本屋 大賞 2020 流浪 の 月。 凪良ゆう『流浪の月』が、2020年本屋大賞受賞!|株式会社 東京創元社のプレスリリース

【2020年本屋大賞 大賞受賞作】流浪の月

本屋 大賞 2020 流浪 の 月

『流浪の月』のあらすじ・構成 あらすじ あなたといることを、世界中の誰もが反対し、批判するはずだ。 私を心配するからこそ、誰もが私の話に耳を傾けないだろう。 再開すべきではなかったかもしれない男女がもう一度出会ったとき、運命は周囲の人々を巻き込みながら疾走を始める。 新しい人間関係への旅立ちを描き、実力派作家がいかんなく本領を発揮した、息をのむ傑作小説。 『流浪の月』カバー表紙より 主人公の家内更紗(かないさらさ)は現在アルバイトで生計を立てている。 更紗は9歳のときに当時19歳の佐伯文(さえきふみ)に誘拐されたと事件になった被害者です。 ただ、更紗は誘拐されたのではなく、自分から文についていったのです。 文は逮捕され15年間会うこともなかったが、あることがきっかけで二人は再開し、物語は動き始めます。 構成 『流浪の月』は全六章から構成されています。 『流浪の月』の著者紹介 凪良ゆう(なぎら・ゆう) 滋賀県生まれ。 翌年、長編『花嫁はマリッジブルー』で本格的にデビュー。 以降、各社でBL作品を精力的に刊行し、デビュー一〇周年を迎えた一七年には非BL作品『神様のビオトーブ』を発表、作風を広げた。 巧みな人物造形や展開の妙、そして心の動きを描く丁寧な筆致が印象的な実力派である。 おもな著作に『未完成』『真夜中クロニクル』『365+1』『美しい彼』『ここで待ってる』『愛しのニコール』『薔薇色じゃない』『セキュリティ・ブランケット』などがある。 『流浪の月』カバー表紙より 『流浪の月』を読むと、言葉ではうまく言い表せない心の動きを、巧みな比喩と豊富な語彙で的確に表現されています。 「好書好日」の取材でも「心の動き、絡み合いには力を入れてきた」と言われています。 asahi. 『流浪の月』の特徴・感想 『流浪の月』の特徴・感想を3つにまとめました。 わたしたちの間には、言葉にできるようなわかりやすいつながりはなく、なににも守られておらず、それぞれひとりで、けれどそれが互いをとても近く感じさせている。 わたしは、これを、なんと呼べばいいのかわからない。 文から罪に当たる行為はされず、楽しいと思える時間を過ごします。 文が逮捕されてから15年が経ち、二人は再開し、関係を構築していきますが、とても奇妙なもの。 会話文を読めば恋人のようなやり取り。 でも「文とは寝たくない」と言い切る更紗。 文もまた更紗と似た感情を持っています。 なんとも表現できない二人の関係ですが、凪良さんの筆力が読み手と二人の関係を翻訳してくれているのでクセになってしまいます。 わたしの手にも、みんなの手にもひとつのバッグがある。 それは誰にも代わりに持ってもらえない。 一生自分が抱えて歩くバッグの中に、文のそれは入っている。 わたしのバッグにも入っている。 中身はそれぞれちがうけど、けっして捨てられないのだ。 『流浪の月』p200 更紗も文も心の琴線にふれてしまうともろく崩れてしまうそうな人間です。 なので読み手もつい危ない橋を渡るように慎重に読み進めてしまいます。 ダイナミックな物語の展開こそありませんが、人間の持つ心の弱さを美しく正確に表現されています。 『流浪の月』p301より 更紗と文は再開し絶妙な関係を築きはじめるも、かつての誘拐事件が尾を引き、平穏に暮らせずに苦しむ日々が続きます。 徐々に居場所がなくなっていくなかで二人が出す答えを易しく見届けたくなります。 二人だけの真実は読者にしか共有されないので、味方でいてあげたいと思ってしまいますね。 最後に ここまでお読みいただきありがとうございます。 『流浪の月』を読みたいと思った方はAmazonか楽天でポチってみてください。

次の

【2020年本屋大賞ノミネート】『流浪の月』の書評・レビュー|saijiblog

本屋 大賞 2020 流浪 の 月

『流浪の月』は、引き離された男女のその後の時間を描いた物語。 家に帰れない主人公の少女は、公園で出会った19歳の青年に助けを求める。 青年は彼女を受け入れるも世間からは誘拐事件として捉えられてしまい、社会から一方的に被害者と加害者としてそれぞれ糾弾、同情されてしまう…。 そして数年後に再開し、周囲の人を巻き込みながら新しい人間関係への旅立ちが描かれている。 凪良(なぎら)ゆう氏は、2006年に『恋するエゴイスト』でデビュー。 主にボーイズラブ系で活動しており、代表作に『神様のビオトープ』『すみれ荘ファミリア』などがある。 受賞した凪良氏はビデオメッセージを寄せ「今年で13年目になるのですが、ずっと女性向けのジャンルやライトノベルを書いてきて、一般文芸での初めての単行本でした。 ノミネートのうちのひとつに選んでいただけたことが奇跡のようだった、それだけで満足だったのですが、大賞ということを聞いて、驚きすぎて言葉が出ませんでした、書き手としてすごく大きな賞、遠くで輝いているお星さまのような賞なので、正直まだ実感があまりありません」と驚きながらも喜び。 続けて「読者さんに一番近い賞だと思っているので、しっかりと期待に応えていきたいなと思っています」と作家として飛躍を誓った。 書店員の投票だけで選ばれる点が特徴で、一次投票を昨年11月1日から今年1月5日まで行い、全国の477書店、書店員586人の投票があった。 その集計結果、上位10作品が『2020年本屋大賞』ノミネート作品として1月21日に公開。 二次投票はノミネート作品をすべて読んだ上で、全作品に感想コメントを書きベスト3の順位をつけて投票され、今回大賞が決定した。 過去の受賞・ノミネート作は、映画化やドラマ化されるなど話題になったものも多く、百田尚樹氏の『海賊とよばれた男』、三浦しをん氏の『舟を編む』、湊かなえ氏の『告白』などが映画化され、『ビブリア古書堂の事件手帖』が月9ドラマ(フジテレビ系)として放送された。

次の

\2020年本屋大賞は 凪良ゆうさん『流浪の月』に決定/

本屋 大賞 2020 流浪 の 月

今年で17回目を迎える「2020年本屋大賞」の結果発表が4月7日に行われました。 今年「いちばん!売りたい本」と全国書店員が選んだ大賞タイトルは、 凪良ゆうさん『流浪の月』です! おめでとうございます! 2020年本屋大賞ついに決定!大賞は凪良ゆうさん『流浪の月』(東京創元社) 凪良ゆうさん『』 内容紹介 あなたと共にいることを、世界中の誰もが反対し、批判するはずだ。 わたしを心配するからこそ、誰もがわたしの話に耳を傾けないだろう。 再会すべきではなかったかもしれない男女がもう一度出会ったとき、運命は周囲の人を巻き込みながら疾走を始める。 新しい人間関係への旅立ちを描く。 著者:凪良ゆう(なぎら・ゆう)さんについて 小説『花丸』冬の号「恋するエゴイスト」でデビュー。 主にボーイズラブ系で活動。 主な作品に、『積木の恋』『未完成』『美しい彼』『ショートケーキの苺にはさわらないで』『おやすみなさい、また明日』『2119 9 29』『雨降りvega』など。 『悩ましい彼 美しい彼3』がBLアワード2020 BEST小説部門第1位を獲得。 ホスピスでは、毎週日曜日、入居者がリクエストできる「おやつの時間」があるのだが、雫はなかなか選べずにいた。 すべての人にいつか訪れることをあたたかく描き出す、今が愛おしくなる物語。 著者:小川糸(おがわ・いと)さんについて 1973年生まれ、山形県出身の小説家であり、作詞家・翻訳家でもある。 作詞家の際の名義は、春嵐(しゅんらん)を使用。 2007年に初の絵本を上梓し、さらに翌2008年に小説『食堂かたつむり』を発表。 同作は第1回ポプラ社小説大賞に応募し、最終選考にも残らなかった作品だったが、目に留めた編集者によって刊行され、ベストセラーとなり映画化された。 同作は、2011年7月、イタリアの文学賞である、バンカレッラ賞料理部門賞も受賞している。 2017年、『ツバキ文具店』が「本屋大賞2017」で第4位にノミネート。 ドラマ化もされた。 続編『キラキラ共和国』も発行、代表的シリーズかつヒット作となっている。 その他代表作として、テレビドラマ化された『つるかめ助産院~南の島から~』。 また、『ライオンのおやつ』は第11回新井賞を受賞。 2020年本屋大賞3位 砥上裕將さん『線は、僕を描く』(講談社) 著者 : 講談社 発売日 : 2019年6月27日 内容紹介 両親を交通事故で失い、喪失感の中にあった大学生の青山霜介は、アルバイト先の展覧会場で水墨画の巨匠・篠田湖山と出会う。 なぜか湖山に気に入られ、その場で内弟子にされてしまう霜介。 それに反発した湖山の孫・千瑛は、翌年の「湖山賞」をかけて霜介と勝負すると宣言する。 水墨画とは、筆先から生みだされる「線」の芸術。 描くのは「命」。 はじめての水墨画に戸惑いながらも魅了されていく霜介は、線を描くことで次第に恢復していく。 著者:砥上裕將(とがみ・ひろまさ)さんについて 1984年、福岡県生まれの水墨画家。 大学時代に小説を書いていたが、水墨画を始めた後は画家として活躍を続けてきた。 30歳を過ぎて再び小説を書き始める。 メフィスト賞3度目の投稿となった水墨画を題材にした青春小説『線は、僕を描く』で、第59回メフィスト賞を受賞。 2019年6月27日に『線は、僕を描く』をデビュー作として刊行、その作品力は広く評価され、『週刊少年マガジン』に漫画化も決まったことも話題となる。 『線は、僕を描く』は、メフィスト賞のほかに「ブランチBOOK大賞2019」受賞、「未来屋小説大賞」第3位、「キノベス!2020」第6位など、大きな注目を集めた。 2020年本屋大賞4位 横山秀夫さん『ノースライト』(新潮社) 著者 : 新潮社 発売日 : 2019年2月22日 内容紹介 一家はどこへ消えたのか?空虚な家になぜ一脚の椅子だけが残されていたのか? 一級建築士の青瀬は、信濃追分へ車を走らせていた。 望まれて設計した新築の家。 施主の一家も、新しい自宅を前に、あんなに喜んでいたのに……。 Y邸は無人だった。 そこに越してきたはずの家族の姿はなく、電話機以外に家具もない。 ただ一つ、浅間山を望むように置かれた古ぼけた「タウトの椅子」を除けば……。 このY邸でいったい何が起きたのか? 著者:横山秀夫(よこやま・ひでお)さんについて 1957年東京都生まれ。 国際商科大学(現・東京国際大学)卒業。 1979年に上毛新聞に記者として勤務。 『ルパンの消息』でサントリーミステリー大賞佳作を受賞したのをきっかけに退社。 以後フリーランスライターとして活動。 1998年「陰の季節」で第5回松本清張賞を受賞し小説家デビュー。 2000年『動機』で第53回日本推理作家協会賞(短編部門)受賞。 2002年『半落ち』が「このミステリーがすごい!」1位となり、第128回直木賞候補作となるが、そこで起きた様々な論議から、直木賞決別宣言を出すに至る。 『半落ち』は2004年に映画化されて高い評価を得ている。 その後、2004年『クライマーズ・ハイ』で第1回本屋大賞第2位、映画化されヒット。 2013年刊行の『64(ロクヨン)』で第10回本屋大賞第2位、「このミステリーがすごい!」「週刊文春ミステリーベスト10」各1位を勝ち取り、大ヒットとなった。 2020年本屋大賞5位 川越宗一さん『熱源』(文藝春秋) 著者 : 文藝春秋 発売日 : 2019年8月28日 内容紹介 樺太(サハリン)で生まれたアイヌ、ヤヨマネクフ。 開拓使たちに故郷を奪われ、集団移住を強いられたのち、天然痘やコレラの流行で妻や多くの友人たちを亡くした彼は、やがて山辺安之助と名前を変え、ふたたび樺太に戻ることを志す。 一方、ブロニスワフ・ピウスツキは、リトアニアに生まれた。 ロシアの強烈な同化政策により母語であるポーランド語を話すことも許されなかった彼は、皇帝の暗殺計画に巻き込まれ、苦役囚として樺太に送られる。 日本人にされそうになったアイヌと、ロシア人にされそうになったポーランド人。 文明を押し付けられ、それによってアイデンティティを揺るがされた経験を持つ二人が、樺太で出会い、自らが守り継ぎたいものの正体に辿り着く。 著者:川越宗一(かわごえ・そういち)さんについて 1978年、鹿児島県生まれ。 龍谷大学文学部史学科中退し、バンド活動を経て会社員として勤めるかたわら、2018年に『天地に燦たり』で第25回松本清張賞を受賞し、作家デビュー。 2019年、『熱源』が第9回本屋が選ぶ時代小説大賞を受賞し、2020年に第162回直木賞を受賞した。 2020年本屋大賞6位 相沢沙呼さん『medium霊媒探偵城塚翡翠』(講談社) 著者 : 講談社 発売日 : 2019年9月12日 内容紹介 推理作家として難事件を解決してきた香月史郎は、心に傷を負った女性、城塚翡翠と出逢う。 彼女は霊媒であり、死者の言葉を伝えることができる。 しかし、そこに証拠能力はなく、香月は霊視と論理の力を組み合わせながら、事件に立ち向かわなくてはならない。 一方、巷では姿なき連続殺人鬼が人々を脅かしていた。 一切の証拠を残さない殺人鬼を追い詰めることができるとすれば、それは翡翠の力のみ。 著者:相沢沙呼(あいざわ・さこ)さんについて 1983年、埼玉県生まれ。 2009年に『午前零時のサンドリヨン』で鮎川哲也賞を受賞しデビュー。 2020年本屋大賞7位 川上未映子さん『夏物語』(文藝春秋) 著者 : 文藝春秋 発売日 : 2019年7月11日 内容紹介 大阪の下町に生まれ育ち、東京で小説家として生きる38歳の夏子には「自分の子どもに会いたい」という願いが芽生えつつあった。 パートナーなしの出産の方法を探るうち、精子提供で生まれ、本当の父を捜す逢沢潤と出会い、心を寄せていく。 いっぽう彼の恋人である善百合子は、出産は親たちの「身勝手な賭け」だと言い、子どもを願うことの残酷さを夏子に対して問いかける。 著者:川上未映子(かわかみ・みえこ)さんについて 1976年大阪府生まれ。 大阪市立工芸高等学校卒業。 2002年から数年は歌手活動を行っていた。 自身のブログをまとめたエッセイ『そら頭はでかいです、世界がすこんと入ります』で単行本デビュー。 2007年『わたくし率 イン 歯ー、または世界』『そら頭はでかいです、世界がすこんと入ります』で早稲田大学坪内逍遥大賞奨励賞、2008年『乳と卵』で芥川賞、2009年詩集『先端で、さすわ さされるわ そらええわ』で中原中也賞、2010年『ヘヴン』で芸術選奨文部科学大臣新人賞、紫式部文学賞、2013年詩集『水瓶』で高見順賞、『愛の夢とか』で谷崎潤一郎賞、2016年『マリーの愛の証明』でGRANTA Best of Young Japanese Novelists、『あこがれ』で渡辺淳一文学賞を受賞。 2017年、『早稲田文学増刊 女性号』で責任編集を務める。 2019年7月11日に『夏物語』を刊行し、注目を集めている。 2020年本屋大賞8位 知念実希人さん『ムゲンのi』(双葉社) 著者 : 双葉社 発売日 : 2019年9月18日 内容紹介 若き女医は不思議な出会いに導かれ、人智を超える奇病と事件に挑む。 眠りから醒めない謎の病気〈特発性嗜眠症候群〉通称イレスという難病の患者を3人も同時に抱え、識名愛衣は戸惑っていた。 霊能力者である祖母の助言により、患者を目醒めさせるには、魂の救済〈マブイグミ〉をするしか方法はないと知る。 著者:知念実希人(ちねん・みきと)さんについて 1978年、沖縄県生まれ。 2011年、第4回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞を受賞した『誰がための刃 レゾンデートル』で作家デビュー。 その他の作品に『螺旋の手術室』(『ブラッドライン』改題作)、『優しい死神の飼い方』(死神シリーズ)、『天久鷹央の推理カルテ』シリーズなどがある。 2018年の本屋大賞に『崩れる脳を抱きしめて』が、2019年の本屋大賞に『ひとつむぎの手』がそれぞれノミネートされた。 2020年本屋大賞9位 早見和真さん『店長がバカすぎて』(角川春樹事務所) 著者 : 角川春樹事務所 発売日 : 2019年7月13日 内容紹介 「幸せになりたいから働いているんだ」 谷原京子、28歳。 とにかく本が好き。 現在、〈武蔵野書店〉吉祥寺本店の契約社員。 山本猛という、名前ばかり勇ましい、「非」敏腕店長の元、文芸書の担当として、次から次へとトラブルに遭いながらも、日々忙しく働いている。 あこがれの先輩書店員小柳真理さんの存在が心の支えだ。 そんなある日、小柳さんに、店を辞めることになったと言われ……。 著者:早見和真(はやみ・かずまさ)さんについて 1977年、神奈川県生まれ。 國學院大學文学部在学中にライターとして活動。 全国紙新聞社に就職する予定が度重なる留年で内定取り消しに。 出版社編集者から小説執筆を勧められ、書き上げた作品『ひゃくはち』で2008年作家デビューするに至る。 同作は映画化、コミック化されベストセラーとなる。 2014年、『ぼくたちの家族』が映画化、2015年、『イノセント・デイズ』が第68回日本推理作家協会賞(長編および連作短編集部門)を受賞、テレビドラマ化され代表作となる。 ほか、『スリーピング・ブッダ』『東京ドーン』『6 シックス』『ポンチョに夜明けの風はらませて』『小説王』『神様たちのいた街で』などがある。 2020年本屋大賞10位 青柳碧人さん『むかしむかしあるところに、死体がありました。 』(双葉社) 著者 : 文藝春秋 発売日 : 2016年9月2日 本屋大賞(ほんやたいしょう)とは 「本屋大賞」(ほんやたいしょう)とは2004年に設立された、書店員有志で組織するNPO法人「本屋大賞実行委員会」が運営する文学賞。 キャッチコピーは「全国書店員が選んだいちばん! 売りたい本」。 一般の文学賞とは異なり作家・文学者は選考に加わらず、「新刊を扱う書店(オンライン書店を含む)の書店員」の投票によってノミネート作品および受賞作が決定される。 過去一年の間、参加書店員が読み「面白かった」「お客様にも薦めたい」「自分の店で売りたい」と思った本を選び投票。 また「本屋大賞」は発掘部門も設け、過去に出版された本のなかで、時代を超えて残る本や、今読み返しても面白いと書店員が思った本を選ぶ。

次の