グレッグ モスティン。 ウェールズの貴族・モスティン卿とは?ハリー杉山とは中学の同級生!

野犬留置場:YAKEN

グレッグ モスティン

カナダで開催された第7回GPケベック。 アタックの応酬の末にリゴベルト・ウランが抜けだしたがゴール100mでキャッチされ、グレッグ・ファンアフェルマートを抑えたペーター・サガンがスプリントで勝利した。 初戦のケベックはその名の通り、フランス語圏ケベック州の州都ケベック市を舞台にした201. 序盤のアタック合戦からヴァレリオ・アニョーリ(イタリア、アスタナ)やラルス・バク(ベルギー、ロット・ソウダル)、ヤン・バルタ(チェコ、ボーラ・アルゴン18)など8名がマックス5分のリードを得て逃げる展開に。 暫くは平穏な状況が続いたが、ゴール勝負を狙うエティックス・クイックステップやオリカ・バイクエクスチェンジの共同作戦によってタイム差は徐々に削られ、フィニッシュまで距離を残して吸収。 レースは再び降り出しに戻り、ここから熾烈を極めるアタック合戦が幕を開けた。 まず抜け出しに成功したのはルーク・ロウ(イギリス、チームスカイ)とジュリアン・アラフィリップ(フランス、エティックス・クイックステップ)。 しかし活性化する集団を引き離せずに残り32kmで引き戻され、ファビオ・アル(イタリア、アスタナ)も加わったアタック合戦が掛かり続けた。 やがてマチェイ・モホリッチ(スロベニア、ランプレ・メリダ)やポール・ヴォス(ドイツ、ボーラ・アルゴン18)、残り10kmを割ってからオリバー・ナーセン(ベルギー、IAMサイクリング)らが次々と逃げを試みたが、いずれも単独だったことで集団を引き離すには至らない。 各チームが入り乱れつつ突き進む集団は残り3. 5kmでナーセンを吸収し、ゴール勝負に向けての体勢を整えていった。 その均衡を破るように、ナーセンの吸収直後から始まった登坂ではマッテーオ・トレンティン(イタリア、エティックス・クイックステップ)が攻撃を仕掛け、ここに再び動いたアラフィリップとジャンニ・モスコン(イタリア、チームスカイ)が合流して3名が抜け出す。 この動きの中で集団からは優勝候補の一人、ブライアン・コカール(フランス、ディレクトエネルジー)が脱落していった。 最後の登坂ではモスコンがエティックス2名を千切って独走に持ち込んだものの、背後に迫った集団からはリゴベルト・ウラン(コロンビア、キャノンデール・ドラパック)が加速してモスコンをパス。 一気に差を広げたウランは混沌とする集団を従えて残り200mのバナーを通過した。 優勝を目前にしたウランだったが、背後からはアルカンシエルのペーター・サガン(スロバキア、ティンコフ)が猛然とスプリントを開始する。 緩斜面の登りで失速したウランは残り100m以内で飲み込まれ、サガンはリオの金メダリストであるグレッグ・ファンアフェルマート(ベルギー、BMCレーシング)を抑えて余裕のトップフィニッシュ。 アタックに次ぐアタックで荒れた展開となった第7回GPケベックを制した。 今期ワールドツアー8勝目を収めたサガンは、「今日勝てたことが信じられない。 あまり調子が良くなかった上にレース中は脚の痙攣に見舞われていたのに、終盤には全て回復していた。 本当に勝てるとは思っていなかった」とレースを振り返っている。 Isobe.

次の

ハリー杉山 公式ブログ

グレッグ モスティン

世界ふしぎ発見!「100年ミステリー英国 ウェールズ」 2019年10月12日(土曜日)に放送された 世界ふしぎ発見!は、英国 ウェールズ地方のミステリー。 イギリスの貴族モスティン家の超イケメン若旦那グレゴリー氏が、図書室に眠っていた100年前の日本の写真を発見!写真嫌いでほとんど残っていない明治天皇のお姿の写真も発見されたとのこと。 10月12日放送の世界ふしぎ発見!は、 英国 およそ100年前、ウェールズからある男爵一家が日本を訪れていました。 超イケメンの、グレゴリーモスティン男爵 — テレビ番組ブログ yonta24blog イギリス連合王国のひとつ「ウェールズ」とは? ウェールズは英国連合王国を構成する国の一つです。 大きさは四国ほどで、13世紀までは一つの独立した国でした。 そこに111年前に日本を訪問した貴族の末裔が暮らしています。 同じイギリス国内ですが言語は英語とウェールズ語の2種類あるといいます。 イギリスの王子は「プリンス・オブ・ウェールズ(ウェールズの王子さま)」と呼ばれウェールズの貴族と王室はとても深い関係を築いてきました。 ウェルシュ・ゴールドの金山を取材 本題に進む前に少し寄り道…。 ミステリハンターの宮地眞理子さんはウェルシュの若き金山オーナー、ベン・ロバーツ社長の案内で、有名なウェルシュ・ゴールドの採掘を見に行きました。 ベン社長の金鉱山は歴史のあるもので、ウェルシュゴールドの埋蔵量が少ないため現在は政府から調査用に限り金の採掘を許されているとのこと。 ミステリハンターの宮地眞理子さんは昔ながらの方法で行う金の採集を見学しました。 1トンの岩から採掘される金はわずかに1g…。 ウェルシュ・ゴールドは代々王室が結婚指輪にしてきた由緒あるロイヤルウェディング・ゴールドだそうです。 超イケメン!グレゴリー・モスティン男爵のお屋敷を訪問 そして本題…ミステリハンターは、ウェールズのグレゴリー・モスティン男爵の巨大なお屋敷(MOSTYN HALL)に到着。 日本大好き!日本語ペラペラ34歳の超イケメン「グレゴリー・モスティン」男爵がお出迎えです。 34歳にして屋敷の主となったのは、8年前にお父さんが亡くなったからだといいます。 部屋は全部で114室、どの部屋も恐ろしいくらいに重い歴史が刻まれているとのこと。 明日よる9時からの !は、。 1930〜 リアル白馬の王子さま です。 日本が大好きで日本語も独学で喋ります。 ただ皆様、彼の隣に毎晩寝るのはくまもん と どーもくん、時にはアンパンマンのぬいぐるみです。 それほど日本が大好き、、と言う事で 笑 — ハリー杉山 harrysugiyama 屋敷の図書室にミステリーは眠っていた… 屋敷にある図書室。 その膨大な蔵書の一角にミステリーにつながるアルバムがありました。 4年前にグレゴリーさん自身が発見したそのアルバムにはグレゴリーさんのひいひいおじいさん ルワレン・モスティン男爵がエンプレス・オブ・ジャパンという船で日本に旅立った時の写真が納められていました。 今から111年前の10月~12月にかけ日本の各地に旅行していたのです。 明治天皇のパレードや軍艦「三笠」を偵察? 祖先ルワレン・モスティン男爵が旅をしたのは日露戦争が終わり、第一次世界大戦が始まる間の時代でした。 男爵は当時もかなり位の高い有力貴族です。 英国の歴史に詳しい関東学院大学の 君塚直隆教授によれば、ルワレン・モスティン男爵の目的は観光に名を借りた偵察活動だったのではないか?といいます。 陸軍の軍事パレードに参加する明治天皇を拝謁したり、後に首相となる加藤高明とであったり、日本の軍艦「三笠」(=日露戦争で活躍)を見に行ったりしていました。 ただしイギリス政府のスパイだったという証拠はなくグレゴリーさんも本当の理由は明かされていません。 ただの物見遊山だったのかもしれませんが、後に敵となるイギリスの人々にとって当時の日本が非常にミステリアスな国だったのは間違いないと君塚直隆先生も推察されていました。 世界ふしぎ発見! 写真におさめられた明治天皇のお姿。 — はくえー 帝国巡察使 @冬コミ本文おわりました!!!! tomoshibi6o6o モスティン男爵のお母さんも日本大好きだった? ルイス・キャロルが不思議の国のアリスを着想した街、スランドゥドゥノは街全体の7割が今もモスティン家の所有です。 モスティン家の収入源はこのリゾート地から。 レディー・オーガスタは、モスティン男爵のお母さんでアーティストでした。 日本のアートに多大な興味を持ち日本の石灯籠までコレクションしていました。 そのやり取りの跡は日本の商社に残っています。 高木雅彦さんの商社では100年ほど前(1905年)イギリスに支店を持ち、イギリスで人気のあった日本の花や灯籠までも通信販売していたのでした。 当時レディー・オーガスタさんもこの通信販売を利用していた顧客だったのかもしれません。 ウェールズといえば男声合唱団? ウェールズといえば男声合唱団も有名なのだそうです。 今年日本で行われているラグビーの国際大会。 ウェールズ代表の国歌斉唱はたいへん力強いものでした。 ウェールズの男声合唱は有名で映画『わが谷は緑なりき」でも描かれています。 炭鉱労働者が汗水流す労働作業に歌はつきものだったのです。 オンリーボーイズアラウド(団員は256名)がVTRに登場、彼らはバッキンガム宮殿の式典で歌うほどの実力がある学生たちのグループ。 伝統の保護と、若者活発な交流のため設立されたといいます。 炭鉱が閉鎖され寂しくなったウェールズの街に合唱団の若い力が蘇り街の活性化に一役買ったそうです。 2019年10月12日(土曜日)放送『日立 世界ふしぎ発見!「100年ミステリー 英国 ウェールズ」』より 世界ふしぎ発見!放送終了後の反響ツイートは? 今夜の世界ふしぎ発見に登場するウェールズ貴族はグレゴリー・モスティン卿 Lord Gregory Mostyn ではないか、とのこと。 モスティン男爵家の先祖は薔薇戦争の際、リチャード3世に追われたヘンリー7世を匿った功績が。 調べたところウェールズ貴族ということでテューダー家とは親戚筋にあたるらしい。 穏和な人柄、親日家の家族 ご本人も 、流暢に日本語を話す姿に親近感と安心感を抱きました。 ご自宅を公開し、ご本人自ら日本語で案内を務めて下さるとの事。

次の

Home

グレッグ モスティン

知り合った経緯は? 家が近かった? 家が近かったのかと思ったのですが、違うようです。 ハリー杉山さんのご実家は、イングランド南部のグランストンベリー。 グレッグ・モスティン男爵は、ウェールズ北部のフリントシャーの北の方の海沿いなので、場所はだいぶん離れているようです。 358キロほど離れているようなので、ご近所さんというわけではなさそうです。 ハリー杉山さんは東京都の出身ということなので、子供のころに接点はないのでしょうか。 さてさて昨日はね チャールズ皇太子もOBだったロンドンのヒル・ハウス校で僕が一番仲良かったグレゴリー君が東京ハロハロ 実はグレゴリー。 html ロンドンにヒル・ハウス校という学校があり、そこでハリー杉山さんが一番仲が良かったのが、グレッグ・モスティン男爵であったそうです。 ハリー杉山さんは11歳で初めてロンドンに住みに行って、2年間通っていたそうです。 ヒル・ハウス校とはどんな学校でしょう。 wikipediaによると、4歳から13歳までの子供が通う学校のようです。 日本とは学校の制度が異なるようです。 ハリーさんが通っていた時期は、日本でいえば小学校6年から中学1年くらいに相当する時期でしょうか。 ハリーさんによると、恐ろしげな学校のようです。 html ハリーさんもモスティン男爵も甘やかされて育ったわけではなさそうです。 ちょっと意外な感じがしました。 スポンサーリンク どういう関係? harrysugiyama がシェアした投稿 — 2018年11月月13日午前5時29分PST 幼馴染、ということのようです。 だとすると、すぐに仲が良くなったのではないのかもしれません。 「一番仲が良かった」という状態になるまでに、どんなことが二人の間にあったのか気になるところですが、残念ながら、詳しいことは記載されていませんでした。 まとめ 今回は、タレントのハリー杉山さんとウェールズ貴族のモスティン男爵の関係をとり上げました。 中学時代に知り合った幼馴染、というご関係のようでした。 ハリーさんは、中学時代は楽ではなかったようでびっくりしました。 意外でした。 今後、テレビなどで共演されたり、中学時代のことをお話しになる機会がないかどうか、大変楽しみなところですね。 最後までお読みいただきありがとうございました。 スポンサーリンク.

次の