タバコ 電子。 電子タバコ(でんしたばこ)とは

電子タバコの種類|アイコスやグローなどの加熱式タバコと徹底比較

タバコ 電子

喫煙者は肩身が狭い昨今、周囲の迷惑を考えて紙巻きタバコから、「アイコス」「グロー」「プルームテック」などの「加熱式タバコ」に切り替えた人も多いだろう。 少なくとも副流煙の問題はかなり軽減されるし、吸う当人にとっても肺がんの要因とされているタール量が軽減できるので、もし減煙・禁煙を考えている人なら、1歩前進だ。 だが、最近よく耳にするのが「VAPE(ベイプ)」という言葉。 どうやら電子タバコのことのようで、「VAPE」に切り替えると事実上禁煙が達成できるというが、一体「加熱式タバコ」とどこがどう違うのだろうか。 「VAPE」の本体はサイズや形状もさまざま。 自分の使用スタイルに合ったものを選べる <目次> 【関連リンク】 ニコチン入りの「アイコス」「グロー」「プルームテック」は、日本では「電子タバコ」と呼べない 最初に伝えたいのが、「アイコス」「グロー」「プルームテック」などの「加熱式タバコ(たばこベイパー)」は、税金がかかっている立派な「タバコ」であり、「電子タバコ」=「VAPE」とは別モノということ。 グリセリンを含んだタバコ葉を、燃やさず高熱で加熱することによってニコチンを含んだ蒸気を生じさせ、吸い込むのが加熱式タバコの特徴。 「プルームテック」だけは異色で、グリセリンの蒸気を発生させて、タバコ葉を細かく刻んだ「たばこカプセル」を通してニコチン入りの蒸気を摂取する仕組みだ。 「アイコス」「グロー」に比べて温度が低い蒸気のため、ほとんどニオイを出さない。 この「プルームテック」の仕組みは、実は「VAPE」と非常によく似ている。 最後のたばこカプセルを通す手前までは同じ構造で、「たばこカプセル」を香料に置き換えて香りを楽しむのが「VAPE」。 つまり、一般的に「電子タバコ」と呼ばれているものは、日本国内ではニコチンを含まないので正確には「タバコ」ではない。 これこそが、「VAPE」への切り替え=禁煙となる理由だ。 似ているようでまったく違う、「VAPE」と加熱式タバコの立ち位置 ノンニコチンの「VAPE」はタバコと言うより「アロマ機器」? 「電子タバコ」と呼ばれる「VAPE」は、ニコチンやタールを含んでいない。 かつて禁煙グッズとして大流行した「禁煙パイポ」という、タバコ型でメンソールなどの香りを吸い込むツールがあるが、それの延長線上にある製品と考えるといい。 吸い込むのは香料を含んだリキッドで、蒸気を発して擬似的な煙を発生させるところが「禁煙パイポ」との大きな違いだ。 欧米などではニコチンを添加したリキッドが販売されており、確かにタバコ(「eシガレット」などと呼ばれる)そのもの。 しかしニコチンを含んだリキッドの販売は日本では禁じられているので、日本で流通している「電子タバコ」=「VAPE」はノンニコチンで、「タバコ」ではない。 むしろ、さまざまなフレーバーの蒸気を吸引するという用途で考えれば、「アロマ機器」と呼べるだろう。 「VAPE」の健康面への影響は? 「VAPE」に使用するリキッドの主成分は、食品添加物や薬品のベースに使われるプロピレングリコール(PG)と、植物性グリセリン(VG)を混合したものがほとんど。 加熱すると白い蒸気を発する。 ちなみに、「アイコス」などの加熱式タバコの蒸気も同じ成分で、コンサートなどで焚かれるスモークもこれ。 そこに香料が添加されて、電子タバコ用リキッドとして販売されているのだ。 どれも食品レベルの成分なので、大量に摂取しなければ人体に悪影響を及ぼすものではないと現時点では考えられている。 とはいえ、電子タバコ自体の歴史が浅いのと、日進月歩で機器が進化しているため、研究結果が出ていないというのが実際のところだ。 なので、自己責任で楽しむかどうかを決める必要がある。 Rocket Fuel VAPErs(ロケット フューエル ベーパーズ)の「Reaper Blend(リーパー ブレンド)」という、筆者がいろいろ試して1番タバコに近いと感じたリキッド。 30mlで2,400円程度と高めだが、そのくらいの価値はあると思う。 ちなみに、非喫煙者が吸うとすごくまずく感じるらしい 信頼できるルートで購入を! 「VAPE」はどこで買える? リーズナブルなものから爆煙タイプまで、「VAPE」の種類は無数だ。 海外製が大半で、流通している全体数を把握できないほどの製品が世界中に存在している。 中国製の製品が多いが、信頼できるメーカーの正規品を入手したほうが無難だ。 電子タバコ専門店「vape studio」や、「ドン・キホーテ」などの電子タバコ売場、amazonや楽天などのインターネット通販でも、名の知れたショップなら偽物をつかまされるリスクは少ない。 「vape studio」実店舗での対面販売は、選び方・使い方の相談からリキッドの試吸までできるのが強みだ。 価格は割高だが、初心者ならサポート代込みの値段と考えてもいい。 いっぽう、格安で入手できるネット通販の場合は偽物が流通していることもあるので、レビューを確認する、信頼できるショップで入手するなど自己防衛が必要になる。 「ego AIO」が「VAPE」初心者にすすめられがちな理由3つ ここからは、「VAPE」を実際に使っていく。 細かい使い方は機種によって異なるが、ほとんどの機種が本体を充電し、リキッドをタンクに入れるだけで楽しめる。 今回使用する機種は、「vape studio」スタッフや「VAPE」ユーザーに聞いても、初心者に向けとの定評が高いJoytech社「ego AIO(イーゴーエイアイオー)」だ。 もっと簡易的で導入コストの低い「FLEVO」のような製品もあるが、交換カートリッジが割高。 メイン機種として長く使うなら、「ego AIO」のようにシンプル構造の製品がいい。 また、タバコからの切り替え組は紙巻きタバコサイズのものを選びがちだが、初心者こそ、多少サイズが大きくても操作性とメンテナンス性にすぐれたものを選んだほうがよいと思う。 紙巻きタバコや「アイコス」などの加熱式タバコから「VAPE」への切り替えが可能かどうかのポイントは、「操作しやすい機種を入手できるか」「気に入ったフレーバーのリキッドが見つかるか」という2点に集約される。 使用できるフレーバーが限られる「FLEVO」で紙巻きタバコが止められなかったという人も、無数にフレーバーを選べる「VAPE」なら可能になるかもしれないので、試す価値はあるだろう。 初心者にうってつけとの評判が高い「ego AIO」。 ネット通販なら2,000円代から、対面販売でも4,000円程度で入手可能 「ego AIO」は少々太めのサイズ感だが、初心者にすすめられるのには理由がある。 そのひとつがリキッドの充填のしやすさで、これがかなり重要。 リキッドはオイルのようなものなので、こぼすとそこらじゅうベトベトになる。 また、タンクとバッテリー部が一体構造になっており、リキッドがもれにくいのが2つめのポイント。 「VAPE」をカバンに入れておいたらリキッドがもれて、財布や大事な資料がベトベトに……なんてことになる心配が少ないのだ。 3つめのポイントは、吸い口(マウスピース)の内部がらせん状になっている点だ。 いざ吸う段になって驚くのが、コイル内部でリキッドがうまく気化されずにパチッと跳ねて口に当たる時があること。 その「火傷するほどではないがそれなりに熱い」リキッドに驚いて懲りてしまう人もいるのだが、吸い口の内部がらせん状になっていることで、跳ねたリキッドが口に届かなくなっている。 リキッドが入れにくくもれやすいタバコサイズは、実は初心者にはあまり向かない。 紙巻きタバコに比べると太く存在感もあり、ずっしり来るのは言うまでもないが、ここは操作性とメンテナンス性を優先する 「ego AIO」は開口部が大きいので、リキッドがこぼれにくい。 空焚き防止のため、リキッドを充填したら内部に染み込ませるために15分くらい置いてから使い始めること 本体を起動し、ボタンを押して0. 5秒待つくらいのタイミングでゆっくり吸い込む。 押している間は蒸気が流れ込む。 「吸い込んだな」と思ったら、ボタンを離す。 上部は蒸気発生のために熱くなりやすいので、口元から遠い部分を持つのが原則 いったん口の中に蒸気をためてから吸い込み、肺に入れて吐き出すとこんな感じ。 慣れないうちから肺吸いをするとむせるので、止めたほうがいい。 実際タバコ感を感じるのが目的なので、口吸い推奨。 一服して、もう吸わないなら電源をオフに。 ちなみに、「アイコス」「グロー」ではこういう使い方は不可能で、「プルームテック」のみ、このように可能なひと口吸ってポケットにしまうことができる 実はいちばん難しい!? リキッド選び 前述したように、気に入ったリキッドを見つければ、半分乗り換えに成功したようなものなのだが、そこがいちばん難しい。 手っ取り早いのは、「VAPE studio」などの実店舗で試し吸いさせてもらうこと。 ただ、PGやVG自体がほのかに甘いものなので、喫煙者が切り替えようとすると大体その香りの甘さにびっくりする。 非喫煙者が「VAPE」を吸い始めた場合、大体甘い香りを好むが、マスカットなどのフルーツや、レッドブル、コーラなどのドリンク味、ジャスミンやハーブなどお茶系の香りなどは、喫煙者にとっては異文化そのものだ。 そんな時の第1選択肢となるのが、メンソール。 なぜなら、喉へのキックを感じることができるから。 「スロートキック」と呼ばれるものだが、これは通常ニコチンが入っていないと感じないもの。 しかしメンソールのリキッドだけは「スロートキック」があることから、切り替えやすいと言われている。 ちなみに、「タバコ味」と書いてあるリキッドは数多いが、そのほとんどはナッツ味だと思った方がいい。 しかも甘いのがほとんど。 したがって、迷ったらまずはメンソールベースのリキッドを選ぶのが無難だろう。 世の中には、無数の電子タバコ用リキッドが存在する。 手前左が国産有名リキッドメーカー・カミカゼの「スーパーハードメンソール」(15mlで1,000円程度) 基本的に、「VAPE」は紙巻タバコや加熱式タバコに比べてコスパがイイ 喫煙は体に悪いと同時に、財布にも厳しい。 では、紙巻きタバコユーザーが「VAPE」に切り替えるとどのくらいコストダウンになるのか。 紙巻きタバコユーザーが「アイコス」や「グロー」に移行しても、カートリッジの価格がそう変わらないのでコストダウンはほとんどない。 本体代金は別として、カートリッジの価格420円〜460円の中をとって450円と考えると、1日1箱消費する人の場合は、ひと月(30日)13,500円かかる計算になる。 「VAPE」の場合、リキッドが15mlで1,000円程度のものを使用する場合、1日1ml消費で15日持つと考えれば、ひと月で2,000円ほど。 パーツのコイル(アトマイザーヘッド)は消耗品と考えると5個で1,300円程度かかり、ひと月に2回交換すると520円かかる計算だ。 リキッドをこぼす可能性などを考えて多めに見積もったとしてもひと月のコストは3,000円程度。 ランニングコストはVAPEの圧勝だ。 ただし「FLEVO」のような導入が安価な機種は、カートリッジが1,500円以上と高価で、ひと月に1箱5個入りのカートリッジを3回以上交換すると、紙巻きタバコよりは安いが標準のリキッド充填式VAPEより高くつく。 なお、加熱式タバコも「VAPE」も本体代金に関しては機種によるので計算には入れていない。 パーツごとに分解した「VAPE」。 ほとんどの機種の場合、左から2番目のコイル(アトマイザーヘッド)は消耗品だ。 2〜3週間くらいで交換の必要がある 日頃のメンテナンスは必須 加熱式タバコ同様、「VAPE」は電子機器であり、適宜メンテナンスを行う必要がある。 基本的にあると便利なのがPG。 リキッド交換時、このPGでタンク内を洗浄できる。 水洗い厳禁のコイル(アトマイザーヘッド)も、リキッドに含まれている無味無臭のPGで軽く漬け込み洗浄すると長持ちする。 また、水が含まれないため精密機器にかかっても安心な無水エタノールは、衛生面で問題の起きやすいマウスピースの汚れや本体の拭き取りなどに便利だ。 リキッドが濃すぎる時の薄め液としても使えるPGは、ネット通販などで手に入る。 無水エタノールは薬局で入手可能。 手前の箱は「ego AIO」用交換コイル(アトマイザーヘッド)。 抵抗値(オーム)の高いものに交換するとリキッド消費量が減り、さらなるコストダウンが可能になる 小型の「VAPE」にリキッド充填する場合にあると便利なのが、左のニードルボトル。 大きめサイズの「VAPE」には右のユニコーンボトルが大活躍。 リキッドをブレンドして楽しむ人にとっても必需品だ 電子タバコ「VAPE(ベイプ)」に切り替えて、減煙・禁煙。 財布にもやさしい! 紙巻きタバコの人がいきなり「VAPE」に変更できるかというと、あまりに趣きが違うのでそれなりの苦労がともなうと思う。 ただ、すでに低タールのタバコを吸っているのなら、移行できる可能性は結構大きい。 すでに「アイコス」「グロー」に変更している人でメンソール風味のカートリッジを吸っている人なら、思ったよりもハードルは高くない。 なかでも「プルームテック」ユーザーなら、さらに違和感なく切り替えが可能だろう。 何しろほとんど構造が同じで、味も似ているからだ。 ちなみに、筆者がvape studioで聞いた話では、プルームテックの「たばこカプセル」が使える機種も隠れた人気だそう。 口径を合わせるアダプターも売っていて、いきなりニコチン断ちが難しいという人は、これで徐々に「たばこカプセル」の数を減らして禁煙するということもできるという。 メンソールのリキッドをうまく使って喉へのキック感を騙しながら、数限りなく存在するフレーバーを楽しむうちに、タバコ(ニコチン)がまずいと感じるようになる人が多い。 純粋にデリケートなフレーバーを楽しむことに一生懸命になっているうちに、紙巻きタバコを吸うこと自体を忘れてしまう人も少なくない。 ガジェットとしての面白さと、多彩なフレーバーという独自の文化となっているVAPE。 一度試してみてはいかがだろうか。 【関連リンク】.

次の

「電子タバコ」と「加熱式タバコ」の違いーアイコスとベイプ(Vape)を比較

タバコ 電子

電子タバコとは、タバコ型の吸入器によってタバコやミント、フルーツなどの味・香りをつけた水蒸気を吸引するものである。 吸入器は、カートリッジに入った液体をバッテリーによって加熱、変霧器という部分で霧状にするしくみになっている。 先端に、吸入時に点灯する赤いランプをつけてタバコの火のように見せるものもある。 吸入感覚がタバコに非常に近いと言われ、タバコの代替品、禁煙あるいは減煙用の補助具として近年発達した。 日本では07年ごろから流通していると考えられる。 吸入する液体はグリセリン、プロピレングリコール、各種香料等食品添加物の混合物であるが、外国製品にはが含まれるものがある。 ニコチン含有製品は、日本での販売は薬事法上許可されておらず、国内で販売される電子タバコもニコチンゼロをうたい文句としている。 ところが、08年に世界保健機関 WHO が電子タバコの安全性に対して疑問を呈する発表を行った。 09年にはアメリカ食品医薬品局 FDA が、ニコチンを含まないと表示のある商品からニコチンが検出されたり、経口摂取すると毒性のあるジエチレングリコールが検出されたりする例があったとする調査結果を公表した。 日本の国民生活センターでは、電子タバコの安全性についての問い合わせが増えたことから、10年5月から7月にかけ、カートリッジ内の成分および、販売者の安全性確保についての調査を行った。 その結果、調査対象の25銘柄中、ニコチンを含有しない旨の表示のある商品とない商品それぞれ2銘柄、合計4銘柄からニコチンが検出された。 また、成分表示にばらつきがあること、カートリッジの成分について飲用時の安全性に関しては調査されているものの、吸入時の安全性は確認されていないなどの問題点も指摘されたことから、同センターは行政に対し、適切な調査および指導、法規制などを求め、これを受けて厚生労働省は消費者への注意喚起を行うとともに、都道府県に向け、販売業者への監視指導を行うよう要請した。 また、調査結果を受けて、各販売業者は自主規制も行っている。 ニコチンを含まず煙の出ない製品ではあっても、外見上タバコを吸引しているのと区別がつきにくいことから、社会通念状、禁煙場所での吸引は控えるべきものとの認識も広まりつつある。 多くの銘柄で未成年者の吸引を禁じる表示を行っており、またJR北海道では09年4月に全線の列車内および駅施設等の禁煙エリア内での吸引を禁じる告知を行った。 10年10月1日よりタバコが値上げされたことから、電子タバコへの注目はさらに高まりつつある。 販売各社は禁煙補助に有効と受け取れるような宣伝を行っているが、反面、タバコ吸引につながるとの見方もあり、安全性その他のより深い調査が待たれるところである。 椎崎亮子 フリーライター / 2010年 出典 株 朝日新聞出版発行「知恵蔵」 知恵蔵について の解説.

次の

電子タバコ通販のベイプ屋(vape8).jp

タバコ 電子

喫煙者は肩身が狭い昨今、周囲の迷惑を考えて紙巻きタバコから、「アイコス」「グロー」「プルームテック」などの「加熱式タバコ」に切り替えた人も多いだろう。 少なくとも副流煙の問題はかなり軽減されるし、吸う当人にとっても肺がんの要因とされているタール量が軽減できるので、もし減煙・禁煙を考えている人なら、1歩前進だ。 だが、最近よく耳にするのが「VAPE(ベイプ)」という言葉。 どうやら電子タバコのことのようで、「VAPE」に切り替えると事実上禁煙が達成できるというが、一体「加熱式タバコ」とどこがどう違うのだろうか。 「VAPE」の本体はサイズや形状もさまざま。 自分の使用スタイルに合ったものを選べる <目次> 【関連リンク】 ニコチン入りの「アイコス」「グロー」「プルームテック」は、日本では「電子タバコ」と呼べない 最初に伝えたいのが、「アイコス」「グロー」「プルームテック」などの「加熱式タバコ(たばこベイパー)」は、税金がかかっている立派な「タバコ」であり、「電子タバコ」=「VAPE」とは別モノということ。 グリセリンを含んだタバコ葉を、燃やさず高熱で加熱することによってニコチンを含んだ蒸気を生じさせ、吸い込むのが加熱式タバコの特徴。 「プルームテック」だけは異色で、グリセリンの蒸気を発生させて、タバコ葉を細かく刻んだ「たばこカプセル」を通してニコチン入りの蒸気を摂取する仕組みだ。 「アイコス」「グロー」に比べて温度が低い蒸気のため、ほとんどニオイを出さない。 この「プルームテック」の仕組みは、実は「VAPE」と非常によく似ている。 最後のたばこカプセルを通す手前までは同じ構造で、「たばこカプセル」を香料に置き換えて香りを楽しむのが「VAPE」。 つまり、一般的に「電子タバコ」と呼ばれているものは、日本国内ではニコチンを含まないので正確には「タバコ」ではない。 これこそが、「VAPE」への切り替え=禁煙となる理由だ。 似ているようでまったく違う、「VAPE」と加熱式タバコの立ち位置 ノンニコチンの「VAPE」はタバコと言うより「アロマ機器」? 「電子タバコ」と呼ばれる「VAPE」は、ニコチンやタールを含んでいない。 かつて禁煙グッズとして大流行した「禁煙パイポ」という、タバコ型でメンソールなどの香りを吸い込むツールがあるが、それの延長線上にある製品と考えるといい。 吸い込むのは香料を含んだリキッドで、蒸気を発して擬似的な煙を発生させるところが「禁煙パイポ」との大きな違いだ。 欧米などではニコチンを添加したリキッドが販売されており、確かにタバコ(「eシガレット」などと呼ばれる)そのもの。 しかしニコチンを含んだリキッドの販売は日本では禁じられているので、日本で流通している「電子タバコ」=「VAPE」はノンニコチンで、「タバコ」ではない。 むしろ、さまざまなフレーバーの蒸気を吸引するという用途で考えれば、「アロマ機器」と呼べるだろう。 「VAPE」の健康面への影響は? 「VAPE」に使用するリキッドの主成分は、食品添加物や薬品のベースに使われるプロピレングリコール(PG)と、植物性グリセリン(VG)を混合したものがほとんど。 加熱すると白い蒸気を発する。 ちなみに、「アイコス」などの加熱式タバコの蒸気も同じ成分で、コンサートなどで焚かれるスモークもこれ。 そこに香料が添加されて、電子タバコ用リキッドとして販売されているのだ。 どれも食品レベルの成分なので、大量に摂取しなければ人体に悪影響を及ぼすものではないと現時点では考えられている。 とはいえ、電子タバコ自体の歴史が浅いのと、日進月歩で機器が進化しているため、研究結果が出ていないというのが実際のところだ。 なので、自己責任で楽しむかどうかを決める必要がある。 Rocket Fuel VAPErs(ロケット フューエル ベーパーズ)の「Reaper Blend(リーパー ブレンド)」という、筆者がいろいろ試して1番タバコに近いと感じたリキッド。 30mlで2,400円程度と高めだが、そのくらいの価値はあると思う。 ちなみに、非喫煙者が吸うとすごくまずく感じるらしい 信頼できるルートで購入を! 「VAPE」はどこで買える? リーズナブルなものから爆煙タイプまで、「VAPE」の種類は無数だ。 海外製が大半で、流通している全体数を把握できないほどの製品が世界中に存在している。 中国製の製品が多いが、信頼できるメーカーの正規品を入手したほうが無難だ。 電子タバコ専門店「vape studio」や、「ドン・キホーテ」などの電子タバコ売場、amazonや楽天などのインターネット通販でも、名の知れたショップなら偽物をつかまされるリスクは少ない。 「vape studio」実店舗での対面販売は、選び方・使い方の相談からリキッドの試吸までできるのが強みだ。 価格は割高だが、初心者ならサポート代込みの値段と考えてもいい。 いっぽう、格安で入手できるネット通販の場合は偽物が流通していることもあるので、レビューを確認する、信頼できるショップで入手するなど自己防衛が必要になる。 「ego AIO」が「VAPE」初心者にすすめられがちな理由3つ ここからは、「VAPE」を実際に使っていく。 細かい使い方は機種によって異なるが、ほとんどの機種が本体を充電し、リキッドをタンクに入れるだけで楽しめる。 今回使用する機種は、「vape studio」スタッフや「VAPE」ユーザーに聞いても、初心者に向けとの定評が高いJoytech社「ego AIO(イーゴーエイアイオー)」だ。 もっと簡易的で導入コストの低い「FLEVO」のような製品もあるが、交換カートリッジが割高。 メイン機種として長く使うなら、「ego AIO」のようにシンプル構造の製品がいい。 また、タバコからの切り替え組は紙巻きタバコサイズのものを選びがちだが、初心者こそ、多少サイズが大きくても操作性とメンテナンス性にすぐれたものを選んだほうがよいと思う。 紙巻きタバコや「アイコス」などの加熱式タバコから「VAPE」への切り替えが可能かどうかのポイントは、「操作しやすい機種を入手できるか」「気に入ったフレーバーのリキッドが見つかるか」という2点に集約される。 使用できるフレーバーが限られる「FLEVO」で紙巻きタバコが止められなかったという人も、無数にフレーバーを選べる「VAPE」なら可能になるかもしれないので、試す価値はあるだろう。 初心者にうってつけとの評判が高い「ego AIO」。 ネット通販なら2,000円代から、対面販売でも4,000円程度で入手可能 「ego AIO」は少々太めのサイズ感だが、初心者にすすめられるのには理由がある。 そのひとつがリキッドの充填のしやすさで、これがかなり重要。 リキッドはオイルのようなものなので、こぼすとそこらじゅうベトベトになる。 また、タンクとバッテリー部が一体構造になっており、リキッドがもれにくいのが2つめのポイント。 「VAPE」をカバンに入れておいたらリキッドがもれて、財布や大事な資料がベトベトに……なんてことになる心配が少ないのだ。 3つめのポイントは、吸い口(マウスピース)の内部がらせん状になっている点だ。 いざ吸う段になって驚くのが、コイル内部でリキッドがうまく気化されずにパチッと跳ねて口に当たる時があること。 その「火傷するほどではないがそれなりに熱い」リキッドに驚いて懲りてしまう人もいるのだが、吸い口の内部がらせん状になっていることで、跳ねたリキッドが口に届かなくなっている。 リキッドが入れにくくもれやすいタバコサイズは、実は初心者にはあまり向かない。 紙巻きタバコに比べると太く存在感もあり、ずっしり来るのは言うまでもないが、ここは操作性とメンテナンス性を優先する 「ego AIO」は開口部が大きいので、リキッドがこぼれにくい。 空焚き防止のため、リキッドを充填したら内部に染み込ませるために15分くらい置いてから使い始めること 本体を起動し、ボタンを押して0. 5秒待つくらいのタイミングでゆっくり吸い込む。 押している間は蒸気が流れ込む。 「吸い込んだな」と思ったら、ボタンを離す。 上部は蒸気発生のために熱くなりやすいので、口元から遠い部分を持つのが原則 いったん口の中に蒸気をためてから吸い込み、肺に入れて吐き出すとこんな感じ。 慣れないうちから肺吸いをするとむせるので、止めたほうがいい。 実際タバコ感を感じるのが目的なので、口吸い推奨。 一服して、もう吸わないなら電源をオフに。 ちなみに、「アイコス」「グロー」ではこういう使い方は不可能で、「プルームテック」のみ、このように可能なひと口吸ってポケットにしまうことができる 実はいちばん難しい!? リキッド選び 前述したように、気に入ったリキッドを見つければ、半分乗り換えに成功したようなものなのだが、そこがいちばん難しい。 手っ取り早いのは、「VAPE studio」などの実店舗で試し吸いさせてもらうこと。 ただ、PGやVG自体がほのかに甘いものなので、喫煙者が切り替えようとすると大体その香りの甘さにびっくりする。 非喫煙者が「VAPE」を吸い始めた場合、大体甘い香りを好むが、マスカットなどのフルーツや、レッドブル、コーラなどのドリンク味、ジャスミンやハーブなどお茶系の香りなどは、喫煙者にとっては異文化そのものだ。 そんな時の第1選択肢となるのが、メンソール。 なぜなら、喉へのキックを感じることができるから。 「スロートキック」と呼ばれるものだが、これは通常ニコチンが入っていないと感じないもの。 しかしメンソールのリキッドだけは「スロートキック」があることから、切り替えやすいと言われている。 ちなみに、「タバコ味」と書いてあるリキッドは数多いが、そのほとんどはナッツ味だと思った方がいい。 しかも甘いのがほとんど。 したがって、迷ったらまずはメンソールベースのリキッドを選ぶのが無難だろう。 世の中には、無数の電子タバコ用リキッドが存在する。 手前左が国産有名リキッドメーカー・カミカゼの「スーパーハードメンソール」(15mlで1,000円程度) 基本的に、「VAPE」は紙巻タバコや加熱式タバコに比べてコスパがイイ 喫煙は体に悪いと同時に、財布にも厳しい。 では、紙巻きタバコユーザーが「VAPE」に切り替えるとどのくらいコストダウンになるのか。 紙巻きタバコユーザーが「アイコス」や「グロー」に移行しても、カートリッジの価格がそう変わらないのでコストダウンはほとんどない。 本体代金は別として、カートリッジの価格420円〜460円の中をとって450円と考えると、1日1箱消費する人の場合は、ひと月(30日)13,500円かかる計算になる。 「VAPE」の場合、リキッドが15mlで1,000円程度のものを使用する場合、1日1ml消費で15日持つと考えれば、ひと月で2,000円ほど。 パーツのコイル(アトマイザーヘッド)は消耗品と考えると5個で1,300円程度かかり、ひと月に2回交換すると520円かかる計算だ。 リキッドをこぼす可能性などを考えて多めに見積もったとしてもひと月のコストは3,000円程度。 ランニングコストはVAPEの圧勝だ。 ただし「FLEVO」のような導入が安価な機種は、カートリッジが1,500円以上と高価で、ひと月に1箱5個入りのカートリッジを3回以上交換すると、紙巻きタバコよりは安いが標準のリキッド充填式VAPEより高くつく。 なお、加熱式タバコも「VAPE」も本体代金に関しては機種によるので計算には入れていない。 パーツごとに分解した「VAPE」。 ほとんどの機種の場合、左から2番目のコイル(アトマイザーヘッド)は消耗品だ。 2〜3週間くらいで交換の必要がある 日頃のメンテナンスは必須 加熱式タバコ同様、「VAPE」は電子機器であり、適宜メンテナンスを行う必要がある。 基本的にあると便利なのがPG。 リキッド交換時、このPGでタンク内を洗浄できる。 水洗い厳禁のコイル(アトマイザーヘッド)も、リキッドに含まれている無味無臭のPGで軽く漬け込み洗浄すると長持ちする。 また、水が含まれないため精密機器にかかっても安心な無水エタノールは、衛生面で問題の起きやすいマウスピースの汚れや本体の拭き取りなどに便利だ。 リキッドが濃すぎる時の薄め液としても使えるPGは、ネット通販などで手に入る。 無水エタノールは薬局で入手可能。 手前の箱は「ego AIO」用交換コイル(アトマイザーヘッド)。 抵抗値(オーム)の高いものに交換するとリキッド消費量が減り、さらなるコストダウンが可能になる 小型の「VAPE」にリキッド充填する場合にあると便利なのが、左のニードルボトル。 大きめサイズの「VAPE」には右のユニコーンボトルが大活躍。 リキッドをブレンドして楽しむ人にとっても必需品だ 電子タバコ「VAPE(ベイプ)」に切り替えて、減煙・禁煙。 財布にもやさしい! 紙巻きタバコの人がいきなり「VAPE」に変更できるかというと、あまりに趣きが違うのでそれなりの苦労がともなうと思う。 ただ、すでに低タールのタバコを吸っているのなら、移行できる可能性は結構大きい。 すでに「アイコス」「グロー」に変更している人でメンソール風味のカートリッジを吸っている人なら、思ったよりもハードルは高くない。 なかでも「プルームテック」ユーザーなら、さらに違和感なく切り替えが可能だろう。 何しろほとんど構造が同じで、味も似ているからだ。 ちなみに、筆者がvape studioで聞いた話では、プルームテックの「たばこカプセル」が使える機種も隠れた人気だそう。 口径を合わせるアダプターも売っていて、いきなりニコチン断ちが難しいという人は、これで徐々に「たばこカプセル」の数を減らして禁煙するということもできるという。 メンソールのリキッドをうまく使って喉へのキック感を騙しながら、数限りなく存在するフレーバーを楽しむうちに、タバコ(ニコチン)がまずいと感じるようになる人が多い。 純粋にデリケートなフレーバーを楽しむことに一生懸命になっているうちに、紙巻きタバコを吸うこと自体を忘れてしまう人も少なくない。 ガジェットとしての面白さと、多彩なフレーバーという独自の文化となっているVAPE。 一度試してみてはいかがだろうか。 【関連リンク】.

次の