マイクラ スイッチ コマンド ブロック。 【マイクラ統合版】コマンドブロックの入手方法と基本的な使い方!【PE/スイッチ】

【マイクラ統合版】コマンドブロックの入手方法と基本的な使い方!【PE/スイッチ】

マイクラ スイッチ コマンド ブロック

コマンドでのアイテムIDの使い方 コマンド内でアイテムを指定するときは「ダイヤモンド」のような日本語名ではなく、「minecraft:diamond」という形のアイテムIDで指定する必要があります。 各アイテムのIDは、Java Editionではクリエイティブインベントリで確認することが可能です。 F3キーとHキーを同時に押して、高度な情報が表示される設定にします。 高度な情報が表示させる設定で、クリエイティブインベントリのアイテムにカーソルを合わせるとIDが表示されます。 統合版(BE)では、コマンドを途中までに入力するとアイテムIDの候補がアイコンと共に表示されるので、そこで確認することができます。 アイテムIDは、プレイヤーにアイテムを与えることができるgiveコマンドや、ワールドにブロックを設置することができるsetblockコマンド内で使います。 コマンドの入力については以下の記事で詳しく説明しているので、合わせて読んでみてください。 Java Editionは全てのIDが「minecraft:アイテム名」という形になっているのに対し、統合版は「minecraft:」がない形のIDです(実はJava Editionでもminecraft:の部分は省略できますが、記載するのが正式です)。 また一部のアイテムではアイテム名が異なっています。 そういったアイテムは、IDのあとに「データ値」を指定することによって種類を変更することができます。 例えば丸太はどちらも「log」というIDを使いますが、次のように記述することでそれぞれのアイテムを使い分けることができます。 setblockコマンドならIDの直後に、giveコマンドなら個数の後に半角スペースを入力し対応する数値を記述します。 丸太以外にも、石系のブロックやハーフブロック、色違いがあるブロックなどはデータ値によってアイテムを切り替えることになります。 Java Editionも1. 2以前のバージョンでは現在の統合版と同じ形式のIDだったので、古いバージョンで遊んでいる場合は統合版のIDを参考してみてください。 以上、マイクラのアイテムIDブロックID一覧でした。 setblockコマンドやgiveコマンドを使って一つ一つアイテムを確認しましたが、木材なのに燃えなかったり見えないけど通れなくなっていたりと、特殊なブロックがいろいろあって面白かったです。 ぜひあなたもコマンドを使って、たくさんのアイテムで遊んでみてください。 パーティクルIDは僕が載せたURLから行けると思います。 ぜひやってみてください。

次の

スイッチマイクラ エフェクトコマンド一覧

マイクラ スイッチ コマンド ブロック

ブロックを手に入れよう! コマンドブロックはクリエイティブモードのみで使えるブロックですが、 所持アイテムには含まれていないのでコマンド入力をして手に入れる必要があります。 この場合は20と入力したので、20個手に入りました。 設定画面 コマンドブロックを選択すると、設定画面が開きます。 ポイントしたときの注意:コマンドブロックにカーソルを合わせたときに表示する文字を設定できます。 ブロックの種類:衝撃、チェーン、反復のいずれかを選んでブロックのタイプを決定します。 条件:無条件、条件ありを選択できます。 主にチェーンタイプのブロックで使用する項目です。 レッドストーン:レッドストーンが必要、常にアクティブを選択できます。 主にチェーンタイプと反復タイプのブロックで使用する項目です。 レッドストーンはアイテム名ですがこの項目ではアイテムの事ではなく、レッドストーン信号の有無について設定することを指しています。 レッドストーン信号とは電気のようなもので、オン・オフを切り替えることができます。 レッドストーンが必要と設定した場合はその都度電源をオンにする、常にアクティブは電源を入れっぱなしにしているというような状態になります。 コマンド入力:ブロックに実行させたいコマンドを入力する項目です。 前回の実行結果:オンにしておくと実行結果のログが表示されます。 コマンド入力の例 衝撃タイプ 衝撃タイプでボタンを押したときにゲーム内時間で100秒間雨を降らせる.

次の

コマンドブロック付きトロッコ

マイクラ スイッチ コマンド ブロック

目次(クリックでジャンプ)• スーパー村人とは 好みの村人って具体的にどんなの作れるのよ? ってとこですが 外見を選ぶ、防具を着せる、武器を持たせる、 取引内容を好きなように作れる、 倒した時に身につけていたものをドロップする、 とんでもないHPにする、光らせる、 歩かなくさせる、などなど… つまり、思いつくことは大体なんでもできます。 村人を出すコマンド まずはコマンドブロックを出します。 コマンドブロックを適当なところに置いて 右クリックするとコマンドを入力できます。 先程コマンドブロックを与えるときは give でしたね。 で、ボタンなんかをコマンドブロックの隣に置いて ぽちっとすれば召喚できます。 村人の詳細をカスタム まぁ、これだけだとなんの意味もないので ここからいろんなものを付け加えていきます。 え…めんどいんだけど… と思われた方もいらっしゃるかと思いますが 便利なサイトがあるので簡単に作れちゃいます。 Minecraft Villager Shop Generator クリックで選んでいくだけで簡単に村人が作れます。 英語ですがなんとなくカンでどうにかなるかな…。 取引内容もアイコンで選択できるのでかなり親切なサイトです。 Nanoは英語力が皆無なので ちゃんとした説明はできないのですが 簡単に、ざっくり説明いたしますと 一番上にある村人の画像、 どれも村で見たことのある人々だと思いますが、 この中のどの 見た目にするかクリックして選びます。 その下に職業が書いてありますが、 特に気にせず選ばなくてもOKです。 その下にある文字入力欄は 村人の名前です。 チートな村人を村に放つなら付けておいたほうがいいですね。 ハイパー宝石商とか他の村人とはかぶらない名前がいいと思います。 すぐ下にあるチェックボックスにチェックを入れると 名前を表示します。 チートな村人なのでわかりやすく表示しておいたほうがいいかと思います。 さて、だんだん英語満載になってまいりましたが…。 Invulnerable は 不死身です。 死にません。 無敵です。 サバイバルではね。 Persistent は デスポーンしない。 チェックを入れないとデスポーンしちゃいます。 Silent は「はぁ~はぁ!はぁ?」とうるさい 村人の声はなしです。 Can Pick up Loot は アイテムを拾います。 チェックを外すと拾いません。 No AI ここ大事です。 チェックを入れると「 動きません」 No AIについて ここ大事ですと書いたので説明をば。 後述の設定で歩く速度を設定できるのですが、 「動かない」と「歩かない」には大きな差があります。 コマンドブロックで召喚された村人は コマンドブロックの上に召喚されます。 「動かない」村人は コマンドブロックを撤去しても動かないので 空中に浮いたままです。 それはそれは不自然ですw 動くけど 「歩かない」村人は コマンドブロックを撤去すると地面に着地します。 コマンドブロックのお立ち台をそのままにするとか 浮いてる村人を作りたい場合は No AI にチェックを入れるといいです。 普通に地面に着地していてほしい場合はチェックを入れてはいけません。 設定の続き ではざっくり解説の続きに戻りまして。 Villager Tweaks の項目ですが Disable Knockback は村人に ノックバック耐性をつけます。 (他の方法でも付けられます) Disable Movement speed は上記の 「歩けない」方です。 チェックを入れるとスピードが0に設定されます。 Extra HP は HPを99999にします。 Dont reward XP は 取引の際に経験値をもらうかもらわないかです。 Add effects の項目は エフェクトの色を選べます。 Shop content の項目で 取引内容を作っていきます。 左側がプレイヤーが渡すものと個数、右側がもらうものと個数です。 アイコンをクリックして品物を選択して個数を指定します。 右下にある Add shop item ボタンをクリックで取引項目を増やします。 で、下の方に綺麗な書式でコマンドが表示されているかと思いますが このままコピペしてはいけません。 改行とか入っていてはいけないので Minify command をクリック。 そうするとずらーっと英数字が並ぶと思いますが これがコマンドです。 こちらをコピーしてコマンドブロックの入力欄にペーストします。 でも実はもっと細かい設定もできるんです。 ここに載っていないブロックなども取引項目設定することができますし 村人を光らせたりいろんなものを装備させたりもできます。 もっと細かいことまで さて手入力で… となるとまた面倒になってきますのでNanoのオススメはこちらのサイト。 MCStacker 先程のサイトよりちょっと難しいですが こちらのサイトは村人だけでなく あらゆるコマンドを作るのにかなり 本気で便利なサイトです。 エンチャントなんかもさくっとできちゃいます。 今回は村人を作るので Command Type は Summon です。 Entity のところで villager を選びます。 ええと…あまりにも項目が多いので… しかもNanoは英語が苦手なので… 先程よりもっとざっくり解説しますね() Name で村人に 名前を付けます。 横の Hide Name にチェックを入れると 名前を表示しません。 表示してほしいのでチェック入れないとして…。 殆どの項目はすっ飛ばしまして() まず左側から。 先程と同じ No AI という項目がありますが、 前述の通り取扱い注意です。 ノックバック耐性とか先程も出てきたものも並んでますね。 Movement Speed こちらが 歩く速度です。 先程のサイトではチェックを入れると0が指定されましたが こちらでは好きな数値にできます。 ゆっくり歩いてほしいとかそういう。 うろうろされたくないので0にしまして その場にとどまってもらいます。 で、No AI だと空中に浮いちゃうし こっち向いてくれないしってなるんですが AIあるけど歩けないだけだと 他の村人同様こっち向いてくれます。 で、Nano的に面白いけど実用性なし!って項目が Glowing です。 こちらにチェックを入れますと 村人の輪郭が光ります。 ただ光るだけなら目立っていいのですが… なんと建物などの障害物があってもお構いなしに透けて見えます。 内容はなんとなく察してください() で、どれかにチェックを入れますと更に設定が出てきます。 例えばわかりやすく(?) Luck にチェックを入れてみます。 そうすると何秒間エフェクトを出すかとか、 パーティクルは表示しない Hide とかを設定できます。 先程の Glowing と違って ずっと光り続けないため 指定したときだけエフェクトが出るので ちょっとイイ感じになりますw 右側には持たせる裝備を指定できる欄がありますね。 デフォルトでは None になってるところです。 Holding では右手で持つ武器…とも限らない…持つものです。 英語で途中まで入力すると 該当する候補がドロップダウンの中に出てきますので 完全にスペルを覚えていなくても大丈夫です。 例えばdiamまで打つと ダイヤモンドのなんちゃらが候補に出てきます。 随分贅沢な村人ですが ダイヤの剣でも持たせてみましょうか。 Diamond Sword を選択します。 すると下に何%の確率でドロップするか、 何個か、名前は…などの項目が出てきます。 え…ドロップって殺す前提ですかw って感じですがそんなこともできちゃいます。 しかもエンチャントまで付けられます。 下に並んでるチェックボックスのところですね。 贅沢すぎだろ…。 同じことが オフハンド Offhand でもできます。 ちょっと意味がわからないってツッコミはなしの方向で 釣り竿 Fishing Rod でも持たせてみます。 こちらもドロップ率やらエンチャントやらが出てきます。 実際にサイトを開きながらお読みいただいている方は お気付きかもしれませんが こちらのサイトのすごいところは この エンチャントでもあります。 ちゃんとそのツールに付けられるエンチャントのみが表示されるんです。 しかもそのエンチャントのレベルまで指定できます。 この手に持っているものですが、 村人の姿を思い出してください。 両手は袖の中です。 つまり、なんか面白いもの持たせてみよう! と思っても別に表示されませんのでご注意ください…。 じゃあ意味ないじゃん…て? そんなことないんです。 この下の Head は表示されるんですよ。 それがまったく防具とは無関係なものでも。 頭がジャック・オ・ランタンでも、 ダイヤモンドブロックでも、かまどでも!w 最早村「人」ではない気がしますが 遊び心ってやつでございます。 こちらがあの 村人の外見の部分です。 農民とか牧師とかそういう。 その下の Career でもっと細かい職業を選べますが… 取引内容をチートにするなら まったくもって無意味ですので Not Set のままでいいかと思います。 取引内容を作る いい加減取引内容を作りましょうか…。 もう色々すっ飛ばしてますが Recipes のところにある Make Offer ボタンをぽちっと。 すると現れる 取引内容欄でございます。 Reward XP にチェックを入れると 経験値をもらえます。 Max Uses で 何回まで取引可能か指定できます。 最初から入っている数字がびっくり多いのでそのままでも…。 で、村人との取引画面を思い出していただきたいのですが、 こちらが 渡すものが2枠ありますよね。 2種類渡さないといけないっていう。 Buy A cost の方が1種類目で、 通常こちらのみですね。 2種類目が必要ない場合は Buy B cost の方は空欄のままにしてください。 品物は英語ですがほぼ全てのものが指定できます。 ほぼ、というのは、一部用意されてないものがあるからです。 用意されてないものを入力したい場合は コマンドを全部作り終わってから手入力で修正しましょう。 Count は 個数です。 種を64個とか、そんな感じで自由に指定できます。 その下の枠が 村人から受け取るものです。 Sell のところで先ほどと同じように欲しい物を指定します。 わりとなんとなくで候補が出てくれるすぐれものですw エメラルドより使用頻度の高い ダイヤモンドなんてのもできちゃうんですね。 左下の Remove Offer ボタンをクリックすると この 取引を削除できます。 取引を増やすときはちょっと上に戻って 先程ぽちっとした Make Offer でいくつでも増やせます。 が、注意です。 いろんな設定を増やして いっぱい物を持たせてたくさん取引を設定して… 当然文字数が増えますので… コマンドブロックに入力しきれない とかいうオチにならないよう 取引の数は程々にしてください。 下にコマンドが生成されてますので、これをコピーして コマンドブロックの入力欄にペーストします。 あとはボタンか何かをぽちっとすればチートな村人が召喚されます。 サバイバルでもボタンは押せる 余談ですが、 コマンドブロックにコマンドを入力するには クリエイティブモードでなくてはなりません。 が、 ボタンを押して物を出したり召喚したりというのは サバイバルモードでもできます。 強い裝備をコマンドブロックで作っておいて 壊れそうになったボタン一つで新品が… なんていうぬるゲーもできちゃうわけですw 以上で すごくざっくりなコマンドで村人作っちゃう解説 となりますが まぁ、まったく自分で書かずにジェネレーター任せという… 解説の意味あった?ってやつですが、 一応エンドロットが入ってないから手入力しちゃうとか、 そんな場合の 注意点です。 普通のメモ帳で改行とかしちゃダメです。 分かりやすくするために スペースとか入れちゃってもダメです。 UTF-8 N で保存できる(ボムなしってやつ) テキストエディターを使ってください。 NanoはTeraPadを使ってますが 他にも色々あるみたいなので 使いやすいものを探してみてください。 あ、コピペしたまま改行もせずにスペースとかも入れずに 文字列だけ部分的に入れ替えるだけって感じなら 普通のメモ帳で大丈夫です。 コードを書くってなると長いし読みにくいしちょっと辛いかと…。 ではでは、長くなりましたが コマンドで遊ぼう:村人編は以上です。

次の