ハンプ バック ライブ。 Hump Backのメンバーやバンドのwikiを調査!おすすめ曲も紹介!

Hump Back(ハンプバック)のチケット│チケット流通センター

ハンプ バック ライブ

Hump back(ハンプバック)は女子の3ピースバンド。 最近は女性ロックバンドは総じてみたいと呼ばれてしまうのが少し残念。 例えればはに聞こえてしまう。 しかしHump backはそういうかわいさが少ない。 まだまだ荒削りだからなのかもしれないがHump Backの活躍について見ていこう。 2018年6月!Hump backメジャーデビュー 2018年にhump backは晴れてメジャーデビューする。 メジャー1stシングルは「拝啓、少年よ」 MVが先行公開されている。 サビの Ah もう泣かないで 君が思うほどに 弱くはない Ah まだ追いかけて 負けっぱなしくらいじゃ 終われない このメロディーと歌詞はどこか懐かしいものがある。 2000年代始めの音楽で多かったメロディーラインだろうか。 どこかでこんな雰囲気の曲は聴いたことがあるはずだ。 だけど、ここまで惹かれるのは今までこういう音楽が世の中に出ていなかったからだろう。 「拝啓、少年よ」というタイトルから推測するにおそらく夢を追いかける人への曲なのだろう。 全ての夢追い人を「少年」という一言で表現している。 歌詞の中に「少年」が一度も出てこないのもポイント。 昔の自分に向けて唄っている曲なのだろうか。 「拝啓、少年よ」だけを聞くとバチバチのロックバンドだと思われる。 Voはスカジャンを着て金・茶髪で。 それが星丘公園を聞いてみよう 総合的により少しゲインが効いていて、よりピッチが早いバンド。 からとつながったロックバンド女子部門を新しく脅かすような存在になることだろう。 ちなみにはHump backのことを認めている。 ではもう一曲! 疾走感しかない。 冒頭から終わりまで演奏しっぱなし、歌いっぱなし。 ドラムのドコドコドコドコでさらに加速する。 一度曲に乗ってしまったHump backは止まることなく走り続ける。 Hump Back結成は2009年 2009年にHump backは結成された。 そうすると10年近く地下に潜っていたのかと思われるかもしれない。 潜りたくて潜っていたわけではない。 メンバーがいなく潜るしかなかったのだ。 Hump backの現在のメンバーで落ち着くまでVoが一人で守っていたこともある。 そこまでして音楽をしたかったHump backは夢をあきらめないことや日常の何気ない一コマを4分のロックに乗せるのが非常にうまい。 2018年間違いなくHump backは売れるだろう。 「拝啓、少年よ」リリース記念ライブを6月(東京)、7月3日(大阪)で行う。 整理券とシングル「拝啓、少年よ」を持参する必要がある。 興味がある人は是非行こう! 2018年はHump backの一年だ。 dentoalman.

次の

Hump Back 大阪発ガールズバンドが世間に嘆く“僕“らのうた

ハンプ バック ライブ

Hump Back は出身の3ピースロックバンドです。 【今日のお写真📸】 6. メンバー構成• 林萌々子(ボーカル・ギター)• ぴか(ベース・コーラス)• 美咲(ドラム) バンドの特徴・ボーカルの声質• バンドの特徴:思わず拳を上げたくなるような、非常にエモーショナルなが特徴です。 3ピースのシンプルかつキャッチーなアレンジは耳馴染みが良く、聴き続けていても全く飽きないのがHump Backの楽曲の魅力でもあります。 また、ボーカルの林萌々子は愛犬を詞にするほど大の動物好きです。 声質:力強さの中に切なさを感じさせる シャープでハスキーな声質です。 明瞭感があり、耳にスッと入ってくる魅力的な声です。 Hump Back 林萌々子の声質 おすすめのライブ&フェス定番の5曲 拝啓、少年よ.

次の

Hump Back

ハンプ バック ライブ

Hump back(ハンプバック)は女子の3ピースバンド。 最近は女性ロックバンドは総じてみたいと呼ばれてしまうのが少し残念。 例えればはに聞こえてしまう。 しかしHump backはそういうかわいさが少ない。 まだまだ荒削りだからなのかもしれないがHump Backの活躍について見ていこう。 2018年6月!Hump backメジャーデビュー 2018年にhump backは晴れてメジャーデビューする。 メジャー1stシングルは「拝啓、少年よ」 MVが先行公開されている。 サビの Ah もう泣かないで 君が思うほどに 弱くはない Ah まだ追いかけて 負けっぱなしくらいじゃ 終われない このメロディーと歌詞はどこか懐かしいものがある。 2000年代始めの音楽で多かったメロディーラインだろうか。 どこかでこんな雰囲気の曲は聴いたことがあるはずだ。 だけど、ここまで惹かれるのは今までこういう音楽が世の中に出ていなかったからだろう。 「拝啓、少年よ」というタイトルから推測するにおそらく夢を追いかける人への曲なのだろう。 全ての夢追い人を「少年」という一言で表現している。 歌詞の中に「少年」が一度も出てこないのもポイント。 昔の自分に向けて唄っている曲なのだろうか。 「拝啓、少年よ」だけを聞くとバチバチのロックバンドだと思われる。 Voはスカジャンを着て金・茶髪で。 それが星丘公園を聞いてみよう 総合的により少しゲインが効いていて、よりピッチが早いバンド。 からとつながったロックバンド女子部門を新しく脅かすような存在になることだろう。 ちなみにはHump backのことを認めている。 ではもう一曲! 疾走感しかない。 冒頭から終わりまで演奏しっぱなし、歌いっぱなし。 ドラムのドコドコドコドコでさらに加速する。 一度曲に乗ってしまったHump backは止まることなく走り続ける。 Hump Back結成は2009年 2009年にHump backは結成された。 そうすると10年近く地下に潜っていたのかと思われるかもしれない。 潜りたくて潜っていたわけではない。 メンバーがいなく潜るしかなかったのだ。 Hump backの現在のメンバーで落ち着くまでVoが一人で守っていたこともある。 そこまでして音楽をしたかったHump backは夢をあきらめないことや日常の何気ない一コマを4分のロックに乗せるのが非常にうまい。 2018年間違いなくHump backは売れるだろう。 「拝啓、少年よ」リリース記念ライブを6月(東京)、7月3日(大阪)で行う。 整理券とシングル「拝啓、少年よ」を持参する必要がある。 興味がある人は是非行こう! 2018年はHump backの一年だ。 dentoalman.

次の