嵐山 美術館。 展覧会

嵐山・嵯峨野・太秦・桂の美術館・博物館 クチコミ人気ランキングTOP12【フォートラベル】

嵐山 美術館

展覧会の概要 18世紀の京都には近年特に人気が高まっている伊藤若冲(1716~1800)をはじめ、多くの画家が活躍しました。 そのなかでも、円山応挙(1733-1795)は、現在の京都府亀岡市で生まれ、20代には「眼鏡絵」の制作に携わり、その後、狩野派の流れをくむ鶴澤派の画家・石田幽汀(1721-86)に入門し、狩野派の基礎を学びます。 その後、滋賀県大津市にある円満院門跡の祐常門主の支援を得て、「写生」を重視した絵画に取り組み人気を得ます。 さらに、「写生」を基本としながらも、現実には存在しない龍や見たこともない中国の風景や人物などを描くことに挑戦していきます。 一方、応挙の弟子である長沢芦雪(1754-99)は、現在の京都市伏見区淀に生まれとされ、父親は淀藩士でした。 初め「于しゅう」という署名で絵を描いていましたが、円山応挙に弟子入りし、27歳までには「芦雪」という署名を使っていたことが分かっています。 その後、応挙先生とは違う独自の作風を追求し、本物よりも大きなサイズで虎を描いた「虎図襖」(和歌山・無量寺)や、3㎝四方の極小サイズの紙にたくさんの羅漢を描いた「五百羅漢図」などユニークな作品を数多く残していきます。 本展覧会では、円山応挙と長沢芦雪の作品44点(うち初公開作品32点)を展示し、同じ題材を描いた作品の比較やそれぞれの画風の変化などをとおして、ふたりの画家の魅力に迫ります。 円山応挙( 1733-1795) 円山応挙は丹波国桑田郡穴太村の農家に生まれ、若くして人形や西洋風の遠近法を使った眼鏡絵を作っていた。 その後、石田幽汀(1721-1786)に入門して狩野派の基礎を学ぶ。 自らも絵を描き、本草学にも精通していた円満院門跡裕常(1723-1773)との出会いにより、「写生」を重視した制作を行う。 裕常没後、三井家のような豪商をはじめ多くの支援者を得て、大画面の屏風や襖絵の制作を精力的に行ってゆく。 晩年は目を患ったとされているが、寛政7年(1795)には「松に孔雀図襖」などの大乗寺障壁画を完成させる。 極彩色で描いた「牡丹孔雀図」(京都・相国寺)などとは対照的に微妙に濃淡をつけた墨だけで松や孔雀を描いた作品で、最晩年まで新しい表現を追求し続けた。

次の

福田美術館|【京都市公式】京都観光Navi

嵐山 美術館

png"• png"• png"• png"• png"• png"• png"• png"• png"• png"• png"• png"• png"• png"• png"• png"• png"• png"• png"• png"• png"• png"• png"• png"• png"• png"• png"• png"• png"• png"•

次の

コンセプト・概要

嵐山 美術館

美術館の構想は「京都に恩返しをしたい」という福田氏の熱意から生まれた。 京都で生まれ育ち、この地で創業しただけに、京都への思い入れは強いという。 「地元の皆様のおかげで事業を続けてこられたという感謝の気持ちがあるんです。 株式上場で得た利益をどのように社会に還元すべきか、両親が考えていたとき、たまたま嵐山の土地のお話を頂戴した。 それが2003年頃。 同時期に絵画を120点ほど買わないかというお話が来て……。 偶然が重なり『これは嵐山で美術館を開きなさいということだな』と感じたようです」 その120点のなかに重要文化財(渡辺崋山「于公高門図(うこうこうもんず)」)が含まれていたことも背中を押したそうだ。 「そうは言っても、美術館の運営にはお金がかかる。 維持するのはたいへんだと多くの方から聞いていたので、両親は相当な覚悟をしたのです」 福田美術館外観。 渡月橋を見渡せるカフェも。 川畑さんが館長就任を打診されたのは7年前のこと。 「結婚後は子育てに専念していましたが、何らかの形で両親の仕事を手伝いたいという思いはありました。 なので『役割をいただけるなら、がんばります』と。 美術の専門家ではないので学芸員の資格を取ることから始めました」 開館記念の「福美コレクション展」では、初公開となる狩野探幽の「雲龍図」や、およそ80年間も行方不明になっていた木島櫻谷(このしまおうこく)の「駅路之春(うまやじのはる)」などが注目される。 「個人的には竹内栖鳳の『猛虎』や葛飾北斎の『大天狗』もお薦めです。 躍動感のある構図の『大天狗』は、背景に蜘蛛の巣もあり、スパイダーマンのようなんです。 父のお気に入りは速水御舟の『山頭翠明』。 かなりの大作で、山がドーンと描かれている。 写真撮影は基本的にOKなのでSNSにどんどん載せてもらえたら。 スマホとイヤホンがあれば、音声ガイドも無料でご利用いただけます。 お客様に愛されて100年続く美術館を目指したいですね」.

次の