金融庁。 金融監督庁(きんゆうかんとくちょう)とは

三流保険代理店の大淘汰に金融庁が本腰、「4つの要素」でランク付けか

金融庁

概要 [ ] 金融庁を統括する(2条3項でとなっていない)の。 長官は、金融庁の所掌事務を遂行するため必要があると認めるときは、関係行政機関の長に対し、資料の提出、説明その他の必要な協力を求めることができる(金融庁設置法第5条)。 歴代長官 [ ] 代 氏名 在任期間 前職 後職 金融監督庁長官(総理府) - 1998年6月22日 - 2000年6月30日(改) 6月19日まで) - 金融庁長官(総理府) 1 日野正晴 2000年7月1日 - 2001年1月6日(改) 金融監督庁長官 、、検察官特別任用審査会会長、、アジア刑政財団、国際民商事法センター、日米法学会、NPO法人証券・金融商品あっせん相談センター。 、、、全国保証、。 金融庁長官(内閣府) 2 2001年1月6日 - 2002年7月12日(退) 金融再生委員会事務局長。 3 2002年7月12日 - 2004年7月2日(退) 金融庁監督局長、監督部長 、、、、。 客員教授。 4 2004年7月2日 - 2007年7月10日(退) 金融庁監督局長、検査局長 金融庁、、、、、リッキービジネスソリューション、、、。 5 2007年7月10日 - 2009年7月14日(退) 金融庁監督局長、検査局長 金融庁、米 ()。 自主規制法人理事長、財団副議長、理事長。 6 2009年7月14日 - 2011年8月2日(退) 金融庁監督局長、総務企画局長 、。 市政アドバイザー。 政策ビジョン研究センター教授。 理事長。 7 2011年8月2日 - 2014年7月4日(退) 金融庁監督局長、検査局長。 8 2014年7月4日 - 2015年7月7日 金融庁監督局長、検査局長 三井物産、セーレン、。 公益財団法人理事長。 岩田合同法律事務所。 自主規制法人理事長。 9 2015年7月7日 - 2018年7月14日 金融庁監督局長、検査局長 顧問。 顧問、顧問、非常勤教授。 10 2018年7月14日 - 2020年7月20日 金融庁検査局長、監督局長 11 2020年7月20日 - 金融国際審議官• 金融庁は、総理府時代はに基づく外局、内閣府時代はに基づく外局であり、根拠法が変わっているが、中央省庁再編では新たな辞令が出されない限り前身省庁から後継省庁に継続して在職することとなっており、当時の長官日野正晴も2001年1月5日の自然退任ではなく、が創設された翌6日付けの退任(外見上6日まで在任したことが当然の前提とされている)であることから、この表ではその前後で代数をリセットせず通算して表示する。 退任日に付した(退)は依願退任、(改)は組織改廃に伴う退任。 脚注 [ ].

次の

金融庁、警察官、全銀協・金融機関の職員等を装ったカード詐欺にご注意ください

金融庁

任期3年を終え、金融庁長官を退任する森信親氏。 そして17日、いよいよ森信親長官は以前から「ポスト森」の有力候補と言われてきた遠藤俊英・監督局長にその座を引き継ぐ。 この1年、長官レースはどのように進み、その座を射止めた遠藤新長官はどのような人物なのか。 2017年7月22日号「金融庁vs銀行」で詳報した長官レースの舞台裏と候補者の人となりを再掲する。 金融庁のある担当者は、想定外の事態に直面し、知人に泣き言を漏らした。 その理由は、360度評価を金融庁内で実施(注)したところ、森信親・金融庁長官に対する不満が無視できないほど寄せられたことだったという。 人間は誰しも完璧ではなく、360度評価の過程で批判が出ることはむしろ当然だ。 普通と違ったのは、森長官は360度評価の対象ではなかったということ。 つまり、森長官のことは直接聞くつもりがなかったのに、気付けば庁内の不満の声が集まっていたということだ。 それよりも気掛かりなのは、その声はなかったことにされたということだ。 そもそも評価対象ではない森長官に対して、フィードバックを行う必要はないかもしれない。 ただ、この一事が示唆するように、森長官には下から悪い話が上がってこない状況に陥っている。 同じことが金融庁外でも起きている。 森長官は金融機関に対して、「金融庁におかしいと思うことがあれば、批判してほしい」と公言するが、金融機関側は冷めたものだ。 ある大手地方銀行の幹部は、「上司の『今日は無礼講』と同じ。 真に受けたらとんでもない目に遭う」と、にべもない。 金融庁と銀行の埋めようのない距離感は、今に始まった話ではないが、豪腕で鳴らす森長官時代にその傾向は強まっているようだ。 ここで思い起こされるのは、米アップルの創業者である故氏だ。 激烈な性格で知られ、直轄プロジェクトの社員を追い込み、気に入らない社員は即クビ。 絶対に意見を曲げなかったといった逸話に事欠かない。 それでも、iPhoneなどの優れた製品を世に送り出して世界を変えたカリスマである。 一方、森長官も、現在の日本の金融業界に対して強い問題意識を持ち、変革への構想力と実行力を兼ね備え、世の中を動かしている。 極論を言えば、部下の不満も森改革の妨げになる雑音かもしれない。 ただ、悪い話が上がってこないというのは裸の王様になるリスクと隣り合わせ。 結果を出せば「名君」、出せなければ「暴君」だ。 (注)森長官が外部コンサルティング会社に依頼して行った。 360度評価は上司から同僚、部下までさまざまな立場の人から、評価対象者の仕事ぶりから人間性に至るまで評価を聞き出すとともに、評価対象者とも時間をかけて膝詰めで話し合う。 さらに幼少期までさかのぼって人生観を形成するものまで探り出し、それが仕事間にどうつながっているかなどを分析する。 金融庁内で評価を受けた人物は局長級の5人。 建前は「幹部職員の能力開発のため」だが、長官に次ぐポストの局長クラスになって能力開発もないだろうということで、庁内では次期長官選びのためだったといわれている。

次の

金融監督庁(きんゆうかんとくちょう)とは

金融庁

前任の森信親長官は 資産運用会社を含む金融機関に対して、顧客本位の業務運営を促し、「顧客本位の業務運営に関する原則」「独自のKPI(Key Performance Indicator=重要業績評価指標)」、さらには販売会社に対して「共通KPI」の公表を求めてきた。 主要な金融機関、資産運用会社はこれに応じてきた。 金融業界(少なくともマネジメント層)においては「フィデューシャリー・デューティー(信認された者が最優先で果たさなければならない義務)」の重要性がようやく認識されるようになった。 2018年1月には、少額投資非課税制度(NISA)の長期積立枠「つみたてNISA」も始まり、認知度も一定程度は広がっていたはずであった。 しかし、 個人の投資信託残高が順調に増加しているとはおよそ言えない状況であることが、日銀が2018年6月に公表した資金循環統計の見直しで露呈していたのだ。 具体的には、2017年末で109兆円とされていた家計部門の投信残高は実は30兆円以上も低い76兆円であったのだ。 メディアには「貯蓄から投資」が進んでいなかったと指摘されていた。 こうした背景事情から「政策の振り返りと枠組みの再設定」という遠藤ペーパーが作成されたのではないだろうか。 遠藤ペーパーには、注目すべき点がある。 その一つが行政対応として盛り込まれた 「証券課の衣替え」という一文だ。 これは証券会社のみならず、 資産運用業界全体に衝撃が走る可能性がある。

次の