仕事 ミス 行き たく ない。 仕事でミスをしないために必要な3つの方法を考えてみた

仕事に行きたくない。

仕事 ミス 行き たく ない

こんにちは。 転職を7回以上繰り返し、キャリアアップして成り上がってきた転職上級者です。 今回は、 仕事でミスを連発する原因と対策について解説していきますね。 仕事でミスばかり続くと精神的にも辛いし、会社に行きたくなくなりますよね。 仕事でミスをしたいと思う人はいないはずです。 でも、注意していてもミスはしてしまうものです。 なぜ、仕事でありえないミスやケアレスミスが連発してしまうのでしょうか。 この記事では、仕事でミスを連発する原因と対策について解説しています。 どうにも改善できなくて、人間関係まで悪くなってしまったときは職場を変えることでリセットできますよ。 辞めたいなら、転職成功者の多くが活用している、自己分析として あなたの強みや弱み、 人間関係の相性、 仕事の適性がわかる「 」を使ってみてくださいね。 「」 で 無料の市場価値診断(約3分)、適正チェック(約10分)をしてみましょう! 詳しい診断結果はこちらの記事に画像付きで紹介しています。 実は、もう一つおすすめの 無料転職アプリがあります。 「」 をインストールするだけで DODAやリクナビなどに掲載されている求人(8万件以上)をまとめて確認することができるので、個別に登録する手間が省けますよ。 転職は考えているけど、 「いきなり転職エージェントは利用したくない」、「まずはどのような求人があるのか知りたい」という人に特におすすめです。 まずは、 で自己分析をする。 次に、 で適性のある仕事を探してみる。 この流れを作ると最短で転職の準備が整いますよ。 仕事でありえないミスばかりする原因とは? 先輩の教え方が雑過ぎる 仕事でミスをする原因はあなたではないかもしれません。 あなたが新卒や中途の新人の場合、仕事を教えてくれる先輩によって仕事の理解度に差が出てしまいます。 丁寧に仕組みやルールから教えてくれる先輩もいれば、説明が短く抽象的で主観を混ぜて教えてくれる先輩もいます。 特に、何か失敗したときにだけ都度教えてくれるような場合は、確実にミスをすることになります。 ミスをしたとき、本人にミスした自覚がないことが多いです。 「え?このやり方ってダメだったの?きいてないよ」と思うことが多いはずです。 こちらが聞かなくてもミスをしやすい点についてしっかりと教えてくれる先輩じゃないとミスは防げません。 マニュアルなどがなく教わったことを復習する資料がない 先輩から仕事の説明を受けても全てを一度にメモすることはできませんよね。 そのようなときに仕事のマニュアル資料があれば、先輩から聞き逃したことやメモしたけど理解が薄い部分の復習をすることができます。 しかし、 業務マニュアルがないために人によってやり方が微妙に異なってしまっているので、質問相手によっては回答が違ってきてしまいます。 そうなると、いざ本番で仕事をするときに誰の言葉を信じていいのかわからなくなってしまい、迷いが不安を生み出し、自信を持てなくしてしまいます。 そのため、仕事を覚えきるまではミスが続く状況になりやすいです。 マニュアルがあれば、自信をもってマニュアル通りに仕事をしているという自覚があるので、ミスなく自信をもって取り組むことができるはずです。 一緒のチームメンバーができる人ばかり 所属してるチームの先輩や同期、後輩が仕事のできるメンバーばかりで滅多にミスをしないような場合は、強烈なプレッシャーになるはずです。 このチームの中で仕事ができないのは自分だと思ってしまうこと、ミスをするとチームメンバーの冷たい視線が怖いと感じてしまいます。 プレッシャーから緊張してしまい、いつもなら失敗しないようなケアレスミスをしてしまうことにつながります。 そして、失敗したことにより不安やプレッシャーがさらに高まり仕事でミスが続きやすい状況を招いてしまいます。 仕事のミスが続き落ち込んだ精神状態で注意散漫する 仕事のミスが続くと誰でも落ち込みますよね。 落ち込んでいる状態では新しい仕事も集中できないため頭に入ってこないし、今まで覚えたはずの仕事もうっかりミスをしてしまいます。 落ち込んだ精神状態では、仕事に限らず物を落としたり頼まれごとを忘れたりなど生活面でも影響が出てきます。 精神的に弱い人は、落ち込んだりプレッシャーを感じることで本来の自分の能力を発揮できなくなってしまうためミスを連発しやすくなってしまいます。 仕事でミスを防ぐには精神状態をいかに保つかが重要です。 仕事内容に興味が持てないからどこか他人事 今働いている会社に 入社した動機によっても仕事に影響ができます。 ただ何となく世間で有名だった会社だから入社したとか、給料が高めだから入社したという場合は、仕事に対して熱意が低く、取り組む姿勢がどこか他人事になってしまう場合があります。 そもそも仕事内容に興味が持てないのであれば、自分から学ぼうとする積極的な行動も少ないし、頭が仕事を覚えようという状態になりません。 結果的には、仕事を覚えなかったり理解不足によってミスを連発することになります。 仕事に興味がない人よりも興味を持って働いている人の方がミスなく成果を出せていると思いませんか。 単純にその仕事に向いていないから頭に入ってこない たとえ好きな仕事で興味があるからといって、あなたがその仕事に向いているとは限りません。 仕事の向き不向きの判断の仕方の一つに、努力しないでも頭に入ってきて理解もできるか、相当な努力をしてもなかなか理解できないし覚えられないのかというのがあります。 もし、 あなたが他人よりも相当努力をして仕事を覚えようとしていても覚えられず仕事でミスが続くようなら、単純にその仕事が向いていないだけかもしれません。 自分に合った仕事をすることでミスが連発する回数が格段に減るかもしれません。 仕事でありえないミスをしない対策方法とは? 失敗して落ち込むときの対処方法 仕事で失敗したら落ち込むのは当たり前のことです。 ただし、落ち込み続けていても仕事のミスは減りません。 ミスしてしまったことは仕方がないので、なぜミスをしたのかを振り返りましょう。 そしてミスをした原因を突き止めることで、「次は同じようなミスをしないはずだ」と少し前向きに考えることができます。 原因を特定してミスをしない対策を練らなければ、また同じミスをしてしまうかもしれないという不安にもつながり、またミスをした場合は落ち込むことになります。 落ち込んだ精神状態だと、「なんでこんな単純なミスするの?!」というような小さいミスから「この大きなプロジェクトに限ってやらかしたか!」というようにありえないミスをしてしまうことにつながります。 大事なのは、原因を特定して改善を試みることです。 仕事でミスした次の日からどのように過ごすかが大事 仕事でミスをしてしまうと数日間、もしくはずっと引きずってしまうこともあると思います。 あなたがどんなに落ち込んでミスを悔やんでいても、周りの同僚には理解してもらえません。 あなただけがミスして怒られているわけではありません。 先輩社員も過去に必ず仕事でミスはしています。 落ち込むだけ無駄なのです。 失敗した次の日から気持ちをリセットするためにも開き直ることが必要です。 まずは仕事でミスをしたら素直に「謝ること」が大事です。 謝ったうえで、「わからないことはわからないと正直に認めて教えてもらう姿勢」をとりましょう。 ミスをしないように自分なりに工夫をしていけば、そのうちミスは減っていきます。 仕事の進め方を見直す 今の仕事の進め方がいまいち理解できないと思うことがあれば、自分のやりやすい進め方にならないか考えてみましょう。 同僚にとってはやりやすい仕事の進め方でも、あなたにとっては進めずらいやり方になっている場合もあります。 特にミスが起こりやすい部分に関しては、一緒に仕事をする人との連携が上手くいっていない可能性もあります。 また、 仕事をいくつか掛け持ちしている場合は掛け持ちしている仕事の相性が悪いということも考えられます。 たとえばのイメージですが、営業の仕事とプログラマの仕事の両方をやっていたら、同時には対応できませんよね? 無理に同時にやろうとすれば、どちらかの仕事の質が下がったりミスをしやすい状況を招くことになります。 今の仕事の進め方や担当する仕事の組み合わせなどを一度見直してみましょう。 仕事の手順は暗記ではなく理解するようにする 仕事の手順は暗記に頼るのはやめましょう。 いつもと少しでも違うことが起きるとどうしていいのかわからなくなります。 たとえ上司に判断をしてもらっても、このようなことが起こる度にきくことになってしまいます。 ミスはなくても何度もきいてしまうことでミスしているのと同じような仕事ができない人の印象を与えてしまいます。 そうならないためにも、 仕事をしっかり理解して多少いつもと違うことが起きても、どのように対処すればよいかを自分なりに整理しておきましょう。 「なぜ」そのような行動をとる必要があるのかが頭で理解できるようになります。 ミスをしてもリカバリーすることもできます。 仕事に関わる人の役割や利害を理解する 仕事でミスをすることが多い人は、人から言われたことを頭を使わずに機械的にやっていることが多いです。 自分の仕事だけを見ていると周りが見えていないために、誰かに指示されるまで行動することや判断することができません。 自分の仕事に関わる人達がどのような仕事をしているのか役割を理解すること、相手にとってどのようなことが起きると損害が出るのかを理解しておきましょう。 仕事で自分で判断しなければいけないときの判断基準になるため決断することができます。 素早く判断できれば防げるミスもあるはずです。 もし判断できなければ、場合によってはありえない大きなミスをただ黙って見ているだけになってしまうこともあります。 仕事でミスばかり続いて辞めたいと思うタイミングはいつ? 社会人一年目は何やっても仕事ができないから辛い 社会人一年目の新卒は、どの仕事をやっても覚えていく段階にあります。 そのため、一年間は特に仕事で失敗をすることになります。 人によっては何ヶ月間も連続でミスを繰り返し続けてしまい、落ち込みから立ち直れない人もいるかもしれません。 辞めたいと思うタイミングとしては、 入社後のゴールデンウィークが終わったあたりです。 4月は何もかもが新しくて怒られることも多く、会社に馴染めなければゴールデンウィーク明けに辞めてしまう人もいます。 次に 試用期間が終わって、部署に正式に配属配属されたタイミングです。 やりたい仕事をやらせてもらえるかどうかは別として、配属されてからが本格的な仕事となるため、今まで以上に先輩方の指導が厳しくなり成果も求められるためです。 2年目は仕事の遅さや成長してない場合は焦りになる 2年目になると新卒扱いはされません。 1年目に教わったことは理解していないといけないし、場合によっては新卒の教育係になることもあります。 しかし、仕事を進めるスピードがいつまで経っても改善されなくて遅いままだったり、同期よりも仕事ができない場合は「いつまで経っても成長していない人」という判断がされてしまうので、とても焦ります。 周りから仕事ができない人という目で見られ始めるので、精神的に辛くなります。 状況を覆せなくなり、自信を無くしてしまったタイミングで会社を辞める人が出てきます。 3年目は仕事でミスをすると出世の道が閉ざされる 3年目になると若手であっても成果を出している人は役職に就く機会(出世)が増えていきます。 3年目は、若手に教育できるのは当たり前で、ミスをするというのはあり得ないという立場です。 会社の規模によってはそろそろチームを率いるマネージャーとしてマネジメントも任されるような年齢です。 上司から出世の声がかかるようなタイミングで仕事でミスをすると印象が悪いのです。 厳しい会社ではタイミングを逃すと出世の道が閉ざされ、高年収に期待が出来なくなってしまいます。 出世の道が閉ざされたタイミングで辞めていくは多いです。 4年目5年目で仕事のミスが続くと居場所がなくなる 4年目、5年目になっても仕事のミスが目立つようだと完全に「仕事ができない人」という目で見られてしまいます。 上司からすれば部下を任せるには不安だし、大きなプロジェクトを任せるのも不安ということになって、だんだん仕事が減っていきます。 年下の後輩からも頼りない先輩扱いをされてしまうため、仕事でわからないことがあっても相談されることはありません。 仕事も居場所もなくなっていくので完全に孤立する前に転職を考え始めます。 同期が管理職になったり、後輩から人望がある同僚の姿をみているととても寂しくなります。 疎外感を感じたときが辞めていくタイミングとなります。 仕事でミスばかりで辛くて行きたくないならすぐに辞めたほうがいい 会社の都合や上司の都合で辞められない状況が続くと、いつまで経っても退職するタイミングは訪れません。 どのような立場であれ、仕事でミスばかりしてしまって辛いなら辞めることを考えてもよいと思います。 実際に何度かミスをしてしまうと、職場でイメージを挽回できないこともあります。 そのような状況の中でどんなに一生懸命に仕事に取組みミスを無くしても印象が変わらないこともあります。 出世もできないと年収が上がらず、既婚者は家族を幸せにできなことにもつながります。 何をやってもダメそうなら、無理して今の会社で働き続けず、新しい会社でやり直すのも選択肢の一つかもしれません。 仕事でミスが続いているということは、精神的に辛い状況の場合もありますよね。 あなたの力ではどうにもできない場合、 「 」を利用することをお勧めします。 まとめ 仕事でミスばかり連発する原因と対策について解説しました。 仕事でミスばかり続いてしまって辞めたいと思ったとき、まずは原因を分析して対策を練ってみましょう。 そうしないと仕事でミスを減らすことはできません。 仕事のミスが繰り返されてしまって職場でのイメージを払拭できない場合は、スパッと会社を辞めて転職した方がリセットできて楽になるかもしれませんよ。

次の

ミスが不安で仕事に行きたくない人必見!怖くなくなる最強の考え方|金持ち茶茶茶

仕事 ミス 行き たく ない

朝から下痢が止まらず、電車にも乗れる状態じゃない• 頭痛がひどくベッドから起き上がれる状態じゃない• 昨日の夜から吐き気がある、仕事中に嘔吐するかもしれない 【根本的な問題を解決する方法】 身体が疲れている状態を根本的に解決する方法は2つあります。 方法1. 睡眠時間を確保する 疲れている原因として、 「睡眠不足」が挙げられます。 ついつい忙しいと寝る時間が遅くなりがちですが、やはりしっかり睡眠をとらないと人間は疲れてしまいます。 なので睡眠時間を確保することを目標に掲げて、 最低でも7時間は寝るようにしましょう。 方法2. 疲れの取れるリラックス法を考える リラックスすることは、疲れを取る上で重要なことです。 例えば以下の方法は、日常生活でできる何気ないことですが、リラックス効果を生み出して疲労の蓄積が緩和されます。 自分の強みを探すために仕事をする• 自分の仕事に自信・やりがいを持てない理由を整理する 【今日1日を乗り切る方法】 自分の仕事に自信がない人が、今日1日を乗り切る方法は2つあります。 方法1. 自分の強みを探すために仕事をする 仕事に自信が持てなくても、必ず業務上の強みはあるはずです。 そのため、 「今日は自分の強みや、仕事に活かせる長所を見つける日!」と割り切って1日を過ごしてみると、気持ちが楽になります。 方法2. 仕事を早く片付けることを意識する 仕事を早く片付けるやりがいを持つために、 普段はなかなかできない予定を入れてみるのも解決方法です。 例えば「好きなブランドの洋服を買いに行く」「お洒落なレストランで外食する」など、仕事を早く終わらせないと達成できない予定を作ります。 少しだけでも 一人になる時間を作ると、気分が変わるかもしれません。 例えば、都会で暮らし毎日満員電車で会社に通っているなら、遠くまで行き、人の少ない田舎で過ごしてみることをおすすめします。 少しの間で構わないので、いつもの騒がしい社会から抜け出し、孤独な世界を感じてみると、 家族や友人そして会社の同僚のありがたみを感じるものです。 対策2|長期休暇を取りリフレッシュする 仕事ばっかりして、 全然遊ばないと、気分が憂鬱になっていきます。 もちろん個人の性格にもよりますが、長期休暇を取りリフレッシュすれば、気分も変わり、仕事に全力を尽くせるかもしれません。 会社によっては、長期間休みない事情などもあると思いますが、休暇の交渉をして少し羽を伸ばしてみましょう。 気分が沈んでいる(抑うつ)• 何をしても楽しくない(興味または喜びの喪失)• 食欲の低下や増加、体重の増減• 寝付けない、夜中に何度も目が覚める(睡眠障害)• イライラが止まらず、落ち着きがない(精神運動機能の障害)• すぐに疲れる、気分がわかない(易疲労症、気力の減退)• 自分に価値がない、申し訳ないと感じる(強い罪悪感)• 仕事に集中したり、決断することが出来ない(思考力・集中力の低下)• この世から消えてしまいたいと考えてしまう(自殺念慮) 身体や心が拒絶反応を起こすことは、本当に危険な状態であり、普通では考えられない異常なことです。 自律神経失調症やうつ病など、発症してしまうと取り返しのつかないことになる可能性もあります… そんな状態で無理をして働く必要なんて一つもありません。 どうしても仕事辞めると言えない時に使える「退職代行サービス」 仕事を辞めたいけど、自分で辞めると言い出せない人には 「退職代行サービス」がおすすめです。 退職代行サービスとは、 企業と退職者の間に入って退職手続きを代行してくれるサービスです。 退職する旨の連絡から、その後の退職に関する連絡の中継まで、全て行ってくれます。 会社に行って上司に辞めたい意思を伝える必要もなく、ストレスを抱えることなく退職できる画期的なサービスですが、「本当に仕事に行きたくない」「もう上司の顔は見たくない」などの場合に限って利用しましょう。 基本的には、自分でしっかりと上司に退職の意思を伝えて、円満退社をすることが第一です。 おすすめのサービス|退職代行Jobs(ジョブズ) 『退職代行Jobs』は、 顧問弁護士でありカウンセラーの資格も保有する西前啓子さんの指導のもと提供している退職代行サービスです。 サービスは24時間365日対応しており、事前相談料は無料です。 さらに、退職できない場合は全額返金をする保証がついています。

次の

仕事でミスばかりで辞めたい!仕事でありえないミスを連発する原因と対策|Yasuのお役立ち情報

仕事 ミス 行き たく ない

自分では確認し、注意しているつもりでもミスが多く、上司に何度も怒られてしまう…。 何度も怒られると、またミスしてしまったらどうしよう。 もう失敗は許されない。 という恐怖心から、手が震えたりしてよけいに怖くなり、思うようにできなくなってしまう。 ミスした時の上司や職場の人たちの視線も怖いし、失敗をしちゃいけないというプレッシャーがすごくて、仕事へ行こうとすると、お腹や頭が痛くなったり、吐き気もしてくる。 こんな状態でどうしたらいいのかわからない。 私も、今までとくに問題なくできた仕事でも、怒られる。 失敗できない。 という恐怖心とプレッシャーから異常なまでに萎縮(いしゅく)してしまい、 緊張したり、手が震えたり、返事ができないほど声を出せなくなってしまったりして、そのせいでよけいミスが増えてしまうことがありました。 そして毎朝、 「今日は仕事でミスしませんように。 」 「今日は平和に何事もなく無事に仕事ができますように。 」 「今日は上司に怒られませんように。 」 と神様にお祈りしてから、精神的にもギリギリの状態でなんとか仕事に行っていたことがあります。 こういうとき、ほんと辛いですよね。 についてお話していきます。 どうしたらこの仕事のミスに対しての怖さから抜け出せる? まず、この「怖い」というのは、なにが怖いのかという原因を考えてみましょう。 という2つの理由からくるものが大きいのではないでしょうか。 ミスすることそのものが怖いというよりも、上司から怒られること、評価が下がることが 怖いということが心の奥底にあるんですよね。 ミスというのはただのまちがったという「出来事」であって、そこに本来、怖いや悲しいなどの感情はありません。 そのため、その出来事がまちがってしまったなら、本来は修正すればそれで終わり。 しかし、そのミスに「人」が関わることによって、「感情」が入ってきてしまいます。 ミスによって、上司に怒られる恐怖。 上司や職場の人たちや取引先に迷惑がかかり、申し訳ないという気持ちと、自分を責める気持ち。 そして、自分への評価が下がってしまう怖さ。 「怖い」というのは感情、この「人」に対しての感情なんですよね。 もし、あなたが今の仕事を一人ですべてしているとします。 そこで、ミスをしてしまったら、「ミスが怖い」と思うでしょうか? たぶん、 自分でそのミスの責任をおえばいいだけなので、ミスが怖い。 仕事へ行きたくないほどの恐怖とは思わないと思います。 ミスが怖いというのは、本当の意味は、 「ミスして怒られるから怖い」 「ミスして周りに迷惑がかかってしまい、自分の評価が下がるのが怖い」ということなんですよね。 仕事でミスが怖い!を解消する方法 ミスしないようにする方法 まず、根本的な解決策は、ミスをしないようにするということですよね。 解決策の前にまずは原因がわからないと解決できないので、仕事でミスをしてしまう原因を考えてみると、 ・ 忙しすぎて、あやふやなまま仕事を進めてしまった。 ・ 自分の思い込みで、仕事をしていたら違っていた。 ・ 上司から嫌味を言われイライラして、心ここにあらずで、仕事がいい加減になってしまっていたから。 ・ 上司とウマが合わなくて、なるべく話したくないと思ってしまい、確認をおこたってしまったから。 など、他にも原因はあるかもしれませんが、主な理由は「 確認が足りなかった」ということにあるのではないでしょうか。 そのため、ミスをしないようにする解決策の一つは、あやふやなままで仕事を進めるのではなく、 やはり「確認をする。 」ということが一番大切です。 そして、ミスをしたら、 次同じミスをしないように、メモをとり気を付ける。 忙しすぎてミスをしてしまうなら、「あせってるな」と思ったら、 深呼吸していったん心を落ち着けて、平常心を取り戻す。 これといった裏ワザがあるわけではなく、一般的な解決策しかないですが、もうこれしかありません。 本来であれば、失敗も何回か繰り返していくうちに時間とともに慣れてきて、ミスはだんだんと少なくなり、どうにかなります。 先ほども言ったように、ミスというのはただの間違いという「出来事」。 間違ったのなら修正するのみです。 しかし、今の時代、即戦力が求められ「最初はみんな失敗して、だんだん覚えていくんだから、次から気をつけてね。 」なんて、そんなのんびり悠長(ゆうちょう)なことを言ってくれる会社ってないですよね。 ミスすれば怒られ、怒られるのが怖くなりまたミスをする…。 ミスを気にしすぎて、「ミスが怖くなる。 」「ミスが怖くて仕事への行きたくない状態。 」というのは、困ります。 ミスをして、一度すごく上司から怒られたりすると、それがトラウマになってしまい、その上司の顔を見るだけでも、背筋がこおるような恐怖がありますよね。 私もメンタル面が弱いので、怒られると、落ち込みが激しく、自分を責めて、何をするにも無気力になり、自信がなくなってしまいます。 困ったことに、自信がなくなると、びくびくしてしまい頭が真っ白になってよけいミスも増えるんですよね。 この負のスパイラルから抜け出すには、やはり「 ミスをしないようにすること」そして、「 自分に自信を取り戻すこと」が重要です。 もう今まで十分に失敗しているので、あなたの評価はもう一番下まで下がっています。 つまり、これ以上、評価が下がることはありません。 今が一番下なら今のうちに失敗して学んで、あとは評価は上がるしかないんです。 」なんて言われたりして、 評価が一気に上がるので、 評価がもともと高い人より、仕事の評価のハードルが低いので認めてもらいやすくなります。 このように、「もともと自分への評価は、ゼロである。 」というところからスタートして考えてみると、自分への評価が下がるという怖さが、全くなくなるとくことはないかもしれませんが少しは減るのではないでしょうか。 あなたの評価への恐怖心が少なくなれば、「評価する・評価される」ということに、興味もなくなり、人の目はどうでもよくなり、 周りの目を気にせず、仕事に集中でき、 今すべきことだけをすることができます。 そして、周りの人の評価を気にしすぎる人は、「みんなに迷惑をかけてしまった。 」と 自分を責めすぎてしまう傾向があるので、その点も注意しましょう。 「なんで自分はこんなにできないんだろう。 」 「みんなに迷惑かけてしまって申し訳ない。 」 と、 一度、落ち込んで反省したら、うじうじと悩んで自分を責めすぎないこと。 「明日から頑張ろう!」と無理やりプラス思考にするということではなく、悩みすぎない、罪悪感にひたり過ぎない、自信をなくしすぎない。 ようにする。 私もよく悩みすぎてしまうのですが、そういう時はもう考えず、早めに寝てしまうことにしています。 寝てしまえばよけいなことを考えずにすむし、身体の疲れもとれるので一石二鳥! みんな仕事でミスが怖くても我慢して行っているの? 自分が辛い時、他の人はどれくらいまで我慢しているのか。 みんなも「仕事でミスが怖くて、仕事に行きたくない。 」ってことはあるのか。 他の人のことが気になるものですよね。 私が仕事でミスが怖かったときの体験談 私は、一番最初の会社でかなり上司から怒られていて、性格なども非難され、別室に呼ばれ1時間くらい説教されたりしていました。 しかし、社会人になりたてだったので、「これが社会、働くというものなのか。 」と思い、我慢に我慢をしていました。 今、冷静に考えれば、ただのパワハラ上司で、運が悪かっただけなんですけどね…。 その時は、上司から怒られると、ミス以外のことでも言われ、自分を全否定されるので、どん底まで落ち込んでしまい心の傷は深かったです。 そのため、ミスも怖くて手が震えるし、上司の顔を見るだけで、頭が真っ白になって言われたことが飛んだりしてしまい、仕事をするのが怖く、毎朝、会社に行きたくなくなかったです。 結局、最後は身体が拒否反応をおこし、食事が食べられなくなり、朝も吐くようになり、辞めたのですが…。 そして、次の会社に行くことになったのですが、そこでは、上司からミスすれば怒られることはあっても、きちんとフォローがありました。 怒られても「できない自分へのくやしさ」が一番にあり、仕事に行くのが嫌だなという思いはありましたが、「ミスが怖い。 」ということはほとんどなかったです。 やはり、仕事でミスが怖い、仕事に行きたくないほど恐怖を感じるかは、 上司や職場の環境によって、全く違います。 仕事でミスが怖いと思うかの度合いは人によって違う 「あなたは仕事ができなさすぎる。 」「もう次ミスしたら後はないよ。 」など、上司から、きつく言われたら、「次、ミスをしたら…」と考えると 怖くなってしまうのがふつうです。 人にそんな恐怖心をあたえて、よけい仕事ができなくさせて、何考えてんだか…。 それは、上に立って指導する上司という立場として失格なだけです。 残念な上司にあたってしまったのです。 そのため、仕事やミスが怖いと言うのは、その職場の環境にもよるし、人によって我慢の限界も違うし、みんながみんな怒られてもどれくらい我慢しているかというのは、正確に測ることはできません。 周りの人と比べるということが、あまり意味がないことです。 仕事でミスが怖いと多くの人は思ったことがない? 周りの人と比べても意味はない。 と書いておきながら、でも周りがどうなのか気にしてしまうもの…。 私も、仕事で辛かったとき、他の人は毎日どんな気持ちで仕事に行っているんだろうと思って、友人や家族、周りの人たちに聞いてみたことがありました。 すると、「仕事に行きたくないな(めんどくさいな)」と思うことはあっても、「仕事が怖い」「ミスが怖い」「会社に行きたくないほどの恐怖心がある」ということはない。 とみんな言っていました。 つまり、 仕事でミスが怖い。 会社に行きたくないほどの恐怖がある。 というのは、ふつうのことではなく、異常なことなのです。 それに気が付いたとき、「やっぱり今の状態おかしいんだ」(やっぱり仕事にたいしてのこの恐怖心はおかしんだ)ということがわかり、なんかほっとした感覚がありました。 ・ どんなに頑張ってもミスをしてしまう。 ・ どうしてもできない苦手な仕事が多い。 ・ 何をしても怒られてしまう。 自分では精一杯頑張っているのに、努力や我慢だけではどうにもならないことってあります。 今、あなたが、仕事でミスが怖い。 会社に行きたくないほどの恐怖があり、朝、お腹や頭が痛くなったり、吐き気があるほど辛く我慢の限界にきているなら、その仕事や職場があなたに合っていないのかもしれません。 「仕事でミスが怖い」と思うこと自体がふつうではなし、精神的ストレスから体調まで影響が出てしまうことも、ふつうではありません。 私もこのことに気が付くまでだいぶ我慢をしてしまい、うつ状態になり、精神的にも体力的にも回復に1年弱かかりました。 もっと早く気が付き、我慢せず抜け出し、毎日が恐怖のかたまりの仕事から早く転職してしまえばよかったと今は思います。 あなたは、私のような失敗をおかさないように気を付けて下さい。 shigoto30. という、ミスそのものをしてしまうのが怖いというよりも、「 人に対しての怖さ」があるため、仕事でミスが怖くなってしまうということがあります。 仕事でミスが怖いを解消する方法として、まずは、ミスをしないことですよね。 ミスをしない方法は、 ・ 確認をする。 ・ メモをとる。 ・ あせっているときは、深呼吸する。 そして、怖さを解消する方法は、 ミスをして上司に怒られるのが怖いのを解消する方法としては、 「 ミスをしないように気を付けること」「 自信を失いすぎないこと」。 自分の評価が下がるのが怖い時の解消法としては、 「 周りの評価を気にしすぎないこと」「 自分を責めすぎないこと」。 自分が辛い時、他の人がどうしているか、どれくらい我慢すればいいのか気になりますが、他の人とは、職場の環境、人によって我慢の限界も違うので、正確に比べることができません。 しかし、 仕事でミスが怖い。 仕事に行きたくないほどの恐怖心がある。 というのは、ふつうではなく、異常なことなんだということ。 仕事でミスが怖い。 毎日ビクビクしながら仕事をしている。 怒られるのが怖い。 仕事に行くのが怖い。 恐怖を感じながらいい仕事はできません。 そして、仕事への恐怖、ミスへの恐怖から、頭が痛かったり、お腹が痛かったり、吐き気などの体調などにも影響がでているのもやはり異常なことです。 自分の身体は自分しか守ってあげることができませんので、早めに身体のサインにも気が付いてあげてください。

次の