。 このらくらくスマートフォンというのは、普通に利用する上でもかなりメリットのある機種かと思います。 とにかくワンタッチダイヤルなど使い勝手がいい機能というものがついているのです。 お年寄りに限らずこの機種は普通の人でも全く問題ない機種となっていますので、特に気にすることはないかと思います。 最近ガラケーを持つ人もかなり少なくなってきましたが、ガラケーと比較すると画面サイズも大きくなっているので、見やすいかと思います。 また初めてタッチパネルを利用する人にとっても、この機種なら問題なくタッチパネルを利用することが可能となります。 ワイモバイルは他社より価格設定が安い ワイモバイルは他社よりもそもそもの価格設定が安価なことを知っていますか? 今回のプランというのは スーパーだれとでも定額と呼ばれるプランが無料になるというキャンペーンですが、 このスーパーだれとでも定額と呼ばれるプランの標準価格は1000円です。 もともとの価格も1000円となっており、非常に安価なのです。 それなら他社はどうなのでしょうか? 携帯会社 通話無料オプション ドコモ 1,700円 au 1,700円 ソフトバンク 1,500円 通話が無制限になる各社の比較ですが、 ドコモとauに関しては1,700円もかかるわけです。 ソフトバンクで1,500円です。 ワイモバイルの価格がいかに安価であるのかということがわかるかと思います。 そもそもの価格がドコモ、auとなら700円も違うわけです。 もともとの価格差がかなりあるため、ワイモバイルではもともとの価格も非常に安価であるということがわかるかと思います。 もしドコモとauでこの通話無料のオプションをつけている人がいるのであれば、ワイモバイルにするだけでも1000円となり、毎月700円が浮いてくる計算となります。 それだけでもメリットはかなりあるかと思います。 ワイモバイルの関連会社であるソフトバンクは1500円となっており、ドコモとauと比較するとまだ良心的な価格設定となっていますが、ワイモバイルとソフトバンク回線は同じ回線を利用しているということを考えるとそれだけでも500円高いことがわかります。 500円違うということは、年間で6000円の支払いが変わってくるのです。 今回は60歳以上がこの1000円無料ということになりますので、ドコモとauなら1年間契約し続けるのであれば、20,400円もの価格差が出てくる計算となります。 そこまでの価格差があるなら、ワイモバイルがいかに安価に維持することができるのかということがわかるでしょう。 もともとの料金メニューの価格が安価であるということが、ワイモバイルのメリットだと思います。 ここまでの価格差があって、ドコモ、auと契約しているメリットは非常に少ないと思います。 ただしそれも通話をする人限定の話です。 通話をめったにしないという人は、別にそこまで気にすることはないかもしれませんね。 それでも最近はこのように非常に安価なプランであるということは、認知されているため、ワイモバイルへMNPをする人が非常に増えています。 毎月の維持費に関しては、誰もが抑えたいところでしょう。 通話オプションだけ見ても、ドコモ、auと比較してそこまで違うのであれば、それこそドコモ、auと契約しているメリットはそこまでないのではないかと思っています。 通話をたくさんする人もワイモバイルのほうがメリットがかなりありますよね。 ・他社の無料通話オプションは高額 ・他社で契約している人なら検討の余地あり 他社の無料通話プランを利用している人は乗り換えの検討もありか 他社の無料通話定額プランを利用している人なら間違いなく乗り換えの検討もありかと思います。 それは60歳以上でなかったとしても該当するかと思います。 元々10分の無料通話がついているのです。 10分以内の通話がほとんどならすぐにでも乗り換えるべきでしょう。 10分を超える通話をメインに考えている人でも60歳以上でなければ、1000円のオプション料金を払えば、無料通話が付いてきます。 それはそれだけでもメリットではないかと思います。 60歳以上といえば、上記でも記載している通りまだまだ現役です。 そのため通話をすることも多いのではないかと思います。 通話をする人にとっては、この料金プランは確実に魅力的に映るはずだと思います。 一度自分が契約している会社の料金プランなどを調べてみて、通話をそれなりにしている人ならに乗り換えるだけで、間違いなくオススメできるかと思いますので、一度を検討してみてはどうでしょうか。 60歳以上の人なら機種が限定されますが、60歳以上の人でも持ち込みの機種なら特にどの機種でも問題ないのです。 それこそ今利用しているキャリアの機種をそのまま利用することも可能となっています。 それならかなり安く利用することもできますからね。 最新機種は60歳以上の無料通話対象外機種という残念さ 最新機種も販売されておりますが、最新機種は残念ながら60歳以上の方への通話無料サービスというのはできません。 ただしが提供している標準の料金プランは適用されるため、10分の無料通話はついています。 10分の無料通話で OKという人ならとりあえず最新モデルでもいいかと思います。 無料通話が10分以上なくてもいいという人なら最新機種の購入でも問題ないと思います。 やはり最新機種というのは、それなりの機能も入っているので、利用したいと思う人も多いと思います。 それは60歳以上の人であったとしても変わりません。 60歳の人でも最新機種を利用したいと思う人は多いはずです。 当然ながらワイモバイルからはiPhoneも出ているため、iPhoneを使ってみたいと思う人も多いでしょう。 そういう人なら10分以内なら無料通話ができたら十分という人ならそちらの選択肢でもいいと思います。 特に10分以上話すからあえて、らくらくスマホでなくてもいいのではないかと思っています。 そのあたりは自分の欲しい機種を購入するほうが結果的によかったと思えるはずです。 最新の機種では永年無料通話が続きませんが、通常のプランで十分という人なら最新モデルの選択肢もありかと思いますね。 60歳以上の方も変化に強くなってきている 以前は60歳以上の方はそこまで変化を好む人は多くはありませんでした。 ただし最近の60歳の方というのは、変化にも強くなってきた方が多いのではないかと思っています。 その理由というのは、基本的には60歳を超えると定年を迎え、隠居生活に入られる方も結構多いということです。 最近は65歳まで再雇用と行う会社も多いので、実際のところは65歳くらいまでは大丈夫なのかもしれませんが、それでも60歳を超えると通常今までもらっていた給与が減ることは間違いありません。 給与が減るということは、毎月の固定費を下げる必要があるのです。 毎月の固定費を下げるということなら、今までのドコモ、au、ソフトバンクなどを所持している人ならそれらの固定費を下げるということを考える人も多いということです。 毎月の固定費を下げるということなら、ワイモバイルへMNPを行うという選択肢もありなのではないかと思います。 60歳以上になると収入アップを目指すことが難しいと思いますので、やはり固定費を下げるという努力をする必要があります。 固定費が下がることで、他に使えるお金が少しでも増えるのです。 他に使えるお金が増える手助けをすることが、このスマホ代削減でもあるわけです。 スマホ代削減というのは、とりあえずドコモ、au、ソフトバンクなどのキャリアからワイモバイルへ乗り換えるということも非常に重要なことかと思います。 60歳を超えるとウェブなどでもこのようなことができないという人もいるかも知れませんが、近くには得意な人もいるはずです。 近くの人に聞きながらでもウェブから購入することをおすすめしたいですね。

次の

ワイモバイル60歳以上国内通話無料の「かんたんスマホSIM」が他の機種で使えるか

ワイ モバイル 60 歳

2020年7月1日より スマホベーシックプランMは• 月間データ容量: 13GB• 別途、契約事務手数料およびユニバーサルサービス料が発生します。 ご契約月は当キャンペーンの割引対象外です。 シェアプラン(子回線)は親回線のプランにかかわらず、高速データ通信容量超過後の通信速度は128kbpsとなります。 JAPAN IDと、ご契約いただいたワイモバイル回線を連携する「Y! mobileサービスの初期登録」が必要です。 SoftBank 光と指定オプションへのご契約もしくはSoftBank Airへのご契約が必要となります(有料)。 「おうち割 光セット(A)」はワイモバイルショップもしくはMy Y! mobileからお申し込みください。 文字の大きさ• 大 「60歳以上 通話ずーっと無料キャンペーン」とは何ですか? 「スーパーだれとでも定額」の月額料1,000円が無料になる特典です。 お申し込み方法はをご確認ください。 「スーパーだれとでも定額」とは、どんなオプションサービスですか? 通話時間・回数ともに無制限、国内通話がかけ放題の通話定額サービスです。 詳しくはをご確認ください。 「60歳以上 通話ずーっと無料キャンペーン」の申し込み方法を教えてください。 「かんたんスマホ」お申し込みフォームの「ご利用者年齢確認」で「60歳以上」を選択してください。 詳しくはをご確認ください。 「60歳以上 通話ずーっと無料キャンペーン」に期限はありますか? 期限は未定です。 キャンペーン終了が決まった場合、時期はホームページなどでお知らせします。 「HUAWEI P20 lite」を申し込もうと思っているのですが、「60歳以上 通話ずーっと無料キャンペーン」は適用になりますか? 申し訳ございません。 「60歳以上 通話ずーっと無料キャンペーン」の指定機種は「かんたんスマホ」です。 「HUAWEI P20 lite」などその他の機種は対象外です。 詳しい「60歳以上 通話ずーっと無料キャンペーン」の適用条件はをご確認ください。 「かんたんスマホ」は、60歳未満でも申し込めますか? はい、60歳未満の方でも「かんたんスマホ」をお申し込みいただけます。 ただし「60歳以上 通話ずーっと無料キャンペーン」の適用は ご利用者年齢が指定機種購入時点で60歳以上であることが条件です。 詳しい「60歳以上 通話ずーっと無料キャンペーン」の適用条件はをご確認ください。 スマホが初めてで使い方がわかるか不安です。 「かんたんスマホ」は初心者でも操作しやすいですか? はい、「かんたんスマホ」は「押すだけサポート」機能を搭載しています。 スマホ操作で困った時は、該当の症状のボタンを押すと自動診断で対処方法を確認することができます。 それでも解決しない場合は、専用コールセンターで丁寧にご案内します。 (通話無料) 「かんたんスマホ」は安心してお使いいただけます。 「かんたんスマホ」にワンセグはありますか? はい、ワンセグを搭載しています。 外出先でも、地上デジタルテレビ放送が楽しめます。 スマホを落としてしまわないか心配です。 「かんたんスマホ」は衝撃に強いですか? はい、「かんたんスマホ」はポケットやバッグなどからうっかり落としても壊れにくい、耐衝撃性能です。 今使っているケータイから電話帳や写真を移したいのですが、簡単にできますか? はい、「かんたんスマホ」には赤外線機能が搭載しているため、電話帳や写真など、ケータイから簡単にデータ移行ができます。 子どもや孫とLINEを使いたいのですが、「かんたんスマホ」でLINEを利用することはできますか? はい、「かんたんスマホ」にはLINEをあらかじめインストールしているため、最初から使えます。 LINEを使って写真やメッセージを簡単にやりとりすることができます。 キャリアメールは使えますか? はい、使えます。 ワイモバイルなら、キャリアメールとして ymobile. jpが使えるため、相手が従来型の携帯電話でパソコンからのメールをブロックしている人にも届きます。 適用条件(60歳以上 通話ずーっと無料キャンペーン) 文字の大きさ• 以下のいずれかに該当した場合、該当する事実が確認された月の利用分までの特典適用となります。 その際、スーパーだれとでも定額の解除のお手続きをしない場合、特典適用が終了となった翌月利用分から月額料が発生いたします。 対象料金プラン以外に変更の申し出をした場合• 持ち込み機種に機種変更した場合 (当社システムに登録された契約中機種情報を変更登録した場合。 なお、その変更登録する機種が指定機種であっても解除対象になります。 USIMカードを変更した場合(故障・紛失により同種類のUSIMカードに交換した場合を除く)• 当社システムに登録されたご利用者を60歳未満の方へ変更した場合• 法人へ契約を譲渡、承継した場合• 本キャンペーンの内容および期間は、予告なく変更する場合があります。 本キャンペーンについての詳細は提供条件書よりご確認ください。

次の

Yahoo!モバイル

ワイ モバイル 60 歳

当サイトではおすすめのシニア向けスマホを比較・ランキングして紹介しています。 「孫とLINEしたいからスマホに替えたい!しかしスマホの選び方は全く分からない・・・」 「いい加減ガラケーからスマホに替えようと思うけど、どんなスマホを選べばいいのか?」 「両親・祖父母にスマホを持たせたいけど、どう選べばいいのか分からない」 そんな悩み、お持ちじゃありませんか? ここではそんな方に向け、シニア向けスマホの選び方や現在おすすめの機種をまとめました。 大手キャリアのシニア向けスマホだけでなく、人気の格安スマホも併せて比較してますので以下のような方は参考にしてください。 初めてスマホを使おうと考えている60代以上の方• ガラケーからスマホへ乗り換えを検討しているシニア層の方• 両親・祖父母にスマホをプレゼントしようと考えている方• 料金プランが安い・使いやすいスマホを探している方 高齢者向けのスマホを選ぶ際のポイント まずは選び方のポイントについて。 これからシニア向けのスマホを契約する方は以下の点を踏まえて選ぶことをおすすめします。 使いやすい端末であること まず、シニア向けスマホは高機能・高性能な端末である必要はありません。 必要な機能を備え、使いやすい端末であることがシニア向けスマホには求められます。 また、画面も小さいものより大きめのものがおすすめ。 4インチ~5インチ未満の端末だと画面も意外と小さいので、できれば5インチ以上のディスプレイサイズがあるスマホの方が使いやすい(見やすい)でしょう。 老眼かも?という方ほどこの点は意識した方が良いです。 サポートがしっかりしていること シニア向けスマホ選びで非常に重要なのがサポート面ですね。 電話サポートのみだと問題が解決できない場合もありますので、店舗でのサポートがあることが絶対条件。 最近は格安スマホが人気ですが、サポート面で少し不安があるので注意が必要です。 格安スマホを選ぶ場合はサポートがしっかりしているかどうかをチェックしましょう。 やはり安さは重要 シニア層のスマホ使用頻度は決して高くありません。 ほとんどの場合、通話もインターネットもそれほど利用頻度は高くないでしょう。 そう考えると出来るだけ毎月の月額料金も抑えたいですよね。 この点も踏まえて考えることをおすすめします。 シニア向けスマホは「使いやすさ」「サポート」「安さ」の3点をバランスよく満たした機種・会社を選ぶのがコツなんじゃ。 高性能で恐ろしく高額なスマホや、サポートがしっかりしてても月額料金が高すぎるサービス・業者では話にならん。 逆に安くてもサポートがダメダメだと後で困るぞい! というわけで。 以上の点を踏まえたおすすめのシニア向けスマホを以下にランキングしました! これからシニア向けスマホを契約しようとしてる方はここから選べば間違いなしです。 シニア向けスマホおすすめ機種ランキング【2020年4月版】 現在のランキングは2020年1月時点で最もおすすめのシニア向けスマホを掲載しています。 ランキングは随時更新。 使いやすさ・サポート・安さをバランスよく満たしているスマホほど上位に掲載されています。 1位:TONE e19(トーンモバイル) TONE e19はトーンモバイルの人気機種。 画面も5. 93インチとなかなか大きくて電池持ちも良く、トーンモバイルの特徴とも言えるシニア・子供向けに必要な機能(フィルタリング・居場所確認・アプリの制限など)を数多く搭載しているのが最大の特徴。 見た目も最近の人気機種に似せているのでいかにもシニア向け・・・という感じが無いのも魅力ですね。 価格も大手キャリアのシニア向けスマホと比較すると安価で、はじめて使うスマホとしても最適です。 シンプルで見やすく、よく使う機能が分かりやすく配置されているので初めてスマホを使う方にもおすすめの端末です。 端末側面のボタンを押して音声検索も出来ますし、最初からLINEがインストールされているのもポイント。 通話・メール・LINE・検索といったシニア層がよく使う機能がしっかり用意されています。 また、国産スマホなので防塵・防水・ワンセグ対応。 スペック的に見てもシニア向けスマホとしては十分な性能で、防水・防塵、ワンセグ対応しているのが特徴。 ディスプレイも5. 5インチと比較的大きいという点もポイントです。 大手キャリアの中で選ぶのであれば安く使えるシニア向けスマホです。 4位:シンプルスマホ4 ソフトバンク シンプルスマホ4はソフトバンクが提供するシニア向けスマホ。 こちらも防水・防塵、ワンセグ対応。 端末としてのスペックは画面サイズを除けばAQUOS sense2 かんたんとほぼ同じ。 ただ、端末自体の料金はこちらの方が高目。 しかしソフトバンクも割引を適用すればかなり月額料金を安価に抑えることが出来ます。 5位:らくらくスマートフォン4(docomo) らくらくスマートフォンmeはドコモが提供するシニア向けスマホ。 防水・防塵、ワンセグ対応な上におサイフケータイにも対応しているのが特徴。 おサイフケータイが使いたいなら魅力的です。 しかし、画面サイズが4. 7インチと割と小さめでバッテリー容量も他社のシニア向けスマホと比較すると小さく、電池持ちがイマイチ。 月額料金も割高です。 5%がスマホを利用しているという結果が報告されています。 この結果は2015年の調査と比べると10%ほども増加しているとのことで、近年シニア層でもスマホの普及率が急速に増加していることが分かります。 ちなみにフィーチャーフォン(ガラケー)の所有率は55. スマホよりも多いですね。 しかし、このうち20. 5%はスマホへの乗り換えを検討しているというデータも同時に報告されました。 つまり、今後もシニア層のスマホユーザーは増加していくと考えて間違いないでしょう。 しかし、いざスマホへの乗り換えを検討する際、最近は選択肢が増えました。 以前からシニア向けスマホを提供しているドコモ・au・ソフトバンクに加え、格安スマホが登場した事でどちらを選ぶ方が良いのか?迷っている方もいるはず。 そこでここでは大手キャリア・格安スマホそれぞれの特徴を解説し、比較してみました。 大手キャリアのシニア向けスマホは無難だけど割高 大手キャリアのシニア向けスマホに言えることは、サポートはしっかりしてるが基本的に割高という事。 どのキャリアを契約する場合でも4,000~5,000円くらいの月額料金になるので、ガラケーを使ってきた方にとってはかなり割高感があると言えるでしょう。 ちなみにこの4,000~5,000円という目安も色々な割引がちゃんと適用されれば・・・という前提付き。 割引が適用されなければ更に割高になる可能性もあるので注意が必要です。 それぞれのキャリアのシニア向けスマホの特徴と料金を以下にまとめてみました。 ドコモのシニア向けスマホ:らくらくスマートフォンme(F-01L) 画面サイズ 4. 7インチ OS Android8. 出来るだけ安く使うという前提で料金を計算すると以下のようになります(ドコモユーザーがガラケーから初めてスマホに乗り換える場合)。 5分通話無料オプション 770円 ギガライト 3,278円 端末代金分割(36回) 1,144円 月額料金(36ヶ月目まで) 5,192円 「ギガライト」は使用するデータ通信量によって料金が変動する料金プラン。 1GBまでなら2,980円(税込み3,278円)で利用が可能で、その後は3GB、5GB、7GBと段階的に料金が変動します。 これに5分間通話無料オプションと端末の分割代金を合わせた金額は5,000円を超えるので、やはりちょっと割高な印象を受けますね。 ただ、ドコモの場合は家族もドコモユーザーの場合にギガライトの月額料金の割引が受けられます(本人含め3回線以上あれば1,000割引)。 なので家族3人以上がドコモユーザーなら4,000円ほどで利用出来る計算になりますね。 ソフトバンクのシニア向けスマホ:シンプルスマホ4 画面サイズ 5. 0インチ OS Android8. 出来るだけ安く使うという前提で料金を計算すると以下のようになります(ソフトバンクユーザーがガラケーから初めてスマホに乗り換える場合)。 ソフトバンクはスマホデビュープランを利用するとかなり月額料金を抑えて契約することが可能です。 スマホデビュープランはデータ通信容量が1GBに限定されていますが、それほどインターネットを利用しない方なら十分な容量です。 使ってもLINEやメール、ちょっとした検索程度という方ならまず困らないでしょう。 ただ、端末の分割が48回払いなので支払期間が長いこと、1年おトク割が1年で切れるので2年目以降月額料金が高くなる点に注意です。 auのシニア向けスマホ:AQUOS sense2 かんたん 画面サイズ 5. 出来るだけ安く使うという前提で料金を計算すると以下のようになります(auユーザーがガラケーから初めてスマホに乗り換え、スマホはじめる割を適用した場合)。 新カケホ割は60歳以上の方が「AQUOS sense2 かんたん」「BASIO 3」「LG it」のいずれかの機種を契約し、「auピタットプランN(カケホ/s)」に加入した場合に適用される割引で、月額1,000円の割引が適用されます。 なので60歳以上の方でガラケーから始めてスマホに乗り換える・・・という場合なら適当できる形ですね。 AQUOS sense2 かんたんも機種代金が安いので、機種代金を合わせても月額の料金は2,000程度に抑えられます。 ただ、2年目以降は1,000円ほど料金が上がる点に注意ですね。 ちなみに上記の試算には入っていませんが、自宅のネット回線もauを利用していればauスマートバリューが併せて利用でき、更に500円の割引が可能です。 なので自宅のネット回線が「auひかり」という方であればかなり低価格でスマホを使えることになりますね。 大手キャリアのシニア向けスマホは割引が適用されないといずれもかなり割高じゃ。 じゃから割引がしっかり利用できる場合に限り、おすすめと言えるかもしれん。 サポートがしっかりしとるのは間違いないので無難な選択じゃが、最良の選択とは言えん気がするのぅ・・・ シニア向けスマホに格安スマホ(SIMフリー端末)はおすすめか? 最近何かと話題の格安スマホ。 とにかく料金が安い!というのが魅力なので気になっている方もいるでしょう。 では、シニア向けスマホとしても格安スマホはおすすめなのか?というと・・・ ハッキリ言って、基本的におすすめしません。 料金プランも大手キャリア以上に複雑ですし、何より実店舗を持っている業者(MVNO)が少なく、いざという時のサポートに不安があるためです。 そのため大半の格安スマホはシニア向けスマホとしてはおすすめできません。 いろんなサイトでシニア向けにも格安スマホはおすすめ!と無責任に紹介してる場合が多いですが、ハッキリ言ってそんなことはありません。 ただ安くなるから・・・という理由だけで適当に選んでしまえば「思ったのと違った!」なんてことになりかねないので注意が必要です。 ただし、ごく一部のMVNOは料金プランも分かりやすく実店舗でのサポートも行っており、そんなMVNOに関して言えばシニアにもおすすめ。 それが当サイトでものランキングでも上位に掲載してるTSUTAYAのスマホTONEと、ワイモバイルです。 TONEモバイルは子供・シニア向けに適したスマホを提供 画面サイズ 5. 93インチ OS Android 8. 9mm TONE e19は低価格ながら充分なスペックを持ったスマホ。 ディスプレイも5. 93インチと十分な大きさで端末自体も軽いのが特徴。 バッテリーも十分な容量があるので電池持ちも悪くありません。 見た目のデザインもちょっとiPhoneを意識したようなデザインになっており、いかにも子供・シニア向け!という感じがしないのも魅力ですね。 また、e19は子供・シニア向けスマホに最適な機能が豊富なのも特徴です。 専用アプリのTONEファミリーを使えば居場所の確認やインストールできるアプリの制限、Webフィルタリングの設定が簡単に行えるほか、家族間で端末を遠隔操作できる家族サポート機能など、他の端末では見られない機能が盛り沢山。 さらに特殊詐欺対策機能の「あんしん電話」やカメラで撮影するだけで初期設定ができる「らくらく初期設定」など、シニア層がスマホを使う上でまさしく「かゆいところに手が届く」とサービスも付属しています。 また、設定を弄ったら以前のように使えなくなってしまった・・・といったありがちなトラブルも「置くだけサポート」機能で解決できるようになっています。 こうした機能が備わっているのでシニア向けのスマホとしても最適と言えるでしょう。 また、TONEモバイルはオプションを使わなければ月額1,000円(税込1,080円)での利用も可能。 これは1年目限定といった制限ではなく、2年目以降も料金は変わりません。 基本料金の中にはIP電話基本料金・データ通信無制限(5~600Mbps)、各種サポート(電話サポート・店頭サポート)が付属します。 なので例えば通話はLINEの無料通話ですべてカバー、ネットは大して使わないという場合、SMSオプションの100円を含めて月額1,210円で使えます。 大手キャリアと比較するとかなり低価格でスマホを利用でき、またシニア層にも適した機能をしっかり用意しているのでおすすめです。 TONEモバイルは全国の「TSUTAYA」「カメラのキタムラ」に窓口が存在し、サポートを受けることができるんじゃ。 近所のTSUTAYAやカメラのキタムラにトーンモバイルの窓口があればいつでもサポートが受けられる。 ここが他の格安スマホと違って安心できる点じゃな。 (ただ、窓口が無い店舗や定休日がある場合もあるのでその点は注意) TONEモバイルのサービスについては以下のページに詳細をまとめています。 併せてご覧ください。 ワイモバイルは分かり易い料金プランとしっかりしたサポートが特徴 画面サイズ 5. 0インチ OS Android8. 通話やメール、LINEや検索といったよく使う機能も使いやすく、何か操作で困ったときも「押すだけサポート」機能があるのでワンクリックでサポートに繋がるのも嬉しいところ。 はじめてスマホを使うという方にも安心しておすすめできる端末と言って良いでしょう。 ワイモバイルは購入できる端末の種類が多いですし、シニア向けスマホじゃちょっと物足りない・・・という方は別のスマホを購入するのも一つの手段。 例えばiPhone6sやiPhone7も4~5万円ほどの価格で購入できるので意外とお得。 せっかくならiPhoneを使ってみたい!という方もいるでしょうし、選択肢として検討してみても良いでしょう。 サポート面を考えてもワイモバイルは実店舗が多いのが魅力じゃな。 店舗数はTONEモバイルよりも多い。 何かあれば店舗に足を運んで直接サポートが受けられるので安心感があるのう。 また、ワイモバイルの料金プランはCMでおなじみのワンキュッパ(1,980円)。 10分間までは何度でもかけ放題&データ通信容量3GBがこの金額で使えるので、月々の負担は少なめに済ますことができます。 ワイモバイルの料金プラン(スマホプラン)は以下の通り。 プラン内容 月額料金 スマホプランS 10分かけ放題 +3GB(4GB) 1,980円 (7ヶ月目以降2,680円) スマホプランM 10分かけ放題 +9GB(12GB) 2,980円 (7ヶ月目以降3,680円) スマホプランL 10分かけ放題 +14GB(17GB) 3,980円 (7ヶ月目以降4,680円) おそらくシニア層の方であればスマホプランSで十分納まるはずなので、比較的安く毎月の料金を抑えられるはずです。 ワイモバイルの詳細については以下のページでまとめていますので参考にどうぞ。 2年間に支払う料金合計で大手キャリアと格安スマホを比較してみた さて、大手キャリアと格安スマホ、それぞれのシニア向けスマホを見てきたわけですが、ここでは実際どの程度の料金がかかるのか?比較してみましょう。 それぞれのシニア向けスマホを最低限の料金プランで2年間利用した場合、合計の出費がいくらになるかを以下に一覧でまとめてみました。 端末代金 月額料金 2年間で支払う総額 ドコモ 5,192円 124,608円 ソフトバンク 2,088円 (2年目3,088円) 62,112円 au 2,091円 (2年目3,091円) 62,184円 TONEモバイル 19,800円 1,210円 48,840円 ワイモバイル 3,078円 (7ヶ月目以降:3,848円) 87,732円 こうして比較してみると、やはり大手キャリアのシニア向けスマホはトータルの出費が高いのが目につきます。 端末代金が分割になっているのでまとまった出費はありませんが、月額料金が割高でどうしても割高になってしまいます。 それに対し、やはり安いのは格安スマホ。 特にTONEモバイルの安さが光りますね。 TONEモバイルは月額料金を大きく抑えることが可能なので、トータルで見た時の出費は大手キャリアよりはるかに安く済みます。 意外と割高になってしまうのはワイモバイル。 これは7ヶ月目以降の月額料金が上がってしまうためで、トータルで見ると大手キャリアとあまり変わりません(ただし、家族割りを提要出来れば1万円以上総額を下げられます)。 こうして比較してみると、やはりTONEモバイルはお得感があります。 まとめ というわけで大手キャリアと格安スマホのシニア向けスマホ比較してきました。 無難に選ぶなら大手キャリアももちろん悪くありませんが、シニア層向けの機能や料金的な面も考えるとやはりTONEモバイルがおすすめです。 これからスマホを利用しようと考えている方は是非参考にしてください。

次の