キーボード 比較。 一番安い茶軸キーボードはどれ? 19種類比較表

静音キーボードのおすすめ人気ランキング10選【2020年最新版】

キーボード 比較

パソコンやタブレットでの文字入力に欠かせないキーボード。 Logicool(ロジクール)を始め数多くのメーカーから発売されており、有線はもちろん、Bluetoothをはじめとした無線タイプも豊富にあります。 しかし、キーの配列やキーピッチ、キーストロークなど、チェックポイントが多いため、どれが良いのか迷ってしまいますよね。 そこで今回の記事では、 キーボードの選び方と、人気が高いおすすめの製品をランキング形式でご紹介。 ゲーミングモデルやマウスとセットの商品、コンパクトな商品などもピックアップしています。 どれもAmazon・楽天・Yahoo! ショッピングなどの通販サイトで手軽に購入できるものなので、ぜひ自分の用途に合ったキーボードを見つけてくださいね! キーピッチは、キートップの中心から隣り合うキートップの中心までの距離を示すもの。 標準的なデスクトップ向けキーボードは、キーピッチが19mmのものが多くなっています。 ただし、キーピッチが広いと本体のサイズも大きくなり、かさばりやすいというデメリットもあります。 逆に キーピッチが標準より狭いものは、コンパクトなので持ち運びをする方に最適。 ただし、指が太いとタイピングしづらいこともあるので、今使っているキーボードとも比較して、打ちやすさとサイズ感のバランスで選ぶことをおすすめします。 キーストロークとは、キーを押下したときの沈み込む深さのこと。 空振りしてしまったり、誤って隣のキーを押してしまったりといった タイプミスが多い方は、キーストロークが深めのものを選ぶのがおすすめです。 しっかりキーを押した感触が得られるので、ミスしづらくなります。 ただし、高速タイピングをしたい方には不向きです。 タイピング速度を高めたいなら、キーストロークが浅めのキーボードが良いでしょう。 指先が引っかかりにくく、スピードを出すことができます。 ただし、キーを押した感覚が薄いので、タイプミスしやすくなることも。 もし タイピング速度と打ちやすさを両立させたいなら、キーとキーの間に空間がある「アイソレーションタイプ」を選ぶという手もあります。 これなら、ストロークが浅いキーボードでもミスしづらくなりますよ。 ただし、タイプミスやタイピングが遅いといった悩みには、さまざまな要因があります。 あくまで目安としてご参照ください。 キーボードによっては、Fキー(ファンクションキー)・テンキーがないものもあります。 意外と見落としやすいポイントなので、選ぶときはしっかりチェックしましょう。 普段からFキーを使っている方は、Fキーの有無はもちろん、Fキーに割り当てられた独自機能も要確認です。 製品によっては、Fキーと特定のキーを組み合わせることで使える、独自の機能が備わっていることもあります。 上手く使えば作業時間の短縮にもなりますよ。 また、 数字入力が多い場合はテンキー付きがおすすめですが、テンキーレスよりサイズが大きく、かさばりやすいというデメリットも。 テンキーは後付も可能なので、サイズとの兼ね合いも検討しましょう。 なおテンキーは以下の記事で紹介していますので、あわせてぜひチェックしてみてください。 個性派キーボード! 長持ちで丈夫なパワフルキーボード 軽量でコンパクト。 0mm 19. 05mm 19mm 19mm - 19mm 16. 5mm - 19. 05mm 18mm 19mm 19mm 19mm 19mm - 19mm 19mm 19mm - 17mm - - 19mm 19mm キーストローク 4. 0mm 3. 8mm 3. 5mm 2. 6mm - 3mm - - 4mm 1. 5mm 2mm 2. 8mm 2. 5mm 3. 2mm - 2. 5mm 3. 5mm 3. 2mm - 1. 2mm - - 3mm 2.

次の

【比較】メカニカルキーボードVSメンブレンキーボードどっちを使うべき?【デスクトップPC】

キーボード 比較

Macのキーボードを英字配列にしたい?でも、初めての英字配列だから不安?なら、ここは 「US配列」 ではなく 「UK配列」 のキーボードを検討してみてはどうだろうか。 先日筆者は、これまで使ってきた 「MacBook Pro 13-inch 」 2016年モデルを手放し、新たに 「MacBook Pro 13-inch 」 2017年モデルを購入した。 2017年モデルの使用感や魅力、どのような人が購入すべきかについてはでお伝えしたのだが、レビュー公開後に複数の読者の方からとある質問を受けた。 その質問は、 ーーなぜキーボードを 「US配列」 ではなく 「UK配列」 にしたのか。 英字キーボードを好むユーザーの多くはおそらく 「US配列」 を選んでいると思うのだが、 筆者は個人的に 「UK配列」 の方が使いやすいように感じている。 今回はその理由について、少しばかり解説したいと思う。 関連記事 ・ ・ ・ 「JIS配列」 のキーボードはあまり美しくない 一般的に、日本で販売されている端末のキーボードは、「JIS配列」 が採用されていることが多い。 「JIS配列」 はそれぞれのキーにアルファベットとかな入力用の平仮名が記されており、Macの場合はスペースバーの左右に 「英数」 と 「かな」 キーが別々に用意されているのが特徴。 日本語と英語(アルファベット)が混じる文章を書く際には便利で、日本語入力に向いたキー配列になっている。 しかし、気になるのが 「かな入力」 用の平仮名がキーに記されていること。 多くのユーザーはローマ字入力を利用しているため、実質かな入力用の平仮名がほとんど意味をなしておらず、ただMacBook Proのスマートな見た目が台無しになるだけ。 筆者も文字入力にローマ字入力を利用しているため、かな入力用の平仮名は不要。 ということで、 美しい見た目を維持するため、英字配列キーボードを選んだというわけだ。 「US配列」 ではなく 「UK配列」 を選んだ理由 一般的に、英字キーボードといえば 「US配列」 を思い描く方が多いとは思うが、 今回筆者が選んだのは 「US配列」 ではなく 「UK配列」。 読者の方からは 「なぜUK配列?」 という疑問の声もいただいたが、それには明確な理由がある。 まずは 「US配列」 と 「UK配列」 の違いを見比べていただくために、Appleの純正キーボード 「Magic Keyboard」 の画像を用意したので、こちらをご覧いただきたい。 「UK配列」 は、キーの位置は 「US配列」 とほとんど一緒なのだが、大きく分けて2種類の違いがある。 まず1つ目の違いは キーボードのシンプルさ。 US配列では 「shift」 「caps lock」 「tab」 「return」 「delete」 キーにそれぞれキャプション 文字 が書かれているが UK配列は記号のみとなっている。 これらのキーは、わざわざキャプションを見て入力することもないため、UK配列の方が見た目は良い。 ちなみに、以前から筆者はUK配列キーボードを使っていた そして、2つ目の違いは 「 return エンター 」 キーの形が違うこと。 「US配列」 のreturnキーはshiftキーのような横長なのだが、 「UK配列」 のreturnキーの場合は 「JIS配列」 より小さいものの、代わりに 縦長になっており 「JIS配列」 に慣れた人からすると押しやすい形状になっている。 職場や学校などにあるパソコンはほとんどが 「JIS配列」 のキーボードを採用しているため、それらの端末を使う機会がある場合、普段とのギャップが少ないという利点がある。 以上の2点が 「US配列」 ではなく 「UK配列」 を選んだ理由だ。 英字キーボードは 「美しさ」 だけでなく 「使いやすさ」 も兼ね備える ちなみに、これは 「US配列」 「UK配列」 のどちらにも当てはまることだが、 英字キーボードを選ぶべき理由には 「見た目」 のほかに 「使いやすさ」 がある。 上記の画像を見ていただきたいのだが、「JIS配列」 は全体的にキーが左寄りになっているため、手をホームポジションに置いた時に 「return」 「delete」 キーが少し遠くて入力しづらい。 それに対し、 英字キーボードは 「JIS配列」 よりもキーが中央寄せで配置されているので、ホームポジションから手を離すことなく「return」 「delete」 が入力できるようになり、文字入力の速度や精度が向上する。 タイピングをする機会が多い方にとってはとても重要な違いだ。 「UK配列」 はUS配列のように使いやすい配列方式。 なおかつシンプルで美しいが、「return」 キーなどJIS配列にも近い部分もある。 個人的には英字キーボード初心者が選ぶにはピッタリなのではないかと感じている。 一度慣れてしまえば、さほど苦労せずにタイピングができる英字キーボードだが、切り替え当初はどうしても使いづらく感じるものだ。 そのギャップを埋めるための手段として、はじめのうちは 「UK配列」 を使ってみるのもいいかもしれない。 そのうち慣れてきたら、次のMacでは 「US配列」 のキーボードを選んでみるのもあり? もちろん 「JIS配列」 も悪いものでもない。 やはり日本語の入力に最適化されていることもあり、誰でも使える安心感がある。 見た目はともかくとして、これまで慣れ親しんできた 「JIS配列」 を使い続けたい、職場や学校の端末と統一したい、そう思うのであれば、これまで通り 「JIS配列」 を使った方が良いだろう。 MacBookの場合は、一度キーボードを決めたら次のモデルを購入するまで変えることができないため、キーボード選びはぜひ慎重に。 関連記事 ・ ・ ・.

次の

【比較】Razerキーボード比較まとめ【各モデルの違いを解説】

キーボード 比較

お詫び 電子ピアノは各社商品の供給が不安定なモデルあり、お届けに際してご希望に沿えない場合がございます。 皆様にはご不便をおかけしますが、何卒ご理解の程よろしくお願い致します。 また、一部モデルにおいて生産完了のアナウンスがございます。 新しいモデルは発表になりましたら随時ご案内致します。 島村楽器セブンパークアリオ柏店は柏・鎌ケ谷・松戸・我孫子・取手・守谷・白井など千葉県を中心に様々なエリアよりお越し頂いております。 ピアノの購入、選び方でお悩みの方は当店にお任せあれ! こちらのページは電子ピアノの選び方ページです。 アリオ館内には お子様が楽しめるスペースも充実しておりますので、ご家族でのお買い物もゆったりお楽しみ頂けます。 ピアノ選びは島村楽器セブンパークアリオ柏店にお任せください。 何卒ご了承ください。 ピアノレッスンは殆どがグランドかアップライトピアノですから、中には電子ピアノはしっかり触った事がないという方もおられます。 実は私も、最初は電子ピアノなんてどれも一緒だと思っていました。 確かに、 本物のピアノと構造が全く違う電子ピアノはあくまで「グランドピアノを真似る」事しか出来ないんですよね。 とはいえ電子ピアノは「音量調整が出来る」「楽しい機能が入っている」「場所を取らない」「調律が要らない」「安い」など、電子ピアノにしかない素晴らしいメリットがあり、多くのご家庭でご自宅の練習用に電子ピアノが選ばれています。 また 近年(ここ3~5年くらい)はかなり本物のピアノタッチ・響きに近いものも出ており、決して侮れません!電子ピアノメーカーの開発努力、恐るべしです…! ただし「電子ピアノ」と一言で言っても、メーカー・価格共に沢山あります。 一度ついた弾き癖を治すのってとっても大変なんです!何度も買い替えが出来るようなものじゃないから、しっかり使い方や違いを理解した上で、ピアノに近い失敗しないピアノ選びをしたいですね。 県外からも頻繁にご相談のお電話を頂いておりますので、どうぞお気軽にご連絡くださいませ。 担当者在時でしたら後ほどこちらから折り返しご連絡致します。 事前にご来店希望日をお伝え頂ければ、出勤時間の調整も可能です。 下見での気軽なご来店も大歓迎です。 皆様のご来店お待ちしております。 遠方の方もご安心下さい! 当店は千葉県北西部にございます。 チーバくんでいうと鼻の付け根あたりです。 「なかなかそこまでは行けないよ…」という地域にお住いの皆様もご安心ください!いろいろな方法でお手伝いは可能です! 実際にこれまでも札幌、横浜、名古屋、大阪、鹿児島など全国各地よりお問合せいただき購入のお手伝いをしております。 ご自宅でクレジットカード決済 ・店頭に直接ご来店いただかなくても、商品をクレジットカード支払いにて購入することが出来るようになりました! 1. お電話にてご購入の商品についてご連絡ください。 店舗より、お支払い合計金額とお手続き用のリンクをメールにてお伝えいたします。 ・お振込み手数料はお客様負担となります。 地元での試弾をご希望の場合 ・店舗での購入をご希望の方で、遠方にお住まいの場合は、お近くの島村楽器の店舗をご紹介する事も可能です。 お客様の最寄りの店舗にてご都合に合わせてスムーズな対応ができるよう、私と現地スタッフで打合せ致します。 Q、「そもそもピアノレッスンってどんなことをするの?」 A,ただ「音符どおりに鍵盤を押せればいい」わけじゃないのです! 目安ですが、「習い始め、初心者」に多い4~7歳くらいの子供であれば、早い子で2か月、遅い子でも半年ほどで、「両手演奏」「強弱記号」「スタッカート(跳ねるような短い音)」「スラー(音を伸びやかに繋げる)」といった演奏技法を学びます。 レッスン用ピアノ選びで大切になのは、これらの技法を 「出来たつもりにならない」こと。 ここを最初に理解しておくことは、ピアノ選びだけでなくこれからレッスンを上手に続けていく上でも本当に大切です。 趣味で楽しむのならともかく、お月謝を払ってレッスンに通う以上、「長く楽しく続けたい」「せっかくなら上手に弾けるようになりたい」という思いは誰にだってあるはず。 また子供の習い事であれば、単にピアノを弾けるようになるという事以上に、脳や心の成長にも大きな影響があります。 子どものピアノレッスンについてはこちらのページで詳しく書いておりますので、ご覧ください。 Q、どのメーカーが良いの? A、最初にメーカーを絞って選ばないで! この質問は本当によく聞かれるのですが、ズバリ…最初にメーカーを絞って選ぶ事はおすすめしません!当店では全てのメーカーを取扱い・展示しているのですが、同じメーカーの中でも機種によって全然特徴が違います。 ご検討の価格帯によって、どのメーカーの機種がおすすめかは変わってきます! 「このメーカーの音が大好き!」という選び方も決して悪くないのですが、電子ピアノ、特にレッスン用となればやはり「どれだけ本物のピアノに近い演奏感か」で選ぶ方が長くお使い頂けるんじゃないかな、と思います。 もちろん、メーカーによって音色やタッチに個性はあります。 あくまで参考程度にご覧ください。 メーカー 特徴 ヤマハ 言わずと知れた国内最大手楽器メーカー。 音源にもヤマハ最高峰グランドピアノの音を収録しています。 すっきりとしたクリアな音色が特徴。 レッスンモデルの「クラビノーバ」シリーズのほか、 本物のピアノと同じ鍵盤アクション構造を搭載した 「ハイブリッドピアノ」が人気です。 カワイ 海外でも人気の高い、大手国内楽器メーカー。 カワイグランドの 重厚感のある低音とキラキラした高音が特徴です。 特に鍵盤にこだわりがあり、白鍵だけでなく黒鍵も木製にしているモデルがあるのは カワイの大きな魅力。 タッチもかなり重めにつくられています。 ローランド 電子ピアノでは最も長い歴史を持つ、日本が誇る電子楽器専門メーカー。 電子ピアノがアコースティックピアノのような振る舞いをする為の最新技術・ ノウハウがあります。 現在モデリング音源を採用している唯一のメーカーです。 伸びやかな音で表現力に定評があります。 立体音響も手掛けている会社なので、小さい音やヘッドホンで聴いた時の 音の立体感、強弱変化はNo. 1です。 伴奏やBluetoothなど楽しい機能が充実しています。 筐体がコンパクトなモデルが多いことも特徴です。 カシオ キーボードでは物足りないという方に絶大な人気を誇るCASIO。 コンパクトなデザインやリーズナブルな価格帯が多いのも魅力。 シャープではっきりした音が特徴です。 上位機種「Celviano」シリーズは世界屈指のピアノブランドとコラボレーション しており、本格派ピアノをお探しの方にも注目度の高いメーカーです。 欧米では楽器メーカーとしてしっかりと地位を築いています。 コルグ 日本のメーカーです。 昔は京王技研を名乗っていた電子楽器メーカーで、 シンセサイザーは世界的にも一目置かれています。 現在は リーズナブルな価格の電子ピアノが充実しています。 趣味で弾く方にも人気のメーカー。 どのモデルもコンパクトですが、 明るくて力強い響きです。 モダンでお洒落なデザインが多いのも特徴です。 以前はハイグレードモデルまで作っていました。 アップライトピアノやグランドピアノの後付け消音ユニットも有名です。 Q、どれくらいの予算で見れば良いの? A、レッスン始めの初心者なら20~25万円クラスが一番人気! やっぱり気になるのは値段。 価格帯によってピアノの特徴も変わってきますので、ご自身の需要に合わせたものをお選びください。 レッスン初期であれば、年齢に関係なく20~25万円くらいのクラスが人気です。 価格帯 特徴 人気機種 ランキング 5~10万円 ほとんどがスタンド別売りの卓上タイプ。 持ち運びしたい、置き場所を何度も変えて使いたいという方におすすめ。 88鍵盤揃っている電子ピアノとしては 最安値の価格帯になります。 音・タッチ共にかなり軽めなので手軽さを最重要視する方におすすめ。 10~15万円 キーボードでは物足りないという方におすすめ。 スピーカーは2つ、鍵盤は樹脂製で軽めです。 小学生であれば、 バイエル半ばくらい(習って半年間くらいが目安)までのピアノになります。 強弱変化や表現力といった点では物足りないかも。 買い替えを前提とした、幼稚園くらいのお子様用として人気です。 15~20万円 「レッスンモデル」のエントリーランクがこちら。 ピアノらしい表現力がついてきます。 メーカーによっては木製鍵盤になったり音源の種類が上位機種同等になります。 まだまだ「ピアノ」として満足出来るレベルではないですが、 「レッスンには通っている」けど「出来る限り予算を抑えたい」という方におすすめ。 20~25万円 各メーカーが力を入れている、これから レッスンを始める方に一番売れ筋の価格帯。 スピーカーの数が4~6つになり音に立体感が出ます。 鍵盤も木製パーツを使用したものになり、アコースティックピアノに近い演奏力になります。 レッスン用であれば、「長く続くか分からないし・・・」とお悩みの方でも最低限これくらいがおすすめ。 ピアノの先生から推奨される事が多い価格帯です。 25~30万円 スピーカーの数も6~8つに増え、表現力がかなり増すので本格的な演奏も可能になります。 誰が聴いても違いが分かる程、音の響きに迫力と繊細さが増します。 もう既にある程度弾けるという方、もうワンステップ上を目指す方には必須のラインがこちら。 30万円以上 現時点で技術的には最高峰のクラスでかなりアコースティックピアノに近くなり、 「電子ピアノとアコースティックピアノのハーフ」のような存在のピアノが出てきます。 「本当はアップライトが欲しいけど、場所や音の問題があるから電子ピアノ」という方におすすめ。 インテリア性や機能性の高いタイプのモデルは含まれていません。 Q、「スタンダード(キャビネット)タイプ」と「コンパクトタイプ」の違いは? A、置き場所がOKならスタンダードタイプがおすすめ! 鍵盤の数(88鍵)はどのモデルも変わらないのでどのタイプも幅はさほど変わらないのですが、違いが出るのは奥行き。 スタンダード(キャビネット)タイプは平均45cm、コンパクトタイプは平均31cm、ちなみに本物のアップライトピアノは60cmくらいです。 コンパクトタイプはデザインもスタイリッシュなものが多いので、圧迫感が無くすっきりして見えますね。 ただし椅子を収納できるスペースが無いので、実際にお部屋に置いたときに必要となる面積はスタンダードタイプとあまり変わらないので要注意です。 「ピアノとしてどうか」という点ですが、同じ価格帯で比べるのであればやはりスタンダードタイプの方が性能は高くなります。 ピアノの音の響きはスピーカーが大きく影響するので、コンパクトタイプの場合それ以外のスペックが同じでも音の響き方に違いは出てきます。 とはいえ…ピアノを置いたときのお部屋の雰囲気も大事ですよね!どうしても置き場所に困っているというわけでなければスタンダードタイプをおすすめしたいところですが、無理のない範囲でお選び頂ければと思います。 「付加価値」で選ぶなら ピアノとしての基本性能のほかに、デザイン性や機能性など付加価値の高いモデルも存在します。 例えば… デザイン性NO. 1!Roland(ローランド)「Kiyola KF-10」 メーカー 品番 定価(税込) 通常販売価格(税込) Roland オープン ¥352,000 大手家具メーカー「karimoku」と電子ピアノメーカー「Roland」がコラボレーション。 天然木を仕様した素晴らしいインテリア性と、木製鍵盤やアコースティック・プロジェクションといった電子ピアノとしての高い技術の両方を兼ね揃え、見た目も音も美しいピアノです。 人間工学に基づいた設計の専用椅子の座り心地もおすすめ! 楽しさNO. 1!YAMAHA(ヤマハ) CSP-150 メーカー 品番 定価(税込) 販売価格(税込) YAMAHA ¥242,000 ¥214,500 新しいコンセプト、クラビノーバ・スマート・ピアノ。 スマートフォンやタブレットと接続し操作します。 お持ちのデバイス上に入っている曲を専用アプリ上で再生すると、ピアノの譜面を自動で生成してくれるという画期的な新機能を搭載。 憧れのミュージシャンのバックバンドで一緒に演奏している感覚で楽しめます。 昔はピアノをやっていたけれどブランクがあるという方や、ピアノに憧れはあるけれど・・・という方にも嬉しい「ストリーミングライツ機能」では、次に弾く鍵盤をライトが教えてくれるので楽譜が読めない方も楽しめます。 強弱とそれに伴う音質の変化が、自分の思うようについてくれるかどうかが大切です。 ピアノレッスンって必ず宿題が出ますよね。 まだ小さい子供、幼稚園くらいのうちから、「この曲は明るい雰囲気だから、元気に力強く弾いてみよう」「でもここは優しく柔らかいかんじで弾いてみよう」などなど、ただ楽譜にある音符をなぞるだけではない、まさに「表現力」の練習が求められます。 教室や発表会にあるグランドピアノは、子供の成長具合やその日の気分、「あっ最近練習サボってるなー?」という事まで分かるほど、弾き手によって音色の変化を感じることができる表現力があります。 やっぱり「出来た!」「褒めてもらった!」という経験が子どもにとっては最大のやる気に繋がりますよね。 「練習はいっぱいしたのに、褒めてもらえなかった…」というのは、もしかしたらピアノのせいかも?? だからこそ、グランドピアノほどでは無くても、 ピアニシモの優しく繊細な音色から力強く鋭いフォルテシモまでがしっかり表現できるかどうかというのは、レッスン用のピアノを選ぶ際には必ず気を付けたいポイントです。 特にレッスン用でお探しの場合は、誰がどう弾いても同じように綺麗な音が鳴るピアノでは勿体無いですよね。 電子ピアノは「総合力」で選ぼう! この「表現力」を左右するのが 「」「」「」です。 よく「鍵盤が本物のピアノに近いものが良い」と言われる事が多いですが、「音」の部分が満足点に達していないのに鍵盤だけやたら重い・・・というピアノは逆に弾きにくくて仕方ありません 汗。 どれか一つに特化して お金をかけて 作られたものより、 「総合点の高さ」で選ぶのがポイントです。 ここをしっかり理解した上で、ご予算やメーカーなどを絞っていくと良いですよ。 ひとつずつチェックしてみましょう。 「スピーカー」のはなし スピーカーは4つ以上がおすすめ! 電子ピアノの場合、この表現力(音の強弱や音色の変化)を大きく左右するのが、 スピーカーです。 良い電子ピアノほど大きなスピーカーを4つや6つもしくはそれ以上搭載しており、その分表現力の幅が本物のピアノに近くなっています。 私は電子ピアノの場合は鍵盤がどうこうよりもむしろスピーカーの方が重要度が高いとさえ思っています。 グランドピアノのように、高音は上から降り注ぐように、低音は足元から響くように鳴るのが理想的。 これは、「うちは小さい音かヘッドホンでしか弾かない」という方にとっては特に重要なポイントになります。 実は多くの電子ピアノは、ボリュームを小さくして弾くと全く強弱がつかなくなってしまうんです!!マンションにお住まいの方や夜間の練習も今後増えそうな方は、 ボリュームを小さくしても強弱の練習が出来るかどうかは要チェックです。 参考までに、各メーカー人気モデルのスピーカー搭載数を比較してみましょう。 価格帯 2スピーカー 4スピーカー 6スピーカー それ以上 ~10万円 クラス カシオ:PX-770 カシオ:PX-2000GP ヤマハ:YDP144 ヤマハ:YDP164 カワイ:CN29 ローランド:RP501R ローランド:F140R 15~20万円 クラス ヤマハ: CLP-635(完売) ヤマハ:CSP-150 ローランド:HP702 ヤマハ:CLP-645 (一部カラー完了) ローランド:HP704 カワイ:CN39 カワイ:CA48(在庫完売・当店展示品のみ) 20~25万円 クラス ヤマハ:CSP-170 カワイ:CA58 ローランド:LX705 25万円以上 クラス ヤマハ:NU1X ヤマハ: CLP-675(完売) ヤマハ:CLP-685 カワイ:CA78 ローランド:LX706 カシオ:GP-310 カシオ:GP-510 カシオ:GP-1000 カワイ: カワイ:CA98 7 生産完了モデル ローランド:LX708 8 ローランド:LX17 8 生産完了モデル 余談ですが、ヘッドホンを使用する場合はヘッドホンにも気を付けてみましょう。 (メーカー在庫終了及び一部モデルは店頭展示品販売のみ)• 生産完了モデル• 後継機種につきましては• 「鍵盤タッチ」のはなし 軽すぎる鍵盤に注意! 「家のピアノとレッスン先のピアノで鍵盤が違いすぎて、練習にならない!」という悲鳴をよく聞きます。 確かに軽すぎる鍵盤で練習すると指の力が養われず、悪い癖がついてアコースティックピアノが弾けなくなってしまいます。 特にこれから指の力を養っていく子供であれば尚更そのギャップは大きく感じていることでしょう。 ピアノレッスンでは指先の繊細な力の入れ具合の違いを学び、表現力を身に付けます。 電子ピアノの場合、 ・鍵盤を弾いたニュアンス(例えば弱さ強さ)を感じとるセンサーの数(精度) ・鍵盤の素材(構造) これらが鍵盤タッチの良し悪しを左右しています。 そしてそれ以外に「音」の部分も影響してきます。 優しく弾いてあげれば、楽器は優しい音で返事をしてくれます。 一生懸命練習していても、レッスン先や発表会で成果を発揮できないと悲しいですよね。 ただ鍵盤が重ければ良いというわけでもありませんが、なるべく普段から本物のピアノの鍵盤に近いもので指先を慣れさせてあげれば、本番でもギャップを感じる事なくのびのびと演奏ができ、音楽がもっと楽しくなります。 レッスン用であれば木製パーツを使用した鍵盤のピアノを選びましょう センサーの良し悪しは連打性などに出てくるのですが、ピアノを弾かない方や習い始めの子供には違いが分かりづらいですよね。 でも鍵盤構造は鍵盤の側面見ればすぐ分かるので、「良い鍵盤」の簡単な見分け方としておすすめです(カタログのスペック表でも分かりますね)。 電子ピアノの鍵盤構造は大きく分けて3種類あります。 軽いタッチのものが多く、爪が当たる時のカチカチ音が目立ちやすい傾向があります。 決して「プラスチックだから悪い」とは一概に言えませんが、グランドピアノやアップライトなど本物のピアノを弾いたときにギャップを感じる方は多いです。 鍵盤をどこか一つ押して側面を見ると木製かどうか分かります。 これも「木製だったら良い」というわけではないのですが、各メーカーがリアルな鍵盤タッチの再現に力を注いだ結果として、鍵盤の素材に木材を使用しているということでしょう。 程よい重さがあり連打性にも優れるので、悪い癖をつけない為にもおすすめです。 上位機種になればなるほど、鍵盤の長さや1鍵1鍵の重さ(本物のピアノは低音と高音で重さが違うんです!)がグランドピアノに近い構造になっています。 音はスピーカーから出るので電子ピアノですが、鍵盤部分は本物のピアノのつくりなので、いわば「電子ピアノとアコースティックピアノのハーフ」のような存在です。 スピーカーのシステムだけを見れば他の上位機種の電子ピアノの方が良いものもありますが、鍵盤にはとことんこだわりたいという方にはとてもおすすめです。 どのメーカーも最高級といわれるグランドピアノの88鍵全てを一つ一つ録音する 「サンプリング」という技術を使っています。 ただ録音された音を再生するのではなく、ピアノの響きを、より忠実に・より臨場感を持ってスピーカーから流す技術はどんどん進化しています。 また、ここ3年以内に発表されたレッスンモデルの中には 「モデリング」という新しい技術をつかっているものも多くあります。 録音された音を再生するのではなく電子機器の中で演算して音を作ります。 仮想空間の中にあるピアノを演奏しているので音の混ざりや伸びが非常に自然です。 「ピアノの音に含まれる成分」を細かく分析し、ピアノの音がどうやって響くかという過程を最新技術でデジタル化したもので、強弱変化や音の消え方がとても自然です。 イメージとしては 「サンプリング」CGをふんだんに取り入れた実写映画で、 「モデリング」はフルCGの映画と言えます。 古い電子ピアノをお持ちの方が「最近の電子ピアノは本物みたいねー!」と感動されている場面をよく目にします。 これから電子ピアノの購入をお考えの方は、ぜひ最新の音源を試してみてください。 メーカーによって録音したピアノや再生技術は違いますから、当然音色も多少違います。 ここは好みの問題が分かれるところですね。 もちろん同じメーカー内でもランクによって聴こえ方は変わりますが、おおまかな音源と音色の特徴を見てみましょう。 店頭で比べる時は同じ価格帯同士で比べてみてくださいね。 特に高音域はどのピアノも軽いので、軽く押してみたところでさほど違いは分かりません。 良いピアノになればなるほど、鍵盤を押す強さや弾く音階で、鍵盤の重さや音の響きに変化が現れます。 この変化があるかないかがとっても大事! どうか「初心者だから…」と恥ずかしがらず、適当な音でも構いませんのでまずは いくつかの鍵盤を同時に押してみましょう。 そして 小さい音・大きい音、低い音・高い音で試してみましょう。 何か曲が弾ける方は、簡単な曲でも構わないので 強弱をつけながら曲を弾いて比べて頂くと一番分かりやすいです。 できれば10本の指全てを使って弾いてくださいね。 ちなみにお店では、弾けない・分からない・恥ずかしい!という方には、スタッフが代わりに音出しをして聴き比べして頂いています。 マンションにお住まいの方や夜間にも練習したい方であれば尚更ですね。 もしそうであれば、店頭で試奏する時も ボリュームを絞って弾いてみましょう。 音量が大きい時と比べて、弾き心地や音の響き、特に強弱変化が全然違って感じるはずです。 私も電子ピアノを持っているのですが、今はマンションなので小さい音でしか弾けないので、「小さい音でも強弱がつくか」「小さい音で弾いたときに鍵盤が重すぎないか」は購入時の大切なポイントになりました。 ヘッドホン使用が多い方は、 ヘッドホンを借りて弾いてみましょう。 また、 座って弾くということも大切です。 良いピアノになればなるほど、座って弾いた時に一番良く音の響きを感じられるように作られています。 何卒ご了承ください。 1モデル。 スピーカーを4つ搭載しており、木製鍵盤の弾きごたえと厚みのあるサウンドを楽しめる人気のレッスンモデルです。 ひとつ下のモデル「CLP-635」と比べると響きに重厚感が増し、音に表情を付ける演奏が可能になっています。 ヤマハらしいクリアな音で聴き心地は良いと思います。 スピーカーは4つですが、正面に向いた設置位置と特殊な構造で音域の分離もよく空気感がリアルに再現されています。 このグレードでは奥行きが薄く作られていることも人気です。 ボリュームを小さくした時にもちゃんと強弱変化がついてくれるので幅広い年齢層、環境に対応できるピアノで、先生方からも「宿題が出しやすい」と喜ばれています。 ヘッドホン使用時も「え、これ本当に外に聞こえてないの?」と思うほど自然な奥行を感じる音で、長時間の練習でも耳が痛くならず心地良く演奏が出来ます。 お値段は少し高めですが、期待を裏切らないクオリティの高さです。 一度音を聴き比べて頂ければ差がすぐに分かると思います。 スピーカー数は6つ。 足元正面にボックススピーカーがついているので低音の響きや全体的な音の立体感が全然違います!表現力が本当に豊かなので、「下手に弾けばちゃんと下手に聴こえる」というのが本物のピアノらしくて凄い!レッスン用でお探しの方には是非一度ご検討頂きたいモデルです。 県外からも頻繁にご相談のお電話を頂いておりますので、どうぞお気軽にご連絡くださいませ。 担当者不在時でしたら後ほどこちらから折り返しご連絡致します。 事前にご来店希望日をお伝え頂ければ、出勤時間の調整も可能です。 下見での気軽なご来店も大歓迎です。 皆様のご来店お待ちしております。 一人一人のご環境に合わせてアドバイスします。 お気軽にご指名ください。 「電子ピアノ」と一言で言っても、メーカー・価格共に沢山種類があって、どれを選んだら自分に一番良いのか分からなくなりますよね。 島村楽器セブンパークアリオ柏店では、 全メーカーより豊富な品揃え、専門スタッフがお客様お一人お一人に合わせて 機種選びから納品まで完全サポート! ピアノアドバイザーの資格を持つスタッフが在中しておりますので、ピアノが弾けないという方にも代わりに弾いてしっかりご説明致します。 アリオ館内には お子様が楽しめるスペースも充実しておりますので、ご家族でのお買い物もゆったりお楽しみ頂けます。 ピアノ選びは島村楽器セブンパークアリオ柏店にお任せください。

次の