びわ いち。 【サイクリング】びわ湖一周(ビワイチ)

ビワイチ歓迎・受け入れ実績豊富な温泉宿【米原・彦根スタートに最適】(自転車での琵琶湖一周サイクリング)

びわ いち

奥琵琶湖の絶景で小休止した後、ここからはナビ無し、 サイクリングロードの道しるべのみを頼りに走ります。 M君によると、4年前に来たときは、こんな標識なかったらしく、 整備が進んでより走りやすくなったようです。 次の目的地は設定なしで、ひたすら走ります。 途中の坂で、ロー側28Tにギヤが入らなくなるトラブル発生。 今まで坂らしい坂もなく来たので、気づかなかった。 25Tで登るが、精神的に28が使えないのは応えます。 登りきったところで、一度ホイールをはめなおすと 何とか、ローに入るようになりました。 そうこうしていると、今度は M君のスピードプレイクリート側のプレートが緩んできたらしく、 締めなおしの為、ストップ。 100キロを超えてくると、いろいろトラブルが発生してきます。 機材のチェックも終わり、再出発。 平地続きで、TTマシンがビュンビュン飛ばして抜いていきます。 単独走行のお兄さんたちも、尋常じゃない速さで走っています。 そんな状況に刺激され、また、レーゼロの瞬発力に魅了され、 アタック合戦をしかけます。 スピードは25kほどで巡行していたのが、 35k超に上がり、アタック中は50キロ近くまで上がりました。 行けるところまで逃げていると、N君がついてきません。 待っていると、知らないお兄さんのケツに張り付いて、ビューんと抜いていきました。 やっぱりコメッソだ! 2006年ツールドスイス第7ステージの再現だ! そんなこんなで無駄に足を使い果たしながら、進んでいくと、 M君がなにやら、住宅街にカフェを発見。 ラスト30キロに備えて、しっかり補給です。 補給を終えたら、いよいよ終点の琵琶湖大橋向かってひたすら走ります。 到着予定17:30 およそ10時間、160キロのライドです。 3連休の渋滞を縫って、ケイデンスを上げていきます。 膝は大丈夫、もちそうです! やや暗くなってきた市街地を走り、ついにゴール!びわいち達成です! 最後は疲れた体を、温泉(みずほの湯)で癒してから帰りました。 (滋賀県守山市水保町1172-1 みずほの湯) チームエボリューションの皆様、お疲れさまでした! 次回、びわいち総括編です!.

次の

路線バスでびわ湖を一周してみよう!「路線バスでビワイチ!」運行!!

びわ いち

自分と友人の二人でこの11月7日 土 に「琵琶いち」してきました! 「琵琶いち」とはもちろん「琵琶湖一周 by チャリ」のことです。 浜名湖一周をしてから「次は日本一の琵琶湖一周だ~!」と言ってから何年か過ぎてしまっていました。 その時、秋に鈴鹿サーキットの8時間耐久にまた出ようかと話していたのですが、 その日は友人が 都合が悪いということでどうしようかと話が流れてしまっていました。 そこで、今から2カ月ほど前に、「よしっ、琵琶湖一周だ!」と話が決まったのでした。 調べてみると、琵琶湖は一周、約200km、琵琶湖大橋から湖北を一周で約150kmということでした。 浜名湖一周が75kmです。 滋賀県民の二人にひとりはびわいちを経験しているといううわさも耳に入ってきました。 決行時期は一番日が短い11月です。 夕方5時にはもう暗いです。 これはナイターになるかも!? 前に自分が日本横断した時の距離が200kmです。 このときは一泊二日でした。 今回は一日で完走を目指します。 「やばいよね。 最近自転車乗ってないし、、、、体重も最近へヴィーだし、、、」 「まだ、一か月あるよ!」「じゃあトレーニングだ!」 ということで、エアロバイクの登場です。 二人ともきっちり練習しましたよ~!何年かぶりに真剣にエアロ回しました! だって、湖だから周り出したら車まで帰ってこないと帰れませんから!途中リタイヤはありませんし、できません! いろいろと検討した結果、事前情報で大橋より南は市街地で非常に走りにくいということ、 ナイターを避けるということで、日の出ととも彦根をに出発して反時計回りに150㎞コースを走ることにしました。 あとは、当日の天気次第です。 そして当日がやってきました。 天気は曇り、風はほぼ無風。 まだちょっと薄暗い中、彦根に到着。 日の出とともに出発です。 そして、総距離150kmの敵は、おそらく、ケツの痛みではないかと予想しました。 そしたら、そのとーり!ケツ、チョー痛かったです! あと、さすがに100㎞オーバー走ると足、首、腰、腕、掌、、、、いろんなところがかなりの悲鳴をあげました。 特に首はきましたね。 あと足のクリートのほんのちょっとした位置の違いで、左アキレス腱と右ひざ裏がやばいほど痛みをもちました。 途中クリートの調整をしながら走ったら、痛みが少し和らぎました。 100km越えはサドルやクリートなどミリ単位の調節が必要なんだと知りました。 それとコンビニに「ビワイチ・サイクルステーション」ののぼりが出ていました。 空気入れとか常備しているみたいです。 最近の自転車ブームで琵琶湖一周サイクリングがかなり人気なライドとして地域の活性化ににも一役買っているようです。 琵琶湖大橋を渡るときにはかなり疲労がたまってましたが、とても気持ちがよかったです。 そしてゴール!、時間はPM4:00、オドメーターは152km、アベレージは21. 二人ともかなりやられました。 でも、トレーニングしておいてよかったね。 やっててこの痛みなので、やってなかったらと考えるとぞっとします。 老体に鞭打ってなんとか前からの目標のひとつ「びわいち」を達成しました。 よかったよかった、、、、、、、 でも、、、後日、懇意にしている自転車屋さんの店長は僕らの少し前に「びわいち」じゃなくて「びわに」してきたよって、、、、つまり二周したと聞かされました! 「え~っあれからまた一周ですか!!」 なんでも 「150kmじゃちょっと物足りないから二周、300kmでちょうどよいライドができたよ」って、、、、、、 まじですか!? てんちょー、自分たちよりも年上のアラ50ですよ。 いくら僕たちがヘタレでも今回は頑張ったと思ったのですが、やる人は距離感が完全に一般人とはかけ離れてると思い知らされました。 てんちょー普通に一日で4~500kmとか走っちゃうんですから、、、、、、変態さんはすげーですわ。 変態さんといえば、前に見たある人のブログでは1000kmを50時間以下で走破したとかいう人もいるようで、普通じゃちょっと考えられませんね。 まいりました。 まあ、どんなことも、ひとそれぞれのペースがあるので簡単に比べることはできないですが、 昨日までの自分に挑戦するのは、文句無しに楽しいですね。 「じこまん」最高です。 これがあるからやめられません。 これで、また、明日から生きていく力が少し生まれました。 さあ、次はどうしようかなあ? お気に召しましたらポチっとしていただけるとうれしいです。

次の

「びわいち」行ってきたどぉ〜

びわ いち

びわ湖一周サイクリングと言っても、ぴちぴちのサイクルジャージに身を包み、高速で走り抜ける本気サイクリストだけを想像するなかれ。 ちょっと自転車にでも乗ってみようか、ちょっとびわ湖を見に行ってみようか、という初心者から楽しめる内容です。 びわ湖が大好き、滋賀が大好きな仲間が、その魅力を伝えるため丹念に実走調査して、サイクリストの視点で創り上げました。 びわ湖一周ルートのみならず、旧街道や各地域をじっくりめぐる全21コースを収録。 詳細な地図はもちろん、名所旧跡やグルメ、景色のよいところなどのおすすめスポットもたっぷり紹介しています。 目的地までクルマでさっとたどり着いてパッと帰る旅では決して見ることのできない、自転車ならではの魅力、今まで知らなかったディープなびわ湖を発見できるかも。 自転車の距離感・スピード感で見つめるびわ湖は、きっといつもと違うはず。 どうぞこの本を片手に、あなたの知らない素顔のびわ湖に会いにきてください。 そして、びわ湖一周サイクリングをきっかけに、皆さんの交通や余暇の過ごし方、生き方に対する考え方が変わり、自然の流れに近い、自転車のリズムの暮らしや社会のあり方が根付いていくことを願っています。 今年の夏は琵琶湖を走ろうとネットでも紹介されていたので、購入しました。 琵琶湖1周(ビワイチ)の楽しみ方を紹介している本で、単純に走って終わるのではなく周辺の観光をすることで、ビワイチの魅力を伝えるているかと思います。 私の場合は、お勧めしていない真夏にとにかく琵琶湖を走り切ろうと無謀にも挑戦しました。 意外にも真夏でも挑戦する人は結構おり、ロードレーサーやクロスバイク、折り畳み自転車など、さまざまでした。 ただ、本に書いている通り、春や秋が気候的にはお勧めです。 チェックポイントが分かりやすいところと分かりにくいところがあるのと、チェックポイントを4か所以上回ると琵琶湖1周が認められるようなので、何が何でもチェックポイントを回らなくてもよいそうです。 1泊2日ぐらいでしたら、何とか回れるかなと思いますので是非、挑戦されてはいかがでしょうか。

次の