リブート ドラマ。 無料視聴あり!ドラマ『神のクイズ:リブート』の動画まとめ

神のクイズ:リブート を1話〜最終話まで全話 無料で観るならU

リブート ドラマ

海外ドラマ『SUPERNATURAL/スーパーナチュラル』のサム・ウィンチェスター役で知られる俳優のジャレッド・パダレッキが、俳優のチャック・ノリス主演の海外ドラマ『炎のテキサス・レンジャー』のリブート版『Walker(原題)』で主演するという。 Deadlineが報じた。 米CBS局で1993年から2001年まで放送された『炎のテキサス・レンジャー』は、テキサス・レンジャーと呼ばれるテキサス州の警察隊の隊員コーデル・ウォーカーの活躍を描く。 ジャレッドはウォーカーを演じる。 オリジナルシリーズと同じように、女性の相棒がいるとのことだが、その役を演じる女優は不明。 ジャレッドは海外ドラマ『マイノリティ・リポート』のアナ・フリックと共に、製作総指揮に名を連ねる。 CBSテレビジョン・スタジオが制作するが、放送局は未定。 オリジナル版を放送したCBS局のほか、『SUPERNATURAL/スーパーナチュラル』を放送するCW局が興味を示しているという。 『SUPERNATURAL/スーパーナチュラル』シリーズが、10月から全米放送されるシーズン15で終了するジャレッド。 テキサス州出身とあり、『炎のテキサス・レンジャー』リブートは渾身のドラマとなりそうだ。 同企画に関するDeadlineやVarietyなどのネット記事のリンクを、「いいね」を意味するサムズアップの絵文字と共にツイートしている。

次の

miwa、新曲「リブート」が黒木華主演ドラマ『凪のお暇』主題歌に

リブート ドラマ

miwa 『リブート』Music Video 『凪のお暇』の主人公・凪は28歳のOL。 仕事はきっちりとこなし、周囲に気を使うとてもいい子だ。 その空気を読み具合は、ときに生きづらさを感じるほど。 そんな凪が他者からの評価ばかりを気にしていた生き方を捨て、自分なりの幸せを見つけようともがく物語。 サラサラのロングヘアをやめ、女子力の高い家具も洋服もすべて捨て、必死に自分を見つめ直そうとする姿は、放送回を重ねるごとに多くの共感を呼んでいる。 年齢を重ね、経験を積んだからこそ、見えてくるものがある。 空っぽになった部屋に入れるのは、今の自分にとって本当のお気に入りだけでいい。 これまでの自分が苦労して手に入れたものはかけがえのないもの。 だが、必死に抱え込んで苦しくなっているのなら、手放してみてもいいのではないか。 むしろそうすることで、譲れないものが見えてくるときもある。 『凪のお暇』は、そんな気づきを教えてくれるドラマだ。 miwaは、主題歌を担当するにあたり「凪が仕事や恋愛、住まいまで変えて、すべて捨てて心機一転する様に、同世代の女性としてパワーをもらいました」とコメント。 そして「10代の時のような扇情的な衝動ではなく、大人の女性が放つ、長い人生を踏まえた上での理性的で、前向きな叫びを意識して楽曲制作をしました」と語っているように、「リブート」は、いつだって手放せる柔軟さや、自分を締め付ける慣習を蹴飛ばす勇気が、時には必要なのではないかと私たちに問いかける。 その説得力の強さは、彼女自身がリブートしているからにほかならない。 きっと多くの人がmiwaを思い浮かべるとき「かわいらしい女の子」という印象を語るのではないだろうか。 透き通るような美声。 149センチメートルという小柄なシルエット。 クリクリとしたつぶらな瞳。 そして、艷やかに揺れる黒髪のロングヘア……一つひとつのパーツに注目すればするほど、miwaを構成する要素が「ピュア」で「可憐」な印象を放っていた。 誰からも愛される、親しみやすいビジュアルは彼女の大きな魅力であることは確か。 だが、その華奢な印象からは想像もつかないほど、ギターを力強くかき鳴らす姿も多くの人を魅了してきた部分だ。 2011年からスタートしたライブ『acoguissimo』シリーズでは、ソロの弾き語りスタイルで47都道府県のライブハウス巡りを完遂。 2015年には女性アーティストとして初のアコースティックギター弾き語りで、日本武道館2DAYを成功させた。 ロック調の激しい楽曲は、アコギからエレキギターに持ち替え、巧みに操る。 Miwaが紡ぎ出す作品は、全力でぶつかって生きる日々を歌うもの。 彼女の内側からほとばしる「心の叫び」。 それこそ、miwaの真骨頂だというファンも少なくない。

次の

miwa『凪のお暇』主題歌で表現した“人生のリブート” ドラマを彩る歌詞の説得力を紐解く

リブート ドラマ

リブート版「猿の惑星」シリーズで知られるマット・リーヴスが製作総指揮を務めるAmazon Prime Videoで配信中のオリジナルドラマ「ザ・ループ TALES FROM THE LOOP」 全8話。 本作はスウェーデンのデジタルアーティスト、シモン・ストーレンハーグのイラスト集をベースにしたSFファンタジーだ。 FacebookやTwitterへの投稿を経て、2014年に「TALES FROM THE LOOP」を出版。 その人気ぶりからシリーズ化され、3作目の作品集「エレクトリック・ステイト THE ELECTRIC STATE」は、「アベンジャーズ」シリーズのルッソ兄弟が映画化の権利を獲得している。 ドラマではオリジナルのスウェーデンから、アメリカの郊外の町へと舞台を移した。 この町の地下には、「ループ」と呼ばれる巨大な謎の球体とそれを収める公的施設があり、宇宙の謎を解き明かすための研究が行われている。 このループが原因で、町に暮らす人々が様々な影響を受け、奇妙な体験するという物語が展開される。 これらのガジェットとループにどのようなつながりがあるのかはわからないが、相反するものが絶妙なバランスで組み合わさった光景にはどこか郷愁感があり、同時にこの作品をもっと観たいという好奇心もくすぐられてしまう。 それは、家族や友人といった人間関係に、移ろいやすい少女の恋心、セクシャルマイノリティの孤独など様々。 多くの人が経験する人生の通過点を、タイムトラベルや心の入れ替わり、時間停止に異次元世界など、SFのテーマに絡めることで、それらがより特別なものとして映り、心を静かに揺さぶってくるのだ。 非現実的な世界で誰もが共感できる物語を紡ぎだす「ザ・ループ TALES FROM THE LOOP」。 時間の流れもゆったりとしていて、独特な世界観にじっくりと浸りながら鑑賞することができる。 これからの展開にも期待大な本作に、ぜひ一度触れてみてほしい。

次の