キャベツ もやし 炒め。 キャベツと厚揚げの炒め物(味噌炒め)のレシピ:白ごはん.com

【これで激変】一人暮らしの定番料理 キャベツともやしの肉野菜炒めの作り方

キャベツ もやし 炒め

「肉野菜炒めなんて簡単!」 その肉野菜炒め、本当にうまくできてる? こんにちは。 ヒッサンです。 今回は、一人暮らし料理の定番、「 キャベツともやしの肉野菜炒め」のレシピを紹介します。 肉野菜炒めといえば、野菜とちょっとの肉をガーッと炒めて手早く作れる 一人暮らしの心強い味方! 料理が初めての方でも、まずはコレから始めようと思う人も結構いますよね。 でも、この簡単な「肉野菜炒め」、ときには、なんだか 微妙な仕上がりになることもしばしば…。 こんなことないですか?• なんだかすごく水っぽくなる…• 油でべちょべちょ…• 肉は堅いのにキャベツはまだ生だ… だから、今回は2つのコツを覚えましょう! それは、キャベツの「 切り方」と「 炒め方」! ココに気を付けるだけで、肉野菜炒めがステキな料理へと変身します。 たかが肉野菜炒め、 されど肉野菜炒めですよ! それでは、今回のとにかく詳しいレシピに参りましょう。 キャベツともやしの肉野菜炒め 材料です。 葉から切り取った芯は使うので捨てずに! 芯を取ったら、葉を切ります。 葉は 葉脈に注目しましょう! 葉脈に沿うように 断たずに 5㎝ほどの間隔で引き切りにしていきます。 繊維をあまり断たないことで、 アクが出にくくなりますよ。 炒めもののときはこの切り方がおススメ! 5㎝ほどの幅の帯状になったら、それらを重ねて、横に切っていきます。 こうやって切ることで、 大きさが揃い、火の通りが均一になります。 最初に葉から切り取った芯の部分は、包丁を寝かせて薄めの削ぎ切りにします。 薄く切れば、火の通りも速い。 芯の部分は、堅いけれど、 最も甘味が強い部分。 さっと上下を返しながら炒め、全体の色が変わってきたら、小皿に取り出しておきましょう。 ココが大事!わざわざ書いちゃいましたが、ここから ずーっと強火です! 野菜、特にキャベツなどを炒めるときは、「 強火で一気に短時間」がコツですよ。 豚肉を取り出したフライパンを強火で熱し、切ったキャベツを加えます。 芯の部分も薄く切っているので、一緒に加えて大丈夫です。 油を絡めるように炒め、キャベツの色が鮮やかになってきたら、もやしを加えます。 全体をさっと炒めたら、ここで、酒大さじ1. 5を加えます。 強火で熱しているフライパンに酒を入れ、 蒸気が上がることで蒸し焼き状態になり、野菜に素早く火が通ります。 こうすれば炒めすぎることも、油でべちゃっともありません! このまま強火でガンガン炒め、水分を飛ばします。 野菜からも水分が出るので、焦げては来ません。 最後に、取り出しておいた豚肉を入れ、コショウ少々を振って手早く 20秒ほど炒めたら、完成! 実食! シンプルだけどこれがうまい!! キャベツって思いのほか 水分が出ます。 小さな火でトロトロ炒めていると、水分は多いし、油を吸ってべちゃつくしでいいことありません。 しっかり強火で水分を飛ばし、短時間でさっと仕上げることで、シャキッとした食感と甘みが引き立つんです!• キャベツは葉脈を意識して切ってみる• 火はずーっと強火! この2つを意識するだけで、全然違いますから、ぜひ試してみてください! 今回の料理もそうですが、一人暮らしの定番料理はフライパンを振ってガンガン炒めるものが多いです。 いくつも買いそろえられるのなら別ですが、1つに絞るなら、 深めのものを買いましょう!.

次の

【これで激変】一人暮らしの定番料理 キャベツともやしの肉野菜炒めの作り方

キャベツ もやし 炒め

こんにちは~筋肉料理人です! 今日はもやし料理の基本、豚肉を使った 「もやし炒め」をおいしく作る方法を紹介させていただきます。 もやしの炒めものは、「もやしのシャキシャキ感を活かすために強火でさっと炒める」のが定説ですが、言うはカンタン、 強火でさっと炒めておいしく作るのにはちょっとしたコツがあるんです。 筋肉料理人の「もやし豚」 【材料】2人分• 豚こま肉 80g• もやし 1袋(200g)• サラダ油 小さじ3• 刻みねぎ 適宜 (A)• しょう油、日本酒 大さじ1• 片栗粉 小さじ1 作り方 1. 合わせ調味料を作ります。 タカノツメは種をとり、キッチンハサミで細かい小口切りにして(A)と混ぜ合わせます。 砂糖を入れるのは優しい味にするため。 にんにくを入れるのはもやし独特の匂いを消すため。 片栗粉を入れるのは水っぽくなるのを防ぐためです。 もやしは水にさらし、その後、しっかり水気を切ります。 水気を切ったらボウルに入れ、サラダ油小さじ1を入れ、ボウルを鍋返しの要領でふって混ぜ、もやしにサラダ油をまぶします。 さらしすぎはかえってべちゃべちゃになるのでNG。 フライパンにサラダ油小さじ2を入れて中火にかけます。 熱くなったら豚こま肉を広げて入れましょう。 混ぜながら炒め、 豚こま肉の色が変わったらもやしを入れて、混ぜながら炒めます。 もやしに透明感が出てきたら1のタレを入れて炒めます。 出来れば鍋返しをしながら炒め、タレともやしの水分を飛ばします。 時間をかけて炒めることで味付け後に出る水分を飛ばし、皿に盛り付けた後に水が出ないようにします。 (私のおすすめは中火でしっかり水気を飛ばす炒め方。 水が出にくいし、炒めたもやし独特の食感、味が出ておいしいです) 5. タレがしっかり絡んだら皿に盛り付けます。 刻みねぎをちらして完成です。 もやし炒め、トッピング3選! シャキシャキのもやしに豚のうま味、甘辛のしょうゆ味が絡んでおいしい! ビールがイケる味です。 このまま食べてもおいしいですが、 私はこれにマヨネーズをかけます。 B級の極みって味ですが、これが良いんです。 そして、これに 削り節をたっぷりトッピングするのもおいしいです、身近な調味料、食材を組み合わせるのがおいしい。 ビールのつまみだけでなく、ご飯もモリモリいけます。 ご飯に合わせるのなら塩昆布を使ったアレンジもおすすめです。 基本のレシピのしょう油を小さじ1に減らし、 もやしと一緒に塩昆布8~12gを入れて炒めます。 塩昆布の塩気とうま味が効いて、めっちゃご飯がいけます。 もやし好きのあなたにおすすめのレシピです!.

次の

時間にしてわずか10秒。「もやし炒め」が超シャキシャキになる下ごしらえって?【筋肉料理人】

キャベツ もやし 炒め

「肉野菜炒めなんて簡単!」 その肉野菜炒め、本当にうまくできてる? こんにちは。 ヒッサンです。 今回は、一人暮らし料理の定番、「 キャベツともやしの肉野菜炒め」のレシピを紹介します。 肉野菜炒めといえば、野菜とちょっとの肉をガーッと炒めて手早く作れる 一人暮らしの心強い味方! 料理が初めての方でも、まずはコレから始めようと思う人も結構いますよね。 でも、この簡単な「肉野菜炒め」、ときには、なんだか 微妙な仕上がりになることもしばしば…。 こんなことないですか?• なんだかすごく水っぽくなる…• 油でべちょべちょ…• 肉は堅いのにキャベツはまだ生だ… だから、今回は2つのコツを覚えましょう! それは、キャベツの「 切り方」と「 炒め方」! ココに気を付けるだけで、肉野菜炒めがステキな料理へと変身します。 たかが肉野菜炒め、 されど肉野菜炒めですよ! それでは、今回のとにかく詳しいレシピに参りましょう。 キャベツともやしの肉野菜炒め 材料です。 葉から切り取った芯は使うので捨てずに! 芯を取ったら、葉を切ります。 葉は 葉脈に注目しましょう! 葉脈に沿うように 断たずに 5㎝ほどの間隔で引き切りにしていきます。 繊維をあまり断たないことで、 アクが出にくくなりますよ。 炒めもののときはこの切り方がおススメ! 5㎝ほどの幅の帯状になったら、それらを重ねて、横に切っていきます。 こうやって切ることで、 大きさが揃い、火の通りが均一になります。 最初に葉から切り取った芯の部分は、包丁を寝かせて薄めの削ぎ切りにします。 薄く切れば、火の通りも速い。 芯の部分は、堅いけれど、 最も甘味が強い部分。 さっと上下を返しながら炒め、全体の色が変わってきたら、小皿に取り出しておきましょう。 ココが大事!わざわざ書いちゃいましたが、ここから ずーっと強火です! 野菜、特にキャベツなどを炒めるときは、「 強火で一気に短時間」がコツですよ。 豚肉を取り出したフライパンを強火で熱し、切ったキャベツを加えます。 芯の部分も薄く切っているので、一緒に加えて大丈夫です。 油を絡めるように炒め、キャベツの色が鮮やかになってきたら、もやしを加えます。 全体をさっと炒めたら、ここで、酒大さじ1. 5を加えます。 強火で熱しているフライパンに酒を入れ、 蒸気が上がることで蒸し焼き状態になり、野菜に素早く火が通ります。 こうすれば炒めすぎることも、油でべちゃっともありません! このまま強火でガンガン炒め、水分を飛ばします。 野菜からも水分が出るので、焦げては来ません。 最後に、取り出しておいた豚肉を入れ、コショウ少々を振って手早く 20秒ほど炒めたら、完成! 実食! シンプルだけどこれがうまい!! キャベツって思いのほか 水分が出ます。 小さな火でトロトロ炒めていると、水分は多いし、油を吸ってべちゃつくしでいいことありません。 しっかり強火で水分を飛ばし、短時間でさっと仕上げることで、シャキッとした食感と甘みが引き立つんです!• キャベツは葉脈を意識して切ってみる• 火はずーっと強火! この2つを意識するだけで、全然違いますから、ぜひ試してみてください! 今回の料理もそうですが、一人暮らしの定番料理はフライパンを振ってガンガン炒めるものが多いです。 いくつも買いそろえられるのなら別ですが、1つに絞るなら、 深めのものを買いましょう!.

次の