はるか 座席指定。 関空快速vs特急はるか、どっちがあなたに便利か!?

はるか (列車)

はるか 座席指定

関西国際空港へJRを使っていく場合、関空快速と特急はるかの2種類の電車のどちらかを選ぶことになる。 目的地はともに同じだが、どちらがあなたにとっては便利な存在なのか。 関空快速と特急はるかの間には大きな違いがある。 行き先は関西国際空港だが、所要時間から運賃の値段、混雑度、始発駅や経路は違う。 乗客の層にも違いがみられる。 当然ながら、節約するのであれば特急はるかではなくふつうの快速電車を乗るのが良いだろう。 ちょっとリッチな存在なのも特急はるかの特徴だ。 (天王寺~関西空港) 関空快速 特急はるか 運賃 1,060円 2,230円 所要時間 51分 33分 混雑 たぶん座れない 座れる 経路 大阪駅、京橋駅 京都駅、新大阪駅 天王寺から関西国際空港まではともに阪和線を通る。 ダイヤが乱れた時には、JR以外の方法を使うことになるのは変わらない。 関空快速がおすすめな人とは? 関空快速がおすすめな場合とは、大阪環状線の駅から乗る場合だ。 大阪駅や京橋駅、天王寺駅から乗るのであれば、快速で問題ないという人が多いだろう。 特急はるかの場合、線路の配線上大阪駅は経由しない。 天王寺駅には停車するが、乗車券に加えて特急券が必要となるため、運賃が快速と比べて倍増する。 LCCユーザーのように交通費を安く済ませたいという人にとっては、特急はるかを使うという選択肢は財布にやさしいとは言い難い。 所要時間についても、快速と特急の差は20分程度である。 空港へ急いでいく時を除いては、それほど大きなメリットがあるとはいえない。 少なくとも、一般的な電車に乗ることに抵抗がないのであれば、関空快速を使うのがよいといえる。 特急はるかがおすすめの人とは? 特急はるかの特徴といえば、京都駅や新大阪駅を発着している点であろう。 関空快速を使うとなると、これらの駅から乗る場合には大阪駅にて乗り換える必要が出てくる。 特急であれば、乗り換えなしで関西国際空港と行き来できる。 乗り換えの手間がなく、しかも優等列車ということで、所要時間は大幅に短い。 京都駅や新大阪駅を乗り降りするのなら、特急料金を支払ってでも特急はるかを選ぶ価値は大きい。 さらに、特急はるかで指定席を使えば、100%確実に座れる保証がある。 飛行機に乗る人は大きな荷物を持っていることが多い。 座席に確実に座れるメリットは、ふつうの時に電車に乗る時よりも大きいのではないか。 関空快速では、上り方面は関西空港が始発のため座れる可能性が高いが、下り方面は座れない可能性が圧倒的に高い。 空港へ行く人よりも阪和線内の駅を乗り降りする人の方が圧倒的に多く、地域輸送のための快速電車という性質が強い。 大阪駅や京橋駅などの主要な駅から乗った場合でも、すでに乗客が乗っていて座れないケースが多い。 座りたいという要望に応えてくれるのは間違いなく特急はるかだ。 なお、特急はるかには自由席もあるが、それでも朝や夕方の一部の時間帯を除いては座れる可能性が高い。 おすすめ記事•

次の

新幹線の指定席に乗り遅れたら|JR新幹線ネット

はるか 座席指定

関空特急はるかの車両と編成 関空特急はるかの使用車両 特急はるかは281系で運行されています。 281系は1994年に「はるか」で運行を開始しました。 2020年には新型車両「271系」が導入されることが発表されていますが、現行の「281系」は少し年季が入っていて、昔ながらの車内風景です。 今回紹介する画像は「Hello Kitty HARUKA」です。 外装はコンセプトの「ハローキティとはるかで、世界のみんなを、おもてなし。 」にふさわしいわモダンな世界観です。 現在「ハローキティ はるか」は「Butterfly」「Ori-Tsuru」「Kanzashi」と3つの異なるデザインで運行されていますが、今回のものは「Kanzashi」です。 着物姿のハローキティにぴったりのかんざしが描かれています。 こちらは櫛です。 ポップなのに日本らしくてすてきです。 五重塔と富士山が描かれたロゴマーク 編成 特急「はるか」の編成です 281系は6両または9両編成で運行されます。 ただし、9両編成の場合は6両と増結した3両の間は通り抜けできません。 グリーン車は1号車、自由席は基本的には4~6号車です。 GWやお盆、正月などは9両編成で運転する列車が増える場合もあります。 (JRおでかけネットより) 特急はるかの車内と座席 281系はるか グリーン車 グリーン車は1号車にあります。 枕カバーにはキティちゃんが描かれています。 幅の広い柔らかい座席で座ると包み込まれる間隔になります。 ひじ掛けにはペットボトルやスマートフォンなどを置ける小さなテーブルが付いています。 特急「はるか」の281系車両にはコンセントはついていません。 指定席、自由席とも同じシートです。 こちらの枕カバーにもキティちゃんが描かれています。 後ろ側(座席の目の前)には切符を入れておける小さなポケットが付いています。 グリーン車と同様に、ひじ掛けにはペットボトルやスマートフォンなどを置ける小さなテーブルが付いています。 お手洗い 281系はるかのお手洗いは、1,3,4,7,8号車にあります。 3号車のお手洗いは車いす対応の多目的お手洗いになっています。 ベビーベッドやベビーチェアなどが設置されています。 内部にもキティちゃんのシールがたくさん貼ってあります。 姿見用の大きな鏡も付いています。 洗面台 洗面台は一般的な自動水栓のもので、ハンドウォッシュも付いています。 また、洗面台の鏡にはキティちゃんやリボンが大きくあしらわれており、鏡に映った自分の姿と合わせて、かわいい写真を撮れるようになっています。 本来の姿見としては少々使いにくいかもしれませんが、ファンの方にはうれしい設備です。 鏡ごとに別のシールが貼ってあり、飽きない工夫がされています。 荷物置き 各車両には扉の近くのデッキに荷物置き場があります。 各車両の前後に配置されており、大型なのでキャリーケースなどの大きな荷物も収納できまるようになっています。 フリースペース 携帯電話などで通話できるフリースペースも各所に設けられています。 特急はるかのおすすめ座席 関空特急「はるか」の座席表です。 関空特急「はるか」は街の中を走りますので、特に景色が見えるというわけではありません。 夜には梅田付近で大阪駅近辺の夜景が見えます。 夜に乗車するなら「D席」(グリーン車はC席)に座ると夜景が見えます。 はるかには飲み物の自動販売機はあるのか? 関空特急「はるか」には飲み物の自動販売機はありません。 その他の車内販売もないので、必要なものは駅で買っておきましょう。 特急はるかの停車駅、所要時間 関空特急「はるか」は下記の駅に停車します。 関西空港駅基準で6時台から22時台までおおむね30分に1本で運行しています。 なお、特急はるかの米原から関西空港は6時台と7時台、関西空港から米原は19時台と20時台の上下2本のみの運行で、そのほかの時間は乗り換えが必要です。 上記は通常期の料金のため、繁忙期は上記の料金+200円、閑散期は上記の料金-200円となります。 関空特急はるかに安く乗るための割引きっぷ 関空特急「はるか」に利用できる割引きっぷは次のものがあります。 ・はるか早得往復きっぷ ・eきっぷ ・eきっぷ(乗継用) ・e早得 ・チケットレス特急券 ・eチケットレス特急券 ・J-WESTチケットレス 関西空港駅から京都と大阪までの普通車指定席の料金について、比較表を下記にまとめました。 (表記の価格は乗車券・特急券込みの値段です。 ) 京都~関西空港 新大阪~関西空港 備考 通常のきっぷ 3,830円 2,910円 はるか早得往復きっぷ 2,445円 1,885円 片道分 eきっぷ 2,840円 2,320円 e早得 3,360円 2,320円 3日前まで チケットレス特急券 3,230円 2,710円 eチケットレス特急券 2,840円 2,320円 J-WESTチケットレス 2,640円 2,020円 前日・当日限定 はるか早得往復きっぷ は、JR西日本が販売している往復切符です。 有効期間は14日間です。 関空特急「はるか」の普通車指定席を利用できます。 出発地周辺の駅のみどりの券売機やインターネット予約(e5489)、旅行会社などで販売しています。 発売期間は通年で、乗車日の1ヶ月前から3日前までに購入する必要があります。 姫路発着は姫路~新大阪間、岡山発着は岡山~新大阪間、福山発着は福山~新大阪間で新幹線普通車自由席を、広島発着は広島~新大阪間で新幹線普通車指定席を利用できます。 下記が関西空港からの各駅までのおとなひとりの発売価格(普通車指定席)です。 発着駅 価格 新幹線利用区間 米原 7,640円(1枚あたり3,820円) 近江八幡・草津 6,010円(1枚あたり3,005円) 石山 5,400円(1枚あたり2,700円) 京都 4,890円(1枚あたり2,445円) 高槻・茨木 4,180円(1枚あたり2,090円) 新大阪 3,770円(1枚あたり1,885円) 天王寺 3,060円(1枚あたり1,530円) 姫路 6,930円(1枚あたり3,465円) 姫路~新大阪(自由席) 岡山 12,020円(1枚あたり6,010円) 岡山~新大阪(自由席) 福山 15,690円(1枚あたり7,845円) 福山~新大阪(自由席) 広島市内 21,690円(1枚あたり10,845円) 広島~新大阪(指定席) eきっぷ 「eきっぷ」、「eきっぷ(乗継用)」、「e早得」はJR西日本のインターネット予約サイト「」で発売されている指定席特急券です。 eきっぷは特急券ですので別途乗車券(またはICOCAなどのICカード)が必要です。 「eきっぷ」「eきっぷ(乗継用)」、「e早得」は「e5489」の登録と「J-WESTカード」で決済することで購入できます。 「eきっぷ」は乗車当日でも購入が可能です。 ・eきっぷ はJR西日本が販売している特急券です。 単独で購入することができ、きっぷ受け取り前であれば何度でも変更可能です。 有効期間は1日間で、当日購入も可能ですが、「e5489」の登録と「J-WESTカード」での決済が必要です。 下記が関西空港駅からの各駅までのおとなひとりの発売価格です。 (乗車券運賃を含めた指定席の価格。 ) 発着駅 価格 米原 5,500円 京都 2,840円 新大阪 2,320円 天王寺 1,740円 ・eきっぷ(乗継用) はJR西日本が販売している特急券です。 同時に予約した新幹線用の「eきっぷ」と乗り継いで利用する場合にのみ使えるため、単独で購入することはできません。 有効期間は1日間で、当日購入も可能ですが、「e5489」の登録と「J-WESTカード」での決済が必要です。 下記が関西空港駅からの各駅までのおとなひとりの発売価格です。 (乗車券運賃を含めた指定席の価格。 利用がなさそうなので米原、京都は省略します。 ) 発着駅 価格 新大阪 630円 天王寺 490円 ・e早得 はJR西日本が販売している特急券です。 単独で購入することができます。 有効期間は1日間で、3日前までの購入が必要です。 また、「e5489」の登録と「J-WESTカード」での決済が必要です。 下記が関西空港駅からの各駅までのおとなひとりの発売価格です。 (乗車券運賃を含めた指定席の価格。 ) 発着駅 価格 米原 6,550円 京都 3,360円 新大阪 2,320円 天王寺 設定なし チケットレス特急券・eチケットレス特急券 とは「」の会員向けサービスチケットレスサービスの割引特急券です。 有効期間は1日間で、当日購入も可能です。 チケットレスサービスでは、スマートフォンやパソコンなどで切符を購入し、お持ちのICOCAや定期券などで改札を通ります。 による乗車方法の詳細については、JR西日本の公式ページでご確認ください。 「チケットレス特急券」と「eチケットレス特急券」の違いは、使用するクレジットカードの違いです。 「チケットレス特急券」はJRで利用できるクレジットカードならどのカードでも購入できます。 一方、「eチケットレス特急券」を利用する際には「J-WESTカード」での決済が必要です。 そのため、少し割安な価格設定になっています。 下記が関西空港駅からの各駅までのおとなひとりの発売価格です。 (乗車券運賃を含めた指定席の価格。 ) 発着駅 チケットレス特急券 eチケットレス特急券 米原~関西空港 5,830円 5,500円 京都~関西空港 3,230円 2,840円 新大阪~関西空港 2,710円 2,320円 天王寺~関西空港 2,070円 1,740円 J-WESTチケットレス(前日・当日限定) 「」は「」の会員向けサービスチケットレスサービスの割引特急券です。 「J-WESTチケットレス」は、「J-WESTカード」会員限定のきっぷですので、「J-WESTカード」での決済が必要です。 普通車指定席のみの設定で、乗車日の前日と当日のみ予約・購入が可能で、席数限定ですので、いつでも購入できる「eチケットレス特急券」よりも更に安い料金設定になっています。 下記が関西空港駅からの各駅までのおとなひとりの発売価格です。 (乗車券運賃を含めた指定席の価格。 ) 発着駅 価格 米原~関西空港 4,660円 京都~関西空港 2,640円 新大阪~関西空港 2,020円 天王寺~関西空港 1,600円 関空特急はるかと競合する交通機関との比較 関空特急「はるか」と同じ区間を運行する交通機関はJR関空快速と空港リムジンバスがあります。 大阪梅田~関西空港の各交通機関の比較 運賃・料金 所要時間 運行本数 JRはるか (新大阪駅で乗り換え) 2,540円~3,840円 約55分~70分 30分間隔 JR関空快速 1,210円 約70分 15~30分間隔 空港リムジンバス 1,410円~1,600円 約50分~80分 15~60分間隔(24時間運行) 天王寺~関西空港の交通機関の比較 運賃 所要時間 運行本数 JRはるか 1,740円~3,040円 約30分~45分 30分間隔 JR関空快速 1,080円 約50分 15~30分間隔 空港リムジンバス 1,450円~1,600円 55分~66分 60分間隔(10往復) 京都~関西空港の各交通機関の比較 運賃・料金 所要時間 運行本数 JR(はるか) 2,900円~4,200円 約75分~85分 30分~45分間隔 リムジンバス 1,750円(当日往復)~2,130円~2,600円 約85分~100分 15分~40分間隔 リムジンバスの各区間の解説 大阪駅前~関西空港 大阪駅前からのリムジンバスの所要時間は次の通りです。 第1ターミナル 第2ターミナル 新阪急ホテル 約50分~58分 約61分 ハービス大阪 約60分~62分 約73分~80分 このほかにもヒルトン大阪、茶屋町(ホテル阪急インターナショナル)、新梅田シティ(ウェスティンホテル大阪)、ヨドバシ梅田タワー(到着、降車のみ)から発着する便もあります。 運行間隔は次の通りです。 7時台~22時台は15~30分間隔 23時台~6時台は50~60分間隔 運賃は1,600円です。 往復で2,820円(14日有効、片道1,410円)まで安くなります。 天王寺(あべのハルカス)~関西空港 天王寺(あべのハルカス)からのリムジンバスの所要時間は次の通りです。 天王寺(あべのハルカス)~第1ターミナル:約55分~66分 天王寺(あべのハルカス)~第2ターミナル:約57分~66分 運行間隔は7時台~16時台で約60分間隔です(1日10往復) 運賃は1,600円です。 往復で2,900円(14日有効、片道1,450円)まで安くなります。 京都駅~関西空港 京都駅からのリムジンバスの所要時間は次の通りです。 天王寺(あべのハルカス)~第1ターミナル:約85分~88分 天王寺(あべのハルカス)~第2ターミナル:約96分~99分 運行間隔は4時台は40分間隔、5時台は30分間隔、6時台から18時台は約15~20分間隔、19時台~22時台は30分間隔です。 運賃は2,600円です。 往復で4,260円(14日有効、片道2,130円)まで安くなり、日帰り往復だと3,500(当日限り、片道1,250円)となります。 はるかにも乗れる宿泊も一緒ならさらにお得なJRセットプラン 関空特急はるかから乗り換えられる列車 京都駅 新幹線「」、「ひかり」、「こだま」 特急「」、特急「」、特急「」、特急「」、、 近鉄特急 新大阪駅 新幹線「」、「ひかり」、「こだま」 九州新幹線「」、「」 特急「」、特急「」、特急「」、特急「」、 天王寺駅 、、 日根野駅 特急「」、 関空特急はるかとは 特急「はるか」は現在は新大阪(米原・京都)~関西空港を運行しています。 1994年に関西国際空港へのアクセス列車のひとつとして登場したはるかは「関空特急」として広く知られています。 また、現在はラッシュ時間帯には停車駅を増やしたり、米原まで延伸運転したりすることもあり、通勤特急としても利用されています。 「はるか」という名前は空港の「空」、京都の「古都」「日本らしさ」などのイメージのことばということで、一般公募で選ばれましたが、応募件数はそれほど多くなかったそうです。 2019年より、近年の訪日外国人による利用増加に伴う自由席の混雑緩和のため、日中の上り列車のみ、普段指定席の3号車も自由席になっています。 また、現在は平日6本、土休日3本のみが9両編成で運転し、他は6両編成ですが、2020年3月からは新型車両「271系」が導入され、全列車(60本)が9両編成で運行されるようになります。 2024年度以降にはすべてが281系から271系に置き換えられる予定です。 「271系」は普通車にも全席にコンセントが設置されるそうです。 インバウンドによる訪日外国人の増加に伴い、2014年より訪日外国人向けの列車内無料公衆LANサービスが提供されていますが、利用にはゲストコードが必要です。 詳細はをご覧ください。 関空特急はるかの関連商品 まとめ ・特急はるかは関西空港と天王寺・新大阪・京都を結ぶ特急列車 ・281系で運行されているが2020年に新車両271系が導入される ・コンセントは付いていない ・飲み物の自動販売機は設置されていない ・約半数がキティちゃんラッピング電車 最後までお読みいただきありがとうございました。 よければブックマークお願いします。

次の

JR西西日本・特急はるか、自由席の混み具合は?

はるか 座席指定

JR西日本 281系 関空特急「はるか」 1994年9月。 世界に向けて、成田空港に次ぐ日本の大きな玄関口「関西空港」が開港。 この空港アクセスで、鉄道ではJR西日本と泉州沖沿いに路線展開している南海電鉄が担うこととなりました。 両社が空港アクセス専用の新型車両を開発。 一方のJR西日本が生み出したのは・・・柔らかなインバースラインを描く先頭形状とボディに純白を纏った281系。 古来日本の政治と商業の中心であった「京都」と、伝統と文化の「和」を現代風に表現したエクステリア。 そしてこれから遠くへと旅立つ人へ、その旅路の先にあるものに希望を抱かせるような「はるか」の愛称。 近年稀に見る「日本の伝統美」を感じさせる281系。 今日も遥かな旅の始まりと終わりを乗せて走ります。 その座席形状からか、直線的で整然とした雰囲気を漂わせています。 碁盤目状に「整然とした」街の並びをしていた古都・京都をイメージ・・・なんて表現は飛躍しすぎでしょうか。。。 対抗馬「ラピート」のスーパーシートに見られるような派手さとは好対照で、 しっとりと落ち着いた雰囲気は、JR西日本の新型特急車に「日本の伝統美」を刷り込んだかのよう。 そう、この「はるか」が求めたのは、視覚に激しく訴求させるものではなく、安定感のある「おだやかさ」です。 シートピッチは1,160mm。 フリーストップリクライニングは最大20度までの傾斜が可能。 ピローは固定式で、最近のトレンドである上下可動式にはなっていません。 このピロー、そしてインアームテーブルは、どっしりとしたフォルムの座席には不釣合いなほどの小ささ。 空港アクセスに特化した車輌ということで、乗車時間も考慮してこの大きさになったのではないかと思われますが、 やはりグリーン車座席(しかもA特急料金)にしては、見た目にやや物足りない感は否めません。 海外鉄道の「コンフォート・ワン」「ファースト」にあたるクラスですから、海外からの訪日観光客がどう感じるところか、 コストとのバランスも含めて、ぜひ本音の感想を聞いてみたいところです。 座り心地に関しては、格段文句のつけよう点も無く、全体的にバランスの良いものでした。 欲を言えば、ヘッドレスト部の張り出しがもっと大きく、視覚的な独立感が高められればよかったかな、と。 個人的には、目に優しいウォーミィな間接照明と、荷棚下に貼られた化粧生地が醸し出す雰囲気がグッド。 派手でもなく、寒々しくも無いシートモケットとともに、「はるか」のコンセプトを感じさせる点でもあります。

次の